• 記事: 21177
  • 質問に対する回答: 19027
  • コメント: 17578
  • 準備ができて答え: 17341

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

レシピアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーアイリスオーヤマ 食品研究者が徹底解説!ヨーグルトメーカーの使い方と注意点 | いただきライフ!

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーを使ったレシピをご紹介します。自宅でオリジナル発酵料理が楽しめるヨーグルトメーカーは、素材と種菌を混ぜて入れるだけで、手軽においしく発酵料理を作ることができます。 腸内環境を改善するのに理想的なのがヨーグルト。 最近はヨーグルトメーカーを使って自作ヨーグルトを作る人も増えてきました。僕ももちろんMYヨーグルトメーカーを持っています。 ヨーグルトだけではなく、カマンベールチーズを試作したり、使い方は様々。 ホエイを切れば濃厚ギリシャヨーグルトを作ることもできますよ!しかし、家庭でヨーグルトを作るとなると『リスク』があります。ヨーグルトメーカーを使っている人のSNSやブログ記事を拝見すると、とにかく乳酸菌(微生物)を扱う上での注意点を理解していない人ばかり。いつ食中毒になってもおかしくありません。今回は、ヨーグルトメーカーを使う前に覚えておくべき注意点を1つ1つ解説していきます。 自作ヨーグルトにチャレンジする前に必ず目を通してくださいね!ヨーグルトメーカーの基本的な使い方今回はこちらのヨーグルトメーカーを使いながら解説していきます。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは多機能なわりに5,000円足らず。 1℃単位で温調でき、専用器具で水切りギリシャヨーグルトも作れます。 ヨーグルトのレシピもついている便利なアイテムですよ!それでは、このヨーグルトメーカーを使って解説していきましょう。予備加熱牛乳は人間だけではなく雑菌にとっても栄養豊富。1度開封すれば雑菌汚染のリスクはとても高くなります。 とくに常温(20℃前後)ではカビや大腸菌が生えやすくなります。食中毒の予防と症状・病原菌まとめ:『加害者』にならないための必須知識をプロが解説するよそのため、ヨーグルトを作る前に、牛乳を密閉したまま人肌くらい(〜40℃)まで予備加熱しておきましょう。 40℃というのは、ヨーグルトを作る乳酸菌が最も活発な温度。 こうすることで、最初から乳酸菌が増えはじめるため、雑菌が増えるスキがありません。密閉したまま温めると牛乳パックが少し膨らみますが、これくらいの温度ではまず破裂しません。 (加熱しすぎには注意!)スターター添加牛乳や乳酸菌に触れる器具はすべて殺菌します。煮沸した熱湯をかけるか、熱水の中に漬けておきましょう。 ただし、器具をナベに入れたまま煮沸しないように!物によっては熱で溶けてしまいます。今回はスターターにダノンビオを使いました。 粉末タイプのスターター乳酸菌でもOKです。スターターに使うヨーグルトは、牛乳の5%くらいの添加量で十分です。 もっと少なくても乳酸菌は増えますが、家庭では微生物汚染のリスクが高いので、多めに入れて発酵時間を短くしましょう。 乳酸菌が増えて酸性になれば、カビや大腸菌の増殖リスクは低くなります。スターターを入れたらよくかき混ぜます。 かき混ぜるスプーンは、牛乳に触れる柄の部分まで熱湯をかけておきましょう!発酵スターターを入れたら、素早く封をしてヨーグルトメーカーにセットします。 この状態で4時間ほど発酵させると、牛乳が凝固し、ヨーグルトが完成します!できあがり無事できましたね! 今回は一晩(約8時間)置いておいたので、かなりがっちり固まっています。これは液体の酸度が測れるp H試験紙。 きちんと発酵できているか確認してみました。 p H4.2程度でしょうか。一晩置いておいたので、市販のヨーグルトより少し酸っぱいですね! マイルドなヨーグルトが好きな人は、p H4.8程度で止めると酸味が控えめになります。 添加量と発酵時間を変えてベストな条件を探してみましょう!今回の条件では、3時間:まろやか(p H5.0)5時間:やや酸っぱめ(p H4.5:市販品レベル)8時間:かなり酸っぱい(p H4.2)が目安になります。詳しく調べたい人は、Amazonなどで、p H4.5前後を細かく測れる試験紙を調べてみましょう。ヨーグルトが完成後はすぐ冷却しないとどんどん酸っぱくなります。 乳酸菌が生きている証ですね!少し余裕を持って発酵を終了し、冷蔵庫で保管しましょう。 このヨーグルトメーカーでは、他にもギリシャヨーグルトや納豆、少し頑張ればナチュラルチーズも作れます。【動画あり】絶品モッツァレラチーズをヨーグルトメーカーで自作しよう!コツと注意点まとめ次の章ではヨーグルトメーカーを使うときに、特に注意すべきポイントをまとめていきます。ヨーグルトメーカーの注意点腐って当たり前!『牛乳と微生物汚染』についてそもそも、メーカーで製造されるヨーグルトは、牛乳の殺菌〜ヨーグルト完成まで、すべて密閉された状態です。 発酵時間や温度を管理し、汚染リスクを限りなく小さくしています。 ヨーグルトメーカーのように、牛乳を開封・放置して、素手でヨーグルトを添加…なんてことはありえません。下記に主な汚染菌と温度の関係を載せておきます。温度乳酸菌主な汚染菌22~28℃カスピ海ヨーグルトL.lactis ssp. cremorisなどカビ 酵母37~43℃通常のヨーグルトL.bulgaricus S.thermophilusなど大腸菌 黄色ブドウ球菌粘性の高いカスピ海ヨーグルトは比較的低温で発酵させます。 25℃前後が推奨されていますが、この温度はカビが最も生えやすい温度でもあります。 また、30℃前後で増えやすい酵母の汚染リスクもあります。 (※ケフィアなどは酵母も発酵に使用する) 前者はカビ臭が、後者はアルコールの香りが発生するのが特徴ですね。また、普通のヨーグルトは40℃前後で最も発酵が進みます。 これは、病原性大腸菌や黄色ブドウ球菌など、ほとんどの雑菌が育ちやすい温度です。 黄色ブドウ球菌は雪印乳業の集団食中毒の原因菌でしたね。ただ、これらの微生物が少し増えたくらいでは、健康な大人が食べても問題はありません。 『なんか味が変だなぁ』程度…。 悪くても下痢になるだけでしょう。そもそも、これらの菌は空気中や人体に生息している常在菌ですからね。問題は、乳幼児や免疫力が低下している人が汚染したヨーグルトを食べてしまったとき。 食中毒が発症、かつ重症化しやすくなります。そもそも、一般家庭でヨーグルトを作る時点で『腐って当たり前』みたいなものです。 牛乳は糖・アミノ酸・ミネラル・水分とほとんどの微生物にとって理想的な環境です。 牛乳を拭いた雑巾なんかすぐに臭くなりますよね。『マニュアル通り作ったのに腐った!』なんて人がいるかもしれませんが、それはただのクレーマー。自作ヨーグルトにはリスクがあります。 その前提で、汚染させない自家製ヨーグルトの作り方をマスターしましょう。汚染させない作り方のカギは『温度』『添加量』『発酵時間』リスクがあるとはいえ、自作ヨーグルトの魅力には勝てませんよね!ここではヨーグルトを作るときの衛生管理について解説します。 まずはヨーグルト工場のタンクと、ヨーグルトメーカーの違いを簡単に図示しました。ヨーグルト工場では、密閉されたタンクでヨーグルトを作ります。 温水や蒸気などが通る空間でカバーされ、素早く冷却・加温されます。材質も熱を非常に通しやすいステンレス。対して市販のヨーグルトメーカー… 図のように、熱源と牛乳の間に『空気』と『紙パッケージ』がありますよね。