• 記事: 25361
  • 質問に対する回答: 16588
  • コメント: 22991
  • 準備ができて答え: 27621

クラシック ピアノ 難易度

クラシックピアノ曲の演奏難易度ランキング クラガク –... リストの【ハンガリー狂詩曲】を紹介するよ!第2番・第6番など|クラシックなひと時

クラシック ピアノ 難易度

クラシックのピアノ曲を演奏難易度順にランキング形式で紹介します。ランク分けの基準は、ドイツの楽譜出版社ヘンレの難易度付けが元になっています。 今回はリストの『ハンガリー狂詩曲』のご紹介です。 『ハンガリー狂詩曲』はリストが少年時代から慣れ親しんだ、祖国であるハンガリーの民謡を題材に作曲されたとされています。 『ハンガリー狂詩曲』のエピソードや試聴できる動画、おすすめCDなどご紹介していきますので是非、ご覧ください。 リストの「ハンガリー狂詩曲」について クラペン リスト 故郷をイメージして書いた曲だけど 「狂詩曲」ってなんか凄まじいイメージですね!?(「狂う」ってつくからwww) でも英訳するとラプソディで自由奔放な形式で民族的あるいは叙事的なイメージの楽曲を指します。 J-POPだと竹内まりやさんの「純愛ラプソディ」という曲がありましたね~。 ラプソディの意味も分からず聴いてましたwww さて『ハンガリー狂詩曲』はリストが生まれ故郷のハンガリーをイメージして作られた曲なのですが・・・。 実際はリストがハンガリーの民謡と思っていたのが実はジプシーの音楽だったと言われています。 ジプシーとは移動型民族のことですから、ハンガリーで演奏されていたもののハンガリー古来の音楽ではなかったかも知れないということでしょうか。 リストはハンガリー出身ではありますが、曾祖父がドイツ語を母国語とする小作人で且つ、子どもの頃から旅をすることが多くてハンガリー語で話す機会がなかったようです。 パリで暮らしていた頃はフランス語を話していましたが結局、祖国であるハンガリー語は話せなかったといいます。 そんな理由からリストは祖国のハンガリーで慣れ親しんだ音楽のルーツについて、あまり詳しくなかったかも知れませんね。 第2番、第6番が特に有名 『ハンガリー狂詩曲』はまず15曲で1853年に出版されました。 後に4曲追加され、全19曲となります。 ただ最初に出版された15曲の方が演奏されることが多く、特に第2番と第6番が有名です。 第2番はアメリカの人気アニメ「トムとジェリー」に使われたことでも知られています。 曲の難易度は? リストといえば超絶技巧派のピアニスト。 「ピアノの魔術師」や「ヴィルトゥオーゾ」と呼ばれるほどです。 自身の演奏技術を存分に発揮して演奏するような難しい曲も得意ですが反面、天使のささやきのような甘美な曲も作ることがありました。 『ハンガリー狂詩曲』は・・・。 難しい曲の方に入るようですね。 是非、下記の動画を試聴してみてください。 リストの難易度の高い曲といえば『ラ・カンパネラ』が有名です。 この曲の記事もありますので合わせてご覧ください。 【ラ・カンパネラ】リストの曲の中でも超絶技巧を要する代表曲今回はリストの『ラ・カンパネラ』という曲をご紹介します。 「ピアノの魔術師」と呼ばれるほどの超絶技巧派ピアニストだったリストですが、作曲・編曲した曲も自身の技術を最大限に駆使する難曲が多いようです。 そんなリストの曲の中でも代表的な曲の一つ『ラ・カンパネラ』のエピソード、おすすめピアニストによる『ラ・カンパネラ』の演奏が聴ける動画、おすすめCDなどご紹介しますので是非、ご覧ください。... リストの「ハンガリー狂詩曲」おすすめ動画 ここからは『ハンガリー狂詩曲』のおすすめ動画のご紹介です。 クラペン 萬谷衣里(ハンガリー狂詩曲第2番) 第4回リスト国際ピアノコンクールで最高位を獲得した実力派ピアニスト、萬谷衣里さんの演奏です。女性ながらダイナミックな演奏です! 辻井伸行(ハンガリー狂詩曲第2番) 日本を代表するピアニスト、辻井伸行さんの「第2番」。 ピアノの神様が舞い降りてきたかのような圧巻の演奏を聴かせてくれます。 アリス=紗良・オット(ハンガリー狂詩曲第2番) 裸足の美人ピアニスト、アリス=紗良・オットさんの演奏。 彼女は「カジュアルにクラシック音楽を聴いてほしい」との願いから裸足で演奏されていますが、ピアノを弾く時に醸し出す雰囲気、音色、演奏技術はひと際、品性が高く感じられます。 アリス=紗良・オットさんについては別記事がありますので合わせてご覧ください。 アリス=紗良・オットの評判やおすすめアルバムの紹介【裸足で奏でる美人ピアニスト】今回はピアニスト、アリス=紗良・オットさんの登場です。 端正な音色と裸足で演奏をするという堅苦しくない雰囲気で聴き手を魅了するピアニス... マルタ・アルゲリッチ(ハンガリー狂詩曲第6番) 大御所ピアニスト、マルタ・アルゲリッチさんの第6番の演奏。 ド迫力の演奏で初っ端から惹きつけられます。 後は情熱的な演奏にただ身を任せているだけで幸せな気分になれます。 マルタ・アルゲリッチさんについての記事もありますので合わせてご覧ください。 マルタ・アルゲリッチ【ショパン国際ピアノコンクールも制した最高峰の美人ピアニスト】今回はピアニスト、マルタ・アルゲリッチのご紹介です。 現役のピアニストの中では最高峰と謳われる一人です。 自由奔放で情熱的、良い意味... リストの「ハンガリー狂詩曲」おすすめCD クラペン 奇蹟のカンパネラ CD(フジ子ヘミング) 不遇の時代を乗り越えた奇蹟のピアニスト、フジ子ヘミングさんのアルバム。 リストといえば代表曲である『ラ・カンパネラ』が有名ですが、本アルバムに収録されている『ハンガリー狂詩曲』第2番も名曲ですのでフジ子ヘミングさんの深みのある演奏で是非、ご堪能ください。 ちなみにAmazonプライム会員なら無料で聴けます! フジ子・ヘミングさんの紹介記事もありますので合わせてご覧ください。 フジコ・ヘミングを紹介するよ【魂のピアニスト】壮絶な人生、ピアニストとしての評価など今回はピアニスト、フジコ・ヘミングさんのご紹介です。 デビューアルバムの『奇蹟のカンパネラ』はクラッシク音楽としては異例の大ヒット。

