• 記事: 28814
  • 質問に対する回答: 27096
  • コメント: 31720
  • 準備ができて答え: 20477

ノンフィクションマキ

【ノンフィクション】マキとジョンの本名や経歴や昔(若い頃)は? う... ザ・ノンフィクション–見逃し無料動画フル視聴 | バラエティ動画みっけた!【見逃し無料フル視聴】

ノンフィクションマキ

マキとジョン(逆転夫婦)シリーズは. ザ・ノンフィクション. でも好評のシリーズです。 今回は、一風変わった、 この夫婦のことが気になり、 思わず調べてみました。 今回は、マキとジョンの本名や経歴、そして. 昔の若い頃についても調査しました! 【2019年6月16日放送の感想】"今週の特集は、整形外科が主催する整形美人のコンテスト、そのバックステージのドキュメンタリーということでしたね。 一体どんな女性が応募しているのか、興味あったので視聴しました。 でも特別感はなく、普通に悩んでいる、チャーミングな女の子たちばかりでした。 手術のシーンは麻酔がかかっているとはいえ、なかなか力技の施術が目立ち、ちょっと怖かったかな。 来週はいよいよオーディション。 彼女たちが心身ともに綺麗に変わっていく様子を、来週も見届けたいと思いました。 良い取材でした。"(女性50代) 【2019年6月23日放送の感想】23日は、美容整形にチャレンジする女性がテーマでした。何かしらのコンプレックスを抱えている女性が、自分を変えたいという意思に基づいて少しずつ成長する過程が伝わりました。整形医師とのカウンセリングは、とても精密な作業だと思いました。(男性40代) 【2019年6月30日放送の感想】たまに時間があるときには見ています。毎回見ているわけではないのでわからないのですが、面白いと思って見ています。整形を特集しているときはとても興味深く見ていました。このような番組を見て、勇気が出る人が増えたらいいなと思いました。(女性20代) 【2019年7月7日放送の感想】日曜日の昼間はバラエティ番組が多い中、必ずしも人生が上手くいくことばかりではない、人達を数年にかけて密着するところが嘘がなく好きです。今日の柔道朝飛三兄弟もそれぞれがいつも勝てる事ばかりではないですが、その有りのままがいいです。(女性40代) 【2019年8月4日放送の感想】"62歳のシングル女性が築60年ほどのボロボロのアパートに暮らしながら、お金に困っている人達が住める格安のシェアハウスの経営をしました。3年前まで彼女が区議会議員をしていた頃のお金をシェアハウスの経費として使っていましたが、議員って本当に儲かるのだなと、つくづく思いました。 貧困や行き場のない女性の味方だと全面に出していましたが、再度選挙に出ると決めたシーンでやけにしらけてしまいました。 意地悪なわたしは「再び選挙に出るためのパフォーマンスとしてシェアハウスを始めたのね」と冷ややかに観てしまいました。 女が1人で生きることは大変だと理解は出来ますが、長く生きていれば嫌な垢も付きますが、わたしは彼女の生き方に賛同出来ないと強く思いました。正直不快でした。"(女性40代) 【2019年8月11日放送の感想】いつも見終わった後気分が悪くなるのに、つい見てしまう。親の犠牲になっている子供がかわいそうだ、本当に。空回りしてしまう新しい父親は仕方ないと思う。大家族を養うのも大変だし、血の繋がりのない大きくなってしまった子供との関わり方は難しいと思う。ただすぐに怒鳴るのは間違っているが。。それよりも離婚を繰り返し、子供を産むだけ産んで、高校の学費まで子供に負担をかけようとした母親。父親の愛情を知らないんじゃなくて、母親がちゃんと母親の役割を果たせてない、愛情をかけてやってないと思う。いい加減、自分のことをミナと言うのをやめて欲しい。子供みたいにすぐに泣いて、ヒステリーになるのをやめて欲しい。(女性40代) 【2019年8月25日放送の感想】事故で下半身まひに突然なってしまった猪狩さんはアイドルを続けると1年間頑張っていたその姿にとても心を打たれた。辛い事がたくさんあった中でLive復帰できたのはとてもよかったし、凄く勇気と希望を貰えた。彼女にはこれからも前向きに頑張って欲しいと思った。(男性30代) 【2019年10月6日放送の感想】高学歴で健康体なのに、フルタイムの仕事に就くことができない若者が多いことに、不思議な感じと世間では色んな生き方があるもんだなあ~とある意味感心しながら観ました。何年も好きなことだけをして、生活が成り立つのもこの人達の、強運だといえるのかも知れないと思いました。(女性40代) 【2019年10月13日放送の感想】好きな事だけして生きて行く。誰もがそうでありたいと思って生きている。でもそれが現実的ではなく理想としているから、どこかに属して嫌な事も我慢して仕事している。シェアハウスを運営し自分の気の赴くままに生きている人がいて、それを知った同じ思想の若者達がまたそこに集まって暮らしている。皆、仕事をせずにゲームやパソコン、料理とそれぞれバラバラの生活。こんな事が成り立つ時代になってしまっている。なんだか悲しくなった。現実逃避にしか思えない。運営者を慕う19歳の少年が全く同じ道を選択し、シェアハウスの経営者となっていた。若さゆえなのか。チャレンジ精神は良いと思うが、働きたくない。とかそんな理由で社会から逃げて自分が楽しいと思う事だけをやって生きていて良いのか。この少年の今後が心配になった。(女性50代) 【2019年10月20日放送の感想】中国語を教えている女性の特集でした。ラジオや出版など多方面で活躍しながら、親身になって生徒さんと向き合って、最後には日本語能力試験2級の合格を生み出したドキュメンタリーには心を動かされました。頼りになる女性講師の働きぶりや人間性に見入ってしまいました。(女性30代) 【2019年10月27日放送の感想】今回はとても重たいテーマでした。義父と、母親からの虐待で亡くなってしまったゆあちゃんの話でした。あんなに小さい子が、親からの愛情を受けられずに亡くなったかと思うと、かわいそうでしょうがないです。今後、このような事件がなくなるために児童相談所の強制力があがってほしいと思いました。(女性30代) 【2019年12月1日放送の感想】この日の放送では女子プロレスラーを目指す一人の女性にスポットを当てて最終的にデビュー戦のリングに上がるまでを描いておりました。若い頃は地下アイドルとしての活動経験もあったものの年齢面での限界からプロレスへの道を目指すものの練習生からのスタートで報酬はなくセコンドに着きながらプロとしての動きを学び、かつ病身の父親との葛藤も抱えながらようやくにしてデビュー戦のリングに上がる事になりました。試合結果は散々でしたが両親が試合を観戦して最後はやれるところまで頑張るという事で終わりました。私も陰ながら応援します。(男性50代) 【2019年12月15日放送の感想】自分の周りには40代くらいの知り合いがあまりいないので、40代で結婚したいのにできない人がたくさんいることを知って驚きました。年齢が上がるほど相手に求めることも多くなるから結婚もどんどん難しくなるのかなと思いました。(女性20代) 【2019年12月22日放送の感想】無理心中をした母を訪ねる息子に密着していて涙が溢れました。母を憎んでいた息子ですが、母の姉や実の父との再会を果たして母の熱い思いや愛を感じることが出来て、最後には自炊まで始めるまでに変わった息子に感動しました。(女性30代) 【2020年2月9日(日)放送の感想】ギャンブルにはまって借金が膨れ上がった落語の弟子と、ギャンブルにお金をつぎ込んではぐれものになった師匠との関係に密着したVTRはとても見ごたえのあるものでした。最後にはとても難しいネタを一生懸命覚えて師匠の前で披露したが許可が得られなかった弟子に対して、応援したくなりました。(女性30代) 【2020年3月1日(日)放送の感想】大助さんと花子さんが夫婦になったあと、芸人を辞めていた時期があることを初めて知りました。警察官だったなんて意外です。夫婦になってからコンビを組んだというのも驚きでした。歳とってからも仲良く2人で笑い合える夫婦になりたいなと思いました。(女性30代) 【2020年3月15日(日)放送の感想】"結婚して5年の女性はまだ新婚旅行にも行けていないみたいです。

