• 記事: 17688
  • 質問に対する回答: 31391
  • コメント: 22112
  • 準備ができて答え: 16703

ナルト 九尾 和解

ナルトと九尾が和解したのは何話? コミックコミック ナルトの最強キャラランキング最新!一番最強なのは誰!? | montblanc

ナルト 九尾 和解

ナルトと九尾、九喇嘛が和解したのは原作マンガ、単行本60巻、アニメでは549話になります。 つまり、長く恐怖の象徴として描かれていた九尾がただの尾獣として描かれて以降、急速にナルトとの関係が改善され、和解に至った事がわかります。 を抱いていました。そのため、たびたびナルトのなかにある九尾の力を暴走させ、ナルトを苦しめます。そんな九喇嘛ですが、実は寂しがりやで素直じゃない一面を持っています! 九喇嘛はずっとナルトのなかに封印されていたため、長い間話し相手がいなかったのです。『NARUTO』の終盤で起きた第四次忍界大戦をキッカケとして九喇嘛の孤独や憎しみに気がついたナルトは、紆余曲折を経て九喇嘛と和解しました。幼少期からずっと九尾が原因で苦しんだナルトですが、あります!暁のリーダーであるペインによってナルトがピンチになったとき、ヒナタは真っ先にナルトのもとへと駆けつけました。ペインとはひとりで木ノ葉の里を壊滅状態にした恐ろしい強敵で、一方のナルトのほうも「仙人モード」を身につけていたため、「戦いに手をだしたらかえって足手まといになる」とまでの言われる強さへと成長していました!参戦してはいけないという忠告を振り切ってまで、ナルトの前に立つヒナタ。そこには、ナルトに対する深い愛情が込められていました! ヒナタはナルトに対して強い恋心を抱いていましたが、ナルトのほうはと言うとそういうわけではありませんでした。そもそも、ナルトの初恋の相手は第七班のメンバーで勝気な女の子であるサクラです。作中で、ナルトがサクラに対してたびたびアタックをしていたすがたが印象に残っているかたも多いかと思います。ナルトとヒナタのふたりがなぜ恋仲となり、結婚までに至ったのか疑問に思うかたもいるのではないでしょうか?ここでは、ナルトとヒナタが結ばれた理由を詳しく紹介します! ではないでしょうか?木ノ葉の里を壊滅状態にしたペインに新たな能力を使って立ち向かうナルトですがペインには歯が立たず、ピンチに陥ってしまいます!そこで、ヒナタがナルトを助けるためにペインの前に立ちふさがりました!!

ナルト疾風伝についてナルトと九尾が和解?し始めるシーンはアニメで... ナルトとサスケはどっちが強い?最後は腕を失うも現在は義手で復活?

