• 記事: 23114
  • 質問に対する回答: 31654
  • コメント: 17206
  • 準備ができて答え: 20891

クワガノン 育成論

クワガノンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン... 【ポケモン剣盾】トロッゴンの育成論

クワガノン 育成論

【ポケモン剣盾】『クワガノン』の育成論・調整。クワガノンのオススメの技構成や、努力値調整など様々なパターンを一覧にして比較できるようにしています。 育成論 2020.07.05 石炭を積んだトロッコのような、トロッゴン。 セキタンザンの進化前ですが、セキタンザンより優れている点もあります。 今回は、トロッゴンの種族値・特性・技・育成論を紹介します。 セキタンザンの育成論はこちら 【ポケモン剣盾】セキタンザンの育成論ソード・シールドで新登場したポケモン、セキタンザン。 怪獣のような見た目がかっこいいですね。 今回は、セキタンザンの種族値・特性・技・育成論を紹介します。 セキタンザンの基本情報 タイプ1 タイプ2 いわ ... トロッゴンの基本情報 全体的に種族値はセキタンザン以下ですが、素早さ種族値は50であり、クワガノン、ローブシン、カバルドンなどを抜いています。 また、しんかのきせきを持つことで、防御・特防が1.5倍になり、セキタンザン以上の耐久力が得られます。 特性について じょうききかんは、水か炎タイプの技を受けると発動します。炎タイプは1/4で受けられますが、水は4倍弱点であるため、特性発動前にやられてしまわないように、持ち物などのサポートが必要になります。 ほのおのからだは、相手の接触技に対して発動します。物理耐久が高いので、うまく交換などができれば発動機会はありそうです。 手持ちにいると、タマゴの孵化歩数を半減する効果があります。 もらいびは、相手からの炎技を無効化し、炎技を強化することができます。 手持ちの先頭にいると、炎タイプの野生ポケモンと出会いやすい効果があります。 トロッゴンの技候補 トロッゴンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 攻撃技 ※ダイはダイマックス時の威力 ほのおタイプ(特殊) ほのおタイプ(物理) いわタイプ(物理) いわタイプ(特殊) はがねタイプ(物理) ノーマルタイプ(物理) かくとうタイプ(物理) みずタイプ(特殊) じめんタイプ(物理) 変化技 ほのおタイプ いわタイプ ノーマルタイプ じめんタイプ はがねタイプ エスパータイプ 育成個体 物理受け型 解説 セキタンザン以上の素早さを活かしたかったですが、最速にしても、準速のカイリキーやズルズキンぐらいしか抜けないため、シンプルに物理受けにしました。

クワガノンの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底... 【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 | yoshiblog

クワガノン 育成論

『クワガノン』の育成論・調整。投稿型のポケモン育成論集『ウルトラサン/ウルトラムーン』『サン/ムーン』対応版(第7 ... ダイマックスしてダイロックを撃てば、岩タイプの特防が1.5倍になります。 ただ、しんかのきせきを持っても、4倍弱点の水や地面タイプは耐えられません。 一応、トゲキッスやリザードンにもタイプ相性で有利ですが、積み技があったり超火力でゴリ押しされると受けきれません。

【ポケモン剣盾】クワガノンの育成論と対策 ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略Wiki ... 【ポケモンサンムーン】毒羽クワガノン強すぎ!育成論、種族値、特性、技まとめ | 怒りのゲームまとめ速報

