• 記事: 27743
  • 質問に対する回答: 24281
  • コメント: 19381
  • 準備ができて答え: 17650

あくび ゴーストダイブ

あくびをゴーストに!|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略 【S1ダブル最終4位】ドラパキッス+サマヨカビ+カバドリ | リバティノート

あくび ゴーストダイブ

あくびをゴーストに! ... タイトル通り、あくびはノーマル変化技ですが ... ゴーストダイブ / アクロバット / はがねの ... 1.構築経緯今期は3月から使い始めて慣れてきたカバルカから構築をスタート。ずっと使い続けてきた珠ミミッキュ、前期使いやすかった眼鏡ジュラルドンをそれぞれ採用。残りは足が速くカビゴンやカバルドンのあくびで止まらないラムのみドラパルト、炎タイプが欲しかったのと相性補完として良いガオガエンをそれぞれ入れた。しかし初手でくるアシレーヌ、ラプラス、ホルードが重すぎたため、逆に起点にして潰せるじゃくてんほけんガオガエンを使った。2.型紹介ルカリオ@きあいのタスキ性格:ようき実数値:146-162-90-×-90-156努力値:4-252-0-0-0-252技構成:インファイト バレットパンチ かみなりパンチ つるぎのまい説明:今回はドヒドナットの並びにも強い剣舞型を採用。かみなりパンチが刺さる機会が多く、単純で使いやすさを感じた。特性は上からの怯みやいかくが無効になるせいしんりょくにした。カバルドン@オボンのみ性格:しんちょう実数値:215-132-151-×-123-67努力値:252-0-100-0-156-0技構成:じしん あくび ステルスロック ふきとばし説明:今まではHBぶっぱだったが眼鏡ドラパルトに対して受け出すことが多かったため、HDベースのカバルドンを採用。トゲキッスに対してもダイマックスターンを稼げるところが強かった。主な耐久調整ラインはこちら。HB ・+2 補正なしA252いのちのたま持ちミミッキュ ダイフェアリー(じゃれつく) →ダメージ: ドラパルト@ラムのみ性格:ようき実数値:163-172-96-×-95-213努力値:0-252-4-0-0-252技構成:ドラゴンアロー ゴーストダイブ はがねのつばさ りゅうのまい 説明:主に初手できやすいカバルドンを起点にする。状態異常で捕まらないのが強みでミラーでできるだけ負けないために最速にしてある。ラムのみドラパルトはこの技構成が一番使いやすかった。ガオガエン@じゃくてんほけん性格:ようき実数値:171-167-110-×-110-123努力値:4-252-0-0-0-252技構成:フレアドライブ DDラリアット かみなりパンチ アクロバット説明:初手に出てくるアシレーヌ、ラプラス、ホルードを起点にするために作った破壊兵器。1度最速アシレーヌに抜かれた経験があるため、最速にしてある。全部例に挙げたらキリがないので一番よく使う倒し方の手順を紹介。ジュラルドン@こだわりメガネ性格:おくびょう実数値:145-×-136-172-70-150努力値:0-0-4-252-0-252技構成:りゅうせいぐん てっていこうせん 10まんボルト ソーラービーム説明:前期刺さりの良かった眼鏡ジュラルドンを今回も採用。ドヒドイデ入りの受けサイクルに強いのとダイマックスピクシーとトゲキッスを潰せるのがとても強かった。最速ギャラドス、最速トゲキッスに打ち勝つために最速にしてある。主な火力はこちら。・眼鏡りゅうせいぐん→H252補正なし水ロトム →150~177(乱数1発75%)・眼鏡てっていこうせん→H4振り補正なしダイマックストゲキッス →302~356(乱数1発62.5%)・眼鏡てっていこうせん→H252補正なしダイマックスピクシー →372~438(乱数1発50%)ミミッキュ@いのちのたま性格:ようき実数値:131-142-100-×-125-162努力値:4-252-0-0-0-252技構成:じゃれつく ゴーストダイブ かげうち つるぎのまい説明:一般的なミミッキュ。ゴーストダイブの方が使いやすさを感じたためこの技構成となってる。3.基本的な戦い方4.感想ここまで読んでくれた方々ありがとうございました。今まで8世代では全然勝てなかったので、今回は最終2100を達成することができて非常に満足しています。まだまだこれからだと思うので次こそは最終2桁順位に入れるようまた頑張っていきたいと思います。対戦してくださった方々本当にありがとうございました。TN:Nogi♥Sonoco最終レート2109最終順位 117位 購読" data-login_url ="https://account.nicovideo.jp/login?

