• 記事: 28401
  • 質問に対する回答: 26258
  • コメント: 25289
  • 準備ができて答え: 31523

アメリカ 選挙制度

アメリカ大統領選挙ってどんな仕組み? - ニュースそもそも解説 ... 日本とアメリカの選挙制度の違いを簡単に纏めていただけますか。 ... - Yahoo!知恵袋

アメリカ 選挙制度

アメリカの大統領選挙は4年に1度、オリンピックの年に約1年かけて行われる、アメリカ最大のイベントです。 日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく ... 日本とアメリカの選挙制度の違いを簡単に纏めていただけますか。 閲覧数:4,898 回答数:2 お礼:100枚 違反報告 ベストアンサーに選ばれた回答 簡単まとめると内容がわからなくなると思いますが・・・・ 選挙権 日本20歳以上 アメリカ18歳以上 日本衆議院 小選挙区比例代表並立式 アメリカ下院 単純小選挙区 日本参議院 選挙区制と非拘束名簿比例代表制 アメリカ上院 単純小選挙区 日本総理大臣 衆参両議院による指名投票 アメリカ大統領 選挙人選出方式による複数候補者(大統領と副大統領)同時当選方式 と、いうかこんなんで分かるんだったら質問しないか・・・・ やっぱ無理ですね。wikiでも見てください。

【初心者向け】3分でわかるアメリカ大統領選挙の仕組み ハフポスト 2016年アメリカ大統領選挙、選挙人とは?その仕組みについて | Oak Journal

アメリカ 選挙制度

【初心者向け】3分でわかるアメリカ大統領選挙の仕組み 2020年の投票日は11月3日。それまでの主な3つのプロセスをおさらい ... 質問した人からのコメント 2009/2/11 12:56:07 お二方回答ありがとうございました。検事も選挙でっというのは驚きました。 国の歴史も規模も違うから異なるのは当たり前ですね。 Wikiで概要だけ頭にインプットしたいと思います。 無理です。 連邦政府だけでも、大統領選挙と下院議員選挙、上院議員選挙の方法が異なり、州ごとに違いもあります。 州政府になると、州知事と、州議会もあるし、検事も選挙で選ばれますので、全部州ごとに違います。 簡単にまとめることはできない。

