• 記事: 21117
  • 質問に対する回答: 27204
  • コメント: 31947
  • 準備ができて答え: 20842

オランダ豆 由来

オランダ煮とは?! 気になる由来やレシピをご紹介 - macaroni 焦点:昆虫農場に熱視線、世界の「タンパク質危機」救うか - ロイター

オランダ豆 由来

オランダ煮とは?! 気になる由来やレシピをご紹介 「オランダ煮」をご存じですか?長崎県から全国へと広まったオランダ煮。外国のオランダとは関係があるのか?どんな食べ方をするのかなど、オランダ煮についてご紹介します。 Karl Plume 4月13日、グローバルな人口増加と中間層の拡大により、タンパク質危機の懸念が増大。巨大食品企業は、動物用飼料、あるいは人間向けの食品への添加物として、収益性が高く持続可能な代替タンパク源を見つけようと、昆虫養殖産業に注目している。写真はミズアブの幼虫。加ブリティッシュコロンビア州で3月撮影(2018年 ロイター/Ben Nelms)[ラングレー(加ブリティッシュコロンビア州) 13日 ロイター] - バンクーバー郊外の倉庫に10段も積み上げられた大きなアルミ容器のなかで、ミズアブの幼虫が何層にも重なってうごめいている。固くなったパンや腐ったマンゴー、熟しすぎたマスクメロン、しおれたズッキーニが幼虫の餌だ。

