• 記事: 31957
  • 質問に対する回答: 29954
  • コメント: 31391
  • 準備ができて答え: 18491

バイオマス発電

バイオマス発電 とは?仕組みやメリット・デメリットについて バイオマス発電とバイオガス発電の違いおよび安定運用の鍵| 環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報サイト おしえて!アミタさん

バイオマス発電

バイオマス発電とは、その名の通り「バイオマス」を燃料として発電する方法です。 バイオマスとは、生物を意味する「bio」と量を意味する「mass」から成る言葉で、 化石燃料以外の生物由来の再生可能資源 を指します。 本コラムは、「省エネ」や「創エネ」が、今後企業に与える影響を想定し、いかにリスクを減らしてチャンスにつなげていくかをテーマにします。「創エネ」とは、創エネルギーの略称であり、太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマスなどを活用して再生可能エネルギーを作り出すことです。第4回目は、バイオマス発電について紹介します。 本コラム一覧はこちら Some rights reserved by USDAgov バイオマス燃料とは バイオマスとは動植物から生まれた生物資源の総称で、そのうち燃料として活用するものをバイオマス燃料といいます。例えば、木材のくずやチップ、食物残渣、浄化汚泥など身の回りのあらゆるものが燃料となります。また、廃棄物となる建設資材なども燃料となります。

バイオマス発電|再エネとは|なっとく!再生可能エネルギー 静岡の鈴川エネルギーセンター、石炭火力からバイオマス発電へ転換【エネルギー自由化コラム】

バイオマス発電

バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。 技術開発が進んだ現在では、様々な生物資源が有効活用されています。 バイオマス発電 バイオマス熱利用 バイオマス燃料製造. 特長 1.地球温暖化対策 これらバイオマス資源を燃料にして発電することで、化石燃料の利用を減らし地球温暖化の防止に寄与するだけでなく、海外からの発電燃料の依存率を下げることで、自立した電力供給の仕組みを作ることに寄与します。また、廃棄物をただ焼却処理するよりは、その熱量を有効活用するため環境負荷は低いと言えます。 図:バイオマスの分類(図はクリックすると拡大します)出典:資源エネルギー庁ウェブサイト「なっとく再生エネルギー」バイオマスの分類の図をもとに、 (株)オオスミが作成。 バイオマス発電とバイオガス発電の違いおよびポイント 「バイオマス発電」と「バイオガス発電」は名前が似ているので混同されやすいですが、全く異なる発電方法です。ちなみにアミタ株式会社が宮城県南三陸町で運営する「南三陸BIO(ビオ)」はバイオガス発電施設です。 ▼バイオマス発電 一般的には、ボイラーにバイオマス燃料を燃焼することで高圧の蒸気を発生させ、その蒸気を使用してタービンを回転、電動機を介して電力発電させるシステムです。石油・石炭・天然ガスなど火力発電の燃料がバイオマス燃料に置き換わったようにイメージしてください。主に燃料となるのは木材(間伐材・廃材など)やカロリーを含んだ廃棄物などです。 燃料利用のポイントは含水率を下げることと、原料によって異なる発熱量をいかに安定させるかです。例えば、含水率を低下させるには、天日による乾燥やペレット化などが考えられます。今後はより多くの廃棄物が燃料の代替になると想定されます。ただし様々な分野で導入が検討されているため、バイオマス燃料を質・量・価格ともに安定調達できることが成功のポイントになります。 図:バイオマス発電の一般的なシステム事例出所:(株)オオスミが作成(図はクリックすると拡大します) ▼バイオガス発電 有機系廃棄物を発酵処理し、バイオガスと液体肥料(以下液肥)を生成します。 主に燃料となるのは、家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材などの有機系廃棄物です。燃料を発酵処理し、バイオガスと消化液を生成します。ガスを直接燃焼し、発生する熱を利用して蒸気でタービンを回し発電する仕組みです。更に、蒸気の残熱を利用し加温することで給湯などに利用するとともに、消化液は液肥として活用できます。 こちらも、燃料の安定調達がポイントです。もう1つのポイントは液肥の活用先確保です。液肥の活用先が見つからなければ、浄化して放流するための費用がかかり、稼動に関するコストが高くなります。 図:バイオガス発電の一般的なシステム事例出所:(株)オオスミが作成(図はクリックすると拡大します) バイオマス燃料活用の際のポイント~安定電力化~ 事業所内で余った電力を売電するには、安定的な電力を保つ必要があります。そのためには、蓄電池の設置が必要となります。また、ボイラーから排出される空気とタービンを回転させた後の蒸気を利用して、暖房やボイラー給水の温度加温などに使用することで更にエネルギー削減(燃料削減)に寄与します。 次回は、安定的な電力供給を可能にする蓄電池について説明したいと思います。 執筆者プロフィール 飯島 政明(いいじま まさあき)氏株式会社オオスミ 調査第二グループ 山梨県機山工業(現、城西高校) 高校機械科を卒業後、半導体を製造している大手半導体メーカーでファシリティーの管理・省エネ改善と環境管理の業務を経て現職。現在は、「省エネ診断及び環境関連の法令」についてのコンサルティングを60社以上の企業に提供し、好評を得ている。

