• 記事: 30540
  • 質問に対する回答: 30966
  • コメント: 25354
  • 準備ができて答え: 26367

タワー マンション 後悔

タワーマンションを買って後悔した10人の事例と購入の全注意点 タワーマンションの定義|タワーマンションガイド - nomu.com

タワー マンション 後悔

タワーマンションを購入して後悔している人の事例を元に、タワマン購入にはどんなリスクやデメリットがあるのかを解説します。ローン・修繕費・スラム化のリスク・資産価値など様々な側面から解説します。 タワーマンションと聞いてどんなマンションを思い浮かべるでしょうか。眺望が良く、資産価値やステータス性が高いなど、高級感や特別感のある住居をイメージする人が多いのではないかと思います。タワーマンションと呼ばれるものに何か一定の条件はあるのでしょうか。 目安は高さ60m以上、20階建て以上 タワーマンションという用語自体に法的な基準はなく、階数による定義などもありません。 しかし、建築基準法や消防法などでは、31m、60m、100mと、建物の高さによって異なる基準が設けられています。 一般的には、このうち高さ60m以上の建物が超高層建築物とする考え方が広まっており、これに該当する住居用建築物をタワーマンションと呼んでいます。 高さ60m以上のマンションは、階数にするとだいたい20階建て以上になります。 つまり、「タワーマンションとは、高さ60m以上、階数でおよそ20階建て以上の住居用建築物である」と考えてよいでしょう。 高ければ高いほど基準も厳しい 建築基準法では、高さ60m以上の超高層建築物に対し、建物の構造耐力についてより厳しい基準が設定されています。高さ100m以上になると、消防法によって緊急時用のヘリポート設置義務なども生じ、これらをクリアするには莫大な費用がかかります。 (※詳しくは「タワーマンションの建築基準」をご覧ください) 逆にいえばそのぶん、タワーマンションは一般的なマンションに比べ、建物の構造的にすぐれている点も多いのです。また、立地、利便性などの条件において、高いコストをかけて建設するだけの価値を備えているともいえます。 ハイスペックな施設・サービス 前述のとおり、「高さ60m以上、階数でおよそ20階建て以上のマンション」が一般的なタワーマンションの定義になりますが、ハイスペックな共用施設やサービスを有する物件が多いことも特徴のひとつです。 パーティールームやプール、ジムなどのほか、住人の親戚や知人が宿泊できるゲストルームが完備されている物件もあります。 24時間体制のフロントコンシェルジュやクリーニングの受け渡しといった、日常生活に役立つサービスを行っている物件も少なくありません。 タワーマンションと呼ばれるマンションは、法律に裏づけられた建物のクオリティと施設・サービスの充実度の双方において、大きな魅力を持ち合わせているといえるでしょう。

不動産業者が本当のこと言っちゃいます!タワーマンションを買ったら... 住んで分かったタワーマンション【15のデメリット】 | 引越しペディア【2020年7月版】