オランダ国旗の意味と由来 ゴルファーならゴルフの起源ぐらい知っておこう! - ゴルフのマメ知識 | Honda GOLF | Honda

オランダ豆 由来

オランダ国旗の由来. オランダ国旗と汎スラブ色国旗達. オランダ国名の由来. 1万5000ドルの自転車? 基礎情報. まとめ. オランダ国旗の意味. オランダ国旗について解説します。 オランダ国旗の呼称は「プリンセン・フラーグ(諸侯旗)」と呼ばれております。 だが、ここは生ゴミ廃棄場ではない。「昆虫農場」である。 続々と誕生しつつある昆虫養殖企業の1つ、エンテッラ・フィードは、昆虫を加工して、魚や家禽(かきん)のための飼料、さらにはペットフードまで生産する予定だ。肥育が完了したミズアブの幼虫は、炙って乾燥させ、袋詰めにするか圧搾して脂肪分を抽出したうえで粉砕し、ローストピーナツのような香りのする茶色の粉にする。 関連記事: 培養される「クリーンミート」は地球を救うか まだ小規模ではあるが、成長しつつある昆虫養殖産業は注目を集めており、年商4000億ドル(約43兆円)規模の動物用飼料産業における複数の巨大企業から出資を得るようになっている。たとえば、米アグリビジネス大手カーギル[CARG. UL]や、飼料や農場向け機械・サービスを提供するウイルバー・エリス、さらには穀物加工機械を製造するスイスに本拠を置くビューラーなどだ。 ファストフード大手マクドナルド(MCD. N)も、大豆タンパクへの依存度を減らすため、養鶏飼料としての昆虫活用を研究している。 マクドナルドで持続可能なサプライチェーンを担当するマネジャーのニコラ・ロビンソン氏はロイターに対し、「この画期的な取り組みは現在、概念実証の段階にある」と語った。「今のところは心強い結果が出ており、われわれは今後の研究に支援を続けることを約束している」 こうしたグローバル規模の巨大食品生産企業が昆虫に注目しているという事実は、動物用飼料、あるいは人間向けの食品への添加物として、収益性が高く持続可能な代替タンパク源を見つけることに彼らがどれだけ努力しているかを示している。昆虫は、主要な農業企業によって研究・開発が進められている代替タンパク源の1つにすぎない。これ以外にも、エンドウ、キャノーラ(菜種)、藻、バクテリア由来のタンパク質がある。 グローバルな人口増加と中間層の拡大により、1人あたりの肉消費量は過去40年間で50%増大し、タンパク質危機の懸念が増大した。必須の主要栄養素であるタンパク質の従来の供給源は、グローバルな気候変動と、条播(じょうは)作物農業と商業漁業が環境に与える影響が懸念されるなかで、ますます信頼性が低下している。 カーギルの動物栄養事業の戦略・テクノロジー部門を率いるベノイト・アンクティル氏は、新たなタンパク源の開発を「長期的な機会」と呼ぶ。 「持続可能なタンパク源は重要な課題であり、だからこそカーギルでも、世界的な栄養供給ソリューションの一環として昆虫の有効性を評価しつつある」とアンクティル氏は言う。 生活水準が向上していくと、食生活が穀物・植物中心から肉中心の食事へと変化していく。問題は、食肉需要が拡大する場合、飼料の生産はそれを上回るペースで成長する必要がある、という点である。1ポンドの鶏肉を生産するには、通常約2ポンドの飼料が必要になる。豚肉の場合は4ポンド必要だ。 数十年にわたって畜産・家禽用飼料の基礎となっていた大豆の増産は長期的なソリューションにはならない。森林消失と強力な農薬の過剰使用を促してしまうからだ。 さらに、天然の魚介類や魚介副産物から製造される水産養殖飼料である魚粉の供給も、気候サイクルや乱獲、さらには乱獲防止の規制によって大きく変動する。 栄養学者や科学者は、持続可能で低コストのタンパク源として人間の昆虫消費を提唱してきた。だが、多くの国・文化の人々にとって、虫を食べるというのは耐えがたい発想である。しかし、食物連鎖のもっと下位の部分で昆虫由来のタンパク質を導入するのであれば、より受け入れやすい。 昆虫養殖事業は、まだいくつかのハードルを越えなければならない。たとえば、動物に飼料として与えることに対してさえ嫌悪感が見られる。また、粉末化した昆虫を用いることで食品供給に新たな有毒物質が入り込まないことを規制当局に納得させる必要がある。 シアトル・タコマ空港に近い車体修理工場の上でミールワーム(ゴミムシダマシ科甲虫の幼虫)の養殖を行っているベータ・ハッチのバージニア・エメリー最高経営責任者(CEO)は、「食品システムのなかで、虫は汚物と考えられている」と話す。 <昆虫を水産養殖の餌に> カーギルは2015年、家禽用飼料を昆虫ベースにする実験を行ったが、その後同社の昆虫への取り組みは、成長しつつある水産養殖事業の支援が中心となっている。代替タンパク源への需要が最も強いのが水産養殖事業だからだ。 ベータ・ハッチも同じ市場を追求している。