• 記事: 31310
  • 質問に対する回答: 31860
  • コメント: 23056
  • 準備ができて答え: 31176

ご教授ください

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け 英語部 「大学教授」の方に聞きたい!実際に働いてみて大学教授の仕事ってどうですか?!いい点、悪い点、意外な点など聞かせてください!!!【口コミ事典】

ご教授ください

「ご教示ください」と「ご教授ください」は、どちらも「教えてください」という意味をもつ言葉ですがニュアンスの違いがあることをご存知でしょうか。今回は、「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いを解説しますので参考にしてください。 コメント 為になったコメントや面白いコメントには をクリック! ☆ とにかく最高の職業だと思います。30代前半で個室(研究室)が与えられるのは、大学教員ぐらいなものでしょう。講義も週に4コマだけ、委員会は2週間に1回。教授会、講座会議などの会議が2週間に1回。あとは、自宅にいようが研究室にいようが自由です。それで給与もそこそこもらえて研究費も年間数十万もらえて、世間からはエリート扱いしてもらえる。はっきりいって、この世で最高の職業だと思います。 ☆ 外部講師なので自分は苦労しないけど、教官は自分の研究ノルマと学生の就職の世話や人生相談までやっているみたいでかなり体力ないとできないようです。そのうえ、最近はセクハラや差別などの危機管理が厳しく、学生と接する方法も注意が必要なようです。大学によっては単年度雇用になっていますし、かなり厳しいんじゃないかな。その前になかなかなれないけどね。 ☆ 大学の学生のレベル、国公立、私立、場所などで違うと思いますが、少なくとも地方の私立大学で、DQNぽいところは、悪い点が目立つでしょう。例えば、横暴な経営者、安い給与、貧困な教育研究施設と研究費、やる気の無い同僚や学生など、上げたらきりがありません。私は都内の私立大学の教授ですが、以下のことが言えます。いい点:給与、待遇、研究環境、学生の質とやる気、競争資金の獲得状況、悪い点:学生の多さ(教員一人当たりの学生数)、朝早い講義(若いと1時限目の講義をやらされがち)、学生の質の低下(ゆとり教育のせい?モラルや学力が低い学生が増えた。高校の復習を大学で教えなくてはならない。)、会議の多さ(委員会や教授会など)、施設の老朽化、学生の評価制度を気にする事務方、教員や研究者を事務方の下にあると考える事務屋の存在意外な点:実質労働時間は、自分でコントロール可能だから、結構楽できる。国の委員会などの委員にされると面倒な仕事がたくさん降ってくる。大学の仕事以上に煩雑。締め切りに終われる毎日。 21 大学教授といっても、ピンキリの幅が広いよ。大学院大学だと好きな研究中心に過ごせるので、成果を出さなきゃいけないが、人間関係で神経をすり減らすことは少ない。 20 理系の国立大学教員です.趣味が実益を兼ねるという意味では,最高の職業ですね.もちろん,大学教員にとって趣味=研究です.国立大学の場合,給料は決して高くありませんが,研究費を取ってくれば趣味=研究に使えます.研究室を持てる任期無しの立場であれば,自らが中小企業の社長状態なので(ただし大学がつぶれない限り「倒産」は無い),上からのプレッシャーは皆無です.dutyとしては,まず講義が週数コマありますが,準備がちょっと大変な程度で,講義が始まってしまえば結構楽しいです.次に多くの会議や委員会がありますが,会社員とかの忙しさに比べれば屁でもありません.残りの時間は,趣味=研究に使い放題です.休日も趣味=研究に使い放題ですが...一番心配なのは,研究室の学生達が首尾良く卒業/修了してくれるかどうかですね. 19 友人が国立大学の講師をしています。最近の学生は、自分で考えることをしないし、予想外の事に弱いそうです。お金にもならないし、教授には頭打ちでなかなかなれないとぼやいていました。研究で世間で受けそうな成果をあげれば有名人になれるのでしょうが…。 18 教員間に物凄い格差がある.博士号を取れていても人間的にどうかと思う人は多く,一度企業で働いてきた方が良いのでは?と思うほど仕事の仕方を知らない人が多い.仕事内容は教育・研究から果ては高校訪問等の営業活動まで幅広く色々な事をしたい人には良いのかも.サボりまくっても人並み以上に仕事しても給料にほとんど影響はない. 17 自分が大好きな学問分野を研究出来、それを社会に還元したり未来を担う学生達に教授出来ることは良い点だと思う。更には学内委員会等での責任もあり、外部委が回ってくることもある。世間からは良い職業と見て下さるので、世間体も良い。 学内の人間関係には気を遣うが、研究とは関係ないところの話なのでそんなに気にすることもない。 16 大学の学生のレベル、国公立、私立、場所などで違うと思いますが、少なくとも地方の私立大学で、DQNぽいところは、悪い点が目立つでしょう。