タワー マンション 後悔

タワーマンションに住むってステイタスではありませんか?「勝ち組」のような印象を受けるタワマン。でもね、タワマンは買ったら後悔するマンションなんです。 れな ちはる のぼる店員 タワーマンションに住んで初めて分かった15のデメリット タワーマンションに住むことの最大のデメリットは「管理費・修繕積立金」などの出費の高さ、つまりお金です。賃貸の場合は賃料以外にかかる費用はほとんどありませんが、購入する場合は想像以上の維持費がかかります。継続して払い続けられる方が厳選されていき、「住み続ける」ことが辛くなっていきます。 ただ、こうした直接的なデメリットは購入前・借りる前にある程度予測できます。タワーマンションに住むデメリットは実はこうしたことではないのです。ここでは一般的に言われているタワーマンションのデメリットの他、「住んでみて初めて分かったデメリット」を中心にお話します。この記事を読み、できるだけ購入後のギャップが少なくなることを願っています。 ①管理費・修繕積立金が異常に高い 管理費・修繕積立金は一般的なマンションに比べて大きくかかります。駅前又は駅直結で、便利な場所にあることが多いタワーマンションなので固定資産税も高額、共用施設の管理費も高額です。便利なところに便利なものを作れば、お金がかかるのは当前です。 人気のマンションであれば購入段階で審査があるため、継続的な支払いができる人しか入居できないはずですが、それでも未払い・滞納を繰り返す居住者が出てきます。特にタワーマンションは成金・収入が不安定な方、見栄で購入してしまう方が多いので、意外と滞納問題が頻繁に起こります。特に今年はビットコインなど仮想通貨で一儲けした方が入居するケースが増えているようです。間違いなく滞納問題が総会や理事会で話題に挙がるでしょう。 滞納者が多いマンションというのは住む前には全く分かりません。住んでみて初めてマンション内部の事情が把握できます。一見華やかそうに見えても、お財布がすっからかんの寒い物件もたくさんあります。「エレベーターが4台あるのに節電のために3台しか使ってはダメ」とか、言っていることは分かりますがせっかくのタワーマンションで節電!節約!と騒ぎ立てられると、何にお金を払っているか分かりませんよね。 また大規模修繕工事においても高層までクレーンが届かないので普通とは異なる特別な工事を行います。そのため工事費も「無駄に」高くなります。プールやジムなどは年会費制にしたり、利用者だけが費用を負担するような形にして工夫をしているマンションもありますが、それでも共用施設や法律上設置しなければいけない施設(ヘリポートなど)もあり、どうしても居住者の負担が高額になります。 ②民泊問題 最近のトピックな話題である「民泊」はタワーマンションの居住者からすると大変な問題になっています。 知らない外国人がエントランスをウロウロしていたり、メールボックスをがちゃがちゃ漁っていたり(貸主が部屋の鍵をメールボックスに置いてあると指示している)、都心(特に新宿・渋谷駅近物件)のタワーマンションは民泊ニーズが大変強まっているため、居住者としては非常に怖いです。 セキュリティこそタワーマンションにおける最大のメリットであったのに、これが崩されそうになっているのです。 特に自分の部屋の隣やフロアに一つでも民泊用の投資用マンションがあれば、それだけで生活の安心・安全が壊されていく感覚がありますよね。複数人で民泊を利用していれば、夜中はどんちゃん騒ぎで騒音の被害に悩まされるかもしれません。2017年10月に民泊新法が制定されましたが、規制をすれば必ず隠れて行う所有者も出てくるのでマンションとして厳しく制定する必要があります。 ③高所平気症・子供の飛び降りリスク 子供には防衛反応として生まれつき「高所恐怖症」が備わっています。しかしタワーマンションなどの高層マンションで住むことに慣れてしまうと、高所に対する恐怖感が育くまれず「高所“平気”症」が身についてしまうことがあるのです。 東京消防庁によると、平成23~27年の5年間に発生した5歳以下の高所からの転落事故は114件。年間20~30件以上発生し、たけのこのように次々とタワーマンションが建築されている現代と今後についてその発生は加速していくと見られています。 2016年4月10日には、大阪阿倍野のタワーマンションで43階から子供が飛び降りたというニュースがありました。その実態は、居間でアニメの登場人物(ア◯パンマン)が空を飛ぶ映像を見ていたら女児がそれを真似し、高さ1mの窓から椅子を伝い転落したというもの。 普段からジャングルジムや滑り台など高さがわかる遊具で遊ばせて危機感を覚えさせておけばよかったのですが、タワーマンションに住んでいると下に降りて遊ぶことが億劫だったり、そもそもタワーマンションは建築基準法上商業地域にしか建てられないため、遊び場が周囲に無く、高所恐怖症が養われない環境で育ってしまうのです。 子供が生まれるから広くて立地がいいタワーマンションへ引越したい、セキュリティがしっかりしているから将来の子供のために、と「子供のため」にタワーマンションへの住替えを検討する方も多いと思います。しかしそれはもう少し子供が大きくなってから、あるいはタワーマンションではなく戸建てなどに住替えた方が「子供のため」になるかもしれません。駅直結であるが故に自然とのふれあいがほとんどなくなり、教育上も子供に悪影響だという声も聞かれます。 ④引越しが面倒、家具や家電が入らない 「タワーマンション=高級=広い」というイメージが強いためか、引越しを機に家具や家電も最新で大型のものを購入される方がいます。しかし、意外とタワーマンションは狭いです。 これは実際に私がタワーマンション内で引越しをしたときの風景です。冷蔵庫を搬入しているのですが、あと1cmでも大きければあわや買い替えを余儀なくされるところでした。建築基準法と家具や家電の作りは決して考慮されて作られているわけではないため、必ず寸法を取ってから購入するようにしましょう。 もちろんタワーマンションなので「吊り上げ」はできません。マンション内のエレベーターに入らないもの、玄関から入らないものは原則搬入できません。ベッドなどは一度解体する必要もあり、非常に面倒臭い。またマンションによっては幹事会社が設定されていたり、自由に引越し業者が選べない場合もあります。 中でも「IKEA家具」については、解体・再組み立てを考えられて設計されていないため(スウェーデンは永住、引越しするとしたら家具は処分するという文化)大型家具をタワーマンション内から運び出すのはほぼ不可能。引越しの見積もりでもIKEA家具の運搬は拒否されます。 ⑤風が強い・洗濯物を干せない タワーマンションは高層階になればなるほど風が強くなります。日によっては風の音が家の中に響くこともあり、台風の際はリビング全体が「ゴー」と響き渡ります。窓を開け、かつ玄関を開けてしまうと急に風が吹き抜け、ものが倒れたり風圧でドアが急に閉まったり開いたりします。 またほとんどのタワーマンションでは洗濯物を干すことが禁止されているはずです。特に布団など間違って洗濯物が飛んだりするとそれが凶器になってしまうことがあります。写真は20階の様子。正直、洗濯物が「干せない」わけではありませんが、干したらほぼ確実に飛んでいってしまうため、「干したくても干せない」が正しい表現です。 タワーマンションの外からの景観も損なわれてしまうため、美観を保つためには居住者が我慢しなくてはいけません。乾燥機付きの洗濯機、あるいは浴室乾燥機、宅配クリーニングを依頼する方がほとんどです。 乾燥機付きの洗濯機においても、「④」で説明したようにスペースは非常に狭いため寸法は必ず取りましょう。写真は都市型用のドラム式洗濯乾燥機で、かなりスリムなタイプですがギリギリです。これ以上大きいタイプの洗濯機は入りません。 ⑥中々外に出られない、エレベーターが混雑する マンション内の廊下は若干暗めの照明となっており、防音設備が凄すぎてその静寂が逆に怖いとすら思うことがあります。また、意外と外に行くまでに歩いたり、エレベータの混雑、駐車場から車を出すのに時間がかかったりします。物件によっては駐車場に常駐スタッフがいるほどですし、時間帯によっては車が混み出すとマンション内で渋滞を起こすことがあります。 物件内のエレベーターについても、特に朝は外出するまでに時間がかかります。「駅直結」という立地は良いのですが、朝のラッシュ時にはエレベーターの利用者が多く、駅までにかかる実質の時間を5分程度見なければなりません。