• 記事: 16241
  • 質問に対する回答: 15232
  • コメント: 25050
  • 準備ができて答え: 26180

トロキシン

トロキシン錠100mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) ... 販売中止品・予定一覧 | 製品情報 | 医療関係者のための医薬品情報 第一三共 Medical Library

トロキシン

トロキシン錠100mgの主な効果と作用. 胃の粘膜を保護し、 潰瘍 部分の修復を促す働きや、胃の血液の流れをよくする働きがあります。 胃炎や胃潰瘍を治療するお薬です。 トロキシン錠100mgの用途. 胃潰瘍; 急性胃炎の胃粘膜 病変 の改善; 急性胃炎の胃粘膜 ... 製品の販売中止(経過措置期間中含む) 製品の販売中止 販売名変更による旧販売名製品の販売中止 販売移管・販売提携解消・製造販売承認承継 区分 製品名 お知らせ掲載年月 経過措置告示日 経過措置期間満了日 販売中止時期 備考 製品の販売中止(経過措置期間中含む) 販売中止 沈降破傷風トキソイド「第一三共」シリンジ(旧販売名 沈降破傷風トキソイド「北里第一三共」シリンジ) 2020年1月 2021.03.31 2020年5月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「第一三共」 2020年1月 (欠品中ですが、販売中止とさせていただきます。) 販売中止 エフィエント錠20mg 2019年10月 2020.3.5 2021.03.31 2020年9月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 オキシフル液3% 2019年10月 2020.3.5 2021.03.31 2020年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 タカヂアスターゼ原末 2019年10月 2020.3.5 2021.03.31 2020年5月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 ルネトロン錠1mg 2019年10月 2020.3.5 2021.03.31 2020年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 ルネトロン注射液0.5mg 2019年10月 2020.3.5 2021.03.31 2020年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ジルテック錠10(プラスチックボトル)500錠 2019年10月 2020年10月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 バナンドライシロップ5%(1g×120包) 2019年10月 2020年7月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ジルテックドライシロップ1.25%(H.S.)0.8g/80g(0.8g×100包) 2019年1月 2019年6月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 カンテック錠200mg 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年1月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 アポプロン注0.3mg 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 アポプロン注0.5mg 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 アポプロン注1mg 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 アポプロン錠0.25mg 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 アポプロン散0.1% 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 セフメタゾンキット点滴静注用1g 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 メチロン注25%(1m L) 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 メチロン注25%(2m L) 2018年11月 2019.3.14 2020.3.31 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 はしか生ワクチン「北里第一三共」 2018年10月 2018年10月 (現在欠品中ですが、販売中止とさせていただきます。) 販売中止 乾燥弱毒生風しんワクチン「北里第一三共」 2018年10月 2019年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 カルバマゼピン錠 100mg「フジナガ」1000錠(瓶) 2018年6月 2018年10月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 カルバマゼピン錠 200mg「フジナガ」1000錠(瓶) 2018年6月 2018年10月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 アーチスト錠20mg(PTP)280錠 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 グレースビット錠50mg(PTP)500錠 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ジルテック錠10(PTP)1000錠 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 セドリーナ錠2mg(プラスチックボトル)500錠 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ルネトロン注射液0.5mg(1m L)50アンプル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ロキソニン錠60mg(PTP)3000錠 2017年10月 2018年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ロキソニンゲル1% 25g×30 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 ロキソニンゲル1% 50g×30 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 テラジアパスタ5% 2017年10月 2018.3.5 2019.3.31 2018年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 ポンタール錠250mg 2017年10月 2018.3.5 2019.3.31 2018年3月 一部包装容量の販売中止 オムニパーク140注50m L(血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク140注220m L(血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク240注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク240注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク240注100m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注100m L(尿路・血管用)1プラスチックボトル(点滴セット1セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注100m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注100m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注150m L(血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年3月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク350注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク350注50m L(尿路・血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク350注100m L(血管用)5プラスチックボトル 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 一部包装容量の販売中止 オムニパーク350注100m L(血管用)5プラスチックボトル(点滴セット5セット付属) 2017年10月 2018年4月 (在庫状況により販売中止時期が異なります。) 販売中止 オルメテック錠5mg 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ウイントマイロン錠250 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ウイントマイロン錠500 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ウイントマイロンシロップ5% 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 フエロン注射用600万 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ペンタジン錠25 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ペンタジン注射液15 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 販売中止 ペンタジン注射液30 2017年6月 2017.11.28 2018.3.31 2017年11月 一部包装容量の販売中止 オラセフ錠250mg(両面アルミニウムPTP)500錠 2017年1月 2017年7月 一部包装容量の販売中止 ベトネベート軟膏0.12% 5g×50 2017年1月 2017年7月 一部包装容量の販売中止 ベトネベートクリーム0.12% 5g×50 2017年1月 2017年10月 一部包装容量の販売中止 ベトネベートN軟膏 5g×50 2017年1月 2017年6月 一部包装容量の販売中止 ベトネベートNクリーム 5g×50 2017年1月 2017年7月 販売中止 オルメテック錠10mg 2016年10月 2017.3.17 2018.3.31 2017年3月 販売中止 オルメテック錠20mg 2016年10月 2017.3.17 2018.3.31 2017年3月 販売中止 オルメテック錠40mg 2016年10月 2017.3.17 2018.3.31 2017年3月 販売中止 クレスチン細粒 2016年10月 2017.3.17 2018.3.31 2017年9月 販売中止 ブロチンシロップ3.3% 2016年1月 2016.11.17 2017.03.31 2016年11月 販売中止 濃厚ブロチンコデイン配合シロップ 2016年1月 2016.11.17 2017.03.31 2016年11月 販売中止 アプシードシロップ5% 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 販売中止 コンレイ60%注20m L 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 販売中止 コンレイ60%注50m L 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 販売中止 コンレイ30%注220m L 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 販売中止 コンレイ400注 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 販売中止 メブロン顆粒30% 2015年5月 2016.03.31 2015年10月 一部包装容量の販売中止 アーチスト錠20mg(PTP)300錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 アポプロン錠0.25mg(バラ)1000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 アミサリン錠125mg(PTP)1000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 アミサリン錠250mg(PTP)1000錠 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 イスコチン錠100mg(PTP)5000錠 2015年3月 2016年2月 一部包装容量の販売中止 エースコール錠1mg(PTP)500錠 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 エースコール錠2mg(PTP)500錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 エースコール錠2mg(PTP)700錠(14錠×50) 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 エースコール錠2mg(瓶)500錠 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 エースコール錠4mg(PTP)500錠 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 ATP腸溶錠20mg「第一三共」(PTP)1000錠 2015年3月 2016年2月 一部包装容量の販売中止 エピレナート錠100mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 エボザックカプセル30mg(PTP)500カプセル 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 カルブロック錠16mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ガンマロン錠250mg(PTP)1000錠 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 ギャバロン錠5mg(PTP)1000錠 2015年3月 2015年11月 一部包装容量の販売中止 グリメサゾン軟膏5g×50(チューブ) 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 サンリズムカプセル25mg(PTP)1,000カプセル 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 サンリズムカプセル50mg(PTP)1,000カプセル 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 セパゾン錠1(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年12月 一部包装容量の販売中止 セパゾン錠2(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 セパゾン散1%(缶)500g 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 セレナール錠5(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 セレナール錠10(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 セレナール錠10(PTP)1,050錠(21錠×50) 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 セレナール錠10(PTP)5,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ソメリン錠10mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 ダイピン錠1mg(PTP)1000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 タリビッド錠100mg(プラスチックボトル)500錠 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 タリビッド錠100mg(PTP)500錠 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 タリビッド錠100mg(PTP)1000錠 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 トランサミンカプセル250mg(PTP)2000cap.

