• 記事: 19866
  • 質問に対する回答: 23302
  • コメント: 16412
  • 準備ができて答え: 24174

タクシードライバー 転職

タクシーの転職で後悔していること タクシー転職のきっかけ タクシー転職 東京は「今がおすすめ」と言える3つの理由 | 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記

タクシードライバー 転職

転職の際にはタクシー業界のことをよく知っている【タクq】に相談してみることをおすすめします。 ぜひ、間違いのない転職をしてタクシードライバーとして頑張ってください。 【入社祝い金】タクシー求人サイト「タクq」無料転職支援サービス こんにちは、タクオです。 世界中に広がっている新型コロナウィルス(COVID-19)の影響は、収まる気配がまったく見えません。 経済への影響も大きく、特に観光業は深刻な状況となっているようです。 タクシーを含めて、バス、タクシー、飛行機などの公共交通機関も、広い意味では観光業と言えるので、ホテル・旅館や旅行代理店ほど酷くなくても、やはり影響は受けているようです。 そんな苦境にあるタクシー業界ですが、実は今が転職する 最良のタイミング と言えることをご存じでしょうか? 今日は、なぜ僕がタクシー運転手への転職を「今」おすすめするのかについて、3つの観点から詳しく解説していきます。 ① 人手不足が常態化している 全国的にさまざまな業種で人手不足が深刻化していますよね。 特に、医療や福祉、建設や運送など、いわゆる「労働集約型産業」と言われる業界でその傾向が強く、ご多分に漏れずタクシー業界も乗務員が足りない状況が続いています。 これは、ドライバーの高齢化による退職者の増加や、訪日外国人(インバウンド)の増加に伴って需要が増えていることなどが原因となっているようです。 それに加えて、「タクシー乗務員」という職業に対して「長時間労働」「低賃金」「接客がたいへん」など、悪いイメージを持っている人が多いことから、求人をかけても応募者が集まらず、人手不足の解消をさらに遠ざけているようです。 運転手不足 = タクシー供給量の不足は数字としても現れています。 一般社団法人「東京ハイヤー・タクシー協会」の調査によると、2009年10月に発令された「タクシー事業適正化・活性化特別措置法」により都内の法人タクシーの台数は、2011年急激な増減を見せていません。 それにもかかわらず稼働率は年々下がっていて、直近のデータでは規制強化後のピークだった2010年から10ポイント近くも低下しています。 データ参照 : 一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会 公式サイト 乗務員数についても、2009(平成21)年に9万人近い8.8万人だった登録者数が2018(平成30)年3月には7.1万人と10年で約2割減っていて、これらのデータから東京ではタクシードライバーがいかに足りていないのかが読み取れます。 車両の保有台数を増やしたり現有車両の稼働率を上げることで売上を増やしたいタクシー会社にとって、運転手の現状は歯がゆいところなのでしょうね。 ですので、東京のタクシー会社では乗務員募集の際に 入社祝い金の支給 や 上京時の交通費を負担してくれる ところが多く、転職を考えている人にとって「売り手市場」の状態が続いています。 求職者有利の状況はそのまま待遇の良さにも繋がり、これが「タクシー運転手に転職するのは今がチャンス!」と言える1つめの理由です。 ② 東京オリンピックが「延期」になった 先週24日、国際オリンピック委員会(IOC)と東京オリンピック組織委員会がコロナウィルス感染拡大が続く現状を踏まえ、東京オリンピックの1年延期を正式に発表しました。 今後も勢いが収まらなければ、再延期や中止といったシナリオも考えられますが、2020年3月時点では「1年延期」が既定路線です。 まず、単純に今年見込まれていた五輪の経済効果が1年後にスライドすることが考えられるでしょう。 コロナ騒動前に専門家が試算した数字を見ると、オリンピック開催による経済効果は日本全国で約30兆円で、そのうち東京が恩恵を受けるのは3分の2に当たる約20兆円とするものが最も多く見られます。 (上記は開催が決定した2013年から2030年まで18年間の試算。) この数字は間接的な効果(レガシー効果)を含めたもので、五輪開催年はGDPが約2兆円押し上げられると予想されているので、単純に考えると東京では1年間で1兆円以上の経済効果があるということになりそうです。 僕は評論家ではないので詳しいことはわかりませんが、多少の前後はあっても、2021年はこの数字がそのまま期待できるのではないでしょうか? 経済効果算出方法の是非はともかく(笑)、オリンピックが無事に開催されれば、世界中から観戦客が集まることは間違いないでしょう。 