せっかくの駅近・駅直結物件なのに、エレベーター渋滞を見越して多少早めに出かけなければいけないという本末転倒の事態を受け入れなければならないのです。 またエレベーターの点検があったりすると、場合によっては階段で下りる(又はのぼる)こともあり意外とハードです。タワーマンションの場合、毎月1回は点検がありますのでかなりの高確率でバッティングします。しかし、最低3台、大きなマンションだと6台ちかくエレベーターがあり、それを一斉に点検するということはほとんどありません。 エレベーター関係で引越しを決意される方も意外と多く、生活をしていく上で大きく足かせになるようです。 ⑦インターホンを押されてから宅配物が来るまで時間がかかる タワーマンションは、何百人、物件によっては何千人という人が住んでいます。宅急便・宅配便業者さんも一度配達に来ると、マンション全体の荷物も持ってきます。戸建てのようにあなただけの荷物を持ってきているわけではありません。下からインターホンで鳴らしてもらい、すぐに来ることに慣れていた低層マンション・賃貸アパート時代と違い、階によっては5分~10分ほど家の中で待たないといけません。 業者や担当によって、下の階から、上の階からの方がいます。毎回同じ方が来てくださる場合は、インターホンが鳴ってからの時間が徐々に把握できるようになりますが、出かける時間ギリギリにインターホンが鳴ったときは、待っている時間がないことをお詫びし、下の宅配ボックスやコンシェルジュの方に受け取ってもらうなど対応が必要です。 ⑧長周期地震動があると揺れが大きい 制震構造、免震構造が施されているタワーマンションは性質上、長周期地震動で揺れが大きくなります。 多少の揺れでも感知してわざと揺れるようになっているため、体に合わず具合を悪くしてしまう方もいます。「タワーマンションが体に合わない」と訴える方も非常に多く、“慣れ”の問題でもないようです。自分が大丈夫でも特に女性や子供の体に合わないことが多いため大変です。 また私もそうなのですが、アクアリウムを趣味とされている方は諦めるしかありません。日々地震が来ないことを祈るしかできず、地震が来てしまえばほぼほぼ大惨事です。 ⑨夏は部屋の中がサウナ化する 「日当たりが良い」というメリットの反面、夏は猛烈に暑いというデメリットもあります。 部屋中のエアコンを稼働させたいところですが、全ての部屋でエアコンを付けると、ブレーカーが簡単に落ちます。タワーマンションでは煙を発生させてはいけないのでガスではなくIHを利用したオール電化のところがほとんどですが、これが仇になり夏はデメリットと感じることが多くなります。 「タワーマンションはエアコンが要らない、夏は涼しい」ということをよく聞きますが、それは日当たりの場所や天候、時間によって大きく変わります。暑いときはとてつもなく暑いです。 東側マンションは早朝~午前中猛烈に暑く、西側は西日が強烈です。体験上、東側の方が暑さに関してはトラブルが少なかったように思います。写真は東南側角部屋の日当たり。南側はほとんど1日中陽があたっているため夏は最悪です。 逆に冬は朝からぽかぽかして快適です。 ⑩インターネット回線の繋がりが悪い・遅い マンションの場合、インターネット回線は建物単位で契約していることが多く、ただでさえ住戸数が多いタワーマンションでは一つの回線をみんなで共有することになります。そのため、平日夕方以降、土日祝日については回線が極端に遅くなります。 個別で回線を引くことも可能ですが、それによっても戸建て住戸よりも速度は1/5程度まで落ちてしまいます(建物が高く回線を引っ張ることができないため)。例えばオフィスや事務所としてタワーマンションを使用する場合は不便が多く、ポケットWi-Fiなども使い物になりません。低層階(おおよそ6階以下)ならかろうじて繋がりますが、ネット関係はストレスを感じることが多いでしょう。 ⑪宅配物を宅配ボックスまで取りに行かなくてはいけない 先に「宅配物の配達の遅さ」をデメリットに挙げましたが、それとは逆に、住戸が多かったりセキュリティの課題で1階フロアの宅配ボックス留まりになってしまうタワーマンションも多いです。そうするといちいち引き取りに行く不便さがあります。 またチラシ物やポスト投函の宅配物(メール便・レターパック・葉書など)はどのタワーマンションでも共通です。特に「新聞」は、わざわざ毎朝取りに行く面倒さは残念としかいいようがありません。 ⑫家庭ゴミを下まで持って行かなくてはいけない マンションによっては同じフロアに引き取りに来てくれるスキームもありますが基本的には1階まで家庭ゴミを持って降りることになります。 ゴミを持ちながらホテル級の高級内装マンションを歩くのは、どうにかならないかと感じる方も多いでしょう。加えてエレベータの渋滞もありますから、朝の通勤ラッシュにゴミを片手に持ったお父さんたちが一気に乗り込むので少し異質です。 ただタワーマンションの場合、曜日を気にせずいつでも燃えるゴミ・燃えないゴミを出していいため、それはメリットです。年末年始などゴミ回収のインフラが停止しているときは、ゴミ置き場付近がとてつもない異臭で漂います。 ⑬パーティールームの倍率が高い 共用施設を使えることがタワーマンションのメリットではありますが、パーティールームなどの抽選式の共用施設については意外と倍率が高く、中々使うことができません。毎月抽選に応募することになり、家族や友人の誕生日、記念日に使いたいと思っても、恩義理なしに普通にハズレてしまいますので注意して下さい。 ⑭マンション付帯の幼稚園で感じる格差 ドラマ「砂の塔」でも話題になっているマンション内格差ですが、それはマンション内だけのことではなく、そのマンション付帯の幼稚園や周辺の施設でもそれを感じることがあります。 子供同士の会話が「◯階の✕✕ちゃん」などと呼び合われたり、幼稚園の下駄箱が階数そのものでカースト制度のように(暗黙に)指定されています(最上階に住む人は一番上、最下層の人は一番下の下駄箱に靴をしまう)。「タワーマンションに住む」という目的と勢いだけで入居してしまうと、その後考えもしなかったこと、自分だけではなく、家族や身の回りのことで辛い思いをすることが多くなります。特に下駄箱は、子供に「自分は下の人間(又は上の人間)」というのを植え付けることになるため、教育上どうなのかは問題になりそうですが、暗黙のルールである以上何も言えません。 また、基本的に母親はマンション内で家事やご近所付き合いをするのが主。働きに出たり、「保育園に預ける」というのはもっての外。保育園というのは基本的に母子家庭や収入が一定額以下の世帯、生活そのものが苦しい方達が集まる場所、という理解をされている方が多いため、子供を保育園に通わせているというだけで、マンション内で差別を受けることがあります。 ⑮理事会・総会で揉める タワーマンションとは見栄の塊で構成されたものです。そして住んでいる人の背景も様々。独身向けの部屋、ファミリー向けの部屋、リタイア世代向けの部屋など、部屋のタイプもたくさんあります。結果、色々な世代が混在することでありとあらゆる問題がマンション内で起こります。 修繕積立金の不足(ほぼ全てのタワーマンションで起こります)、工事や修繕のための一時金の徴収(かなり高額なお金を請求されることもあります)、鳥糞被害、区分所有者同士の権力争い、上記のデメリットに挙げた問題など、理事会・総会ではほぼ確実に荒れ、見物感覚でいると中々面白いです。 普通のマンションでは考えられないことがタワーマンションで問題になるので(ただ物件価値はそこまで下がりません)、やはりある程度のステージの方が住まないと息苦しくなります。 立地によっても問題が様々です。特に東京23区・横浜「以外」のタワーマンションの民度ははっきり言ってかなり低いです。これは管理会社に勤めていた私の経験則なので異論は受け付けますが、「23区に“住めない”」人たちが少し見栄を張って購入したのが区外・郊外のタワーマンションなので、一様に勘違いされている方が多く見受けられます。もちろん本当のお金持ちの方も多いのですが、それでも成金の王様気分で管理会社や他の居住者様に横柄な態度を取られる方もたくさんいます。 いわゆる「荒らし屋」感覚で理事会・総会をかき回し、優越感に浸りながら結局何の話し合いだったのか分からず、その方の承認欲求を我々が満たしてあげるだけの集まりになることもしばしば。従って、輪番制のマンションで役員に選定された場合は覚悟をしておいてください。土日は潰れますし、無償で、それなりに大変になります。