小規模なベータ・ハッチが養殖するミールワームは、エメリーCEOがウイルバー・エリスからの投資に助けられて事業を拡大しているため、最終的に魚の餌になる可能性が高い。ウイルバー・エリスの顧客である水産養殖事業者が、魚粉に代わる持続可能な代替タンパク源を強く求めているからだ。 ウイルバー・エリス飼料事業部のアンドリュー・ロダー社長は、「魚粉の供給には限りがあるが、水産養殖は成長を続けている」と語る。「昆虫由来の飼料はソリューションの1つだと考えている」 水産養殖が急成長しているのは、消費需要が拡大する一方で、乱獲に対する懸念の高まりに伴い、多くの枯渇品種に関する捕獲制限が課せられているからだ。また一部の海域では、海水温の上昇が供給途絶をもたらしている。 これはつまり、人間が摂取する魚は今後ますます養殖に頼るようになっていくという意味であり、そのための飼料の需要・価格も上昇していく。 魚粉は天然のカタクチイワシ、ニシンその他の脂肪の多い魚類から製造され、通常の水産養殖用飼料の約25%を占めている。飼料としては、穀物や大豆由来のものも使われるのが普通だ。 だが、本来は肉食である品種を育てるのに、農作物ベースの飼料にばかり頼っているわけにはいかない。 エンテッラの最高技術責任者を務めるアンドリュー・ビッカーソン氏は、「すべて穀物由来の飼料だけで育てることもできるが、成長速度は遅く、非効率的であり、病気にもかかりやすい」と語る。 <タンパク質と脂肪が豊富> 昆虫養殖事業者がミズアブの幼虫やミールワームを育てるのは、おとなしくて育てるのが容易であり、タンパク質と消化しやすい脂肪の含有率が高いからである。 ミールワームはほとんど水を使わずに育てることができ、複数の研究によれば、家畜への投与に適さない穀物でも、有毒成分を取り込むことなく消費することによって、その栄養素を「救出」することができるという。さらに、ミズアブの幼虫はカルシウムと鉄の含有率が高く、さまざまな食品廃棄物を餌にして育てることができる。 一部の国で人間用の食べ物としても愛好されているコオロギは、これとは対照的に偏食である。鳴き声もうるさく、逃げ出した場合に近隣の作物に損害を与える可能性もある。 エンテッラでは、事業を拡張してカルガリーに第2の商業規模となるプラントを来年中に建設する予定であり、カルガリーに本拠を置くアブリオ・キャピタルおよび英ウィート・シーフ(Wheat Sheaf)からの出資を得て、北米の他都市でも、今後5年間、同様の施設を毎年開設することを目標としている。 オランダ企業のプロティックスは2017年、ミズアブ幼虫養殖に向けて最初の商業プラントをオランダに建設した。今年後半には、ビューラーから5000万ドルの出資を得て、やはりオランダに第2の施設を着工する予定だ。同社は、水産養殖事業者と提携しており、魚粉の代わりに昆虫由来の成分を含む飼料で育てた「フレンドリー(生態系に優しい)・サーモン」というブランドを立ち上げている。 プロティックスのキース・アーツCEOは、「欧州で成功を収められれば、これがグローバルなソリューションになるだろう」と語る。 エンテッラもプロティックスも、テクノロジーは企業秘密であるとして、生産コストや生産量に関する情報を開示していない。だが両社とも、昆虫飼料の価格は、魚粉などの競合飼料と対等か、わずかに高い程度だとしている。 米オハイオ州を本拠としてミズアブ幼虫を養殖するエンバイロフライトは今年後半、シンシナティの近くに、商業規模としては米国初となる昆虫飼料生産プラントを着工する予定だ。 <規制というハードル> 人類は何世紀にもわたって昆虫を食べてきたが、欧米諸国には昆虫食の習慣がない文化が多く、今もなお食品規制当局にとっては想定外とされている。 欧州、カナダ、米国ではミズアブ幼虫の生産が認可を得た例は少数にとどまり、大半が水産養殖用である。家禽、豚、ペットフード用途での規制も、そこまで緩和されていない。 「魚は本来昆虫を食べるので、水産養殖用の飼料の一部として昆虫を使うのは消費者としても理解しやすい」とカーギルのアンクティル氏は言う。 消費者に受け入れられるためには、昆虫由来の飼料の安全性を徹底的に試験することが必須になるだろうと、米消費者連合の食糧政策研究所所長を務めるトーマス・グレミリオン氏は話す。 「動物への飼料の与え方を大きく変更するならば、その動物が昆虫由来の有毒物質を蓄積していないかどうかについて何らかの追加検査をやってもらいたい、と私なら考える」 Slideshow (2 Images)昆虫養殖産業の規模が拡大するには何年もかかるだろう。だが、この事業がわずかなりとも市場シェアを確保するまでに成長すれば、飼料産業と環境にとっては大きな意味があるだろうと、自らも昆虫養殖事業を営み、北米昆虫養殖連合の会長を務めるロバート・ネイサン・アレン氏は語る。

