• 記事: 24981
  • 質問に対する回答: 26325
  • コメント: 25750
  • 準備ができて答え: 30514

お宮参り 夏 服装 父親

お宮参りの服装は?赤ちゃん・母親・父親・祖父母の服装 | お宮参り お宮参りの服装。赤ちゃん、ママ・パパ、祖父母のファッションは? | 季節お役立ち情報局

お宮参り 夏 服装 父親

お宮参りの夏の服装は?気をつけるべきこと. 赤ちゃんの服装; 母親の服装; 父親の服装; ご両親の服装; お宮参りを予定している日が近づいてきて焦ることのないようにお宮参りに適した服装を準備しておきましょう。 ホーム > ファッション > 赤ちゃんが生まれて最初のイベントであるお宮参り。 お宮参りは、氏神様に赤ちゃんの誕生と生後30日を報告する大切な行事です。 まだ新生児の赤ちゃんを連れてのお参りということもあるので、準備はしっかりしておきたいですよね。 子供を連れての外出なので、身軽にしたいけれど服装はどうしたら良いでしょうか? 気になるお宮参りのファッションについてご紹介します。 ・お宮参りの赤ちゃんの服装 ・お宮参りのママとパパの服装 ・お宮参りの祖母と祖父の服装 Sponsored Link お宮参りの赤ちゃんの服装 神様と赤ちゃんの初めての対面ということもあり、赤ちゃんもきちんとした格好をさせてあげましょう。