あくび - ポケモンWiki 【s2最高191位】脳死選出対面構築【ポケモン剣盾】 - 俺は強い

あくび ゴーストダイブ

おおあくびとしても登場する。お互いのバトルポケモンをねむりにする効果。 ヤドラン (拡張シート) ヤドラン (l1) ヤドン (bw4) ナマケロ (xy3) ポケモン不思議のダンジョンにおけるあくび 探検隊 pp17。正面の敵をあくびじょうたいにする。 アニメにおけるあくび site=channel&next_url=/orando/blomaga/ar1906371#subscribe&time=1595255068&hash_key=7b78d80d" data-login_description = "アカウントをお持ちの方はログイン後購読できます。" data-register_label="アカウント登録購読" data-register_url ="https://account.nicovideo.jp/register?

シャドーダイブ (状態変化) - ポケモンWiki 【剣盾S3使用構築】対面カビガルド【最終31位】 - いろはにほへと

あくび ゴーストダイブ

シャドーダイブの発生. シャドーダイブ; ゴーストダイブ; シャドーダイブの消滅. シャドーダイブまたはゴーストダイブを発動させる。 状態異常・状態変化などにより技が失敗する。 備考. 命中判定を行わないわざ(必中わざ)も当たらなくなる。 相手の攻撃ランクを1段階下げ、下げる前の攻撃の実数値分だけ自分のHPを回復する。回復量は攻撃ランクの影響を受けた数値となる。 相手の攻撃ランクが最低だった場合は技が完全に失敗する。 相手がまもる、みきり、ニードルガード、トーチカ、トリックガードを使用したターンは技がガードされ失敗する。 相手がみがわり状態だと失敗する。また、何らかの理由で技が相手に命中しなかった場合も失敗する。 「マジックコート」状態か特性「マジックミラー」のポケモンに使用した場合、自分の攻撃ランクが1段階下がり、相手のHPが下がる前の自分の攻撃実数値分回復する。 場がしろいきり状態だった場合や、特性「クリアボディ」などで技は命中したが能力が下がらなかった場合はHPの回復のみ発生する。 特性「そうしょく」で技が無効化される。 特性「ヘドロえき」の相手に使用した場合、相手の攻撃ランクを1段階下げ、下げる前の攻撃実数値分のダメージを受ける。 特性「あまのじゃく」のポケモンに使用した場合は相手の攻撃ランクを1段階上げてから自分のHPを上げる前の攻撃実数値分回復する。相手の攻撃ランクが最高だった場合はHPの回復のみ発生する。相手の攻撃ランクが最低だった場合は通常通り技が完全に失敗する。 特性「ミラーアーマー」のポケモンに使用した場合、ランクを下げる効果のみが反射されるため自分の攻撃ランクが1段階下がり、相手の攻撃実数値分自分のHPが回復する。 毎ターン自分の最大HPの1/16(切捨て)を回復する。 交換しない限り効果は持続する。 「バトンタッチ」で効果を引き継ぐことができる。 「おおきなねっこ」を持っている場合、回復量が増加する(1.3倍)。 相手を「あくび」状態にする。すでに「あくび」状態の相手には技が決まらない。 「あくび」状態のポケモンは次のターン終了時に「ねむり」状態になる。 「あくび」状態は交代するか「ねむり」状態になることで解除される。 相手が「みがわり」「しんぴのまもり」状態だとあくびは失敗する。 場が「エレキフィールド」状態の時はあくびは失敗する。 既に「あくび」状態になった後「みがわり」「しんぴのまもり」状態になった場合「あくび」状態のまま。 控えを含めた味方全員の状態異常を回復する。 こんらんを含めた状態変化は回復できない。 場にいる特性「そうしょく」のポケモンには無効。 味方の特防を1段階上げる。 自分には使用できない。 相手が直前に使った技以外の技を使えなくする。 効果は3ターン。 