トロキシン錠100mgの基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書)... セレコックスとの飲み合わせに注意が必要なもの|禁忌の有無やロキソニン、ボルタレン、リリカ、ノイロトロピン、カロナール|薬インフォ

トロキシン

トロキシン錠100mgの効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。蕁麻疹、呼吸困難、立ちくらみ・めまい [ショック、アナフィラキシー様症状]。全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる [肝機能障害、黄疸] 2015年3月 2015年6月 一部包装容量の販売中止 トランサミン散50%(バラ)500g 2015年3月 2015年6月 一部包装容量の販売中止 ネオドパストン配合錠L100(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ネオドパストン配合錠L100(PTP)1,050錠(21錠×50) 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ネオドパゾール配合錠(PTP)500錠 2015年3月 2015年8月 一部包装容量の販売中止 ネルボン錠5mg(PTP)500錠 2015年3月 2016年2月 一部包装容量の販売中止 ネルボン錠5mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2016年2月 一部包装容量の販売中止 バナン錠100mg(PTP)500錠 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 ビタメジン配合カプセルB25(PTP)5,000カプセル 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 ビタメジン配合カプセルB25(PTP)5,250カプセル(21カプセル×250) 2015年3月 2015年11月 一部包装容量の販売中止 ビタメジン配合カプセルB50(PTP)5,000カプセル 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ビタメジン静注用200バイアル 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 ヒダントールD配合錠1,000錠(PTP) 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ヒダントールE配合錠1,000錠(PTP) 2015年3月 2016年2月 一部包装容量の販売中止 フェノバール原末500g 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 フェノバール注射液100mg(1m L)50アンプル 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 ホーリット錠20mg(バラ)1,000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 ホーリット錠20mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 ホーリット錠40mg(バラ)1,000錠 2015年3月 2016年3月 一部包装容量の販売中止 ポンタールカプセル250mg(PTP)1,000カプセル 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 ポンタール錠250mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2016年1月 一部包装容量の販売中止 メバロチン錠10(PTP)300錠 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 メバロチン細粒0.5%1g×504包 2015年3月 2015年6月 一部包装容量の販売中止 メレックス錠0.5mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年10月 一部包装容量の販売中止 メレックス錠1mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 メレックス細粒0.1%(缶)500g 2015年3月 2015年9月 一部包装容量の販売中止 リバオール錠20mg(PTP)1,000錠 2015年3月 2015年7月 一部包装容量の販売中止 ルネトロン錠1mg(PTP)500錠 2015年3月 2016年3月 販売中止 沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン「北里第一三共」シリンジ 2014年12月 2014.12.03 販売中止 インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」0.5ml 2014年7月 一部包装容量の販売中止 トロペロン錠1mg(バラ)1,000錠 2014年04月 2014.08.31 一部包装容量の販売中止 トロペロン錠3mg(バラ)1,000錠 2014年04月 2014.08.31 一部包装容量の販売中止 トロペロン細粒1% 500g 2014年04月 2014.08.31 一部包装容量の販売中止 トロペロン注4mg(2m L)50アンプル 2014年04月 2014.08.31 販売中止 アプシード静注500mg 2013年10月 2015.03.31 2014.03.31 販売中止 アプシード静注1000mg 2013年10月 2015.03.31 2014.03.31 一部包装容量の販売中止 ネルボン散1%(缶)500g 2013年10月 2014.03.31 販売中止 ブテラジン錠30mg 2012年10月 2013.03.21 2014.03.31 2013.03.31 販売中止 ブテラジン錠60mg 2012年10月 2013.03.21 2014.03.31 2013.03.31 販売中止 ブテラジン細粒10% 2012年10月 2013.03.21 2014.03.31 2013.03.31 販売中止 ポンタールカプセル125mg 2012年01月 2011.07.01 2013.03.31 2013.03.31 販売中止 メブロン錠100mg 2011年11月 2012.03.05 2013.03.31 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 エースコール錠4mg(PTP)700錠 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 オムニスキャン静注32%シリンジ5m L 5本 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 オムニパーク240注100m L 5プラスチックボトル(点滴なし) 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 オムニパーク300注シリンジ80m L 1本 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 ビタメジン配合散(缶)1kg 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 ベトネベート軟膏0.12% チューブ5g×500 2011年11月 2012.03.31 一部包装容量の販売中止 ベトネベートN軟膏 チューブ5g×500 2011年11月 2012.03.31 販売中止 ケルナックカプセル80mg 2011年07月 2012.03.05 2013.03.31 2012.03.31 販売中止 ケルナック細粒8% 2011年07月 2012.03.05 2013.03.31 2012.03.31 販売中止 アプシード 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 オムニカイン注0.5% 2011年02月 2012.03.05 2013.03.31 2010.03.31 販売中止 オムニカイン注1% 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 オムニカイン注2%(1m L) 2011年02月 2010.03.31 販売中止 オムニカイン注2%(2m L) 2011年02月 2010.03.31 販売中止 クラビット細粒 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 クラビット錠 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 グリパスC 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 クロロマイセチンパルミテート液(小児用) 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 クロロマイセチン末 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 コバメチンカプセル250 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 タカプレックス錠 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 タカプレックス配合散(重質) 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 デカ-デュラボリン筋注25mg 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 ビスコリン散10% 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 ビスコリン注10% 2011年02月 2010.03.31 販売中止 ビスコリン注25% 2011年02月 2010.03.31 販売中止 フスタギン液 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 フスタギン末 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 ブロチン末6.6% 2011年02月 2010.03.05 2011.03.31 2010.03.31 販売中止 クロロマイセチンサクシネート 2010年10月 2011.03.11 2012.03.31 2011.03.31 販売中止 コンレイ60%注100m L 2010年10月 2011.03.11 2012.03.31 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 アンプリット錠10mg(PTP)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 アンプリット錠25mg(PTP)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 エボザックカプセル30mg(バラ)1,000カプセル 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 オムニパーク140注50m L 5プラスチックボトル(18G 静脈針付点滴セット5セット付属) 