• 記事: 17329
  • 質問に対する回答: 16026
  • コメント: 22901
  • 準備ができて答え: 28974

アベコベガエル

【アベコベガエル】オタマジャクシは巨大なのに大人になると小さくな... 【イタチキツネザル】いくつ知ってる?珍名動物26【マンビキ】 | 魍魎三昧

アベコベガエル

アベコベガエル アベコベガエルってどんな生き物? カエル目アベコベガエル科。 南米のアマゾン川に生息して、ほぼ水の中から出てこない。 水の底にいる虫などを捕食する。 カンガルーやアイアイなど聞き間違いから名前が付いた種もいるように、生物の名前というのは意外な由来を持つことがあります。そして中にはどうしてそんな名前をつけられちゃったの…というちょっと可哀想な生物も。声に出して呼びたくなる珍名生物26種を紹介していきます。変な名前の魚①ウッカリカサゴウッカリカサゴはフカサゴ科の海水魚で、体長約40cm。宮城県以南から朝鮮半島南部、東シナ海に生息しています。カサゴよりも深い推進100m前後の岩礁で姿が見られる魚で、発見されたのは1978年と最近です。りょうくん当初「カサゴに似た新種の魚を見つけたよ!」ってソ連の科学誌で発表されたんだけど、日本の魚類学者達は既にこの魚の存在を知ってたんだよ。もうちゃんどういうこと?りょうくんあんまりにもカサゴに似てたから、別の種類の魚だと気づかなかったんだって。それで魚類研究家の安倍宗明さんって人が、「うっかりカサゴと間違えてたから、ウッカリカサゴって名前にしよう」って決めたんだよ。ちなみに美味しいらしい。②ションベンタレションベンタレというのはタカノハダイの通称です。本州中部以南の南日本、台湾近海の暖かい水域に分布し、全長約40cm。水深20〜30mの岩礁に生息して小型底生動物を餌にしています。正式な和名のタカノハダイという名前は、体表に褐色の斜め縞があり、これが鷹の羽の模様を連想させるところ、そしてシルエットが鯛ににていることを併せて付けられました。もうちゃん鷹と鯛って高級感あふれる動物の名前を貰ってるのに、なんでションベンタレなんて悲惨なあだ名がつけられてるの?りょうくんこの魚の肉、アンモニア臭がきついんだよ。ただ全ての個体が臭いわけじゃなくて、寒い時期にとれるタカノハダイの中には無臭に近いものもあるそうなんだ。あと、臭くない個体は調理するとすごく美味しいらしい。③オジサンオジサンは和歌山県以南と西・中部太平洋、インド洋に分布するヒメジ科の海水魚です。全長約30cmで水深140m程度までの砂礫域やサンゴ礁に生息しています。名前の由来は下顎に2本1対の顎ヒゲを持つことですが、これはヒメジ科の魚に共通する特徴であり、そのうちの本種だけがオジサン(老翁)という正式な標準名を付けられています。りょうくんオジサンのヒゲはオシャレであるわけじゃなくて、この器官が味を感じる細胞になってるんだよ。あと、ヒゲをつかって砂を掘り返すこともできて、海底にいる小動物を捕食するのにも役立ってるんだ。もうちゃんヒメジ科の魚は20種類以上もいるのに、オジサンだけオジサンって呼ばれるのが不思議だなあ。④ヨゴレヨゴレはメジロザメ科に分類され、全世界の熱帯・亜熱帯水域に分布しています。全長約4mで、日本でも南日本で見ることができる、獰猛なサメです。りょうくんサメは知られているだけで400種以上存在してるんだけど、ヨゴレが分類されているメジロザメ目は最も仲間が多いんだよ。ヨゴレの特徴は腹ビレと第二背ビレ、臀ビレに黒褐色の斑紋、第一背ビレにと胸ビレに白い斑紋があることです。そしてこの斑紋が汚らしく見えることから、ヨゴレという標準名が付けられました。もうちゃんうわあ、ひどい理由!りょうくんまあね。でも面白い名前とは裏腹にヨゴレは人間を襲うこともある危険なサメなんだ。外洋に生息してるから、海水浴場なんかに現れる可能性は低いけど、危険な生物であることは覚えといてね。⑥マンビキマンビキはシイラの別名です。シイラは世界中の熱帯・温帯水域に広く分布する回遊性の表層魚で、成長すると全長2mにも育ちます。りょうくんシイラは昔の釣り針ではなかなか釣り上げられなかったそうで、かかったと思っても餌だけ取られていることが多かったんだ。