お宮参りの夏の服装は?気をつけるべきこと | お宮参り お宮参りの服装で祖母は和装、洋装、スーツ何を着るべき? | オモイデデポ-家族でお出かけ育児ブログ

お宮参り 夏 服装 父親

夏のお宮参り、暑い中でのお参りはする必要があるのか?と思われる方にみていただいている記事と思います。 古くからの習わしをみて見ると当サイトでも紹介していますが男の子は31日目、女の子は32日目といった形で紹介しています。 女の子の赤ちゃん 和装 お宮参りの正装は、ベビー服の上に、白羽二重の内着を着て、掛着をかけます。 また、着物が汚れないようにレースなどの、よだれかけも必要になります。 女の子は友禅模様が定番で、牡丹、芍薬、桜、花車、御所車などの古典柄や、ツルや打ち出の小槌などの吉祥模様が人気です。 家族写真を撮る事を考えると、赤やピンクの着物に大きく柄が入っているほうが映えそうですよね。 こちらの動画は写真スタジオですが、お着替えから撮影の様子が見られますよ。 女の子の赤ちゃん セレモニードレス https://item.rakuten.co.jp/ 最近は着物でなく、セレモニードレスでお参りする人も増えています。 産院から退院する時に着た、思い出のドレスでお参りするのもいいですよね。 セレモニードレスの場合は、掛着ではなくケープをかけます。 オーガンジーなどのふわっとした素材で、華やかにしてくださいね。 男の子の赤ちゃん 和装 https://matome.naver.jp/ 男の子の着物で人気の柄は、甲や龍、鷹、虎などの古来より男の子の心房として使われているモチーフです。 模様は、熨斗目模様という袖から帯のあたりだけに柄が入っているものが多くなっています。 その為、柄は大きく描かれているので、写真に撮った時によく映えるんですよ。 色は黒の他に、青、緑、グレーなどがあり、女の子より選べそうですね。 男の子の赤ちゃん お祝いカバーオール 出典 https://item.rakuten.co.jp/ 男の子でドレスに抵抗がある場合は、お祝い用のカバーオールを着せてもいいですね。 少し大きめのものを買えば、お食い初めなども着せられそうです。 ケープなどの小物はレンタルできるので、お宮参りの時にサイズがぴったりでなくても大丈夫ですよ。 真夏のお宮参りの服装は? https://item.rakuten.co.jp/ 真夏の場合は時期をずらしても良いのですが、都合でそうも行かない場合がありますよね。 そんな時は、掛着やケープは写真のときだけにして、風通しの良い格好をさせてあげてくださいね。 セレモニードレスも半袖やノースリーブのものを選ぶといいですね。 お宮参りのママとパパの服装 お宮参りのとき、パパとママはどのような服を着ればいいでしょう。 正装が好ましいですが、どのような格好が一番でしょうか? ママの服装 和装 https://matome.naver.jp/ お宮参りの定番といえば、和装ですよね。 しかし主役は赤ちゃんなので、ドレスなどの洋服の場合はママも洋服にしてくださいね。 既婚女性の正装は黒留袖ですが、お宮参りでは色留袖や訪問着が一般的です。 羽織を着る場合は紋付きがベターですね。 なかなか着る機会のない和服なので、赤ちゃんのお祝いには着ていきたいですよね。 ママの服装 洋服 https://matome.naver.jp/ 和服を着たいけれど、授乳中のママにはハードルが高いですよね。 そんな時は洋服でOKです。 普段着ではなく、ワンピースやスーツなどよそ行きの格好で、華美なものは避けてくださいね。 授乳のしやすさを考えると、スーツのほうがママの負担も少なくて良いかもしれません。 