タワマン(タワーマンション)に住むと99%後悔?「タワマンの悲劇」「... 誰も教えてくれないタワーマンションの将来の資産価値、もう買ってる人は読まないことをおすすめします! | マイホーム塾

タワー マンション 後悔

都心にそびえるタワーマンション。そこは出世街道の先にある憧れの住み処。 しかし、タワーマンションを購入して後悔をしたという話をよく耳にしませんか。 タワマンとは高さが60メートル超、または階数が20階超の住居建築物を指します。 WRITER この記事を書いている人 - WRITER - 「家賃払うのがもったいないからマイホーム」この理由でタワーマンションを買う人は99%損をします。 マンション診断士の安山です。 少し衝撃的な書き出しをしてしまいました。 でもこれはまぎれもない事実です。 だからこそ、せっかく時間を割いて私のブログを読んでくださる方にはぜひお伝えしたい。 あなたはタワーマンションの将来の資産価値を知ってますか? 未だ根強い「家賃もったいないから家を買う」思考 「そろそろ、マイホーム」という人に家を買う理由を聞いて、返ってくる回答の大半がこれです。 「このまま家賃支払い続けるのがもったい。だったら家を買った方が資産になる。」 この考え方。 ある意味正解ですが、ある意味間違いです。 なぜか? だって資産になると思って買っている家の多くは 負債になるかもしれないから!! 際たるものが、タワーマンション!! ヤスヤマ 誰も教えてくれないタワーマンションの将来の資産価値 タワーマンションにメリットがないとは言いません。

【増えすぎ地獄】武蔵小杉のタワーマンション買って後悔しがちな理由... タワーマンションは問題点だらけ?タワーマンションの定義と3つのデメリットとは | 住宅営業マンがブログで伝える事

