• 記事: 27870
  • 質問に対する回答: 30286
  • コメント: 19619
  • 準備ができて答え: 28405

トイレつまり ハンガー

ハンガーを使用したトイレのつまり解消法を紹介 トイレつまり業者顔負けの直し方 - 薬品・スッポン・お湯

トイレつまり ハンガー

どの家庭でも困ってしまうトイレのつまり。状況によってはハンガー1本で解決できるんです!その方法をご紹介します。 を閉めてください。止水栓はタンク周りに付いています。ウォシュレットが付いている場合はウォシュレット用止水栓と間違えないように要注意です。止水栓を閉めるとタンクから便器に水が送られなくなるのでトイレつまりの被害拡大を防ぐことができます。 ※詳しくはトイレタンクの水漏れ対処方法ガイド!で確認ください。 止水栓がトイレタンク周辺に見つからない、もしくは固くて回らないという時には家全体の水道の元栓を閉めてしまいましょう。まずは落ち着いて止水栓、と心に刻んでおいてください。 反対に絶対NGなのは、何度もタンクレバーを動かしてしまうこと。これ、慌てるあまりついやってしまいがちです。軽いトイレつまりなら水の勢いで解消することもありますが、しっかり詰まっている場合は余計に便器内に水を溜めこんでしまい、かえって事態を悪化させることも多いんです。 床を水浸しにしないためにも、トイレのレバーを動かすのはやめておいた方が無難です。 止水栓を止めたら次にすることは、つまりの原因を確認することです。 ポケットに入れていた鍵やスマホ、文房具は無事ですか? もしかしたら何か落としてしまったのかもしれません。一度ポケットやカバンを全部チェックしてみてください。 落し物はしていないもののトイレットペーパーや汚物が詰まってしまっている場合には、この「マンガで判るトイレつまり修理」を見ながら対処法を試してみてください。 特に物を落としていないのにつまった、もしくは落とした物を無事取り出すことができたらこの項目を読んでください。 トイレットペーパーや汚物、場合によってはティッシュペーパーや女性用ナプキンでトイレつまりが発生した場合、まずはバケツなどで水を勢いよく便器に流し込んでみましょう。これだけで解決することもあります。トイレつまりで業者を呼ぶお金と時間が節約できちゃいますよ。 水を流し込んでみてもつまりが解消されない、もしくはそもそも水を流し込む余地がないという場合はラバーカップを使用します。 ラバーカップとは俗に言う結構力を入れてスッポンスッポンしているのが判りますよね。また、ラバーカップと便器に隙間を作らないのが大きなポイントです。 ラバーカップを使う時にはどうしても水はねが発生してしまうので、できれば動画の通り大きなビニール袋でガードしましょう。ためらわず力をこめてスッポンスッポンすることができますよ。ただし老朽化したトイレの場合はラバーカップで負荷を掛け過ぎると便器が破損してしまう恐れがあります。様子を見ながらスッポンしましょう。あまり知られていないのですが、実はラバーカップには和式用と洋式用があるんです。購入する際には注意してくださいね。 めでたくつまりが取れたら、いよいよ便器に水を流します。この時いきなりタンクから水を流すと再びあふれてしまう恐れがあります。始めはバケツなどを使って少しずつ水を流してみてくださいね。 たまに「ラバーカップを使用する時には、便器に水ではなくお湯を流し込んでからの方が良い」という人がいます。確かにトイレットペーパーは水よりもお湯の方がよく溶けるのは事実。それならお湯を流せば簡単につまりが解消するように思えますよね。 ですが! お湯をトイレつまりに流し込む方法は、水道のプロやサニタリー機器メーカーではおすすめしていません。何故かというと、お湯のせいでする可能性があるため。高温のお湯を流した結果、便器にひびが入ったり、パイプや排水管にに負荷が掛かり壊れたりする恐れがあるんです。トイレつまりで困っているところにトイレ本体が壊れてしまったら、泣きっ面に蜂なんてもんじゃないですよね。 それでもどうしてもすぐにトイレつまりを解消したいという場合のために、参考としてお湯を使ってトイレつまりを解消する方法を紹介します。 お湯の量は0.3L~0.6L程度。あまり少ないと効果がでませんが、多すぎると逆に水があふれてしまいます。 です。絶対に沸騰したての熱いお湯は使用してはいけません。便器にかかる負荷が高くなります。また、お湯が跳ね返ってきてやけどを負うリスクも増えてしまいます。 お湯を流し込む前から便器に水があふれている時には、バケツなどで水をすくって少なくしてからお湯を流し込みましょう。お湯は静かにゆっくりと入れます。できればやかんなどで、トイレットペーパーが特に固まっている場所を狙って注ぐと効果があります。間違っても最初に試した「水をバケツなどで勢いよく入れる」のように一気に入れるのは禁物! 便器などの様子を見ながら進めましょう。 お湯を流しこんだら、あとはラバーカップでスッポンスッポンを試します。この時も跳ね返ってきたお湯でやけどをしないように注意。動画のように大きなビニール袋でガードすると安心ですね。 繰り返しますが、このお湯を流し込む方法はメーカー、水道業者ともに推奨していません。あくまで自己責任でお試しください。ラバーカップだけでつまりが解消されない場合はプロの水道業者に修理を依頼することをおすすめします。 ドラッグストアやホームセンターには家庭向けのトイレつまり解消用薬品が販売されています。さまざまなメーカーの製品がありますが、トイレのつまり向けの薬品だけでなくお風呂の排水のつまり向けの薬品も販売されています。購入する時には間違えないように注意してくださいね。 この薬品はなど、注意書きの指示に従いましょう。小さなお子さんがいる家庭では使用時はもちろん、保存時も注意してあげてくださいね。 トイレつまり用薬品を使用したあとも、いきなりレバーで水を流すとまた溢れてしまう可能性があります。薬品使用後も、最初はバケツの水などをそっと流しこんでみるのが正解です。薬品とスッポンの合わせ技も有効ですよ。 ところで、このトイレつまり用薬品はトイレがつまる前にこそ使ってもらいたいものなんです。定期的にトイレつまり用薬品を使っておくと、トイレの排水管の見えない部分の汚れもしっかり落としておくことができます。するとトイレつまりの予防になるんです。見える部分はともかく、見えない部分までメンテナンスするのはとっても大変ですよね。でもこれなら薬品を流すだけで良いので楽チン! ちょっと古いトイレのお宅は特におすすめです。 トイレつまりが発生したら…

