• 記事: 31376
  • 質問に対する回答: 15572
  • コメント: 21065
  • 準備ができて答え: 17606

てれとしるぶぷれ

てれとしるぶぷれ - tv-tokyo.co.jp Twitter

てれとしるぶぷれ

来年4月に開局35周年を迎えるテレビ東京の新しいキャッチコピーは「てれとしるぶぷれ! てれと は テレビ東京 、 しるぶぷれ はフランス語の ... 株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、英称: TV TOKYO Corporation、東証: 9411)は、関東広域圏を放送対象地域とする放送局である。通称はテレ東(テレとう)。コールサインJOTX-TVから、TXと略称することもある。旧局名・アナログ放送のチャンネルから12チャンネルなどと略する場合もある。尚、同じ略称を使用するつくばエクスプレスは関係無い(但し、同線の運行エリアは、テレビ東京の放送エリア内にある)。 親局(アナログ放送波)の周波数帯がVHFの放送局としては、日本で最後に開局した放送局である。これ以降に開局した国内の民放テレビ局は、すべて親局がUHF帯で放送している。 テレビ東京は古くからアニメを重視する局として認知されている。現在もキー局中でアニメの放送本数が最も多い。首都圏民放キー局で放送されるアニメ全作品のうち、半数以上が同局の放送というデータもある。 局を代表する作品でもある『ポケットモンスター』を筆頭に低年齢児童・少年少女向けのアニメから『新世紀エヴァンゲリオン』のようなアニメファン向けのものまで幅広い視聴者層に対応出来る様に編成され、これら作品群の放送にまつわる話題も事欠かない。(主に子供向けアニメが放送される夕方・休日の朝等に、『ネギま!?