そうなると宿泊や移動などによる経済効果は大きなものになるので、(いまは大変な状況ですが)宿泊施設や公共交通機関が勢いを取り戻すことも十分に考えれます。 また、政府の「インバウンド政策」もあって、外国人観光客は2014年から驚異的なペースで増加しています。 ですので、オリンピック開催の有無に関係なく、コロナが落ち着きさえすれば、外国人旅行者に優しい街になってきた東京には観光客が戻ってくるのではないでしょうか? ただ、オリンピック効果もインバウンド需要の復調も、あくまで「コロナが落ち着きさえすれば」の話です。 現段階では専門家の方々もコロナ収束への道筋が見えない状況のようなので、②オリンピックの延期に関しては「期待値」の域を抜けられないですね。 ③ 「給与保障」期間中にコロナショックを抜け出せるかも ほとんどのタクシー会社では、新人ドライバーに対して 一定期間の給与保障 をしてくれます。 これは給料が個人の売上額(営業収入)によって決まるタクシー乗務員という仕事を安心して続けてもらうために、会社側が「売上のことは気にしないで、まずは道や接客を覚えてくださいね」という意味で設けている制度になります。 保障期間や金額は会社によってバラバラですが、求人サイトを見る限り、東京のタクシー会社は最低でも 3ヵ月間・30万円 は保障してくれる印象です。 「3ヵ月間・30万円」はあくまで最低ラインで、中には 3ヵ月間・40万円 と月10万円も多く保障してくれたり、1年間・30万円 もの長い間保障してくれる会社もあります。 (ちなみに、僕がお世話になっているY社では、6ヵ月間・30万円の保障を設けてくれています。) もちろん、給与保障分以上の売上をあげた乗務員にはそれに応じた金額がしっかりと支払われるので、実際は「給与保障は最初の1ヵ月しか使わなかった」という人もたくさんいるようです。 (僕のアドバイザー・元宅配便ドライバーのハマダさんも「2ヵ月目から保障給以上稼いでいた」と話していました。) ですので、小さなリスクで転職希望者に対して「ウケ」の良いアピールができる材料として、タクシー会社もうまく使っている制度とも言えそうです。 そして、この給与保障には、もう一つの活用方法があります。 経済的に大きな影響を受けずにコロナショックをやり過ごす 言わばコロナ騒動下での「セーフティネット」と捉えて、その恩恵に預かることもできるのです。 先ほども話したように、この混乱状態がいつ落ち着くのかは誰もわかりません。 しかし、例えば給与保障期間が終わる半年後には落ち着いているかもしれない。 それ以上続くようであれば、タクシー以外の業種だって大きなダメージを受けている可能性が大きいわけですし、そうなってから転職先を探すよりは、早いうちにタクシー会社へ転職したほうが良い選択と言えるのではないでしょうか。 ちょっとややこしい書き方になりましたが(笑)、要は 給与保障をこのタイミングで使えるのはラッキーですよ! ということです。 昨日Y社でちょこっと話した初老の先輩ドライバーも、 先輩ドライバー(60歳前後) キミらはいいなぁ、このタイミングで給料保障が使えて 俺たちも保障してほしいよ(苦笑) と話していたくらいですから、僕や同期のタガワくんは本当に運が良いのかもしれませんね。 失業した人が流れてくる可能性も 今日はコロナ騒動真っ只中の今、なぜタクシー運転手への転職をおすすめするのかについて、3つの観点をもとに考察してみました。 実は、上で挙げた3つのほかにも、「タクシー運転手は良い転職候補」と言える要素がもう一つだけあります。 それは、 コロナ不況で倒産・リストラに遭った人が大挙して応募する前に転職してしまったほうが良い ということ。 何度も話しているように、コロナの影響を受けているのはタクシー業界だけではありません。 観光客が激減したホテルや旅館、生産調整のため休業を決めた自動車メーカー、完全にインバウンド需要にシフトしていた小売店など。 今のような状況が長引くようであれば、今後はこれらの業界で倒産やリストラが相次ぎ、「単純労働」に分類されるタクシー業界がそういった人たちの受け皿になることも考えられます。 そうなると、求職者有利の「売り手市場」は崩れ、タクシー運転手になりたくてもなれない、という状況が訪れることも想像できるのではないでしょうか。 不況の影響を受けやすいタクシー運転手という職業ですが、それを逆手に取ったり現行の制度を活用することで、むしろコロナ騒動を生き抜くための良い選択肢になり得る。 先行きが見えない不安を感じながらも、今回お伝えしたようなメリットがタクシー運転手にはあると思うタクオです。 いちばん良いのは、早くコロナウィルスが沈静化して、何事もなかったかのように経済活動が正常に戻ることなんですけどね! 僕にとってもそれが最良の未来ですので、感染拡大が収束することをただただ祈っています。