アメリカ合衆国大統領選挙 - Wikipedia アメリカと日本の違いは~政治システム~

アメリカ 選挙制度

アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election )は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎の11月に行わ ... 2015年5月13日 2016年11月8日に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカ大統領選挙でよく聞く選挙人とは?アメリカ大統領選挙の仕組みについて調べてみました。 日本にとっては同盟国のアメリカ合衆国、他の国の選挙ではありますが、若干他人事ではない選挙ではあります。オバマ大統領の後任を決定する、大統領選挙が2016年11月に行われます。 関連記事:2016年アメリカ大統領選挙の日程、投票日は2016年11月8日 そんなアメリカ大統領選挙、実は選挙制度が案外変わっています。知られている話でもありますが、各州で獲得した選挙人の総数で当選が決まります。2000年の大統領選挙で、総得票数では民主党ゴア副大統領が多かったのに、共和党のブッシュ氏が最終的に勝利したことを覚えておられる方も多いのでは? そもそも選挙人ってなーに?アメリカ大統領選挙、違う国から楽しんで(?)見るために、改めてアメリカ大統領選挙の仕組みを調べてみました。 選挙人とは アメリカという国は、制度としては、各州が集まって連邦国家を形成している、という形になっています。その名も、アメリカ合衆国、ですね、そー言えば。 日本の場合も地方自治体がありますが、日本の地方自治体は国という意識はありませんが、アメリカの州は国としての形を持っています。州兵という軍隊を持っているくらいですから。 そんなアメリカの国の形ですから、大統領も州が選ぶ、という形になっています。よって州を代表する選挙人が大統領を選ぶ、という形式となっています。しかしながら、あくまでもこれは形式上の話で、投票の際は有権者は、大統領候補と副大統領候補を投票します。 ただし、アメリカ合衆国は州の集合体、という国の形が次の段階で具体化します。 有権者は大統領と副大統領候補に投票しますが、州の代表者の選挙人はその州で有権者の得票の多い候補に投票する、というシステムを大半の州でとっています。よって、大接戦が行われても、州の選挙人が投票するのは、州でトップになった候補者のみ。日本で言えば小選挙区制と同じで、生か死か、という過酷な選挙制度。 この勝者総取り方式、批判はかねてより様々されていますが、2016年の大統領選挙も基本的にはそのまま踏襲されます。過去3度、全米での得票数が少なかった大統領候補者が、選挙人の人数で勝利して大統領に就任したケースが発生しています。近年では2000年のゴア元副大統領がブッシュ前大統領に敗れたケースが有名です。 尚、既にネブラスカ州とメーン州は有権者の得票に応じた、比例割当方式を採用しています。 選挙人の人数は538人 選挙人は合計538人。この538人の選挙人が各州に配分されています。そして、過半数に270人の確保を目指して選挙選が繰り広げられます。 アメリカ大統領選挙、州別の選挙人の人数 538人の選挙人は各州にその規模に応じて配分されています。その配分は下記のようになっています。 アメリカには州が50ありますが、選挙人の多い州と少ない州、様々。いかにして選挙人が多い州で勝利するか、がアメリカ大統領選挙で勝利を得るための最大のポイントとなっています。 尚、選挙人が最も多いのは55名のカリフォルニア州。最も少ない3名の選挙人の州と比べると実に18倍以上の差があります。 Sponsored Link スイング・ステートでの勝利が鍵 アメリカに州が50あるといっても、実は州によっては共和党と民主党、歴代勝ち続けている州が多くあります。こういった州は基本的にアンパイ。勝てない選挙区で力を入れるより、勝てる可能性のある選挙区に力を入れるよりというのは、合理的判断ではあります。 ただし安牌を軽視すると痛い目にあいます。ゴア副大統領がブッシュ氏に敗れた2000年の大統領選挙の際、クリントン大統領が前に州知事を務めていたアーカンソー州(選挙人6)を落としています。アーカンソー州でゴア副大統領が勝利していれば、もつれたフロリダの結果がどうであれ、ゴア大統領の誕生となっていたんです、実は。選挙人の数、ブッシュ氏271名、ゴア副大統領266名でしたから。 フロリダ州を落としたことが大きくクローズアップされたゴア副大統領ですが、クリントン大統領が州知事を務めていたアーカンソー州を落とすという、致命的なミスをしていたんです、実は。 そして大統領選挙で勝敗の鍵を握るのは、スイング・ステート(揺れる州)と呼ばれる、大統領選挙によって共和党と民主党の勝者が入れ替わる州。(激戦州、とも言われます)。主なスイング・ステートは下記の州となります。 ・フロリダ州(29) ・ペンシルベニア州(20) ・オハイオ州(18) ・ノース・カロライナ州(15) ・ヴァージニア州(13) ・コロラド州(8) ・アイオワ州(6) ・ネバダ州(6) ・ミシガン州(16) ・ニューハンプシャー州(4) ・ニューメキシコ州(5) ・ウィスコンシン州(10) ※()内は選挙人の数 安牌をガッチリ確保して+スイング・ステートで勝利して、初めて大統領の座を得ることができます。