クワガノン 育成論

ポケモン剣盾(ポケモンソードシールド)におけるクワガノンの育成論を掲載している。クワガノンのおすすめ技構成と努力値、立ち回りや対策についても解説しているので、ランクバトルで勝ちたい人やクワガノンについて知りたい人はぜひ参考にどうぞ! 2020年4月7日2020年4月8日 【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 こんにちは 44(@yoshiblogsite)です。 ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか? 今回はリーフィアの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ブイズは特殊アタッカーのイメージが強いですが、リーフィアとブースターは数少ない物理アタッカー系ブイズです。 今回は晴れパのエースとしても有名なリーフィアの強さを探っていきましょう。 リーフィアの基本ステータス ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【リーフィアの特徴1】物理方面に強いステータス リーフィアは攻撃種族値110、防御種族値130と、物理方面については非常に強いステータスをしています。 一方で特殊方面については特攻種族値60,特防種族値65と非常に低いステータスになっています。 HP種族値は65とあまり高くないため、特殊耐久は低いと考えて扱ったほうがいいでしょう。 【リーフィアの特徴2】そこそこ速い素早さ種族値&夢特性:ようりょくそによる圧倒的素早さ リーフィアは素早さ種族値95と、タチフサグマ、ヒヒダルマなどと同じくミミッキュより「1」だけ低い数値になっています。 とはいえトップレベルの使用率を誇るミミッキュが抜けないとしても、物理方面に強いリーフィアにはvsミミッキュに限って言えばそこまで致命的ではありません。 しかし、リーフィアより速くかつ弱点のなかでも特に炎・飛行・氷については強力なアタッカーがいるので、上から殴れるほうが嬉しいです。 リーフィアは夢特性ようりょくそというフシギバナと同じ特性を持っています。 これは晴れのときに素早さが2倍になるという特性なので、晴れにすることができればほぼ上から殴れます。 リーフィア自体はにほんばれ以外に自前で晴れにする技は覚えないので、コータスやキュウコンといった特性で晴れにできるポケモンと組んだり、他のポケモンでダイバーンをうったあとにリーフィアを出すような動きが必要になるでしょう。 なお、通常特性のリーフガードは晴れのときに状態異常を防ぐというものなので、いずれにせよ以下にして晴れにするかが重要です。 参考「【ポケモン剣盾】フシギバナの育成論と対策【晴天のエース】」「【ポケモン剣盾】コータスの育成論と対策【カバルドンより強い?嵌め殺し陸亀】」「【ポケモン剣盾】キュウコンの育成論と対策【火焔九尾!ギャラドスキラー?】」「【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】」 【リーフィアの特徴3】物理版ソーラビーム=ソーラーブレード ランクバトルでそこまで見かけるポケモンでもないので見たことがないトレーナーも多いかもしれませんが、実は物理技にもソーラービームのように晴れのときに1ターンの溜めが不要で威力125の高火力をうてるソーラーブレードという技があります。 物理攻撃種族値がそこそこ高く、晴れのときに特性が発動するリーフィアと相性がいいので、天候をうまくコントロールできるかどうかがリーフィアをアタッカーとして使う上での1つのキーとなるでしょう。 リーフィアの育成論と戦い方 リーフィアは晴れパのエースとして育てられることが多いですが、素の物理防御もかなり高く他のブイズ同様対面操作技を覚えるので数は少ないもののこちらの型も見られます。 【リーフィアの育成論】晴れパエースリーフィア 性格:いじっぱり(こうげき↑とくこう↓)特性:(夢)ようりょくそ個体値:C抜け5V努力値:A252/S188/H68もちもの:弱点保険わざ:ソーラーブレード・こうごうせい・タネマシンガン・アイアンテール 特徴普通の晴れパエース型リーフィアです。基本的には前段に特性日照り持ちをおくなど起点作成後に出します。できればダイマックスを切りますが、晴れのときであればダイマックスせずとも高火力のソーラーブレードとこうごうせいで戦うことができます。また、ミミッキュやみがわり持ち、きあいのタスキ持ちにもタネマシンガンで削っていくことができます。 調整■いじっぱりA252性格補正がない場合、こだわりハチマキを持たせないとやや足りない火力ですがリーフィアは高火力技がかみなりやハイドロポンプなどの命中不安系ではなくソーラーブレードというターン消費系なので柔軟性を捨てるハチマキは持たせにくいです。そのため、性格補正をかけてぶっぱをします。■S188準速にすると最速81族(ギャラドスなど)を抜けますが、ギャラドスは抜いてしまうとダイジェットを後攻で撃たれた次のターンに(晴れではない場合)上から殴られる可能性があるので、弱点保険の発動が無駄になります。S188ラインまで落とすと、準速ロトム系やリーフィアに飛行打点(弱点を突きつつS逆転が可能な技)がない最速74族を抜けるため、ここを調整ラインにしています。■H68あまりぶっぱ。命の珠のダメージ最小の10n-1調整でもあるので、弱点保険ではなく命の珠をもたせるのも◎ もちもの■弱点保険晴れのときに出してそのままダイマックスする場合、弱点をつかれやすいリーフィアと弱点保険の相性がいいです。■命の珠ダイマックスしてもしなくても強いアタッカー御用達のもちものです。 わざ■ソーラーブレード晴れのときにはダイマックスせずともタイプ一致で威力125をうつことができるメインウェポン逆に晴れでない場合、ダイマックスしないとスキを作ることになるので実質使うことができません。それを嫌う場合はリーフブレードや、そもそも別の技(技範囲を広げるあなをほるなど)を採用するのもありでしょう。■こうごうせい晴れのときに2/3を回復できる強力な回復技です。それ以外のときはじこさいせいと同じく半分回復ですが、耐久にあまり振っていないリーフィアなので晴れのとき以外に使ってもあまり意味はないでしょう。ダイマックスのときのダイウォール枠でもありますが、あまり使わないようであれば対面操作ができるあくびの採用もありです。■タネマシンガンミミッキュの化けの皮やみがわり相手、きあいのタスキ相手にうてる技です。パルシェンのスキルリンクつららばりのように5回必ずあたるわけではないので、できるだけソーラーブレードの方を選択する方がいいでしょう。■アイアンテールダイマックス時にダイスチルにより耐久を上げながらダメージを与えていけるのが強い技ですが、素の状態では命中不安です。基本的には素の状態で戦う=晴れ下でソーラーブレードを打てる状態なのであまりこの技を素の状態でうつことはないでしょう。 技が違いますが弱点保険リーフィアを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【リーフィアの育成論】対面操作型リーフィア 性格:しんちょう(とくぼう↑とくこう↓)特性:(夢)ようりょくそ個体値:C抜け5V努力値:D252/H164/B92もちもの:たべのこしわざ:つるぎのまい・あくび・バトンタッチ・リーフブレード 特徴ブイズ恒例対面操作型です。基本はあくび→バトンタッチの有利対面作成ですが、スキがあれば剣の舞→あくび→バトンタッチで後続のバフもかけることができるのがリーフィアの特徴です。 調整■しんちょうD252特防が薄いリーフィアを安定して運用するためにD振りです。タイプ不一致弱点(ドラパルトのだいもんじなど)なら耐えます。とはいえ命の珠トゲキッスのようにタイプ一致弱点を突いてくる相手にはここまで振っても一撃でやられるほど弱いので気をつけましょう。■H164たべのこし効率最大調整です。防御無振りでもミミッキュの命の珠じゃれつくを確定3くらいの物理耐久があります。■B92あまりぶっぱ もちもの■たべのこし対面操作型の定番のもちものです。HPはたべのこし調整をしています。 わざ■あくび・バトンタッチ対面操作セットです。あくび・まもる・ねがいごとのブラッキーセットも一応できなくはないです。(それをやるならブラッキーでいい場面のほうが多いですが)■つるぎのまい余裕があれば初手で積んでおきたい技■リーフブレードタイプ一致のメインウェポン リーフィアの対策 天候操作に注意しましょう。 大体は前段にコータスかキュウコンが出てきて起点作成を行い、後ろからリーフィアが出てきます。 コータスのあくびなどで晴れ+眠りにされてしまうと、リーフィアが剣の舞を持っていることもあってそのまま積んで超高速高火力から全抜きにうつられることもあるため注意しましょう。 コータスやキュウコンがいなくても、ダイバーンをうてるポケモンがダイマックスしてきたあとにリーフィアが出てきて、ちょい残ししたポケモンを超高速+ソーラーブレードの高火力で一掃してくる動きも考えられるため、こちらも出すだけで天候操作が可能なバンギラス・ペリッパー・カバルドン・アローラキュウコンなどを後ろに控えておくのもおすすめです。 とはいえリーフィア自体そこまで個体数の多いポケモンでもないので、相手のパーティの構成をみて柔軟に対応するのが王道の対策となります。 まとめ:【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論と対策【晴れパエース】 いかがでしたでしょうか。 ブイズの中では珍しい物理アタッカー型のリーフィア、晴れパでその真価を発揮するのでコータス・キュウコン・リザードン・フシギバナなどと合わせて晴れパを組んでみるのも面白いかもしれませんね。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。「【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。「【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