「みがわり」状態のポケモンにも有効。 アンコールされた技のPPが0になると解除される。 技を使う前に「アンコール」を受けると、選んでいた技に関わらず直前に使った技を使ってしまう(「いちゃもん」状態で出せない技をアンコールされた場合も、その技を使う)。 ※ダブル・トリプルバトルにおいて、優先度 1の技を選んだポケモンに対し、それより素早さの高いポケモンが特性「いたずらごころ」等で優先度 1になった アンコールを使うと、強制的に使わされる技は優先度が 1に上書きされて発動する。 ※たとえば優先度-3のきあいパンチを前のターンに使い、アンコールを受けたターンに優先度 1のマッハパンチを選んでいると、きあいパンチが優先度 1で発動する。 「アンコール」状態・「いちゃもん」状態に同時になったポケモンは、アンコールされた技と「わるあがき」を交互に出せる。 アンコは対象が最後に出した技が対象の技スロットに入ってない(ゆびをふる等で出る、ものまね、へんしんで技そのものが変わる)と失敗する。 最後に使った技が「まねっこ」のポケモンに対して使用した場合は失敗せず、相手は「まねっこ」しか選べなくなる。 技「アンコール」はアンコールできない。 戦闘開始直後や交代直後で、対象が事前に何も技を使っていない場合は失敗する。 「ふしぎなまもり」「なまけ」「スロースタート」にも有効 「マルチタイプ」「ぎょぐん」「ダルマモード」には無効 「しぜんかいふく」のポケモンが「とくせいなし」状態になっても、引っ込めば状態異常は治る。 特性が無くなる訳ではないので、「トレース」「なりきり」「スキルスワップ」によって特性をコピー・交換することはできる。 スキルスワップ後も「いえき」を使われたポケモンの特性の効果は消えたまま。 「バトンタッチ」で引き継がれる。いちゃもん状態の時には最後に自分が選んだ技を選択することが出来ない。 技を使う前に「いちゃもん」状態になっても、そのターンの技は失敗しない。→技を選択してからいちゃもん状態になったため。 自分が技を選択せず技が出る場合にはその技が出る。(失敗はしない。)次に選択するときには前回と同じ技が出せない。→いちゃもん状態は技の選択を制限する効果しかない。 例:げきりんを出して次のターン以降も自動でげきりんが出る。→わるあがきではなくげきりんが出る。 例2:空高く飛び上がった!→次のターン技選択なしでそらをとぶが出るのでそらをとぶが出る いちゃもん状態のときに先手でアンコールを受けると連続して同じ技を出す→技を選択した時点ではいちゃもん状態のルールを守っているため 何らかの理由(「まひ」等)で選択した技が技が出せなかった場合は、最後に使った技が上書きされない。→行動不能は技ではないためノーカン。 また、「攻撃の反動で動けない!」は技を出した扱いにはならず、はかいこうせんは出せない。→上記と同じ理由。 例:いちゃもん状態のときに最後に使った技がなみのりである。→技選択でれいとうビームを押す。→怯んで動けなかった。→波乗りは出せない、れいとうビームは出せる。 出せる技がないとき、代わりにわるあがきを出す(このとき「たたかう」を押した時点で技選択の画面が出ずにわるあがき出すことが確定する) 例:こだわり技固定された状態でいちゃもん状態になる→たたかうを押した時点で相手の行動待ちになる。(こだわりとは違う。) 「みがわり」状態のポケモンにも有効。 ターン経過では治らない。ポケモン交換、メンタルハーブで回復する。 「バトンタッチ」で引き継がれない。 相手をこんらん状態にし、相手の攻撃を2段階上げる。 特性「マイペース」のポケモンに使った場合は、能力アップの効果のみ。 「しんぴのまもり」状態の場にいるポケモンに使った場合は、能力アップの効果のみ。 「みがわり」状態のポケモンに使った場合は、能力アップの効果も無効化される。 控えを含めた味方全員の状態異常を回復する。 こんらんを含めた状態変化は回復できない。 