そこから餌泥棒、万引き、マンビキって呼ばれるようになったって言われているよ。また、シイラは数尾から数百尾の大群を作って海の表層を泳いだり、流木や藻の下に集まる習性があることから、「九万匹(くまびき)」とも呼ばれています。ここから万匹、マンビキと通称がついたという説もあります。⑦ヤマノカミヤマノカミはカジカ科の淡水魚で、日本国内では筑後川など有明海の奥に通じる河川や、朝鮮半島・中国北部の河川に分布しています。全長は15cm程度で頭と体の前部分が押しつぶされたような形をしていることと、厳つい顔立ちが特徴です。りょうくん奈良時代ころから、山の神様は女神様で不細工だっていう伝承があってね。だから可愛かったり綺麗だったりするものを妬むって言われていて、オコゼのような醜い生物を見るとご機嫌がとれると言われてたんだ。もうちゃんじゃあ、この魚も山の神様みたいに不細工だからヤマノカミって呼ばれるようになったの?りょうくんそうみたいだね。山の神様のルーツになってるのは、コノハナサクヤヒメの姉である岩石の化身のイワナガヒメだって説もあるんだ。言われてみればヤマノカミも岩みたいな見た目だよね。⑧イレズミコンニャクアジイレズミコンニャクアジは本州中部以北、北太平洋に分布する海水魚です。幼体の頃は沿岸の表層近くで生活し、成長してからは沖合の水深1000m付近の深海に移動します。成体では約2m程にまで大きくなります。りょうくんこの魚、鱗が1枚もないうえに軟骨が多くて体もぐにゃんぐにゃんなんだよ。そこからコンニャクって名前に入るようになったんだ。もうちゃんふーん。じゃあ、イレズミの部分はどこからきたの?模様とか?りょうくんそう!成長すると全体的に黒褐色の地味な見た目になるんだけど、幼体の頃は黄褐色の体色に紫色の斑点が見られるんだ。これがイレズミみたいだから、併せてイレズミコンニャクアジって名付けられたそうだよ。ちなみにイレズミコンニャクアジの英名は「ragfish」。和訳すると「ぼろキレ魚」と呼ばれており、やはりぐにゃぐにゃした姿から付けられたのでしょう。⑨テングノオトシゴテングノオトシゴはウミテング科の海水魚で、相模湾以南、西大西洋、インド洋に分布しています。全長は約8cmと小さめ。沿岸の浅瀬、砂泥底に生息し、胸ビレを大きく広げて腹ビレを足のように動かして移動します。りょうくん名前の由来は、見ての通り口吻が天狗の鼻のように長いことから来てるんだ。ウミテング科には本種の他にウミテングとヤリテングが存在し、いずれも同じように長い口吻を持ちます。⑩コンペイトウコンペイトウは日本海、北海道、オホーツク海、ベーリング海、アラスカ湾に分布するダンゴウオ科の海水魚で全長は10cm程度。腹部に腹ビレが変化してできた腹吸盤を持ち、背ビレは2基あるものの第一背ビレは皮膚の中に埋没しています。もうちゃん丸くて、金平糖みたいな見た目だねえ。だからコンペイトウって名前がついたんでしょ?りょうくんそうだよ。ちなみに金平糖は昔、幕府に献上されることもあった高級品だったんだけど、献上品の金平糖の突起は「天地六合」にかなう数、36で作ることという決まりがあったんだって。もうちゃんへえー。作るの大変そうだねえ。ところで、魚のコンペイトウは食べられるの?りょうくんいや、美味しそうに見えるんだけど食用にはならないんだってさ。⑪ウケグチノホソミオナガノオキナハギウケグチノホソミオナガノオキナハギは、インド洋から南シナ海の浅瀬に分布する全長約30cmの海水魚です。りょうくんウケグチノホソミオナガノオキナハギは現在和名がついている魚の中では、最も長い名前を持つんだ。カワハギに分類されますが、その姿はかなり特徴的で名前の通り受け口で体が細長く、尾ビレも長く、下顎にヒゲを1本持っています。りょうくんこの長い名前は、ウケグチノホソミオナガノオキナハギの外見の特徴を全部詰め込んだものなんだけど、この魚が発見されるまではミツクリエナガチョウチンアンコウが最も長い魚の名前だったんだよ。で、どうせだったら見た目も変だし、もっと長い名前を付けて記録を塗り替えてやろうってことになって、ウケグチノホソミオナガノオキナハギって名前がついたんだ。もうちゃんでも、長いんだけどリズミカルな名前だよね。ウケグチノ!ホソミオナガノ!オキナハギ!りょうくん長い名前って覚えづらいじゃない?