タクシードライバーへの転職が選ばれている理由 P-CHAN TAXI 【転職活動9.5日目】優良事業者のタクシー会社を選ぶことが重要? | 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記

タクシードライバー 転職

近年、転職希望者や新卒におけるタクシードライバー人気が高まっています。 ここでは、その人気の理由はどこにあるのか、またどのような人がタクシードライバーに向いているのかをご紹介します。 こんにちは、タクオです。 今日はタクシー会社への転職に関する進捗はありませんでした。 Y社から連絡があったらよかったんですが、さすがに健康診断の結果が出るまでに時間がかかりますよね。 ですので、今日の出来事は特に無し… でもありませんでした。 コンビニで先輩ドライバーの話を聞く 朝、自分の仕事を少しやってから近所のコンビニにコーヒーを買いくと、今日もいつものようにタクシーが停まっています。 都心3区(中央区・千代田区・港区)とその周辺には、駐車場のあるコンビニがほとんどありませんからね。 僕にアドバイスをくれた先輩ドライバー・ハマダさんも、ここのコンビニを休憩の「定位置」にしているそうなので、タクシー運転手さんにとってのオアシスみたいな店なのでしょう。 ハマダさんからどんなアドバイスを貰ったかは、こちらの記事でご覧いただけます。 【転職活動2日目】求人サイト経由でタクシー会社へ面接を申込む 午前10時だったので、「今日もタクシーが停まっていた」と言っても1台だけ。 出庫して間もない運転手さんが多いでしょうから、休憩するにはまだ早い時間帯なんでしょう。 コーヒーを買って店の横の喫煙所でタバコを吸っていると、スーツ姿の女性がこっちに向かってくるのが見えました。 ちゃんと化粧をしている50代半ばくらいのその女性は、喫煙所の前に停まっているタクシーをチェックした後、カフェラテのカップを持ちながら灰皿のところに近づいてきました。 どうやら1台だけ停まっていたタクシーの運転手さんのようです。 近づいてきた女性のジャケットを見ると、左袖に都内最大手のタクシー会社の名前が書かれたワッペンが貼ってあります。 これは間違いなさそう。 女性がカフェラテを一口飲み、タバコに火をつけたところで軽く話しかけてみます。 タクオ 女性は一瞬驚いていましたが、すぐに笑顔に戻り応えてくれました。 女性ドライバーんーん、まあまあかな。 今日は人が歩いていないから、早めに休憩しちゃったわ(笑) 見た目からはシャープな印象を受けましたが、話してみると親しみやすい感じです。 女性ドライバーさんいわく、2月という時期的なものよりも、最近は新型コロナウィルスの影響が大きいとのこと。 銀座のいちばん新橋寄り(銀座7丁目・8丁目)の辺りでは、10年くらい前から中国人観光客を乗せた観光バスが列を成して路上駐車をしている光景が日常になっていました。 中央通りの博品館の近くでは、ある種「銀座名物」みたいになっていましたよね。 それが2月に入ってからバスの姿をまったく見なくなったということで、 女性ドライバー銀座に行くと走りやすくなったんだけど、中国人のお客さんも減ったからプラスマイナスゼロね(笑) と女性が話していました。 タクシーという仕事は、景気や社会情勢を映しやすいので、運転手さんのお話は現実的でおもしろいですよね。 その後は、ハマダさんに聞いたときと同じように、タクシー運転手の仕事について根掘り葉掘り聞き出しました(笑) 「大手のほうが稼ぎやすいと思うわ」 女性はタクシードライバー歴4年で、現在は桜のマークでおなじみの都内最大手の無線グループに所属する会社に勤めているそうです。 (「無線グループ? なんだそれ?」という方のために、近いうちに記事にします。) 都内には「東京四社」と呼ばれる4社の大手タクシー会社があります。 大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車 の4社で、それぞれの頭文字をとって 「大日本帝国」とも言われていています。 (保有台数は日・国・大・帝の順番で多いです。) そして、それぞれの会社が配車依頼の無線を共有できるグループを運営していて、資本関係のない会社もその無線グループに入ることができます。 また、都内では特定のタクシー会社の車両しか乗り入れできない「専用乗り場」というものが多数あって、そういったところでは他のタクシー会社の車両が乗り入れることはできません。 しかし、無線グループに加入している会社の車両はグループ本体と同じ扱いになるため、そのグループ専用の乗り場に乗り入れできるようになるということなのです。 日本交通を例に挙げると、日本交通株式会社本体が保有している車両はもちろんですが、日本交通の無線グループに加入している(日本交通とは資本関係がまったく無い)A社・B社・C社の車両も、日本交通に入った配車依頼を受けることができるし、日本交通専用の乗り場に入ることができる。 つまり、日本交通グループのA社・B社・C社は、日本交通本体とほぼ同等の営業ができるということですね。 僕が話しかけた女性が所属している会社は、「東京四社」のうちの1社の無線グループに入っていて、本体ではないそうです。 女性が言うには、本体よりはグループの会社の方が「ユルい」ので、気楽に仕事ができるとのこと。 また、先ほど書いたように本体の専用乗り場に入れるので、営業もラクになるということでした。 女性ドライバーお兄さんもこれからタクシーやるなら、絶対大手のグループ会社がいいわよ。 中小のタクシー会社より稼ぎやすいと思うわ。 けど本体はダメよ! 堅苦しくて自由がないから(笑) うーむ、Y社に決まりかけているときに、何とも迷わせてくれる情報を聞いてしまいました(笑) 東京の主要駅は優良事業者しか付け待ちできない 無線の多さと専用乗り場の多さ。 たしかにこれは営収(営業収入=売上)にも関わる要素かもしれません。 しかし、Y社負担で健康診断も受けてしまいましたし、今さら考え直すのもなんだか気が引けます。 そんなことを思いながら女性と話をしていると、さらに営収に直結しそうな情報を教えてくれました。 女性ドライバー東京のタクシー会社は、タクシーセンターっていう機関に評価付けされているの。 それで「優良事業者」に認定されていない会社の車両は、東京駅とか羽田空港とか夜の銀座とか、稼ぎやすい乗り場に乗り入れできないから、「優良事業者」かどうかは必ず確認したほうがいいわね タクシー会社の評価制度があることを女性に聞くまで知りませんでした。 言われてみると、街を走っているタクシーのフロントガラスに「優良」マークを付けたタクシーを見たことがありましたが、そういうことだったんですね。 優良事業者のタクシーが付けている「優良」マーク そして、優良事業者について調べてみると、東京では東京駅や羽田空港に限らず、主要な駅には優良事業者しか乗り入れできない駅があることがわかりました。 渋谷、新宿、池袋、上野、品川、 全部稼げそうな駅ばかり。 ここに乗り入れできるかできないかは、たしかに専用乗り場の有無よりも営収に大きく影響しそうですよね。 画像引用 : 公益財団法人東京タクシーセンター プレスリリース より これはいい話を聞けました。 15分くらい女性と話した後、仕事場に戻りY社が「優良事業者」かどうかを早速調べてみることに。 すると、「ちゃんとした会社」であるY社は、優良事業者に認定されていました(ホッ) 。 「S社はどうなんだろう?」と思って調べてみると、ユルそうなS社も優良事業者(笑) どうやら東京のタクシー会社の9割以上が「優良事業者」に認定されているようで、よっぽどの会社じゃない限りは心配ないようです。 ※東京の優良タクシー事業者は、公益財団法人東京タクシーセンターのホームページで確認できます。 法人タクシー事業者の安全・サービス等に関する評価制度(タクシー評価制度) ということは、やっぱり無線や乗り場が充実している東京四社のほうが稼げるってこと? いやぁ、もうわからなくなってきましたね(苦笑) けど、早くデビューしたいので、Y社から「合格」を貰えたらそのままお世話になろうと思います。 明日には電話が来るといいんですけどね。