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 セレナール散10%(缶)500g 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 ドパゾール錠200mg(PTP)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 ネルボン錠10mg(缶)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 バナン錠100mg(瓶)500錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 メレックス錠0.5mg(瓶)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 一部包装容量の販売中止 メレックス錠1mg(瓶)1,000錠 2010年10月 2011.03.31 販売中止 S・M配合散 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 カプトリル細粒5% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 カプトリル錠12.5mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 カプトリル錠25mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 カプトリル-Rカプセル18.75mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 シンレスタール細粒50% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 シンレスタール錠250mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 ノイエルカプセル200mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 ノイエル細粒40% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 ハイアミン液10% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン細粒50% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン散20% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン錠100 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン錠200 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン錠30 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン錠60 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン注10% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 パントシン注5% 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 ミルタックスパップ30mg 2010年09月 2010.09.30 第一三共エスファ株式会社へお問い合わせ下さい 販売中止 沈降破傷風トキソイド「S北研」(バイアル) 2010年02月 2009.03.31 販売中止 アドコルチンクリーム 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 アドコルチン軟膏 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 アリメジン散 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 アリメジン錠 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ATP注第一10mg 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ATP注第一20mg 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 エレース 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ケナコルト-Aクリーム 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 ケナコルト-A軟膏 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 ケナコルト-AGクリーム 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 ケナコルト-AG軟膏 2010年02月 2009.11.20 2010.03.31 販売中止 ブドウ糖「第一三共」原末 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ダイメトンシロップ5% 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 パンカル散 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 複合パンカル顆粒 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ビオタミン散10% 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ビオタミン錠25 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 メチロン原末 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 メチロン注10% 2010年02月 2009.03.31 販売中止 ユリーフカプセル2mg 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 ユリーフカプセル4mg 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 メブロン錠(50mg) 2010年02月 2009.03.19 2010.03.31 2009.03.31 販売中止 コレラワクチン「北研」 2009年03月 2009.09.30 販売中止 日本脳炎ワクチン「S北研」 2009年03月 2009.09.30 販売中止 沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「北研」 2008年03月 販売中止 ビタメジン-Sカプセル25 2008年03月 2008.03.05 2009.03.31 2008.03.31 販売中止 ビタメジン-Sカプセル50 2008年03月 2008.03.05 2009.03.31 2008.03.31 販売中止 ビタメジン-S散 2008年03月 2008.03.05 2009.03.31 2008.03.31 販売中止 チレオイド錠50 2008年02月 2007.03.31 2008.03.31 2007.03.09 販売中止 バルピン錠 2008年02月 2006.12.11 2008.03.31 2007.03.09 販売中止 バルピン注射液 2008年02月 2006.12.11 2008.03.31 2007.03.09 販売中止 ザンタック錠300 2007年02月 2006.11.17 2007.03.31 2006.09.30 販売中止 アクチナミン 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 販売中止 アベリー注 2006年11月 販売中止 イスコチン錠50mg 2006年11月 「イスコチン錠100mg」は引き続き販売 販売中止 イプシロン顆粒98.6% 2006年11月 2006.03.06 2007.03.31 販売中止 オムニカイン(末) 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 販売中止 スロンノン注 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 代替品として「スロンノンHI注10mg/2m L」を販売 販売中止 ノピア注 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 販売中止 パラアミノ馬尿酸ソーダ注射液20% 2006年11月 2006.03.06 2007.03.31 「パラアミノ馬尿酸ソーダ注射液10%」は引き続き販売 販売中止 ホルミラーゼ 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 販売中止 メチロン坐薬 2006年11月 2006.11.17 2007.03.31 販売中止 沈降破傷風トキソイド「北研」 2006年07月 販売中止 モービックカプセル10mg 2006年02月 2005.07.08 2006.03.31 販売中止 モービックカプセル5mg 2006年02月 2005.07.08 2006.03.31 販売中止 シッカニン軟膏「三共」 2005年11月 2005.11.28 2006.03.31 2005.06.30 販売中止 シッカニン液「三共」 2005年11月 2005.11.28 2006.03.31 2005.06.30 販売中止 エスキノン錠0.25 2005年04月 2005.04.13 2006.03.31 2005.03.31 販売中止 注射用エスキノン 2005年04月 2005.04.13 2006.03.31 2005.03.31 販売中止 トロンピン局所用液 2005年04月 2005.04.13 2006.03.31 2004.12.31 販売中止 ネチリン注射液100mg 2005年04月 2005.04.13 2006.03.31 2005.01.30 販売中止 ネチリン注射液75mg 2005年04月 2005.04.13 2006.03.31 2005.01.30 販売中止 ヘルペックスS 2005年02月 2004.11.19 2005.03.31 販売中止 オバポーズ錠1mg 2004年11月 2004.11.29 2005.03.31 2004.09.30 販売中止 デカーデュラポリン50 2004年11月 2004.11.29 2005.03.31 2004.09.30 販売中止 デュラポリン25 2004年11月 2004.11.29 2005.03.31 2004.09.30 販売中止 フシジンレオインターチュール 2004年11月 2004.11.29 2005.03.31 2004.09.30 販売中止 ハイアミンT液 2004年03月 2004.03.20 2004.03.31 2004.03.31 販売中止 プベローゲン 2003年04月 2003.04.21 2004.03.31 2003.03.31 販売中止 A型インフルエンザHAワクチンH1N1「北研」(1m L) 2011.02.03 * 統一収載品目につき経過措置に関する告示はありません。