だから五・七・五調にして覚えやすいように配慮したそうだよ。変な名前の哺乳類①イタチキツネザルイタチキツネザルは、マダガスカルに分布するキツネザルという原猿類の一種です。全長46〜64cmで尾長は22〜32cm、体重は500〜1000g。夜行性で主に木の葉を餌とします。キツネザルの仲間は犬のように尖った顔をしており、名前にキツネが含まれるのは顔つきが似ているからです。りょうくんその中でもイタチキツネザルは顔の輪郭がキツネ、頭の形がイタチに似ていると言われて、この名前がついたんだ。もうちゃんイタチのようでキツネのようでもあるサルってことかあ。なんか複雑な命名だねえ。②ナマケグマナマケグマはインド、スリランカに分布するクマの一種です。体長は140〜180cm、肩高61〜92cm、体重55〜145kg。熱帯域に生息しながら長い被毛を持ち、夜行性でシロアリを餌にします。クマにしては長い、アリクイを思わせる伸びた口先はシロアリを食べるために発達したと考えられています。もうちゃんなんでナマケグマって名前なの?白熊やグリズリーみたいに積極的に狩りをしないから?りょうくんうんにゃ。このクマさあ、爪も凄く長いでしょ?蟻塚を壊せるだけのことはあるよね。この鉤爪で木の枝に逆さまにぶら下がることができるんだけど、そうしていると「ある動物」に見間違えられたんだよ。もうちゃんりょうくんそうそう。毛の色や長さもナマケモノに似てるから、ナマケグマって名前がついたんだよ。ちなみに外見が似ているだけでナマケモノとは全く関係のない生物のため、ナマケグマは動きが遅いといったことはありません。③ゴリラ・ゴリラ・ゴリラゴリラの学名がコリラ・ゴリラであることはよく知られていますが、ゴリラの中でもニシローランドゴリラの学名は更にゴリラが1つ増え、ゴリラ・ゴリラ・ゴリラといいます。現生のゴリラは以下の4種に分類されています。ニシローランドゴリラ カメルーン、赤道ギニア、コンゴ、ガボン、中央アフリカに分布。雄の平均体長は170〜190cm、平均体重は180kg、雌の平均体重は90kg。体毛は灰褐色。クロスリバーゴリラ ナイジェリア南部とカメルーンの国境地域に位置するクロスリバー近郊に分布。ニシローランドゴリラとともにニシゴリラに分類されるが、現存個体数は200〜300と非常に少ない。雄の平均体長は170cm前後、平均体重は140kgと小さめ。マウンテンゴリラ コンゴからウガンダ、ルワンダの国境にまたがるヴィルンガ火山群、ウガンダ南西部のブウンディ国立公園にのみ生息。雄の平均体長は170〜190cm、平均体重は200kg。巨大な個体では250kgを超えることもある、ゴリラの中では最大の種。絶滅が危惧されているが、現在は保護活動が実を結んで個体数は増加傾向にある。体毛は黒。ヒガシローランドゴリラ コンゴ頭部にのみ生息する種で、正確な個体数は不明。体毛や大きさもマウンテンゴリラと似ており、鼻の上の「鼻紋」がはっきり見えればマウンテンゴリラ、見えづらければヒガシローランドゴリラという見分け方ができる。りょうくんこの通り4種類に分けられるゴリラだけど、実はニシローランドゴリラ以外は絶滅の危険性が指摘されているんだ。もうちゃんゴリラって有名な動物だし、どこの動物園でも見られるからたくさんいると思ってた……りょうくん動物園にいるのも、ほとんどがニシローランドゴリラなんだよ。ゴリラの中で一番数が多いから、ニシローランドゴリラにゴリラ・ゴリラ・ゴリラって学名がついたって言われてるんだ。ゴリラがどうして絶滅危惧種になっているのかは、下の記事で詳しく描いているよ。 【絶滅危惧種】絶滅が危ぶまれる哺乳類12種【レッドリスト】現在地球上で生存が確認されている哺乳類は約5000種。そのうちのなんと5分の1にあたる、およそ1000種が絶滅危惧種に該当すると言われています。近い将来に絶滅する可能性が高いとされる哺乳類の中には、動物園の人気者やメジャーな種も数多く含まれ...変な名前の両生類①アベコベガエルアベコベガエルはコロンビア、エクアドル、ベネズエラなどの南米とトリニダード島の河や沼に分布する蛙です。「あべこべ」という名前の通り、普通の生物とは真逆の成長の仕方をする変わった生物で、卵から孵ると凄い勢いで20〜25cmの巨大オタマジャクシになり、成長するにつれて尾の部分が縮んで小さくなっていきます。