アメリカの選挙制度(アメリカのせんきょせいど)とは - コトバンク 図解なるほど:アメリカ大統領選挙の仕組み - 毎日新聞

アメリカ 選挙制度

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - アメリカの選挙制度の用語解説 - 連邦段階においての選挙公職は,正副大統領,上下両院議員である。具体的な選挙過程は各州の州法によって異なるが原則的には以下のとおりである。上院は,州の大小に関係なく各州から2名直接選挙で選出され,任期 ... 特にフロリダ州は選挙人の数も29名と多く、ゴア副大統領の選挙の際も大揉めに揉めましたが、大統領候補者にとっては最重点州となります。 ちなみにこのスイング・ステートの州知事経験者は大統領選挙で有利、と言われています。そりゃそうですね、州知事をチャント務めれば、お世話になったから、と投票する方も多いですから。 2016年の大統領選挙、ブッシュ前大統領の弟のジェブ・ブッシュ氏が共和党から立候補の予定。ジェブ・ブッシュ氏は元フロリダ州知事。大統領を2人も輩出したブッシュ一族、という事もありますが、フロリダ州元知事ということで、ジェブ・ブッシュ氏は大統領の最有力候補と言えます。 まとめ 意外にユニークなアメリカ大統領選挙の仕組み。基本的には総取り方式の各州の選挙人、スイング・ステートでいかにして勝利を得るか、というのがアメリカ大統領選挙の最大のポイントとなります。 最終的な勝者は誰? アメリカ大統領選挙が近付くにつれ、フロリダ州とかペンシルベニア州とかの名前を聞くことが多くなりそうですが、スイング・ステートの事情を知っていれば、アメリカ大統領選挙のニュースも十分に楽しむことができます。アメリカ大統領選挙、ホント下手なスポーツの試合より余程面白いですから。 果たして2016年のアメリカ大統領選挙、どんな展開が待っているのか。今後注目です。

アメリカ大統領選挙の仕組みとは?分かり易く解説! アメリカ大統領選挙が日本並みに「一票の格差」がひどい歴史的理由 (1/2)

アメリカ 選挙制度

アメリカ合衆国大統領選挙 は4年に1度のビッグイベントです。アメリカの大統領は世界に大きな影響力があるため、毎回世界中が注目しますよね! 日本の場合は頼りない人ばかり、総理大臣に選ばれてしまいます。 2017年1月9日 こんにちは司です。 アメリカではトランプさんが大統領に選ばれ大きく世界が変わろうとしていますね。 そこで、日本と切っても切れない関係にあるアメリカと日本の違い、国家のシステムについて考えていきましょう。 アメリカと日本の根本的な違い アメリカは大統領制の国であり日本は議院内閣制という制度をとっています。このためアメリカには大統領が、日本には首相がいます。 大統領と首相というと国家の代表という認識であり、同じような感じだと捉えている人も多いのではないでしょうか? そこの辺りも詳しく説明していきます。 大統領制 大統領制とはアメリカで取り入れられている政治システムです。 大統領制では、三権分立がとても重要視されています。 そのため、原則として立法権、行政権、司法権が相互に干渉することがない政治システムです。 そのため、 ・法律を作る仕事は立法権である議会 ・政治をする仕事は行政権である大統領 ・裁判をする仕事は司法権である裁判所 というように厳格に別れています。 そのために、国民が法律を作るのに適しているだろうと選ぶ選挙と政治をするのに適しているだろうとして選ぶ選挙は別に行われなければなりませんよね?そのため大統領制の国では、大統領が国民によって選ばれます。 議院内閣制 議院内閣制とは日本で取り入れられている政治システムで、三権分立をそれ程重要視していない政治体系です。 名前からも何となくわかるように、議会(立法)と内閣(行政権)が共同で責任をとって政治を行っていこうというシステムです。 そのため、国民は選挙でこの人なら国をよくしてくれそうという人を選びます。 そして、選挙で選ばれた人全員が国民にこの国を良くしてくれるという信任を受けた人達ですので、その信任を受けた人達で行政を行っていく人のトップを決めます。 なぜなら国を良くしてくれそうという人達の集まりが、その中でも一番国を良くしてくれるであろう人を選ぶので、間接的には国民が国を一番良くしてくれそうな人を選ぶことと変わらないからです。 結局どっちがいいの? どちらがいいとは一概に言えませんが国により国民性や経済格差の大きさ、人種など様々なことを考えられたうえの政治システムになっています。 アメリカ合衆国の国民性として、自分のことは自分で決める、自分のことは自分で守るという傾向が強いです。 自分のことを自分でしっかりと決められるのか?権利を国家によって剥奪されないか?ということに強く関心があります。 そのため選挙に関してもとても強い関心があり、慎重に行政権の代表を選ぶので一時の感情に流されて投票することが無いと考えられているので大統領制が適しています。 日本の場合、国民性として自分のことは自分で決めるという権利よりもむしろ、国が私達のために何をしてくれるのか?という視点に立ちます。 そのため、マニュフェストを聞いて自分に対して給付を多くしてくれる所に選挙の票を入れる傾向が強いです。そのため、それ以外の部分に目を配ることが少ないです。そのため国民が選んだ議員の人達で実現可能な社会保障をしていき、最終的に議員の人達が代表を決める議員内閣制が適しています。 まとめ 大統領制では行政権のトップを選挙で決めるため、その一人がヒトラーみたいな人を選んでしまったら大変なことになります。実際に日本では、芸能人という知名度を活かして議員をしている人がいます。そのように有名だからという理由で投票されて大統領になってしまったら大変なことになりますよね! もちろん、芸能人の方で議員になっていて素晴らしい方も沢山いますが。 議院内閣制では国民が選んだ代表者によって選ばれることに加えて議会と共同で政治を行っているので、ヒトラーみたいな人は誕生しにくいです。 しかし、責任の所在が明確になりずらいというデメリットもあります。 結論として選挙をする人が選挙のシステムを理解し、今後政治システムを変えようという議論があった場合には、しっかりと考えて行動することが大切だと思います。