バイオマス発電のしくみ みるみるわかるEnergy SBエナジー エコなまち 和歌山県・有田川町で木質バイオマス発電|シン・エナジー株式会社のプレスリリース

バイオマス発電

バイオマス発電はエネルギーの地産地消に非常に効果が高い発電方法で、地域の活性化につなげることも可能です。 また環境の面でも、過密になった森林から余分な木を間引くことで生じる間伐材を有効活用できるので、森林資源の適正な保護にもつながります。 静岡県富士市今井の石炭火力発電所・鈴川エネルギーセンターが再生可能エネルギーのバイオマス発電に転換することになりました。微粉石炭を燃料とする石炭火力では初めてで、発電設備を一部改良し、2022年4月から稼働予定です。転換の背景には石炭火力に対する国際的な逆風がうかがえますが、バイオマスに転換するからといってもろ手を挙げて歓迎できない一面もあります。 一般家庭約19万世帯分の電力を供給 鈴川エネルギーセンターは日本製紙富士工場内にあり、三菱商事の100%子会社となる三菱商事パワー、日本製紙、中部電力が出資しています。 出力は現在、11万2,000キロワットですが、バイオマス発電に転換後は8万5,000キロワットとなります。それでも年間の想定発電量は約6億キロワット時に達し、一般家庭で使用する電力の約19万世帯分を供給する能力を持ちます。 燃料は木質ペレットを使う予定。主に北米から年間36万トンを近くの田子の浦港経由で輸入します。一般的な燃料を微粉化する仕組みを木質ペレットに応用する技術をIHIが開発し、これを導入します。 二酸化炭素の排出量は年間、約67万トン削減できる見込み。木質ペレットを使ったバイオマス発電であるため、再エネの固定価格買い取り制度(FIT)が適用され、発電した電力を1キロワット時当たり24円の高い価格で販売できます。 中部電力にとって再エネ開発の一歩に 鈴川エネルギーセンターのバイオマス転換は中部電力にとって大きな意味を持っています。中部電力は3月に公表した「2019年度経営課題への取り組み」の中で、再エネの推進を柱の1つに掲げ、再エネカンパニーを4月に立ち上げました。 中部電力の再エネ発電は2018年末で出力258万キロワット。経営課題への取り組みでは、2030年ごろまでに200万キロワット以上の再エネ発電を新規開発するとしています。 鈴川の転換はこの目標達成に向けた一歩と位置づけられています。中部電力は「あらゆる施策を講じて二酸化炭素排出量の削減に努めることで、低炭素社会の実現とエネルギー自給率の向上に貢献したい」と意欲を見せました。 中部電力の再エネ開発計画 出典:中部電力資料から筆者作成 石炭依存の姿勢、政府は崩さず 日本はエネルギー安全保障の観点から多様なエネルギーを発電に利用することを目指しています。特に産出地域が偏らず、コスト面で有利な石炭火力は、ベースロード電源の柱の1つと考えられてきました。2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故後は、原発の新増設や再稼働に国民の目が厳しくなり、石炭依存の姿勢が政府内で強まってきています。 国際エネルギー機関によると、日本は2016年で発電量の約8割を化石燃料に依存し、3割以上が石炭火力です。中国や韓国などより石炭火力依存の比重は小さいですが、英国、フランス、カナダなどより大きくなっているのです。 梶山弘志経済産業相は12月の記者会見で「石炭開発、化石燃料の発電所は選択肢として残しておきたい」と述べ、石炭火力推進の姿勢を崩しませんでした。石炭火力プラントが日本の輸出産業になっていることも背景にあるとみられています。 