場にいる特性「ぼうおん」のポケモンには無効。 新しく出てきたポケモンのHPが全回復し、状態異常も治る。 HPが満タンでも、状態異常は治る。 使うと「ひんし」になり、控えのポケモンと交代する。 交換するタイミングはターン終了後(「じばく」「だいばくはつ」「おきみやげ」と同じ) 。 控えから出てきたポケモンは、回復してから「どくびし」「まきびし」「ステルスロック」の効果を受ける。 相手が直前に使った技のPPを4減らす。 「みがわり」状態のポケモンにも有効。 「そらをとぶ」「とびはねる」「ダイビング」「あなをほる」「ゴーストダイブ」状態のポケモンには無効。 残りPPが4以下の技に使っても残りPPは0になる。 自分の場を追い風状態にする。追い風が吹いている時は素早さが2倍。 効果は4ターン(使用ターン含む)。 重ねがけできない。「リフレクター」「ひかりのかべ」等との両立は可能。 自分や相手の「きりばらい」で解除されない。 自分の場を5ターンの間オーロラベール状態にする。 ダブルバトル専用技。 味方を自分の行動のあとに続けて動けるようにする。 相手をこんらん状態にし、相手の特攻を1段階上げる。 その他はいばると同じ。 場の全てのポケモンが持っているきのみを即座に消費し、効果を発動させる。 通常の消費と同じ扱いのため、技「ゲップ」が使用可能になり、特性「ほおぶくろ」も発動する。 特性「きんちょうかん」「ぶきよう」や「マジックルーム」の影響を無視する。 自分を「おんねん」状態にする。 自分の防御と相手の防御をともに (自分の防御 相手の防御)/2 にする。 自分の特防と相手の特防をともに (自分の特防 相手の特防)/2 にする。 全てランク変化を適用する前の値で計算し、その後それぞれのランク変化を適用する。 ステータスを上書きするので、ビーストブーストで上昇する能力が変化する場合がある。 相手をかなしばり状態にし、直前に出した技を使えなくする。 効果は4ターン。 技を使う前にかなしばり状態になると、技が失敗する(かなしばり状態で使えない技を選んでいた場合)。 「バトンタッチ」で引き継がれない。「みがわり」状態のポケモンにも有効。 「とんぼがえり」を使用された後交代で出てきた相手が「とんぼがえり」を覚えていた場合、かなしばり状態にできる。 「はりきっている」状態になり、急所ランク 2(急所参照) 「サンのみ」の効果と重複しない。 攻撃技を受けても必ずHPが1残る。変化技に対しては効果がない。 連続攻撃技やダブルバトルで複数回の攻撃を受けてもHP1で耐え続ける。 連続で使用するごとに成功率が1/3になる。(1/1→1/3→1/9→・・・) 連続使用の判定については類似効果の技と共有しており、「こらえる」→「まもる」のように使っても連続使用した扱いになる。 また、ファストガード・ワイドガード・トリックガードでも連続使用判定がつくため、これらの直後に使用すると同様に成功率が下がる。 「前のターンにもこれらの技を使用していると成功率が下がる」と考えると誤解がない。 、効果は5ターン(使用ターン含む)。 ひこうタイプ・特性「ふゆう」のポケモンに対して、全てのじめんタイプの技・まきびし・どくびしが当たるようになる。 全てのポケモンの回避率が下がる。効果は約0.6倍(2段階相当。命中率に直すと約1.66倍)。 「はねる」「そらをとぶ」「とびはねる」「でんじふゆう」「とびひざげり」が選択できなくなる(選択後に場がじゅうりょく状態になった場合は使用されず、PPも減らない)。 「そらをとぶ」「とびはねる」で空中にいるポケモン、「でんじふゆう」状態のポケモンは技が解除される。 「あさのひざし」「こうごうせい」「つきのひかり」の回復量には影響しない。 風船の効果も無効化する。 相手に能力を下げられなくなる。わざの追加効果での能力下降も無効化する。 効果は5ターン(使用ターン含む)。ダブル・トリプルバトルでは味方全体に効果がある。 重ねがけできない。