• 記事: 26471
  • 質問に対する回答: 23514
  • コメント: 16734
  • 準備ができて答え: 21670

くれぐれもご自愛ください。

「くれぐれも」は目上の人に使える?正しい意味と使い方、類語、漢字... 梅雨の挨拶の結びの言葉 | 何でもディクショナリー

くれぐれもご自愛ください。

「くれぐれもご注意ください」「くれぐれもご自愛ください」などと声をかけられたことはありませんか。「くれぐれも」はビジネスシーンで頻繁に使われる言葉です。ただ、「くれぐれも」はどういった場面で使うのか、どの言葉につけるのが適切なのか迷うことが多いと思います。そこで ... 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 いざ挨拶の手紙を書こうとすると、意外と難しいですね。 末分で結びの挨拶というものが必要になります。 用件をとりまとめ、今後の健康や繁栄を祈る言葉を時候と絡めて書きます。 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶の言葉を紹介していきますね。改まった手紙の場合・梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 ・梅雨入り前でございます。体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 ・爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・季節の変わり目でございます。何卒お身体おいといください。 ・梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。親しい人への手紙・梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。 ・長雨のうっとうしい季節ですが、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。 ・梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんように。 ・梅雨入りのニュースが気になる頃です。くれぐれもお身体を大切に。 ・夏本番まであとわずか。楽しい計画をお立てください。 ・季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 ・梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 ・日増しに暑くなってきますが、お体大切に。この時代だからこそ手紙に意味があるこのような結びの挨拶で終わらせることによって美しい手紙になります。 参考になさってみてください。

【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上-敬語を... 【文末】ご多忙&ご自愛を使った例文

くれぐれもご自愛ください。

「くれぐれもご自愛ください」の意味は自分を愛すと字のごとく、自身を大切にしてほしい時やその人の健康を願うという意味をもっています。ビジネスマナーとして、いつもお世話になっている方へ「くれぐれもご自愛ください」を正しく伝えることができるように意味を知りましょう。 HOME > ホステスの心得|OPEN > 2018年10月3日 2020年7月1日 © ホステスの心得 こんにちは。

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう! 挨拶状文例|

くれぐれもご自愛ください。

どうぞ、くれぐれもご自愛くださいますように、家族一同お祈り申し上げております。 平成 年 盛夏 <文例②> 暑中お見舞い申し上げます 梅雨が明けたとたんに、猛烈な暑さとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。 目次はこちら この記事では 「ご多忙」と「ご自愛」を使った例文を 一覧にしてあります。 結びの時候の挨拶の後に使うのが一般的で 四季を感じられる文章があると 情緒さが増します。 が、文字数的に難しい場合は 時候の挨拶を省いて お客様の健康等を労う言葉を優先します。 お礼状だけでなく 年賀状や暑中見舞いなど季節問わず 締めくくりの言葉や 一筆文として使える文章なので ぜひ覚えておきましょう。 「ご多忙」を使った例文や読み方、意味 この項目では「ご多忙」の読み方や意味、 「ご多忙」を使った例文をご紹介します。 「ご多忙」の読み方 「ご多忙」は「ごたぼう」と読みます。 「ご多忙」の意味 「多忙」に丁寧の「御(お)」をつけた形。何かと忙しくしている様子などを意味する表現。 Weblog辞書より転載 「ご多忙」を使った例文 ご多忙極める日々と存じます。 ご多忙極める日々と存じますが、 ご多忙極める日々とは存じますが、 ご多忙極める日々と拝察致しております。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、 ご多忙極める日々とは拝察致しておりますが、 ご多忙極める日々と拝察致します。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、 ご多忙の折とは存じますが、 ご多忙の折ではございますが、 ご多忙の日々と存じます。 ご多忙の日々とは存じますが、 ご多忙と拝察致しております。 ご多忙と拝察致しておりますが、 「ご多忙」の類語・関連類語 ▼ 「ご多用」の類語 慌ただしい 忙しい お忙しい 大忙し 過密日程 ご多忙 ご多用 身辺多忙 せかせか せわしい 多事多忙 多忙 多用 てんてこ舞い 繁忙 参考 Weblio類語辞典 ご多忙の言い換えや別の言い方。・意義素類語非常に忙しい様子ご多忙 ・ お忙しい ・ 繁忙 ・ 大忙し ...