東京のタクシードライバー(乗務員・運転手)の会社求人募集|転職道.... 東京都 タクシードライバー求人 転職なら - 東京都 タクシードライバー求人サイト

タクシードライバー 転職

タクシードライバーの求人を探すなら転職道.COM。関東(東京・神奈川等)を中心としたタクシードライバー(運転手・乗務員)求人募集情報サイトです。業界に特化した詳しい求人情報を掲載。タクシー会社の仕事・情報が満載です。 東京都 タクシードライバー求人サイト 東京都でタクシードライバー求人をお探しになる際に求人情報を効率良く得られるタクシー求人サイトをご紹介しています。 タクシー会社の求人も様々な給与、待遇、入社祝い金などがありますし、勤務・働き方もタクシー会社によって異なります。 希望の働き方が出来るタクシードライバー求人を探すには、タクシー業界に詳しいコンサルタントがいて相談しながら求人を探すことが出来るタクシー求人サイトの活用がおすすめです。 タクシーへの転職で失敗したくない方はぜひ活用をおすすめいたします。 東京都のタクシードライバー年収は全国でトップの高年収となっており、とても稼ぎやすいエリアです。 未経験からの転職で40代、50代でも年収600万円以上を狙うことが出来る仕事はそうないと言えます。 東京都でタクシードライバー求人を探す際に便利な、求人サイトについてご紹介しています。 東京都 タクシードライバー求人に強い、おすすめ求人サイト 転職道. COM タクシー運転手専門の求人サイトが「転職道. COM」です。 株式会社日本総合ビジネスが運営会社で。 業界最大手として掲載求人数トップクラス。 求人企業数も増えています。 タクシードライバー求人サイトの重要なポイントはやはり「求人数の多さ」となりますので、多くのタクシードライバー求人を比較するためには転職道. COMは便利な求人サイトとしてオススメです。 東京都のタクシードライバー求人もトップクラスの掲載数があります。 ・転職道. COMは高い更新頻度 更新頻度も高いことが特徴です。最新のタクシードライバー求人がしっかり入手出来ます。 最新情報を得るためにはピッタリのタクシー求人サイトです。 ・タクシー業界の知識豊富な専門カウンセラーへの無料転職相談 求人へ直接応募することも出来ますが、タクシー業界の知識が豊富な専門カウンセラーによる『無料転職相談』が受けることも出来ます。 ・タクシー会社の採用担当者が答える「タクシー知恵袋」 タクシー運転手として働く際の疑問点に、タクシー会社の採用担当者が直接答えてくれる「タクシー知恵袋」などのお役立ちコンテンツもあり、転職をお考えになる際にはとても参考になります。 ・「入社祝い金あり」タクシードライバー求人が豊富 生活資金にするも良し、タクシーに転職して働くために必要なものを購入するなど使い道自由の入社祝い金。 無いよりはあった方が嬉しいですよね。 転職道. COMでは「入社祝い金支給あり」のタクシードライバー求人も多数掲載されています。 東京都のタクシードライバー求人を豊富に掲載していますし、専門カウンセラーに相談も可能です。 どんなタクシー会社なのか知りたい場合、自分に合ったタクシー会社を探したいといった場合の求人情報の収集にもおすすめです。 ⇒ 転職道. COM(求人数業界トップクラス!タクシードライバー求人サイト) タクサポ 東京エリアのタクシー求人に特化しているのがタクサポです。 運営会社は株式会社カチパレット。 タクサポの最大の特徴は「転職アドバイザーに相談しながら自分に合ったタクシー会社を探す」ことが出来ることです。 ・転職アドバイザーに相談出来る 自分で自由にタクシードライバー求人を調べて応募、といったタイプの転職活動ではなく、東京都のタクシー会社に精通した転職アドバイザーから希望の働き方、あなたに合ったタクシー会社を紹介してもらう探し方になります。 ・タクサポが向かない方 タクシードライバー求人を自分で探して比較、気に入ったところに応募したい方には向きませんが、全くのタクシー業界未経験の方の転職活動には、アドバイスはとても参考なりますし役立ちます。 ・タクサポで転職した方だけ!売上げアップサポート またもう一つのタクサポの特徴は、タクサポを利用して転職した方の売上げアップサポートがあることです。 タクシー運転手は歩合給で稼ぐ仕事です。 高年収を稼ぐドライバーもいれば、平均年収を下回る稼ぎのドライバーもいます。 ドライバー同士の情報交換が出来る交流会、売上げアップセミナーに参加が出来ます。 現役または元トップドライバーに相談ができる、という点もタクサポの強みです。 ・離職率が低い また、タクサポの大きな特徴は離職率の低さです。 入社後のアフタサポートが手厚いく、「離職率2%以下」を実現。 (入社後半年間のデータとなります) 東京都でタクシー運転手になることをお考えの方へ、タクサポはオススメのタクシー求人サイトの一つです。 ⇒ タクサポ 公式ページはこちら タクQ タクQはタクシー業界に特化したタクシー運転手の求人サイトです。 株式会社しごとウェブが運営会社です。 入社祝い金ありのタクシードライバー求人が多いことが特徴です。 多くの都道府県のドライバー求人を掲載しており、東京都のタクシー会社の求人を最も多く掲載しています。 ・東京都のタクシー会社の求人が豊富 タクQには様々なエリアのタクシードライバー求人が掲載されていますが、東京都のタクシー会社が最も多く掲載があります。 大手タクシー会社の求人も見つかります。 ・タクQからのお祝い金+タクシー会社の入社支援金 タクQでは入社祝い金がもらえますが、「タクQ+タクシー会社」と2つの入社祝い金が支給となります。 