「リフレクター」「ひかりのかべ」等との両立は可能。 相手から「きりばらい」を受けた場合解除される。 状態異常(ねむり・どく・まひ・やけど・こおり)及び、こんらん状態になるのを防ぐ。 効果は5ターン(使用ターン含む)。ダブル・トリプルバトルでは味方全体に効果がある。 「いばる」「おだてる」による攻撃・特攻ランク上昇は防げない。 「あばれる」「はなびらのまい」「げきりん」による混乱は防げない。 「あくび」も防げるが、「あくび」で“眠気を誘われた”後に「しんぴのまもり」を使用した場合は防げない。 特性「シンクロ」の効果も防げる。 特性「どくのトゲ」「せいでんき」「ほのおのからだ」「ほうし」の効果は防げない。 特性「すりぬけ」のポケモンが使用するわざによる状態異常は無効化できない。 重ねがけできない。「リフレクター」「ひかりのかべ」等との両立は可能。 相手から「きりばらい」を受けた場合解除される。 相手の特性を「たんじゅん」にする。 特性「なまけ」「マルチタイプ」「ぜったいねむり」のポケモンには無効。 相手と自分の特性を入れ替える。ただし、相手と自分の特性が同じ場合、失敗する。 (例:特性「いかく」のオドシシが特性「いかく」のギャラドスにスキルスワップしてもうまく決まらない) 登場時に発動する特性はコピー(入れ替え)した瞬間に発動する。 (例:特性「よちむ」のムシャーナが特性「いかく」のボーマンダにスキルスワップをした場合、「よちむ」「いかく」どちらもがその瞬間に発動する) 特性「ふしぎなまもり」「マルチタイプ」「バトルスイッチ」のポケモンが使う/使われた場合は失敗する。 「みがわり」状態のポケモンにも有効。 相手の攻撃と特攻を1段階下げ、控えのポケモンと交代する。 「マジックコート」状態の相手に使用すると、相手がこちらの攻撃と特攻を下げながら交代する。元々すてゼリフを使用したポケモンはそのまま居座る。 相手のポケモンが場に出るたびにダメージを受けるようになる。 処理されるのはどくびし→まきびし→ステルスロックの順番。 「いやしのねがい」の回復より に効果を受ける(第5世代から変更)。 特性「マジックガード」のポケモンにはダメージなし。 相手から「きりばらい」を受けると解除される。 「きりばらい」「こうそくスピン」を使用すると解除できる。 ダメージは最大HPの1/8を受ける。ただし、いわタイプのタイプ補正を受ける。 例: いわタイプ4倍ダメージ(リザードンなど)→最大HPの1/2 (1/8の4倍) いわタイプ1/4ダメージ(ハガネールなど)→最大HPの1/32 (1/8の1/4倍) 自分と相手の持ち物を交換する。どちらかが持ち物を持っていない場合でも成功する。 使う側と使われる側のどちらかの特性が「マルチタイプ」の場合は失敗する。 特性「ねんちゃく」のポケモンに使った場合には失敗する(使う側の特性が「ねんちゃく」の場合は失敗しない)。 「みがわり」状態のポケモンに使った場合には失敗する。 「はたきおとす」状態では失敗する。 特性「ぶきよう」のポケモンが使った場合も失敗しない。 使う側と使われる側のどちらかがメールを持っていた場合は失敗する。 相手のこだわりアイテムをトリックして自分が入手した場合は次のターンに技を選び直せる。 「メガシンカ」していなくても「メガストーン」を持っている相手には失敗する。 自分と味方への攻撃技を防ぐ。変化技は防げない。 場に出たターンのみ使用可能。 回避ランク 2 ちいさくなるを使用後は相手の「ふみつけ技」が威力2倍・必中になる。 この効果は「バトンタッチ」「じこあんじ」で引き継がれない。 3ターンの間、変化技を出せないようにする。 「みがわり」状態のポケモンにも有効。 技を使う前に「ちょうはつ」状態になると、技が失敗する(「ちょうはつ」状態で使えない技を選んでいた場合)。 こだわりトリックに対して先制で挑発すると、トリックは失敗し、挑発された側は次のターンから別の攻撃技を選択できる(トリックでこだわらない)。 