ピカチュウ (サトシのポケモン) - Wikipedia テレビ東京 - Yourpedia

てれとしるぶぷれ

ただし、テレビ東京の局cmでは当時のキャッチフレーズ「てれとしるぶぷれ」と喋ったことがある。 なお、映画『 キミにきめた! 』では、サトシがそう言っている風に感じたという形だが、人語を発する場面がある。 』や『ギャラクシーエンジェル』シリーズなどのような、いわゆる「萌えアニメ」が編成されることもたびたびある)これらのアニメ作品は、最盛期である1990年代前半は視聴率10%台の番組も多数存在し、テレ東の土台を支え、また著作権を盾にした功績もあって収益の増加にも繋がった。 また、かつてはテレビアニメとして『マンガ日本経済入門』や『ラブひな』を午後10時台に放送したことがあったが、共に確たる実績を挙げられなかった。 しかし、21世紀に入ってからは主たる視聴者である子どもの部活や塾通いの他、録画視聴習慣の定着、更には少子化などの影響等によりアニメ全体の平均視聴率も低迷の傾向を見せ始め、特に子供向けアニメのゴールデンタイムと言える月~金18時台のアニメ番組の視聴率へ与える影響は大きく、以前程には高いものでは無くなってきた。 テレビ東京はこれらの影響を受け、2006年4月より従来の月~金18時台のアニメ枠を30分ずつ前倒し、17:30~18:30に変更(通称『アニメ530』枠)。空いた18:30~19:00枠には、近年関係を強めている吉本興業製作のバラエティ番組(通称『スキバラ』枠)を新設するという大改編が行われた。アニメ枠の移動が話題となり注目されていたが、同枠全体の視聴率低下に歯止めがかから無い状態が続いている。また、アニメの本数が増えすぎて一つの壁にぶつかっている現状を打開しようと、2007年4月より『アニメ530』の時間帯の毎週火曜17:30~18:00に、魔法少女の特撮番組『美少女戦麗舞パンシャーヌ』を開始した。また、2000年代に入って学校の週5日制が導入されたことに伴い、土曜・日曜の午前帯のアニメ枠も強化されている。先述の『530』枠の苦戦とは対照的にこちらは堅調であり、特に土曜朝8時(テレビ愛知制作)枠が版権会社各社による枠争奪戦が勃発するにまで至っている。 テレ東アニメのもう一つの側面として、深夜に放送される数々の作品群(いわゆる“深夜アニメ”)が豊富である事が挙げられる。 キー局の深夜アニメ隆盛を促すきっかけとなったアニメ『エルフを狩るモノたち』を放送してから約10年、テレ東の深夜アニメは常に話題作を放送し続け、現在でも同局の深夜枠の中核を担っている。その影響は大きく、通常放送開始時間が変動するのが通例である深夜枠でも、アニメは原則として放送開始時間が固定されている。また、選挙・災害報道などで特別編成が行われる場合でも、アニメの放送時間だけは出来るだけ変更しないなど、アニメに対しては手厚い配慮を行っている。その理由は、アニメーションの製作者(近年ではTV局も含めた製作委員会)が、TV放映のために広告料を支払っているからである。 地上デジタル放送ではハイビジョン制作(アナログ放送では、画面比16:9のレターボックスサイズ)による深夜アニメも、2007年4月改編で開始された作品より実施されていて、「史上最強の弟子ケンイチ」を除いた全てである。 なお、個々の深夜アニメの概要についてはそれぞれの作品の項を参照されたい。 1970年、ロッテオリオンズが日本シリーズに出場したが、東京12チャンネルは第3戦と第4戦の放送権を獲得している。 これは、もともとプロレス放送を企画し、すでに日本テレビが押さえていた国内の試合ではなく、海外の試合を放送すべく、当時同社の運動部長だった白石剛達(後に千代田ビデオ社長)がアメリカまで試合フィルムの買付けに行っていたところ、たまたま現地でサッカー・ワールドカップの試合が放送されており、それを見た白石らがたちまちサッカーに魅せられ、急遽直接メキシコのテレビ局に掛け合い、既にオファーを出していたNHK・日本テレビを差し置いて放送権を獲得。 この試合フィルムを手土産にロッテオーナーの永田雅一と面談し、日本シリーズの放送権を要求。永田側はサッカーには興味がないが、折角直接来たのだから本来毎日新聞との関係で全てTBSへ渡すつもりだった放送権のうち、第3戦と第4戦(NHK・TBSも放送)を割譲することを確約。これを知ったTBS側の妨害工作に遭うも、永田側の救済策で乗り切り、無事第3戦は東京12チャンネルをキー局として全国ネットで放送された(この事については、プロ野球中継のテレビ東京系列のシリーズ中継問題の項にも詳しく書かれている)。 なお、海外のプロレス中継はゴールデン枠で放送され好評となり、またサッカーワールドカップの試合も『三菱ダイヤモンド・サッカー』枠で1年間かけて放送。結果として一挙三得を得た事となった。 この他、東京12チャンネル時代に放送された日本シリーズの中継には、1974年のロッテVS中日第5戦がある。 2003年にプロ野球日本シリーズ、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)対阪神タイガースの最終第7戦の放映権を系列局のTVQ九州放送が獲得した。 これは、TVQが南海ホークスの福岡移転以来、同チームの試合中継回数が最も多い局であったことに加え、BSアナログ放送の普及が進んでいるという日本野球機構の判断によるものである。なお、福岡ドームでの試合を最低1試合は中継すると目されていたフジテレビが、同年のバラエティ番組『水10!