また、フォーマルな授乳服も売っているので、チェックしてみてくださいね。 パパの服装 和装 https://item.rakuten.co.jp/ 我が子の初参り、家族揃って和服というのも素敵ですよね。 しかしママと違ってパパで和服を持っているという人は少ないですし、着る機会もないですよね。 もし着るのであれば、男性の礼装である紋付きの袴を選びましょう。 レンタルもあるので、父親らしい落ち着いた色を選んでくださいね。 パパの服装 洋服 https://item.rakuten.co.jp/ 一番スタンダードなのが、洋服でのお参りですよね。 子供もママも正装なので、パパはスーツにネクタイが必須になります。 普段お仕事でスーツを着ている人は良いですが、持っていない人は礼装用のスーツでも良いですね。 また、子供が生まれるとスーツを着る機会が増えるので、これを機に購入するのも良いかもしれません。 Sponsored Link お宮参りの祖母と祖父の服装 「赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母」という地域もあるくらいなので、お宮参りに祖父母も同行するのはよくありますよね。 祖父母の服装はどのように決めたら良いのでしょうか? 祖母の服装 和服 https://matome.naver.jp/ おばあちゃんが和服を着られるのは、ママが和服の場合だけなんです。 赤ちゃんのお母さんより格が上の格好をするのは、マナー違反になってしまいますよね。 一緒に着物を着る場合は、着物の格も合わせたほうが良いですね。 着物の格は、色留袖・訪問着・色無地の順番なので、ママと相談して着物の種類を決めておきましょう。 祖母の服装 洋服 出典 https://matome.naver.jp/ 洋服の場合は、ママに合わせることなくワンピースやスーツを着て大丈夫ですよ。 服の色やアクセサリーは、華美なものを避けてシックにまとめましょう。 また、赤ちゃんを抱っこするような場合を想定して、靴はヒールが低めの歩きやすい物を選びましょう。 祖父の服装 出典 https://matome.naver.jp/ おじいちゃんの場合、お宮参りで和服というのはほとんどありません。 確かに家族写真で全員和服というのはなかなかありませんよね。 おじいちゃんも、スーツにネクタイが一般的なお宮参りの服装になります。 お宮参りの服装に迷ったら、パパに相談して決めてくださいね。 子供の最初の記念!お宮参りの思い出を残そう https://matome.naver.jp/ 【関連記事】 ●お宮参りはいつ頃まで?大安や仏滅などの時期や祝い方マナー。 ●お宮参りのお金について。初穂料や食事代。お祝い金相場は? ●初誕生の祝い方。料理やケーキは?一升餅、選び取りの意味。 ●初誕生のお祝い金相場やプレゼント。のしの書き方やメッセージ。 ●お食い初めの時期と意味。食器や料理は?やり方や石は? ●お七夜のお祝いのやり方。命名書の書き方や料理は?数え方は? ●縁起の良い赤ちゃんの名前。おすすめの漢字や画数は? 初めての行事であるお宮参り、服装を選ぶのも楽しそうですね。 せっかく日本に生まれたので、着物でお参りをするのも良いかもしれません。 そして、赤ちゃんの服装だけに気を取られがちですが、ママやパパなど一緒に行く人の服装も気をつけたいですね。 これから先色々な行事やイベントが赤ちゃんにありますが、お宮参りはその最初の一歩です。 生まれて間もない姿の赤ちゃんと、ビシっと正装で決めた家族の思い出を沢山残してくださいね。