例えば、横暴な経営者、安い給与、貧困な教育研究施設と研究費、やる気の無い同僚や学生など、上げたらきりがありません。私は都内の私立大学の教授ですが、以下のことが言えます。いい点:給与、待遇、研究環境、学生の質とやる気、競争資金の獲得状況、悪い点:学生の多さ(教員一人当たりの学生数)、朝早い講義(若いと1時限目の講義をやらされがち)、学生の質の低下(ゆとり教育のせい?モラルや学力が低い学生が増えた。高校の復習を大学で教えなくてはならない。)、会議の多さ(委員会や教授会など)、施設の老朽化、学生の評価制度を気にする事務方、教員や研究者を事務方の下にあると考える事務屋の存在意外な点:実質労働時間は、自分でコントロール可能だから、結構楽できる。国の委員会などの委員にされると面倒な仕事がたくさん降ってくる。大学の仕事以上に煩雑。締め切りに終われる毎日。 15 大学のレベルによっては、生徒のモチベーションの度合がかなり異なると思いますが、そういう場合には転勤を考えるものですか?それとも、むしろ授業は手を抜いて、研究に打ち込めるからそれでもいいというお考えでしょうか。 14 知り合いの隣人の中国かぶれの大学教授は近所付き合いも出来なくそればかりか普通の人は馬鹿と言わんばかりに中国語で明らかにこちらに何か言っています。教授というより人間としてどうかと思うばかりです。 13 大学院でない限り、対して目的意識もなく、知識もないお子様達の相手をして、大学からは様々なことを要求され、研究費は削られて(研究対象によりますが)大変です。 12 私の隣人の大学教授は、教育学部の教授ですが、その人の息子は、高校卒業後3浪位しましたが、大学に入れず・・・普通に就職したんですが・・お父さんには、毎日ガミガミ言われ・・・・とうとう精神病院に入ってしまい・・・かわいそうに・・・・・・ 11 大学病院の教授は、裏で患者さんから 沢山お金を貰っている。 10 私は教授ではないのですが、私の同級生の話をしましょう。彼は40歳で某国立大学医学部第1外科教授になりました。助教授ははるか年上です。オヤジの精神的いじめはすごいようです。教授会でも最年少だけど第1外科は立場は強いし。つらいみたいですよ。 9 まず、ここの発言は大学教授じゃない人がいる。という事で、知り合いの教授は、出張が多くて大変みたいですよ。大学教授は良い意味でも悪い意味でも「おたく」です。別の教授は病気がちで、大学にもあまり来ていない。しかし、クビにもなっていない。ある意味では、おいしい職業かも。 8 大学教授は専門分野を研究するのが好きで就いていると思っています。だけど、学生に知識をティーチングしないといけないのって大変じゃないかなと思っています。研究するのと教えることを両立するのって大変じゃないですか? 7 産学協同の方針のおかげで、学問的な探求が難しくなり、すぐお金につながるような研究が多くなった。特許も勉強しないといけないし。学生の質が低下して、教えるのも大変。勉強する気のないやつは来るな、とも言えないし。昔はよかった。教授+αがないと給料も安いし。研究が好きでないとやってられない。 6 大学教授は、ボクのSHE(HER)に、単位をアゲルからと、言い Hをセマリ・・・・・彼女は、単位がモラエないと、卒業が半年遅れ、その半年で、授業料が、約80万円・・・幸江は、1回、80万円の売春を・・・・です。。大学教授なんか、クソ喰らえ!!! 5 とにかく最高の職業だと思います。30代前半で個室(研究室)が与えられるのは、大学教員ぐらいなものでしょう。講義も週に4コマだけ、委員会は2週間に1回。教授会、講座会議などの会議が2週間に1回。あとは、自宅にいようが研究室にいようが自由です。それで給与もそこそこもらえて研究費も年間数十万もらえて、世間からはエリート扱いしてもらえる。はっきりいって、この世で最高の職業だと思います。 4 大学教授といっても、ピンキリの幅が広いよ。大学院大学だと好きな研究中心に過ごせるので、成果を出さなきゃいけないが、人間関係で神経をすり減らすことは少ない。女子大などでは、人間関係に疲れるという教授もいた。teaching machineで研究ができないとぼやく教授もいた。 3 外部講師なので自分は苦労しないけど、教官は自分の研究ノルマと学生の就職の世話や人生相談までやっているみたいでかなり体力ないとできないようです。そのうえ、最近はセクハラや差別などの危機管理が厳しく、学生と接する方法も注意が必要なようです。大学によっては単年度雇用になっていますし、かなり厳しいんじゃないかな。その前になかなかなれないけどね。 2 教授の前に、助教授があり、その前に助 手があり、さらに場合によっては講師もあり。小学校の先生と同じです。教える相 手が、少し高度な基本的学力があるはず。それだけです。 1 メディアをうまく利用しない限り、基本的に儲かりはしない職業ですが、本当に研究がしたいのなら(とくに教授法関係なら)比較的恵まれたポジションなのではないでしょうか。