りょうくん最終的に変体を終えて蛙になると、5〜7cmくらいのフツーの見た目になるんだ。もうちゃん変なの!ちなみに英語では「Paradoxial frog」(辻褄が合わない蛙という意味)、「Shrinking frog」(縮みガエル)と呼ばれています。②ハイレグアデガエルハイレグアデガエルは1888年に発見されたマダガスカル固有種で、マダガスカル島の中部の東岸と北部、南部に分布しています。体長は30mm程度と小型で、まるでハイレグの水着を着ているような体の模様にちなんで名前が付けられました。もうちゃんりょうくんヤドクガエルのバトラコトキシン程の猛毒じゃないけど、アデガエルの仲間もアルカロイド系の毒を持っているよ。この派手な色も、外敵への「毒を持ってるぞ」っていう警告なんだろうね。③ニンニクガエルニンニクガエルはフランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、イタリア、トルコなどのヨーロッパ各国と西アジアに分布する蛙です。砂丘や耕作地に生息して、後ろ足の踵部分にある鋤のような突起(硬化した角質)を使って穴を掘り、地中に潜って生活します。そのため英語名は「Spadefoot frog」(鋤足蛙)と呼ばれ、日本でも分類はスキアシガエル科に属しています。もうちゃんなんか、丸くて愛嬌がある見た目だねりょうくん可愛いよねえ。でも、この蛙は外敵に襲われると強烈なニンニク臭を放つんだよ。もうちゃん体が丸くてニンニクに似てるから、ニンニクガエルっていうのかと思ったよ!りょうくん敵を威嚇するときは体を膨らませて警告音を出すらしいから、怒っているるときは見た目ももっとニンニクに似るのかもね。ちなみに植物のニンニクも、動物に捕食されないための防衛策としてあの強烈な臭いを身に着けたといいます。もうちゃんそれでも人間は容赦なくニンニクを食べてるっていう。なんか必死に進化したニンニクに申し訳ない気がするねー変な名前の昆虫①トゲアリトゲナシトゲトゲトゲアリトゲナシトゲトゲはハムシ科トゲハムシ亜科に分類される昆虫の中で、ある特徴を持つ複数の種をまとめて呼ぶ愛称のようなものです。りょうくんハムシ(葉虫)っていうのは、文字通り葉っぱを食べる昆虫を指してついた名前なんだけど、その中で体にトゲがあるものをトゲトゲと呼んでるんだ。もうちゃんふんふん。りょうくんところが今度はその中から変異種でトゲを持たない個体や種が発生して、それをトゲナシトゲトゲって呼ぶことにしたんだ。もうちゃんふんふん。りょうくんそしたら今度はトゲナシトゲトゲの中から更にトゲを持つ種類が見つかって、それがトゲアリトゲナシトゲトゲって俗称で呼ばれるようになったんだ。もうちゃんややこしい!りょうくんちなみにトゲナシトゲトゲの正式な和名は「ホソヒラタハムシ」っていうんだ。図鑑なんかで調べる時には、この名前で検索するといいよ。で、その中でトゲがあるやつがトゲアリトゲナシトゲトゲってことだね。②クビキリギスクビキリギスは関東以西の本州、四国、九州に分布するキリギリス科の昆虫です。体長は35〜42mm、体色は緑色の他に濃褐色の個体もいます。もうちゃんクビキリギリスじゃなくてクビキリギスなんだね。りょうくん間違いやすいよね。なんでこんな中途半端な省略の仕方したんだろクビキリギスの名前は首切りから来ており、噛み付く力が非常に強く、無理やり引き剥がそうとすると首が取れてしまうことがあるために、この名前がついたと言われています。りょうくんクビキリギス以外のキリギリスやコオロギなんかも顎の力が結構強いから、1つの飼育かごでたくさん飼わない方がいいとか、爬虫類の餌にしてはいけないとか言うよね。変な名前の貝類①オモイガケナマイマイオモイガケナマイマイは愛知県や静岡県、埼玉県などの石灰岩地帯に分布する日本の固有種です。オナジマイマイ科に分類され、殻高4cm、殻径約10cm程度。もうちゃんカタツムリって石灰岩地帯なんかにいるんだ。もっと肥沃な土地にいるイメージだったよ。りょうくんだよね。オモイガケナマイマイは1977年に発見された種なんだけど、思いがけない場所にいたから、この名前がついたんだって比較的最近発見されたオモイガケナマイマイですが、個体数はあまり多くなく、現在は絶滅危惧Ⅰ類に指定されています。