お宮参りの父親(パパ)の服装。選び方のポイントやカジュアルになり... お宮参りに着ていく服装【赤ちゃんの祝い着編(着物・産着・ドレス)】 | かわイク

お宮参り 夏 服装 父親

お宮参りの父親(パパ)の服装。選び方のポイントやカジュアルになりすぎない工夫. お宮参りのとき、父親としてパパはどのような服装を選べばよいのか、夏は私服などのカジュアルな服装でもよいのかなど知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。 赤ちゃんの健やかな成長を願い、神社に参拝するお宮参り。 孫のお宮参りに参加する…という場合、おばあちゃんは、どんな服を着るべきなのでしょうか? 行事としては知っていても、服装については、いざ参加するとなるまで考えたこともなかった!という方も多いのではないでしょうか? 大切なのは統一感!全体のバランスを意識して お宮参りの服装は、基本は赤ちゃんとパパママに合わせるのが望ましいです。 服装の雰囲気があまりにも違ってしまうと、記念写真が違和感のあるものになってしまいます。写真を撮らない場合でも、服装のことで気まずい空気になってしまうかも…。 お宮参りの服装は、みんなで事前に話し合い、なるべく統一するようにしましょう。例えばパパは洋装の場合が多いので、おじいちゃんは「スーツ」を着るのがいいでしょう。白いワイシャツに、ブラックや紺など落ち着いた色のフォーマルスーツが一般的です。 さて、おばあちゃんの場合は?女性は男性よりも服装の選択肢が多く悩んでしまうもの。さらにお宮参りでは、おばあちゃんならではの服装選びのポイントもあります。 祖母の服装は? まず、和装か洋装か?という点。ママはお宮参りの時は、産後間もなくということで和装は敬遠しがちです。 それに合わせるなら、おばあちゃんも着物は着ない方がいいかというと、そんなことはありません。一人でも和装の人がいると華やかになりますし、写真映えもします。 着物を着たい場合は事前にパパママに希望伝え、相談するといいでしょう。 和装の場合 お宮参りで着物を着る場合、「5つ紋の黒留袖」が既婚者の正装となります。 しかし最近は黒留袖を持っていない人も多く、「色留袖」「訪問着」「色無地」でも構いません。記念撮影をする場合、スタジオで撮影用とお宮参り用に留袖をレンタルできることもありますよ。 お宮参りは赤ちゃんが主役です。赤ちゃんより目立ってしまうような華やかな柄や、色味が強いものは避けましょう。 洋装の場合 お宮参りは写真を撮ったり、ご祈祷をしてもらったりと長丁場になります。 着物は着慣れていないと疲れるもの。お宮参りの服は、洋装でももちろんかまいません。その場合は、スーツやワンピースとなります。 スカート、パンツ、ワンピースのいずれかにセットアップのジャケットを着るのがいいでしょう。 色は、ブラックやチャコールグレーなど暗めの色なら落ち着いた雰囲気になります。ベージュやホワイトなど明るい淡い色でも、明るい未来がイメージされていいですね。 アクセサリーは、パールのものが基本です。 父方の祖母の服装、ポイントは お宮参りには、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこしてお参りをする風習があります。 この風習の通りにする場合、服装は赤ちゃんの装いに合わせると、見た目のバランスがよくなります。 しかし最近では、赤ちゃんがベビードレスでおばあちゃんが着物だったり、赤ちゃんが着物でおばあちゃんが洋装というケースも一般的です。 赤ちゃんを抱っこするとなると、何よりも気を付けたいのは赤ちゃんの安全。 ロングネックレスや大きな指輪・コサージュなどは、赤ちゃんにとって怪我の原因となることがありますので避けましょう。 また、お参りする神社は足場がよくないことも多く、不安定な靴を履いて赤ちゃんを抱っこするのは大変危険です。歩きやすく、安定感のある靴を選びましょう。 母方の祖母の服装、ポイントは 母方の祖母は、父方の祖母よりも「格」が上の服装にならない方がいいでしょう。 特に着物の場合は、上から「黒留袖」「色留袖」「訪問着」「色無地」と格がはっきりしていますので注意が必要です。 洋装の場合はわかりづらいところですが、例えば父方の祖母がカジュアルな服装だったら、それに合わせてワンピースなどを選ぶといいでしょう。 まとめ お宮参りの祖母の服装を決めるときは、まず参加するみんなの服装に統一感があることを意識しましょう。 そのために、服装については事前にパパママと相談するといいですよ。 また、祖母の場合は父方か母方かによって服装選びのポイントが違いますので、立場に合った服を選びましょう。 ↓こちらも参考になります。