トロキシン錠100mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日... 【2020年】痛み止め「セレコックス」と「ロキソニン」の違いとは?【基礎知識】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

トロキシン

トロキシン錠100mg(一般名:トロキシピド錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経メディカルが ... セレコックスの飲み合わせについて、禁忌の有無、併用注意薬のそれぞれの領域の薬ごとに確認していきます。 セレコックスの特徴|禁忌の薬剤の有無 セレコックスはセレコキシブを成分として含み、腰痛や肩こり、抜歯後の鎮痛目的などで効果が認められている鎮痛剤です((セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800126_1149037F1020_1_15.pdf))。 セレコックスは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)というグループに分類され、ロキソニンやボルタレンといった薬と同じような効果がありますが、その作用機序に特徴があります。NSAIDsはシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という熱や痛みの原因となるプロスタグランジンという生理活性物質の産生に関わる酵素を阻害することによって、解熱鎮痛作用を発揮します。COX-2と別にCOX-1があり、こちらは胃粘膜を保護に関連するプロスタグランジンを産生する機能がありますが、従来のNSAIDsはこのCOX-1も阻害するため、時に胃粘膜保護が阻害され、胃荒れなどの胃部不快感の副作用が問題となるケースがありました。 セレコックスはCOXのうち、COX-1阻害作用が少なく、選択的にCOX-2を阻害することによって従来のNSAIDsと同様に熱や痛みを抑え、かつ従来のNSAIDsよりも胃腸障害が少ないという特徴があります。 セレコックスには併用ができない薬(併用禁忌薬)はありませんが、併用に注意が必要な薬(併用注意薬)が何種類かあります。 セレコックスとの飲み合わせが悪い薬、禁忌 セレコックスには前述の通り、飲み合わせが悪く絶対に併用できない、併用禁忌に該当する薬はありません((セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800126_1149037F1020_1_15.pdf))。 どの薬とでも絶対に併用できないことはないため、その点では使いやすい薬の一つですが、併用に注意が必要な薬(併用注意薬)は何種類かあるため、全く注意が必要ないわけではありません。 セレコックスの飲み合わせ|併用に注意が必要な薬 セレコックスには併用ができないわけではないものの、併用に注意が必要な薬が何種類かあります。 セレコックスの併用注意の薬剤は以下の通りです((セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800126_1149037F1020_1_15.pdf))。 成分名等 代表的な薬剤等 ACE阻害剤 (エナラプリルマレイン酸塩 イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩等) アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤 (カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサルタンカリウム等) レニベース、ブロプレス、ディオバン、ニューロタン フロセミド チアジド系利尿剤 (トリクロルメチア ジド、ヒドロクロロチアジド等) ラシックス、フルイトラン アスピリン バイアスピリン リチウム リーマス フルコナゾール ジフルカン フルバスタチン ローコール クマリン系抗凝血剤 (ワルファリン) ワーファリン パロキセチン パキシル デキストロメトルファン メジコン 制酸剤 (アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等) マグミット、サンカマグネシウム 上記のような薬のうち、特に降圧剤などに関しては、実際には併用されるケースも多くあり、必ずしも避ける必要はありません。併用注意とされている理由は降圧作用を減弱させたりする恐れがあるためであり、短期間の併用であればさほど影響は大きくないと考えられます。

