• 記事: 21296
  • 質問に対する回答: 24246
  • コメント: 31726
  • 準備ができて答え: 23342

エクセル プルダウンリスト 作成

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する Off... エクセルの入力規則から 空欄も含めたドロップダウンを作成する | オフィスソフト活用・業務効率化Q&Aブログ

エクセル プルダウンリスト 作成

エクセルで使う機会が多いプルダウンリスト(またはドロップダウンメニュー)の作り方を手順を追ってご紹介していきます。「データの入力規則」機能を使った方法や、別シートの情報をプルダウンリストで表示させる方法などもお伝えしていきます。 Home Excel(エクセル) エクセルの入力規則から 空欄も含めたドロップダウンを作成するQ.エクセル初心者です。入力規則でドロップダウンリストに空欄を作りたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか。 A.入力フォームなどを作成していて、入力される値が決まっているものには、複数の候補から選ぶだけの入力規則のリストという便利な機能があります。 ドロップダウンされた候補から選ぶだけなので、手間が省けるうえ入力ミスもなくなります。 さて、ご質問では「その他」という選択肢ではなく「空欄」も候補に加えたいということですので、簡単な方法をご紹介します。 例として図1のように「コース選択」をドロップダウンさせてみました。 図1 「エクセル2007」「エクセル2010」「エクセル2013」です。この下に空欄を表示させます。 データタブ「データツール」グループにある入力規則をクリックするとデータの入力規則ダイアログボックスが表示されます。 入力値の種類から「リスト」を選び「元の値」には図2のように選択肢を半角カンマで区切って入力します。 図2 そして空欄ですが、全角でスペースを挿入します。半角ではなく全角です。 ドロップダウンリストに空欄ができました。 図3 または、別のセルに項目欄下に空欄セルも含めたリストを作成し、範囲選択で指定すれば空欄もドロップダウンリストに入ります。 図4 さらに、ご使用予定のリスト範囲を、数式タブ「定義された名前」グループにある「名前の定義」機能で指定すれば、今後増えていく可能性があるものにも自動的に対応できます。

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作... エクセルのプルダウンリストの元データを別シートで作るには?

エクセル プルダウンリスト 作成

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの基本的な手順と、プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順2つをご紹介します。慣れてしまえば難しい操作ではありませんので、この機会に操作方法を覚えておきましょう。また、本 ... 2016年3月26日 前回の記事の続きです。 プルダウンリスト(入力規則)を 別途、表形式で準備する場合。 プルダウンリストとは別のシートに 入力できる値の一覧表を作りたい、というケースも多々あります。 プルダウンリストの元データを別シートで作る 別のシートに入力できる値の一覧表を作れるかどうかは、 エクセルのバージョンごとに異なっています。 Excel2016、Excel2013、Excel2010 前記事と同じように、 普通に入力規則を作るだけでOKです。 Excel2007 「元の値」欄をマウスで選択することはできないのですが、 「元の値」欄を手入力すれば、先ほどと同じように入力できます。 Excel2003、Excel2002、Excel2000、Excel97など 「元の値」欄を手入力しても、 次のようなエラーが出てしまいます。 ↓ ただ、 エクセルの古いバージョンを使っている場合でも、 「名前の定義」と組み合わせることで プルダウンリストの元データを、別シートに置くことができます。 名前を定義して、元の値欄に「名前」を入れる エクセルの古いバージョンを使っている場合には、 次のようにして「元の値」を別シートに置くことができます。 1.「元データ」を選択し、名前を付ける 元データがある部分をマウスで選択した後、 メニューから、「挿入」→「名前」→「定義」を選び、 「名前」を入力して、OKを押します。 ↓ 2.入力規則の設定 入力規則を指定したい範囲(例えば、C2セル~C10セル)を選んで、 メニューから「データ」→「入力規則」を選び、 「元の値」欄に、先ほど設定した名前を入れます。 ↓ これで、元データを別の表に置くリストが設置できました。 エクセル基礎講座 「無料」動画マニュアル 「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です! このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。 ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます! ※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All... エクセル 絞込み選択できるリストを作成する方法!INDIRECT関数を使用 | ホワイトレイア

エクセル プルダウンリスト 作成

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除. Excelではプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使うことによってあらかじめ入力規則を設定することで、入力ミスを防ぐ仕組み作りが可能です。 エクセルINDIRECT関数を使用して、絞込み選択できるリストを作成する方法を紹介します。リストはエクセルのデータの入力規則で2つ作成します。2つ目に絞込み選択できるリストを作成します。リストを作成する時、名前の定義を使用する方法と使用しない方法がありますが、名前の定義を使用する場合は、エクセルINDIRECT関数を使います。ここでは、名前の定義を使用して絞込み選択できるリストを作成する方法を紹介します。 名前の定義を使って絞込リスト作成 ①絞込みリストの説明 下表を使って説明していきます。 ①「ワイン」シート ②「リスト」シート 1.使用するシート名: ワイン、リスト 2.1つ目のプルダウンリスト:「ワインA」「ワインB」「ワインC」が選択できます。 3.2つ目のプルダウンリスト: ワインA→原宿、渋谷、新宿、目黒が選択 ワインB→東京、神田、上野が選択 ワインC→銀座、日本橋、四谷が選択 ②絞込みリスト作成の準備 1.セルの範囲に名前を定義する 2.または、名前ボックスからセルの範囲に名前を定義する ③絞込みリストの手順 1.セルの範囲に名前を定義する 2.データの入力規則で1段階のプルダウンリストを作成する 3.2つ目の絞込み選択リストを作成する この手順で、絞込み選択できるリストを作成していきましょう。

エクセルでドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成するを設定... エクセルで複数のドロップダウンリストを連動させる方法 | Webcovering

エクセル プルダウンリスト 作成

エクセルで入力するときに利用できるプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する方法を解説しています。 ④データの入力規則 「データ」タブ→「データツール」グループ→「データの入力規則」 セルの範囲に名前を定義する 名前の定義 「数式」タブ→「定義された名前」グループ→「名前の定義」 1.「リスト」シートの「A1: C1」の範囲に名前を付けます。

Excel(エクセル)でプルダウンリストを作成する方法 ラブグアバ エクセルでプルダウン・ドロップダウンリストを作成・追加・削除する方法 | Webcovering

エクセル プルダウンリスト 作成

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する方法をご紹介します。この機能を使えば入力値のブレを防げるようになります。 2.「名前の定義」をクリックします。 「新しい名前」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。 名前(N) : ワイン 参照範囲(R) : =リスト! $A$1:$C$1 参照範囲(R)ボックスで「A1: C1」の範囲を選択すると自動で範囲が入力されます。 または、「A1: C1」の範囲を選択して「名前の定義」をクリックすると自動で範囲が入力されます。 3.名前の定義で「店舗」に名前をつけていきます。 次のように「店舗」に名前をつけていきましょう。 「A2: A5」のセルの範囲 名前(N) : ワインA 参照範囲(R) : =リスト!