お宮参りの服装!父親の定番スーツの選び方とネクタイ・シャツのマナ... はじめてのお宮参り 何をするの?どのような準備が必要? | 晴れ着の丸昌横浜店 晴れ着のアレコレ

お宮参り 夏 服装 父親

父親の服装はブラックフォーマルスーツでもダークカラーのビジネスでもお宮参りに対応できることが分かりました。 ですが、気をつけなくてはならないのはスーツのタイプやカラーだけではありません。 2018/2/18お宮参りに着ていく赤ちゃんの服装を解説します。伝統的な祝着(着物)はもちろん洋装についても紹介します。社会の一員になる最初の儀式ですので、可愛らしくもマナーをおさえた服装を着せてあげましょう。お宮参りの服装【赤ちゃん編】 お宮参りは生後1カ月頃に氏神様を参拝する日本の伝統的な通過儀礼のひとつです。そのため赤ちゃんについては着物(祝い着・晴れ着)で参拝することが一般的ですが、実は洋装で参拝しても構いません。和装であれ洋装であれ「正装」で神様の前に参るのが大原則です。1.内着には無地のベビードレス参拝の際は、男の子・女の子、和装・洋装に関わらず、内着(インナー)としてベビードレスと呼ばれる白い無地のカバーオールを着用します。肌寒い季節であれば、ベビードレスの下に白い無地の短肌着や靴下を履かせ、さらに冬であればベビードレスの上に白い無地のおくるみで包んであげてます。なお、着物の場合はベビードレスの代わりに長襦袢でも構いません。長襦袢を着せる場合には、その下に必ず肌着を着せます。2.男の子は熨斗目模様の着物内着を着たら、その上に着物を掛けてあげます。男の子の赤ちゃんであれば、羽二重(はぶたえ)と呼ばれる高級な絹で織られた紋付きの祝い着を掛けます。家紋は両胸と両袖、背中の5か所に縫い付けられた「五つ紋」で正装となります。三つ紋や一つ紋では準礼装になるので注意が必要です。また、羽織は友禅染や刺繍で描かれた熨斗目模様と呼ばれる縁起のよい絵柄を選びましょう。主な熨斗目模様は次の通りです。鷹、鶴、兜、武者、龍、富士、松など祝い着は、抱っこする人(父方の祖母)が着物の紐を背中で結んで、赤ちゃんに掛けるようにします。3.女の子は花柄の友禅の着物女の子の赤ちゃんは絹の着物をベビードレスの上に掛けます。着物は一般的に「祝い着」と呼ばれる友禅染や刺繍で描かれた花柄を選びます。人気のある絵柄としては、桜、牡丹、毬、鈴などです。掛け方は男の子と同じです。4.洋装にはケープかおくるみ洋装でお宮参りに行く場合には、ベビードレスだけでも構いませんが、女の子の場合には花柄の刺繍が施された白いケープかおくるみ、男の子の場合には同じく白い無地のおくるみをして参拝してもよいでしょう。5.小物の種類小物として、白いフード(帽子)とよだれかけを身に付けます。正装なので、本体は絹で作られたものが望ましいのですが、高価になってしまうため綿でも構いません。最後に縁起担ぎや魔除けのために以下の小物を紐で着物に結びつけます。お守り、ご祝儀袋、末広(扇子)、犬の張子、でんでん太鼓男の子におすすめの産着1.熨斗目模様の着物【かつおか】お宮参り着物 鷹・兜 着物と長襦袢がセットになった京友禅の産着です。熨斗目模様として人気の高い鷹と兜の絵柄がたいへん勇壮です。フードやよだれかけもついて非常にお手頃な値段です。【京の初着屋】 こちらも鷹と兜、さらに富士の絵柄が美しい祝い着です。子供らしい紺色の地で、鷹の頭が刺繍になっているため、物心がつけば必ず男の子が自慢したくなるような着物です。長襦袢もセットになっているので、成長したら七五三でも使うことができます。2.ベビードレス【nagasawako】タキシードベビードレス 着物の内着としてはもちろん、洋装であればこのままお宮参りに行くことできるタキシードスタイルのベビードレスです。綿100%で日本で作られているので新生児の安心して着せることができます。3.おくるみ【OP mini】ベビーアフガン 刺繍入りで高級感のある綿100%のおくるみです。春・秋の肌寒い季節にお宮参りがある場合には必須のアイテムです。真冬の場合には中綿の入ったより暖かいものを選びましょう。4.帽子・よだれかけセット【みふじ】小物7点セット フード、よだれかけに加えて、お守り袋、末広、でんでん太鼓などお宮参りに嬉しい小物が全てセットになっています。フードとよだれかけの表地は絹になっているので、着物との相性も抜群です。女の子におすすめの産着1.花柄の祝い着 友禅の花柄と刺繍の毬が本当に美しい正絹の初着です。幼い女の子にぴったりの可愛らしい色遣いなのでお宮参りだけでなく、3歳の七五三で着る姿も楽しみになります。何枚も写真を撮ってしまうでしょう。【京美】 伝統的な赤地で落ち着きのある祝い着です。何といっても目を引くのが高級感のある鹿の子地紋です。そのため、子供らしい絵柄であっても格式高い重厚な雰囲気があります。2.ベビードレス【OP mini】ベビーセレモニードレス 刺繍入りのレースがとても可愛らしい女の子にぴったりのベビードレスです。綿100%で国内で丁寧に作られています。清楚で上品なので、お宮参り以外のイベントでも使いまわしができます。3.ケープ【nagasawako】お宮参り用ロングケープ 長さが90cmもあるロングタイプのケープです。美しいバラの刺繍が入っていて、女の子の赤ちゃんがますます可愛く着飾ることができます。一生に一度のお宮参りなので洋装でも完璧にコーディネートしたいというご家庭におすすめです。4.帽子・よだれかけセット【Kisste】お宮参り用7点セット 表地は絹素材でできた品質の確かな小物セットです。女の子らしい淡いピンクで、華やかな祝い着にやさしい彩りを添えてくれます。犬の張子はでんでん太鼓などの縁起物がしっかり揃っているので、娘の健やかな成長を祈るお宮参りにぴったりです。