どちらも熱を通しにくいため、牛乳が設定温度になるまでは時間がかかります。 この間に雑菌が増えるかも…常温からヨーグルトメーカーをセットしたときの温度変化を測ってみました。これは42度に設定されたヨーグルトメーカーに、1Lの牛乳パックをセットして温度の変化を記録したものです。 この通り、冷たい牛乳からでは、設定温度に達するまで2時間以上かかるのです。そのため、スターターを入れる前に加温スターターヨーグルト(または粉末)を十分に添加を守り、乳酸菌が素早く増殖できる環境を作りましょう!みるおか家庭用のヨーグルトメーカーだと、工場より温めにくいのはしょうがない! できるだけ乳酸菌が生えやすい環境を整えてあげましょう!p Hと凝固:振動させるとヨーグルトにならないよヨーグルトが固まるのは、乳酸菌が出す乳酸によって牛乳中のタンパク質が凝固するからです。1牛乳が凝固するときに、水分(ホエイ)や油分などもまきこむため、静置した状態ではキレイに固まります。 しかし、タンパク質の凝固が進んでいる最中(特にp H5.5〜5.0)で撹拌してしまうと、固まらずにホエイとヨーグルトが分離してしまいます。見たくなるのはわかりますが、出来上がりまではなるべく静かに置いておきましょう。普通のヨーグルトと『飲むヨーグルト』の違い飲むヨーグルトは、普通のヨーグルトを撹拌して液状にしただけです。2 そのため、飲むヨーグルトをスターターにしても、普通の固形ヨーグルトができます。飲むヨーグルトは、固形ヨーグルトをミキサーにかけるだけで作れます。 前章のとおり、p Hが下がる前に撹拌するとホエイと固形分が分離するので注意しましょう。自作ヨーグルト永久機関は不可能?乳酸菌と『ファージ感染』乳酸菌を何度も植え継いでいると、全くヨーグルトが出来なくなることがあります。 もしかすると、そのヨーグルト…あるいはあなたの部屋がバクテリオファージに汚染されている可能性があります。バクテリオファージは、細菌に感染するウイルスです。出典:東京大学丹羽研究室感染対象は細菌なので、人体には危険はありませんが、乳酸菌が全く生えなってしまいます。ヨーグルト工場でも、同じスターターをずっと使用していると、工場全体にファージが増殖し、発酵不良になることがあります。対策は、スターター乳酸菌を定期的に変えること。 ファージの感染対象は限定的なので、菌株を変えれば感染できません。 乳製品メーカーは、ファージ対策に同じ機能を持つ乳酸菌株をたくさん持っており、スターターを入れ替えながら製造しています。ファージに感染しなければ、ヨーグルトの永久機関は作れます。 ただし、一般家庭で植え継ぐときは、大腸菌やカビを巻き込みながらヨーグルトを作っていることを忘れないように… 急に腹を下しても自己責任ですよ!R1、LG21を自作…?『機能性ヨーグルト』をバカにしすぎです前章の通り、乳製品メーカーは菌株を入れ替えながらヨーグルトを製造しています。 製造前にはスターターの機能性をチェック…例えば、増殖速度酸の発生量機能性成分の生成量乳酸菌の胃酸耐性などなど…全てが現行品と同等以上であることを確認してから使用します。また『生きて腸まで届く』プロバイオティクスで知られるビフィズス菌は、酸素が無い状態でしか増殖できません。 そのため、一般家庭ではそもそも培養不可能です。 メーカーでは気層部を窒素に置換するなど、完全に酸素をシャットアウトして発酵させています。明治のR1やLG21などの乳酸菌は、数万株の中からエリート株を選抜していますが…エリートの維持というのも難しいものです。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーのおすすめ人気ランキング17選【飲むヨーグルト・甘酒・納豆作りにも!】 | mybest

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

牛乳パックのままヨーグルトメーカーにセットするだけ!温度・タイマー設定で甘酒や塩麹、納豆など様々な発酵食品が作れます。レシピブック付き!アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーKYM-013特設サイト。 自宅で簡単にヨーグルトが作れる「ヨーグルトメーカー」。自分好みのヨーグルトを安価に、簡単に作れるとあって、密かに人気があるキッチン家電です。しかし、アイリスオーヤマやタニカなど、さまざまなメーカーから販売されており、商品数も豊富。温度調整・タイマーなど、機能も複雑なのでそれぞれ比較するのは面倒ですよね。そこで今回は、ヨーグルトメーカーの選び方とともに、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介。ヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルトや甘酒、ローストビーフを作れる商品も登場します。ぜひ、便利なヨーグルトメーカーを手に入れて、美味しい手作りヨーグルトを楽しんでみませんか?最終更新日:2020年05月12日155,090 views話題の菌活にも!ヨーグルトメーカーを使うメリットとは?自宅でも簡単に手作りヨーグルトが楽しめる「ヨーグルトメーカー」。牛乳に市販のヨーグルトを入れて放っておくだけで完成する手軽さが魅力ですが、実はそれ以外にもメリットがたくさんあります。まず、普通にヨーグルトを買うよりも、コスパが抜群。4人家族なら1日1個で月に120個必要となり、1個あたり100円で計算しても月に12000円かかります。しかし、ヨーグルトメーカーを使えば、費用はおおよそ1/4、3000円程度に抑えることが可能です。さらに、ヨーグルトだけでなく、甘酒・納豆などの発酵食品を作れる機種もたくさん。ヨーグルトメーカーをフル活用すれば、手軽に菌活をはじめられますよ。ぜひ、ご家庭に一台用意して、健康的な食生活を送ってみませんか。それでは、ヨーグルトメーカーの選び方のポイントをご紹介します。どんなヨーグルトを作りたいかによっても選び方が変わるので、具体的にイメージしておきましょう。ヨーグルトメーカーは、大きく次の2つのタイプに分かれます。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、ご自分にぴったりなタイプを選びましょう。ヨーグルト作りがメインなら「紙パックタイプ」がおすすめ牛乳パックに種を入れてそのままヨーグルトが作れるのが「紙パックタイプ」。食べ終わった後は牛乳パックを捨てるだけなので手軽で、後片付けの手間もかかりません。ヨーグルトを作るのがメインであれば、紙パックタイプで十分です。以前の紙パックタイプはヨーグルトしか作れませんでしたが、最近は甘酒や塩麹などが作れる発酵容器が付属した多機能型も豊富。紙パックタイプなら3000円前後のお手頃な価格で手に入れられるのも魅力です。ただし、牛乳パックをセットする構造上、付属の容器も縦長形状になりがち。サイズ的にもやや小さめなので、本格的にヨーグルト以外のレシピを楽しみたい方は、次にご紹介する専用容器タイプの方がおすすめです。低温調理器としても使いたい場合は「専用容器タイプ」を「専用容器タイプ」は、いろいろな醗酵食品や低温調理なども楽しめる高機能型が多いのが特徴。事前に容器の熱湯消毒などが必要なので紙パックタイプのような手軽さはありませんが、ヨーグルト以外の発酵食品を本格的に楽しみたい方におすすめです。また、小分け容器が付いているタイプなら、1人分ずつのヨーグルトを作ることも可能。1度に作るヨーグルトの量を調節できるのも専用容器タイプのメリットです。紙パックタイプと変わらない低価格な商品もありますが、おすすめは10000円前後の高機能型。