• 記事: 22609
  • 質問に対する回答: 28863
  • コメント: 23806
  • 準備ができて答え: 20762

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーになるには?仕事内容と必要なスキル プランナーの仕事とは。多岐にわたるプランナーの種類と仕事内容 | Offers Magazine

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーになるために、必要な資格は特にありません。 ただしパソコンでの仕事が多いため、ワードやエクセル、プレゼン用ソフトであるパワーポイントなどを使えるスキルは必要です。 副業・フリーランス 2019-03-28 更新日 2020-03-23 プランナーは企画立案を手がけ、成功に導く立場です。数多くの分野にプランナーは存在し、仕事内容にも違いがあります。そこで、プランナーについて仕事内容や必要とされる資格などを中心に解説します。ぜひキャリア形成などの参考にしてみてください。 プランナーの仕事とは? プランナーという言葉は一般的に耳にしますが、その詳細な仕事内容は認知されていない傾向があります。はじめに、プランナーの仕事について解説します。 企画立案が主な仕事 プランナーとは様々な分野において、企画の立案を行う人です。 プランナーと聞くと、一般的には広告プランナーをイメージするかもしれません。しかし、WEBプランナーやウェディングプランナーなど多くの分野に存在します。 各分野で活躍するプランナーは、専門的な知識をもとに企画を立案します。重要なのは具体性を持ったプランを提案することです。 悩みに対して答えを出す仕事でもある プランナーの仕事は、顧客の悩みに対して答えを出す仕事でもあります。顧客の悩みや課題をしっかりと聞き取り、解決策を提示します。 潜在的な悩みや課題の場合もありますので、上手く聞き出せるかがポイントです。具体的なプランを提案する前には、課題に対する調査や分析が必要になります。 そのためには、業界の知識をしっかりと身につける必要があるでしょう。 プランナーには種類がある ここからは、様々な業種のプランナーについて解説します。資格が必要なプランナーも具体的に取り上げていますので、参考にしてください。 さまざまな業種のプランナー プランナーは数多くの分野に存在しています。資格が不要な分野も多く、業界や業種の数だけプランナーがいるといってもいいでしょう。 ただし、プランナーは『一定程度の予算がある分野』に存在することがほとんどです。予算を割いてでもプランナーというポジションが必要な分野に存在するといえるでしょう。 企画自体が商品になる業界や企画がクライアント獲得に大きな影響を与える分野、予算を豊富に確保できる分野にはプランナーが設置されます。 一方で、製作者と企画者が同じになる分野ではプランナーが不要になるでしょう。例えば、商店の販売促進のために使われる、POP広告の分野はプランナーは不要だと考えられます。 POP広告は、企画も製作もすべて店舗の従業員が行うことが多く、プランナーに依頼することは少ないでしょう。 資格が必要なプランナーもある プランナーになるために、資格が必要な場合もあります。『ファイナンシャルプランナー』や『商品プランナー』は資格が必要である代表的なプランナーです。 ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家です。国家資格は1〜3級まであり、最上位が1級になります。試験に合格するには通信講座の受講も有効でしょう。 商品プランナーは社会のニーズを深掘りして、新しい商品やサービスをつくりあげる仕事です。資格取得は『日本商品開発士会(JMCP)』の研修受講と同日開催の小試験の受験が必要です。 試験は商品戦略や販売戦略、販売促進戦略の基本知識が問われます。性別や年齢、学歴に関係なく受験できますので、キャリアアップを目指しての取得も可能です。 プランナーの仕事内容 プランナーは様々な業界に存在しますが、3つの分野について仕事内容を紹介します。 ゲームプランナー ゲームプランナーは新しいゲームを企画する担当者です。企業や業界内では、ゲーム企画やゲームクリエイターと呼ばれます。仕事では企画立案から始まり、制作準備から、制作、集計、分析、改善を担当します。 ゲームの制作工程を仕様書にして、開発メンバーに説明する必要があるため、論理的思考やコミュニケーション能力が必要です。また、どの分野にも言えることですが、ゲーム好きであることは非常に大きな要素になります。 ゲームやモノづくりが好きであることは、転職やキャリアアップにも有効です。常にさまざまなゲームをプレイし、業界のトレンドに敏感になる必要もあります。 ウェディングプランナー ウェディングプランナーは結婚式をプロデュースします。予算や日程、衣装の選定、招待状の手配など結婚式に関わる全般を決定する仕事です。 勤務先は多岐に渡ります。結婚式業、ホテルやレストラン、結婚式のプロデュース会社などです。どの勤務先でも仕事内容に大きな変化はありません。 結婚式当日は特に重要です。手配したもの全てが届いているか、時刻通りに進行しているかなど全体に気配りをします。準備期間を含め、無事に終えることで大きなやりがいを得られるでしょう。 ファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナーは人生のイベントに合わせた資産設計や提案を行います。年金、資産運用、保険、税金、不動産、相続、事業継承など重要なライフイベントを総合的に検討します。 金融機関やファイナンシャルプランナー事務所で働くこともあれば、独立して活動することも可能です。 いずれにしても顧客のお金に関するリスクを軽減し、安定した生活が送れるように手助けする役割があります。顧客との信頼関係を築くことが重要です。 信頼を得るには、コミュニケーション能力や知識、情報量がポイントになります。日々のブラッシュアップが必要です。 まとめ プランナーは様々な業界に存在し、企画立案をする存在です。顧客の悩みを解決する仕事でもあり、場合によって資格が必要になります。 どの分野のプランナーにもコミュニケーション能力は必要でしょう。そのためには、業界における専門知識を多く身につけることがポイントです。 プランナーを目指す方は、目標とする業界についての理解を深めましょう。