ちなみにどうして名前が「オモイガケナイ」ではなく「オモイガケナ」なのかは不明。名付け親は発見者の黒田徳米博士です。②シンデレラウミウシシンデレラウミウシはインド洋、中・西部大西洋に分布するイロウミウシ科の一種です。体長は4〜6cm、体色は青紫色や赤紫色で金色の触覚とエラを持ちます。もうちゃん綺麗だね〜りょうくんね。なんでシンデレラウミウシって名前なのかは諸説あるんだけど、シンデレラのドレスみたい、ガラスの靴みたい、金の触覚がティアラみたい、っていう外見を褒めたものが有力なんだ。変な名前の動物・その他①ブンブクチャガマブンブクチャガマは相模湾以南からオーストラリア、アフリカ西岸にまで分布するウニです。殻長は5cm、殻幅は4.5cmでまるで毛のように細く密なトゲで覆われています。岩場ではなく、水深約5〜90mの砂泥底に生息しているという点も特徴です。りょうくん狸が化けた茶釜みたいな見た目をしていることから、こんな名前がついたんだ。もうちゃんりょうくんブンブクチャガマは食べられないよ。日本には160種以上、世界には900種以上のウニがいるんだけど、主に食用になるのはムラサキウニなんかを含む4種類程度なんだ。②ウメボシイソギンチャクウメボシイソギンチャクは本州中部以南に生息する体高3cm程度、直径4cm程度のイソギンチャクです。触手が開いているときは他のイソギンチャクと同様に花のような姿ですが、閉じているときはまるで梅干しのような姿になることから、この名前が付きました。りょうくんウメボシイソギンチャクは口から小さなウメボシイソギンチャクを吐き出して増えるんだよ。もうちゃん口から子供を産むの?体の中で卵を孵してから口から子供を外に出してるってこと?りょうくん前はそう思われてたんだけど、胃の一部が千切れて、それが新しいウメボシイソギンチャクになってることがわかったんだ。もうちゃんひえっ……クローンがどんどん生まれてるってことかあ……③ウルトラマンボヤウルトラマンボヤは日本近海に生息している群体ホヤの1種で、見た目がウルトラマンの顔いにていることからこの名前が付けられました。もうちゃんりょうくんウルトラマンボヤって名前は俗称で、学名は不明なんだ。ヘンゲボヤ科に分類されるらしい。ホヤ類は種類が凄く多くて、確認されているだけで2300種以上あるうえ、他にも変わった見た目のものが多くてね。もうちゃんうわあ、可愛い!なにこれ?りょうくんこれもホヤの幼体なんだけど、学名は付けられていないんだ。通称ワライボヤとかカールおじさんボヤとか呼ばれているね。④ハクションクラゲハクションクラゲはアカクラゲの通称で、本州以南に分布する傘の直径10〜15cm、触手の長さ50〜80cm程度のオキクラゲ科の生物です。 お椀上の傘の表面に赤い放射状の筋が入っていることが特徴で、強い刺胞毒を持ちます。りょうくんこのクラゲは毒性が強くて、死体を乾燥させたものの粉末を吸い込むと粘膜が刺激されてくしゃみが起こるんだ。だから、ハクションクラゲって呼ばれるようになったんだよ。ちなみに大坂冬の陣の際、真田幸村がハクションクラゲの粉末を武器として利用したという逸話もあり、そこからサナダクラゲという別名も付けられています。⑤ユメナマコユメナマコは水深4000〜6000mの深海に生息するクラゲナマコ科の生物で、体長25cm程度。口の周囲に触手が生えていて、それを利用して海底の有機物をかき集めて捕食します。もうちゃんナマコって海底を這ってる地味な生き物って印象があるけど、こんな綺麗なナマコもいるんだね。りょうくんうん。ユメナマコは体の前方にある帆のような形の器官を使って泳ぐこともできるんだ。ナマコとは思えない赤色も相まって、その美しさからユメナマコと呼ばれるようになったんだ。深海に生息するナマコの中には、ユメナマコのように遊泳能力を持つ種類は少なくありません。なぜ深海に生息するナマコだけが海底を這わずに遊泳能力を持っているのかについては諸説あり、効率的に餌を集め、深海の底で起こる乱泥流から生き延びるために進化した結果と考えられています。りょうくん泳ぐナマコの中でも、最も身のこなしが優雅で可愛らしいのがユメナマコなんだよ。