根室銘菓なのになぜ「オランダせんべい」?由来やおすすめの食べ方と... ルイボス・ルイボスティー - 語源由来辞典

オランダ豆 由来

根室を代表するお菓子「オランダせんべい」をみなさんはご存知でしょうか?長崎ならともかく、北海道の根室で、なぜ“オランダ”なのか。その由来や、歴史、普通に食べるだけではもったいない、おすすめの食べ方などご紹介します。 みなさんこんにちは。ゴルフシーズン本番に向けて練習に勤しんでいる今日この頃だとは思いますが、今日はちょっとだけお勉強していただこうと思っている次第です。というわけで、いきなりで恐縮ですが、ゴルフというスポーツがいつどこでどのように始まったかご存じでしょうか? さあどうでしょう? 賢明なる紳士・淑女のみなさんなら知っていて当たりかもしれませんね。ゴルファーたるものゴルフの起源を知らずしてどうする!てなものでしょう。聞くだけ野暮だとは思いますが、一応答えを伺いたいと思います。いかがでしょう? え? わからない? 本当に!? ファイナルアンサー? そう! さすがです。ゴルフの起源ははっきりわかっていない、というのが正解なのです。というか、いろいろな説があり、どれが本当なのか決めてがない、ということですね。

オランダの国旗の意味や由来について!オランダ由来の外来語とは? ... サンタクロースの起源と由来を歴史から探る!聖ニコラスに遡る。 | 世界雑学ノート

オランダ豆 由来

オランダの国旗の意味や由来とは!? オランダはヨーロッパの西エリアに位置し、東にはドイツ、南にはベルギーとルクセンブルクの国境に接しています。 そんな オランダの国旗は、3色のカラーで上から赤・白・青が基本になっています。 有力な3つの説を紹介しておくと、1つめはその昔、スコットランドの羊飼いが棒で石ころを転がし穴に入れて遊んだのがゴルフの始まり…という自然発生説。あのメタボ少年、向太陽君が活躍するちばてつや先生の「明日天気になあれ」でもこの話が紹介されていたので、私も少年時代はそう信じていたのですが、どうやらはっきりとした記録は残されていないようです。 2つめにいきましょう。オランダで14世紀ごろ、コルベン(Kolven)といって、真鍮でできた長い棒でクリケットボールぐらいの大きさのボールを打つ遊びが行われていて、これがゴルフの起源という説も有力です。12m~40m離れたポールに少ない打数で当てた者が勝ち、というルールでしたから確かにゴルフと似ています。冬は氷の上でもやっていたといいますから、かなり面白かったのでしょうね~。この遊びが海を渡りスコットランドに伝えられて発展した、ということなのですが、いかにもありそうな話ですよね。コルベンに関しては記録も残っていますので、このオランダ説はけっこう有力な説といっていいかもしれません。 そして3つめはローマ帝国がスコットランドに侵攻した際、兵士たちによって「パガニア」という球技が伝えられて土着し、ゴルフに発展したという説ですね。 その他、イタリア説、イギリス説、フランス説、果ては中国の捶丸という競技を起源とする説まであるわけですが、どうも母国をゴルフ発祥の地にしたいという思惑を感じないわけでもありません。とりあえず決定的な証拠がない以上、誰かにゴルフの起源を問われたら、「有力な説は3つあるけど、はっきりはわからないんだよね」と答えておきましょう。 ちなみにゴルフが文献に初めて登場するのは1457年にスコットランドのジェームズ2世が出したゴルフ禁止令です。ゴルフにハマった貴族たちが武技弓術の鍛錬をサボるのが目に余ったために出されたんですね。つまりこのころすでにゴルフはスコットランドの国民的スポーツになっていたということで、どこで始まったのかはともかく、ゴルフがスコットランドで発展を遂げたということだけは確かなようです。 もう1つちなみに、Golfという名前の由来に関してはスコットランド語の「Gowf(打つ)」が語源だというスコットランド説と、オランダ語の「Kolf(打棒)」あるいは「Kolven(コルベン)」がスコットランドに渡った際に頭の「K」が「G」に転じたというオランダ説があります。 コルベンはクラブが残っていますし、スコットランドでゴルフが栄えたのは確かですから、私的にはオランダで生まれスコットランドに渡ったと考えるのが自然だと思いますが、みなさんはいかがでしょうか? でもまあ、起源が謎のベールに包まれているのもゴルフの魅力なんでしょうね。 文Honda GOLF編集部 小林一人 Honda GOLF編集長のほか、ゴルフジャーナリスト、ゴルフプロデューサー、劇画原作者など、幅広く活動中だが、実はただの器用貧乏という噂。都内の新しいゴルフスタジオをオープンし、片手シングルを目指して黙々と練習中。