トイレつまりで道具なしならペットボトルやハンガーで直してみよう! ... 和式トイレのつまりは解消できる?予防法から対策まで徹底解説!

トイレつまり ハンガー

トイレのつまりは急に起こるので、「修理道具がない」「夜でお店が開いていない」といった状況に遭遇することがあります。また、人によってはラバーカップ(すっぽん)が近くのお店に売っていなくて、ネットショップで注文したら届くのが3日後・・・なんてこともありますよね。そんな ...

トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」 生活救急車 超簡単!トイレつまりを直す5つの道具とその使い方 – たうん水道修理センター|横浜市の水漏れ・つまりはお任せ!

トイレつまり ハンガー

トイレつまりの直し方についてご紹介しています。つまり解消というとラバーカップを紹介されることが多いですが、いまどきの家には置いていないことの方が多いですよね。そこでここでは、家にラバーカップがない人でもつまりを直せるように8つの修理方法をご紹介しています。また ...

トイレ詰まりはハンガーでも直せる!その方法と注意点 EPARKレスキ... トイレつまりの解消方法!8つの方法をまとめました!

トイレつまり ハンガー

Eparkレスキューが『トイレ詰まりはハンガーでも直せる!その方法と注意点』について解説します。水道トラブルのサービスを提供する業者を選ぶ際に、ご参考ください。

トイレつまりの直し方 - 道具がある場合とない場合の方法

トイレつまり ハンガー

トイレつまりを直すための専用の道具が手元に無く、急いでいる場合に効果が見込める方法をいくつかご紹介します。 まずはじめはワイヤーハンガーを利用したトイレつまりの修理法です。

トイレが詰まったらどうする?スッポン以外で代用する7つの方法&道具

トイレつまり ハンガー

トイレが詰まったら使える、スッポン以外の解消道具を一覧でご紹介!どれも一般的な道具なので家庭ですぐに用意できるものばかり!即日トイレのつまりを解消できる道具を見つけましょう!

かなり困るトイレのつまり!自分でできる直し方と予防法まとめ LIXI...

トイレつまり ハンガー

突然トイレの水が流れなくなり、ヒヤッとした経験がある人も多いでしょう。そんなトイレのつまりで困っている人に向けて、トイレのつまりを直す方法を紹介します。

焦ったらダメ!『トイレつまり』で困ったら試す6つの対処法

トイレつまり ハンガー

トイレのつまりを見つけたときは、専門業者を呼ぶ前に自分でできることがあります。 お困りの際は、今回ご紹介した方法をぜひお試しください。 ※アンケート調査は、インターネットを用いて全国200人の男女の回答結果です。

トイレつまりどうすれば良い?確認すべき2箇所と自分で直す方法

トイレつまり ハンガー

トイレにトイレットペーパーなどの異物がつまった緊急時に、まず何をすべきかをわかりやすく解説。現状把握のために抑えるべき2つの確認ポイント、自力での直し方や道具、業者へ依頼したほうがいい場合のポイントもまとめています。自分ではつまりの対応NGな