お宮参りの服装完全ガイド | 赤ちゃん・両親・祖父母の衣装選びのポイント 【お宮参り編】 -... お宮参りの服装の悩みを解決!家族で素敵な写真を撮ろう|mamagirl [ママガール]

お宮参り 夏 服装 父親

父親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ 父親の服装は、一般的には「スーツ」です。 赤ちゃんや母親などが和装であっても、父親はスーツで構いません。 なるべく礼服を意識し、白色のワイシャツとネクタイを着用するようにしましょう。 お宮参りは、赤ちゃんが産まれてから最初に行う大切な行事です。お宮参りをする時期や場所、服装など、準備に役立つ情報をご紹介します。 お宮参りは、本来は生まれたばかりの赤ちゃんを土地の氏神様に参拝させて、新しい氏子として祝福をうけるという意味がありました。古い時代には“穢れ”とされたお産の忌明けの儀式でもあったようです。現代では、赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、健やかな成長を祈る行事として行われています。 赤ちゃんが産まれてから約1か月後、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行うとされていますが、最近ではそれほど厳密ではなく、赤ちゃんと母親の体調、家族の都合、お天気などが良い日を選ぶと良いでしょう。真夏や真冬にかかる場合は、過ごしやすい気候になるのを待っても差し支えありません。 一般的には地域の氏神様である神社で行いますが、自分の好きな神社でお宮参りを行う人も増えてきました。なかには安産祈願をしていただいた神社に、出産のお礼もかねてお宮参りをするというケースもあります。 お宮参り当日のスケジュールは家族の都合、地域の風習なども大切にしたいものです。あらかじめ何をするのか、どのようにするのか、家族で話し合っておくと良いでしょう。 正式なお宮参りの作法では、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母とされています。これは、お産が「穢れ」とする考えから来るもので、母親はまだ忌明けがすんでいないため、代わりに父方の祖母が抱くというわけです。母親がお宮参りに参加しない地方さえありましたが、これは産後の母親の体調を気づかってのことだとする説もあります。 お詣り 神社への参拝は、お詣りするだけの場合と、ご祈祷をうける場合とがあります。 お詣りだけの場合、一般的な神社への参拝と同様です。お賽銭を入れてから鈴を鳴らし、「ニ礼、二拍手、一礼」のお詣りをします。 ご祈祷をうける場合は、事前に社務所に連絡してから参拝に出かけます。お宮参りの祈祷料(初穂料や玉串料と呼びます)は一般的に5000円~1万円が目安。白い封筒または祝儀袋(紅白、蝶結び、のしなし)に入れて渡しましょう。表書きは上段に「御初穂料」もしくは「御玉串料」、下段に赤ちゃんの姓名を書きます。拝殿の中に入って15~30分程度のご祈祷となるため、始まる前にオムツ替えや授乳をすませておきましょう。 記念撮影 記念撮影は参拝日当日、カメラマンに出張撮影を頼んだり、神社内に併設されている写真館で撮影したりすることもありますが、多くは赤ちゃんの体調やご機嫌を考えて、別の日に写真館(フォトスタジオ)や、レンタル衣裳の撮影プランなどを利用して撮影されているようです。 なお、神社で撮影する際には、撮影できないエリアや対象物などを事前に確認しましょう。 あいさつ回り、会食 お宮参りの後、ご近所や親戚へのあいさつ回りをするしきたりがありますが、母親や赤ちゃんの体調次第で考えましょう。最近では、お宮参りの後に会食することも多いようです。 それではお宮参り当日は、何を着たら良いのでしょうか。それぞれの服装についてご紹介します。 赤ちゃんの服装 お宮参りの赤ちゃんの正式な服装は、白羽二重の内着に祝い着を掛けた和装ですが、最近ではベビードレスやカバーオールの上に祝い着を掛けるスタイルが主流です。祝い着は、赤ちゃんを抱いている人の後ろで結びます。地域によっては、そこにお守りをつけることがあります。 祝い着のデザインには男女で違いがあります。男の子は、鷹や兜、龍や虎など強くたくましいイメージ柄のものが人気で、女の子用には、蝶、手毬、鈴、御所車や鼓などの華やかで上品な柄がよく使われています。 両親の服装 両親の服装に決まりはありません。家族の服装は赤ちゃんに合わせるという原則を意識して、赤ちゃんが祝い着で正装をしている際はできるだけ両親もフォーマルな服装を選びましょう。 父親は略礼服に白のワイシャツ、白ネクタイが基本ですが、ダークスーツでも構いません。和装の場合、男性は紋付き袴が正装ですが、現代では珍しく、赤ちゃんよりも目立ってしまうでしょう。母親は和装にされる方もいますが、産後の体調を重視して、洋服でも全く問題ありません。授乳服にきちんと感のあるジャケットを羽織ったり、フォーマルなシーンに使えるワンピースなどを着ても良いでしょう。 祖父母の服装 赤ちゃんが着物・和装の場合には、祖母も色無地や訪問着などの和服にするのが正式なしきたりですが、赤ちゃんの両親が略礼装なら、祖父母も略礼装で構いません。どのような格のものを着るかよりも、格を合わせる方が大切です。特に父方と母方の両家の祖母が揃って参列する場合には、服装の格を合わせるようにしましょう。 お宮参りは、大切な赤ちゃんの誕生を祝い、今後の健やかな成長を祈るための行事です。しっかり準備をしてお母さんと赤ちゃんの体調や家族の都合に合わせて行いましょう。