COP25で日本の姿勢がやり玉に しかし、石炭は化石燃料の中で二酸化炭素排出量が高く、地球温暖化防止の観点からすると直ちに対応しなければならない課題の1つと考えられています。スペインのマドリードで開かれた第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で日本が欧米の環境保護団体から強い批判を浴びたのはそのためです。 時事通信社の報道によると、COP25の会場で記者会見した小泉進次郎環境相はドイツ人記者から脱石炭の方策を尋ねられたのに対し、「日本は今すぐ脱石炭といえない」と明確な回答ができませんでした。 福島の原発事故を契機に、石炭火力計画が次々と 日本では福島原発の事故後、原発が一斉に停止したことから、電力不足を心配する声が業界から上がり、全国各地で石炭火力の建設計画が持ち上がりました。環境保護団体の気候ネットワークによると、一時50基前後もの計画が打ち出されました。原発の代替施設として石炭火力に目をつけたわけです。 このうち、四国電力が仙台市で計画していた石炭と木質バイオマスを一緒に燃やす火力発電所の新設、電源開発が兵庫県高砂市で予定していた既設石炭火力の建て替え、九州電力と東京ガスなどが千葉県袖ケ浦市で計画していた石炭火力新設などいくつかの計画が中止されました。 国際的な批判や地元の反対運動、石炭火力への投資や融資をやめる投融資撤退運動(ダイベストメント)の動きが金融機関、商社に広がってきたことなどが、少なからぬ影響を与えたもようです。 長崎では20年前の古い計画も復活 ただ、それでも2017年度末時点で約30基の新設、増設、建て替え計画が生きているほか、20世紀末に環境アセスメントを実施した古い計画が復活しました。12月に営業運転を始めた長崎県松浦市志佐町の九州電力松浦発電所2号機です。 松浦発電所2号機は蒸気を高温・高圧にし、発電効率を高める超々臨界圧方式の発電所で、出力100万キロワット。気候ネットワークは年間532万トンの二酸化炭素を排出すると推計しています。 着工したのは2001年。中断期間を含めて18年9か月を経て運転にこぎつけました。実施された環境アセスメントも現行の環境影響評価法に基づいておらず、通商産業省(現経済産業省)の省議決定に基づくものです。 今後の石炭火力の稼働が続く見込み 気候ネットワークの山本元主任研究員は「世界の意識が変わっているのに、日本の意識は変わり切れていない。今後、石炭火力の稼働が国内で続く可能性がある」とみています。 石炭の発電利用をできるだけ抑えるべきだとする世界の潮流と、石炭火力を国内で推進するとともに、インフラ輸出を続けようとする日本の考え方の差は埋まっていないのが実情です。 手放しで喜べないバイオマス転換 その意味で石炭火力をバイオマスに転換する鈴川エネルギーセンターの計画は新しい動きといえます。しかし、バイオマス発電にするからといって、手放しで歓迎することはできません。最近建設されたバイオマス発電施設の多くが海外から輸入した木材燃料に依存しているからです。 木質バイオマス発電は木材を燃やすことで二酸化炭素が出ますが、それまで木材が吸収した二酸化炭素と相殺することでクリーンとされます。国内の間伐材などを利用していれば問題がないのですが、日本の木材価格が高く、収量も安定しないため、海外産に目が向いているのです。 輸入は貨物船が大量の二酸化炭素を排出しながら、日本へ運んできます。産地では木材の燃料確保の競争が激化し、森林資源の荒廃を心配する声も上がっています。 NPO法人環境エネルギー研究所の資料によると、全発電量に占めるバイオマス発電の割合は2018年で2.2%。このところ少しずつではありますが、毎年増えています。しかし、燃料調達に工夫しなければ、地球環境に悪い影響を及ぼすことも考えられるのです。

