• 記事: 29198
  • 質問に対する回答: 23072
  • コメント: 15250
  • 準備ができて答え: 16236

サイン 韓国ドラマ

サイン (2011年の韓国のテレビドラマ) - Wikipedia パク・シニャンの「サイン」は2011年最高の韓国ドラマでした! : なんじゃもんじゃ

サイン 韓国ドラマ

サイン(ハングル表記: 싸인 )は、2011年1月5日から3月10日まで韓国sbsにて制作・放送されたテレビドラマである。 全20話。 2019年 7月期に日本のテレビ朝日系でリメイク作品化 は3つが普通程度の面白さ、数が多いほど、私が面白いと思ったドラマです。 視聴済みドラマの感想は カテゴリー「アイウエオ順韓国ドラマ一覧」または 「放送年別ドラマ一覧」からお読みいただけます。 リンク きりころじっく3 ネタバレ用ブログ あらすじもここに アンケート置き場 ドラマのアンケート一覧 韓国TV番組表 KBS MBC SBS 下のツイッターがうまく表示されていない時は →こちら 日本で放送される韓ドラ情報もあります。 ケーブルドラマ(192) 短編(126) 歴史物(98) KBSドラマスペシャル(87) 朝鮮時代(65) 風吹く良き日(47) 隣の家の敵(30) 四字熟語(27) ウェブドラマ(20) キラキラ輝く(18) 金首露-キム・スロ(18) 原三国・三国時代(15) イタズラなKISS(14) 高麗時代(14) サイン(12) 逃亡者Plan.

韓国ドラマ【サイン】 あらすじ全話一覧-最終回まで&放送情報 サイン|番組詳細|韓流No.1 チャンネル-KNTV

サイン 韓国ドラマ

韓国ドラマ「サイン」全体のあらすじ概要. 全20話。 パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、オム・ジウォン、チョン・ギョウン出演。 天才解剖医のユン・ジフン。 B(11) 楽しい我が家(10) 49日(10) 最高の愛(9) ドリームハイ(9) 今年初の私の5つ星作品です。 スリリングな演出、そして、映像美。 そして、役者さんたちもみな、素晴らしかったです。 事件の真実を追って行くタイプの話が好きな方には勧めです! 日本でこういうタイプのドラマだと、1話完結のことが多いのですが、韓国では別のエピソードも挟みつつ、中心となるエピソードを少しずつ追って行くというスタイルをとることが多いみたいですね。 これも、そういうスタイルです。 脚本はもともと16話の予定が20話に延長となり、少し惜しい部分もありましたが、設定がいいので、それを差し引いても面白いストーリーでした。 (惜しい部分は日本で放送される時には字幕や吹き替えで誤魔化したりするのでしょうか?) 視聴率的には延長後数字を伸ばし、最終話で25.5%(AGB)となりましたので、視聴率との兼ね合いを考えれば延長も、まあ、よかったのではないかと思います。 主要な登場人物を演じるのはパク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、オム・ジウォン、チョン・ギョウン。 どの人も、上手いんですよね。役者の力も存分に見せてくれます。 1週目分だけ見た時には、刑事のウジンを演じるオム・ジウォンが、唯一ミスキャストなのでは?と思ったのですが、ドラマが進んで行くにつれ、このキャスティングが正解!と思えて来ました。 話が進むにつれて、ウジン自身のキャラが明らかになるにつれてわかってきます。 また、どの登場人物もキャラの設定がよく練られているんですね。 どのキャラも平板ではなく、いろんな面を併せ持つ存在として描かれています。 特に面白いと思ったのは主人公ジフンが真実を暴こうとするのをことごとく止めようとするライバルのミョンハン。 一見するとジフンの正義に対し悪と思えるのですが、そんなに単純な人物ではないんです。 彼は彼の正義に従ってジフンを止めようとするんですね。 彼に限らず、主役陣は一人として、100%正義でもなければ100%悪でもない。 そして、たぶん、100%の正義などはない、ということも語られているのではないかと思います。 ラストに描かれる出来事はこのことと深く関係があると思うんですね。 あまり、ブーイングは出ていなかったのですが、この決着の付け方はかなり議論を呼ぶものではなかったかな、と思うんですよ。 映画では見ることはあっても、ドラマではこういう結末は珍しいんじゃないかしら? 私は、このラストがとてもいいと思うのですが、裏切られたように感じる方もいらっしゃるかと思います。 そして、事件の犯人役として何人かの俳優さんが出て来るのですが、この人たちもまた、名演を見せてくれました。 私がその中でも、特に感心したのが「パスタ」や「国家が呼ぶ」に出ていたチェ・ジェファン。 今までとはまるで違うキャラなんですが、絶品の演技です。 この人をこの役に持って来た、というのもすごいな、と思います。 このドラマで惜しかった点を挙げるとしたら、日本ロケですかね? ロケに行ってまで入れるエピソードではないように思いましたし、また、ロケ地自体の魅力もあまり出せていなかったのではないかしら。 あらすじとネタバレの感想は別記事に書いています。 よろしければ、タグ、「サイン」からお読みください。 また、アンケートも実施中です。 →「サイン」は面白かった? よかったら、ご参加くださいね。 こんばんは、kirikoroさん! ラストの結末以外は私もまったく同意で、いいドラマでした。久々に満点つけたくなるような。それでも、19話と20話を見返したりしているんですけど。 ネタバレになるので、伏せますが、ラストは僕個人は、あれはちょっと反則だなって思いました(笑)人それぞれ、まぁそうですよね。 チェ・ジェファンsiiは、食客でのソクトン役が大好きだったんですが、それとは180度違うような役で出てこられてびっくりしました。ほんと幅の広い役者さんです。 イハンの父もなかなか好きなキャラでした。俺にも良心ってもんがあるんだからなぁ~って言ったシーンが大好き。 びょんさん、こんばんは。 ラスト、びょんさんのおっしゃる「反則」、まさしくそこが問題なんですよね。 ドラマであれはないんじゃない、と思われる方もかなりいらっしゃる筈だと思うんですよ。 わたしはぎりぎりセーフだったみたいで、実は別のドラマでもう少し反則の度合いの強いラストがありまして、そっちを実は今、もう一度見直してから感想を書こうと思っているところなんです。 イハンのお父さん! わたし、たぶん、まったく彼のことには触れなかったと思うんですが、そう言われてみると、なかなかいい味出していましたね! 引用の部分、ほんとにいいシーンでした。 kirikoroさん こんばんは 「サイン」見たかったんです! シニャンさんのドラマ結構好きです。「銭の戦争」「風の絵師」「パリの恋人」と少ないですが、見ました。 この秋のKNTVは凄いですね、力を入れてますね・・・ DATVも日本人向けのドラマ早くに放送してるみたいですが・・・ 見たいドラマが続々と嬉しいです! まだHPにはサインのこと出てませんでしたが・・・あっツイッター見たら出てますかね・・・いつもお知らせしてくださって嬉しいです。 おはようございます。 あの後ツイッター見て「サイン」出てました!登録やフォローなど してもらったりしてますが、いまひとつ使い方がわからず、放置してます。10/21話先行放送でした。 確かに放送局選び、貧乏人の私には頭の痛い問題です・・ しか~しその前に、eo光で色々見れるんですが、日中DVDを見ている 私はいかがなもんでしょうか? 「風の絵師」シニャンさん良かったですよね、しかしこれはBSでしか 見ていないんですぅ多分知らないシーンがあるでしょうね。 あの絵の描き方凄いですよね、あの線の細さ色使いなどなど そのあとkirikoroさんは、色々しらべていらっしゃったんですね また初めから見て見たいです。 mihoさん、おはようございます。 ツイッターの方のリンク間違っていたようですね。 http://www.kntv.co.jp/notice/?