【マキさんの老後】ヤラセディレクターは誰?元ポルノ男優+舞台演出家:...

ノンフィクションマキ

ザ・ノンフィクションのヤラセ疑惑について「週刊女性prime」は次のように報じています。 「全8回の放送とダイジェスト版とで計9回。 12年間にわたってフェイクを流されてきました」 と告発したのは、 『マキさんの老後』シリーズでおなじみのマキさんだ。 結婚式も車椅子でやった程辛い病気と闘ってるみたいですね。 この方の病気を治す方法はないのかと思ってしまいます。

ザ・ノンフィクション マキさん(後編) ジョンさんとの前橋での現在【画像】 ...

ノンフィクションマキ

ザ・ノンフィクションにマキさんと ジョンさんが1年ぶりに登場しますね! ゲイとレズビアンの夫婦で話題を呼び 今回は1年ぶりにザ・ノンフィクション での特集になります。

ザ・ノンフィクションのヤラセを出演者が告発。ジョン&マキ夫妻が番...

ノンフィクションマキ

マキさんとジョンさんは昨年11月に更新したブログでも、『ザ・ノンフィクション』は“半フェイクドキュメンタリー番組”だとした上で、番組でのヤラセなどを訴えており、「数え上げればキリが無い回数の、事実無根の・やらせ&捏造・仕込み ...

『ザ・ノンフィクション』のヤラセをマキさん・ジョンさん夫婦が告発...

ノンフィクションマキ

『ザ・ノンフィクション』の“やらせ”を告発したのは、「マキさんの老後」シリーズのジョンさんとマキさん。 レズビアンのジョンさんとゲイのマキさん夫婦の生活を追うこのシリーズは人気を呼び、12年にもわたってほぼ毎年1本は『ザ ...