トロキシンの効果と副作用【胃薬】 医師監修 胸やけが続く原因は、ストレスやコーヒーも!6つの改善・予防法とは | 健康ぴた

トロキシン

トロキシン(一般名:トロキシピド)は、1986年から発売されている「アプレース」というお薬のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、先発品(トロキシン)の特許が切れた後に他社から発売された同じ成分からなるお薬の事です。お薬の開発・研 また、デキストロメトルファンは咳止めのメジコンなどの主成分であり、市販薬としても販売されている成分です。併用注意とされている理由はデキストロメトルファンの作用が強く出る可能性が指摘されています。こちらも実際には併用されるケースもありますが自己判断で併用するのは避けるようにしましょう。 また、その他の併用注意薬に関しても必ずしも避ける必要はありません。医師が承知の上で処方された場合にはあまり心配せず服用しましょう。ただし、自己判断でセレコックスを併用するようなことは避けましょう。 セレコックスと他の鎮痛剤との飲み合わせ|カロナールやロキソニン、ボルタレン、リリカ、ノイロトロピン セレコックスと他の鎮痛剤に関しては、他の消炎・鎮痛剤(心血管系疾患予防の目的で使用す るアスピリンを除く)との併用は避けることが望ましい、とされています((セレコックス錠100mg/ セレコックス錠200mg 添付文書 http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800126_1149037F1020_1_15.pdf))。 ただし、実際にはカロナールなどの解熱鎮痛剤とは併用されるケースもあり、セレコックスが痛み止めの目的、カロナールが解熱の目的など使い分け、セレコックスが1日2回の使用、他の解熱鎮痛剤が頓服の使用などがケースとしてあります。また、飲み薬でなく、貼り薬などの外用剤であれば併用はあまり問題ないと言えます。 ただし、セレコックスと同じNSAIDs(ロキソニン、ボルタレン、ブルフェンなど)の飲み薬に関しては、特に自己判断での併用は避けるようにしましょう。なお、アスピリン製剤(製品名:バイアスピリンなど)に関しては別途、併用注意として注意喚起されており、消化性潰瘍 等の発生率が高くなることが報告されています。実際に併用する場合は医師の判断次第となります。 なお、アセトアミノフェン製剤、NSAIDs以外の鎮痛薬としてリリカやノイロトロピンなどもありますが、これらはセレコックスと作用機序が異なるため、併用されるケースも多くあり、併用における心配はあまりありません。 セレコックスと胃薬・胃腸薬の飲み合わせ セレコックスは飲み合わせの悪い胃薬・胃腸薬はなく、基本的にはどの胃薬・胃腸薬とも飲み合わせることができます。 処方薬の例としてムコスタ(成分名:レバミピド)、セルベックス(成分名:テプレノン)の他、ネキシウムやオメプラール(成分名:オメプラゾール)、タケプロン(成分名:ランソプラゾール)、パリエット(成分名:ラベプラゾール)、タケキャブ、ガスター(成分名:ファモチジン)などがあります。 一般的にセレコックスは他のNSAIDsと異なり、胃に負担がかかりにくい薬剤であるため、胃の薬が同時に処方されるケースは多くありませんが、複数の病院、クリニックで処方が重なった場合などでセレコックスと一緒に胃の薬を飲んでも相互作用が問題となるケースはほとんどないと言えます。 セレコックスと咳止めの飲み合わせ|アスベリン、メジコン、フスコデなど セレコックスはメジコンなどの成分であるデキストロメトルファンとは併用注意として喚起されていますが、絶対に避ける必要はありません。併用注意の理由として、デキストロメトルファン(製品名:メジコンなど)の作用が強く出る可能性が報告されているためですが、実際に問題になるケースはあまりないと考えられ、医師が併用を把握している上での判断であれば、併用しても大きな問題はないと言えます。ただし、デキストロメトルファンは市販の風邪薬や咳止め薬にも含まれている成分の一つであるため、セレコックスを使用している場合は極力市販の風邪薬や咳止めの使用を避けるのが安全であり、使用する場合も短期間に止めるのが良いでしょう。 メジコンなどの成分であるデキストロメトルファンの成分以外の咳止め薬では、飲み合わせの悪い咳止め薬はなく、基本的にはどの咳止めとも一緒に使用することができます。 