• 記事: 28592
  • 質問に対する回答: 19206
  • コメント: 29619
  • 準備ができて答え: 28696

スマホベーシックプランl

スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile -... ワイモバイルの通話料は10分間無料!通話料をお得にするコツを公開 - インターネット・格安SIMのソルディ

スマホベーシックプランl

Y!mobileの「スマホベーシックプラン」のページです。スマホ(スマートフォン)・タブレット、ユニークなデザインのガラホ・ケータイ、快適なインターネットを楽しめるPocketWiFi(モバイルWi-Fiルーター)などをご紹介します。 Y! mobileのスマホプランS・M・Lには、10分無料通話サービスがはじめから基本使用料にパッケージ済みです。回数無制限で10分無料通話サービスが使えるなんて、とてもお得ですよね。スマホ・携帯電話・固定電話(IP電話を含む)が無料通話の対象ですが、無料通話対象外の番号もありますので、注意しましょう。画像引用:Y! mobile公式「料金」次に、無料通話をどのように活用すればお得に使えるのかを紹介していきます。Y! mobile公式ページ無料通話が適用される10分を過ぎると、30秒毎に20円かかります。お得に活用するためには3つのポイントを押さえる必要があります。ここからは、この3つのポイントをくわしく紹介していきます。通話が10分過ぎてしまいそうな時は、一旦切ってかけ直しましょう。かける回数は無制限なので、またかけ直せば無料通話が使えます。一見すると「なんだ、そんな簡単なこと」と思われるかもしれませんが、10分間は意外とあっという間に過ぎてしまいます。10分以降は30秒につき20円かかりますので、5分過ぎてしまったら200円となり、もったいないですよね。10分以上の通話が多い人や10分を計ってかけ直すのが面倒な人は、次に紹介する方法を活用することをおすすめします。LINEなどの無料アプリ通話は、近年多くの人たちに利用されているとても便利なツールです。昔に比べて音質もよくなりましたし、時間を気にすることなく利用できます。Y! mobileではLINE ID検索も利用可能なので友達の追加もスムーズにできます。通話している間についつい10分を超えてしまったり、普段から固定電話や無料アプリを使っていない相手に電話することが多い人は、「スーパーだれとでも定額」がおすすめです。スーパーだれとでも定額は、スマホプランS・M・L、ケータイプランSS、ケータイプランが対象のオプションで、申し込みすれば利用できます。画像引用:Y! mobile公式「パケット使い放題」通話時間も回数も無制限に使える通話完全定額サービスなので、長電話する人におすすめのオプションです。国内通話のスマートフォン、携帯電話、固定電話(IP電話を含む)が対象です。無料通話対象外の番号についってはこの後の章「Y! mobile無料通話の注意点:意図しない通話料の原因は?」でくわしく紹介しますが、海外への電話や番号案内、ナビダイヤルなどが対象外に含まれています。スーパーだれとでも定額は、Y! mobileの公式ホームページの「My Y! mobile、自動音声応答サービス(通話料無料)」から申し込みできます。申し込み方法を分かりやすく以下に書いてありますので、参考にして頂ければ幸いです。1.「https://my.ymobile.jp」へアクセスして、ログイン画面が表示されたら、Wi-Fi接続をオフにして、[かんたんログイン]をタップ。My Y! mobileにログインします。画像引用:Y! mobile公式「ワイモバイルスーパーだれとでも定額申込み」 2.右上の「契約内容変更」または「オプションサービスの変更」を選択します。 画像引用:Y! mobile公式「ワイモバイルスーパーだれとでも定額申込み」 3.お手続き表示下にある「オプションサービスの変更」を選択します。画像引用:Y! mobile公式「ワイモバイルスーパーだれとでも定額申込み」 4.オプションサービス変更が完了です。 普段何気なく留守番電話サービスを利用していると、そこに通話料が発生していることを忘れている場合があります。留守番電話を聞く場合も、留守番電話にメッセージを残す場合も有料です。意外に気づかない点ですので、請求書を見て驚かないように覚えておきましょう。これまで10分無料通話について紹介してきましたが、ここで基本になるプランであるスマホプランについて触れておきます。画像引用:Y! mobile公式ホームページ「スマホプラン」 まず、Y! mobileのスマホプランにはS・M・Lの3タイプあり、それぞれに10分無料通話がはじめから基本使用料に組み込まれています。 スマホプランS・M・Lは、2年間を契約期間として利用する料金プランになっており、2年単位で自動更新する契約です。また、契約更新月以外での回線の解約や、契約期間が2年未満の料金プランへの変更は契約解除金として9,500円がかかりますので注意が必要です。ワンキュッパ割は加入翌月から12か月間基本使用料から1,000円引になるキャンペーンで、スマホプランS・M・Lが対象になっています。ワンキュッパ割の申し込みの条件としては、新規契約、他社・ソフトバンクからの乗り換え(MNPを含む)をする場合や、Y! mobileの以下の料金プランから指定料金プランへの契約変更を行う場合、またはプラン変更を伴う機種変更をすることが申し込み条件となっています。4.「申し込み」をタップして、完了画面で適用日を確認します。画像引用:Y! mobile公式「料金プランの変更」※申し込みの手続きはこちらへ Y! mobileにはスマホプランの他にケータイプランもあります。次の章ではケータイプランを紹介しますので、参考にしてみてください。Y! mobile公式ページY! mobileの携帯には10分無料通話がありません。その代わり、Y! mobileの携帯PHSやスマートフォンのPHS回線へは何度かけても無料です。また、Eメール(写真付き)も無料で利用できます。Y! mobileのケータイプランは2018年3月31日を持って新規契約と機種変更、料金プラン変更を終了しております。なお、現在加入中の人は継続して利用できますので安心してください。このプランは、基本使用料の月額が1,381円で「Y! mobileのケータイへ話し放題」、「Eメール(写真付き)使い放題」、「パケットも定額で使える」がはじめからついているプランです。ケータイプランは契約期間が3年と長く、契約更新月以外の回線の解約や3年未満の料金プランへの変更は、契約解除料として9,500円の支払いが発生しますので注意が必要です。Y! mobileのケータイプランは2018年3月31日を持って新規契約と機種変更、料金プラン変更を終了しております。しかし、現在加入中の人は継続して利用できます。ケータイプランに「だれとでも定額」のオプションをつけると、月額934円で10分無料通話が使えるようになります。このオプションを申し込めば、スマホプランと同様に10分無料通話が利用できますのでおすすめです。ケータイプランに「スーパーだれとでも定額」のオプションをつけると、国内通話の通話時間も回数も無制限で利用できるほか、インターネットも無料で使い放題です。月額は1,500円で利用できますので、長電話になりがちな人には嬉しいオプションですね。ここまではY! mobileについて解説しましたが、次の章ではY! mobile以外も検討したい人におすすめする格安SIMをご紹介します。Y!