攻撃・防御・素早さ・特攻・特防・命中率・回避率のうち、どれか1つのランクが2段階上昇する。 ダブル・トリプルバトルで味方に使用することもできる。味方に使用した場合、回避率や「まもる」の影響を受けない。 「みがわり」状態の味方に使用した場合は失敗する。 「みがわり」状態の自分に使用した場合は 特性「ちくでん」「でんきエンジン」「ひらいしん」により無効化される。 特性「ひらいしん」の影響を受ける。 特性「ふしぎなまもり」の影響を受けない。 特性「ノーマルスキン」のポケモンが使った場合はゴーストタイプのポケモンに無効、地面タイプ・「ちくでん」「でんきエンジン」「ひらいしん」には有効。 特性「かたやぶり」「ターボブレイズ」「テラボルテージ」のポケモンが使った場合は「ちくでん」「でんきエンジン」「ひらいしん」にも有効。 効果は5ターン。 地面タイプの攻撃技が当たらなくなる。 各種フィールドの効果を受けられなくなる。 「バトンタッチ」で引き継ぐことができ、「まきびし」「どくびし」「ねばねばネット」の効果を受けない。 特性「きゅうばん」の効果と両立する。 「ねをはる」を使うと地面タイプの攻撃技が当たるようになるが、「バトンタッチ」後に「まきびし」「どくびし」「ねばねばネット」の効果を受けない。 場が「じょうりょく」状態になると効果がなくなる。 「うちおとす」を受けると効果がなくなる。 処理されるのはどくびし→まきびし→ステルスロックの順番。 「いやしのねがい」の回復より先に効果を受ける。 どく・はがね・ひこうタイプ、特性「ふゆう」「めんえき」「マジックガード」、「でんじふゆう」状態のポケモンには無効。 ひこうタイプや特性「ふゆう」を持たない毒ポケモンが場に出たとき、どくびしを無効化して回収できる。 ただし、場が「じゅうりょく」状態、または持ち物が「くろいてっきゅう」なら、ひこうタイプ、特性「ふゆう」、「でんじふゆう」状態は無視される。 「ねをはる」状態なら、特性「ふゆう」は無視される。 この技によって「どく」「もうどく」状態になっても、特性「シンクロ」は発動しない。 相手から「きりばらい」を受けると解除される。 「きりばらい」「こうそくスピン」を使用すると解除できる。 「すりかえ」と同じ。 自分と味方への変化技を防ぐ。 変化技によって繰り出された攻撃技(例:しぜんのちからによるトライアタック)は防げない。 相手の特攻を1段階下げる。 必中。 みがわり、まもるを使っている相手にも効果がある。 特性「ぼうおん」で無効化される。 相手を自分と同じ特性にする。 特性「なまけ」「マルチタイプ」「ぜったいねむり」には無効。 相手の攻撃を1段階下げる。 必中。 まもるを使っている相手にも効果がある。 相手の特性を「ふみん」に変える。 特性「なまけ」「マルチタイプ」「ぜったいねむり」には無効。 特性「スロースタート」には有効(スロースタートの効果も消える)。 相手と同じ特性になる。 その他は「スキルスワップ」と同じ効果。 関連:場の状態・ガード 使用した次のターンに、 ねがいごとを使ったポケモンの 最大HPの1/2分だけHPを回復する。 発動ターンにポケモンが瀕死になると、効果は発動しない。 ただし、技を使用したポケモンが倒されても、発動ターンに別のポケモンが出ていれば効果は発動する。 ねむり状態の時に使うと自分の覚えている技を1つ使用する。 「ねごと」で選ばれた技のPPは減らないが、PPが0の技を選択すると失敗する。 「ねむり」状態のときに「ねごと」によって「ねむる」が出ると、「ねむる」は失敗する。 こだわり系アイテムを持たせた状態で「ねごと」を使用した場合は失敗しなくなった(ねごとの度に技が選択される) 「いちゃもん」を受けた場合、「ねごと」は連続で選択できなくなる。選択できるターンは発動する。 「きあいパンチ」は選ばれない。「ねごと」以外の技が「きあいパンチ」しかない場合は失敗する。 1.