価格の分、容量・タイマー・温度調節機能など充実しているので、専用容器タイプのメリットである汎用性の高さを活かせますよ。一口にヨーグルトといってもその種類は豊富。また、ヨーグルト以外にも様々な発酵食品が作れるものも増えています。何を作りたいのかにあわせて、必要な機能が搭載されているものを選んでいきましょう。温度を細かく調節できると、色々なヨーグルトを楽しめるブルガリアヨーグルトやカスピ海ヨーグルトなど、様々なヨーグルトを作りたいなら、細かく温度調節できるものがおすすめです。ヨーグルトの味や出来栄えは、温度によって左右されます。一般的なプレーンヨーグルトは、40℃前後が適温ですが、ケフィアヨーグルトやカスピ海ヨーグルトは25〜27度と低めの温度帯が必要です。プレーンヨーグルトだけを作れれば良いという方は、価格も安い温度調節不可タイプでもよいですが、色々な種類のヨーグルトを作りたい方や、日によって作り分けたい方は、幅広い温度設定ができるものを選びましょう。高温・長時間対応モデルは、さまざまな発酵食品作りに大活躍ヨーグルト以外の発酵食品も作ってみたい方は、さらに高温設定や長時間設定ができるモデルを選ぶのがおすすめです。45度の設定で納豆、60度の設定で甘酒、70度まで設定できるものはローストビーフを調理することもできます。また、納豆の発酵時間は1〜2日程度かかるので、長時間発酵できるかどうかもポイント。どのようなものが作れるかの目安は各商品に記載されているので、チェックしてから選ぶようにしましょう。邪魔にならないサイズ感が重要。コードの長さもチェックヨーグルトは完成までに8~10時間ほどかかるので、キッチンで他の作業をするときに邪魔にならないことも重要です。設置場所を決めた上でサイズも確認しておきましょう。紙パックタイプはコンパクトに見えますが、高さは1Lの牛乳パック以上ありますので注意してくださいね。また、使用時はコードも挿しっぱなしになります。商品によってコードの長さは1~2mと幅がありますので、差込口までの距離と人が通っても引っかからない場所に設置できるか確認しておくと安心です。機能性や見た目だけではどれを選べばいいか迷ってしまう、という場合は、メーカーに注目してみるのもおすすめ。ヨーグルトメーカーでは、「アイリスオーヤマ」「ビタントニオ」「タニカ」などが人気です。アイリスオーヤマは、価格や性能の違う幅広い商品をラインナップ。自分の作りたいものや予算に合わせて選ぶことができますよ。また、ビタントニオは、スタイリッシュなデザインと、70度という高温設定に対応しているのが特徴です。ローストビーフを作りたい方は、チェックしてみるとよいでしょう。タニカは、40年近くヨーグルトメーカーを作り続けている老舗メーカー。高温調理が可能な専用容器タイプから業務用商品、カスピ海ヨーグルト専用品まで幅広い商品を取り扱っており、その品質には定評があります。ぜひ有名メーカーの商品もチェックしてみてくださいね。ヨーグルトメーカー(紙パックタイプ)のおすすめ人気ランキング10選ここからは、おすすめのヨーグルトメーカーを紙パックタイプと専用容器タイプに分けてご紹介します。まずは、紙パックタイプからご紹介しますので、用途に合わせて選んでくださいね。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月5日時点)をもとにして順位付けしています。10位容量牛乳パック1000ml/500ml・容器500ml温度調整機能20~60度(1度単位)タイマー機能1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品甘酒・塩麹・しょうゆ麹などサイズ(幅×奥行き×高さ)115×149×265mmコードの長さ-9位容量牛乳パック500~1000ml(底辺約7cm角)・甘酒用1000ml温度調整機能無タイマー機能無調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト調理可能な発酵食品甘酒サイズ(幅×奥行き×高さ)148×170×275mmコードの長さ1.3m8位容量牛乳パック1000mlまで・容器1000ml温度調整機能25~65度(1度単位)タイマー機能1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルト-調理可能な発酵食品甘酒・カッテージチーズ・塩麴などサイズ(幅×奥行き×高さ)130×138×281mmコードの長さ-7位容量牛乳パック1000mlまで温度調整機能25〜50度タイマー機能1〜48時間調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・ギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品酵母・納豆・サワークリームなどサイズ(幅×奥行き×高さ)150×145×270mmコードの長さ1m6位容量牛乳パック1000mlまで・容器1000ml温度調整機能25~65度タイマー機能1~48時間調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品甘酒・塩麹・納豆などサイズ(幅×奥行き×高さ)130×135×280mmコードの長さ1.3m5位容量牛乳パック1000mlまで温度調整機能25~65度(1度単位)タイマー機能1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・飲むヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品塩麹・甘酒・納豆などサイズ(幅×奥行き×高さ)130×120×280mmコードの長さ1.5m4位容量牛乳パック1000mlまで・容器1000ml温度調整機能25〜65度(1度単位)タイマー機能1〜48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品甘酒・塩麹などサイズ(幅×奥行き×高さ)130×135×280mmコードの長さ1.3m3位容量牛乳パック500/1000ml・容器800ml温度調整機能25~70度タイマー機能0.5~99時間調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品味噌・塩麹・甘酒・チーズ・ビネガーなどサイズ(幅×奥行き×高さ)130×150×280mmコードの長さ約1.4m2位容量牛乳パック1000mlまで・容器900ml温度調整機能25〜65度まで(1度単位)タイマー機能1〜48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーン・カスピ海ヨーグルト・ギリシャヨーグルトなど調理可能な発酵食品甘酒・納豆・クリームチーズなどサイズ(幅×奥行き×高さ)156×156×274mmコードの長さ約2m1位容量牛乳パック1000mlまで・容器900ml温度調整機能25~65度までタイマー機能1~48時間調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・飲むヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品塩麹・甘酒・納豆などサイズ(幅×奥行き×高さ)156×156×274mmコードの長さ約2m人気ヨーグルトメーカー(紙パックタイプ)の比較一覧表商品画像1アイリスオーヤマ2アイリスオーヤマ3三栄コーポレーション4エムケー精工5福和楽6三ツ谷電機7日本創作8イデアインターナショナル9東京企画販売10タイガー魔法瓶商品名ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモードヨーグルトメーカービタントニオ ヨーグルトメーカーヨーグルトメーカー令和新開発 ヨーグルトメーカーヨーグルトメーカーヨーグルトメーカー発酵フードメーカーヨーグルトファクトリー スーパープレミアムヨーグルトメーカー特徴忙しい朝にぴったりな飲むヨーグルト対応タイプ毎日ヨーグルト派におすすめ。