• 記事: 18532
  • 質問に対する回答: 17981
  • コメント: 19661
  • 準備ができて答え: 22597

トランペット ハイトーン マウスピース

【徹底比較】カッコよくハイトーンを鳴らせ!ジャズ・ポップス向けト... トランペット ハイノートの出し方 - 楽天ブログ

トランペット ハイトーン マウスピース

みなさん、こんにちは!くずはモール店 管楽器担当の上野(うえの)です。 今回は超ハイトーンが要求されるジャズ・ポップス向けマウスピースを特集します!今回もサウンドや吹き心地などを演奏動画と共に検証したいと思います! 前回の比較ページはこちら→【特集ページ】トランペット ... 【質問】 高校でトランペットを吹いています。 レッスンの先生に教えていただいて、バジルクリッツァーさんのブログを拝見するようになりました。 質問は二つあるのですが、まず、一つ目は指回しとタンギングについてです。 四分音符=168の三連符がコンクール曲で出てくるのですが指がすべるのとタンギングが合わないためにうまく吹けません。 四分音符=100ぐらいのゆっくりなテンポから上げていくという風に練習しているのですが四分音符=144ぐらいから失敗する確率が高くなってしまいます。 合奏では、練習でうまく出来ていないために失敗すると思ってしまい、緊張して全然吹けません。 どのような練習をすればいいでしょうか? 二つ目はハイトーンについてです。 私はハイトーンがとても苦手で、ハイB♭が出るようになったのも最近です。 チューニングB♭の上のGぐらいから、明らかに音質が変わってしまい、カスカスな音でしか鳴りません。 どうすれば、しっかりと密度の濃い音を鳴らせるようになりますか? 音が高くなればなるほど、プレスして吹いてしまうのですがこれは直すべきですか? 返事をよろしくお願いします。 【回答】 はじめまして。 コメントありがとうございます。 >一つ目は指回しとタンギング 実はですね、「ゆっくりから上げていく」方式は、途中で行き詰まることが多いのです。 それは、メトロノームという「機械」にとっては「均等」に進んでいても、 「身体」という「有機システム」にとっては、わずか ♩=10 の変化でも、内部ではまったく「別もの」になることがあるからです。 そこで、 ① はっきりくっきり明確に頭の中で音が思い浮かべられる「ゆっくり」練習 ② 最初から♩=168 でさらう「インテンポ練習」 を組み合わせてみると効果があるかもしれません。 ①は、 ・ソルフェージュの練習=「音を出す」作業を身体にさせるためには、「音で考えている」必要があるため ・ひとつひとつの音の練習=フレーズを構成する音ひとつひとつや前後関係の「身体感覚」がゆっくりだと明確に感じる時間があるため、感覚的な安心感を得られる=苦手意識が減る という側面があります。 ②は、 ・速いスピードで明確にソルフェージュする練習=たぶんこれができていないから行き詰まる一要因になっています ・速いスピードで身体にやる「チャンス」を与える=ある時点から、音の変化の方が、「ひとつひとつの音に対しての身体感覚・運動感覚」を感じるスピードより速くなります。そうなると、前もって「どんな感じがするか」は予想できません。したがって、感覚が伴わないなかでも身体に「インテンポでやらせてみる」必要があります。やらせてみているうちに、わりとすぐに身体はそのスピードの運動をできるようになります。 この際、 「はじめはボロボロでも気にせず決めたところまで吹き通す」 ことが大切です。 ミスしたところを「直す」ことをやっていると、実はそれは「ミスする練習」になってしまうのです。 ですから、ミスしたかどうかは全くどうでもよく、とにかく「インテンポで決めたところまで吹く」という機会を繰り返し身体に与える必要があります。 そうしているうちに段々、身体が、あなたがインテンポで持っているイメージ=身体への指令を現実化できるようになってきます。 二つ目はハイトーンについて まず、チューニングBbとその上のGとでは、「どの倍音を吹いているか」が違います。 ですから、単なる「6音上」ではないのです。 ちょうど2日前、同じような質問に答えました(ホルンですが)。 きっと参考になると思います→こちら 第一歩は、チューニングBbと同じように演奏しようとしないことです。 Gになったら、G用の「動き」を身体がしてくれる必要があります。 チューニングBbより6音上のGの方が、息を吐く力=お腹を凹ます力、ベロを動かす力(高い音ほど、ベロが上にあがっていきます)、口を閉じる力を必要とします。 そしてこれらの力が増えれば増えるほど、プレスもまた必要なのです。 プレスは、マウスピースから口方向へのプレスであるかぎりは、思いっきりやって大丈夫で。 グイグイプレスしましょう。 問題なのは、頭と首をマウスピースの方に押しつけたときです。 もしそれに気付いたら、マウスピースを口に向かって動かすようにしてください。 Basil Kritzer 追記:2017.7.5 「返し縫い方式」もある!!

トランペットについて、ハイトーン・マッピ(マウスピース)について... トランペット・マウスピース | ベルテックミュージック

トランペット ハイトーン マウスピース

トランペットについて、ハイトーン・マッピ(マウスピース)について。ハイトーンについてです。今、BACHの3BのマッピでハイCまで出るのですが、もう少し高い音を出したいと思っています。この前、先輩に借りたハイトーン用のマッピでハイEsまで出たので、そのマッピのメーカーを教えて ...

トランペットのマウスピースで音感を鍛える練習方法とは ビギナーズ トランペットの吹き方・マウスピースについて -最近練習し始めたばかり- 楽器・演奏 | 教えて!goo

トランペット ハイトーン マウスピース

ハイトーンもこの方法でまずは音程を覚えてから練習するとよいでしょう。 ピアノのように決まった音がすぐ出る楽器ではないので、音感を鍛えることはトランペットの上達において、とても重要な練習です。 マウスピースの練習をするタイミング

Amazon トランペット マウスピース 7C ハイトーン マウスピース ... これ以上速く吹けない&ハイトーンがうまくできない高校生トランペット吹きの悩み | バジル・クリッツァーのブログ

トランペット ハイトーン マウスピース

トランペット マウスピース 7c ハイトーンがマウスピースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅い...

トランペット ハイトーン マウスピース

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」 「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」 「唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない」 「トランペットは西洋人向けに作られているので日本人の骨格では ...

Amazon.co.jp: トランペット マウスピース

トランペット ハイトーン マウスピース

Jet Tone ジェットトーン マウスピース リイシューシリーズ トランペット MF メイナード・ファーガソンモデル SP 5つ星のうち4.2 9 ¥16,500 ¥16,500

【トランペット】ダブルハイB♭を出せるようになった練習法を紹介しま...

トランペット ハイトーン マウスピース

トランペット ハイトーンと実践で使える奏法 - Duration: 6:06. Yoshihiro Uno 10,382 views. 6:06. ... おすすめのマウスピース紹介!?

トランペットマウスピースの迷宮...

トランペット ハイトーン マウスピース

これこそが『ハイノートがでやすいマウスピース』の重要ポイントです。 トランペットでいう“ハイノート”の原理は唇の振幅数を上げる事に尽きます。 これを容易にする助けとして振動体=カップ内の唇の振動面を短くするわけです。

トランペットの吹き方の極意!高い音を出すコツや練習方法とは? 華...

トランペット ハイトーン マウスピース

トロンボーンのマウスピースでの練習方法と効果!意味あるの? 金管楽器で必ず最初に行う練習方法がマウスピースでの練習です。 なぜマウスピースの練習が必要なのか? 今回はトロンボーンのマウスピースによる練習方法や練[] クラリネットの吹き方!