ゲームプランナーになるには?必要なスキルや年収について ゲーム情... ゲームプランナーの転職面接で聞かれる内容は?押さえておくポイントも解説|ぴかメモ

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーになる為の主なルートは、 専門学校もしくは大学を卒業してからゲームメーカーなどに就職する ことが一般的になります。 以下にてそれぞれのルートの詳細を見ていきます。 ゲームプランナーの転職面接で聞かれる内容は?押さえておくポイントも解説 ぴか ゲームプランナーの面接で聞かれる内容が知りたい。 事前に押さえておくポイントがあれば教えて欲しいな。こういった疑問を解消します。✔︎本記事の内容ゲームプランナーの転職面接で聞かれる内容ゲームプランナーの転職面接前に押さえておくポイント✔︎記事の信頼性 この記事を書いている私は、一部上場企業のゲームプランナーです。 ゲームプランナーとして経験を積み、現在はディレクターとして中規模タイトルの進行管理・企画・仕様作成を行なっています。初めてのゲームプランナーの面接で何を聞かれるか不安ですよね。本記事では、筆者を含めた現役のゲームプランナー10名に『面接で聞かれたこと』をアンケートした結果を紹介し、ゲームプランナーの目線からおすすめの回答方針を解説します。読み終える頃には、ゲームプランナーの面接で聞かれることのベースが分かりますよ。ゲームプランナーの面接を控えている方は、是非読んでみて下さいね。関連記事 ゲームプランナーがきついって本当?【体験談あり】\当ブログイチオシの転職サービス/フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】 クリックするとハタラクティブ公式HPに移動しますゲームプランナーの転職面接で聞かれる内容 筆者を含めた現役ゲームプランナー10名に「面接で聞かれたこと」をアンケートした結果は以下の通り。※カッコ内に面接で聞かれた人数を記載志望会社のゲームタイトルプレイ経験(10/10)好きなゲームジャンル(9/10)プレイしたゲームタイトルで1番面白かった作品(9/10)将来的に自身で作成したいゲームタイトルについて(9/10)ゲームプランナーとしてのキャリアプラン(8/10)データベース・SQLの知見(7/10)企画書の作成経験(6/10)入社後担当を希望するタイトル(3/10)新規タイトル・既存タイトルのどちらに興味があるか(2/10)志望会社のゲームタイトル改善案(2/10)ひとつひとつ具体的に解説します。面接で聞かれること①:志望会社のゲームタイトルプレイ経験(10/10)ゲームプランナーの面接で必ずと言っていいほど聞かれます。純粋にユーザーとしてプレイすることはもちろん、運営者目線で疑問に感じたことがあれば合わせて質問もしていきましょう。ぴか面接で聞かれること②:好きなゲームジャンル(9/10)こちらも聞かれることが多いですが、コミュニケーションベースがほとんど。明確な正解はありませんが、ゲーム会社を志す上で自分の好きなゲームジャンルの良さを言語化できるようにしておきましょう。ぴかということは避けましょう。面接で聞かれること③:プレイしたゲームタイトルで1番面白かった作品(9/10)こちらも②と同様に面接というよりかはコミュニケーションベースで聞かれることが多いです。とはいえ、ゲームプランナーを志すようなゲーム好きであれば、多くのタイトルをプレイしているため、いきなり尋ねられても意外と答えられません。中には『面白いゲームタイトルを3つ教えて』というパターンもあるため、最低でも3タイトルは用意しておきましょう。ぴか 面接を行う世代を考えて、コンシューマーゲームも混ぜておこう面接で聞かれること④:将来的に自身で作成したいゲームタイトルについて(9/10)一見夢を語る質問に見えますが、落とし穴。ゲームが好きな人ほどゲームプランナーの面接に落ちやすいのは『独りよがりなゲーム』や『収益を無視したゲーム』を自信満々に語る人が多いためです。ゲームプランナーはゲームを通して収益を上げることが絶対であるため、収益面やトレンド、時代も考慮して将来作成したいゲームを語ることを心がけましょう。ぴか オレが考えた最強のゲームを披露して落とされる人が多いよ!関連記事 ゲームプランナーに必要なスキルは3つ!現役ゲームプランナーが解説面接で聞かれること⑤:ゲームプランナーとしてのキャリアプラン(8/10)ゲームプランナーには様々なキャリアプランがあります。この時点で『ゲームプランナーの後はゲームディレクターになるんじゃないの?』と思った方は業界研究が不十分。必ずゲームプランナーのキャリア分岐を把握して、3年後の自分を具体的に語れるようにしておきましょう。関連記事 ゲームプランナーのキャリアプランは?現役ゲームプランナーが解説ぴか ディレクターを希望する場合でも他の選択を語った上だと説得力が生まれるよ面接で聞かれること⑥:データベース・SQLの知見(7/10)ゲームプランナーは下積み時代に必ずデータベース・SQLを経験します。知識がないのは仕方ありませんが、業界研究をすれば習得必須であることはわかるため、概要だけでも理解しておきましょう。ぴか面接で聞かれること⑦:企画書の作成経験(6/10)ゲームプランナーは”プランナー”とあるようにゲーム業界の企画職です。面接時点でしっかりとした企画書を作成できる必要はありませんが、『ゲームプランナーの作成する企画書がどういうものか』ということは把握しておきましょう。