手動設定で本格調理も選べる2WAY機能!幅広い温度設定で低温調理もOK便利な専用容器付き!いろいろな発酵食品が作れる全8種の豊富な自動メニュー!嬉しいレシピブック付きたっぷり作れる容量1000mlの専用容器付き低脂肪牛乳や豆乳にも対応。多彩なメニューも◎使うのが楽しくなるおしゃれなデザインプレーン・カスピ海・甘酒の設定がボタン1つでOKコンパクト設計でキッチンに置きやすい最安値3,080円送料要確認詳細を見る2,750円送料別詳細を見る5,641円送料要確認詳細を見る2,673円送料無料詳細を見る3,298円送料別詳細を見る2,500円送料無料詳細を見る3,080円送料要確認詳細を見る4,930円送料別詳細を見る2,440円送料別詳細を見る3,580円送料要確認詳細を見る容量牛乳パック1000mlまで・容器900ml牛乳パック1000mlまで・容器900ml牛乳パック500/1000ml・容器800ml牛乳パック1000mlまで・容器1000ml牛乳パック1000mlまで牛乳パック1000mlまで・容器1000ml牛乳パック1000mlまで牛乳パック1000mlまで・容器1000ml牛乳パック500~1000ml(底辺約7cm角)・甘酒用1000ml牛乳パック1000ml/500ml・容器500ml温度調整機能25~65度まで25〜65度まで(1度単位)25~70度25〜65度(1度単位)25~65度(1度単位)25~65度25〜50度25~65度(1度単位)無20~60度(1度単位)タイマー機能1~48時間1〜48時間(1時間単位)0.5~99時間1〜48時間(1時間単位)1~48時間(1時間単位)1~48時間1〜48時間1~48時間(1時間単位)無1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・飲むヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどプレーン・カスピ海ヨーグルト・ギリシャヨーグルトなどプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・飲むヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・ギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど-プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品塩麹・甘酒・納豆など甘酒・納豆・クリームチーズなど味噌・塩麹・甘酒・チーズ・ビネガーなど甘酒・塩麹など塩麹・甘酒・納豆など甘酒・塩麹・納豆など酵母・納豆・サワークリームなど甘酒・カッテージチーズ・塩麴など甘酒甘酒・塩麹・しょうゆ麹などサイズ(幅×奥行き×高さ)156×156×274mm156×156×274mm130×150×280mm130×135×280mm130×120×280mm130×135×280mm150×145×270mm130×138×281mm148×170×275mm115×149×265mmコードの長さ約2m約2m約1.4m1.3m1.5m1.3m1m-1.3m-商品リンクYahoo! で見る3,080円(税込)楽天で見る3,300円(税込)Amazonで見る3,300円(税込)Yahoo! で見る2,750円(税込)楽天で見る2,750円(税込)Amazonで見る3,000円(税込)Yahoo! で見る5,641円(税込)楽天で見る5,939円(税込)Amazonで見る5,850円(税込)Yahoo! で見る2,728円(税込)楽天で見る2,718円(税込)Amazonで見る2,673円(税込)Yahoo! で見る楽天で見るAmazonで見る3,298円(税込)Yahoo! で見る3,300円(税込)楽天で見る3,300円(税込)Amazonで見る2,500円(税込)Yahoo! で見る3,080円(税込)楽天で見るAmazonで見る3,280円(税込)Yahoo! で見る4,980円(税込)楽天で見る4,930円(税込)Amazonで見る5,500円(税込)Yahoo! で見る3,800円(税込)楽天で見る2,440円(税込)Amazonで見る2,440円(税込)Yahoo! で見る3,580円(税込)楽天で見る4,437円(税込)Amazonで見る4,279円(税込)ヨーグルトメーカー(専用容器タイプ)のおすすめ人気ランキング7選次にご紹介するのは、専用容器タイプのヨーグルトメーカーです。ヨーグルト以外にも使える多機能タイプが多いので、用途に合わせて最適なものを見つけてくださいね。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月5日時点)をもとにして順位付けしています。7位容量1000ml温度調整機能25~65度(1度単位)タイマー機能1時間~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルト調理可能な発酵食品甘酒・納豆・クリームチーズなどサイズ(幅×奥行き×高さ)168×202×190mmコードの長さ1m6位容量大1500ml・小150ml×8個温度調整機能25~65度(1度単位)タイマー機能1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・ギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品天然酵母・麹・甘酒などサイズ(幅×奥行き×高さ)240×268×166mmコードの長さ1.4m5位容量500ml×2・150ml×8温度調整機能25〜65度(1度単位)タイマー機能1〜48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品納豆・甘酒・塩麹などサイズ(幅×奥行き×高さ)300×170×153mmコードの長さ1.4m4位容量大1500ml・小1350ml温度調整機能20~55度(1度単位)タイマー機能1時間~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルト-調理可能な発酵食品甘酒・塩麹・しょうゆ麹などサイズ200×170×215mmコードの長さ-3位容量2000ml(適正容量1400ml)温度調整機能20~65度(1度単位)タイマー機能1~99時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど調理可能な発酵食品納豆・酢・酵素エキス・チーズなどサイズ(幅×奥行き×高さ)180×180×200mmコードの長さ-2位容量発酵容器1000ml・ボトル150ml温度調整機能25~65度(1度単位)タイマー機能1~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなど調理可能な発酵食品納豆・醤油麹・塩麹・甘酒・京風白味噌などサイズ(幅×奥行き×高さ)170×205×165mmコードの長さ1m1位容量1200ml温度調整機能25~70度タイマー機能0.5~48時間まで(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルトなど調理可能な発酵食品甘酒・塩麹・醤油麹・味噌・納豆・コンフィなどサイズ(外径×高さ)160×188mmコードの長さ1.8m人気ヨーグルトメーカー(専用容器タイプ)の比較一覧表商品画像1タニカ電器2山善3クビンス4マルコメ5アイリスオーヤマ6アイリスオーヤマ7仲佐商品名ヨーグルトメーカー ヨーグルティアS発酵食メーカー 発酵美人ヨーグルト&チーズメーカー甘酒メーカー 糀美人 ヨーグルトメーカーヨーグルトメーカー甘酒メーカー『甘酒のき・も・ち』特徴25~70度までの温度設定で、いろいろなレシピに挑戦!