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使... 「教えてください」の敬語4つの言い方と使い方 - 退職Assist

ご教授ください

その中でいろいろ教えてもらわなければなりませんが、「ご教示ください」と「ご教授ください」という言葉は英語で何と言うでしょうか?一般的に次のような表現となります。 「ご教示ください」:Please instruct it 「ご教授ください」:Please give me a lecture. 「教えてください」を敬語で何通り言い表すことができますか 社会に出ると今まで知らなかったことが山のように待ち構えています。最初は面食らってしまいますが、ひとつひとつ知識を積み重ねていかなければいけません。 自分の知らないことや疑問に思っていることを経験のある先輩や上司に教えてもらいたい時、皆さんはどのくらい敬語の種類が思い浮かびますか?! ビジネスシーンでは顔の見えない相手に何かを教わる、アドバイスをもらう依頼をしなくてはいけません。そんな時にでも大人の礼儀をわきまえた上で、「教えてください」の敬語を使いこなしたいところです。 ここでは仕事をしていると必ず使う敬語「教えてください」の4つの言い方と使い方をご紹介します。 1.「教えてください」→「私にお教え頂けませんか」 「教えてください」の最もシンプルで簡単な敬語な言い回しが、「お教え頂けませんか?!」というものです。こちらは文章にすると若干文字数が多くなるため礼儀正しくは聞こえますが硬い印象を与えてしまいます。 「お教え頂けませんか」は口頭で何かを教えてもらいたい時に適しています。 例1)「その技術を私に教えては頂けませんでしょうか」 口頭で敬語を使う時には少し文章が長くなってしまっても、正しい敬語を使うことで相手に丁寧さが伝わり「教えてあげよう!」という気持ちにさせるのです。 例2)「子供に昨日の宿題をお教え願いませんか」 担任の先生に自分の子供に宿題の内容を教えてあげて欲しいと親御さんからの伝言です。こちらは「教えてください」と「お願いします」が一緒になった敬語ダブルタッグです。 2.「教えてください」→「ご指導いただけませんか」 「教えてください」の別の言い方が「ご指導ください」です。「教えてください」よりも相手の人をより一層敬っている感じが伝わります。 使う自分と相手の好みにもよるので、「教えてください」と「ご指導ください」を状況と相手を選んで使い分けましょう。目上の人で専門分野に従事している人や文面で伝えたい場合は「ご指導ください」、一般的なことや仕事内容などを教えて欲しい時や口頭で伝えたい場合は「お教えください」がスマートで自然な印象を与えます。 例1)手紙やメールで「今後とも引き続きご指導よろしくお願い致します」 手紙やメールの文面の締めで使えるのが「ご指導ください」です。これは実際に何かを教えて欲しいと訴えているのではなく、「人生の先輩であるあなたにもっと教わりたいことが沢山あるので、これからも仲良くしてください」という意味合いにもなるのです。 「構いません」の敬語の使用例 3.「教えてください」→「ご教授ください」 ビジネスシーンなどでよく耳&目にする「ご教授ください」、「教えて頂けますか」という敬語よりも大人な雰囲気漂う「ご教授」という表現を使っている人も多いのではないでしょうか。 しかし気を付けなければいけないのが、「ご教授ください」には似た表現「ご教示ください」というものがあるということです。2つとも似たような響きを持っていますが、それぞれが持つ意味を理解して正しい使い方をしましょう。 「ご教授ください」は、何か特定の専門分野(学問・芸術など)を教えて欲しい場合やそのような専門分野に従事している人に対して使うのに適当な敬語です。この言葉は「長期間」「継続的」に身に着けるべく事柄に対して使うことができます。 例1)「○○先生にはバイオリンの基礎をご教授頂きました」 「長期間」「継続的」に教えてもらうことの代表が芸術、特に音楽は幼い頃から大人になってまでも末永く続けることができる分野です。ご指導してくれている先生にも、「引き続きご教授よろしくお願いします」と伝えましょう。 芸術などを小さなお子さんに習わせているお母さんが先生に「子供をよろしくお願いします」という意味合いを込めて使うこともできます。 ビジネスで使用する「大丈夫です」の敬語の使い方 4.「教えてください」→「ご教示ください」 私たちが一番間違いやすいのがこちら、「ご教示ください」です。前項で挙げた「ご教授ください」の方が一般的に多く使われていますが、実際のビジネスシーンなどではこちらの「ご教示ください」を使うのが適しているのです。 専門的かつ長期継続的な事柄を教えて欲しい時に使う「ご教授ください」とは変わり、「ご教示ください」は「教えて欲しいこと」全般を指す時に使えます。 例1)「今月の業務内容をご教示お願い致します」 会社で取り扱われるような内容はほぼ「ご教示お願い致します」でOKです。 (※)多くの人がビジネスシーンなどで「ご教示ください」と書くべきところに「ご教授ください」を使っている人が非常に多いのです。一般的な知識を得たい場合は「ご教示」、専門性が高く長期継続型のものは「ご教授」ということを覚えておきましょう。 「伺う」という敬語の意味と使い方 「教えてください」の敬語はたくさん身に着けておこう ビジネスシーンでも大切なのが人との繋がりです。顔見知りの人や目上の人と接する機会が多い社会人に大切なのは、相手に好印象を持ってもらえる敬語テクニックです。 特に自分が誰かから何かを得たいと思っている時には、適切な「教えてください」の敬語を使い分けて良い関係づくりを心がけましょう。

「ご教授ください」「ご教示ください」の意味・使い方|メール例文・... 「ご教示願います」の意味と使い方・「ご教授願います」との違い - 言葉の意味を知るならtap-biz