ワイモバイルの料金プランが7月に改定!容量超過後も最大1Mbps シム... 楽天モバイル:スーパーホーダイ

スマホベーシックプランl

現在スマホベーシックプランs・m・rに契約中の方が、s・m・rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 タブレットを利用したい方は「データベーシックプランS」「データベーシックプランL」のどちらかを選択することになります。 が、それぞれ1GB/7GBのデータ容量しかないため、動画などを見る場合は通信容量が逼迫する可能性も。ポケットWi FiやWi MAXを利用するか、Wi Fi環境でしかデータ通信を行わないように気を使う必要がありそうです。 ▼ワイモバイルのデータプランは若干データ容量が少ないため、あまりタブレットを利用しない方向けの料金プランとなっています。格安SIMでタブレットを利用することを考えている方は以下記事をご一読下さい。 1番おすすめの確認方法は、My Y!

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要と旧プ... 楽天モバイルのベーシックプランのメリット・デメリット

スマホベーシックプランl

新料金プランはこれまでメインとなっていた「スマホプラン s/m/l」を変更して、「スマホベーシックプラン s/m/r」となります。 具体的に現在のメインプランであるスマホプランの料金との比較を下記の表にまとめました。(月額料金) mobileというマイページで確認する方法です。スマホで手軽に確認できるので、請求書を発行するといった手間がありません。 その他には毎月12日頃に届く請求金額お知らせメールから、オンライン料金案内にアクセスする方法もあります。 また、請求書を書面で発行して確認する方法もありますが、これには200円がかかります。My Y! mobileなら無料で確認できるので、あまりおすすめできない方法です。 My Y”mobileというマイページから確認する方法をご紹介します。たったの4ステップで確認できるので、手順を見ながら一緒に確認してみましょう。 以上で簡単に料金プランが確認できます。料金プランを変更したいという方は、次の項でご紹介する「料金プラン変更方法」を参考にしてください。 ワイモバイルのお申込みはこちら 毎月ギガが足りない・余るという方は、一度料金プランを変更してみると良いかもしれません。ワイモバイルの料金プランは、My Y!