アベコベガエル - Wikipedia 特集:リンネ 植物にかけた情熱の人 2007年6月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JP

アベコベガエル

アベコベガエル(Pseudis paradoxa)は、南米に生息するカエルの一種である 。 幼生 の オタマジャクシ は、体長25cmと非常に大きいが、成体であるカエルは、オタマジャクシと比較すると約4分の1の大きさとなることからアベコベガエルと名づけられた [3] 。 そして、六つの綱とは別に列を作り、一角獣や不死鳥、竜、ギリシャ神話に登場する半人半獣の神サテュロスといった架空の生物と、幼生のオタマジャクシは巨大だが、成体のカエルになると体がはるかに小さくなるアベコベガエルのような奇妙な生き物を、分類不能のグループにまとめ、「矛盾するもの」と名づけた。 この図表には「カール・リンネの動物界」という表題が大仰に掲げられた。当時の知見や学説に基づいて動物界の多様性を総合的に把握しようとする試みではあったが、取りたてて独創的というほどではなかった。さすがのリンネも動物は専門外だったのだ。 植物こそリンネの得意分野だった。植物の分類は、動物の分類より革新的かつ包括的で、整然としていた。「花は植物の生殖器官である」という当時としては斬新な考えに基づき、男性器である雄しべと女性器である雌しべを類別の基準に用いた。そのため、この植物分類法は「性の体系」と呼ばれるようになった。 リンネは花の咲く植物を、雄しべの数と大きさ、付き方に基づいて23の綱に分類し、花の咲かない植物を24番目の綱に定義した。それぞれの綱には、一雄しべ(Monandria)、二雄しべ(Diandria)、三雄しべ(Triandria)といった名前をつけた。次に雌しべを基準にして綱を目に分け、一雌しべ(Monogynia)、二雌しべ(Digynia)、三雌しべ(Trigynia)というように命名した。雄しべは「夫」、雌しべは「妻」という言葉を当てた。 この命名法は、ひどくふしだらな家庭を想像させる。たとえば、四雄しべ(Tetrandria)綱・一雌しべ(Monogynia)目の植物なら、「4人の夫と一人の妻が同居する」という意味になるからだ。当時の人々のなかには、下品な笑いを浮かべたり、不快そうに非難がましい不愉快な顔をする人もいた。だが当のリンネは、性的なニュアンスを楽しんでいたようだ。 リンネの植物分類が世に広まったのは、リンネの著書『クリフォード植物園誌』の挿絵を描いたエーレットによる、美しい銅版画のおかげでもあった。24綱の特徴を巧みに表したこの銅版画はよく売れ、エーレットにまずまずの稼ぎをもたらした。いつも評判を独り占めしたがるリンネは、後の著作でエーレットの絵を無断使用した。それでもリンネはこの旧友を忘れたことはなかった。後世に残された資料を見ると、エーレットの植物を見る目を、自分ほどではないにしても、きわめて高く評価していたようだ。 属性を簡潔に表す二名法を考案 スウェーデンに帰国したリンネは結婚して子どもをもうけ、ウプサラ大学の教授になって数々の著作を発表しつづけた。その一つである『植物哲学』では、基本原理を簡潔に列挙する形で、植物学についての自らの考え方を大まかに示した。リンネは「植物学の基盤は二つ、分類と命名の方法論である」と考えていた。植物は種類がきわめて多く、膨大な情報が存在するため、論理的に分類することが重要だった。分類することにより、それらの情報は利用しやすくなるからだ。植物が数千種類にもおよぶと、アルファベット順ではうまくいかなくなった。 リンネにはもっと深遠な目的もあった。植物を分類する「自然法則」を見つけることで、神が生物を創造した摂理を解明できると考えていた。リンネは自分が考案した「性の体系」に基づく植物分類法は人間の主観によるものにすぎず、「自然法則」にはほど遠いと承知していた。現在最も自然な種の分類は、進化の系統に基づく類縁関係を反映したものだが、リンネはそれを知らなかったし、想像すらしていなかった。それでも、生物種の体系化にかけたリンネの情熱は、分類学の発展をうながし、後にチャールズ・ダーウィンの進化論に影響を与えることになる。 リンネの命名法も、科学の発展に貢献した。新種の植物が次々に発見されるようになると、種の分類と同様に、命名法にも問題が出てきた。“リンネ以前”は、形容詞や参考情報を延々と書き連ねる命名法しかなかったので、ひどく使いにくいものだった。そこでリンネは『植物の種』という著作で、植物の属と種の名前だけをラテン語で記述する二名法を確立した。1758~59年に大型の2巻本として刊行された『自然の体系』第10版では、二名法を植物だけでなく動物にも適用した。こうしてヒルムシロ科のエゾヤナギモという水草は、Potamogeton caule compresso, folio Graminis canini……という長たらしい名前から、簡潔なPotamogeton compressumになり、私たち現世人類は「知恵のあるヒト」という意味のHomo sapiensと呼ばれるようになった。