そのため、タクシー求人によっては入社お祝い金が40万円近くになることもあります。 入社祝い金で求人を選ぶわけではないですが、嬉しいポイントではないでしょうか。 ⇒ タクQ(タクシードライバー求人サイト) 東京都のタクシー運転手 平均年収 全国ハイヤー・タクシー連合会の資料によりますと、全国のタクシー運転手の平均年収は平成29年の情報で約348万円です。 東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円となっています。 参考:全国ハイヤー・タクシー連合会 平成30年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況のまとめ 東京都は国内で最もタクシー利用客が多く、最もタクシードライバーが稼げるエリアとなっています。 全国のタクシー運転手の平均年収よりも100万円以上、東京都のタクシー運転手になるの平均年収が高いのは、とても大きな差といえます。 東京で高収入・高年収を稼ぐタクシードライバーの年収 タクシードライバーは年功序列の無い仕事です。 そのため、タクシー業界未経験者がドライバーとして転職、初年度から月収50万円以上を稼ぐことも多々あります。 月収50万円というと年収800万円クラスです。 タクシードライバーは歩合給ですから毎月の売上げが一定になるのは難しいですが、一年の売上げをならして平均月収50万円を達成する方は少なくありません。 年収800万円以上は東京都だからこそ達成出来る年収といえるでしょう。 中には1,000万円超ドライバーも。 一般企業に勤めて年収600万円、年収800万円を稼ぐには課長、部長と昇進することが必要でしょう。 営業職であればインセンティブがありますが、どういった商材を扱うかによってはメンタルが追い詰められることもあります。 タクシードライバーは高年収を狙うもよし、手取り30万~40万で安定した生活ができれば良い、という働き方をするドライバーもいます。 ノルマ(足切り)があるタクシー会社も多いですが、どういった働き方をするか自由度が高いのがタクシードライバーといえます。 東京都のタクシードライバー、なぜ稼げる? 東京都のタクシードライバーとして転職し、上京する方も多いです。 タクシー会社の中には、地方出身のドライバーが多く寮もいつも満室、といったところも多いようです。 東京はタクシー利用客が多い 東京でタクシーをやるとなぜ稼げるのか、高年収を得やすいのかという理由ですが、 「タクシー利用客が多いから」 ということが一番の理由でしょう。 お客様の中にはタクシーを日常的に使う方がいます。 JRや地下鉄を利用すると混んでいた場合には、必死に立ち目的地に着くまで耐えるしかありませんが、タクシーなら社内で仕事をすることが出来ます。 体を休めることも出来ます。 会社の経費としてあるていど自由に使える方は、なおさらタクシーを利用するでしょう。 東京は観光客が多い 東京都には国内からも多くの観光客が来るエリアです。 複雑な公共の交通機関よりもタクシーの方が楽だから、と利用される方も多いです。 近場なら人数でタクシー料金を割れば、そこまで負担も大きくない場合もありますしね。 それに今は海外からの旅行客も多いです。 東京の公共交通は発達していますが、とても難しいですよね。 JR、メトロで目的地までの切符の買い方が分からず、困っている海外からの方を目にする事もしばしばです。 乗り換えがあると、もうお手上げといった感じになります。 行きたいスポット、例えば浅草までタクシーで。羽田空港まで、成田空港まで。 そうしたお客様もいます。 海外からの観光客が増えるにつれ、英語が出来るタクシードライバーはさらに高年収を稼げる可能性が高まっています。 タクシードライバー求人でも英語など語学力がある方を歓迎する求人が出始めています。 タクシー求人の調べ方 タクシードライバー求人の探し方には以下のような方法があります。 ハローワークでタクシー求人を探す タクシー会社も大手企業、中小企業と様々あります。 特にタクシー会社の中でも中小企業の場合には、中途採用を行うにあたり掲載料金が無料のハローワークを利用することは多いです。 ハローワークはインターネットサービスもありますし(求人検索が出来ます)、ハロワ窓口で相談員に相談もできます。 タクシードライバーの求人もありますので、紹介してもらっても良いでしょう。 ただしハローワークのデメリットとして、求人先の企業の詳しい情報があまり得られない、といったことがあります。 自分で情報収集をして調べる必要があります。 新聞の求人欄、折り込みチラシ、フリーペーパーなどの求人 タクシードライバー求人にアンテナを立ててみると、普段の生活の中でも意外と求人情報が掲載されている誌面を見ることが多いです。 新聞の求人欄、折り込みチラシ、フリーペーパーなどでもタクシードライバー求人が掲載されていることがあります。 誌面が限られているため情報量は少ないですから、さらに情報収集は必要ですが求人募集を行っているタクシー会社を知ることが出来ます。 タクシードライバー求人サイト タクシードライバー求人サイトも増えてきました。 ・転職道. COM ・タクサポ ・タクQ ・タクルート など他にも多数のタクシードライバー求人サイトがあります。 掲載されている求人数、タクシー会社の数で利用を決めても良いですし、入社祝い金あり求人が多いところを利用しても良いでしょう。 東京都だけで400社以上のタクシー会社があります。 それぞれのタクシー会社の待遇、働き方、給与体系など異なりますから、転職アドバイザーに相談できる求人サイトを利用して探す方法もおすすめです。 