BS朝日 - サイン 最終回|ストーリー|木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』|テレビ朝日

サイン 韓国ドラマ

韓国版 「csi:科学捜査班」と言われ、韓国で初めて法医学を扱った本格メディカルサスペンスドラマ。 国立科学捜査研究院を舞台に、偏屈だが有能な法医学官と猪突猛進型の新米女性法医学官コンビが、様々な事件の真実を明かすべく、それらを隠蔽する権力社会に立ち向かっていく姿を描く。 警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とその部下・高橋紀理人(高杉真宙)は、次期総裁候補の娘・島崎楓(森川葵)が国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を窒息死させるために使ったと思われる“青いぬいぐるみ”を押収。照合検査のために、新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は北見の喉から見つかった“青い繊維”を持って、解剖医・柚木貴志(大森南朋)らが待つ「日本法医学研究院」へと急行する。だが、景は“青い繊維”を柚木らに手渡すと、なぜか検査が始まるのを待たず部屋の外へ。その様子が気になった柚木は、彼女の後を追うが…。 そんな中、あろうことか想定外の検査結果が出る。ぬいぐるみの繊維と“青い繊維”は「一致しなかった」というのだ! 真実を証明する最後の手立てを失い、苛立ちを隠せない柚木…。ちょうどその頃、「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)のもとには、意外な人物がやって来て…!? 真犯人である楓を追い詰めようとするたび、権力によって次々と閉ざされていく真実追及への扉。それでも諦められず、事件当日の監視カメラ映像を再度チェックした柚木は“ある異変”を見抜き、そこに“真実”が隠されていると確信する。ところが、権力側は一枚も二枚も上手で…!?

韓国ドラマ【サイン】相関図とキャスト情報 サイン日本版ドラマのネタバレ!最終回の結末は衝撃的すぎる | ドラマ映画ネタバレlog

サイン 韓国ドラマ

韓国ドラマ「サイン」全体のあらすじ概要. 天才解剖医のユン・ジフン。 法医官の仕事は、語る事の出来なくなった遺体から、死の真相を突き止める仕事だ。 様々な事件の真相を、ジフンのメスが切り開く!

サイン キャスト&登場人物 - 韓国ドラマ登場人物 韓国ドラマ|サインの動画を日本語字幕付きで全話無料視聴する方法!|韓流マイスター

サイン 韓国ドラマ

韓国ドラマ「サイン」の登場人物をキャスト、役名、役柄等で紹介しています。 ドラマの概要、あらすじ、相関図、最新ニュース等は→[ドラマ情報] 【その他のドラマのキャスト&登場人物】