アベコベガエルとは - コトバンク アベコベガエルとミズスマシ 飛岡健の未来予測 独り言

アベコベガエル

アベコベガエル科の両生類。 トリニダード島とアマゾン川の一部に分布。〈アベコベ〉という名は,オタマジャクシが大きく,ときには体長25cmを超えるのに対し,変態して成体になると体長6.5cmにしかならないことによる。 チャコガエルですが鮮やかなグリーンになりましたえっ?茶色の柄が無いし大きさも違うから別のカエルだろう?……チッ鋭いなえ〜とチャコガエルって数少ない細胞分裂するカエルなんですよある日突然細胞分裂して2匹になってましたえっ?そんな嘘は小学生でもつかない…でしょうねはいと言うことであまりにも綺麗な体色だったので我慢が出来ず…お迎えしてしまいましたチャコガエルフルグリーンですもう両生類のお迎えは最後かな?念願のチャコガエルを2匹お迎えしたのでもう十分です1号はお迎えして1ヶ月チョイ饅頭体型になって来ましたが瞳がなかなか大きくなりません目も出ているような気がするしかも大嫌いな上司にクリソツこの子を嫌いにならないようにしなきゃ(笑)ミドリもあまり出ないかもなので名前は「つくね」にしました。「みたらし」と迷ったんだけど…三文字にしたかったので今回お迎えした子は緑が鮮やかだったので伊集院みどりにしようかと…えっ?知らない、清水ミチコ伊集院みどりで検索して下さい(笑)この瞳カラコン入ってる?瞳はクリックリなのですが何だか痩せてるよね…昨日の夜、餌を食べてくれたので直ぐに、ふっくらすると思いますけどお迎えして拒食が1番困るので…名前は「ずんだ」にしましたここからは別のカエルの話しお迎えはする予定はありませんがワタクシが欲しいカエルを紹介します夢のカエルモレレットアカメアマガエルケショウネコメガエルフトアマガエルこの3種自分の中では貴重過ぎて飼えません特にケショウネコメガエルは現在入手は、ほぼ不可能?もっと生態を知りたいカエルソバージュネコメガエル英名ワキシーモンキーフロッグ乾燥を防ぐために体中にワックスのような油分性の体液を塗ります。他のカエルの多くはお腹の皮膚から水を飲みますが、体液で水を弾いてしまうため、このカエルは口から水を飲むそうです。またオシッコの代わりに爬虫類や鳥類のように尿酸を出します。体液の毒性は強く、摂取すると幻覚、頻脈、嘔吐などの症状が出るそうです。症状は日本のヒキガエルの毒とほぼ同じですね因みにヤマカガシはヒキガエルを食べることで毒を得ます。ヒキガエルを食べないと毒を保有することはないそうです。鎮痛作用はモルヒネの40倍、デルモルフィンと言う成分が含まれていて、麻薬にも含まれる成分なので非合法のため摂取すると厳しく罰せられます。吸盤は発達してなく、ゆっくり枝を歩き回る姿が猿のようなので英名にはモンキーとつくそうです。生態が本当に面白そうなんですよね寿命は4〜5年と短いらしいですけど…餌の関係で飼わないカエルウルグルオオクサガエルテヅカミネコメガエルステルツナーガエルアミメスキアシヒメガエルどれも小型でメッサ可愛いんですよねホシイ餌のキープが自分には無理なので夢のカエルです。メスに興味があるカエルミツヅノコノハガエル♀はデカくて面白い姿ゆきゃさんが好きそう(笑)変態の時に興味があるカエルアベコベガエルオタマジャクシが異常なほど大きくカエルに変態する時は小さくなるらしい。オタマジャクシの最大時は20センチ〜25センチで変態時のカエルの大きさは5〜6センチなのでアベコベガエルって名前が付けられたみたいです。オタマの成長過程が見てみたい興味があればカエルの名前をコピペして画像検索してみて下さい綺麗な子や見た目可愛い子達ですよおしまい。

成長するほど小さくなるカエルがいる。「アベコベガエル」 : カラパイ... アベコベガエルの載っている資料を見たい。 | レファレンス協同データベース

アベコベガエル

アベコベガエルは、小さな虫や無脊椎動物を餌とする。夜行性の動物で、人生の大半は水の中で過ごすという。 ニコニコ動画に、アベコベガエルを解説した動画があるので、興味のあるおともだちはちぇっくりんこだ。 あわせて読みたい 飛岡健(とびおかけん)は、昭和48年東京大学工学系大学院博士課程を修了、東大のロケット衛星研究に従事。その後、哲学、社会学、経営学等を学び、学際的研究を進め、昭和50年、商品・市場・技術等の未来予測のための「現代人間科学研究所」を設立。政府や地方自治体及び民間企業からの委託研究に従事、成果を上げている。講演回数は3000回以上、著作は130冊以上に及ぶ。現在、未来予測研究会WSFの勉強会を東京、神戸で主宰している。

アベコベガエル (あべこべがえる)とは【ピクシブ百科事典】 アベコベガエル [105136801] | 写真素材・ストックフォトのアフロ

アベコベガエル

アベコベガエルがイラスト付きでわかる! アベコベガエルとは、カエルの仲間の生き物である。 概要 南アメリカ中央部の川や沼を生息地とし、急激に雨が降った時に池や川に産卵する。 アベコベガエル [105136801] の写真・イラスト素材は、蛙、両生類、一匹などが含まれる画像素材です。無料の会員登録でサンプルデータのダウンロードやライトボックスなど便利な機能をご利用いただけます。 ライトボックスに追加 カンプデータをダウンロードする 印刷 作品情報 作品番号 105136801 タイトル アベコベガエル キャプション PARADOXICAL FROG Pseudis paradoxa Known particularly for the giant size of its tadpoles, almost twice as long as the adult frog.