ナルト 九尾 和解

ナルト疾風伝についてナルトと九尾が和解?し始めるシーンはアニメで言うと何話になりますか??九尾に「お前の憎しみごと〜〜〜...」と笑顔で言うシーンがすごく見たいのですがそれが 何 話なのか 教えてください。 皆がうつむき気持ちをこらえていた。 部屋にいるものも家に入りきれないもの皆が悲痛な面持ちでに涙をこらえていた。 七代目火影うずまきナルトが死を迎えようとしている。 ナルトは最後の気力を振り絞り口を開いた。 「ボルト傍にいるのか…もうあんまり見えねぇけどお前は父ちゃんの誇りだ。九代目の火影や…木の葉丸達と共にこの里を…皆を守ってやってくれ」 「あぁ、父ちゃん任せろってばさ」 「はは、忍者は人前で涙をみてちゃ駄目だってばよ」 「ヒマワリお前にもいやな役回りをさせてすまなかったな、波風と日向をそれからボルトを支えてやってくれ」 「はいお父様」 「孫たちの顔も視たかったが・・・もう限界みたいだ。真っ暗になってきたってばよ…」 かろうじて視界に入る全員にを一礼した後ナルトは静かに口を開く。 「最後だから伝えておくってばよ。ボルト、ヒマワリ、孫たちそして木の葉の里の皆。俺ってば結構幸せだったってばよ…みんな愛してたってば・・・ょ」 そう告げてナルトは静かに目を閉じた。 (ようやく、サスケ達皆に会いに行けるなぁ…ヒナタもずいぶん待たせてごめんだってば…) 「七代目様」「父ちゃん」「お父様」「ナルト」「おじいちゃん」 最初は火影の厄災として里の皆に疎まれていたナルト、だが友を得て持ち前の明るさとド根性で英雄となり亡き父波風ミナトの様に火影となり木の葉のために走り抜けていった。 その日心優しい九尾の人柱力が死んだ。 堰を切らしたように皆が皆。天すらも涙を流し先代の火影を尊んでいた。 『ようナルトそろそろお迎えか?』 ナルトの中にいた九喇嘛がいままでどおりの声でナルトに語りかける。 「あぁ、そろそろみてぇだな。もう外の声は聞こえねえみてぇだ…」 『この数十年いろんなことがあったよな。悪かったなナルト』 「なにいってんだ九喇嘛。相棒のおめぇがいたから木の葉の里を守れた、火影にもなれた…親として二人も子にも恵まれた。感謝しかねぇってばよ」 『そうか、俺ももっとお前とバカしたかったがな』 そういって拳と拳を合わせて子供のころのようにニシシを笑いあう 『お別れだなナルト、楽しかった。こんど生まれ変わったならまた会いに行ってやる』 「寂しい思いをさせてわりぃ。ならその時までお別れだな九喇嘛。その時はまた一緒にバカするってばよ」 ~~ 時は流れ九喇嘛は一人森の中にいた。 何をするでもなく最早天災などともいわれなくなり、木の葉の里のアカデミーの生徒たちが修行や遊びに来るような穏やかな森だった。 通称九喇嘛の森と呼ばれるその森。先日も里の忍たまが手裏剣の修行をしていたので眺めていた。うまく的に当てれないらしくアドバイスを求めてきたのでチャクラをホンの少し貸して補助をしてやった。 「ありがとう九喇嘛の狐さん」 逆だろがガキぃと思いながらも、ありがとうなんていわれると嬉しくおもう。 他にも現在の火影がフラッと酒や油揚げを持参してやってきて愚痴を吐くのを聞いてやったり、ときには相談なんかも乗ってやった。 「…そんな平和になったいまだからこそ、お色気の術は研究しなきゃ七代目様に顔向けできないんですって」 「お前も年なんだからそんな下らねぇ術にうつつを抜かす前に、先日話してた次の火影を育成するほうが先だろうが。木の葉丸にいいつけんぞ」 「そ、それは待ってください。あの人三代目様以上の術の使い手なんですって、下手したら」あわわわ などと冗談をいえるような友も多少は増えてきた。これもナルトのお陰なのだろうなと九喇嘛は懐かしんだ。 「また相談という名の愚痴をいいにきますって。それじゃー」 そんな生活が続いてた日、いつものように転寝をしていた九喇嘛は突然真っ白な空間に飛ばされた。 『真っ白だな、儂もとうとうお迎えってやつが来たのか?』 そんなことを考えていたら覚えのある声が聞こえてくる。 「いや儂が口寄せした。久しいな九喇嘛よ」 『あぁ六道の爺なんで?口寄せだと、ここは何処だ』 「まぁまて九喇嘛、儂は今天上神ってやつに手伝いをさせられている。いまいるここは何処でもない始まりの世界の一部だ」 『よくわからん、ともかく爺が儂にいまさら何の用があって呼び出した用もないのに呼び出したとかなら全力で (〝お手〟すんぞ?』 「相も変わらずせっかちじゃなぁ、(てか全力の“お手”とか食らったら潰れてまた死ぬわっ。追加で“お替り”もきっとしてくるに違いないわい)全く…実お前のいる世界とは別の世界でも戦争の歴史を繰り返しそうなんじゃが…そこでだ九喇嘛。もしナルトと一緒に平和を早めることが出来るとしたらどうする?」 『あぁ?ナルトと?あいつはもう何年も前に死んだろうが、それに同じ歴史を繰り返してるってことはまたくだらねぇ戦争をしないといけないじゃねぇか』 (まったく何をいってるんだこの耄碌爺が、まぁ年も年だからしょうがねぇか) 「いまお前、耄碌爺とか考えなかったか?まぁいいわい。九喇嘛。もしお前がナルトともっと早く和解していたら。ナルトの父や母が生きていたらどうなっていたともう?」 (少なくともナルトは一人であんなつらい思いはしてないかもなぁ…ん?まさか爺) 「お前が考えている通りじゃ。もしお前がその気なら条件付きだが転生という形で別の世界に送り込んでやる。ナルト達と一緒にな」 『ナルトと一緒にだと?』 寝耳に水だった、本当にそんなことが出来うるのかと、ましてや爺のいう事が本当ならば過去に遡って転生させてやるというのだ。しかしそれは未来を変えてしまうという事なのではないだろうか。 『未来が変わってしまうのはいいのか?少なくともこの世界と同じには絶対ならないぜ爺』 「ふふ、乗り気のようじゃな。お前を転生させる時点で歴史は変わるだろうが誰にも分らん。そこに住んでる人々からしたらまだ未来の話なのだからな」 そも過去に戻るという事はどのへんなのだろうか、また条件というのもどういったものかも判らないが再びナルトとバカをするのも悪くないかもな。 『爺、条件ってのは何だ?』 「ふふ、九喇嘛なら乗ってくれると思ってたわい。条件だったな。それは平和にした世界でお前が結婚して子をなすことじゃ」 (…は?このくそじじいは今なんていった?儂が結婚?誰と?…はぁ?) 『ケッコン?何のことだ俺は九尾だぞ子供とかいったい何を言っているんだ冗談は存在だけにしやがれ爺』 「冗談などではないぞ?大丈夫だ問題ない。その辺はいろいろ考えてある。転生にはいろいろと“特典”が必要ときいたしな・・・」ニヤニヤ 『ちょっと待て爺、なにニヤケてやがる。おまえよからぬ事を考えてないか?その考えを話してからにしろ・・・』 「では行ってまいれ。頼むぞ九喇嘛、世界の平和とお前の結婚が解放の条件じゃからな」 『おいまて、だから俺の話をきけーーー』 ~~ (くそ、飛ばされたと思ったらまた真っ白だな、今度は何処だ。っと誰かいるな…あれは) 『そこに誰かそこにいるのか』 「ん?って九尾の狐?…おまえ九喇嘛の知り合いか?」 『いや儂が九喇嘛だそういうお前は…』 「はぁ?九喇嘛だってじゃぁお前も死んだのか」 『何を言って…お、お前ナルト。ナルトなのか』 「あ、あぁ九喇嘛お前なのか?はぁ~真っ白になっちまってお前。ずいぶんと綺麗になっちまったなぁ九喇嘛。もしかして俺が死んでから苦労かけちまったか」 (真っ白何をいってるんだ…ってぬおっ。全身真っ白じゃないか、腕も足も…っとなんか違和感があるな) 『ないっ。ないぞ。どうしてだ』 (漢の象徴的なもんが無くなってるじゃねーか。どういうこ…と…。まさか転生の特典とかぬかしたあれか!