タクシー会社の採用ページから応募 多くのタクシー会社でも自社ホームページにて採用を行っている場合が多いです。 日本交通やkmタクシーなどは中途入社のドライバーの体験談なども掲載しており、とても参考になります。 転職初年度の月収なども掲載されており、転職後の生活をイメージしやすいです。 最近は新卒採用に力を入れているタクシー会社も多いため、そうしたタクシー会社は40代、50代、60代で未経験からタクシーへ転職する方は面接が厳しめになっている可能性があります。 しっかりと面接対策をすることも必要かもしれません。 タクシー未経験 安定して働けるタクシー大手4社 タクシー未経験の方は、安定して働けるタクシー大手4社への就職・転職を目指すこともおすすめです。 大和自動車交通株式会社のように東証2部に上場しているところもあります。 中小のタクシー会社と比較して、経営の安定感もありますし福利厚生も充実しています。 またタクシー利用客への知名度も抜群に高く、乗るなら大手タクシー会社、と決めている方もいます。 ドライバーの接客マナーなど教育・研修がしっかりしているため、ドライバーの人材面でレベルが高いことを期待してタクシーを選ぶといった方も多いです。 専用乗り場を多く保有している事も、未経験からタクシーに転職して売上げを上げやすい要因になっています。 法人契約のタクシーチケットが多いことも大手タクシー会社の特徴です。 経費でタクシーに乗れるのですから、必然的に距離も長くなります。 タクシーの中だと仕事が出来るから、と好んでタクシーを利用される方も多いです。 大和自動車交通 大和自動車交通は、タクシー会社として初めて東証二部上場を果たしています。 約1,000社、大手企業・官公庁とタクシーチケット契約があることも大きな強みです。 チケット利用のお客様の平均単価6,765円だということです。 日本交通 日本交通は売上高全国一、タクシー配車アプリにも早期に取り組むなど、新しい取り組みにも積極的です。 日本交通株式会社代表取締役会長、川鍋一朗氏はメディアにも登場されることも多いです。 ライバーの給与も業界トップクラスとなっています。 帝都自動車交通 タクシー業界でもトップクラスの長期保障期間と月給保障額が特徴です。 安全運行のためにしっかりとした運転技術・スキル・知識を身に付ける必要がある、といった考えから長期保障を行っているということです。 「配属後4ヶ月間 月給40万円保障」 または、 「6ヶ月間 月給35万円保障」 が選択可能です。 (2019年7月時点) 国際自動車(kmタクシー) 高年収ドライバーが多い国際自動車。研修が充実していることも特徴です。 2020年には創業100年となります。 無線による配車案内も月間18万回以上、法人契約企業(タクシーチケット契約)1万1000社と売上げを上げやすい環境があります。 東京都にも多数!入社祝い金ありタクシードライバー求人の注意点 タクシードライバー求人の中には、 「入社祝い金」 がある求人情報もあります。 入社祝い金の相場の金額として10万円前後が多いのですが、相場を超えるような高額な入社祝い金が支給されるタクシー会社もあります。 入社祝い金が20万、となるとかなり高額な支給金額になるといえるでしょう。 さらにはタクシー求人サイトからも転職お祝い金が支給される場合もあります。 合計でお祝い金が30万、40万となる場合もありますので、タクシードライバー求人をお探し胃なる際には注目されてみると良いでしょう。 多くお祝い金がもらえるのは嬉しいですが、注意が必要です。 重要なのはタクシー会社に入社した後、どれだけ働きやすいか、高年収を得られるかです。 多くの方にとっては、あまりに相場を超える高額な入社祝い金は怪しい・・・という感じもするのではないでしょうか。 入社祝い金に関してはあくまで「おまけ」として捉えると良いと思います。 タクシードライバーとして転職を考えた時、あくまで転職後の働きやすさ、職場の人間関係、労働環境、二種免許取得の補助やその他の条件を重視してタクシードライバー求人をお探しになることをオススメします。 東京都 寮完備のタクシー会社 地方から東京へ上京し、タクシー運転手として転職をお考えの方もいらっしゃるのではと思います。 タクシー運転手の平均年収は地域によって大きく金額差があります。 平成29年(2017年)で東京都のタクシー運転手の平均年収は約470万円ですが、地方によってはタクシー運転手の平均年収240万円といったところもあります。 こうした地域では年収500万円、年収600万円といった年収を狙うのも難しくなります。 東京都のタクシードライバーとして働く場合には、頑張れば年収600万円は達成可能な金額である、ということはよく言われます。 年収800万円といったタクシードライバーも多く存在するのは東京都だから、といえます。 家族のためにも東京都で稼ぐタクシードライバーになる、という方もいらっしゃると思います。 そうした場合、家賃を抑えるためにも寮はとても有効です。 寮完備のタクシー会社に転職し、寮を利用することで家賃を3万円などに抑えることが出来ますから、手取り給料を多く手元に残すことが可能です。 東京都には寮完備のタクシー会社も多数あります。 タクシードライバー求人サイトを利用する場合、求人条件で「寮完備」で調べることで簡単に情報収集をすることができます。 東京都のタクシー求人サイト 東京都のタクシードライバー求人を探す方法として、 ・転職道. COM ・タクサポ ・タクQ などの求人サイトをご紹介しています。