一緒に使用されることが多い咳止めでは、アスベリン、フスコデ、アストミン、フスタゾールなどがありますが、いずれの薬剤もセレコックスと併用することが可能です。 ただし、カフコデに関しては、セレコックスと比較的近い解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンの成分を含むため、自己判断では使用せず、医師が一緒に使用して良いと判断した時のみ使用するようにしましょう。 セレコックスと漢方の飲み合わせ セレコックスは飲み合わせの悪い漢方はなく、基本的にはどの漢方薬とも一緒に使用することができます。 一緒に使用されることが多い漢方では風邪全般に使用される葛根湯や鼻水などに使用される小青竜湯、咳などに使用される麦門冬湯などありますが、いずれの漢方もセレコックスと併用することが可能です。 セレコックスと痰切りの飲み合わせ|ムコダイン、ムコソルバン、ビソルボンなど セレコックスは飲み合わせの悪い痰切り薬はなく、基本的にはどの痰切りとも一緒に使用することができます。 一緒に使用されることが多い痰切りでは、ムコダイン(カルボシステイン)、ムコソルバン・ムコサール・ムコソレート(アンブロキソール)、ビソルボン(ブロムヘキシン)などがありますが、いずれの薬剤もセレコックスと併用することが可能です。 また、市販の痰切りとも基本的には一緒に使用できますが、いわゆる風邪薬(総合感冒薬)に関しては解熱鎮痛成分が重なる可能性があるため、自己判断では併用しないようにしましょう。 セレコックスと抗炎症薬の飲み合わせ|トランサミンなど セレコックスは抗炎症薬であるトランサミン(トラネキサム酸)とも飲み合わせは悪くなく、非常によく併用される薬の一つです。 セレコックスと鼻水・アレルギー薬との飲み合わせ|アレグラ、アレロック、ザイザルなど セレコックスは飲み合わせの悪い抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬はなく、基本的にはどの薬とも一緒に使用することができます。 一緒に使用されることが多い抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬として、アレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロラタジン)、アレジオン(エピナスチン)、エバステル(エバスチン)、タリオン(ベポタスチン)、ザイザル、アレロック(オロパタジン)、ジルテック(セチリジン)、デザレックス、ビラノア、ルパフィン、ゼスラン・ニポラジン(メキタジン)、ポララミン(クロルフェニラミン)、ザジテン(ケトチフェン)、セレスタミンなどがありますが、いずれの薬剤もセレコックスと併用することが可能です。 また、市販の花粉症薬とも基本的には一緒に使用できますが、いわゆる風邪薬(総合感冒薬)に関しては解熱鎮痛成分が重なる可能性があるため、自己判断では併用しないようにしましょう。 セレコックスと抗ロイコトリエン薬との飲み合わせ|オノン、キプレス、シングレアなど セレコックスは飲み合わせの悪い抗ロイコトリエン薬はなく、基本的にはどの薬とも一緒に使用することができます。 一緒に使用されることが多い抗ロイコトリエン薬として、オノン(プランルカスト)、キプレス・シングレア(モンテルカスト)がありますが、いずれの薬剤もセレコックスと併用することが可能です。 セレコックスと抗生物質との飲み合わせ|メイアクト、フロモックス、クラリス、ジスロマック、クラビット、ワイドシリンなど セレコックスは抗生物質や抗菌剤との併用に関して、飲み合わせの悪い薬はなく、基本的にはどの薬とも一緒に使用することができます。 NSAIDsと飲み合わせに注意が必要なケースが多い、クラビットなどのキノロン系抗菌剤もセレコックスに関しては特別な注意喚起はありません。 具体的なその他の抗生物質・抗菌剤として、サワシリン(アモキシシリン)、オーグメンチン、メイアクト(セフジトレン)、フロモックス(セフカペン)、セフゾン(セフジニル)、クラリス(クラリスロマイシン)、ジスロマック(アジスロマイシン)、オゼックス(トスフロキサシン)、ジェニナックなどがありますが、医師の適切な診察のもと、セレコックスと一緒に処方された場合は併用して問題ないと言えるでしょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。予めご承知ください。