タワー マンション 後悔

台風19号による水害・浸水被害についても追記しました(10月14日) 当サイトでは以前に「【バブル崩壊】タワーマンション購入して後悔する人が続出している理由」という記事を書きましたが、今回はその中でも"武蔵小杉のタワマン住民の苦悩"について書こうと思います。 もちろん、メリットもあります。 タワーマンションは基本的に駅に近い場所、便利な場所に建設されます。 生活する上では便利ですよね。 また、人気を保つためにコンシェルジュサービスや、スポーツジム、パーティルームなど魅力的なサービスや施設付きなものも多いです。あると嬉しいですよね。 そして、何より「タワマン=ステータス」ですよね。 だけどこと「将来の資産価値」にフォーカスすると確実に言えることはこれ。 ヤスヤマ 理由をご説明しますね。 解消不能な「タワマンカースト」の存在 これはタワーマンションを語る上でよく話題になることです。 「タワマンカースト」という言葉をご存知でしょうか? 「カースト」というのは古代インドの階級制度のことです。 ピラミット状になっているこういうやつですね。 これと同じことが、タワーマンション内で起きています。 タワーマンションの最上階はゆうに億を超える価格です。 一方で低層階は、物件にもよりますが3000万円代のものもあります。 億ションを買う人と、3000万円の物件を買う層、 どう考えても年収やライフスタイル、価値観が全く異なり、上の階に行けば行くほど所得が高い世帯なのです。 さらに最近では、上層階は中国の富裕層が収益物件として買うケースが増えて来ました。 一方で低層階を買う人の中には、35年ローンを買って終の住処として考えている人もいます。 タワーマンション所有者の所得やライフスタイル、マンションに対する考え方は最初からバラバラなんです。 数十年後の修繕計画はどう考えても難しい タワマンには最初から『タワマンカースト』という名の住民格差がありバラバラである。 そしてこのバラバラの状態で数十年経過します。 建物へのメンテナンスはどのマンションにも必要なもので、タワーマンションとて例外ではありません。 マンションの修繕は、実はどこのマンションも苦労はつきものなのです。 マンションの修繕計画は、マンションを買う時から決まっているものではありません。マンション所有者で構成される管理組合によって、修繕内容や予算などを決めていくもの。 マンション住民皆が合意しないと修繕計画は進められない。 マンションとは、住んだ時点で運命共同体。 でも各々の所得やライフスタイルは様々で合意形成を進めることが相当困難だからです。 これは普通のマンションでも起きていること。 そして、これから大きな社会問題になること。 では「タワマンカースト」なんて言葉ができるほど、最初から住民格差のあるタワーマンションはどうなるでしょうか? 修繕計画を進めることは、困難を極めることが予測できます。 そもそもタワーマンションの歴史は浅く、本格的な大規模修繕例もない 先ほど「予想できます」と書きました。 なぜなら、タワーマンションの大規模修繕事例は、まだないからです。 ちなみに「タワーマンション」とは、22階以上の高さのマンションであることが定義です。 このタイプのマンションが一気に広がったのは1997年の建築基準法の改正がきっかけです。 つまりまだ20年弱の物件が多く、一般的に本格的な大規模修繕が必要な築30年以上を迎えている物件はまだ存在しないのです。 足場は立てられないのでゴンドラで修復 タワーマンション22階建て以上の建物なので、ビルの修繕事例を参考にするといいでしょう。 この高さとなるともはや足場を組むことができません。ゴンドラによる作業です。 足場を組んだ修繕より時間もお金もうんとかかります。 タワマンだからこその管理費、修繕費の多さ またタワーマンションだからこその設備の修繕も考えなくてはいけません。 例えばタワーマンションは非常用エレベーターの設置が義務付けられており、それを動かすための自家発電装置があり、これは年に1回の試運転が義務付けられているのです。 当然、非常用であっても耐用年数が経てば部材などの交換も必要なわけですね。 さらに豪華なマンションによくある、スポーツジムやパーティールームなども全て管理費や修繕積立金としてのしかかります。 そもそも修繕費も足りない!? なにより問題なのが、多くのマンションの修繕積立金が階段方式で値上がりすること。 これはマンションを売りやすくするための不動産会社の作戦なんです。 元からある程度必要な修繕積立金の総額見積もりは分かっています。 しかし最初から修繕積立金が高いと購入されない。 毎月の住宅ローン返済額+管理費+修繕積立金、場合によっては駐車場代もですからね。 というわけで最初は少なめに、数年おきに値上げする(管理組合で採択)という方式を取り入れているマンションがほとんどです。 普通のマンションでも結構なお値段の修繕積立金なのにスポーツジムやパーティルームを備えていることもあるようなタワーマンションならば、その修繕積立費も膨大です。 階段状に値上がりするため、次の値上げ前のタイミングでマンションを売却される方も意外と多いですよ。 ただ、段階的に値上げしていても積立金が全然足りていないマンションも多いですね。と言うより、むしろ足りているマンションが少ないです。 きちんと先のことを考えて策を講じているマンションはほとんどありません。 でもそういうマンションに住んでしまった場合、一時金を徴収されて修繕を行うか、修繕をしないか、しかないのです。 もともと住宅街ではないエリアに街を作っている事実 現在タワーマンションが多く立ち並ぶ豊洲など東京の湾岸エリアを例にお話しします。 東京湾岸エリアは、もともと物流倉庫でした。 リーマンショックの時に資産を処分したがる企業が一斉に土地を売り、広大な土地がわんさかでました。 ここに目をつけたデベロッパーが買い取ってタワマンを乱立させたのが、今に至る経緯です。 街がなかったエリアに街を作っているのです。 最初は安かった土地代も、街を開発し整備すればその時は値上がりします。 しかしながら、一斉に街に移り住んだ人は必ず老います。 そして、住民と共にタワマンも老いていきます。 子供たちが巣立った後に、残るのは共に老いた住民とタワマンだけです。 そんな時に住む基盤であるタワーマンション自体が修繕もされないまま価値がないと……そんなタワマンが乱立していると……街自体の価値も下がってしまうのです。 私たちは似た事例を知っているはずです。 これは昭和にできたいわゆる「ニュータン」と同じ構造と言えます。 人工的に作り出した街であるがゆえ、次の世代の人たちが根付かず他所に出て行ってしまい、老いた住民だけが残るわけですから価値は落ちて当然です。 諸行無常ですね。。 マイホーム塾から提案、マンション買うなら中古の非タワマン ここまでタワーマンションの将来の資産価値が危ういことをご説明しました。 とはいえ、人気のタワーマンション。 例えば、共働き家庭で車も持たない、通勤に便利な駅近物件を探している世帯には人気があります。 マイホーム塾として、こういう層におすすめなのが、非タワーマンションです。 タワーマンションは、一般的なマンションよりも多様性ゆえ修繕計画が困難を極めることがすでに見えており、かつ立っているエリアも人為的に価値を作り出している場合は長期的に見て資産価値が危うい。 だったらそうじゃないマンションを選んでみてはいかがでしょうか? 中古マンションであれば価格が大幅に下がります。 しかも立地がよければ資産価値は落ちてないマンションも数多くあるんですよ。 合わせて読みたい!マンションの選び方についての記事はこちら タワーマンションの資産価値が危うい? 「家賃を払うのがもったいない」理由でタワーマンションを買う人がなぜ損をするのか?の理由とともにタワーマンションの資産価値についてご説明しました。 タワーマンションは、まだまだ歴史が浅く先のことは読めません。 収益物件として買うのはいいでしょうけど、いつまで持っておけば得なのかその分岐点も未知数です。 ゆとりがある富裕層が投資対象や一時の住まいとして買うのはよいでしょう。 一方で「家賃を買うのがもったいない」層は、終のすみかとして買いたい層ですよね。 タワーマンションとは最初から格差があり、将来的なメンテナンスがとにかく難しくなるでしょう。 それでは街としても建物としても資産価値が維持されません。 維持できない資産価値であれば、家賃を払い続けて賃貸に住んだ方がお得ではないでしょうか? あるいはもっと別の選択肢を探した方がいいかもしれません。 せっかくのマイホーム。 買うのであれば、資産として残るものを選びませんか? 追伸: 後悔しないマイホーム選びは事前診断から。 日本ではまだ根付いていない、マイホームを買う前の事前診断サービスを私は提唱しています。 マンション選びで不安なことがあれば、こちらのサービスをぜひご検討くださいね。