ご教授ください

「ご教授ください」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「教授」+丁寧語「ください」で成り立つ語のため、目上の人にも使える表現です。 これらのことから「ご教授ください」は、「特定の専門的な知識や学問・技術を教え授けてください」という意味になり ... 「ご教示願います」ちゃんと使えてますか? ビジネスにおいて社内外問わず使われる「ご教示願います」という言葉。分からないことを教えてほしいときなどに使われますが、多くのビジネスパーソンが正しい使い方や意味を理解しないまま使ってしまっているのではないでしょうか。今回はよく似た言葉の「ご教授願います」との違いにも触れながら、正しい意味と使い方について詳しく解説していきます。「ご教示願います」の意味と使い方まずは「教示」の意味ですが、その字のとおり「教え示すこと」です。自分が分からないことや知識がないことに対して詳しい人に教えてもらったり、いい方法やアイデアがないかを聞いたりするときなどに使います。道に迷ったときに「すみません、ちょっと教えてください」と知っていそうな人に聞くイメージを持つとよいでしょう。「ご教示願います」を使った例文では、ビジネス上で「ちょっと教えてほしい」こととはどんなものでしょうか。まずは社内を想定して考えてみます。例えば打合せや勉強会を行う場合、出席者が揃う日を調整しなくてはなりません。その際に「ご教示願います」を使って以下のようなメールを送るとよいでしょう。例文1:会議や勉強会の日程調整を行う場合【宛先】第二営業部 〇〇課長 システム部 〇〇さん 企画部 〇〇さん、〇〇さん【題名】会議日程調整について【内容】各位お疲れ様です。新商品のプロモーション活動について打合せを行いたくご連絡いたしました。会議室はこちらで予約しておきますので、来週ご都合のよい日時を2,3ご教示願います。お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 以上第一営業部 〇〇いかがでしょうか。出席者一人ひとりに「すみません、都合のいい日時教えてください」と聞いて回ることはありませんので、このようなメールを送る場合がほとんとです。もし気心の知れた同僚相手に送るメールであったとしても、ビジネス上では丁寧に「ご教示願います」を使うのがマナーです。それでは次に、自分が知らないことについて詳しく知る人に教えを乞う場面を想定してみましょう。例文2:分からないことを教えてほしい場合【宛先】経営企画部 〇〇さん 【題名】新商品ホームページ掲載について【内容】〇〇さんお疲れ様です。今回当社が開発した新商品をホームページに載せたいのですが、広報申請の手続きについて以前担当されていたと伺いましたのでご連絡いたしました。必要な書類と照査先をご教示願います。お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 営業支援部 〇〇この場合、相手にとって教えることが負担にならない程度の内容を聞くのがよいでしょう。時間がかかりそうだったり相手にも考えさせるような内容だと「ご教示願います」では軽すぎます。より丁寧な表現は後ほど解説いたします。「ご教示願います」はメールのみ?上の「ご教示願います」の例文は2つともビジネスメールを想定していますが、もちろん会話の中で使っても問題はありません。ただ「ご教示願います」だと少し堅苦しい感じがしてしまう場合は「教えていただけますでしょうか」や「教えていただけると有難いです」など「教えて」を丁寧に言い換えるだけでも十分です。目上の人や社外の人にも「ご教示願います」でOK?「ご教示願います」には尊敬語の「ご」や丁寧語の「ます」が使われていますので、そのままでも十分敬語と言えます。しかし、社内で先輩・同僚向けに「ご教示願います」を使うなら十分ですが、目上の方や社外の取引先向けではもう少し丁寧さをプラスした方がよいでしょう。より丁寧に「ご教示願います」を言い換える方法を、下記ステップに沿って詳しくみていきます。ステップ① 「願います」を言い換えよう「ご教示願います」の「願います」は「願う」に丁寧語の「ます」がついているのみですので、少し物足りない印象です。ここは「お願いいたします」が適切でしょう。「お願いします」だと「願います」とあまり差が感じられませんので、「いたします」を使います。さらにより丁寧な印象となる「お願い申し上げます」も可です。ステップ② 「ご教示」と「お願いいたします」をうまくつなげようステップ①で「ご教示願います」から「ご教示お願いいたします」となりましたが、社外向けであればなお丁寧に表現できます。「ご教示くださいますよう、お願いいたします。」「ご教示の程、よろしくお願いいたします。」「ご教示の程、何卒よろしくお願いいたします。」上記では「くださいますよう」「の程」「何卒」を使ってつなげてみました。最初の「ご教示願います」と比べると、かなり丁寧な表現となっています。相手やメール文面に合わせて使いこなしていきましょう。「ご教示願います」と「ご教示ください」の違い上記では「願います」の言い換えについて解説しましたが、他にも「ご教示願います」とほぼ同じ「ご教示ください」という表現があります。ではこの2つの違いは何なのでしょうか。詳しくみていきましょう。お願いというより、命令している?「ご指導ください」「お電話ください」「指導してください」「電話をしてください」、これは前2つと後ろ2つでどちらも同じことを言っていますが若干ニュアンスが違うように感じませんか。「ご(お)~する」は謙譲語で、自分を下げて相手を立てる表現方法です。一方で「ください」は丁寧な表現で相手を敬う言葉となります。したがって「ご指導してください」のように2つ組みあわせた表現は誤りとなります。「ください」はできるだけ避けようさすがに「教示してください」とは言いませんので、この場合は「ご教示ください」が正しい使い方となり、他の例をみても「ご指導願います」「お電話ください」となりますので問題はないでしょう。しかし、実はこの場合の「ください」は「~しろ」という命令形を丁寧に言い換えた言葉にすぎません。「ご教示ください」というのは一見丁寧な言い方に聞こえますが、「教えろ」と言っているようなものです。「ご教示ください」と言われて命令されたと感じる人はいないでしょうが、いずれにしても「ください」はいくら丁寧語とはいえ命令形となりますので、取引先や目上の方に使うのは避けましょう。ご教示願いますとご教授願いますの違い「ご教示願います」と似た表現で、「ご教授願います」というものがあります。一体どちらが正しいのか、迷ったことのあるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。まずは「教授」という言葉、その字のとおり「教えを授ける」という意味で、「大学教授」という職務名があるように学問や専門知識を教え伝えていくことがイメージできます。「教示」が「すみません、ちょっと教えてください」だったのに対し、「教授」は「時間をかけてじっくり教えてください」となります。「ご教授願います」を使った例文「ご教示願います」と「ご教授願います」それぞれの例文を見てみるとイメージがつきやすいでしょう。教示:「ご都合の良い日時をご教示願います」教授:「商品知識が未熟ですので、今後ともご教授いただければ幸いです。」「教授」は学問や専門知識が対象となりますので、尊敬の念を込めて使う場合が多いでしょう。そのため例文のように「ご教授願います」よりも丁寧な表現が望ましいです。このように「ご教示願います」は今すぐ情報を知りたいときに、「ご教授願います」はじっくり学びを得たいときに使います。正しい使い方で自信につなげよう今回は知っているようで知らない「ご教示」の意味や使い方、「ご教授」との違いについて解説しました。今まで何気なく「ご教示願います」と使っていた方も、目上の方や社外へメールを送る際はもう少し丁寧さをプラスしてみてください。敬語の組合せ方は他の言葉でも応用できますので、ぜひ参考にしてみてください。ビジネスにおいて、メールや会話の中での言葉遣いが商談の明暗を分けることは多々あります。業務に追われて忙しい毎日を送っているとつい「上司が使っているから」「同僚のメールから引用した」などと楽をしがちですが、自分でしっかり正しい使い方や意味を調べてみるとメールも商談も怖くなくなり自信につながるでしょう。「ご教示」や「ご教授」だけでなく、普段何気なく使っていた言葉にもぜひ目を向けてみてください。