クラシックピアノ曲 難易度一覧表 - fc2web.com ショパン エチュード 作品10 - クラシックの森:ショパン大好き

クラシック ピアノ 難易度

クラシックピアノ曲 習得難易度 審査規格基準 ㈱全音楽譜出版社発行 東京都新宿区上落合2丁目13番3号 ... ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ・リスト! またもや『ラ・カンパネラ』がタイトルにつく辻井伸行さんのアルバム。 やはり『ラ・カンパネラ』はメジャーですね・・・。 上項目の動画コーナーで辻井伸行さんの『ハンガリー狂詩曲』第2番を気に入った方は、本アルバムには第6番が収録されているので是非、聴いてみてください。 第2番は収録されていませんが・・・。 辻井伸行さんの紹介記事もありますので合わせてご覧ください。 辻井伸行という盲目の天才ピアニストのご紹介【母と2人3脚で歩んだ世界への道】今回は盲目の天才ピアニスト辻井伸行さんのご紹介です。 本ブログ「クラシックなひと時」でも各作曲家のピアノ演奏のおすすめ動画、おすすめC... まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は第2番、第6番を中心にご紹介しましたが、他にも名曲がありますのでYou TubeやAmazonのプライム会員特典などで探してみてください! 以上、「リストの【ハンガリー狂詩曲】を紹介するよ!第2番・第6番など」でした。 クラシック音楽をお得に聴くにはこれ! クラシック音楽に興味を持ち始めたら色んな曲を聴きたくなりますよね! でも聴きたい曲をCDで購入したら結構なコストになります。 しかしAmazonプライム会員なら安価な年会費でかなりのクラシック音楽を堪能することができます。 今をときめくクラシックアーティストのCDを多く聴きたいならAmazon Music Unlimitedに入会すれば本サイトでご紹介している比較的最近リリースされたアルバムでも聴ける可能性があります。 是非、下記ボタンをクリックし、紹介記事をご覧ください! 新規登録後30日間は無料です。

ピアノ曲で超絶技巧の難易度MAXの曲10選をご紹介!最高難度の曲とは?...