タワーマンション、後悔するのはこんな人!? [高級マンション] All... 後悔しないマイホーム選び | 理想のマイホームは、一戸建て?マンション?後悔のないマイホーム選び、リフォーム業者選びのお役に立てれば

タワー マンション 後悔

タワーマンション、後悔するのはこんな人!? ハイサッシュ、内廊下、超高層高級マンションをイメージする設備や構造。 物件購入でマンションを視野に入れている方に必ずといっていいほど、タワーマンションの購入を検討するされているのではないでしょうか? そんななか東京都港区を中心に売れているタワーマンションが、今さまざまな問題を抱えているニュースをみなさんはご存知でしょうか? タワーマンションの深刻な問題として「低層階VS高層階の格差、固定資産税の件、大規模修繕」の3つの深刻な問題を取り上げられております。 一方でタワーマンションという言葉が取り上げられておりますが、そもそもタワーマンションの定義がわからないという方もいらっしゃるかと思います。 今回の記事ではマンションと、タワーマンションの定義の違いとタワーマンションの問題点(デメリット)に触れていきたいと思います。 住宅営業マン秋 マンションとタワーマンションの定義の違いは? タワーマンションの定義の基準は? 建物の高さが60m以上あり、階数が20階以上の建物のことを言います。 なぜ60mかというと建築基準法は一定の基準追加され厳しく基準になっていきます。その基準が60mになるのです。 それに対してマンションは20階以下の建物を指します。 1階の天井高は2.5mですが、上層階の配管などを通DS(デットスペース)が約50㎝ほどありますので、1階の高さは約3mになります。 3m×20階でちょうど60mということになります。 一般的には20階以上を高層階、20階以下を低層階といいます。 高層階は低層階と比べて販売価格が高いです。場合によっては倍以上販売価格が違うよ。 31m以上はエレベーターを必ず設置しなければならないのですが、60mになると建物の構造が更に厳しい基準で設計しなければならないのです。 余談ですが、100m以上になると最上階に緊急ヘリポートの着陸地を作らなければいけないってみなさんご存知でした? 当然厳しい基準で建てないといけないタワーマンションですので、建築費が通常のマンションに比べて膨大に高くなります。 その影響もあって販売価格を通常よりも高めに設定し、ルームサービスなどの付加価値をつけて提供しているタワーマンションが多いです。 *ルームサービスなどの費用は当然管理費として月々所有者にお金がかかります。 ではタワーマンションの問題点を見ていきましょう。 購入する前に知っておくべきタワーマンションの深刻な3つの問題点(デメリット) 低層階VS高層階の格差 低層階に住んでいる人と高層階に住んでいる人ではやはり物件価格が2000万円~3000万円以上変わってきますので、購入する家族構成も低層階と高層階では大きく変わってきます。 低層階の方であれば、500万円ぐらいの年収でも購入できますが、高層階の物件だと年収1,000万円は欲しいところです。 単純に年収が2倍違うので、生活スタイル・車の車種等も当然お金持ちと比べてしまうと劣ってしまします。 そのような体裁を気にする方であれば、タワーマンションの低層階を購入してもストレスがたまる日々が想像できるので、おとなしく通常のマンションを購入しましょう! ママ友とか最悪ですよね。砂の塔ってドラマでやってたのが懐かしい。 そして2018年には低層階と高層階の格差を確定づける法改正が起きようとしております。 高層階の固定資産税UPにより、議決権が最大6倍まで増える!?2018年4月以降の新築のタワーマンションのみに該当 これはニュースでも話題になりましたが、20階以上に住んでいる高層階の固定資産税を増やして、低層階に住んでいる方の固定資産税を安くするという政府与党が平成2018年にはじまりました。 具体的には20階以上の物件は今までの固定資産税から1.1倍の増税をし、20階以下の低層階は今までの9割にする事。 但しこれは2018年以降の新築タワーマンションからなので、今住んでいるタワーマンションには全く関係が無い話です。 ただ固定資産税増税に伴い新たな問題が出てきました。 高層階所有者と低層階所有者の議決権のあり方についてです。 議決権は各世帯1票をもとに年一回の集会で、マンション規約の変更・追加をしていくわけですが、その議決権が各世帯1票ではなく、価格の割合で決めようという話になっているのです。➨2018年現在、新築から固定資産税が上がりました。 例えば都心の港区の低層階の物件が5000万円で1票だとした場合、最上階は億ションといわれるマンションになるんですよ・・ 仮に高層階が3億するマンションだった場合はどうなってしまうのでしょうか? 今までは1世帯1票だったのに、2018年築のタワーマンションからは5000万で1票に対して、6倍の3億ですから、3億円のオーナーは議決権を6票も持っていることになるのです。 上層階のほうが当然金額が高いですので、上層階同士の方で結託をしてしまえば、すぐにマンション規約を変えてしまうこともできてしまうってことなんですね。 ちなみに簡易的な規約を変更するのは全体の1/5の議決になれば、規約を変えることができます。 *重要な規約については、全体の3/4以上の賛成が必要なので高層階の方が協力したとしても低層階の協力が無ければ規約変更は難しいでしょう。 もしこの法改正が施行されてしまった場合は、あっという間に規約を変えられてしまい、低層階の方は上層階の方に縛られながら生活するしかなくなってきてしまうのです。 そのため政府・与党は議決権については慎重に議論を進めるといっておりますが、筆者の立場としてはこれは反対です。 投資家でもある住宅営業マンですので、この条例が施行されたら低層階の物件を購入できなくなってしまうので、今まで通りでお願いしたいところです。 タワーマンションの大規模修繕の時期と費用がかさむ。修繕問題は一刻を争う事態に・・ タワーマンションは2000年前半から広まり、約10年以上の築年数が経過している建物がすごい勢いで増えてきております。 ここにきてタワーマンション最大の問題点は建物の老朽化による大規模修繕です。 現在私の住まいの近くの埼玉県川口市のエルザタワー55が大規模修繕を行っておりますが、その工事費用と工事の期間・方法についてテレビで一時期話題になりました。 以下引用します。 出典:http://suumo.jp/journal/2016/01/15/103918/ 「エルザタワー55」では、「1階~6階」は一般のマンションと同様の枠組み足場とし、「7階~50階」はリフトクライマー(ただし、35階で外観の形状が変わるためにリフトの形状の改造を施す)、「51階~55階」はゴンドラの仮設工事を行う。 そして、建物は四面あるので、前半は東面と北面でバルコニーからの外壁や防水等の工事を終え、後半は西面と南面で同様の工事を終えるという手順となっている。並行してマンション内の共用廊下の改修工事なども行われている。 上層階から工事をするのが基本で、冒頭の写真の7階までの仮設足場は7階以上に使用するリフトクライマーに人や道具を運ぶための簡易エレベーターを設置するためのものなので、足場が解体されている途中だ。低層階用の枠組足場は2016年春に設置される予定だ。 このように仮設足場の組み方は複雑で、工期も2年と長くなるが、実際に居住する住戸のバルコニーが使えない、バルコニー先を作業員が昇降するといった期間は、数カ月で済む。その点では、一般のマンションの場合と変わりはないと言ってよいだろう。 出典:http://suumo.jp/journal/2016/01/15/103918/ この工事会社を決めるのに2年以上かかり、更に工事期間も2年以上かかることから合計で約5年かかるといわれておりました。 更に足場が日本の法律だと6階までの高さ(約20m)しか建てられないことから、7階から51階までを海外から特別仕様で作ったエレベーターで修繕することからおよそ12億円の工事費用で修繕するそうです。 12億ですよ・・・ この12億は当然、入居者の管理費修繕積立金から支払われるんですよ!! しかも足りなければ一時金としてお金を支払わなければなりません。 今後ますますタワーマンションでこういう問題が出てくると思います。払えなければ売却をしなければなりません。 タワーマンション購入者は当然この問題に備えて対策を取るべきですが、タワーマンションを憧れで購入をしようと思っているあなた! 悪いことは言いません。よほどのことがない限りマンションを購入しましょう。 憧れだけでは良い生活は送れません。現実を知るべきです。 住宅営業マン秋 まとめ タワーマンションの定義・デメリットのまとめ ・タワーマンションの定義は正確なものはないが、高さ60m以上、20階以上のマンションの事をいう ・タワーマンションの問題点は3つ「高層階との格差」「高層階の議決権の拡大」「大規模修繕による期間と費用」についてしっかり考える必要がある。 ・大規模修繕は本当にお金がかかるので、購入時にしっかりとした資金計画を立てないと破産して住宅を手放す羽目になる。今回の記事ではタワーマンションの問題点を上げていきましたが、当然いいところとして開放的であったり、立地が良いので生活しやすいなどのメリットもあります。 ただ無理しない資金計画のもとで生活をすることが第一条件だと思いますので、タワーマンション購入を検討している方は、1度冷静になって問題点を考えてみましょうね。 この記事が役に立ったと感じた方、コメントやシェア等をしていただけると嬉しいです。 最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。 住宅営業マン秋毎日探しているのに好条件の物件・土地が無いの理由がある!決して表に出ない未公開物件を貰う方法 SUUMOやホームズなどのポータルサイトで、物件を探したけど「同じ物件ばっかり!」「希望エリアの物件がない」って悩んでいる人は多いのでは無いのでしょうか? それもそのはず、SUUMOやホームズなどのポータルサイトでは、不動産業界の仕組み上、良い物件と言われる未公開物件が手に入らない構造になっております。 条件の良い未公開物件はネットに掲載される前に売れてしまい、全体の2割~3割が未公開物件です。 その一方でこの方法を使っている住宅購入者は、あなたの知らないところで好条件の未公開物件を検討し、好条件の物件を購入している現実。 あなたも好条件の未公開物件から家探しをしませんか? まだ見たことが無い好条件の未公開物件情報を手に入れる方法はコチラ>> 元住宅営業マンの秋月 タウンライフ家づくり:★★★★★ 全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられるハウスメーカー相見積もりサイト。プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれない家造りが出来るのがオススメ! タウンライフ不動産:★★★★ 100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできるので注文住宅の土地探しにオススメ!もちろん都内の未公開物件も狙えます。