バイオマス発電とは?仕組みや将来性に迫る でんき ソフトバンク しまね森林発電 | しまね森林発電は、木質バイオマス発電を行う事業会社です。

バイオマス発電

バイオマス発電の基本原理は、何らかの方法で蒸気やガスを発生させ、その力でタービンを回し発電するというもので、火力発電と同じです。 ただ、一般的な火力発電と大きく異なるのはCO 2 排出量が少ない(と言うかほぼゼロ)である点です。 シン・エナジー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:乾 正博、以下当社)は、和歌山県 有田郡有田川町にて 900kWの木質バイオマス発電事業を行います(2020 年 5 月に着工、同年 12 月に発 電開始予定)。当発電所は、地元の金融機関の融資や林業関係者などから出資を募り、当社の理念に基づ いた地元主体の発電所となります。

BPA Biomass Power Association 一般社団法人バイオマス発電事業者協会 ::... 【バイオマス発電とは?】太陽光発電に続く再生可能エネルギー事業者

バイオマス発電

バイオマス発電はバイオマスを燃料とした発電です。 日本で普及しているタイプは大きく分けて3つあります。 燃料調達の仕組み 発電設備は URBAS(ウルバス)社製(オーストリア製)の熱電併給装置を採用します。発電定格出力 450k W×2 の同設備導入は、国内初となります。 ■本事業の背景 和歌山県は森林率が全国で第8位と、豊富な森林資源を有しています。しかし、急峻な地形により伐採 が容易でないことや、木材の買取価格が年々下落してきたなどの理由から、近年は林業が低迷しつつあり ました。 一方、有田川町ではこれまでに風力発電、太陽光発電、小水力発電を導入し、再生可能エネルギーの導 入促進やごみの分別徹底・資源化を推進してきました。2017 年には、小水力発電所の取り組みが「新エ ネ大賞」資源エネルギー庁長官賞を受賞するなど、その活動が高く評価されています。 2018 年に、当社代表の乾が和歌山市で開催された「バイオマスセミナーin 和歌山」で講師を務め、そ の講演を地元の林業関係者の方が聴講されていたこと、すでに商社から地域資源を有効に使いたいとい う相談を受けていたことなどから有田川町や林業関係者の方とつながりが生まれ、本事業がスタートし ました。その後、当社は行政、地元企業、商社と共に「地域にフィットすること」を重視し、地元の林業 規模に合った最適な仕様や事業内容について、時間をかけて模索し現在に至ります。