「ご自愛ください」の意味と使い方は?春夏秋冬使える例文集も紹介! ご自愛くださいの意味や使い方と類語や返事!目上の方へも使える? | 金魚のおもちゃ箱

くれぐれもご自愛ください。

どうかご自愛ください。(2月) 何かと忙しい季節の変わり目かと存じます。くれぐれもご自愛ください。(3月) 花冷えの折、くれぐれもご自愛ください。(4月) 梅雨入りも間近でございます。体調を崩されませぬよう何卒ご自愛ください。(5月) 続きを見る ▼ 「ご多用」の関連類語 あまた あくせく 足早 足元から鳥が立つ 焦る あたふた あっぷあっぷ あれこれ 慌ただしい 慌ただしく 慌てて(逃げ出す) 慌てふためいて(言う) 泡を食って(△逃げ出す[飛んでくる]) 息が抜けない 息切れ状態 息せき切って(駆けつける) 息せき切る 息つく暇もない 息つく間もない 幾多 急いで 忙しい 忙しげな(姿) 忙しさ 急ぎ 急ぎ足(△で[の審議]) 急ぐ 居たたまれず(に家を出る) いち早く(逃げ出す) 一目散に(逃げる) いっぱいいっぱい 受け入れられない うじゃうじゃ うなるほど うようよ エネルギーを持て余す (早く早くと)追い立てられる (仕事に)追いまくられる 追い回される 応接にいとまがない 黄金時代 鞅掌 大慌て(で) 多い 大忙し 大急ぎ 大台に乗る (準備に)大わらわ 遅れ取り戻す (難題が)(次々と)押し寄せる おちおち(食事も)(していられない) 落ち着かない おっとり刀 面白ずくめ (△仕事[時間]に)追われる オンシーズン (いっときも)解放されない 書き入れ時 火急 駆け足(で説明する) 駆け足で見て回る 駆け込み(△の採決[でふるさと納税]) 駆けずり回る 駆け回る 駆け巡る かさが張る 重なる 風を食らう 風を食らって(逃げる) 活発に 過密スケジュール 刈り入れ時 完全に 気が急く (かたときも)気が抜けない 気が早い 気が短い 気が休まらない 企業戦士の毎日 気ぜわしい 気ぜわしく 気短 (ひとときの)気の緩みも許されない 気早 気早い 急 急遽 急激 急進的 仰山 狂奔 きりきり舞い ギリギリの状態 緊急 緊切 くるくる(変わる) 具だくさん無尽多分わんさと膨大 激動 激務 激職をこなす 元気 元気がある 倥偬 高速 高密度の労働 効率至上主義 倒けつ転びつ(逃げ去る) 心急く こせこせ ご繁忙 ごまんと 最盛期 最中 栄える 盛り 先に行く 先を急ぐ さっさ(と用事を済ませる) 殺人的(忙しさ) さなか (山のような仕事を一人で)さばく シーズン中 時間が足りない 時間がない 時間に急かされる 至急 しこたま 仕事が押せ押せになる 思春期 じたばた じっとしていられない 櫛風沐雨 占められた 修羅場のような(職場) 旬 情緒を欠く 神経をすりへらす 甚大 身辺多忙 捨てるほど すぐに(取りかかる) すたこら(逃げる) すたこらさっさ(と) (知らせを聞いて)すっ飛んで(行く) することが多い 性急 性急な心 盛時 盛代 世界を飛び回る繁雑な日々を送る せかす せかせか(と)(支度をする) 急き込む(ような)(テンポ) 急き込んで(聞く) 急き立てられる 急き立てる 席の暖まる暇もない 席をあたためる暇もない (気持ちが)急く せせこましい せっかち 拙速(に事を運ぶ) 絶頂期 切迫している せわしい(忙しさが) せわしない 全盛期 全速力 千変万化 早急 倉皇 怱々 騒々しく(階段を降りる) 倉卒 怱忙 そこそこ(に)(出かける) そそくさ 大量 たくさん(の予定) 多事 多事多端 多事多忙 多大 佇む ただ中 多端 立ち尽くす 立ち続ける 立ち詰め 立ち通す 立ち働く 立ち回る 立ちん坊 たっぷり 立て込む 楽しさいっぱい 多忙 多忙を極める 多用 多量 誰でも手伝いにほしい 短気 たんと 短慮 馳駆 超多忙 ちょこまか 佇立 使い走り 次から次へと(仕事が舞い込む) 次々と 突っ立つ (予定が)詰まっている 手足を擂り粉木にする 手が足りない過密日程大車輪で働く てきぱき (諸問題が)手ぐすね引く 転手古舞 てんてこ舞い てんやわんや 東奔西走する 東奔西走 独占された どたばた 特急 どっさり過多十二分 怒濤(の日々) 飛び回る 取り急ぎ(処理する) 取り紛れる 取る物も取りあえず(駆けつける) 泥縄(式)(の受験勉強)(~に) (おっとり刀で)飛んでいく 中 なかば 南船北馬 何だかんだ(することがある) 逃げるように(去る) にわか(の出発) 猫の手も借りたい 猫の目のように変わる 寝る間もない 農繁 ハーフウェー 這う這うの体(で退散する) 走り使い 走り回る (家臣が)馳せ集まる 馳せ回る ばたばた(する) ばたばたする (忙しく)跳ね回る 早足(で進める) 速い 早い者勝ち 早く(仕上げなければ) 早回し(の毎日) 繁劇 参考 繁昌|【安否のご挨拶】「ご繁昌」を使った例文 「ご繁昌」を使った安否のご挨拶例文です。

「くれぐれも」の意味・使い方・メール例文|「どうぞ・どうか」との... 結びのあいさつ | 手紙の書き方

くれぐれもご自愛ください。

寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。 朝晩はまだ冷えますので、お体にはくれぐれもご留意くださいませ。 ただし、「くれぐれもご自愛ください」は、すでに体調を崩している人や怪我で入院中の人、病気で療養中の人には使わない言葉なので ... 続きを見る 繁多 繁忙 繁用 ピーク (これ以上)引き受け切れない ビジー天手古舞多ぼう半ば 必死(の毎日) びっしり 暇がない 悲鳴を上げる 百忙 火を吹くような(忙しさ) プレッシャーをかけられる 不休 フルスピード 分刻み 分刻みのスケジュール 忙 忙殺 忙殺される 棒立ち 忙中 奔走 奔命 (あれこれの取り組みが)待ち構える 間に合わせる 身の置き所もない(有り様) 無休 無限大 無尽蔵 無数 無量 目が回る 目まぐるしい 目を回す モーレツ 盛りだくさん 休みなく(~しなければならない) (瞬時も)休めない (雑事が)山ほど(ある) やることが多い 湯気が立ちかねない ゆっくりしていられない ゆとりがない 予定が集中する 予定がびっしり 余裕がない 余力がない ラジカル 爛熟 参考 隆昌|【安否のご挨拶】「ご隆昌」を使った例文 この記事では「ご隆昌」を使った安否のごあいさつ文をご紹介します。すべて「■■様」と個人名で使えるように作ってありますが、個別に手書きで出す→■■様 印刷で全員同じ文章を出す→皆様 と思っていただけれ...