「オランダ」の正式名称とは?オランダに関する基本情報と豆知識 TH... 世界のクリスマスの祝い方をご紹介!クリスマスの由来や歴史は? – クセになる世界雑学

オランダ豆 由来

「オランダ」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。風車やチューリップなどのイメージから、中にはマリファナが合法の国として認識されている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、これから留学される方は知っておきたい、オランダに関する基本情報と豆 ... 【意味】 ルイボスとは、マメ科の針葉樹の一種。南アフリカ共和国の一部の山岳地帯で栽培される。葉は乾燥してルイボスティー(ルイボス茶)に用いる。カフェインを一切含まない。 ルイボスは、オランダ語「rooibos」に由来する。 ルイボスの「ルイ(rooi)」は「赤」、ルイボスの「ボス(bos)」は「藪(やぶ)」で「赤い藪」の意味。 葉が赤褐色になり落葉することから、このような名が付いた。 先住民のコイサン族の間では、古くからルイボスティーが健康茶として飲まれていたため、南アフリカで使用されるアフリカーンス語に由来するとも言われるが、「ルイボス」の名はオランダ移民によって付けられた名前で、「rooi」も「bos」もオランダ語である。

エンドウ - Wikipedia 野菜の名前の由来を漢字表記から紐解く | Farmers' Spot - 若手農家紹介・農業情報配信

オランダ豆 由来

変遷. 古代オリエント地方や地中海地方で麦作農耕の発祥とともに栽培化された豆で、原産地域であるフェルガナから漢に伝来した際に、フェルガナの中国名が大宛国であることから豌豆(えんどう=宛の豆)と名付けられたことが名の由来となっている。 サンタクロースの起源と由来について探っていきます。長い歴史の中でモデルとされる聖ニコラスが、どのように現在のサンタクロースへ変化していったのかを見ていきましょう。 スポンサーリンククリスマスの象徴の一つと言えば、誰もが知るであろう赤い服を着て白ひげをたくわえた姿で有名なサンタクロース。実はその起源は3世紀にまで遡るとされ、当時を生きた「聖ニコラス」と呼ばれる人物が最も最初のモデルとなったと言われます。この聖ニコラスから、現在の「赤い服を着て子供達へプレゼントを配る陽気なおじさん」というサンタクロースへは、どのように変化してきたのでしょうか?この記事では、今日に当たり前のように受け入れられているサンタクロースの起源と由来を探っていくため、その長い歴史を振り返っていきたいと思います。サンタクロースの起源や由来を歴史から探っていこう!サンタクロースは聖ニコラスの伝承に由来する?サンタクロースの伝説は、「聖ニコラス(西暦270年頃〜345または352年)」または「ミラのニコラス」と呼ばれる、当時の東ローマ帝国にあった古代都市に生きた司教に由来すると考えられています。(出典:wikipedia)聖ニコラスは西暦270年か280年頃、今日のトルコ共和国ミラ近くのパタラという町で生まれました。聖人の概念を持つ全てのキリスト教派で「聖人」として崇敬されていると言われ、優しい性格と深い慈悲の心を持っていたことで有名で、彼の慈悲深い性格については、今日に至るまで数多くの伝説が残されています。例えば、彼は莫大な遺産を全て手放し、旅をしながら貧しい人や病気の人を助けることに一生を捧げたと言います。また、最もよく知られた伝承には、聖ニコラスは貧しい三姉妹が奴隷として売られることを阻止するため、姉妹が結婚できるように持参金を与えるというものがあり、「子供達へプレゼントを与える現在のサンタクロースの起源はこの話に由来する」という説が、一般的に最も受けられています。