使いやすい大容器と小分けボトルの2段構え酢や酵素エキスも作れる最大99時間のタイマー機能リーズナブルな価格が魅力。甘酒作りにおすすめ納豆が作りやすい専用トレー付き大小の容器をレシピに合わせて使い分け4面加熱方式で時短調理最安値11,000円送料無料詳細を見る3,473円送料無料詳細を見る9,791円送料別詳細を見る2,948円送料無料詳細を見る――3,490円送料要確認詳細を見る容量1200ml発酵容器1000ml・ボトル150ml2000ml(適正容量1400ml)大1500ml・小1350ml500ml×2・150ml×8大1500ml・小150ml×8個1000ml温度調整機能25~70度25~65度(1度単位)20~65度(1度単位)20~55度(1度単位)25〜65度(1度単位)25~65度(1度単位)25~65度(1度単位)タイマー機能0.5~48時間まで(1時間単位)1~48時間(1時間単位)1~99時間(1時間単位)1時間~48時間(1時間単位)1〜48時間(1時間単位)1~48時間(1時間単位)1時間~48時間(1時間単位)調理可能なヨーグルトプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルトなどヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなど-プレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・ギリシャヨーグルト・カスピ海ヨーグルトなどプレーンヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・豆乳ヨーグルト調理可能な発酵食品甘酒・塩麹・醤油麹・味噌・納豆・コンフィなど納豆・醤油麹・塩麹・甘酒・京風白味噌など納豆・酢・酵素エキス・チーズなど甘酒・塩麹・しょうゆ麹など納豆・甘酒・塩麹など天然酵母・麹・甘酒など甘酒・納豆・クリームチーズなどサイズ(外径×高さ)160×188mm170×205×165mm180×180×200mm200×170×215mm300×170×153mm240×268×166mm168×202×190mmコードの長さ1.8m1m--1.4m1.4m1m商品リンクYahoo! で見る11,826円(税込)楽天で見る14,919円(税込)Amazonで見る11,000円(税込)Yahoo! で見る3,518円(税込)楽天で見る3,490円(税込)Amazonで見る3,473円(税込)Yahoo! で見る10,020円(税込)楽天で見る9,791円(税込)Amazonで見る10,753円(税込)Yahoo! で見る3,356円(税込)楽天で見る3,356円(税込)Amazonで見る2,948円(税込)Yahoo! で見る楽天で見るAmazonで見るYahoo! で見る楽天で見るAmazonで見るYahoo! で見る3,490円(税込)楽天で見る4,044円(税込)Amazonで見る3,980円(税込)自宅で簡単に作れるのが魅力のヨーグルトメーカーですが、使い方を間違えると、上手に作れないばかりか、雑菌の繁殖にも繋がりかねません。ヨーグルトを作るための設定温度は雑菌が繁殖しやすい環境なので、衛生的に利用するための準備はとても重要です。発酵容器を使う場合は熱湯消毒が必要ですが、忘れがちなのが計量用や混ぜるためのスプーン。発酵容器を熱湯消毒してもスプーンの消毒を忘れると雑菌が混入する可能性があります。また、容器・スプーンともに熱いまま使用すると、ヨーグルトを作るための菌も死んでしまうので、冷ましてから利用することも忘れずに。できるだけ手軽に作りたいなら「紙パックタイプ」を選ぶか、容器の作りや本体の構造がシンプルなものを選んでくださいね。ヨーグルトメーカーでも機種によっては低温調理ができますが、より本格的に挑戦したい方は「低温調理器」がおすすめ。以下の記事では、鍋やフライパンにセットして使用する低温調理器の選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてください。なおご参考までに、ヨーグルトメーカーのAmazon・楽天・Yahoo!

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作れるレシピを大公開!アレ... アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013をレビュー!コッテリとろみが強い飲むヨーグルト作りにチャレンジ!!

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作れる発酵食品を使ったレシピ④:甘酒カクテル ヨーグルトメーカーで甘酒を作ります。 その後桜の塩漬けを添えたり、果物と一緒にミキサーにかけたり、アレンジの仕方は多くあります。 投稿日:2018年1月29日 更新日:2020年3月25日 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが、ずっと気になっていたんです。乳製品が大好きな僕にとって、魔法のような商品なんです。普段の僕は、冷蔵庫にはいつもヨーグルトが無いと落ち着かないし、セブンイレブンに寄れば飲むヨーグルトを毎回買ってしまいます。1日1回は必ず食べなきゃ禁断症状が出ちゃうんです(笑)ヨーグルトメーカーがあれば、ヨーグルト代を節約できるし、思う存分食べる事もできるんです。しかも高くて毎回買うことができなかったギリシャヨーグルトも作る事ができるなんて、こんな嬉しいことあります?Amazonでベストセラー1位になっている、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーなら僕の欲求を満たしてくれるんです。そう思ってAmazonで調べてみたら、アイリスオーヤマから新しいヨーグルトメーカーが出ているじゃありませんか。しかも、飲むヨーグルトが作れるらしいんです。買うつもりだったヨーグルトメーカーでは、飲むヨーグルトは作れません。だけど値段が安いんです。新しいヨーグルトメーカーは、飲むヨーグルトが作れる代わりにちょっと高め。悩みに悩んだ結果、アイリスオーヤマの新しいヨーグルトメーカーIYM-013 を購入しました。スポンサーリンクアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー IYM-013をレビューアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013は、これ一台でプレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、ギリシャヨーグルト、飲むヨーグルトさらには、甘酒や塩麹、クリームチーズやフルーツビネガーなどの波高食品も作れちゃう優れものなんです。ヨーグルトメーカー本体のほかに、付属品として900mlの容器が2つと、長いスプーンと混ぜ棒、ギリシャヨーグルトを作るための水切りカップ、牛乳パックの口を留めるクリップ、レシピブックが付いています。