(受付終了)スマホプランS/M/L|料金・割引|ワイモバイル(Y!mobile... 【2019/10最新版】Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホベーシックプラン」を解説。さらにドコモの料金プランと比較してみた。-シムナビ

スマホベーシックプランl

「スマホプラン」、「ケータイプランss」、「4g-sプラン」から「スマホベーシックプラン」「ケータイベーシックプランss」に変更する際の契約解除料(9,500円)を免除します。 条件: 下記のいずれかの条件を満たすことが必要です。 mobile(マイページ)から自分で変更できます。 ▲STEP1.まずMy Y!

Y!mobileのスマホ向け“分離プラン”は「スマホベーシックプラン」のリ... ワイモバイルの料金プランを比較解説|おすすめプランはこれ!変更・シミュレーションは可能? | iPhone格安SIM通信

スマホベーシックプランl

スマホベーシックプランlの契約者 10月1日以降、 月額料金が8480円から5680円に値下げ される。 それ以外の利用条件は変わらない。 スマホベーシックプランLに変更はありません。 また、新規契約、MNP契約、契約変更で申し込むと基本使用料を6カ月間毎月700円割引する「新規割」も提供が開始されます。 このほか、光回線とのセット割引「おうち割 光セット(A)」か、2回線目以降が割引となる「家族割引サービス」を併用すれば、加入翌月から7カ月目までの料金は、スマホベーシックプランSなら月額1,480円から利用可能です。 Y!

【新プラン!ワイモバイルのスマホベーシックプランS/M/Rを解説】契約... ワイモバイル「スマホベーシックM/Rプラン」を7/1〜改定!|DigitalTimes

スマホベーシックプランl

スマホベーシックプランは月額2,680円~利用できる; スマホベーシックプランの高速データ通信容量(gb)は「s:4gb」「m:12gb」「r:17gb」 スマホベーシックプランは1回10分以内の国内通話がかけ放題; スマホベーシックプランには契約期間(縛り)がなく違約金も発生 ... ソフトバンクの低価格ブランド「ワイモバイル」が2020年7月1日より主力料金プラン「スマホベーシックプラン」のサービス改定を行います。 改定内容は、料金据え置きで毎月使えるギガの増量(プラン(M))と、ギガを使い切った場合の低速通信を現行の128Kbpsから1Mbpsへと大幅に高速化(プラン(M/R))となります。 “ワイモバイル”、スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定 | ソフトバンク おそらく、楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」への対抗、そして一か月早くサービス改定したUQモバイルへの対抗だと思われます。 この記事では新しいスマホベーシックプランのサービス内容の詳細説明と、UQモバイルや楽天モバイルとの全サービス比較を行っていきます。 最大の特徴は、高速通信のギガを使い切った場合の低速通信速度が128Kbpsから1Mbpsへと大幅に高速化されたことです(プランM/L)。 今までは高速通信のギガを使い切ってしまうと通信速度128Kbpsへ速度制限され、この速度はYahoo!

【7月改定版】ワイモバイル新料金プラン「スマホベーシックプラン」の... Y!mobile、「スマホベーシックプラン」で使えるデータ量を10月から増量 - iPhone Mania