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語... 友人とエネルギー関連で起業出来ないか模索しているのですが、つけておいた方が職歴などあればご教授ください。 | JobQ[ジョブキュー]

ご教授ください

「ご教授ください」と「ご教示ください」の使い方があいまいな時の為に、覚えておくと良いかもしれませんね。 ビジネスメールでは、お客様や取引先、上司などに教えを乞う場面が多く登場しますが、今まで何となく「ご教授ください」、「ご教示 ... 87早稲田大学政治経済学部を2017年3月に卒業する予定の学生です。 就職活動は15社程度受け、志望の業界(再生可能エネルギー事業を専業で行っている)の会社は全て落ちました。 友人とエネルギー関連で起業出来ないか模索しているのですが、つけておいた方が職歴などあればご教授ください。就職活動が上手くいかないからという「逃げ」ではなく、もともと独立心が強いので、経営者と言う職業には関心があります。 今はスタートアップで働くことを検討しています。 経営者、役員の方からのアドバイスが頂ければ幸いです。起業就職エネルギーユーザー名非公開2017年02月07日回答2件小さな会社を経営しております。プログラマーです。 ...続きをみる小さな会社を経営しております。プログラマーです。 最初の事業であまりやりたいことにこだわらずに、起業できるもので起業する方向を探せばいいと思います。 起業のいいところは、副業規定もなにもないところです。自分の食い扶持を稼いでしまえば、残りはクリーンエネルギー事業の研究開発に投じてしまっていいわけです。 人を雇うと、みなさん心配しなくていいのに儲けの出ない仕事はしたがらないものでして、直接的に儲けられる仕事を立ち上げたらお願いしてしまって、社長は夢に向かってバカやっててもついてきてくれるみたいです。経営者でも役員でもありませんが、社長の側で仕事をしてい...続きをみる経営者でも役員でもありませんが、社長の側で仕事をしている身として思うところで。 パッと思い付くところで… ・エネルギー関連の1分野を選んで起業する(例えば再生エネルギー専門の電力小売りや卸売り、パワコンやデバイス、媒体などの生産や販売、等々) ・PEやVC、あるいは投資家として業界の専門家になる ・事業の2本目3本目、あるいはシリアルアントレプレナーを目指して、全然関係無い分野でもまず稼げる事業をつくる うちの社長は3つ目の人です。