新しいヨーグルトメーカー本体は、今までのタイプと操作パネルがちょっと違います。自動メニューが付いていて、作りたいヨーグルトを選べば、快適な温度と時間にセットできるんです。「カスピ海ヨーグルトは何℃だったかな」って、いちいち調べなくても、ボタン1つで設定できからとても助かるんです。その自動メニューには、プレーン、カスピ海、甘酒、塩麹、飲むヨーグルト(500ml、1000ml)の6つあります。全て温度と時間が違うので、ズボラな僕にはとっても便利な機能です。自動メニューを使わないで、お好みで温度や時間を設定できますが、使いこなしていない僕にはまだ早い機能です。IYM-013で飲むヨーグルトを作ってみる(セブンイレブンののむヨーグルト)ヨーグルト好きな僕は、とにかくドロドロでコッテリなとろみがあるヨーグルトが大好きなんです。飲むヨーグルトで言えば、セブンイレブンの飲むヨーグルトが最近のお気に入り。これを量産できたら、この上なく幸せです(笑)と言う訳で、買ってきましたセブンイレブンの飲むヨーグルト。まずは、牛乳パックの中身を900mlにします。空いた100ml分、セブンイレブンの飲むヨーグルトを足して混ぜ合わせます。牛乳パックやスプーンに雑菌が付いていると、上手くいかないようなので取り扱いは気をつけて行いました。スプーンも沸騰させたお湯をかけて消毒します。よくかき回したら、クリップをしてヨーグルトメーカーにセットします。自動メニューで「飲むヨーグルト 1000ml」を選びスタートボタンを押せば、8時間後には完成です。・・・結果一晩置いて、朝ルンルン気分で確認してみました。「くさっ!」グリップを外した途端、硫黄のような匂いがしたんです。初めて作るヨーグルトだから、こんな匂いがするもんなんだと・・・。写真ではわかりづらいですが、コップに注いでみると、やけにサラサラしています。ちょっと失敗だったようです。しかし、せっかく作ったのだからとゴクゴクっと一気に飲み干しました。味は薄いヨーグルト風味・・・美味しくも不味くもありません。これが原因かわかりませんが、その後気持ちが悪くなってしまい、それが1日中続きました。気をつけたはずなのに雑菌が入っちゃたのか、ただ単にスターターに使ったセブンイレブンの飲むヨーグルトが合わなかったのかわかりませんが・・・普通こんな硫黄のような匂いってしませんよね?アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013 を購入して1発目の飲むヨーグルトは、失敗に終わっちゃいました。次は、失敗したく無いのでヨーグルトを作ってみます。(いつかは再チャレンジしてみるつもりです)アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013 でギリシャヨーグルトを作ってみた大好きなギリシャヨーグルトの『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』を買ってきました。そのまま、コッテリとしたヨーグルトができる訳はないので、後で付属の水切りカップを使って水を切る予定です。(市販のコーヒーペーパーフィルターが別途必要です)『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』の容量はちょうど100g。丸々1個を900mlに減らした牛乳パックに入れて混ぜ合わせます。雑菌が入らないように、慎重に慎重に(笑)自動メニューはプレーンを選択します。プレーンは42℃で9時間なので、これも寝る前に準備しておきました。結果朝起きてから「今度こそ成功して!」、そんな気持ちでクリップを外すと、今回は全く臭くありません。セブンイレブン『のむヨーグルト』を作った時の、硫黄のような・・・卵が腐ったようなニオイがしません。ちゃんとヨーグルトの爽やかなニオイなんです。スプーンですくってお皿に出してみると・・・なんとギリシャヨーグルトなんです。水切りをしていないのに、コッテリとしたとろみが強いヨーグルトなんです。半日以上かかる水切りなしに、『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』が1リットル分できちゃったんです。この喜び、ヨーグルト好きじゃないと伝わらないかもしれませんが、とにかく凄く嬉しくないですか。思っていたより1手間少なく、コッテリとしたとろみが強いギリシャヨーグルトが出来ちゃったんですよ。9時間待った後に、半日水切りして、そのあと冷蔵庫で冷やすとなると時間がかかって仕方ありません。気になる味はというと・・・美味しい!マッタリした濃厚なヨーグルトは、市販の『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』と遜色ない味でした。そのまま食べたら市販のものと同じく甘くも何ともありませんが、少し甘みを足せばかなり満足のいく味です。もちろん、その後に気持ちが悪くなる事もありませんでした。コッテリとしたとろみが強い濃厚なギリシャヨーグルトは、900mlの牛乳と『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』1つで簡単に作る事が出来ました。飲むヨーグルト作りにリベンジ(明治 ブルガリア のむヨーグルト)プレーンヨーグルト作りには成功しました。しかし、新しいアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013を買ったのは、飲むヨーグルトを作るためなんです。飲むヨーグルトが失敗に終わっていたら、買った意味がないんです。作ったギリシャヨーグルトを食べ終わってから、飲むヨーグルト作りにリベンジしました。もしかしてセブンイレブンの『のむヨーグルト』が、飲むヨーグルト作りに合わないかもしれないので、今回は明治『ブルガリア のむヨーグルト』で挑戦しました。前回の失敗した飲むヨーグルトは、サラサラしていたので今回は200gに増量して作ってみます。だって、こってりとしたドロドロな濃いヨーグルトが好きなんですもん。牛乳を800mlにして、飲むブルガリアヨーグルトを200g分混ぜ合わせます。もちろん雑菌には気をつけながらです。自動メニューは、飲むヨーグルトの1000mlに設定します。今回も30℃で8時間かかるので、寝る前にスタートします。結果朝起きてから緊張の瞬間です。なぜなら前回の飲むヨーグルトは、開けた途端に臭い硫黄のニオイがしたんです。今回もそうなったら失敗のはずなんです。恐る恐るクリップを外してみると・・・爽やかなヨーグルトのニオイがします。今回は、飲むヨーグルト作りに成功したかもしれません。後は、好みの固さだったら文句ナシです。コップに注いでみたら、もうコッテリとしたとろみがあるヨーグルトなのがわかります。完成したのは、飲みたかったセブンイレブンの『のむヨーグルト』のようなコッテリとしたものでした。ところどころ塊があるものの、混ぜれば溶けてなくなっちゃいます。スターターとして使った、明治『ブルガリア のむヨーグルト』よりも、2倍、3倍もコッテリとているんです。僕にとっては予想を上回るできに、思わず奥さんに自慢してしまいました。味はもちろん、かなり美味しく大満足です。スターターのヨーグルトを変えて、もう一度プレーンヨーグルトを作る(ダノンビオ)スターターのヨーグルトを変えて、もう一度こってりヨーグルトを作ってみたいと思います。今回は、『ダノンビオ プレーン・加糖』を使ってみます。砂糖不使用の『ダノンビオ』を使えば良いと思われるかもしれませんが、冷蔵庫にあったのが加糖だったので、そのまま使っちゃいます。『ダノンビオ プレーン・加糖』は内容量が1個75gです。