お宮参りに着ていく父親の服装とは?恥をかかない選び方! 子育て百... お宮参りの服装はどれにする?赤ちゃん・両親・祖父母・上の子の装い - ベビリナ

お宮参り 夏 服装 父親

次に、 最近のお宮参りの服装 についてご紹介しますね! 最近の父親の服装事情とは? 確かに、正式な服装と言えば、略礼服のブラックスーツになりますが、 実際のお宮参りではどうなのでしょうか。 私がお宮参りに行った日も、同じ神社には、 30組以上 ... 出典:@nmr.73さん 人生で数回しか経験しないお宮参りでは、悩むことがたくさんありますよね。今回はお宮参りでの服装について特集!「産着の下の赤ちゃんの服装は?」「ママはどんな服装にすればいい?パパや祖父母は?」といった疑問を解決していきましょう。家族できちんとや、カジュアルなど雰囲気を合わせると、素敵な写真が撮影できますよ。 ■お宮参りはいつ頃するの?服装を選ぶコツは?お宮参りの基礎知識をまずは学んでみましょう。出典:@shoko.akazawaさん・赤ちゃんの健やかな成長を願うお宮参り赤ちゃんが生まれたらはじめに行われる行事がお宮参り。男の子では生後31日目、女の子では32日目に神社へお参りに行くのが正式ですが、大安や天候の良い日を選び生後1カ月頃に行うのが一般的です。真冬や真夏を避け、祖父母もいっしょにお祝いをするために、お食い初めといっしょに行うママも多くいます。・お宮参りの服装は、TPOを考えて選ぶ神社へのお参りは戌の日に経験している人も多いので、なんとなくイメージが湧くことでしょう。カジュアル過ぎる服装は、もちろんNG。厳粛な雰囲気のなか進行されるお宮参りでは、清潔感のある上品な服装を心掛けるといいでしょう。また家族で服装のトーンを備えることも大切です。参拝予定の家族とは、事前に相談しておくといいかもしれませんね。■お宮参りにおすすめの季節別の服装を紹介春夏と秋冬に分けて、人物別におすすめの服装をご紹介していきましょう。・春夏のお宮参りにおすすめ!赤ちゃんの服装出典:@cuta66666さん袴スタイルのロンパースは、お宮参りとお食い初めをいっしょに行うときにおすすめ!男の子でも女の子でも、前留めで簡単に着せられるタイプになっているので、写真撮影のときや祈禱の時間にだけ着させるのもいいかもしれません。出典:新生児におすすめのベビー服って?季節別ベビー服特集!夏のお宮参りで産着を上から羽織ると、赤ちゃんはとても蒸し暑くなってしまいます。暑い時期に参拝するなら、赤ちゃんの服装は涼しいベビー服を選んであげてもいいかも。写真撮影時には産着に隠れるので、セレモニードレスでなくても問題ありませんよ。でもカジュアル過ぎない、おしゃれめなベビー服を選ぶようにしましょう。・春夏のお宮参りにおすすめ!母親の服装出典:@ milktea_junyufukuさん産後で体型がまだ戻っていないママも多い、お宮参りの時期。妊娠前のスーツを着ようと思ったら、チャックやボタンが閉まらない!なんてことも。さらにトータルで数時間かかるお宮参りでは、途中で授乳が必要になることもあります。そのため薄手のワンピースタイプの授乳服を1枚用意しておくといいかも。春なら上にジャケットを羽織って、夏ならワンピースのみでお参りするのがおすすめです。・春夏のお宮参りにおすすめ!父親の服装出典:@nmr.73さん着物を着用する人もいますが、多くのパパがスーツで参拝するようです。春にはジャケットを羽織りますが、真夏ならジャケットは羽織らずに、手に持っていてもいいかもしれません。ただどんなに暑くても、ビジネススタイルにするなら、神社内ではネクタイをきちんと締めるようにしておきましょう。カジュアルビジネスにするなら、ノーネクタイでも構いません。・春夏のお宮参りにおすすめ!祖父母の服装出典:@fuji_photo_studioさん両家のご両親も呼んで、お宮参りをする家族もたくさんいます。祖父母の服装はセレモニースーツである必要はなく、きちんとしたTPOにふさわしいものであればいいでしょう。真夏には暑さで体調を崩してしまう心配もあるので、ジャケットは麻素材など涼しいものを選んでもらうと安心です。・秋冬のお宮参りにおすすめ!赤ちゃんの服装出典:@ risa_pereさん春にもおすすめですが、秋冬のお宮参りでの赤ちゃんの服装には、セレモニードレスがぴったり。生地が厚いものを選べば、冬でも寒さをしのぐことができます。セレモニードレス付属の帽子もかわいらしく、晴れの日に合った服装です。出典:新生児におすすめのベビー服って?季節別ベビー服特集! @ komori_ijiriさんセレモニードレスを用意していないなら、少しおしゃれなベビー服でもOK!お祝いでおしゃれなベビー服をもらうこともありますよね。せっかくなので、お宮参りに赤ちゃんに着させてみてはいかがでしょうか。・秋冬のお宮参りにおすすめ!母親の服装出典:@risa_pereさんお宮参りではセレモニースーツ姿のママをたくさん見かけますが、せっかくなら和装をしてみるのもいいかも♡春夏には暑いママの着物も、秋冬ならちょうど防寒になりますよ。自前の着物を持っているなら、赤ちゃんの産着をママの着物と合う色で選ぶとおしゃれですよ。着物を持ってなくてもご安心を!写真スタジオには赤ちゃんだけでなく、ママの着物レンタルを実施しているところもあるので、確認してみてくださいね。・秋冬のお宮参りにおすすめ!父親の服装出典:@aitty725さんスーツ姿が定番のパパのお宮参りスタイルですが、寒い時期にはコートやマフラーをすればOK!難しく考える必要はなく、スーツ姿のビジネスマンを想像して、コーデしてみましょう。ただしビジネス用のコートを持っておらず、ブルゾンやパーカーしかないなら、上着は着ない方が無難かもしれません。・秋冬のお宮参りにおすすめ!祖父母の服装出典:@risa_pereさんおじいちゃん・おばあちゃんの秋冬のお宮参りでの服装は、春夏と同様の雰囲気で問題ありません。生地をウールなど秋冬に合うもので選んでもらい、いつもより少しきれいめのコーデを心掛けてもらえば大丈夫ですよ。ネクタイは締めない人も多いので、カジュアルビジネスの雰囲気で参加してもらいましょう。赤ちゃんの叔母さんや叔父さんにあたるパパやママの兄弟が参列される場合も、ある程度トーンを合わせてもらうといいですね。■TPOに合った服装で、素敵なお宮参りにしようかわいい赤ちゃんとのはじめての行事のお宮参り。産後に焦って用意するのではなく、出産前から服装や準備物を下調べしておくと安心ですよ。素敵な服装でお参りして、思い出深いお宮参りにしてくださいね。