クラシック ピアノ 難易度

ピアノで「弾くのが難しい曲」とは?こちらでは、「弾けたらかっこいい!超絶技巧のピアノの難易度MAXの難しい曲10選」をご紹介しています。現役で活躍するピアニストでさえ難しいと弾くのを避ける曲、あなたもチャレンジしてみませんか? こんばんは、グラフィッカー☆JUNです。(^-^)/以前、ショパンのエチュードの目的やその演奏の難易度についてお話しさせて頂いてから、少し間が空いてしまいました。ごめんなさい。(。-人-。) ということで、今回は具体的にエチュードを1曲づつご紹介していきたいと思います。先にお断りしておきますが、ボクは音大生でもなければ、ピアノを生業としているワケでもないので、その道の人が見たらおかしいところも多々あると思いますので、どうぞ軽く参考程度に読んでいただけたら幸いです。上記の過去記事でもお話しましたが、ショパンのエチュードは作品10で12曲、作品25で12曲、その他3曲で合計27曲です。しかし、最後の3曲に関しては曲集としての立ち位置がちょっと違いますので、ここでは全24曲ということにさせて下さい。ちなみに、作品10は以下op.10(読みは、オーパス10)と表記します。なんかこう書いただけで、ちょっとショパン通な感じがしませんか?(笑)さて、では先ずop.10の12曲から張り切って行ってみましょう!(^-^)/ エチュード ハ長調 op.10-1 いきなり、エチュード全24曲の中でも最高難易度の部類に入るop.10-1です。(たぶん、24曲中2番目に難しいです。)とにかく始終開きっぱなしの手、10度を超える分散和音を猛スピードで上ったり下ったりの胸突き八丁。そして、手首・腕の相当な柔軟さと、最後まで弾ききる強靭さ、指の持久力を全て併せ持った人でないと演奏はまず不可能です。曲としては、優雅かつ豪華絢爛。壮大なスケールを感じます。ファイナルファンタジーのクリスタルのテーマっぽいといえば、そう聴こえなくもないです。(笑)≪滝≫という副題がつく場合もありますが、そんなクソみたいな副題は犬に食わせましょう。 エチュード イ短調 op.10-2 これもかい!って感じで最高難易度の部類に入るop.10-2。(たぶん、3番目に難しいです。)曲としては、非常に地味で、華やかさがほとんど感じられないのですが、実際に目の前で曲を弾いている手と楽譜をみれば、恐ろしいほど難易度が高いということが理解できます。腱鞘炎になってしまうのではないかというくらいの速いテンポで、しかも全て中指・薬指・小指だけで(←これ!!!? )、終始半音階アルペジオを淡々と弾き続けなければならないのです。そして、曲が終わるまで休む暇はひとときもないです。「すぐ側に医者が必要だ。」と揶揄された話は有名で、あの超絶技巧派のピアニスト横山幸雄さんでさえ「できればこの曲は世の中に存在しないで欲しかった。」とまで言ってるのですからね…(^^;; エチュード ホ長調 op.10-3 ≪別れの曲≫ 以前、アシュケナージのCD紹介時にこの曲を解説しましたので、そのまま記しておきますね。ショパン自身「かつてこれほどまでに美しい旋律を書いたことがない。」と自画自賛したほど美しい曲。全部で24曲(+3曲)あるエチュードの中で、≪別れの曲≫は、美しい旋律を最大限に引き出す表現力を要する提示部、複雑で高度な技術を要する中間部、どちらもピアニストにとって生半可なレベルでは弾きこなせない難曲です。参考程度に書かせて頂くと、CDのタイトルにもなっているこの≪別れの曲≫は日本だけの呼び名です。 エチュード 嬰ハ短調 op.10-4 のだめカンタービレでもフューチャーされた、カッコイイ曲。とにかく演奏効果が高いので、コンクールやコンサート向けかもしれませんね。素人さんの前で弾いたら「おおおおお!」となる曲です。確かに少し難しい部類ではありますが、ただ譜をなぞって弾くだけであれば、手がある程度回る人なら結構弾けると思います。なんでそう言えるのかというと、ピアノ歴3年半のボクが、速度をほんの少し落としたら通しで弾けちゃったからです。あと、人間の指のカタチに合った嬰ハ短調ですし、指への負担はそんなにありません。op.10-1、10-2は中級者上でも無理です。半端なく指や腕が痛いです。なので初心者なボクは無理して練習しないようにしています。 エチュード ト長調 op.10-5 ≪黒鍵≫ こちらも、以前の解説をそのまま…全編に渡って右手は黒鍵のみで弾かれています。(一音だけ白鍵を弾きますが。)ショパンは、「それを知らない人が聴いても退屈で面白くない曲だ。」と言ったそうですが、そんなことはありません。たくさんのビー玉を床にブチまけた感じの楽しい曲です。(笑)←聴いてみたらきっと納得できますよ。 エチュード 変ホ短調 op.10-6 憂いを含んだ、ノクターンのような曲です。技巧的には非常に簡単ですが、これは旋律をレガート(なめらか)に弾くための練習曲です。最後がGの音で終わる(変ホ長調で終わる)ところなんて超絶オシャレですよねぇ。 エチュード ハ長調 op.10-7 2-3指と1-5指が和音を交互に連続演奏しないといけないので、特に3と5指が6度にまたがると結構な負担がかかります。それを軽やかにレガートに弾ききるためのテクニックを要します。その分、左手はラクなので、極論右手の練習曲ですね。 エチュード ヘ長調 op.10-8 コンクールでも人気のあるエチュードです。非常に速いアクロバティックな運指を要しますが、難しさを感じさせない軽快さがあります。最後の和音のまとめかたにも弾き手のセンスが要求されます。 エチュード ヘ短調 op.10-9 比較的簡単なエチュードで、中級者でも手を付けやすい曲だと思います。左手の手の開閉の素早さと柔らかい手首の持ち主であれば、右手の主旋律の表情もグッと引き立ちます。この曲で自信をつけて、他のエチュードへとレベルアップしていくのもよいかと思います。 エチュード 変イ長調 op.10-10 聴いた感じより難しい曲で、最初から終わりまで分散6度の練習曲です。。そして、op.10-7と同様に軽やかさとレガートさが必要です。途中、バラード第1番のコーダみたいな部分も出てきますし、この曲ボクは結構好きです。 エチュード 変ホ長調 op.10-11 両手ともにアルペッジョの練習曲。幅広い分散和音は、ハープのような演奏効果があります。それにしても、目的のみを追って機械的な練習曲を作る作曲家は数多く存在しますが、芸術作品としての鑑賞にも十分耐えうるのは、果たしてショパンのエチュード以外に存在するのでしょうか? エチュード ハ短調 op.10-12 ≪革命≫ 派手に聞こえますが、そこまで技術的に難易度の高い曲ではありませんので、『中級者でも頑張ればそこそこ弾ける難曲』とでも言っておきましょう。この曲のエピソードは以下の通り。ショパンが祖国ポーランドを離れたあと、ロシア制圧下にあったポーランドの同志たちが革命を起こしますが失敗に終わります。その知らせを受けたショパンが、ありったけの絶望感と、革命に参加できなかった悔しさをピアノにぶつけた曲とされています。冒頭の不協和音から、断末魔とも感じ取れるショッキングなコーダ部分まで、終始圧倒されてしまいます。ちなみに、この≪革命≫という副題はショパンと同世代に生きた有名な作曲家、フランツ・リストが付けた名前らしいです。