タワーマンションは、デメリットが多い?後悔して引っ越した例も。健... 【体験談】もうタワーマンションには住みたくない!購入を後悔する理由11選│安心の不動産売却・査定なら「すまいステップ」

タワー マンション 後悔

タワーマンションは、結構デメリットも多いんです。中には、後悔して引っ越した例もあるので、実例を紹介します。タワーマンションのメリット、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか。 管理人のタケシです。 不動産業界に勤務。マイホーム建築、実家のリフォーム経験アリ。 不動産情報サイトはいろいろありますが、不動産を探す時、リフォームする時に悩むこと、迷うことをまとめたサイトってあまりないな。と思って立ち上げました。 自分や自分が担当したお客さまに多かった悩み事を中心に紹介していこうと思います。 人脈だけが取り柄なので、実際にこうだったよ。という声もたくさん紹介していきます。

実はマンションを購入して後悔していること。買ってみて経験して分か...

タワー マンション 後悔

マンション選びでタワーマンションを選択肢から外した3つの理由. 住宅ローンでは後悔しないように. マンションに限らず、マイホームを買う場合は、住宅ローンを借りることになることが多いと思います。 豪華なエントランスに充実した共有施設、街のシンボル的存在のタワーマンションは、利便性もステータスも兼ね備えた憧れの住まいです。都市部を中心に建設ラッシュが続いていますが、まだまだ人気が高い状態が続いています。タワーマンションに住んでいる人はさぞ幸せなのだろうと思いきや、実はそうでもないのです。はっきり言いましょう。「タワマン住みの幸せは一時的なものであり、長くは続きません!!!!!!! 」この記事では、実際にタワーマンションに住んでみた人が購入を後悔した理由を幾つか紹介しています。もし配偶者や親がタワーマンションへの住み替えを希望している中であなたが不安を感じているのであれば、是非この記事を一読して欲しく思います。リナビスはたから見ると幸せに思えるタワマン住まい、果たしてその実態は….?また、マンションなんて買うんじゃなかったな、と後悔して少しでも売却を考えているなら、まずはマンションが今いくらか確認しておきましょう。不動産一括査定サイトすまいステップを使えば、簡単に無料査定を依頼できマンションがいくらで売れるか分かります。マンションの価格を知れば、より良い環境へ住み替える踏ん切りがつくかもしれません。↑こちらから査定を依頼できます!↑↑こちらから査定を依頼できます!↑タワーマンションに住み続けたいと思う人はかなり少ない!出典:「タワマン女性の住まいへの満足度は高い一方、9割以上が将来の住みかえ可能性あり!?」株式会社読売広告社の調査によると、7割以上の女性がタワマン住まいに満足しているが、「今の家に一生住み続けたい」と考えてる人は、何と1.8%と一般物件と比較してかなり低い数値が出ています。出典:「タワマン女性の住まいへの満足度は高い一方、9割以上が将来の住みかえ可能性あり!?」また、タワマンに住む女性の生活価値観として「品の良い暮らしがしたい」が約7割と、まさに“ステータス”としてのタワマン住まいを求める傾向が強いようです。ステータスとして周囲に憧れられるよりも「タワーマンションに一生住み続けたくない」という意思が勝ってしまうのは何故でしょうか?それは、タワーマンションならではの不便さが存在することに他なりません。次の章では、タワーマンションならではの不便さや不安等、デメリットを幾つか紹介します。リナビスタワーマンションに住み続けたいと思う人は、以外に少ないんだね….。↑こちらから査定を依頼できます!↑↑こちらから査定を依頼できます!↑【体験談有り】もうタワーマンションには住みたくない…購入を後悔した理由11選憧れのタワマン住まいを実現させたものの、何故ここまで購入を後悔してしまう人が多いのでしょうか?以下では、「もうタワーマンションには住みたくない!」と感じてしまう理由と体験談をいくつか紹介しています。維持費(管理費・修繕積立金)が高すぎる!隣人の音漏れや浴室の悪臭風が強くて洗濯物がベランダに干せないエレベーターの渋滞部屋に引きこもりがちの生活になる長期地震動による揺れインターネット回線が遅い宅配ボックスでの受け取りやゴミ出しが面倒子供が飛び降りてしまうのが怖い共用施設の予約が取れないタワーマンションならではのカースト① 維持費(管理費・修繕積立金)が高すぎる!マンションの維持費は大きく分けて、管理費と修繕積立金の2種類があります。管理費は、コンシェルジュサービスやラウンジなどの共有施設、エレベーターや立体駐車場のメンテナンス費などが含まれます。タワーマンションの場合、プールやジムなどの一般的なマンションにはないような施設が付属しているところが多く、それだけで費用が高額になってしまいます。一般的なマンションの管理費の相場が15000円程度なのと比べ、タワーマンションの管理費相場は東京23区で28000円と言われており、最高額は平河町森タワーレジデンスの42,000円です。関連記事高級住宅の代名詞的な存在でもあるタワーマンションは、購入価格も賃貸で利用する場合の家賃も、他の住宅と比較すると高い傾向にあります。しかし、それだけではなくマンションに必要な管理費および修繕積立費などの費用も高額になりやすいため注意が[…]修繕積立金とは、共有部分の大規模修繕を行なうための積立金です。タワーマンションの修繕は、超高層が故にクレーン車を利用するなど、一般的なマンションに比べて工事費が割高になってしまう傾向にあります。体験談東京都:N・Kさん(42歳・男性)タワーマンションを購入したときは深く考えていなかったのですが、今一番不安なことが将来の修繕費です。うちのマンションにはジムが共用設備として付いているのですが、正直毎日使うかというと、そうでもなくて….。将来修繕できる積立も十分になく、急に修繕費を上げられる可能性もあるので、30年後うちがどんな状態か心配です。② 隣人の音漏れや浴室の悪臭「タワーマンションなのに音漏れ?」と意外に感じた人も多いでしょう。タワーマンションは縦に長い構造上、軽量化が求められ、居室の仕切り壁は鉄筋コンクリートではなく、頑丈なパーテーションのような軽い素材を使うケースが多い。そのため遮音性が低くなりがちという弱点を持っています。実際に「隣室からドライヤーやトイレを流す音が聞こえた」と、高い値段を払っているのだからプライバシーは守られているものだとガッカリする声も一定存在します。また、浴室や洗面台からドブのような悪臭がするとの声も。タワーマンションはホテルのような「内廊下式」の構造であることがほとんど。で、一定換気をしていても、臭いはこもってしまうことがあります。体験談東京都:O・Nさん(37歳・女性)住んでしばらくして驚いたのは、隣室からドライヤーやトイレを流す音まで聞こえてくることです。ドアの開閉音で隣人の出勤・帰宅時間まで把握できちゃいますね。高い値段を払っているのだから当然、プライバシーが守られることを期待していましたが、隣人の生活パターンまで丸わかりの状態になってしまってました。リナビスペット飼育可の物件は特にトラブルが多いみたいだね…③ 風が強くて洗濯物がベランダに干せない高層階は風が強く、洗濯物落下による事故につながるため、ベランダでの洗濯物干しを禁止しているところがほとんどです。基本的に、洗濯乾燥機や浴室乾燥機などで対応しています。また、生活臭を出さないために規定でお布団を干すことができない場合もあります。タワーマンション全体の景観を損なってしまうため、太陽のニオイがするフカフカの布団とは無縁の生活になります。体験談東京都:M・Kさん(40歳・女性)高層階に住んでおり、入居する前に多少の強風は覚悟していたのですが、想像以上でした。地上にいるときの台風のような(笑)タオルや靴下などの重量の軽い洗濯物を干したときには、洗濯バサミごと持っていかれましたね。洗濯以外にもちょっと換気したくなったりして窓を開けた時も「ゴォォ」っていう強い風がくるので、窓を開けるのにもかなり慎重になってしまいました。リナビス宅配クリーニングもよく使われているみたいだね。④ エレベーターの渋滞世帯数が多いタワーマンションでは、朝の通勤や通勤時間にエレベーターが混雑し、なかなか下に降りられないというケースもあります。高層階になればなるほど、エレベーターの待ち時間が長く、ストレスは増します。タワーマンションでは毎月1回程度、エレベーターの点検が入ります。大きなマンションの場合、一斉に点検することは基本的にありませんが、その間は混雑が予想されます。災害や事故があった場合は、安全が確認できるまで停止してしまうため、階段での上り下りが余儀なくされます。高層階ほど、階段移動の負担は重くなります。体験談大阪府:T・Oさん (35歳・男性)タワーマンションに住んでみて一番のストレスが、やっぱり朝の通勤時のエレベーターラッシュですね。混むのなんのって…..通勤で地上に降りる際にゴミ出しも一緒に行う人も多く、混んでるのも重なってエレベーター内はすごい悪臭でした….夏場だと更に最悪です。電車通勤なので、エレベーターの混雑を抜けたら次は電車の混雑(笑)通勤だけで疲れが溜まり、我慢できず2年ぐらいで普通のマンションに引っ越すことになりました。リナビスエレベーター待ちが嫌で引っ越しを決意する人も多いみたいだね↑こちらから査定を依頼できます!↑↑こちらから査定を依頼できます!