*トロキシピド錠100mg「オーハラ」 カロナールの飲み合わせについて|注意したい薬と大丈夫な薬の一覧、市販薬も | 薬局薬剤師がお送りします

トロキシン

**注:旧販売名 トロキシン錠100mg. 貯法・使用期限等. 貯法: 室温保存、気密容器. 使用期限: 3年 (容器に表示の使用期限内に使用すること) 基準名. 日本薬局方. トロキシピド錠. 組成. 成分・含量. 1錠中日局トロキシピド 100mg. 添加物 2020年5月18日更新 くすり 痛み止めのお薬として病院で処方されることの多い、「セレコックス」と「ロキソニン」があります。両方飲んだことあるけど、2つのお薬、どう違いがあるの?と思われている方も多いのでないでしょうか? 今回は、痛み止めとして使用されるセレコックスとロキソニンの作用、効果、副作用の違いなどについて説明します。 ロキソニンとセレコックスの作用の違い 最初に、セレコックスとロキソニンの作用について見比べてみましょう。どちらのお薬も、「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」とよばれるタイプに分類されるお薬になります。ただ、お薬の構造の違いによって、作用に違いがあります。※カタカナ・英語ばかりですので、読みづらい方は、まとめまでとばしてお読み下さい。 痛み止め、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは? 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のタイプの痛み止めは、体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質である「プロスタグランジン」が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。プラスタグランジンは、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」とよばれる酵素によって作られるのですが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、効果を発揮します。 ロキソニン(ロキソプロフェン) ロキソニンの主成分はロキソプロフェンになります。説明のように、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、結果として、炎症を引き起こすプロスタグランジンが作られるのを抑え、炎症、痛みや熱を下げる効果を発揮します。 セレコックス(セレコキシブ) セレコックスの主成分はセレコキシブになります。セレコックスは、ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が胃を荒らす副作用があるということから、それを改善するために開発されたお薬になります。 実は、シクロオキシゲナーゼ(COX)には「COX-1」と「COX-2」の2種類があります。COX-1は胃粘膜の保護効果があり、COX-2は炎症や発熱、痛みを引き起こします。COX-1まで阻害してしまうと、胃粘膜の保護効果を失うため、結果的に胃を荒らしてしまう可能性があります。セレコックスは、COX-1には作用せず、COX-2を選択的に阻害するように開発されました。そのため、胃を荒らすことなく、炎症や痛みを抑えることができます。 作用の違いまとめ ◆ロキソニンは、胃の保護作用があるCOX-1と、炎症や発熱、痛みを引き起こすCOX-2を両方とも阻害してしまうため、胃を荒らすという副作用がある。◆セレコックスは、COX-1には作用せず、COX-2に選択的に作用するため、胃を荒らす副作用が少ない痛み止めとなっている。 ロキソニンとセレコックスの飲み方の違い ロキソニン(ロキソプロフェン) 疾患や症状によって、多少異なりますが、基本的には、1日3回、1回60mg(1錠)を飲むお薬になります。頓服で服用する場合は、1回60mg(1錠)〜120mg(2錠)を服用します。1回服用したら、少なくとも3-4時間は間隔をあけるような指示があります。 セレコックス(セレコキシブ) 疾患や症状によって、多少異なります。ロキソニンと比較すると、セレコックスは、作用時間が長く持続するため、ロキソニンが1日3回の服用に対して、セレコックスは1日2回の服用になります(1回100〜200mg)。 頓服で服用する場合も、間隔は少なくとも6時間以上あけるような指示があります。又、ロキソニンは、解熱剤としての適応がありますが、セレコックスは、解熱剤としては服用しません。 飲み方の違いまとめ ◆ロキソニンは一般的に1日3回の服用に対して、セレコックスは、ロキソニンと比較して、作用時間が長く持続するため、1日2回の服用となっている◆セレコックスと比較すると、ロキソニンは作用時間が短く即効性がある◆セレコックスは、解熱剤としては使用しない ロキソニンとセレコックスの価格の違い ロキソニン(ロキソプロフェン)の錠剤 薬価:ロキソニン錠60mg 1錠13.4円 (参考)ロキソニンのジェネリック医薬品の薬価:1錠5.7〜9.8円 セレコックス(セレコキシブ)の錠剤 薬価:セレコックス錠100mg 1錠100.69円セレコックス錠200mg 1錠106.3円セレコックスにはジェネリック医薬品は現状存在しません。

トロキシピド錠100mg「オーハラ」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) ...

トロキシン

「トロキシピド錠100mg「オーハラ」」の用法用量や効能・効果、副作用、注意点を記載しており、添付文書も掲載しています。 価格の違いまとめ ◆価格に関しては、ロキソニンはセレコックスと比較すると安く、またジェネリック医薬品が存在する◆セレコックスにはジェネリック医薬品が現状は存在しない ロキソニンとセレコックスの効果・副作用の違い どちらも痛みや炎症を抑える鎮痛薬として処方されます。同じような効果が期待できますが、副作用の面では少し違いがあります。 ロキソニン(ロキソプロフェン) 解熱鎮痛薬として効果が期待できるお薬ですが、副作用のリスクもあります。副作用としては特に胃腸障害があります。そのため、胃腸が弱い方や消化潰瘍の方は、服用には注意が必要です。胃薬が合わせて服用されることが多くあります。その他の副作用としては、吐き気、嘔吐、発疹などもあります。市販薬でも、成分であるロキソプロフェンを含むお薬が第1類医薬品(代表例:ロキソニンS)として販売されています。 セレコックス(セレコキシブ) ロキソニンと比較すると、副作用である胃腸障害が少ないとされています。ただ、注意が必要であることには変わりないため、胃腸が弱い方や、消化性潰瘍の方は、服用に注意しましょう。その他の主な副作用としては、吐き気、嘔吐、発疹などがあります。市販薬では、販売していません。医師の処方箋が必要となります。 ロキソニン、セレコックスに共通する注意点 ◆空腹時での服用を避け、食後に服用するようにしましょう。◆医師の指示どおりの量を守りましょう。効かないからといって、薬の飲み過ぎは厳禁です。ご自分の判断で量を増やしたり、頻繁に飲まないようにしましょう。効かない場合は、他に原因がある場合や、症状が悪化している可能性があります。必ず、医師に相談するようにしましょう。◆一つの解熱鎮痛作用のあるお薬を服用している場合は、他の解熱鎮痛薬を服用しないようにしましょう。作用が強くなり、副作用のリスクが高まります。◆稀に、今まで副作用がなくても、体調などの変化によって突如お薬に対するアレルギー症状(湿疹、アナフィラキシー、ショック症状など)が起こる可能性があります。いつもと違う、少しおかしいと思うような症状が出た場合は、副作用の可能性がありますので、すぐに医師・薬剤師に相談するようにしましょう。おわりに ロキソニンとセレコックス、同じ鎮痛剤でも、以上のような違いがあります。もちろん、お薬による効果や副作用には個人差があり、一概には効果や副作用の比較というのは難しい部分があります。ロキソニンがよく効くという方もいれば、セレコックスの方が効くという方もいらっしゃいます。 主治医と相談しながら、症状に合ったお薬を処方してもらい、治療をしていくことが大切になります。 くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

