• 記事: 18135
  • 質問に対する回答: 25878
  • コメント: 24455
  • 準備ができて答え: 22385

アンテベート

アンテベート軟膏0.05%の基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文... 東京化成工業株式会社 | Homepage

アンテベート

アンテベート軟膏0.05%の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。(まぶたなど目の周囲に、大量または長期にわたり広範囲に使用したときに)目の痛み、まぶしい、目のかすみ、頭痛 [眼圧亢進、緑内障、白内障]。 顔は、身体の中でも皮膚の薄い場所です。 そのため、『デルモベート(一般名:クロベタゾールプロピオン酸エステル)』や『アンテベート(ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)』といった、強力なステロイド外用剤は使用できません。 ステロイド外用剤は、その強さによって5つのランクに分類され、塗る場所によって厳密に薬を使い分けます。 そのため、自己判断で勝手な使い方をすると、皮膚が薄くなる副作用を起こしたり、効果が得られなかったりといったトラブルの元になります。 ステロイド外用剤のステロイドとしての強さは、下記の5つのランクに分類されています。 原則、顔に使用するのは『ロコイド(一般名:ヒドロコルチゾン酪酸エステル)』などのⅣ群までに該当するステロイド外用剤です。 Ⅰ群である『デルモベート』や、Ⅱ群である『アンテベート』は、手足など皮膚の厚い部位に使用するもので、顔への使用には適していません。 ヒトの身体は、どこも均一な皮膚をしているわけではありません。足の裏の皮膚は分厚く、顔の皮膚は薄く、といったように、場所によって様々です。 そのため、同じ薬を塗っても、その吸収のされやすさは全く異なります。 腕の吸収率を1.0とした場合、足の裏では0.14、顔では13.0と、100倍近い差があります1)。単純計算でも、同じ症状にも強さが100倍違う薬を使う必要がある、ということです。 こういった観点から、同じ皮膚症状であっても、顔と手では別のステロイド外用剤を使う必要があります。 また、「ワセリン」や『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』などと混合していても、薬が弱くなるわけではないため、混合しているから顔に使っても良い、ということにはなりません。 顔に、『デルモベート』や『アンテベート』などの強力なステロイド外用剤を使っていると、皮膚が薄くなってくる皮膚萎縮という副作用が起こりやすくなります。 この皮膚萎縮を起こすと、皮膚の下にある毛細血管が透けて見えるようになり、全体的に顔が赤黒い色に見えてしまうようになります。 この皮膚萎縮は、一度起きてしまうと元には戻りません。 特に、顔は身体の中でも皮膚の薄い場所で、こうした副作用が起こりやすい場所です。ステロイド外用剤の勝手な使用は全くお勧めできません。 強力なステロイド外用剤は、あまり長期で使用するべきではありません。特に顔は皮膚が薄く、副作用も出やすいため、なるべく短期間で薬を使う必要があります。 どうしても長期で薬を使わなければならない場合には、ステロイド外用剤から『プロトピック(一般名:タクロリムス)』に切り替えるのが一般的です。 『プロトピック』は、『プロトピック軟膏0.1%』はⅢ群:『リンデロンV(一般名:吉草酸ベタメタゾン)』と同等、『プロトピック軟膏0.03%小児用』はⅣ群:『アルメタ(一般名:アルクロメタゾンプロピオン酸)』と同等の抗炎症作用を持っているとされています2)。 2) 中外医学社 EBM 皮膚疾患の治療 up-to-date,(2015) ◆用法用量はかかりつけの主治医・薬剤師の指示を必ずお守りください。 ◆ここに記載されていることは「原則」であり、治療には各々の環境や状況により「例外」が存在します。 【書籍】 ■羊土社 薬の比較と使い分け100(2017年) OTC医薬品の比較と使い分け(2019年) ■日経メディカル開発 薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年) 【連載】 Medical Tribune / Pharma Tribune ダイヤモンド・ドラッグストア m3.com 薬剤クイズ 【講演】 薬剤師会(大阪府/広島県/山口県) 大学(兵庫医療大学/第一薬科大学) 学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会) 【監修・出演等】 異世界薬局(MFコミックス) Yahoo!

アンテベート軟膏0.05%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)... 塗り薬の混合の可否

アンテベート

アンテベート軟膏、アンテベートクリームの承認時までの調査及び使用成績調査の集計における安全性評価対象7,875例中105例(1.33%)[軟膏4,012例中 ... ニュース動画 フジテレビ / TBSラジオ yomi Dr./朝日新聞AERA/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!

医療用医薬品 : アンテベート - KEGG アンフラベート0.05%軟膏の効果・用法・副作用 | minacolor (ミナカラ)

アンテベート

アンテベート軟膏、アンテベートクリームの承認時までの調査及び使用成績調査の集計における安全性評価対象7,875例中105例(1.33%)[軟膏4,012例中51例(1.27%)、クリーム3,863例中54例(1.40%)]に副作用が発現した。

アンテベート軟膏ってどんな薬?市販されているの? – EPARKくすりの... (無効20200430) アンフラベート0.05%ローション

アンテベート

アンテベート軟膏の効能又は効果. 湿疹・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)、紅皮症、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹、掌蹠 ...

アンテベート軟膏0.05% - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) ... 『デルモベート』や『アンテベート』は、顔に使っても良い? | お薬Q&A 〜Fizz Drug Information〜

アンテベート

アンテベート軟膏0.05%は、副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)に分類される。 副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬など)とは、抗炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬。

アンテベート軟膏の効果と副作用【外用ステロイド剤】 医師監修 蕁麻疹と闘う-アンテベート軟膏とアズノール軟膏(クローン病の合併症かも知れない) | 時事戯言!炎症性腸疾患!クローン病!(潰瘍性大腸炎)闘病ブログ

アンテベート

アンテベート(一般名:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル)は、1993年から発売されている外用ステロイド剤であり、 アンテベート軟膏 アンテベートクリーム アンテベートローションの3つの剤型があります。

アンテベートに市販薬はある?ステロイドの代用薬は?家にあるアンテ... SECOND LIFE | アンテベート

アンテベート

アンテベートの市販薬について解説。アンテベートは皮膚科で炎症やかゆみによく処方されるステロイドの塗り薬です。処方箋が必要な薬であるため、同成分の市販薬や類似する市販薬も発売されていません。アンテベートの成分と効果、また、アンテベートがなくなった時の市販薬での対処 ...

アンテベート 赤坂クラウドクリニック アンテベート軟膏とウレパールクリームの不適正な混合処方|リクナビ薬剤師

アンテベート

アンテベートの効果と副作用について 1993年から販売されているアンテベート軟膏・クリーム・ローションは、ステロイド剤にと言われるお薬です。 アンテベートはステロイドの入った外用薬で、主に皮膚の炎症を抑える目的で使用します。 全身に作用する飲み薬とちがって、塗った部分のみ ...