アメリカ大統領選のしくみ [社会ニュース] All About アメリカ大統領選挙の仕組みを簡単に説明!え~そんな仕組みだったの? | MAMAS HORIC ママズホリック

アメリカ 選挙制度

アメリカ大統領選のしくみ. 2004年は11月2日に行われるアメリカ大統領選。世界の注目を集めるこの選挙、ここでもう一度候補を決める段階から正式に大統領が誕生するまでをおさらいしておきましょう。 今年(ことし)は11月8日(がつようか)に、アメリカの大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)が行(おこな)われます。まだ7か月(げつ)もあるのに、「○○が勝(か)った/勝(か)ちそう」、「○○が負(ま)けた/負(ま)けそう」というニュースをたくさん目(め)にします。今(いま)は、共和党(きょうわとう)と民主党(みんしゅとう)が、それぞれの候補者(こうほしゃ)を選(えら)ぶための予備選挙(よびせんきょ)をしているのです。【文(ぶん)・大井明子(おおいあきこ)/え・渡辺正義(わたなべまさよし)】 ポイント <1>共和党(きょうわとう)と民主党(みんしゅとう)が争(あらそ)う <2>現在実施(げんざいじっし)されているのは予備選挙(よびせんきょ) <3>トランプさんとクリントンさんがリード <4>「勝者総取(しょうしゃそうど)り方式(ほうしき)」で州(しゅう)ごとに勝者(しょうしゃ)を決(き)める ◎大統領(だいとうりょう)の任期(にんき)は最大(さいだい)2期(き)8年(ねん) 大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)は4年(ねん)ごと、夏(なつ)のオリンピックが開(ひら)かれる年(とし)にあります。大統領(だいとうりょう)の任期(にんき)は1期(き)4年(ねん)で、再選(さいせん)は1度(ど)、2期(き)8年(ねん)まで認(みと)められています。バラク・オバマ大統領(だいとうりょう)=写真(しゃしん)=は2008年(ねん)に初(はじ)めて大統領(だいとうりょう)に当選(とうせん)、12年(ねん)の大統領選(だいとうりょうせん)で再選(さいせん)され、現在(げんざい)2期目(きめ)なので、今年(ことし)の選挙(せんきょ)に出(で)ることはできません。

アメリカ合衆国の選挙 - Wikipedia Amazon.co.jp: アメリカ大統領選完全ガイドブック: これさえあれば100倍楽しく観戦できる!アメリカ大統領選挙早わかり! eBook: 西森マリー: Kindleストア