説明書通り100gを量るのはちょっと面倒なので、2個分まるまる使っちゃいました。1000mlの牛乳を850mlに減らして、『ダノンビオ プレーン・加糖』2個分150gを入れました。普通のプレーンヨーグルトより、こってりとした濃厚なヨーグルトが好みなので、スターターの量が多いのは気にしません(笑)今回も、自動メニューはプレーンを選択します。プレーンは42℃で9時間かかります。結果『ダノンビオ プレーン・加糖』2個入れは成功しました。ニオイはもちろん臭くなく、爽やかな良い香りがします。『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』で作ったギリシャヨーグルトに近いくらい、コッテリととろみがあるヨーグルトが出来上がりました。『ダノンビオ プレーン・加糖』で作ったヨーグルトの方が、少しとろみが弱い感じです。しかし、味はもちろん『ダノンビオ』の味で美味しいです。(加糖のヨーグルトを使いましたが、出来上がったヨーグルトは甘くはありません。)番外編 ヨーグルトメーカーでローストポークを作ってみるヨーグルトメーカーはヨーグルト以外にも作る事ができるんです。メーカーさんが認めているかわかりませんが、ネットでは色々なレシピがのっています。その中で、今回はローストポークを作ってみます。ジップロックに下味をつけた豚バラ肉の塊を入れて、真空状態に閉じます。付属の容器にお水を入れ、その中に豚バラ肉の入ったジップロックをいれます。今回は750gの大きいお肉なので、温度は60度で3時間セットしてスタートです。低温調理器は、肉のタンパク質を壊さない調理法なので、お肉の中にうま味を閉じ込め、しかも柔らかく調理ができるんです。2時間低温調理し終わった豚肉を、少し焼いたら完成です。少し焦げ目が付けば、良い匂いがして食欲をそそります。柔らかくてジューシーに出来上がりました。(赤みが気になる方は、時間を延ばしてください)まとめアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013は、飲むヨーグルトも作れてとっても便利。とは言いうもののの、他のヨーグルトメーカーでも作れると思います。温度と時間さえわかれば良いんですもんね。この新しいヨーグルトメーカーIYM-013は、自動メニューが付いているので、温度や時間をいちいち合わせなくても良いというのが1番のメリットだと思います。「あのヨーグルトは何度で何時間だったかな」と、迷わなくても良いんです。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-013を買ってから、毎日気兼ねせずヨーグルト生活を送れています。ヨーグルト好きな方には、絶対おすすめです。ギリシャヨーグルトなら、『森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』をスターターに使えば、水切り無しでもかなり近いものが出来上がります。もっと濃厚にしたい場合は、水切りをしてください。逆に僕のように濃厚なヨーグルトが好きじゃない方は、説明書通りに作ってくださいね。Amazonベストセラー1位のアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き IYM-012-W の詳細はこちらで確認できます。低コストで色々作れるIYM-012も、おすすめです。アイリスオーヤマのその他のヨーグルトメーカーはこちら。アイリスオーヤマ以外のヨーグルトメーカーはこちら。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作る米麴のみの甘酒レシピ! ... ヨーグルトメーカーでチャーシューの作り方(レシピ)。低温調理でしっとり激ウマ! - 効率よく暮らす|子育て・節約・時短家事を日々研究するミニマリストな40代主婦のブログです

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作る米麹のみの甘酒レシピを紹介しています。ご飯を使う必要がなく、温度管理も不要でです。セットして放っておくだけで簡単においしい甘酒が作れますよ。 購入して以来、大活躍しているヨーグルトメーカー。おかげでヨーグルトを毎日気兼ねなく食べることができます。 私が購入したのはこちらのアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。温度は1度ずつ最高で65度まで、時間も1時間ずつ細かく設定できる優れものです。 このヨーグルトメーカーの特性を利用すると、なんと低温調理が手軽にできるんです! 今回はヨーグルトメーカーと使った激ウマのしっとりチャーシューの作り方(レシピ)を紹介します。 ヨーグルトメーカーでチャーシューの作り方(レシピ) 材料 豚肩ロース固まり(豚バラでも) 醤油、酒、砂糖、オイスターソース、にんにく、生姜、ネギの青いところ 醤油大さじ3 酒大さじ3 砂糖大さじ1と1/2 オイスターソース大さじ1/2 生姜スライス1-2枚(チューブで代用、または無くても可) にんにく1かけ(チューブで代用、または無くても可) ネギの青いところ(無くても可) 作り方 1.フライパンで肉の表面を焼いて、焼き目を付けます。

万能すぎる!アイリスオーヤマヨーグルトメーカーで作れるもの14レシ... ヨーグルトメーカー アイリスオーヤマ 飲むヨーグルト 牛乳パック 簡単 IYM-013 ウエノ電器PayPayモール店 - 通販 - PayPayモール

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを購入する前「ヨーグルトなんてヨーグルトメーカーなくても作れるんじゃ?」と躊躇しました。しかし購入してみたら、思いのほか万能過ぎで、本来なら何日もかかるモノや温度調節が難しい料理など、様々なものが簡単に作れるのです! 2.調理量(醤油大さじ3、酒大さじ3、砂糖大さじ1と1/2、オイスターソース大さじ1/2、生姜スライス1-2枚、にんにく1かけ、ネギの青いところ)を容器に合わせて、フツフツなるまでレンジで温めます(600Wでだいたい2分)。 3.ジップロックなどの袋に、焼いた肉と温めた調味料を入れます。 4.[3]を牛乳パックにを入れて、袋の周りに熱湯(袋が溶けない程度の温度に冷ます)を注ぎます。 5.温度は65度、時間は12時間にセットして後は放置! 6.ヨーグルトメーカーから取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で寝かせます(すぐに食べてもよし)。 出来上がり! 12時間後のヨーグルトメーカー。水蒸気だらけで中が水滴でポタポタになっていました。 お肉を取り出すと、ちゃんと味が染み込んでそうになっています。 こちらは12時間低温調理した場合のチャーシューです。 スライスするとほんのりピンク、切れ端を食べてみましたが味がしっかり染み込んで、大成功です! 今回はチャーシュー丼にします。そのまま食べてもいいですが、魚焼きグリルで軽く炙ると、焼き目が香ばしく油も溶けてよりおいしくなります。 ジューシー! ご飯の上にキャベツたっぷり、その上にチャーシュー、そして余ったタレで漬けた味玉ものせました。 なかなか贅沢なチャーシュー丼です。自分で作るから安い! しっかり歯ごたえがありつつも噛むと柔らかくほどける、ラーメン屋さんで食べるチャーシューの出来上がり! あの面倒なチャーシューが、こんなに手軽に作れるなんて!ぜひぜひ試してみてください。チャーシュー作りにハマること間違いなしですよ! 48時間低温調理バージョンも作ってみた 今回実験で、ヨーグルトメーカーで設定できる最大時間の48時間でも作ってみました。 