サトシのピカチュウ (さとしのぴかちゅう)とは【ピクシブ百科事典】

てれとしるぶぷれ

ただしテレビ東京の局cmでは当時のキャッチフレーズ「てれとしるぶぷれ」と喋ったことがある。 そして遂に『キミにきめた!』でこの初期設定が日の目を見ることになり、モンスターボールに入りたくない本人の心情も明らかになる。 ワンナイR&R』内で、王貞治監督と福岡ダイエーホークス(当時)を侮辱する内容の放送を行った「王シュレット事件」により、中継を拒否されてしまったことが影響したといわれているが、関係はないとされている。 先にどちらかが4勝すれば日本一が決まるため放送できる可能性は低かったが、戦いがもつれ最終戦にまで突入。テレビ東京では29年ぶりとなる日本シリーズ中継が実現した。しかし同時ネット局が少なく、エリア内に系列局があっても送信所・中継局がないために見られなかった視聴者が多い事から「地上波テレビで生放送が見られない」、あるいは「全国放送が出来なければ放送するな!! 」という脅迫めいた苦情が殺到してしまった。また、近畿地方ではテレビ大阪の他に、本来テレビ東京の番組をネットしていないサンテレビとKBS京都でも同時中継が行われた。 翌2004年には、日本シリーズ進出を賭けたパ・リーグプレーオフ第2ステージ最終戦(福岡ダイエーホークス対西武ライオンズ)の放映権を、再度TVQ九州放送が獲得し、実際に放送されたため同様の苦情が出た。 2005年の、同じくプレーオフ・ソフトバンクvs千葉ロッテの試合に関しては、それまでの第3戦まで地上波での全国放送がなかったため、BS・CSを視聴できないファンから、首都圏での地上波中継が行われることを歓迎する意見が多かった。しかしその反面、地元TVQの制作ではなくテレビ東京制作(TVQは制作協力のみ)であった事から、日ごろソフトバンクびいきの中継を見ている九州地方の視聴者には、千葉ロッテに偏った中継であるようにみえたことや、コマーシャルが多いなどといった苦情もあった。なお、テレビ東京系列で放送された第4戦・第5戦はテレ東系列のBSデジタル放送局・BSジャパンでも同時放送されており、事実上第4戦・第5戦は全国中継が出来た。ただ、系列局があるのに送信所・中継局がないため、見られなかった地域からの苦情があったことはいうまでもない。 同年の、パ・リーグで千葉ロッテが優勝したことに伴って、日本シリーズの千葉ロッテ主催ゲームのうち第2戦・第7戦の中継をすることが確定した。テレ東系列で日本シリーズが2戦以上放送されるのは史上初めてだったが、千葉ロッテが4連勝を飾って日本一を決めたため第5戦以後の開催が消滅。中継も、第2戦の1試合のみに留まった。なお、セ・リーグは阪神タイガースが優勝しているため、2003年同様に通常はテレビ東京の番組を同時ネットをしなかったり、時差ネットの番組が多い兵庫・京都・三重の独立U局でも同時生中継した。なお、今回もやはり系列局があるのに送信所・中継局がないためみられなかった地域からの苦情が出たことはいうまでもない。 2003年・2005年の日本シリーズ中継は、ともに系列BS衛星放送のBSジャパンではデジタルBSの普及が充分でないことなどを理由に中継は行わず、いずれもNHK-BS1とNHK-BShiで生中継されている(BSジャパンで中継ができるのは、BSアナログ放送終了の2011年以降となる模様)。 2005年、プロ野球に交流試合が導入されたことに伴い、テレビ東京は巨人戦のプロ野球公式戦中継を1976年8月29日に放送した巨人対ヤクルト戦(明治神宮野球場)以来29年ぶりに放映することを発表し、これを同年から始まる野球中継枠『全力闘球』で放送することになった(試合開始時刻からではあるが、BSジャパンでも同時放送。これにより系列局のない地域でもBS受信機かケーブルテレビで視聴できる)。