バイオマス発電について|日本自然エネルギー株式会社 バイオマス発電 – U&H YONEZAWA FZE

バイオマス発電

バイオマス発電とは? バイオマスは、英語のbio(生物資源)mass(量)を表しています。 発電の燃料となるバイオマスは、いろいろな種類があり、木質資源、下水汚泥、家畜糞尿、食物残渣等の動植物から生まれた再生可能な有機性資源を言います。 木質バイオマス発電の導入によって、木材の有効活用や林業の活性化、再生可能エネルギーの普及など 地域内で資源・エネルギー・経済が持続的に循環する社会を目指します。 ■当事業の3つのポイント ①地域主導:発電所の出資比率は地元企業の割合を高くし、地域主導の意思決定を可能にします。 ②技 術:安定稼働、メンテナンスの負担低減で、FIT終了後を見据えたエンジニアリング力。 ③経 済 性:事業の発展性を考え高効率なシステムを導入しています。 燃料には地元の未利用材のみを採用し、年間で約 10,000 トンの木材をチップに加工して使用します。 発電した電力は固定価格買取制度(FIT 制度)を利用し、関西電力株式会社へ全量売電する予定です。発電の際に生じた熱はチップ製造工場へ供給し、チップの乾燥に利用するほか、熱利用施設や工場など近隣 の熱需要家に供給する予定です。本システムの発電効率は 31%で、熱利用も含めると総合エネルギー効 率は最大で 82%になります。 また、今後は工場や農家、行政施設などにバイオマスボイラーを設置し、 燃料となるチップの販売などを進め、地域の化石燃料を減らしていくバイオマスセンターとします。 ■なぜ、小型木質バイオマス発電なのか ・地域内の森林資源をエネルギーに変えることで、林業が活性化する。 ・間伐材の採取が促進されることで、森林整備に繋がる。 ・発電の燃焼時に発生した CO2 を植林された苗が吸収することで、実質の C02 排出をゼロとする「カー ボンニュートラル」である。 ・電気だけでなく排熱も利用することで、総合エネルギー効率が高まる。本事業では最大 82%。一般的 に再生可能エネルギーの発電効率は、太陽光発電で最大 20%程度、風力発電で最大 30%程度とされてい ます。(*1) 当社は、SDGs(国連の定める 17 の持続可能な開発目標)に則り、これまでに全国で再生可能エネ ルギーの開発を起点とした、地域が豊かになる事業に取り組んでまいりました。有田川町においても地元 の未利用材を活かし、熱電併給システムの導入によるエネルギーコストの削減、地域資源の循環に寄与 し、地域と共に持続可能なまちづくりに貢献してまいります。

バイオマス発電の概要と日本のバイオマス発電所一覧|DoCoJapan 朝来バイオマス発電所[関西電力]

バイオマス発電

廃材や家畜の糞尿、一般家庭から出た生ゴミなどがこれに該当するのですが、これらの生物資源を燃料として直接燃やしたり、もしくはガス化するなどして発電することがバイオマス発電です。 森林資源を活かした新しいエネルギー源として、 大きな注目を集める、木質バイオマス発電。 私たちはこの事業を通して、緑豊かな地球を次世代に継承できる社会を目指すため しまね森林発電を立ち上げました。 会社理念 木質バイオマス発電事業で、 地域経済の活性化と 地球にやさしい環境を創ります。 会社方針 1安全第一で安定的な発電を行なう。 2地域に根差し、地域と共に発展する。 3環境にやさしい、効率的な運転を目指す。 2015年7月1日 職務執行者 須藤 康文 会社名 合同会社しまね森林発電 発電所名 江津バイオマス発電所 所在地 島根県江津市松川町上河戸390番22号(江津拠点工業団地内) 設立日 2013年6月12日 資本金 10,000,000円 営業開始 2015年7月 代表者 職務執行者 須藤 康文 島根県江津市松川町上河戸390番22号(江津拠点工業団地内) お車でお越しの場合 施設内の専用駐車場へ駐車してください。

バイオマス発電│オリックス株式会社 一般社団法人バイオマス発電協会

バイオマス発電

バイオマス発電とは、動植物から生まれる生物資源(廃材や家畜の糞尿、一般家庭から出た生ゴミなど)を燃料として直接燃やしたり、ガス化したりして発電することです。 ※道順は左記の地図をご参照ください。