【無料楽譜】クラシックのピアノ有名曲一覧(発表会定番曲)

クラシック ピアノ 難易度

定番練習曲 作曲家 タイトル ハノン 60の練習曲...(ハノンのピアノ教本) 複数 ソナチネ ツェルニー 100番練習曲 ツェルニー 技法の練習曲(30番練習曲) 難易度別(作曲家は50音順) 難易 以上、ショパンのエチュード作品10の全12曲でした。次回は、作品25の全12曲について書かせてもらいますので、また是非お付き合いください。 ▲毎度ご紹介のマウリツィオ・ポリーニの最高傑作! クラシックCDの金字塔です。 ▲横山幸雄さんのエチュードは、ズバ抜けた完成度!ポリーニをも脅かすかも。

発表会で弾きたくなる! 華やかなピアノのクラシック名曲おすすめ6選(難易度別)|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Web...

クラシック ピアノ 難易度

音楽之友社『ピアノ名曲150選』には、だれもが知っている有名曲や憧れの曲が150曲収められています。初級編・中級編・上級編と難易度で分かれているので、今の自分にぴったりの曲を探してみましょう。

ピアノ教本 難易度 順番 エチュード 体系表 ピアノ難易度

クラシック ピアノ 難易度

ピアノ難易度 中級編 ピアノ中級というレベル おおよそ小学校5年生から中学3年生くらいの年齢が対象になります。 一般的に知られるエチュードで中級のレベルを表記しますと下記のレベルのピアノ難易度一覧表になります。