スマホベーシックプランl

新プラン「スマホベーシックプラン」にプラン変更することで、ギガも契約当初のギガがずっと使えるし、月額料金も安くなるし、解約時の違約金もなくなります。 しかも、新プランへのプラン変更にあたって旧プランの違約金等は発生しません。 JAPANのトップページも開けないほどの低速通信でした。 これが低速通信でも1Mbpsへと高速化されることで、速度制限がかかっても標準画質程度の動画視聴も十分こなせる速度になります。 今回のプラン改定により、月額料金や割引サービスなどの変更はありません。 通信サービスの変更のみとなります。 「スマホベーシックプラン(M)」のデータ通信容量(ギガ)が今までの「月間9GB」から「月間10GB」へ増量されます。 また、利用開始から最大13か月間無料適用される「データ増量オプション」は従来通り適用され、それにより「スマホベーシックプラン(M)」の最大13か月間のデータ通信容量(ギガ)は「月間12GB」から「月間13GB」へ増量されます。 「スマホベーシックプラン(M/R)」の低速通信が今までの「低速通信128Kbps」から「低速通信1Mbps」へと大幅に高速化されます。 「スマホベーシックプラン(S)」の低速通信128Kbpsはかわりません。 今回のプラン改定は「スマホベーシックプラン(S)」には影響を与えません。 「スマホベーシックプラン(S)」のサービス内容じゃ従来のままとなります。 今回のサービス内容改定では、「余ったギガの翌月繰り越し」や「高速通信・低速通信の切替」の機能は見送られました。 このサービス内容は2020年7月1日より適用されます。 すでに「スマホプラン(M/R)」をご利用の方は7月1日以降は自動的に新しいサービス内容が適用されます。 “ワイモバイル”、スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定 | ソフトバンク 現在「スマホベーシックプラン」をご利用の方も7月1日より新しいサービスが適用されます。 現在「スマホベーシックプラン(M/R)」をご利用であれば、自動的に新しいサービス内容での利用ができます。特に申し込み等は不要です。 旧プラン「スマホプラン(S/M/L)」をご利用の方が「スマホベーシックプラン(S/M/R)」へプラン変更する場合には注意が必要です。 ワイモバイルのご利用期間が3年を超えている場合には違約金等不要で「スマホプラン(S/M/L)」から「スマホベーシックプラン(S/M/R)」へプラン変更することができます。 現在ご利用の「スマホプラン(S/M/L)」の継続利用期間が3年、ではなくワイモバイル(旧イーモバイル含む)のご利用期間が3年以上、です。 なので、「スマホプラン(S/M/L)」のご利用期間は3年経っていなくても、スマホプラン以前(たとえば旧イーモバイルの4GSプランなど)から継続利用で3年以上あれば、いつでも無料で「スマホベーシックプラン(S/M/R)」へプラン変更することができます。 上記以外(ワイモバイル継続利用3年未満)の方は、「スマホプラン(S/M/L)」から「スマホベーシックプラン(S/M/R)」へのプラン変更は「解約・新規契約」となるため、「スマホプラン(S/M/L)」の違約金9,500円が必要となります。 ワイモバイルの「スマホベーシックプラン」改定は、UQモバイル同様に楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」対抗だと思われます。 月額2,980円での大容量ギガと低速でも1Mbpsと動画視聴も十分という楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」へ寄せてきたサービス改定です。 各社の料金プランの概要を以下にまとめます。 上記の表からわかるように、今回のワイモバイルのプラン改定は「スマホベーシックプラン(M)」を楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」およびUQモバイル「スマホプラン(R)」に寄せていることがわかります。 よって、ここからは楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」の月額2,980円プランに対する、ワイモバイル「スマホベーシックプラン(M)」とUQモバイル「スマホプラン(R)」との比較を中心にしていきます。 ワイモバイル「スマホベーシックプラン(M)」、UQモバイル「スマホプラン(R)」、楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」を比較するとサービス概要は以下のようになります。 まず、この比較表に従ってサービス項目を説明していきます。 まず各社のサービスエリアについてですが、ワイモバイルは全国のソフトバンクエリアで利用可能、UQモバイルはKDDI(au)のサービスエリアで利用可能で、どちらもほぼ全国をカバーしています。 楽天モバイルは現在自社回線エリアが都市部を中心に非常に狭く、全国のほとんどのエリアはKDDI(au)の回線を借りてサービスを提供しており、これを「パートナーエリア」と呼んでいます。 