実際に作成したことがある場合は作成した企画の概要と苦労した点、拘った点を話せる良いです。ぴか 僕はゲームプランナーになるまで企画書書いたことなかったよ(笑)面接で聞かれること⑧:入社後担当を希望するタイトル(3/10)『入社後は弊社のどのタイトルを担当したい?』割とフレンドリーに聞かれます。(というかゲーム業界の面接はカジュアルなものが多い)いきなり聞かれても答えるのが難しい上に適当に答えたものなら、理由を尋ねられて沈黙が訪れることは避けられません。重たい内容でもないので面接に向かう電車内で軽く考えておきましょう。ぴか 面白いから!とかではなく自分にとってどうプラスになるかを話そう面接で聞かれること⑨:新規タイトル・既存タイトルのどちらに興味があるか(2/10)単品で聞かれることもあれば、キャリアプランや入社希望タイトルの派生で聞かれることもあります。新規タイトルと運営中のタイトルではゲームプランナーに求められる力、業務内容が全く異なるので業界研究をする際に差を把握してきましょう。「運営中のタイトルを希望します!理由は○○です」と答えられるとベスト。ぴか 長期運用しているタイトルは覚えることが多いから、新タイトルがおすすめ関連記事 ゲームプランナーって楽しいの?現役ゲームプランナーが魅力を紹介面接で聞かれること⑩:志望会社のゲームタイトル改善案(2/10)単品で聞かれることもあれば、志望会社のゲームタイトルプレイ経験から派生して聞かれることもあります。全体的に改善を提案するのはハードルが高いので分解して話すのが良いでしょう。ゲームシステムUI画面遷移演出イベントマネタイズ(地雷)業界経験者でも比較的意見しやすいのは「UI・画面遷移」の2つ。自身でプレイ経験が浅いのであれば、ストアレビューや攻略サイトのコメントが拾うのも良いでしょう。ぴかゲームプランナーの面接前に押さえておくポイント2つ ゲームプランナーの転職面接前に抑えておくポイントは以下の2つ。志望会社のゲームタイトルをプレイゲーム業界の最近情報・トレンドを把握ひとつひとつ解説していきます。押さえておくべきポイント①:志望会社のゲームタイトルをプレイ各会社のゲームタイトルには、その会社のノウハウと考え方が詰まっています。単純にユーザーとしてプレイするだけでなく、上記で紹介した面接で聞かれる内容から逆算して”面接で話す内容”を意識しながらプレイをしましょう。例えば「アイテムの購入画面が○○のようになっているのはなぜでしょうか?」「ターゲット層はよく集英社の漫画とコラボすることから10代後半から20代半ばを狙っているようですが、○○ということを実施してみてはいかがでしょうか?」自分だけのプレイでは客観的な判断が難しい人は友人や家族、SNSなどの力を借りるのもおすすめです。押さえておくべきポイント②:ゲーム業界の最近情報・トレンドを把握ゲームはエンタメなのでトレンドに受ける影響は大変大きく、トレンドに敏感な人は重宝される傾向があります。ゲーム業界の最新情報やトレンドについては『ソーシャルゲームインフォ』という専門ニュースサイトがあるので、こちらで学習しておけば完璧。業界研究をする上でもおすすめです。以下のリンクからゲームプランナーを目指す人におすすめの書籍もまとめたので興味がある方はどうぞ。関連記事 ゲームプランナーを目指す人におすすめの本3選【業界研究にも最適】まとめ:ゲームプランナーの面接は特殊なので事前準備が必須 いかがだったでしょうか。✔︎ゲームプランナーの面接で聞かれる内容※カッコ内に面接で聞かれた人数を記載志望会社のゲームタイトルプレイ経験(10/10)好きなゲームジャンル(9/10)プレイしたゲームタイトルで1番面白かった作品(9/10)将来的に自身で作成したいゲームタイトルについて(9/10)ゲームプランナーとしてのキャリアプラン(8/10)データベース・SQLの知見(7/10)企画書の作成経験(6/10)入社後担当を希望するタイトル(3/10)新規タイトル・既存タイトルのどちらに興味があるか(2/10)志望会社のゲームタイトル改善案(2/10)✔︎ゲームプランナーの面接で押さえておくべきポイント志望会社のゲームタイトルをプレイゲーム業界の最近情報・トレンドを把握ゲームプランナーの面接内容は特殊ですが、事前に準備しておけば問題ありません。ゲームプランナーの面接で重要なのはゲームに対する熱量ではなく、ゲームを客観的に見て言語化を行うこと。「どうして面白いのか?」「なぜ売れているのか?」という疑問を持ち、分解して自分なりの言葉で面接官に伝えることができればゲームプランナーの面接突破間違えありません。ゲームプランナーの求人は多くはないので、色々な転職サイト・転職エージェントを利用して常にアンテナを張り巡らせ数を踏んでいきましょう。人気記事 ゲームプランナーになりたい人へおすすめの転職エージェントと転職サイト\当ブログイチオシの転職サービス/フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】 クリックするとハタラクティブ公式HPに移動します 現代人におすすめの読書サービス知ってますか?多忙で読書する時間がない、活字が苦手で読書ができない・・・そんな方におすすめなのがAmazon運営の『Audible』です。

ゲームプランナーになるには|大学・専門学校のマイナビ進学 ゲームの世界観やシナリオ作りを担当する、ゲームプランナーの仕事とは?