ニンニクガエル,アベコベガエル,ハイレグアデガエル,サンバガエル←変... ゴライアスガエルとは (ゴライアスガエルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

アベコベガエル

このアベコベガエルのオタマジャクシは最大25センチほどになるのですが、カエルになると7センチくらいにしかなりません。ですので、アベコベガエルと命名されたのです。 Ranges from Venezuela to southern Brazil. Date: 21.08.2007 Ref: NHPA_JCA003141C COMPULSORY CREDIT: NHPA/Photoshot クレジット表記 写真:アフロ ライセンスタイプ RM(ライツマネージド) モデルリリース なし プロパティリリース なし 使用履歴を問い合わせる もっと見る キーワード 自然 アップ 生物 一匹 全身 蛙 動物 葉 両生類 屋外 おもしろい名前 アベコベガエル キーワードは画像や動画を検索するための便宜的なものであり、必ずしも画像や動画の内容を表すものではありません。また、特定の思想やイメージを表すキーワードが付与されていても、そのキーワードと画像や動画の内容とを関連づける意図はないことにご留意ください。

【動画】成長すると"小さくなる"カエルがいる【アベコベガエル】 - 雑... アベコベガエル | 両生類・爬虫類ってどんな生き物?

アベコベガエル

アベコベガエルは川で暮らしているが、そのなかでも塩分濃度の濃い、海の近くに棲んでいることが多い。塩水が苦手なほかの両生類との競合を避けるためだ。 アベコベガエルは大人になると肺呼吸だが、おたまじゃくしのころはエラ呼吸をしている。 ゴライアスガエルとは、カエルの一種である。別名ゴリアテガエル。 概要 カメルーンから赤道ギニアにかけて生息している世界最大のカエル。体長は最大30cmを超え、体重が3kg以上になる個体もいる。ゴライアス(ゴリアテ)という名は旧約聖書に登場する巨人兵士ゴライアス(ゴリアテ)に由来する。 体色は背側が緑がかった黄褐色で、腹面の黄色またはオレンジ色。体は扁平で幅が広く、背面の皮膚には粒状の突起が密集している。熱帯雨林に生息しており、渓流などの近くでよく見られる。雑食性で、昆虫や魚類、他のカエルなどを捕食する。 ちなみに世界最大のカエルはこのゴライアスガエルであるが、世界最大のオタマジャクシはアベコベガエルのオタマジャクシである(アベコベガエルはオタマジャクシは巨大だが、カエルに成長すると小さくなる)。 関連動画 関連商品 関連項目 動物の一覧 カエル ページ番号: 4732655 初版作成日: 11/09/29 18:10 リビジョン番号: 1616910 最終更新日: 12/08/26 13:04 編集内容についての説明/コメント: 改行 スマホ版URL: https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB ゴライアスガエル 2 ななしのよっしん 2012/06/19(火) 00:45:34 ID: 2p DN65vmzk 静画の某漫画から来ました。絵はないのね。ビクビクしながら覗いたんだがw 3 ななしのよっくん 2012/06/19(火) 00:49:26 ID: h Jd1l E+2Z8 >>2自分も同じ所から来ました。

【衝撃】世界最大のオタマジャクシとカエル - 雑学ミステリー 変な名前の生き物たち、知ればきっと誰かに話したくなること間違いなし。 - 暮らしの顛末(くまくまコアラ)

アベコベガエル

アベコベガエルのオタマジャクシは体長25cmととても大きいのですが、変態してカエルになるときに縮小して、その大きさは4分の1程度となるという、不思議な生態をしています。 4 ななしのよっしん 2012/06/19(火) 04:51:02 ID: d2wjw Tdh Wl ↑どういうことだ!俺もだわ 5 ななしのよっしん 2012/06/19(火) 07:02:22 ID: ep KAtsr PPR >>2おおおおww俺もだwww 6 ななしのよっしん 2012/06/19(火) 20:21:51 ID: KMOBUN9w OQ 実を言うと俺もなんだ 7 ななしのよっしん 2012/06/19(火) 20:49:12 ID: 3ymn Fl17d J >>2よう私 8 ななしのよっしん 2012/06/21(木) 04:24:52 ID: vyyaohf Qld このスレには俺が大量にいるなあ・・・ 9 ななしのよっしん 2012/09/17(月) 01:20:10 ID: Hll QAs NI60 ほぼ水中生活しているから、カエルの中でも特に、眼・鼻孔・鼓膜が一直線で、顔が平たいんだよね。大きさはDVDのジャケットと比べると、ほぼこのくらいの比率だろう。 !