【お宮参りの服装ガイド】赤ちゃん・母親・父親・祖父母の衣装選び!... お宮参りの服装は?私服でも大丈夫?赤ちゃん・両親・祖父母別に紹介! | YOTSUBA[よつば]

お宮参り 夏 服装 父親

お宮参りの服装:父親 ⓒmilatas-stock.adobe.com. パパのお宮参りの服装は、スーツが一般的です。正装ではブラックのフォーマルスーツが望ましいですが、完全にブラックではなくても問題ありません。ただ、やはり無難なダーク系にしておくのがおすすめです。 お宮参りの服装はどれにするか悩む お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすなかみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。呼び方は地域によっても様々で、初宮詣(はつみやもうで)・初宮参り(はつみやまいり)・産土参り(うぶすなまいり)などと呼ばれているところがあります。 神社でご祈祷してもらうのが正式な方法ですが、最近では神社へ行ってお参りするだけという人も増えています。 今回は、お宮参りの服装のマナーについて解説。赤ちゃん、母親、父親、祖父母、上の子など、それぞれにふさわしい格好をご紹介します。 お宮参りの服装「赤ちゃん編」 お宮参りの主役である赤ちゃんの服装を解説します。 既に新生児の退院服としてベビードレスを購入した方は、お宮参りに活用することも可能です。基本的な服装を見ていきましょう。 赤ちゃんのお宮参りの服装は白羽二重かベビードレスの祝い着が一般的 赤ちゃんのお宮参りの服装は、肌着の上に白羽二重(しろばぶたえ)という産着・内着を着せ、その上から祝い着をかけるのが正式な服装です。 しかし、最近では白羽二重ではなく、白いベビードレスの上に祝い着をかける着せ方が主流になっています。 祝い着とは、赤ちゃんに覆いかけるように着せる晴れ着のことを指します。地域によっては呼び方が異なり、産着や初着、掛け着ともいいます。この祝い着をつけると「お宮参り」らしさがぐっと際立ちます。 その他、帽子・スタイ(よだれかけ)、季節によっては靴下を着用します。 お宮参りの赤ちゃんの服装 正式な服装………肌着 + 白羽二重の内着 + 祝い着 一般的な服装……肌着 + ベビードレス + 祝い着 少しカジュアルな服装 …肌着 + ドレスオール + ケープ 男の子の祝い着は、黒や紺などシックな色が人気 男の子の祝い着は、鷹や兜、鶴などの熨斗目模様の紋付で、黒・紺・グレー・白などの色が人気があります。