放送された巨人戦中継は、いずれもパ・リーグとの交流試合である。なお、これまでにも鹿児島県立鴨池野球場と千葉マリンスタジアムで行われた千葉ロッテ戦を始めとして、巨人戦のオープン戦中継を実施した事例が多数ある。尚、地方5局は経営基盤が弱いため、テレビ東京系全国ネットとなる場合はテレビ東京制作となり、実況及び解説を関東広域圏以外での開催であってもテレビ東京側が用意する(この為、関東球団に偏った放送で苦情が来ることもある)。ピカチュウが応援に駆けつけた 巨人の主催試合は長年日テレが独占状態で中継していた。2002年以後、主として土曜日のナイターがNHK総合テレビで年間5-10試合ほど生中継され、独占状態こそ崩壊したものの、民放に関しては日テレ独占が続いていた。だが、2005年は巨人の成績不振などからテレビ中継の視聴率が悪化し、中継の延長オプションの縮小やシーズン末期には全国中継そのものが行われなかったり(ローカル放送降格)するなど、テレビ中継の見直しが懸念材料とされていた。 そして2007年からは、神宮球場にて行われる東京ヤクルトスワローズVS読売ジャイアンツ戦を放送する。これは、ヤクルト球団主催試合の放送権を持つフジテレビやテレビ朝日が巨人戦中継に消極的であり、テレビ東京がさらに増やしたい考えであるため、同局から数試合譲渡されるものと思われる。更に、今後の視聴率の動向により日テレも巨人主催試合数をさらに減らすことを示唆しているため、場合によっては2008年以降、放送する数が増加する可能性もある。 かつて、日本で初めてワールドカップを放送し、Jリーグがブームになる以前から実業団サッカーの中継を多く行うなど、サッカーに注力するテレビ局としても知られる。また、最近では人気声優をワールドカップのキャスターやイメージキャラクターとして若干名出演させる等、他局とは一線を画すイメージとなってきている。 サッカーとの縁は、三菱グループ提供の『三菱ダイヤモンド・サッカー』の放送開始が嚆矢である。まだマイナースポーツだったサッカーの魅力を紹介したこの番組の企画は、スポンサーサイドの三菱グループの篠島秀雄(当時三菱化成社長、日本サッカー協会副会長、東京12チャンネル番組審議委員)が提案したものだったといわれる(当時の東京12チャンネルは財界を中心とした再建途上にあり、番組の企画などは財界幹部などの意見が罷り通っていた)。この提案を受けて、三菱商事の諸橋晋六(当時同社ロンドン支店長、のち同社社長・会長)が試合のフィルムを買い付け、放送に利用した。 1970年、プロ野球日本シリーズ中継の項で先述したとおり、成り行きではあるがワールドカップの試合フィルムとその放映権を獲得。1974年7月にはワールドカップ決勝戦の生放送を深夜枠ながら生中継した。いずれも日本初である。なお、この決勝戦の裏でNHKをはじめ民放各局は参議院選挙の開票速報を放送していた。 1993年10月28日には、「ドーハの悲劇」と呼ばれるワールドカップアジア最終予選・日本vsイラク戦を放送し、テレビ東京史上最高視聴率となる48.1%の視聴率を挙げた(日本vsイラク戦の前の同局の最高視聴率番組は、東京12チャンネル時代の1971年に放送された、ボクシング世界フェザー級タイトルマッチ・西城正三対クロフォード戦であった。このとき記録した48.1%は、局別の最高視聴率としては長らくテレビ朝日を上回る在京民放4位であったが、2006年ワールドカップ独大会・日本対クロアチア戦での52.7%に抜かれてしまった)。 2003年8月5日には、関連会社FC東京とスペインの強豪、レアル・マドリード戦を放送した。この試合の放送権は当初TBSが獲得したが、FC東京の試合を放送してもその時間帯のレギュラー番組(『学校へ行こう!