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーを目指すなら. 高校; 大学・短大・専門学校 必要な学び:マスコミ学、メディア学、画像・音響工学など; 採用試験 就職先:ゲーム制作会社、ゲームソフトメーカー、デザイナー会社など; ゲームプランナー; Point1 ビジネスマンの間ではスキルアップに使用している方も多くいます。以下のリンクから申し込みをすると1ヶ月間無料です。\今なら好きな本が1冊無料/ Amazon Audible公式HP クリックするとAudible公式HPに移動します 無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに ※30日間の無料トライアル中は一切料金がかかりません。

ゲームプランナーになるには ゲームプランナーの仕事・なり方・給料・資格を紹介 キャリアガーデン(Career... ゲームプランナーには絶対必須のスキル4つを詳細に解説 | ゲームデザイナーナビ

ゲームプランナー になるには

そのため、さまざまな道のりでゲームプランナーになっている人がいますが、一般的にはゲームやコンピュータ系の専門学校あるいは大学でゲーム制作の基礎を学び、ゲームメーカー、ゲームソフト制作会社などへ就職する人が多いようです。 ゲームが好きな人の中には、「ゲームの世界観やシナリオを読むのが好き」という方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。特にゲームの設定資料集を読むのが好きで、自分もゲームの世界観やシナリオを作ってみたいという思いを抱いている方に、ゲームプランナーはぴったりの職業です。ゲームの世界観やシナリオを作成してみたいと言う人は多く、人気のある部門のひとつです。ひとつのゲームにつき、世界観やシナリオを作成する人はたった数人で回していることが多く、やる気と能力がないとなかなか任されない仕事です。ゲームの世界観やシナリオ作りのやりがいや大変なところ、どういった人が仕事をしているのか等を詳しく紹介していきます。世界観やシナリオ作りの仕事とは?まず、ゲームの「世界観」とは、ゲームの舞台設定のようなものです。 その世界に生きる人々は何を食べて、どのように生活しているのかなどをイメージしていきます。ゲームプランナーは、このようにゲームの世界を想像して、肉付けしていくのが仕事です。 中にはシナリオがないゲームや、イントロで少しだけ語られるのみのゲームもあり、世界観やシナリオ設定をどれだけ綿密にするかはゲームの中身次第です。特にRPGは世界観やシナリオをきっちり決める必要があります。キャラクターの感情を描くようなゲームでは、「なぜ自分たちは戦うのか」をユーザーが理解し共感することで、感情移入してゲームを進めることが重要なため、シナリオは必須です。 逆にスポーツなどの対戦ゲームやパズルゲーム等はシナリオをあまり用意しないこともあり、「なぜ彼らは戦っているのか」はよく分からないし、ユーザーも疑問に持たないようなゲームも多いでしょう。シナリオの量はゲームによって違いがありますが、「世界観」はゲームクリエイター間できちんと決められている場合がほとんどです。ゲーム上では語られないことでも、綿密に設定しておくことで後々のシナリオ作成やグラフィック作成がスムーズになりますし、チーム内でのイメージの共有にも役立ちます。ゲームの世界観やシナリオを作るプランナーの人物像ゲームの世界観やシナリオ作成を任されるには、さまざまな能力が必要です。 「ゲームが好き」という思いは大事ですが、それ以上に創作力や知識、コミュニケーション能力が問われます。新人のゲームプランナーであっても、例えばモブキャラや低ランクキャラクターのセリフやちょっとした会話などは任されることは多いですが、根幹となる部分はベテランのゲームプランナーであってもなかなか任されないことも多く、ゲームプランナー本人の資質や能力、作るゲームの中身との相性が合うかどうかで決まります。 実際、世界観やシナリオ作りを任されるようなゲームプランナーには、どんな人が採用されているのかを紹介します。四年制大学の文系卒が多い傾向にゲームプランナー全体で見ると、ゲーム専門学校を卒業した人が多い傾向にあるのですが、ゲームの世界観やシナリオ作りに携わっている人だけで見ると、文系の四年制大学を卒業した人が大勢いて、学歴が高い傾向にあります。ゲームのデザイナーやプログラマーであれば、ゲーム専門学校卒の方が即戦力になりやすいため、ゲーム専門学校が優遇される傾向にありますが、世界観やシナリオ作りとなると四年制大学卒が多く活躍しています。 世界観やシナリオを任されるゲームプランナーは博学で、勉強が得意であれば有利です。もちろん、「ゲームが好き」という熱意も大事ですが、ゲーム以外の知識も重要です。ゲームの世界のモチーフは、中世ヨーロッパや戦国時代など、色々な時代や地域を参考に作られていることがほとんどです。「ゲームの世界なんてファンタジーだから、現実世界の歴史や地理、社会情勢も知らなくて大丈夫」と思われる方もいるかもしれませんが、ゲームの世界はある程度、現実世界に即して作られています。 例えば、「砂漠の町でのシナリオを書いてほしい」と言われたら、やはり地理状況に応じたシナリオを書かなければならないのです。たとえ砂漠の地域に行ったことがなくても、そこに住む人々はどんな風に生活しているのか、どんなことに悩み、どういったことを主人公たちに解決してほしいのかを想像しながら書かなければなりません。 高学歴で勉強が得意な人の方が、情報をまとめてゲームの世界に落とし込む能力が高い傾向にあるため、世界観設定やシナリオ作成の場では四年制大学を卒業した人が多く活躍しています。しかし、ゲーム専門学校卒のゲームプランナーにチャンスがないわけではなく、最初はゲームプランナー全員が、モブキャラのセリフなど、ゲームの世界観の一部分の担当から始めています。才能や能力をアピールし評価されれば、徐々に大きな仕事がもらえるようになっていきます。創作が好きで、批判を受けてもくじけないゲームの世界観やシナリオを作っているゲームプランナーは、学生時代に同人などで小説や漫画を描いていたという人が多いです。中途採用だと、シナリオライターをしていたという人もいます。 採用面接だけでは、文章力や想像力、伝える力が測れないことがほとんどですので、実際どのような作品を作ってきたのかを見せることができれば、採用される確率が大きく高まります。世界観やシナリオを書いているゲームプランナーは、メインキャラクター作りも任されることが多く、キャラクター作りという点でも、自身の創作意欲を見せることができれば評価は大幅にアップします。 中には「自分の作った作品を見せるのは恥ずかしい」と言う方もいるかもしれません。しかし、ゲームプランナーになると日本中、または世界中でも、あなたが作ったゲームが世の中に配信されていきます。 