• 記事: 20835
  • 質問に対する回答: 17956
  • コメント: 24039
  • 準備ができて答え: 25172

サニゴーン育成論

【ソードシールド】サニゴーンの育成論!特殊アタッカーに強い特殊ア... wingのメソッド 【剣盾S3シングル使用構築】ギャラニンフサイクル&砕けるサニゴーン【最終775位】

サニゴーン育成論

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』の通信対戦で有用なポケモンの1匹「サニゴーン」の育成論です。今回は特殊アタッカーに繰り出し、高い火力による圧力で相手を崩していく「特殊アタッカーサニゴーン」をご紹介します。 サニゴーン はじめにこんにちは。wingです。今シーズンも無事最終順位3桁に入ることが出来ました。使いたいと思っていたサニゴーンを採用し、試行錯誤の末結果が出せたのは嬉しかったです。とはいえ、パーティは昨シーズンと殆ど変わらないので、変更した部分を中心にまとめて行きたいと思います。構築経緯元々砕ける鎧サニゴーンを使いたいと思い、ストッパーやこらえると組み合わせて素早さ上昇を狙える気合の襷サニゴーンを基本とした。とはいえ、昨シーズンの構築が比較的安定しており、さらにいえばその構築の苦手なポケモンに比較的強い印象を受けたので、昨シーズンの構築から一体変える形となった。その中で、グレイシアの役割対象が主にドヒドヌオーであること、ドヒドヌオーがめちゃくちゃ多いわけじゃない、という観点からグレイシアとの入れ替わりとなった。また構築の基本がギャラニンフのサイクルであったが、どちらも比較的受け志向の型となっていて、相手のサイクルを崩壊させるようなことが出来なかった。というわけで、ニンフィアにこだわりメガネを持たせて、安易な受け出しを許さない火力を出すことにした。というわけで、昨シーズンの構築を少しいじった感じで構築は完成した。詳しい構築経緯は以下のリンクから飛べる昨シーズンの構築記事を参考にしていただきたい。シーズン2シングル使用構築構築紹介変更枠サニゴーン NNユニゴーン性格:控えめ 特性:砕ける鎧持ち物:気合いの襷努力値: C252 S172 H76 B4 D4実数値:145-x-71-216-151-72技:シャドーボール/ミラーコート/こらえる/みちづれS:砕ける鎧2回発動で最速ドラパルト抜き某Uの民の教祖から頂いた個体を育てた。改めてお礼申し上げます。砕ける鎧個体だったことから、攻撃を受けて砕けて上から高火力を押し付けるという動きが出来そうだと思い、ポケ徹を漁っていたところ育成論を見つけた。シンプルにSの調整が分かりやすかったので調整はそのまま採用。技構成に関してはタイプ一致のシャドボ、物理技を受けてSを上げられるようにこらえる、特殊型への切り返しとしてミラーコート、不利対面でも一矢報えるように道連れとした。初手でパッチラゴンやアイアント、ヒヒダルマといった超火力物理アタッカーが初手で来ることが多かったので、それに合わせて初手で出し、シャドボ→こらえる→シャドボで倒すというムーブが出来た。またミミッキュとの対面では、ダイウォール→ダイサイコ→ダイウォール→シャドボorこらえる→シャドボ(ミミッキュがゴーストダイブを覚えているかどうかの択になる)という動きで勝つことが出来る。が、あまりよろしくない動きだと思うので極力避けたいところ。サニゴーンの型の参考記事ニンフィア NNフィルン性格:控えめ 特性フェアリースキン:持ち物:こだわりメガネ努力値: H244 C244 S20実数値:201-64-85-177-150-83技:ハイパーボイス/マジカルフレイム/電光石火/破壊光線S:4振りバンギラス抜きH:奇数最大値&地球投げ5回耐え(需要有るかはともかく)C:残りとある実況者の方の8周年記念杯で3位になった際に頂いた子を昨シーズンから。昨シーズンはチョッキを持たせ、受け出し性能を高めていた。実際ギャラドスとの相性は良かったのだが、火力不足な感がいまいち拭えなかった。そこで眼鏡を持たせることによって、交代先に負荷をかけられるようになった。サイコショックは毒タイプ対策に採用。毒タイプは特殊型が多い印象もあり、攻撃を受けて切り返すという動きが出来た。ただ、拘っている分行動が縛られてしまうことは懸念点だった。せいれいプレート辺りを持たせればその問題も解消出来るか?既存枠ギャラドス NNギャラックス性格:腕白 特性:威嚇持ち物:ゴツゴツメット努力値: H252 B252 S4実数値:202-145-144-x-120-102技:たきのぼり/アイアンヘッド/電磁波/挑発ニンフィアの相方。