楽天モバイルについては、この「自社回線エリア」「(国内)パートナーエリア(au回線)」に加えて、海外の66の国・地域でも使える「海外パートナーエリア」があり、エリア別の詳しいサービス内容については以下の記事を参考にしてください。 この記事では、楽天モバイル「自社回線エリア」と「国内パートナーエリア」を中心に比較していきます。 3社とも月額料金2,980円に寄せていますが、ワイモバイル「スマホベーシックプラン(M)」は月額3,680円と少し高くなっています。 これは、「スマホベーシックプラン(M)」には「10分かけ放題オプション」が標準装備であるためで、UQモバイル「スマホプラン(R)」に「10分かけ放題(月額700円)」を追加すると、同額3,680円になります。 ワイモバイル・UQモバイルともに高速通信容量(ギガ)を使い切った後の通信速度は1Mbpsへ速度制限されますが、この速度は標準画質動画も十分見れる速度です。 楽天モバイルでは自社回線エリアで1日に10ギガを超過するとその後日付が変わるまで速度3Mbpsへ制限、auエリアでは月5GB超過後は1Mbpsへ制限となります。 UQモバイルおよび楽天モバイルのauエリアでは、アプリで「高速・低速通信」の切替がいつでもできますが、ワイモバイルでは切り替えができません。 3社とも標準電話アプリを使った音声通話料金は20円/30秒となります。格安SIMなどで提供されている通話料金が半額になるようなサービスは提供されません。 ワイモバイルは標準で「10分かけ放題」を装備していますが、UQモバイルでは無料通話はすべて有料オプションになります。 また、楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」は無料アプリ「Rakuten LINK(楽天リンク)」を利用することで、国内・海外での音声通話・SMSが無料となります。 楽天モバイルには「自社回線エリア」「国内パートナーエリア」「海外パートナーエリア」という3つのエリアがあり、エリアによってサービス内容が違ってきます。 自社回線エリア内での通信は「ギガ無制限」ですが、実際には毎日10ギガを超えた場合にはその日は日が変わるまで(0:00)速度が3Mbpsに制限されます。 国内パートナーエリア(au回線)では毎月5ギガ使えて、5ギガ超過後の通信速度は1Mbpsに制限される仕組みです。 これに対し、ワイモバイル・UQモバイルともに毎月10ギガ(増量オプションで13ギガ)使えて、超過後の通信速度は1Mbpsに制限される仕組みです。 3社とも「低速通信1Mbps」という通信速度は低速制限であっても動画視聴が十分できる速度です。 「低速通信1Mbps」は毎月のギガを使い切った場合に制限される通信速度ですが、楽天モバイルとUQモバイルはアプリでいつでも「高速通信と低速通信の切り替え」が自由にできます。 どちらも低速通信はギガ無制限で使えるので、低速通信を活用することで高速通信のギガを節約することができます。 ワイモバイルは「高速・低速の切り替え」ができないので、高速通信を使い切った場合のみ月末まで低速通信1Mbpsで我慢する、という使い方になります。 楽天モバイルとUQモバイルはアプリで「高速・低速の切り替え」ができることで、高速通信ギガの節約ができます。 そしてUQモバイルは節約で余った高速通信ギガを翌月へ繰り越して無駄なく使うことができます。 楽天モバイルとワイモバイルでは余ったギガの翌月繰り越しはできません。 このようにデータ通信の使い勝手はUQモバイルが一番優れています。 UQモバイルなら「高速・低速通信切替でギガ節約」「余ったギガを翌月へ繰り越し」によって、ギガがどんどん貯まっていきます。 楽天モバイルは「高速・低速通信切替でギガ節約」はできますが、余ったギガの翌月繰り越しができません。 ワイモバイルは「高速・低速通信切替でギガ節約」も「余ったギガの翌月繰り越し」もできません。 3社の標準電話アプリを使った通話料金は20円/30秒です。 多くの格安SIMサービスで提供されているような「10円/30秒」となるアプリは提供されていません。 ワイモバイルの「スマホベーシックプラン(M)」は標準で「10分かけ放題」を装備していますが、UQモバイル「スマホプラン(R)」は無料通話は別途有料オプションです。 月額料金は少しワイモバイルの方が高く見えますが、「10分かけ放題」を加えてみるとワイモバイルもUQモバイルも月額3,680円と同じ月額料金になります。 ワイモバイルもUQモバイルも国内完全かけ放題のサービスを利用することができます。 ワイモバイルは月額1,000円の「スーパーだれとでも定額」、UQモバイルは月額1,700円の「かけ放題(24時間いつでも)」をオプション追加することで、月額4,680円で国内完全かけ放題となります。 楽天モバイルでは「Rakuten LINK(楽天リンク)」という無料アプリを使うことで、国内・海外での通話料金が完全無料になります。 国内だけでなく海外66の国・地域の「海外パートナーエリア」でも「090/080/070番号」による通話が無料です。 