ネット上や同人誌であっても、自分で漫画や小説を書いて発表していた人は、「伝えることの難しさ」を知っています。ゲーム会社の面接で「自分の作品を世の中に出したことがある」というエピソードを持っていて、そこに学びがあったのなら、とても良いアピールになります。ゲームプランナーを目指し、世界観やシナリオを作れるようになりたいという方は、まず自分の思いや作品を言葉や絵にして、インターネット上や周りの人に見てもらうということに慣れていくといいでしょう。 「面白くない」という意見が出たとしても大丈夫です。プロが作ったシナリオでも、面白くないと言われることはよくあります。実際の仕事でもトライアンドエラーの繰り返しです。 批判を受けてもくじけずに創作ができることは、採用の場でもとても良い判断材料になりますので、ゲームプランナー志望の方は積極的に創作にトライしてみてください。コミュニケーション能力が重要ゲームの世界観やシナリオは、一人だけで作り上げるものではありません。 デザイナーやプロデューサー、プランナーたちと意見をすり合わせながら作り上げていかなければならないのです。たとえすごく面白い世界観やシナリオだったとしても、「ゲームとして映えない」ということは多くあります。特に新人ゲームプランナーは、「今までにない世界観を作りたい」と思う傾向にあり、奇をてらったものを考えがちです。 例えば「雪がたくさん降っている山」の話がずっと続いていくと、たとえシナリオがすごく面白かったとしても、ゲーム画面は、空はどんよりとした曇り、背景はずっと真っ白、キャラクターの服はずっとコート、となるとゲーム画面としてはあまり面白そうに感じない人が多いのではないでしょうか。ずっとプレイしていれば気が滅入ってしまいそうな世界観です。 もちろん、雪の地域の話は、長いゲームの中の一部分であればアクセントとして面白いのですが、メインの世界観になってしまうと、デザイナーやイラストレーターにとっては、ゲームを面白そうに見せるのに苦労するかもしれません。また、面白いだけでなく「売れるゲーム」を作らなければならないと考えると、やはり「王道」の部分も取り入れたほうが見栄えもよくなります。例えば、雪山に「お城」を追加すれば、一気にゲーム画面は華やかになります。 特にシナリオ作りでは、文章だけで考えてしまう新人ゲームプランナーは多いですが、デザイナーやイラストレーター、バトルシステムなどを考えるプランナー達と、ゲームとして遊ぶイメージを共有しながら進めていくことが必要です。このように、ゲームの世界観やシナリオ作りには、コミュニケーションが重要視され、独りよがりな世界観やシナリオにならないように、色々な職種の人の観点からでも面白いものに仕上げる必要があるのです。 ですので、ゲームプランナーになれば世界観やシナリオを作れると思われがちですが、作家や小説家のように、一人で完結する仕事ではありません。 イラストレーターがイラストを描き、ゲームプランナーは「文章」で世界観作りを引っ張っていきます。ゲームプランナーはゲームの世界観を作り上げるアシスト役となる場合も多く、コミュニケーション能力が重要視されます。色々な分野に興味を持ち、調べるのが得意ゲームのシナリオや世界観を担当するゲームプランナーでも、全てのジャンルの世界観やシナリオがパッと書ける人はまずいません。 ゲームプランナーとして第一線で働きたいなら、「乙女ゲームならこの人」などといった得意分野を持つことが重要になってきます。何かの分野のオタクになれるぐらいの知識量があり、オピニオンリーダー的な存在になっている人は、そこから派生して面白いゲームを作り上げることができるからです。 それぐらい実力がつけば、得意な仕事が途切れることはなかなかありませんので、自分の好きな分野を生かして楽しく仕事をすることができます。ですが、新人ゲームプランナーとなると話は変わっていきます。たとえ採用面接の際に「乙女ゲームが好き」とはいっても、自分の好きな分野のゲームに配属になるとは限りません。 ゲームプランナーの仕事は移り変わりが激しく、この前は歴史系のゲームに携わっていたと思えば、次はファンタジー、次はSFといったように変わっていきます。ゲームプランナーとして10年も働けば、いろんな分野に詳しくなっていきます。シナリオや世界観を作るゲームプランナーは、もし知りたい分野があればネット検索だけでなく図書館で文献を探したり、博物館まで足を運び、学芸員や専門家に話を聞いたりするときもあります。このように仕事を通じて得意分野を作っていったゲームプランナーもいますが、学生時代に何かにのめりこんだことが、意外にもゲーム制作に役立ったということは多くあります。自分が今まで関心のなかった分野だったとしても毛嫌いせず、その分野のオタクになろうと努力すれば、会社からは必ず評価されます。 最初は好きな分野のゲームタイトルに配属されなかったとしても、「乙女ゲームのシナリオがやりたい」と言い続けた人が、他の分野で実績を積み、上司に評価されて、数年後に乙女ゲームのシナリオを任されるということは十分ありえます。ゲームプランナーは、いつも好きなジャンルのゲームが作れるとは限りませんが、いつチャンスが来てもいいように努力し続けることができる人が、第一線で活躍し続けることができるのです。世界観やシナリオ作りのやりがいは?ゲームの世界観やシナリオ作りの仕事は大変なことも多くありますが、やりがいも多く、とても生き生きと仕事をしている人がほとんどです。 そんなゲームプランナーのモチベーションはやはりユーザーの声といってもいいでしょう。ゲーム内ではあえて全てを語らず、ユーザーに考察してもらえるような含みを持たせることで、ユーザーが活発に議論してくれることを楽しみにしているゲームプランナーは多いです。 また、ゲームの設定資料集の発売や、アニメ化や漫画化されて認知度が上がっていくことはもちろん、出世コースの道が開けることもモチベーションになりますので、詳しく紹介していきます。ゲームの設定資料集の出版世界観作りをしてきたゲームプランナーの成功のひとつといってもいいのが、ゲームの設定資料集の発売です。ゲームの設定資料集は、ゲーム内では語られない世界観の一面や、ボツ案など、キャラクター原案や、その当時の出来事など、幅広く載せることが多いです。ゲーム開発は数年かけることもあるので、昔のボツ案などを引っ張り出すと、懐かしさや大変だったことを思い出し、チーム内は大盛り上がり。ゲームの設定資料集は、ゲームプランナーの頭の中が詰まったような一冊になっていることが多いです。ゲームプランナーは制作秘話などのインタビューを受けたり、出版社での設定資料集の編集作業に加わったりすることもあります。 ゲームプランナーが世界観を綿密に決めるのは、ゲームのためでもありますが、「設定資料集で語るため」と言う人もいるほど、設定資料集の発売はゲームプランナーの仕事のモチベーションのひとつになります。アニメ化や漫画化されることもゲームの世界観やシナリオ、キャラクターに人気が出ると、アニメ化や漫画化されることがあります。