今シーズンも過労死枠だった。今シーズンSに振った挑発持ちじゃくほビルドアップアーマーガアが増えたこともあり、このギャラドスで見るのが難しかった印象。それでもドリュウズやミミッキュに比較的強く出られるのでそこは良かった。ギャラドスの型の参考にした育成論アイアント NNミ=ゴ性格:陽気 特性:張り切り持ち物:命の珠努力値: A252 S252 B4実数値:133-161-133-x-68-177技:アイアンヘッド/出会い頭/雷の牙/馬鹿力ダイマックスしないで自覚にかけることが多かったのでそういう立ち回りにならないようにしなければならない。ドサイドン NNアステロイド性格:意地っ張り 特性:ハードロック持ち物:弱点保険努力値: H180 S244 A76 B4 D4実数値:213-187-151-x-76-91技:ロックブラスト/じしん/炎のパンチ/剣の舞S: S20振りアーマーガア抜きHB:ダイマックス時ステロ+陽気珠ギャラドスのダイストリーム確定耐えA:ダイマして特化ナットレイをダイバーンで、H252バンギをダイアースで確1更に詳しい説明は以下リンクから。やっぱり強かった。増えたサザンガルド入りには積極的に初手出しして、ギルガルドが来たときはなぜか居座ってくることが多かったので初手ダイマックスを仕掛ければ基本的に勝てた。そのうち通用しなくなりそう。S振りが読まれないことがやはり多く、それだけで勝てた試合もあった。後出ししてきたアーマーガアを無償で突破するとか。今シーズン多かったカビゴンに強く出られるのは魅力的だった。ドサイドンの型の参考にした育成論ドータクン NNネオシンオウ性格:のんき 特性:耐熱持ち物:こうこうのしっぽ努力値: H252 B252 D4実数値:174-109-184-x-137-34技:ジャイロボール/ボディプレス/トリック/トリックルーム今回もしっかりと活躍した。しかし、ギャラドスの雨下珠ダイストリームを耐えなかったりするので、いっそのこと特殊受けにするのも一考の余地がある。選出基本選出ニンフィア+ギャラドス+アイアントorドサイドン迷ったらとりあえずこの選出ニンフィアとギャラドスで相手を消耗させて、エースでスイープする。または初手エースで数的優位を取り、ギャラニンフサイクルで削る。申し訳程度に相手による選出方法を記すが、基本選出を大きく崩すようなことはしなくて良いと思われる。後述するきついポケモンに勝てるようなポケモンを入れるという意識を持てばそれなりに戦えるはず。対サザンガルド初手ドサイドン+ニンフィア@1ほぼほぼ初手でギルガルドが出てきて、しかもそのまま突っ込んでくる。それに合わせてダイマックスドサイドンのダイアースをぶつける。そのうちドサイドンギルガルド対面で引かれるようになったら上手く対応する感じで。対トゲキッス入りドータクン@2ダイジェットで全タテしてきそうなポケモンに対してこうこうの尻尾を押し付ける。アイアントやパッチラゴン入り構築初手サニゴーン@2こういう類のポケモンは初手に出てくる傾向にあるのでそれを仕留める。サニゴーンドータクンギャラドスで上手く相手の動きを封じて後続のエース(大体アイアント)で全抜きを図る。対ドヒドヌオー初手アイアント+ニンフィアorドサイドン@1グレイシアを外したことできつくなった並び。ヌオーの回復を間に合わせないような立ち回りが求められる。苦手な相手ドヒドイデヌオーグレイシアを外したことによって1番キツくなった並び。当たらないことが対策。シャンデラ襷もスカーフもきつい。ギャラドスを大事にする立ち回りを。スカーフ型ならサニゴーンでも勝てる可能性がある。ジュラルドンなぜかきつい。サニゴーンやアイアントで上手く倒したい。シャンデラ含むダイソウゲン打ってくる炎タイプドサイドン消さないで。結果TN wing 最高520位辺り 最終775位TN Ichinose Hana 最高493位 最終1500位辺り終わりに今シーズンは最終日近くに潜れないということもあり、早い段階で3桁確定ラインまで持っていけるように試合をこなして行きました。その結果、無事に3桁フィニッシュできてよかったです。とはいえ、現在最高ですら2桁順位を達成したことがないので、来シーズンこそは狙って行きたいと考えています。来シーズンはリーシア構築を使おうと考えてはいますが、それ以外にも様々な構築を使ってみたいなと思っています。それでは今回はここまでです。ここまで読んでくださりありがとうございました。

サニゴーンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン... 【ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)】サニーゴ(ガラルの姿)の入手方法・進化・サニゴーンの種族値など!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

サニゴーン育成論

【ポケモン剣盾】『サニゴーン』の育成論・調整。サニゴーンのオススメの技構成や、努力値調整など様々なパターンを一覧にして比較できるようにしています。 今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「サニーゴ(ガラルのすがた)の入手方法・進化・サニゴーンの種族値など」をまとめています。それでは、ご覧くださいませ!【ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)】危険性あり!天候を自由に変える裏技サニーゴ(ガラルのすがた)の入手方法サニーゴ(ガラルのすがた)は、ワイルドエリアの「巨人の鏡池」の曇りの天候の時に出現します。大半の場合はバタフリーなどが大量に出現しますが、低確率でサニーゴ(ガラルのすがた)が出現します。シンボルで見える確率より、ビックリマークから出ることの方が多いですね。そして、サニーゴ(ガラルのすがた)は、Lv38でサニゴーンへ進化します。なかなか可愛らしいですが、設定的にはかなり不気味なポケモンと言えます(^-^;サニゴーンの種族値タイプゴースト種族値HP60/攻撃95/防御50/特攻145/特防130/素早さ30弱点「2倍」ゴースト、あく耐性「0.5倍」むし、どく「0倍」ノーマル、かくとう特性「くだけるよろい」物理技を受けると、『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『素早さ』ランクが2段階上がる。「ほろびのボディ」接触する技を受けると、お互い3ターンたつと瀕死になる。交代すると効果は無くなる。特攻と特防がかなり高く素早さが遅いので、トリックルーム採用で輝けるポケモンですね。相手の特殊技を受けつつ、高い特攻値で後攻から落としていくって感じでもいいですが。ゴースト単タイプなので、そこまで狩れる範囲は広くなさそうです。特性「くだけるよろい」の場合は、防御がかなり低いので採用するかは悩みどころですね(^-^;特性「ほろびのボディ」は、相手によっては刺さりそうな特性です。個人的には、トリックルームであれば活躍する可能性は高いといった感想。【ポケモン ソード&シールド】カモネギ(ガラルのすがた)を簡単にネギガナイトに進化させる方法・種族値まとめサニーゴにガラルのすがたがあると知った時は、かなり驚きましたね!しかも、死滅したサンゴの色でゴーストタイプっていうのには、よく考えたなって素直に思いました。進化系が追加されたのは嬉しいですし、トリックルームで使ってみようと思います。

【ポケモン剣盾】サニゴーンの育成論と対策 ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略Wiki ...

サニゴーン育成論

ポケモン剣盾(ポケモンソードシールド)におけるサニゴーンの育成論を掲載している。サニゴーンのおすすめ技構成と努力値、立ち回りや対策についても解説しているので、ランクバトルで勝ちたい人やサニゴーンについて知りたい人はぜひ参考にどうぞ!

【ポケモン剣盾】サニゴーンの育成論と対策【ポケモンソードシールド...

サニゴーン育成論

ポケモン剣盾(ポケモンソードシールド)におけるサニゴーンの育成論と対策について掲載しています。サニゴーンのおすすめ技や性格、夢特性やもちものについてなども記載しているので参考にしてください。

サニゴーン -...

サニゴーン育成論

サニゴーン No.864 タイプ:ゴースト 通常特性:くだけるよろい(物理技を受けると防御ランクが1段階下がり、素早さランクが2段階上がる) 隠れ特性:ほろびのボディ(接触技を受けると、自身と相手のポケモン両方を3ターン後にひんしにする。

サニゴーン育成論対策!持ち物性格、技構築、戦い方、徹底解説!【ポ...

サニゴーン育成論

剣盾サニゴーンの育成論、対策、持ち物、技構築、戦い方の徹底解説になります。サニーゴに株を奪われているけどこいつはアタッカーとしての ...

サニゴーン - ポケモン図鑑 - ソード・シールド対応版

サニゴーン育成論

サニゴーンのポケモン図鑑データ。ソード・シールド対応版。種族値・タイプ相性・特性・経験値・もらえる努力値・捕捉率・性別・タマゴグループ・孵化歩数・生息地・入手方法・進化方法・レベルわざ・おしえわざ・タマゴわざ・わざマシン・ひでんマシン・育成論等の各種データ。