死後、聖ニコラスの伝承はヨーロッパ中に広がり、船乗りや子どもの守護聖人として知られるようになり、命日である12月6日は聖ニコラスの日として祝われ、大きな買い物をしたり結婚したりするのに吉な日であると信じられていきました。そして、ルネサンス時代になると、聖ニコラスはヨーロッパで最も有名で人気のある聖人となり、さらには、聖人崇拝が奨励されなくなった宗教改革の後も、聖ニコラスは人々に愛され続け、特にオランダにおいてその傾向は顕著でした。大衆文化サンタクロースはニューヨークにやってきたシンタクラースが起源?後に「サンタクロース」として大衆文化に溶け込んでいったと考えられる聖ニコラスが、初めて大衆文化に現れたのは18世紀の終わり頃のアメリカでした。ちなみに、サンタクロースという名称は、オランダ語で聖ニコラスの愛称である「シンタクラース」に起源を持つとされます。オランダの聖ニコラスの命日を祝う習慣が紹介されて人々の脳裏に焼きついた1773年、そして1774年の12月、ニューヨークの新聞が聖ニコラスの命日を祝うオランダの家族の風習を紹介した記事を掲載し、これによってアメリカの一般大衆の目に触れることになります。そして1804年、ニューヨーク歴史協会の一員であったジョン・ピンタードが、協会の年次会議において「聖ニコラスの木版画」を配り始めました。(出典:wikipedia)この木版画ですが、聖ニコラスの肖像の背景には、「暖炉の上におもちゃやお菓子がたくさん入った靴下がつるされている」という、今日私たちが良く知るクリスマスのイメージであるが描かれていたようです。聖ニコラスがニューヨークの聖人として紹介されたさらに1809年、アメリカの人気作家であるワシントン・アーヴィングが「ニューヨークの歴史」という本の中で聖ニコラスをニューヨークの聖人として紹介したことで、シンタクラースの伝説は一気にアメリカに広まることになりました。そして、シンタクラースの人気が高まるにつれ、シンタクラースは、赤いコートと黄色のタイツ、そして三角帽子を被った悪漢つばひろ帽子を被り、オランダ風の大きなショースを履いた変人など、現在のサンタクロースの姿と比べると異なる、実に様々な姿で描かれるようになりました。現在のサンタクロース像が誕生したのは19世紀初頭「子どもたちに囲まれてプレゼントを配るサンタクロース」の姿がクリスマスの伝統の一つになったのは、19世紀初頭のことで、大きく二つの起源から現在のサンタクロースのイメージが出来上がったと言えるでしょう。起源① 百貨店の販売戦略1820年代に一部の百貨店が「クリスマスショッピング」という広告戦略を打ち出すようになり、1840年代になると新聞に、クリスマスセールの広告が出るようになりました。このクリスマスセールの広告には、しばしばサンタの姿が描かれるようになっていきます。そして1841年、フィラデルフィアの百貨店が実物大のサンタクロース像を展示したところ、何千もの子供たちがその姿を見るために店を訪れました。この成功を耳にしたアメリカ中の店が、クリスマスの時期に客を呼び込むために「本物のサンタクロースに会える!」という触れ込みのキャンペーンを展開するようになっていき、子供達に大人気な現在のサンタクロースのイメージに近づいていったのです。起源② クレメント・クラーク・ムーアが書いた詩1822年、米国聖公会の司教であったクレメント・クラーク・ムーアが、3人の娘のために詩を書きました。ムーアは当初、詩の内容があまり真面目なものではないことを恥じ、詩を出版することをためらったそうです。しかし、この詩が新聞に掲載されるやいなや、アメリカ中で大人気になったのです。陽気なおじさんとしてのサンタクロースのイメージ煙突から家に入りプレゼントを配る様子など、今日、一般的に思い描かれるサンタクロースの姿は、全てこの詩に起因するものだとされます。「サンタクロースがきた(A Visit from St.