これを「メディアミックス」と呼びます。アニメ化や漫画化されれば、ゲームだけでは呼び込めなかった層を取り込めますし、人気のあるゲームという指標になります。メディアミックスすることで、ゲームの人気が加速度的に上がります。旬を逃さないために一気に仕事が舞い込んでくることも多く、多忙になりがちですが、どんどんゲームタイトルの認知度が上がっていくと、チーム内のモチベーションも上がります。電車の中で自分の作ったゲームをプレイしているのを見かけたときや、友人や知り合いが自分の作ったゲームを知っていたときには、ゲームプランナーが「この仕事をやっていてよかった」と実感するタイミングのひとつです。 特にアニメ化や漫画化する場合は、監修にゲームプランナーとゲームプロデューサーが入ることも多く、自分の作った世界がゲームを飛び越えて活躍しているのを見ることはとてもやりがいがあります。ゲームプロデューサーへの出世コースもゲームプランナーの出世コースとして「ゲームプロデューサー」という道があります。ゲームプロデューサーはゲーム開発のうえでトップであり、決定権を持つことができます。ゲームプランナーのうちはゲームの世界観やシナリオを好きなように作り上げることは難しい現状がありますが、ゲームプロデューサーになれば自分の作りたいゲームを作れるようになり、自由度が格段に高まります。ゲームプロデューサーになるには、ゲームの世界観をきっちり仕上げることができるという能力が重要視されますので、ゲームプランナーとしてのスキルをしっかりと身に付けて、予算管理やマネジメントまで出来るようにもならなければなりません。 ゲームプロデューサーになれる人はほんの一握りではありますが、ゲームプランナーとして実績を積み、自分の手がけた世界観やシナリオが評価されていけば、ゲームプロデューサーへのステップアップは可能です。自分の作ったゲームが評価され、どんどん自分の作りたい内容のゲームを作れるようになっていくやりがいがあります。世界観やシナリオ作りの大変な所は?ゲームの世界観やシナリオ作りはやりがいも多くありますが、大変な点もあります。 例えば、「自分の好きなものが、好きなだけ書けるとは限らない」ということが挙げられます。 恋愛ゲームのシナリオが書きたくても、ホラーゲームの開発部門に回されるかもしれません。作りたいゲームのジャンルが違うということはもちろんですが、ゲームならではの世界観やシナリオ作りの大変さがありますので、詳しく紹介していきます。世界観設定だけで1年以上かかることもゲーム開発においては、1年以上かけて世界観設定を決めることもよくあります。ゲームの世界観がうまくいくと、シナリオを始めとしてデザインやアニメーション、バトルシステムなどと全てが繋がっていき、ゲームクリエイター全員が納得できる、良いゲームになっていきます。そのため、ゲーム作りの場では世界観設定は慎重に行われますし、何人ものゲームプランナーが何十案、何百案とゲームの世界観の案を出した中で、採用されるのはひとつだけというシビアさがあります。 何案も出して、ネタ切れを起こしてしまうことはよくありますし、「どうせ採用されないから、もう案は出したくない」と思ってしまう人もいます。 特にアイデア出しにはセンスが必要で、新人でもすぐにアイデアが採用されることがあれば、数年ゲームプランナーとして働いていてもなかなか採用されないと言う人もいます。ゲームプランナーとして成功するためには創造性だけでなく粘り強さが必要で、何度ボツになっても諦めずに提案できる強さが求められます。ゲームならではの仕様に悩まされることもゲームのシナリオを作る際によく悩むのが、ゲームならではの仕様ありきで考えなければならない点です。 例えば「選択肢」の存在です。選択肢は、アニメや小説などといった受け身のエンターテイメントではありえない仕様です。何通りも分岐するシナリオを書くのは、一本道のシナリオを作るとはまた違った難しさがあります。ゲームを何周もプレイしてくれる熱心なユーザーばかりではありませんので、どの選択肢を選んだとしても「面白い体験ができたし、ゲームの世界観を楽しめた」と思ってもらうことも大事です。しかし、選択肢ひとつで、あるキャラクターを仲間にできなかったりして「取り返しのつかないことをしてしまった」と後悔したりする体験も、ゲームならではです。 また、ゲームのシナリオの本筋から逸れたサブシナリオの存在も、「ユーザーが見てくれるかどうかわからない」という点において難しいところがあります。やり込み要素として置かれることが多いのですが、サブシナリオが面白すぎてユーザーが本筋のシナリオを忘れてしまうのも本末転倒です。 名作といわれるゲームであるほどゲームプランナーのこだわりが各所に散りばめられていて、プレイ時間が長くなっていくことが多く、ゲームをやりこむことが楽しくなっていきます。ただし、ゲームをやりこまず、メインシナリオだけをクリアして満足してしまうようなユーザーでも十分に楽しめるゲームを作ることも大事で、ほどよいバランスを見つけるのが難しいのです。 やりこみ要素や選択肢は、ゲームの各所に散りばめておくと、より面白いゲームに仕上がりますが、やりすぎてしまうと誰も本当のエンディングが見ることができず、ゲームプランナーが伝えたかったシナリオをユーザーに読んでもらえなかったという失敗談もあります。ゲームの世界観やシナリオは、やり込み要素や選択肢といったゲームならではの仕様があるため、たとえプロのシナリオライターでも、ゲームならではの遊び方を熟知していなければユーザーが本当に喜ぶようなゲームは作れません。よって、ゲームプランナーはゲームの大筋のシナリオだけでなく、やり込み要素の部分にも気を遣わないとならないため大変です。しかしユーザーには漫画やアニメと違う、ゲームならではのエンターテイメントを体験をしてもらうために日々試行錯誤しています。ただ、はっきりとした正解はなく、ユーザーの声や時代の流れを考え、バランスをとっていくのは大変な部分でもあります。まとめゲームの世界観やシナリオを考えるゲームプランナーは、とてもクリエイティブで頭を使う職業です。 ただしゲームプランナー全員がゲームの世界観を作っているわけではなく、創造力豊かで、コミュニケーション能力があり、物語や世界を想像するのが得意な人が選ばれています。ゲームの設定資料集に載るような仕事ができるまでは何年もかかることが多く、運と実力が必要な分野でもありますが、とてもやりがいのある仕事で人気がありますし、競争が激しいポジションのひとつです。 ゲームならではの仕様を生かし、面白い世界観やシナリオを作る実力があることはもちろんですが、時代を読み取る力や、ユーザーの心の中を汲み取る力が必要になってくるため、個人の素養や資質が重要になってきます。ゲームの世界観を決めるだけで1年以上かかる場合もあり、軌道に乗るまでが大変な仕事ではありますが、自分の作りたい世界観やシナリオのゲームを作り出せたときの喜びはとても大きく、やりがいのある仕事です。