番組審議会 - TV Tokyo

てれとしるぶぷれ

〈「てれとしるぶぷれ」キャンペーンスポットについて〉 委員-ちょっとひねり過ぎているのでは。 局 -ピカチュウを前面に出すことで少しで ... 』など)よりも視聴率が落ちると判断し、テレビ東京へ放送権を譲渡した。しかし譲渡後にデビッド・ベッカムがレアル・マドリードへ移籍したため一躍注目のカードとなり、16.9%の視聴率を獲得して、皮肉にもTBSを視聴率で上回る結果となった。 また、この試合は当初テレビ大阪と関西圏の一部の独立U局に限って同じ時間に(この試合が行われた国立霞ヶ丘陸上競技場に隣接する明治神宮野球場から)プロ野球中継ヤクルトvs阪神戦が予定されていたため生中継はせず、サッカーは深夜に録画放送の予定だったが、野球中継が降雨中止のため関西圏でも結果的には同時放送となり、録画中継を予定していた深夜放送を早々と切り上げた(ちなみに、この時は関西地区で深夜に地上デジタル放送の試験電波発射のため、NHKを含め全ての局が3時以降全面的に放送休止になっていた)。 このジャンルも弱点といえる。広島平和記念式典・長崎平和祈念式典 の中継は両県にTXN系列局がないことから実施されていない。両原爆関係のドキュメンタリー放送(広島県に系列局のある他の民放ネットでは、全て何らかの形で制作・全国向け放送)などもないようである。ただし平和関係番組(日中戦争・太平洋戦争の戦禍を伝える番組)が皆無ではなく、3月10日のニュースでは東京大空襲を取り上げるなど、取材可能なエリア内では努力している。 ただし、2007年5月にテレビ東京が、地方に3局ネットを拡大することを発表し、その中に広島県が含まれている(他には宮城県、静岡県)ことから、これらのことも解消されるのではと思われる。 また、1970年代に真珠湾攻撃を扱った番組を放送し、1990年代にはドキュメンタリー人間劇場で戦争体験を扱うなどの例もある。 他にも、独立した番組ではなく「救出劇」や「偉人伝」などの番組の一部として、思想にとらわれない表現で平和関係の番組を放送することもある。 なお2007年2月に放送された『李香蘭』においては、他局と同様の思想に近い戦争描写がなされた。 基本的に第1・第2スタジオが汎用スタジオとして使われ、第1はパッケージ中心、第2は平日の帯番組や小規模収録番組中心の運用となっている。また報道局に隣接する格好の第3・第4スタジオは報道番組中心の運用となっている。なお以前の第3スタジオでは情報系番組の生放送や収録が行われていたこともあった。そして第4スタジオは報道局側に壁のないオープンスタイルであったが、諸事情により現在は完全密閉型のスタジオへ改装された。 第4スタジオは当初サブを持たず、第3副調整室(3サブ)が第3スタジオと第4スタジオを駆動する形式だった。その後一旦第4副調整室(4サブ)が整備されるも、報道フロアが手狭になったことから4サブを廃止・撤収し、再び3サブで3スタと4スタを駆動する形に改められた。なお3サブ内にはCG制作室が併設され、4サブは報道VTR編集室に改装されている。 いずれのスタジオもハイビジョン対応で、SD(またはSDTV、Standard Definition Televisionで従来の標準画質)収録番組も混在している。地上デジタル放送開始前の2003年6月の時点でもすでに全番組の3割がハイビジョンで制作されている。 なお、虎ノ門本社全スタジオのハイビジョン対応化は2000年12月開局のBSジャパンでも地上波番組をハイビジョンで放送するために他の在京キー局に先駆けて整備したものであり、その後の地上デジタル放送にも対応している。下記の天王洲スタジオも同様。 東京都品川区東品川一丁目3番3号 2つのスタジオがあり、1999年の運用開始当初からハイビジョンに対応している。バラエティでは『ハロモニ。』などのゲストの多い公開番組の収録や生放送も行っているほか、他局への貸し出しも行っている。同スタジオと同じ敷地内にマンション「てれとハイム」が併設されており、「職住接近」の環境が出来上がっている。しかし実際ここに居を構えるテレビ東京社員は数えるほどとも言われている。なお建物自体は関連会社の「テレビ東京建物」が管理している。 このほかにロケーション番組となっているいい旅・夢気分、元祖!

【1】をもつ著名人(その2) 最高の癒しは自分の中にある...

てれとしるぶぷれ

数秘&カラープレゼンターの今岡朱美です。 すっきり青空に落葉樹・・・冬らしい光景 ^^*****【数秘&カラー】でみる著名人シリーズ♪生年月日から、『あの著名

テレビ東京とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

てれとしるぶぷれ

テレビ東京とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。

3連休の締めは「もやさま」っすね。 - まつもとまつともの日記

てれとしるぶぷれ

地上デジタル放送は7chのてれとしるぶぷれ・テレビ東京です。ちなみにテレビ朝日は5chです。なんて話が、毎回続く「もやもやさま~ず2」。三連休の最終日、21日(祝)は伊藤Pの活躍(?)で「もやさま」が朝から晩までテレビ東京をジャックします。月9でドラマが始まる織田裕二で視聴率的 ...

テレビ東京 - chakuwiki

てれとしるぶぷれ

だれも知らない場所にある 天王洲アイルにあるスタジオなら知っているやつはいる; 昔は東京タワーのすぐ下に本社があっ ...

REF気になる(2000/05)(00/04/26)

てれとしるぶぷれ

20日、てれとしるぶぷれ 「テクノ探偵団」 「dvd」特集だそうです. ちなみに、dvdは、 ディジタル・バーサタイル・ディスク(計数型多芸多才的円盤)の略であって、 デジタル・ビデオ・デスクでも、 ダイエーvsドラゴンズ((c)青恥)でも、ありません.