【ポケモン剣盾】クワガノンの育成論と対策【ポケモンソードシールド... 【育成論】コオリZオニシズクモ(シーズン1仕様) - 育成論

クワガノン 育成論

ポケモン剣盾(ポケモンソードシールド)におけるクワガノンの育成論と対策について掲載しています。クワガノンのおすすめ技や性格、夢特性やもちものについてなども記載しているので参考にしてください。

クワガノン -...

クワガノン 育成論

クワガノン No.738 タイプ:むし/でんき 特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない) 体重:45.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60) ぬし:147.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100) --[if IE]> 【育成論】コオリZオニシズクモ(シーズン1仕様) - 育成論

【ポケモンUSUM】メガネクワガノンの育成論【特殊アタッカー】 ポケ...

クワガノン 育成論

浮いている電気複合といえばfcロトムの存在がありますが、クワガノンならではのサブウェポンの多さと高い火力を活かすべくこだわりメガネ&10万を切って攻撃範囲の確保をしました。 family=Poppins:400,600">

クワガノン - ポケモンWiki

クワガノン 育成論

アニメにおけるクワガノン. sm編第106話でマーマネのデンヂムシが進化した。→マーマネのクワガノン; ポケモンカードにおけるクワガノン. クワガノン (カードゲーム)を参照。 一般的な育成論 xml" title="RSS">

FC2ブログ

【ポケモン剣盾】クワガノン育成論対策!受けループ破壊性能抜群!特...

クワガノン 育成論

火力もさることながらハサミギロチンなどのギャンブル性能も高く活躍するときは恐ろしいほど活躍するクワガノン 受け ... -- アクセス解析はここから -->