↑⑤ 部屋に引きこもりがちの生活になるエレベーターの問題もあり、高層階になればなるほど、下まで行くのが面倒になってしまいます。便利な世の中で、宅配サービスで何でも届けてくれるようになったため、ますます外出が億劫になります。特に、小さい子供を抱えている専業主婦、退職後の老夫婦などは特に注意が必要です。タワーマンションの高層階に住むことで、人と会わない日々が続き、生活が荒れてしまうというのは珍しい話ではありません。体験談東京都:M・Kさん(32歳・女性)専業主婦ですが、住み始めたときは「憧れのタワマン生活!」っていう感じで喜びが大きかったです。でも、日が経つほどに地上に降りることが面倒になってきて、最終的には1週間に1~2度ぐらいしか外出しなくなってしまっていました。買い物も全て宅配、友人とも会わない生活が続き、鬱っぽくなっている自分に気づき、夫と話し合って引っ越すことを決意しました。リナビス人と会わない生活を続けた結果、気付いたら鬱っぽくなっている人も少なくないみたい….⑥ 長周期地振動による揺れタワーマンションの上層階は、地震などの災害時に被害が大きいです。小さな地震でも、上に行くほど揺れが強く、大きな家具や家電は固定しておかないと危険です。また、災害には至らなくても、長周期地振動による揺れが続くというデメリットも存在します。長周期地震動とは、大きな地震が発生した時に生じる周期(1往復するのにかかる時間)が長い揺れのことを言い、 ビルの高階層が長時間にわたって大きく揺れる、また、地震が発生した場所から数百キロ離れていても大きく揺れ、遠くまで伝わりやすいという性質があります。タワーマンションは性質上この長周期地震動の揺れが長く続きがちです。リナビス女性、子供はこの揺れが体に合わず、体調を崩すこともあるみたいただし、免震構造のマンションだと、揺れがかなり緩和されます。免震構造とは、建物の下にゴムと鋼版で作ったアイソレータ―という免震装置を設置し、地震の揺れを吸収します。建物に揺れが伝わりにくいため、高層階でも安心して暮らすことができます。体験談愛知県:S・Iさん(36歳・女性)引っ越しを決意したのは、地震による揺れですね。怖すぎます。免震構造なので地震が終わっても長時間揺れが続き、その恐怖から頭がおかしくなりそうでした。あと、一度揺れに重なって停電になったときがあって、恐怖も倍増でしたし、非常用のエレベーターも取り合いのような状態になってて、人間の恐ろしさも同時に感じました….⑦ インターネット回線が遅い一般的なマンションの場合インターネットの回線は建物単位で契約します。タワーマンションも同様ですが、やはり戸数が多くなりがちなので回線の速度は遅くなりがちです。特に土日祝日は極端に遅くなることが多いようです。体験談東京都:S・Oさん(33歳・男性)趣味がyoutubeの鑑賞なのですが、見ている動画がことごとくブツ切りのように中断され苦痛でした。休日もそこまでアクティブな方ではないので基本的に部屋に引きこもる生活でしたが、副業のアフィリエイトもネット回線の遅さのせいで進まず、不便さ故に引っ越しを決意しました。リナビス暇なときにネットが見れない生活…ちょっと現代だと考えられないな….。⑧ 宅配ボックスでの受け取りやゴミ出しが面倒マンションで暮らす場合、基本的に宅配ボックスやゴミ出しは1階(もしくは地上)にある場合がほとんどです。先にエレベーターの問題を紹介しましたが、そんな状態で宅配ボックスでの荷物の受け取りや毎日のゴミ出しなどが億劫になってしまう人も多いようです。ただ、タワーマンションの場合、曜日を気にせずにいつでも燃えるゴミ・燃えないゴミを出してもOKなためそれはそれでメリットだと感じる人もいるようです。体験談大阪府:S・Kさん(35歳・男性)宅配ボックスもそうでしたが、とにかく宅配便の受け取りが面倒でしたね。住んでいたタワーマンションがオートロックが複数設置されていて、宅配業者からのインターホンに何度も対応しなければいけなかったのが苦痛でした。大体一つ目のインターホンが押されてから荷物が部屋に到着するまで5分はかかっていましたね。宅配業者の方にも申し訳ない気持ちになりました(笑)リナビス朝の通勤ラッシュはゴミ袋を持ったお父さんでエレベーターがいっぱいになるね….⑨ 子供が飛び降りてしまうのが怖い生まれつきタワーマンションに暮らしていると、本来高所恐怖症が備わっている子供が逆に高所“平気”症となってしまい、ベランダで遊ぶなどして最悪飛び降りが起きてしまう危険もあります。憧れのタワマン生活を謳歌するつもりが、いつの間にか子供が危険に走らないかを気にする生活に。子供のためを思うなら、一般的な戸建てに住み替えた方が懸命かもしれませんね。体験談東京都:山田 花子(30歳・女性)子供がまだ3歳と小さく、危険なことをしがちな年ごろなのでとにかくベランダには行かせないようにしていました。ペットが来られないようにするときに使う柵まで用意していましたね(笑)あと、タワーマンションの周囲には公園が少ないので、子供を遊ばせる場所を見つけるのも大変でした。結局子供の危険や成長のことを考えて、都内近郊に戸建てを構えることにしました。リナビス子供のことを考えたらタワマンはベストな選択じゃないのかも⑩ 共用施設の予約が取れないパーティルームなどの共用施設が使えるのもタワーマンションの醍醐味ですが、これが意外と抽選の倍率が高く、外れることも多いそうです。家族や友人の記念日に使いたい!と思ってもなかなか使えない、というのが実態です。体験談東京都:山田 花子(28歳・女性)パーティルームがすごく綺麗で設備も充実していたので決めたタワーマンションでしたが、3年住んで使えたのはたったの2度だけでした。住んでいる人も自分のタワマン住まいを周囲に自慢したい人が多いので、パーティルームの倍率は相当高いものでしたね。共用設備の豪華さに憧れた部分もあって入居を決めたのに、全然使えないのであれば多額の家賃を支払っている意味もないとの判断で引っ越しを決意しました。⑪ タワーマンションならではのカーストドラマ「砂の器」をご存じでしょうか?そのドラマの中にもマンション内格差がありましたが、現実にもタワーマンションではカーストが存在します。特にマンション付近の幼稚園でそのようなことが起こるケースが多いようです。タワマン住まいの子供ばかりが通う幼稚園ですので、子供同士の呼び名も「〇〇階の〇〇ちゃん」ということが会話に出てくることもあるようで、下層の家庭の子供がいじめの対象になることもしばしば….。最上階の人間は偉く、最下層の人間は地位が低い、そんな教育を子供に受けさせていいものでしょうか?体験談東京都:I・Tさん(35歳・女性)子供を通わせていた幼稚園で何人かのママとお話していましたが、明らかに「子供の習い事は何か?」の話題が多く、そこでママ友内で格付けしているように感じられました。格付けが高いママは「バイオリン」「バレエ」を習わせており、周囲のママ達も負けじと子供に「バイオリン」「バレエ」を習わせているのを見て、なんだか馬鹿らしくなってしまいました。リナビスドラマのようなことが本当にあるんだね。タワマンカースト、恐るべし….タワーマンションに住むなら「賃貸」がおすすめ!自分はタワーマンションに住みたくないと考えていても、配偶者や両親がどうしても住んでみたい!などと意見が割れてしまう場合、分譲で済むのではなく、賃貸での居住をおすすめします。分譲より賃貸がおすすめの理由これまでお伝えした通りタワーマンションに住む、ということはデメリットが多く、一生住み続ける住まいとしては適していないです。タワーマンションのきめ細やかなサービスは確かに魅力的ですが、分譲で住んでしまうとそのサービスを必要としなくなった時まで支払いを続けなければなりません。例えば、子育てを終えたのに託児所サービス代を管理費として払い続けるマンション内のジムより他のジムに行きたくなってしまったパーティルームなどの共用設備を思ったより使用しないまた、タワーマンションには外国人の入居者も多く、生活習慣の違いからストレスを抱えることも多いです。ライフステージの変化の中で一時期を過ごす場所として、賃貸で住んでみる、という選択が懸命でしょう。賃貸のタワーマンションの探し方は?タワーマンションといえど、賃貸物件の探し方は基本的に一般的なマンションと変わりはありません。不動産会社に問い合わせれば普通に案内しえもらうことが出来ます。インターネットでも探すことができ、おすすめは高級賃貸に特化した特集サイトを使用することです。SUUMOなどで検索してみましょう。まとめもうタワーマンションに住みたくない!と思う理由を体験談付きで紹介していきました。憧れだけで購入してしまうと、後々後悔してしまう可能性も高いですね。タワーマンションへの住み替えを検討されているのであれば、今一度「何故タワマンじゃなければならないのか」を配偶者や親類とお話することをおすすめします。もしあなたが既にタワーマンションを保有していて売却を考えているのであれば、一度価値を確かめてみることをおすすめします。タワーマンションのデメリットは多いとは言え、まだまだ人気は高いです。東京オリンピックを控えている今なら、かなりの高値で売却できる可能性も高いです。一括査定では、手間なく査定の申込ができます。ぜひ、ご活用ください。↑こちらから査定を依頼できます!↑↑こちらから査定を依頼できます!↑ 不動産一括査定サイトを使って査定をしたら300万円以上の差も珍しくない 不動産一括査定サイトすまいステップ を使って実際に不動産を査定してみると、査定額に300万円以上差が出ることも珍しくはありません。