Rakuten LINK(楽天リンク)は無料アプリなので、「UN-LIMIT(アンリミット)」の月額2,980円のままで「国内・海外でかけ放題」ができます。 また、音声通話を多く使う人に便利な機能「留守番電話」がワイモバイルと楽天モバイルなら無料、UQモバイルは別途月額380円の「電話基本パック」が必要です。 なお、ワイモバイルは留守番電話オプションは無料ですがメッセージを聞くための通話料金は有料であるのに対し、楽天モバイルなら留守番電話無料に加えてメッセージを聞く通話料金も無料です。 Rakuten LINK(楽天リンク)によって、音声通話(090/080/070番号)のお得度は楽天モバイルが断トツでお得になります。 ただし、このRakuten LINK(楽天リンク)は現在のところAndroid向けアプリのみが提供されており、i OS(i Phone/i Pad)向けのアプリは提供されていません。 また、使い始めるためのログイン(認証)に少しクセがあり、ログイン可能なスマホも限られてくるというクセの強いサービスです。 Rakuten LINK(楽天リンク)に興味持った方はこちらの記事もぜひ読んでみてください。 若者向けの割引サービスに対して、シニア層(60才以上)に対するキャンペーン・割引の特典もあります。 UQモバイルとワイモバイルでは60才以上の利用者に対して、特定の条件のもと「通話し放題サービス」を提供しています。 UQモバイルでは60才以上の利用者に対して、完全かけ放題オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の月額料金(通常1,700円)を「6か月間無料、7か月目以降1,000円」と割引提供しています。 ワイモバイルでは60歳以上であれば、完全かけ放題オプション「スーパーだれとでも定額(月額1,000円)」をずっと無料で提供しています。 LINEなどのアプリ通話をあまり利用しないシニア層に対して、従来の電話サービスを安く提供してくれる特典です。 楽天モバイル「UN-LIMIT(アンリミット)」は月額2,980円の範囲内で海外66の地域・国(海外パートナーエリア)で通話・通信サービスが使えます。 海外でも通信が2ギガ使えて、音声通話(090/080/070番号)も海外で発信・着信可能、発信は通話料金無料です(Rakuten LINK利用時)。 2ギガで足りない場合でも、「1GB=500円」の低価格でギガの追加チャージが可能、国内だけでなく海外でも使い勝手の良いサービスです。 いわゆる「ケータイメール」「キャリアメール」と言われてるメールサービスが「MMS」、携帯電話間のメール送受信では信頼性が高いとされているサービスです。 ワイモバイルは標準でMMSメールアドレスを提供しており、追加料金なしでMMSが利用できます。 UQモバイルではMMSは月額200円のオプションとして提供されます。 楽天モバイルではMMSメールサービスを提供していません。 現在スマホではGMailなどのフリーメールをご利用の方が多いですが、ガラケー利用者との連絡が多い場合には信頼性の高い(とされている)MMSを利用できる方が安心できます。 ワイモバイル・UQモバイル・楽天モバイルともに公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを提供しています。 ワイモバイルではソフトバンクが提供している「Softbank Wi-Fi」が無料で利用できます。 大手キャリアをご利用の方で、キャリア決済サービスを利用している方も多いでしょう。 ワイモバイルでは「ソフトバンクまとめて支払」と同じサービス「ワイモバイルまとめて支払」が提供されており、また「ワイモバイルまとめて支払」に対応していない場合でも「ソフトバンクまとめて支払」に対応していればキャリア決済サービスを利用できます。 同様に、UQモバイルも「auかんたん決済」に対応しています。 楽天モバイルでは現時点ではキャリア決済サービスに対応していません。 LINEでID検索を行うためには年齢認証が必要になります。 このLINE年齢認証は大手キャリアが持っている個人情報を使って認証されるため、一般的な格安SIMではLINEのID検索が利用できません。 ワイモバイルは大手キャリアソフトバンクのサブブランドであるため、ソフトバンクが管理している個人情報を使ってLINE年齢認証を行うことができます。 UQモバイルはLINE年齢認証ができませんが、2020年5月よりUQコミュニケーションズからKDDI(au)へ運営が移管され、ワイモバイルと同様に大手キャリアauのサブブランドとなったことから、やがてLINE年齢認証ができるようになると思われます。 楽天モバイルでは現時点ではLINE年齢認証に対応していません。 通信・通話サービスとして一番のオススメはUQモバイルです。 まず、高速通信容量(ギガ)の使い勝手が一番優れていて、ギガの節約によってどんどんギガが貯まっていきます。 大手キャリアではスマホのサービスを金融サービス(ネットショップや決済サービス)との抱き合わせを展開しています。 UQモバイル(KDDI)は「auかんたん決済」「au Pay」などの決済サービスと「au PAYマーケット(au Wowma!