【厨パ】勝ちにいくならこれ... 【最高/最終2109達成】爆炎カバルカドラパ【剣盾シーズン6】:オランドのブロマガ - ブロマガ

あくび ゴーストダイブ

ゴーストダイブ / アクロバット / はがねのつばさ / リフレクター キョダイフシギバナのタイプ受けが凄い!! ずぶとい / しんりょく / くろいヘドロ hp:164 / 防御:244 / 素早:100 ギガドレイン / ヘドロばくだん / どくどく / まもる 「ねごと」→「げきりん」の後、眠り続けていたら次のターンはコマンド入力可能。 2. 「ねごと」→「げきりん」の直後に特性「だっぴ」が発動した場合、「げきりん」が続行される。 3. 「ねごと」後に「アンコール」を受けアンコール状態になると、「ねごと」が連続で呼び出され、失敗し続ける。 これは最後に選択した技が「ねごと」なので「ねごと」が誘発。しかし、最後に発動した技は「ねごと以外」なので自動的に失敗していると思われる。 4.

【ポケモン剣盾S6シングル 最終52位】カバカビあくびサイクル -... <剣盾S5使用構築>最終149位 何の変哲もないスタンパ|Ginobili|note

あくび ゴーストダイブ

地震 あくび ステロ @1 @食べ残し 厚い脂肪 慎重 h252 b252 s4. ヘビボン あくび まもる @1 @命の珠 すりぬけ 意地っ張り a252 b4 s252. ドラゴンアロー ゴーストダイブ 鋼の翼 竜の舞 @突撃チョッキ 貯水 控え目 c252 d164 s92 こんにちは!たつみですー シーズン6お疲れ様でした! ドリュシャワ構築で最終32位でした✨ TNアリソン 最終32位 レート2140 構築 レンタルチーム公開してます!IDは上の画像見てねー 【個体紹介】 性格ようき 特性かたやぶり きあいのタスキ 努力値A252 S252 B4 シャワーズとの相性が非常によく、電気タイプのポケモンにほぼ負けることがない 環境に多いロトムに有利なのも強いところ 鬼火、耐久ドラパルトじゃなければ、かたやぶり岩石封じからの地震で倒せる シーズン6中盤までステルスロックで使用していたが、構築があまりにもナットレイがきついため終盤つのドリルに変更 有利対面では積極的にドリルを選択して試行回数稼いでいた ダメージ量一覧 じしん ・H163B95ドラパルト ダメ111~132 ・H157B174ロトム水 ダメ122~146 ・H131B100ミミッキュ ダメ106~126 性格ずぶとい 特性ちょすい たべのこし 努力値H220 B252 S36 環境トップドラパルト、ドリュウズ、アーマーガアなど電気タイプ以外の物理ポケモンほぼ全員と戦え、不利対面でもあくびでごまかしが可能 ドラパルトシャワーズ対面はれいとうビームで勝てるがダイマされると厳しい(あくびを考えるとドラパルトダイマックスはできない) あくびで荒らし→ミミッキュまたはルチャブルで積む ダメージ量 れいとうビーム ・H163D95ドラパルト ダメ94~112 ・H165D90パッチラゴン ダメ100~118 性格ようき 特性ばけのかわ いのちのたま 努力値A252 S252 H4 シャワーズのあくび→剣の舞 いのちのたまがあるので剣の舞をしなくても火力が出るのがいいところ ただ耐久は全然ないので注意が必要 ダメージ量 ゴーストダイブ ・H185B81ドリュウズ ダメ117~138 性格ようき 特性かたやぶり ラムのみ 努力値A252 S252 B4 環境に多いたべのこしカビゴンをボコボコにでき ラムを持っているため状態異常になる心配がない 鬼火ドラパ、ブラッキー、などを起点にできる でんきパンチが入れてから重かったギャラドスに勝てるようになった 黒い霧のないドヒドイデ、特性がかたやぶりなので天然ヌオーでも止められない 性格いじっぱり 特性もらいび たつじんのおび 努力値H220 A252 B4 D4 S28 Sアーマーガア抜き 技範囲が広く優秀 ナットレイや鋼タイプが役割対象 パワーウィップがあるため水タイプにも勝てたりする とにかくこのポケモンが好きなので今度マルヤクデの記事を書きたい ダメージ量 帯はたきおとす ・H163B95ドラパルト ダメ170~202 確定一発 帯パワーウィップ ・H218B132トリトドン ダメ302~360 確定一発 ・H212B139ガマゲロゲ ダメ288~341 確定一発 性格ひかえめ 特性パンクロック こだわりメガネ 努力値H244 C252 D12 火力がとてつもなくカビゴン、トリトドンなどじゃ受からない 身代わりしてきたドラパルトを音技のバークアウトで一発 ばくおんぱでサザンロトムが一発 HBカバルドンも乱数で一発 ダメージ量 ばくおんぱ ・H215D93カバルドン ダメ200~237 乱数一発 ・H218D147トリトドン ダメ127~151 ・H167D110サザンドラ ダメ169~200 確定一発 基本選出 シャワーズドリュウズミミッキュ 受け構築には シャワーズストリンダールチャブル ナットレイをみて出せそうならマルヤクデ 【最後に】 You Tubeで毎日ランクバトル配信してます! シーズン6最終日の試合、パーティ紹介動画もYou Tubeにアップするのでよかったら遊びに来てください✨チャンネルリンクhttps://www.youtube.com/channel/UCZHOTh JHV7d Ik Dz Pm H0z B-Q?

【S6最終2112,2099】陽動ミミドラパ - Origin Regression 【ポケモン剣盾】ランクマッチルカリオ入り一桁順位達成パーティ - Fran0’s blog

あくび ゴーストダイブ

また、ゴーストダイブがでミミッキュの呪いとシナジーがあるところも強い。 次に、ドラパを残すと数値受けやミミッキュに勝てなかったので、ダイマも枯らせるヘビボン地割れあくび守るの技構成の残飯カビゴンを入れた。 view_as=subscriber シーズン4の1位チャレンジ動画もよかったら! https://www.youtube.com/watch?