「ご教授ください」と「ご教示ください」 - 「ご教授ください」と「... -... ご教授?ご教示?教えを乞う場合の敬語あれこれ | リクナビNEXTジャーナル

ご教授ください

「ご教授ください」と「ご教示ください」「ご教授ください」と「ご教示ください」は別物ですか?どちらかが間違っていますか?いい大人が済みません。宜しくお願い致します! 敬語は使い方が難しく、社会人になってもいまいち使い方に自信がないという方も多いでしょう。その中でも相手に「教えを乞う」場合の敬語は何を使ったら良いのか迷うものです。「ご教示」なのか「ご教授」なのか、いまいちはっきりしませんよね。そこで今回は「教えて下さい」を意味する敬語にまつわるお話をまとめていきます。社会人生活を送るうえでの参考になれば幸いです。 教えてくださいの丁寧な伝え方とは まず単純に「教えて下さい」をより丁寧に伝えるとどうなるのかを考えてみましょう。特別難しい敬語を使わずに、「教えて下さい」を丁寧に言い表すには「お教え頂けませんか?」などがおすすめです。これならば言い回しが複雑になったり、難しい敬語が登場したりといったことがなく、丁寧さが伝わりますよね。また、「ご指導いただけませんか」という言い回しも便利です。教える=指導するととらえて、多少の言い換えを含んでいますが十分に丁寧な雰囲気が伝わります。このように単に「教えて下さい」と言うよりも、「頂く」「指導」といった言葉を含ませることでより丁寧かつスマートな印象を与えることができますから、ビジネスシーンなどで活用してみてくださいね。その他にもよりシンプルに「お教えください」や、「ご意見をお聞かせいただけますか」という少し遠まわしな言い方、上品さがある「教えていただけますでしょうか」などもビジネスシーンに適しています。どれを使っても間違いということはありませんから、まずは積極的に使って丁寧な言い方を習慣づけましょう。 教えてくださいの言い換えもさまざま 「教えて下さい」をできるだけ簡単かつ丁寧に言い換えたものを紹介しましたが、より敬語らしい言い換えもあります。それは「ご教示」「ご教授」の二つです。社会人であればこの二つは、社内のメールなどでもよく目にすることでしょう。発音もよく似ている上に、「教」という字が入っていることから他人に教えを乞う場合の丁寧な言い方であることはわかりますよね。しかしこの2つには微妙なニュアンスの違いが含まれているのです。 ・「ご教示ください」 「ご教示ください」は、「教えて下さい」のより丁寧でかしこまったものと考えて良いでしょう。教示=教え示すという単語が現すとおり、単純かつ明示的に何かを教えて欲しいときに使う敬語です。教えてほしい内容が特に専門的でなく、長期間つきっきりでノウハウを伝授されるようなものでなければ、「ご教示ください」が正しい使い方となります。 ・「ご教授ください」 「ご教授ください」は、専門的な知識やノウハウなどをある程度の期間継続的に教えてほしい時に使います。いわゆる「伝授してほしい」という言葉にニュアンスが似ていると考えれば良いでしょう。よく使われるのが楽器やスポーツなどの習い事に関することです。「ピアノの基礎をご教授頂けませんか」というように、長期間の鍛錬・訓練が必要な楽器やスポーツの分野では、日常的に「ご教授」が使われています。「ご教示」とは明確な違いがありますので、注意してください。 いかがでしょうか。この2つの敬語はニュアンスの違いをしっかりとおさえておきましょう。例えば、会社の先輩や上司に顧客の一覧を見せてほしいと頼むときは「ご教示ください」が、特定の顧客についてのより細かな情報や営業ノウハウ、接客のコツなどを教えてほしい時は「ご教授ください」が適していると言えます。ビジネスシーンでは、つきっきりで誰かに教育されるという機会があまりないでしょうから、一般的には「ご教示」を使う機会が多いかもしれません。しかし短い時間であっても、一つの事柄に対して頻繁に質問する機会があるようであれば、「引き続きご教授願います」としたほうが無難です。状況に応じてしっかり使い分けていきたいところですね。 教えてあげたい!と思ってもらうように言葉遣いを実践しよう ここまで「教えて下さい」という意味の敬語を紹介してきましたが、どの敬語を使うにしろ普段からの心がけが大切なことに変わりはありません。教えて欲しい段階になって急に敬語を使い始めても、相手は「こんな時だけ敬語か」と気を悪くする可能性があります。常日頃から、先輩や上司、顧客には丁寧な言葉づかいを心がけ、印象を良くしておきましょう。人間関係も円滑になりますし、仕事もスムーズに進む可能性が高くなります。また、社会人になってから他人にものを教わるというのは、わざわざ相手にコストを支払ってもらうことと同義です。社会人として大切な「コスト意識」があれば、時間や労力の貴重さが実感でき、物を教わることの重さが理解できるでしょう。そうなれば自然と物腰も丁寧になり、いざというときの敬語に重みが出てくるのです。上司や先輩、顧客に「この人には教えてあげたい」「教えたらメリットがあるだろう」と感じてもらえるように、丁寧かつ好印象であることを心がけてみてくださいね。

「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版! ご教授とはどういう意味?「ご教示」や「ご教授ください」など似た言葉も解説 | 生活百科