【1分でわかる】Y!mobile「スマホベーシックプラン」とは?過去プラン... Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランを解説!シンプルで分かりやすいのが魅力 | モバレコ - SIM・スマホの総合通販サイト

スマホベーシックプランl

2019年10月からY!mobileは新料金プラン「スマホベーシックプラン」に変わりました。この記事では、2019年9月末までの過去プランと比較して、分離プランの変更点と特徴をわかりやすく解説。 )」というネットショップを展開しています。 ワイモバイル(ソフトバンク)は「まとめて支払」「Pay Pay」などの決済サービスと「Yahoo! ショッピング」「Pay Payモール」などのショップを展開しています。 楽天モバイル(楽天)では「R Pay」「楽天ポイント」などの決済・ポイントサービスと「楽天市場」を展開しています。 ワイモバイルの利用者なら「Yahoo! JAPAN連携」を設定することで、会費無料でYahoo! JAPANのプレミアム会員(Yahoo! プレミアム for Y! mobile)になることができます。 プレミアム会員ならYahoo! JAPANのサービス利用で以下のような特典を受けることができます。 このように、オプション料金月額500円に対して「クーポン500円」「ギガ500円相当(500MB)」がもらえて、さらにお買い物ポイントが5%上乗せ(プレミアム会員と合わせて10%還元)と超お得なオプションです。 ソフトバンクではYahoo! ショッピングやヤフオクなど大きな経済圏を持っており、Pay Payでの還元サービスが活発に行われています。 Yahoo!

Yahoo!モバイル - 料金プラン ワイモバイル、“縛りなし”の料金プラン値下げ。月額2,180円から

スマホベーシックプランl

料金プラン ※1 メールやネットがメインなら. スマホベーシックプラン s. アプリもたくさん使うなら. スマホベーシックプラン m. 動画やゲームも楽しむなら. スマホベーシックプラン r. 月額基本 使用料 初月 (日割り) 2,680 円. 3,680 円. 4,680 円. 2〜7カ月: 1,980 ... ちょっと、他の格安SIMに比べると割高になっていますが、新規契約直後は「ワンキュッパ割」適用により加入翌月から12ヵ月基本使用料が1,000円割引となります。さらに、データ増量無料キャンペーン適用の場合、データ増量オプションの月額料が加入翌月から24ヵ月無料となりますので、当初2年間のデータ量は以下の様になります。・スマホプランS 2GB → 3GB・スマホプランM 6GB → 9GB・スマホプランL 14GB → 21GB価格面から見るとUQモバイルと拮抗している感じです。また、上記の価格は2年契約の料金となっています。更新月以外に解約を行うと、契約解除料として9,500円がかかります。 2019/10から施行された改正電気通信事業法に基づき、UQモバイルも新料金プラン「スマホベーシックプラン」を開始しました。■「スマホプラン」との違い・2年契約を廃止(よって違約金も発生しない。)・5分以内のかけ放題や無料通話がオプション扱いになった。・基本データ量を増量(プランS・プランMのみ)・Lプランの廃止・各プラン500円程安くなっている。ザっと違いをまとめると、上記の様になります。2年契約を廃止したのは大きいと思います。これで、いつ解約してもバカ高い違約金を払うことはなくなりました。さらに、各プラン共に値下げがされています。では、「スマホベーシックプラン」への変更は可能なのでしょうか?■以下のいずれかを満たす場合は契約解除料はかからないようです。・ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること・機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」にプラン変更すること上記の条件を満たしていれば、更新月以外に「スマホベーシックプラン」へ変更しても違約金は発生しません。要するに2年以上契約しているか、機種変更を行えば、更新月は関係なく、いつでも「スマホベーシックプラン」への変更は出来ますよ。って事です。2年以上ワイモバイルを契約している場合、または機種変更をする方は、「スマホベーシックプラン」への変更をした方がよさそうです。 料金プランもUQモバイルとほぼ同じなので、UQモバイルと迷っているのであれば、使用したい端末で選ぶというのも選択肢になります。また、通信速度も他の格安SIMに比べて安定していますので、2年縛りが気にならない、2年目は基本料金が1,000円増しになる点が許容できれば「Y!