トロキシピド錠100mg「オーハラ」|胃炎・胃潰瘍治療剤|ニプロ医療関係...

トロキシン

製品名 会社名 規格・単位 薬価[円] ニプロ販売品: トロキシピド錠100mg「オーハラ」 大原: 100mg1錠: 6.20: 他社品(1) アプレース錠100mg 2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。食べ過ぎたり飲みすぎたりした時におこる「胸やけ」はとても不快な症状ですね。一方で、心あたりがないにも関わらず胸やけを感じ、その原因が特定できずに悩んでしまう人も多いようで症状が長く続く胸やけは、何らかの病気のサインかもしれません。この記事では、胸やけについてご紹介します。胸やけとは胸やけとは、胸が焼けるような痛みや、違和感をおぼえる症状のことです。胃酸が食道へ逆流したときにおこる、逆流性食道炎の症状の一つでもあります。1.おもな胸やけの原因暴飲暴食、ストレスなどによる胃酸過多食べ過ぎや飲みすぎは胃酸過多を招き、胸やけを起こしやすくなります。脂っこい食べ物を好んで食べたり、コーヒーなどでカフェインを摂りすぎていたりすると、胸やけを起こしやすいと考えられています。また、ストレスによっても胃酸分泌が増加し、胸やけを引き起こすことがあります。便秘便秘が胸やけを引き起こす原因になることもあります。便秘によってお腹が圧迫され、胃酸が食道に逆流し、胸やけをおこしやすくなります。また、腹部を圧迫するような姿勢や、肥満、ベルトの締めすぎなども原因になります。肥満については脂肪が体内の臓器を圧迫することで、胸焼けを起こしやすくなります。食道裂孔ヘルニア胃と食道の間には、本来筋肉によって蓋がされ、逆流しないようになっています。しかし加齢などでその機能が落ちることで胃酸が逆流し、胸やけを起こします。妊娠後期は胸やけになる妊娠によるつわりが落ち着いても、臨月あたりになると、再度胸やけをおこすことがあります。それは、胎児がお腹の中で成長していることや、羊水、胎盤の増加により、子宮が膨らむことで胃腸が圧迫されて起きると考えられています。胃が圧迫され押し上げられることで、胃酸の逆流が起こりやすくなります。また、胃酸が多くなる空腹時や食後に胃のむかつきを起こしやすくなります。2.胸やけを伴う病気逆流性食道炎食道は通常、口から胃への一方通行ですが、何らかの原因(吐き癖や、肥満による腹圧上昇、脂質の摂りすぎなど)で繰り返し胃酸が食道に逆流すると、食道が炎症を起こし、粘膜がただれてしまう潰瘍ができてしまいます。この状態を、逆流性食道炎といいます。機能性ディスペプシアこれまで慢性胃炎、神経性胃炎、胃痙攣、胃アトニー、胃下垂と診断されてきたもので、内視鏡検査では異常が見つからないにも関わらず、胃の運動機能に障害が生じ、慢性的に胃に不快な症状が出現する疾患です。食道裂孔ヘルニア本来、横隔膜の下にあるはずの胃の一部分が、食道の通り道である食道裂孔を通過し、胸部の方へ脱出した状態のことで、逆流性食道炎の原因となります。肥満・妊娠・加齢・喫煙などが食道裂孔ヘルニアの原因となります。狭心症心臓というと左胸と思われがちですが、実際には胃や、食道付近の痛みを訴えることも多くみられます。心臓に栄養を届けている冠動脈が何らかの原因により狭くなり、血流が滞り心筋への酸素供給不足になり、いろいろな症状をおこす疾患です。病院で行われる、胸やけの検査や治療法胸やけの症状が長期間続く、頻繁に繰り返されるなどのような時は、医療機関を受診することをおすすめします。1.内視鏡による検査胸やけの症状が主症状である逆流性食道炎は、血液検査などでは発見しにくいため、上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて検査を行います。口から挿入する経口内視鏡と、鼻から入れる経鼻内視鏡があります。2.