ご教授ください

どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 これから説明いたしますが 「ご教授」の方はやや大げさな感じが出てしまうため、ビジネスシーンでは「ご教示」が ... 丁寧な文章や、目上の人に対してお願いをする際に、「ご教授」という言葉を目にする機会があると思います。 このご教授という言葉には、一体どのような意味があるのでしょうか? 漢字を分解すれば、「教える」と「授ける」の二つの意味の漢字に分けることができます。 そこから何となく意味は分かりそうですね。 しかし、正確な意味を知っている人は少ないかも知れません。 今回は「ご教授」の意味と、その使い方、さらに似た言葉である「ご教示」などの意味も解説してゆきます。 実際にこれらの言葉を使えるようになれば、あなたの表現の幅も広がるでしょう。 ️「ご教授」についての解説 ご教授という言葉を詳しく知ると、より日本語の表現の幅が広がるのはもちろんですが、思考力も高まります。 思考力が高まれば、仕事や趣味で、より高度な処理も可能となるでしょう。 もちろんご教授という一言だけを覚えるだけではあまり意味はありません。 しかし、今回はご教授に関連付けして色々な条件での使用例や、似たような言葉も同時に学びます。 その結果、ご教授についての理解が深まると同時に、色々な状況をシミュレーションできるので、思考力の向上も期待できるのです。 それではご教授のついて、詳しく理解してゆきましょう。 ビジネスシーンで使われる言葉 ご教授という言葉は、日常生活ではあまり使われませんが、ビジネスシーンでよく使われます。 特に自分が尊敬している相手に対して使用する人が多いでしょう。 そもそも教授とは、学問や技術、芸事などを教え授ける、という意味のある言葉です。 しかし、ビジネスシーンで教えを授ける立場の人が、「教授する。」という上から目線で使うことはあまりありません。 反対に目下の人が教えを授かるために、目上の人に使用するケースが多いようです。 例えば「◯◯課長、◯◯の正しい扱い方について、そのコツをご教授下さい」や「◯◯を正しく理解できたのは、部長が的確にご教授してくださったお陰である」などと使用することができるでしょう。 この教授という言葉は、話し言葉ではなく、書き言葉といえます。 そのためメールや手紙などで使用すると効果的に使用できるでしょう。 学生も使うシーンがある この教授という言葉は、学生デモ使用できます。 先輩に使用するには少々堅苦しい印象がありますが、先生や教授に対してこの言葉を使用すれば、相手を尊敬している意思が伝わるので効果的です。 例えば「◯◯の見解について、先生がご教授してくださった」などと使用できそうです。 とても尊敬する人がいる場合は、学生も積極的に使用してみましょう。 ️「教授」の意味 ここではさらに「教授」の意味について詳しくお伝えします。 教授の意味を詳しく理解することで、自分の生活でもその言葉を的確に使用できるようになるでしょう。 普段はあまり使用しない言葉だからこそ、いざ使用する場面が訪れた際に評価につながる可能性が高まります。 それでは詳しく見てゆきましょう。 学問や技芸を教え授ける 教授という言葉の意味は、先ほどもお伝えしましたが、学問や技芸を教え授ける、という意味があります。 まずはこの意味が基本で、さらに、児童や学生へ知識や技術を授けることで、その発達を促すこと、ともいえます。 また、名詞としては大学などでの研究や教育を行う職の最高位や、その最高位の位がある人物そのものを指します。 人物の教授は、まさに学問や技芸を教え授ける人なのです。 「ご教授ください」とは 教授の使い方の例文でもありましたが、「ご教授ください」とは、授けるとは反対に教えを乞う立場の人が使用する言葉です。 もちろんそれは間違いではなく、実際に使用できる教授の使い方です。 既に深い知識や技芸を持っている人物に、まだそれらの知識がない人が教えを授かるためにお願いするための言い方です。 一般的な軽い意味での教えではなく、そのことを知ることで大きな飛躍や理解が得られるなどのメリットがあるシーンで使える言い方です。 書き言葉として使われやすい表現ですが、実際に会話で使用しても良いでしょう。 その場合も、とても尊敬している相手へ使用することになるでしょう。 目上の人に学問や技芸を教えてほしいときに使う敬語 ポイントは相手が目上であることです。 年齢的に大分年上であったり、その道の大人物に対して学問や技芸を教えてほしいときに使用できる敬語です。 もし尊敬していても、友人のような関係の人や、普段から普通の接し方をしている相手に使用するには堅苦しすぎるでしょう。 普段から少々緊張するくらい目上の人物に対して使用して、丁度よい言葉といえるでしょう。 スキルや技術を磨くため とはいえ、あなたのスキル、技術を磨くためには、積極的にこの言葉を使用して、相手から有用な情報や技術を得るべきです。 あまりにかしこまり過ぎてチャンスを減らしてしまっては、もったいないといえるでしょう。 相手に対する敬意はそのままに、積極的に質問をして良い知識を得るようにしましょう。 そうすれば、相手の目上の人と良い関係を保ったまま、あなたの実力は高まってゆくことでしょう。 長期的な教えを受けたいとき 研究や学問の中には一朝一夕では身につかないものや、大きく成果を残すには、どうしても膨大なデータや経験が必要になるものも少なくありません。 芸事でも10年以上師の下で修業を積んで、やっと一人前になるものもあります。 そのような世界では、長期的に師匠や目上の人との良好な関係を維持する必要があります。 そのためには相手を尊敬して気遣う必要があります。 その際に言葉使いも大切になりますが、教授という言葉は、目上の人に敬意を伝える手段として適切な言葉のひとつといえるでしょう。 師匠や先生へ「◯◯の秘訣をご教授ください」といえれば、ただ単純に「教えてください」というよりも敬意がこもります。 そのような言葉使いを真心を持ってすれば、きっと良好な関係を長期間維持して、有用な情報を得て、技術を習得できるでしょう。 師弟関係の絆もふかまるはずです。 ️「教示」の意味 ここまでで、「教授」の意味やその使い方、使う相手などについてお伝えしてきました。 この章では教授に近い言葉としてよく登場する、「教示」についてお伝えしてゆきます。 どちらも丁寧な表現であることに変わりはありませんが、後ろの漢字が違うので、意味も変わってきます。 「教授」と「教示」、どちらの意味や使い方も理解することで、より優れた表現が可能になります。 それでは「教示」について詳しくお伝えします。 知識や方法を教え示す 「教示」とは、「きょうじ」と読みます。 「教授」が学問や芸事を教え授ける、という意味であるのに対して、教示は知識や方法を教えるという意味の言葉です。 つまり、より広い意味で物事を教える際に使用できる言葉が「教示」であるといえるでしょう。 「ご教示ください」とは この「教示」を使用した短文に、「ご教示ください」というものがあります。 この言葉の意味は、「教示」が知識や方法を教える、という意味なので、「知識や方法を教えてもらうようお願いする」という意味のある短文です。 「ご教授ください」が、尊敬する目上の人に対して学問の教えなどを授かる際に用いる文章でしたが、こちらも尊敬語として相手を敬いながら訪ねる際に使用します。 目上の人に知識ややり方を教えてほしいときに使う敬語 「教示」を使う場合は、相手が目上である必要があります。 例えば、上司や先輩、取引先の人間や先生など、幅広い対象に対して使うことができます。 使用範囲は「教授」よりも広いといえます。 また、教授よりもより一般的に使用しやすい敬語であるともいえるでしょう。 自分の知らない知識や情報についてアドバイスをもらう 「教示」は、自分の知らない知識や情報をアドバイスしてもらう際に効果的な言葉です。 ビジネスシーンでもよく使われますし、大学生辺りからはいつでも使用できるように、知識として知っておくと良いでしょう。 比較的ピンポイント的な使われ方 「教示」は、自分が聞きたい内容を、比較的ピンポイントで聞くことができる敬語です。 相手に強く印象を与えることができるので、より正確に、正しい知識を得たい場合に使用すると良いでしょう。 同じような意味のある「お教えください」よりも、知りたい気持ちや、相手を敬う気持ちを伝えられるので便利です。 ️メール等での使い分けに注意 「教授」と「教示」は、似たような意味ですが、使い方に違いがります。 使い分けをするための簡単な覚え方は、「教授」が、より専門的な知識や技術を、より長期的に教えてもらいたい際に使用するのに対し、「教示」は比較的一般的な知識を短期的に教えてもらいたい際に使えます。 どちらも使用できるようにしておくと便利です。 ️「ご教授」のその他の類語 「ご教授」には、「ご教示」以外にも、似たような意味のある言葉が存在します。 「ご教授」の類語には「ご指導願います」や「お教えください」といったものがあります。 それぞれ使い方がありますので、併せて理解しておくと良いでしょう。 ご指導願います 「ご指導願います」とは、何かの知識を教えてもらうだけではなく、その場で技術的な面を含めて教えてもらいたい際使用する言葉です。 どちらかというと、レッスンやトレーニングを受ける意味合いが強い言葉です。 その道の大先輩に、その確かな技術を指導してもらいたい際などに使用できる言葉です。 お教えください 「お教えください」とは、その言葉の意味の通り、何かを教えてほしい時に使用できる言葉です。 「教授」や「教示」に比べて、より気軽に使うことができます。 教えてほしい事柄も、幅広く選ぶことができます。 丁寧な言葉なので、もちろん目上の人に使用できます。 会話でも使いやすい表現といえるでしょう。 ️「ご教授」の例文 この章では「ご教授」の例文を紹介します。 文章から伝わる意味を理解すれば、どのような時にご教授という言葉を使えば良いかが分かるはずです。 実際のシーンでも応用して使用してみましょう。 主に文面で使用する言葉です。 末永くご教授ください この、末永くご教授ください、という文章には、ご教授を使用する際のポイントである、長期的に教えを授かりたい、という意味が込められています。 長期的に学問や技芸を授けて欲しい場合のお願いには、「ご教示」ではなく、この「ご教授」を使用しましょう。 お気づきになった点をご教授ください こちらの文章も長期的な意味合いで使用しますが、より短いスパンで、より気軽に教えを授かりたい場合に使用できます。 目上の人の卓越した知識の助けを得たい場合に使用しましょう。 ️「ご教示」の例文 次は「ご教示」についての例文を紹介します。 先ほどお伝えしたように、ご教示はご教授よりも、より広い意味での知識を得たい場合に使用できます。 会話で使用することもできますが、堅苦しくなる可能性もあるので、メールなどの文面で使用することが多い言葉です。 例文も、メールなどでの使用を想定しています。 【ご教示の詳しい使い方は、こちらの記事もチェック!】 ご教示とはどういう意味?使い方や用例・言い換えなどを解説! ご担当の方をご教示ください こちらは、比較的簡単な内容を相手にお願いする際の使用例です。 例文と似たようなケースは、実際にもありがちな場面といえそうです。 「ご教示」は、このように「ご教授」よりも頻繁に使用する機会がある言葉だといえます。 業務内容をご教示ください 職場や派遣先で使用できそうな例文です。 相手により丁寧な印象を与えることができるので、覚えておくと良いでしょう。 ️ご教授の意味を正しく理解して使いこなそう いかがでしたでしょうか?「ご教授」の意味や使い方はご理解していただけましたか?普段あまり使わない言葉でも、一度覚えておくと、いざ必要になった時に使うことができます。 普段使わない言葉を知っていると、それだけで教養がある印象を他人に与えることができます。 ちょっとした知識が、ライバルに差をつける要素とる可能性があります。 また、新しい言葉を覚えると、思考の幅が広がるので発想が豊かになります。 しばしば斬新なアイディアを元に始めた企画が大成功するように、新しい言葉を増やして発想を豊かにすることは、大きな成果につながる可能性を高めます。 今回お伝えした「ご教授」や、関連する言葉を使いこなし、色々なシーンで活用しましょう。