アメリカ 選挙制度

アメリカ合衆国における主要な選挙としては、 アメリカ合衆国大統領選挙 (4年ごと) アメリカ合衆国連邦議会(上院・下院)選挙 (2年ごと ) 各州の州知事選挙 (4年ごと) の3つがある。 ◎得票(とくひょう)は多(おお)いのに負(ま)けることも 「勝者総取(しょうしゃそうど)り方式(ほうしき)」を取(と)っているので、アメリカ全土(ぜんど)で得(え)た票(ひょう)の数(かず)の合計(ごうけい)が多(おお)くても、選挙人(せんきょにん)の数(かず)では負(ま)けて、選挙(せんきょ)に負(ま)けてしまうこともありえます。2000年(ねん)の大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)では、得票数(とくひょうすう)の合計(ごうけい)は民主党候補(みんしゅとうこうほ)のアル・ゴアさんの方(ほう)が多(おお)かったのに、獲得(かくとく)した選挙人(せんきょにん)の数(かず)は共和党候補(きょうわとうこうほ)のジョージ・ブッシュさんの方(ほう)が多(おお)く、ブッシュさんが大統領(だいとうりょう)に就任(しゅうにん)しました。 共和党(きょうわとう)と民主党候補(みんしゅとうこうほ)が一騎打(いっきう)ち アメリカには複数(ふくすう)の政党(せいとう)があります。そのうち共和党(きょうわとう)と民主党(みんしゅとう)が圧倒的(あっとうてき)に力(ちから)を持(も)っていて2大政党(だいせいとう)と呼(よ)ばれています。このため大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)では、共和党(きょうわとう)が立(た)てた候補(こうほ)と民主党(みんしゅとう)が立(た)てた候補(こうほ)が一騎打(いっきう)ちになることがほとんどです。11月8日(がつようか)の大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)で勝(か)った人(ひと)が、来年(らいねん)1月20日(がつはつか)にアメリカの大統領(だいとうりょう)に就任(しゅうにん)します。 予備選挙(よびせんきょ)で党(とう)が候補(こうほ)を絞(しぼ)り込(こ)む 現在(げんざい)は、共和党(きょうわとう)と民主党(みんしゅとう)のそれぞれが、大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)の候補者(こうほしゃ)を選(えら)んでいるところです。両党(りょうとう)とも、州(しゅう)ごとに党員集会(とういんしゅうかい)や予備選挙(よびせんきょ)をして、候補者(こうほしゃ)を絞(しぼ)り込(こ)んでいきます。今年(ことし)は2月1日(がつついたち)から始(はじ)まりました。伝統的(でんとうてき)に両党(りょうとう)とも、アイオワ州(しゅう)の党員集会(とういんしゅうかい)からスタートします。多(おお)くの州(しゅう)の予備選挙(よびせんきょ)や党員集会(とういんしゅうかい)が集中(しゅうちゅう)する3月(がつ)の「スーパーチューズデー」(決戦(けっせん)の火曜日(かようび))などを経(へ)て、7月(がつ)の各党(かくとう)の全国大会(ぜんこくたいかい)でそれぞれの候補者(こうほしゃ)が決(き)まります。最初(さいしょ)は何人(なんにん)もいた候補(こうほ)も、州(しゅう)ごとの勝敗(しょうはい)が決(き)まる中(なか)で「これでは勝(か)てそうにない」と判断(はんだん)すると撤退(てったい)していきます。 ヤマ場(ば)は4月(がつ)26日(にち)、6月7日(がつなのか) 今(いま)のところ民主党(みんしゅとう)は、ヒラリー・クリントン前国務長官(ぜんこくむちょうかん)(68)と、バーニー・サンダース上院議員(じょういんぎいん)(74)が争(あらそ)っていて、クリントンさんがリードしています。共和党(きょうわとう)は、実業家(じつぎょうか)のドナルド・トランプさん(69)がリード。テッド・クルーズ上院議員(じょういんぎいん)(45)、オハイオ州知事(しゅうちじ)のジョン・ケーシックさん(63)が後(あと)を追(お)っています。マルコ・ルビオ上院議員(じょういんぎいん)(44)は、地元(じもと)フロリダ州(しゅう)で敗退(はいたい)し、3月(がつ)15日(にち)に選挙戦(せんきょせん)から撤退(てったい)しました。今後(こんご)は、予備選挙(よびせんきょ)や党員集会(とういんしゅうかい)が集中(しゅうちゅう)する4月(がつ)26日(にち)や6月7日(がつなのか)が、候補者決定(こうほしゃけってい)のヤマ場(ば)になりそうです。 「陣取(じんと)りゲーム」のように決(き)まる 11月(がつ)の大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)は、州(しゅう)ごとに勝者(しょうしゃ)が決(き)まる、「陣取(じんと)りゲーム」のような仕組(しく)みになっています。投票(とうひょう)で選(えら)ぶのは候補者本人(こうほしゃほんにん)ではなく、各党(かくとう)に所属(しょぞく)する「選挙人(せんきょにん)」です。選(えら)ばれる「選挙人(せんきょにん)」の数(かず)は州(しゅう)の人口(じんこう)に応(おう)じて決(き)められていて、例(たと)えば人口(じんこう)の少(すく)ないアラスカ州(しゅう)は3人(にん)ですが、人口(じんこう)の多(おお)いカリフォルニア州(しゅう)の選挙人(せんきょにん)は55人(にん)です。もしカリフォルニア州(しゅう)で民主党(みんしゅとう)を支持(しじ)する選挙人(せんきょにん)への票(ひょう)の方(ほう)が多(おお)かった場合(ばあい)、55人(にん)はすべて、民主党候補(みんしゅとうこうほ)に投票(とうひょう)する選挙人(せんきょにん)が選(えら)ばれます。大差(たいさ)で勝(か)っても、わずかな差(さ)で勝(か)っても、すべて勝者(しょうしゃ)の選挙人(せんきょにん)になるので、「勝者総取(しょうしゃそうど)り方式(ほうしき)」といいます。50州(しゅう)のほとんど(48州(しゅう))がこの方法(ほうほう)をとっています。最終的(さいしゅうてき)には、それぞれの党(とう)が、勝(か)った州(しゅう)の投票人(とうひょうにん)の数(かず)を積(つ)み上(あ)げ、多(おお)かった方(ほう)の候補(こうほ)が勝(か)ちます。