【ナルト】尾獣を一尾から十尾まで一覧まとめ!能力・強さや人柱力ま... 【ナルト】諦めないど根性忍者!ナルトの魅力を徹底紹介 - アニメミル

ナルト 九尾 和解

ナルトが『尾獣化』を会得する際には、ナルトの師匠となり八尾と共にナルトと九尾の和解に尽力しました。 八尾とは相性が良く、忍界大戦終結後も八尾と共に生きています。

ナルトと九尾が仲良くなったのはアニメ何話でわかりますか? - ... - ... 【悲報】うずまきナルトさん、螺旋丸と多重影分身しか使えないwwwww | 超マンガ速報

ナルト 九尾 和解

ナルト疾風伝について ナルトと九尾が和解?し始めるシーンはアニメで言うと何話... 質問です。 九尾を抜かれたナルトですがその後ナルトの中に九尾は戻ったんですか... ナルト疾風伝で、奈良シカマルの父奈良シカクが死にましたが、どの場面で死んだの...

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ RENOTE [リノート] 九尾掌握と因果なる邂逅の章 | TV DVD | NARUTO-ナルト- 疾風伝 | アニプレックス

ナルト 九尾 和解

しかし、物語の終盤になって、尾獣を助けようとするナルトと和解を果たした。また、ミナトとも和解をしていた。 一尾から九尾の中で最強の力を持つ。ナルトと和解し、尾獣化した時には、複数の尾獣が放った尾獣玉を、自身の尾獣玉だけで跳ね返した。

Naruto and Kurama (Nine-Tailed) Become Friends / Naruto ... 【NARUTO】| ナルト疾風伝 | 247話狙われた九尾【アニメ】動画無料視聴まとめ最速 | 動画JAPAN

ナルト 九尾 和解

この時、九尾はナルトに到達した経緯を思い出し、一生を通じて封印を破ろうとした。 それにもかかわらず、ナルトは何回も九尾を拘束し、戦い ...