ゲームプランナーになるには?... ゲームプランナーの仕事内容|必要なスキルと、未経験から目指す方法も解説

ゲームプランナー になるには

1 まずは、ゲームプランナーの仕事を知る. ゲームプランナー部長対談 コロプラにおけるゲーム仕様書/中途 浅井p × 学生 座談会 開催リポート 『白猫テニス』1周年/運用. 2 ゲームプランナーになった人は具体的にどんな経歴なのか? レバテックキャリアはITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです まずは相談してみる 1. ゲームプランナーの仕事内容 まず、ゲームプランナーの仕事内容について解説します。 企画立案 ゲーム制作は企画の立案からスタートします。企画の良し悪しによってゲームの売れ行きが左右されることから、非常に重要な工程の一つです。企画立案では、ゲーム市場の動向や口コミ、自社の強みなどを分析し、どのようなゲームを作るか検討します。そして、世界観やキャラクターのイメージ図、イベント内容、課金プランなどの概要を企画書に落とし込みます。 仕様書作成 企画が採用されたら仕様書を作成します。仕様書には、ゲームのシナリオ、登場するキャラクター、使用するサウンドなどの詳細をより具体的に記述していきます。仕様書はプログラマーやデザイナーが開発・制作をする際に使うため、プログラマーやデザイナーが求める標準フォーマットを理解し、フォーマットに沿って作成する必要があります。 制作(実装)の支援 ゲームの制作(実装)はプログラマーやデザイナーが担い、ゲームプランナーは制作過程を随時チェックして企画や仕様書とずれていないか確認したり、プログラマーやデザイナーから日々上がってくる質問を回答したりして、円滑に制作が進行するよう支援します。 動作確認 ゲームの試作品が完成したら、実際にゲームをプレイして動作確認を行います。不具合が発見された場合はプログラマーに修正指示を出します。 運用(分析・改善) ゲームプランナーの仕事はゲームを完成させて終わりではありません。市場にリリースされた後も、ユーザーの反響や利用時間、売上状況などのKPIを分析し改善施策を立案します。オンラインゲームは、ヒットすれば3年・5年と運用が続くことも多く、ゲームプランナーは中長期的に運用に携わります。