アメリカの選挙制度と日本との違いをわかりやすく解説! 2/3 アメリカ大統領選のしくみ [社会ニュース] All About

アメリカ 選挙制度

アメリカにおける行政のリーダーといえば大統領ですが、日本の場は大統領ではなく首相、つまり内閣総理大臣になります。それは大統領制と議院内閣制という制度の違いによるものですが、この二人の選ばれ方にはどのような違いがあるのでしょう。というわけで、 さて大激戦のアメリカ大統領選挙でありますが、いよいよ投票日を迎えました。 サンケイ新聞記事によれば、選挙分析に詳しい政治評論家のチャーリー・クック氏は、ロムニー氏の全米での得票率がオバマ氏を上回る可能性について「五分五分だ」としながらも、「獲得選挙人数ではオバマ氏が上回るだろう」とし、最終的にオバマ氏が接戦を制するとの見方を示しています。 オバマ氏、僅差で再選かオハイオ落とせばロムニー氏終幕も http://sankei.jp.msn.com/world/news/121104/amr12110411480004-n1.htm うーむ、例えロムニー氏の得票率がオバマ氏を上回っても獲得選挙人数では下回るだろうとのことですが、なんでこんなにややこしいことになるかといえば、アメリカ大統領選挙は直接選挙ではなく、1ヵ月後に行われる正式な大統領選挙の投票権を有する、各州で人数枠が決められてる全米総数538人の「選挙人」なる者達の取り合いなのであるからなのであります。 2州を除いてほとんどの州が勝った候補がその州の「選挙人枠」を総取りとなります、で獲得選挙人数が過半数の270人に達すれば勝利と言うことなんですが、この各州に割り当てられる「選挙人枠」なるものがけっこう一票の格差があって結果的に 「得票率が上回っても獲得選挙人数では下回る」というけったいな現象が発生することもあるわけです。 このアメリカ大統領選挙の複雑なカラクリを理解すれば、実は連邦国家アメリカの選挙制度全体の考え方が理解できます。 そこで今回はアメリカ大統領選挙の「選挙人」の各州枠組みについて徹底検証しましょう。 大統領選挙の「選挙人」の各州枠組みについて理解するには、アメリカの上下議会議員選挙について検証するところから始める必要があります。 ・・・ ■徹底的に有権者の権利を守る下院議員選挙〜「一票の格差」是正を最重視して定期的にフラットにする法的装置を備えた下院 日本の衆議院にあたるアメリカ議会の第一院は合衆国代議院(United States House of Representatives)、通称下院であり議席数は435で、各州に対して人口比率に応じて配分されています。