舐めるなよ? タクシードライバーの仕事! タクシー転職宣言 –... タクシー 転職 – 失敗なく、タクシードライバーの転職を成功させるなら東京の乗務がおすすめ!

タクシードライバー 転職

「タクシー転職宣言」の舐めるなよ? タクシードライバーの仕事!に関してのご案内。 タクシー 転職 失敗 収入を増やす転職として、タクシー乗務員に転職するなら東京都内のタクシー会社への転職がおすすめです!その理由はずばり、『お客様が多いから』です! ・東京都内の人口が多い・ビジネスの打ち合わせなどで中距離移動されるお客様が多い・タクシーで空港へ行くお客様が多い →(仕事で海外へ行く方や東京観光を終えてホテルからお帰りになる外国の方)・芸能人やテレビ局の職員など、お金持ちと言われる方々が多い・企業の重役など、タクシー移動費用より利便性を求めている方が多い このような理由から、東京のタクシー会社への転職がおすすめです。

【現役ドライバー監修】東京のタクシー転職で絶対に知っておくべき真... 介護タクシーと福祉タクシーはどう違う?40代でドライバーの仕事に転職 | 40代・50代・中高年(ミドルシニア)の転職求人FROM40

タクシードライバー 転職

タクシードライバーに転職がうまく行くためには、2つの事を気にする必要があるよ! その二つって言うのが、 ・ 売上を出せるのか? ・ どの会社を選ぶのか? この2つがあるよ! 東京でタクシー求人を探すなら【タクQ】 「タクシー業界に転職して失敗した!」という方の話を聞くと『お客さんを拾うことができない』『歩合制だから長時間働いても割に合わない。転職しなければよかった』『長時間労働だから身体を壊した』という理由が多いです。身体を壊された方を除いて、前者2つで転職に失敗した!という方は『東京以外のタクシー会社に転職し、乗務されている方』が多いです。人口とお客様の利用頻度を考えたら東京での乗務がいいですよ!ということです。 タクシー会社に転職するときに都内の道を知らなくても、前職が全く関係ない職業でも、東京のタクシー乗務員なら年収500万円は十分に目指すことができる仕事であるのが魅力的ですね! ただし。東京のタクシー会社ならどこに転職してもいいか、といえばそうではありません。転職先の会社の経営体制が悪い場合、会社自身の評価が下がり、優良タクシーしか入れない乗り場に入る権利を失うことがあります。すると当然乗務員がお客様をお乗せしやすい場所に入れなくなるので収入が減ってしまいます。そんなタクシー会社選びをで後悔しないためには? ↑こちらのタクQというタクシー求人・転職サービスを利用してみてください♪ タクシー 転職 東京 上記で『タクシー業界に転職するなら東京がおすすめ!』と言いました。では東京でタクシー会社へ転職してからタクシー乗務員になるには何が必要か?どんな流れになるのか?解説させていただきます ・二種免許の取得:普通車の二種免許です。タクシーはATがほとんどですのでAT限定二種免許でOKです・地理試験への合格:タクシーセンターで都内の幹線道路名や交差点名、建物の位置を回答する問題の試験への合格が必要です。・法令試験への合格:タクシーセンターで地理試験の直後に行われる試験でタクシーの決まり事などを回答する試験への合格が必要です。