• 記事: 16730
  • 質問に対する回答: 22628
  • コメント: 22128
  • 準備ができて答え: 25615

イラストレーター 持続化給付金

フリーランスイラストレーターの私がやった持続化給付金の申請手続き... 持続化給付金申請しました。実際の申請での注意点まとめ 申請前にしっかり準備を。 | うれしデザイン

イラストレーター 持続化給付金

偉そうにタイトル付けちゃいましたが、要は私はこんな感じで申請しましたよ~っていうただの報告です(^^;) 改めましてこんにちは。しらいみなみです。昨日から始まりました「持続化給付金」の申請。故人事業主、中小企業の方向けの救済金ですな。 初めてこれを見たときは、「どうせ私 ...

持続化給付金について。 - 今回フリーランスも該当、となってますが、私は現在... -... 持続化給付金、雑所得や給与所得者、2020年に新規創業した事業者も支給対象に [税金] All About

イラストレーター 持続化給付金

持続化給付金について。今回フリーランスも該当、となってますが、私は現在開業届はだしておりません。(ちょうど今月だす予定でした)開業届をだしてなくても該当するのでしょうか。また、開業届はこの今のタイミングでだしても大丈夫でしょうか?(多角的な意味から)この2点、自分 ...

フリーランスクリエイターの持続化給付金、私の場合メモ|陽菜ひよ子 ... 持続化給付金が実際に入金されるまでの期間 | 三橋裕樹公認会計士事務所

イラストレーター 持続化給付金

6月半ばにようやく持続化給付金の手続きを済ませた。 もともとフリーランスは月々の収入が一定ではないので ある程度収入が減った人にはそこそこ該当するのではなかろうか。 私の昨年の収入は5月が一番高かった かつ ちょうど今年5月の収入が半額以下となった。 さらにいいタイミングで ...

持続化給付金も「やよいの青色申告... 持続化給付金が雑所得・給与所得も対象に。(6月30日追記あり) | まとめて申請ドットコム

イラストレーター 持続化給付金

個人事業主(イラストレーター・エッセイ漫画家)のマォさんが、クラウド確定申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」を使って青色申告に挑戦。持続化給付金の申請もすぐに準備ができたのは「やよいの青色申告 オンライン」のおかげでした。

「持続化給付金」、あなたも貰えるかも? Creator Simple Tax... 持続化給付金の対象が今年創業者や給与所得・雑所得で確定申告をした個人事業主にまで拡大されました | あなたのファイナンス用心棒 吉澤大ブログ

イラストレーター 持続化給付金

「持続化給付金 (※) 」の申請要件に該当する可能性があります! (※) 申請要件に該当すれば、昨年1年間の売上から減少分を上限として、 個人事業主は最大100万円 、 法人は最大200万円 の受給が可能。

コロナで仕事が減!持続化給付金を申請しようとしたけど<ズボラ主婦... 【追記】持続化給付金について | 井上祐平行政書士事務所

イラストレーター 持続化給付金

でワンオペ育児の絵日記をつづり、多くの方から共感されているイラストレーター兼主婦のmitoさん。 フリーランスのmitoさんですが、コロナの ...

フリーランス向け持続化給付金の申請方法 ... 持続化給付金 | 大阪京都高槻の税理士法人イースリーパートナーズ・無料相談受付中

イラストレーター 持続化給付金

フリーランスのみなさま、持続化給付金の申請はもう済んだでしょうか?エムラボはGW明けの木曜日に申請をしたのですが、その際にいくつか「あ?あぁ~~はいはいなるhあ?」とつまずいた点がありました。 既に申請方法を丁寧に紹介してくださっているサイトも多くあるので、そちら ...

持続化給付金、雑所得や給与所得者、2020年に新規創業した事業者も支... 元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」(154) 息をするように、鉛筆をへし折って当然のように持続化給付金の計算をしよう | マイナビニュース

イラストレーター 持続化給付金

持続化給付金、雑所得や給与所得者も支給対象に加わり、申請手続きが開始されています。したがって、ここではどのような人が該当し、どのような添付資料が必要で、給付金の対象額はどうなる?

【申請受付開始】持続化給付金の申請方法・必要書類・入力項目のすべ... 給付金5/1申請スタート・同人作家など個人がもらえる人が貰える給付金・一覧【5/1速報】 | kazumublog

イラストレーター 持続化給付金

持続化給付金はフリーランス(漫画家・イラストレーター・ライター)も対象 2020年5月1日に受付が開始となった「持続化給付金」。 簡単に言えば、新型コロナウイルス感染症の影響によって昨年と比べて50%以上売上が落ちた月が1つでもあれば最大100万円(個人)を給付金として受け取れる ...