「ゲームプランナー」とは?基本的な仕事内容や必要な技術を説明 ゲームプランナーの資格について

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーとはどんな仕事内容かを解説。ゲーム企画する際の仕事の流れや、具体的な役割の詳細を紹介。またゲームプランナーになるために必要なスキル・資格も紹介。 2. ゲームプランナーに求められるスキル ここでは、ゲームプランナーに求められるスキルを解説します。 調査・分析スキル 企画を立案するには、まず市場調査が必要になるため、調査・分析スキルが必須です。 具体的には、ヒットの傾向や利用者層の動向、競合ゲームの機能や課金プランなど、さまざまなデータをもとに市場を分析して傾向をつかみます。また、自社の既存ゲームのKPI状況などから改善点を導き出し、次の制作に活かす場合もあります。調査・分析は企業によって方法が異なるためOJTによる習得が一般的です。ゲームプランナーに関連する書籍を活用しても良いでしょう。 企画立案スキル 調査・分析結果を用いてゲームの企画を立案するスキルです。ゲームの世界観やシナリオデザイン・イベントデザインだけでなく、売上や費用などの予算計画まで盛り込むこともあります。よって、企画書の作成スキルだけでなく予算作成スキルも必要となるでしょう。企画スキルについてもOJTまたは書籍での習得が一般的です。 プロジェクトマネジメントスキル ゲーム開発の全体的な統括(プロジェクトマネジメント)はプロデューサーの仕事ですが、ゲームプランナーも制作進行の補佐としてマネジメントスキルが求められます。企業にもよりますが、進捗管理やリソース管理などを担う場合があります。プロジェクトマネジメントスキルは、PMPなどの資格や書籍で学習すると良いでしょう。

ゲームプランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など 職業情報サイ... ゲームプランナーになるには?就職に役立つ8つのスキル!

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーになるために必要な資格はとくにはありません。 大学や専門学校を卒業して、ゲームメーカーやゲーム制作会社に就職するのが一般的なルートです。 3. 未経験からゲームプランナーを目指す方法 次に、未経験からゲームプランナーを目指す方法を解説します。 ゲームプランナーに限らず、どのような職種においても中途採用では経験者が優遇されます。なかでもゲームプランナーの場合、未経験者がいきなり正社員で採用されることはほぼないため、一般的には次のような方法でステップアップを目指すのが現実的です。 (1) アシスタントとして、ゲームプランナーのサポート業務を経験する 未経験者の場合、まずはアルバイトや派遣、契約社員といった契約形態でゲームプランナーのアシスタント職として入社し、プランナーのサポート業務を経験することをおすすめします。 最初に任されるのはデータ入力や事務処理、カスタマーサポートなど、ゲームプランナーの補佐的な業務がメインですが、徐々にゲームタイトルの運営や小さなイベントの企画などに携われるようになります。 アシスタント採用でチェックされるのは、主に以下のポイントです。 ・ゲームに対する熱意はあるか ・コミュニケーション能力があるか アシスタントとして採用される上で、もっとも重要になるのは「ゲームに対する熱意」です。応募先企業のゲームタイトルをどれだけやりこんでいるか、好きな気持ちを自分の言葉で語れるか、ユーザー目線で適切なフィードバックができるかなど、求職者がゲーム制作に対してどれだけの熱意を持っているかを採用担当者は細かくチェックしています。 ほかの求職者に差をつけて熱意を伝えたいなら、自主的に既存ゲームのイベントや新規タイトルのプランニング書を提出するのもよいでしょう。 また、アシスタントであってもエンジニアやデザイナーなど、さまざまな職種のスタッフと協力しながら業務を進めていくことになるので、高いコミュニケーション能力も求められます。 (2)現職でのキャリアアップ、または転職してゲームプランナーを目指す アシスタントとしてのスキルが認められれば、勤務先の人員に空きが出た際にゲームプランナーとして採用されるケースがあります。また、現職でのキャリアアップが難しい場合でも、アシスタントの実務経験をアピールして転職活動を行えば、ゲームプランナー職で迎えてくれる企業にも出会いやすくなるでしょう。 もちろん、アシスタントとして働いている間も受け身で仕事をするのではなく、ゲームプランナーにキャリアアップすることを視野に入れた自己研鑽は不可欠です。業界トレンドに常に敏感でいるためのリサーチを行ったり、KPI分析を行うためのマーケティングスキルを磨いたり、実務に役立ちそうなことは何でも貪欲に学ぶ姿勢を持ちましょう。 まとめ この記事では、ゲームプランナーの仕事内容や求められるスキル、未経験からゲームプランナーを目指す方法、求人例を解説しました。ゲーム業界は市場成長が続いているため、ゲームプランナーは中長期的に活躍できる職種です。ただし、業界未経験者には狭き門のため、アシスタントとして経験を積んだり、自主的に成果物を作ったりして、採用担当者にポテンシャルを見出されるよう努力を重ねることが必要になるでしょう。 ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。 転職支援サービスに申し込む また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。