48時間バージョンはこちら! 包丁でスライスできないくらいの、ホロホロで柔らかいチャーシューになりました。これは薄くスライスするよりも厚めに切って箸で崩しながら食べた方がよかったかもしれません。 柔らかバージョンのチャーシュー丼です。 これはこれで良いけれど、やっぱり12時間のチャーシューの方が好みかな…。 ヨーグルトメーカーでチャーシューを作る注意点 低温調理は食中毒など危険な面もあるので、その辺りを調べてみました。 温度 お肉は、「[60度以上の温度で10分以上加熱]すれば細菌は死滅する」のだそうです。 参考:絶対に失敗しない肉料理のコツ!「火入れの科学」-[知識編] : Cooking Maniac だけどやっぱり怖いので、ヨーグルトメーカーで設定できる最高温度の「65度」にしています。 それと、低温調理について詳しく書いてあるサイトを読むと、「肉の表面を加熱して殺菌した方がいい」と書いてあったので、フライパンで表面を焼くようにしました。 また、牛乳パックに入れるお湯は65度ではなく、熱湯にしました。ヨーグルトメーカーは温度があがるまでに時間がかかるので、65度のお湯を注いでも容器に入れた時点で一旦冷めてしまいます。そうするとちょっと菌が心配、それを防ぐためです。 時間 チャーシューのゆで時間はレシピによっていろいろありますが、鍋で茹でるレシピで短いものなら30分、長いものなら3時間。炊飯器の保温機能で作るレシピで5時間というのがありました。 私のレシピは12時間ですが、それより短くても出来るかもしれません。が、12時間後のチャーシューは、ほんのり歯ごたえがありつつ、柔らかいので、私としては12時間がちょうどいいと思います。いろいろ試してみてください。 実験で試してみた48時間は柔らかすぎたので、チャーシューとして食べるならあまりおすすめしないかな?笑 ヨーグルトメーカーで低温調理するメリット まず、鍋で低温調理をすると火加減が気になってキッチンから離れられないし、温度が一定でないから失敗しやすいです。 ヨーグルトメーカーなら温度が一定だし時間も設定できるから、寝ている間や外出時に調理ができます。 それにスリムな形だからキッチンで場所も取りません。

【みんなが作ってる】 ヨーグルトメーカーのレシピ 【クックパッド】... アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカープレミアム」で、毎朝食べるヨーグルトを手作りしてるよ! | らくらく資産形成術

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーレシピ

ヨーグルトメーカーの簡単おいしいレシピ(作り方)が405品! 「ヨーグルトメーカーで甘酒」「ヨーグルトメーカー de 塩麹」「ヨーグルトメーカーで自家製納豆」「ヨーグルトメーカーで作る豆乳塩麹」など こんにちは!大西カツシです。 我が家では、アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカープレミアム」で、毎朝食べるヨーグルト手作りしています。 種菌用のヨーグルトには、小岩井生乳100%ヨーグルトを使っていますよ。 ブルガリアやビヒダスを使うほうが簡単に固まりますが、小岩井生乳100%ヨーグルトで作ると酸味がなくておいしいんですよね。 「小岩井ヨーグルトで手作りするのは難しい」と思うかもしれませんが、工夫すれば作ることは可能です。 今回は、どうやってヨーグルトを手作りしているかを紹介しますね! 手作りヨーグルトの材料 用意するものは牛乳(500ml)と種菌用の小岩井生乳100%ヨーグルトです。 後はヨーグルトメーカーがあれば、材料を混ぜ合わせてセットするだけで、手作りヨーグルトが作れますよ。 我が家では、アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカープレミアム」を使っています。 牛乳は1,000mlで作るほうがコストは安くなりますが、小岩井生乳100%ヨーグルトで作るなら500mlのほうがおすすめです。 ブルガリアやビヒダスのように簡単に固まらないので、1,000mlだとうまく作るのが難しいからです。 私が実際に1,000mlで作ったときは、うまく固まりませんでした。 もし1,000mlで作る場合は、付属のレシピを参考にしてくださいね。 小岩井生乳100%ヨーグルトを使った手作りヨーグルトの作り方 それでは、小岩井生乳100%ヨーグルトを使った手作りヨーグルトの作り方を説明していきますね。 ▼まずは、牛乳パックを未開封のままレンジで温めます。 我が家の場合は、600wで50秒〜1分です。 一度温めたら、上下をひっくり返してもう一度温めましょう。 (今のところ破裂したことはありませんが、様子をみてくださいね。) ▼次に牛乳パックを開封し、小岩井生乳100%ヨーグルトを60g入れます。 ※写真と同じ牛乳なら大丈夫ですが、他メーカーの牛乳の場合、そのままヨーグルトを加えると牛乳があふれ出てしまう可能性があります。 ヨーグルトを入れる前に、牛乳を50ml程度抜いておいたほうがいいですよ。 重さを測るときは、タニタのキッチンスケールを使うと簡単に測れるのでおすすめです。 ▼ヨーグルトを入れたら、よくかき混ぜます。 ここでよくかき混ぜておいたほうが、しっかり固まりますよ。 スプーンは熱湯で消毒したものを使いましょう。 ▼あとはヨーグルトメーカーにセットして待つだけです。 (専用のフタもありますが、外れやすいので洗濯バサミを使ってます。) 設定温度40℃、発酵時間は12時間〜20時間ですね。 ※最初は20時間ぐらいかかっていたのですが、先日は12時間ぐらいで固まりました。 ちゃんと牛乳を温めておくと、発酵が早いのかもしれません。 ▼約12時間発酵させたものがこちらです。 セットしたあとは、完全放置でこんなふうに固まりますよ。 ここでまたよく混ぜて冷蔵庫で冷やすと、おいしいヨーグルトになります。 ▼無事に完成しました! 酸味が少なくて、牛乳の甘さが感じられるヨーグルトができましたよ。 小岩井生乳100%ヨーグルトを使った手作りヨーグルトのコスト ざっくりコストを計算すると、1回で約150円になります。 牛乳(500ml):約110円 ヨーグルト60g:約40円(小岩井生乳100%ヨーグルト400gを250円とする) 今まで小岩井生乳100%ヨーグルトを週に2〜3個食べていたのが、1個と手作り1回になったので、100円〜350円/週ぐらい節約できていることになりますね。 コストだけを考えると、ブルガリアやビヒダスを使って1,000mlの牛乳で作るほうが節約になります。 しかし、酸味が少ないヨーグルトを手作りしたい場合は、小岩井生乳100%ヨーグルトを使うのがおすすめですよ。 私はちゃんと固まっていたときのうれしさがクセになって、楽しく作り続けています! 補足 先ほども触れたように、このページで紹介している作り方は、ヨーグルトメーカー付属のレシピとは少し異なります。 ネットで検索すると「小岩井生乳100%ヨーグルトでは手作りできない」と書かれている記事もありますが、我が家では作ることができていますよ。 どのヨーグルトを使うかで固まり具合が変わってくると思うので、最初は色々なヨーグルトを試してみるのがおすすめです。 消毒など衛生面の管理をきちんとしないと、腹痛や体調不良の原因になりますので、そこは自己責任でお願いいたします。 まとめ この記事で紹介したレシピ通りに進めれば、小岩井生乳100%ヨーグルトを使った手作りヨーグルトができますよ。 ブルガリアやビヒダスを使うより時間はかかりますが、酸味が少ないおいしい手作りヨーグルトが楽しめます。