• 記事: 26963
  • 質問に対する回答: 23182
  • コメント: 27690
  • 準備ができて答え: 31094

テセウス 犯人

【テセウスの船】最終回の視聴率とネタバレ!犯人が意外すぎて視聴者... テセウスの船 ネタバレ|まさかの人が犯人で結末はハッピーエンド!

テセウス 犯人

ドラマ【テセウスの船】最終回の視聴率とネタバレ!竹内涼真主演のドラマ【テセウスの船】最終回が2020年3月22日に放送されました。放送後、みきおの共犯となった黒幕、真犯人が意外すぎて視聴者困惑!?ラストシーンのキャスティングも絶妙かも!今回 をネタバレしていきます。 ドラマ化されるにはやはり理由があって、これまでに見たことがないストーリー展開で原作と同様に大ヒットが期待されるテセウスの船。 ある事件の真相を探ることによって過去にタイムスリップしてしまった主人公。 未来からやって来たという事は、当然過去の出来事は覚えている訳で、身に起こる危険を回避していたら未来そのものを変えてしまう事に! 読み進めていく内にいつの間にか物語に吸い込まれて、続きが気になってしょうがないという内容の今作。 そんな東元俊哉先生の人気漫画、の見どころをかいつまんでネタバレしていきます。 今作は主人公がタイムスリップするたびに登場人物のキャラが変わりますので、その辺も見どころの一つになります。 正義感の強かった父親(文吾)が殺人事件を犯して逮捕された事によって、加害者家族として生きていく事になった主人公の田村心(竹内涼真)。 被害者家族という事を隠すために母親の旧姓の田村を名乗りながら、母親と兄と姉の4人で目立たない様にして生きてきました。 一方、殺人罪で死刑判決を受けた父親の文吾は、刑が執行されるまでの間、拘置所で冤罪を晴らすために訴え続けます。 不遇の夫をよそに母親の和子は加害者家族だというのが周囲にバレるたびに、借金をして引っ越しを繰り返してきました。 そんな中で姉の鈴が12歳で兄の慎吾が6歳の時に、心はまだ母親のお腹の中にいました。 愛妻と幼い子供たちを残して、青酸カリでの無差別殺人事件の容疑者として逮捕されることになった父親の文吾。 日本の犯罪史上まれにみる凶悪犯罪で、心が物心つく年になっても未だにテレビのニュースで取り上げられる凶悪犯罪です。 大学在学中に教員免許を取得した心でしたが、教員とは別の道に進んで就職します。 色々と心に傷を持つ心でしたが、大学で知り合った妻となる由紀は、加害者家族に対する偏見や周囲の反対を気にせずに、心の誠実さに惹かれて結婚しました。 心の子供を身ごもった由紀でしたが、彼に父親の犯した犯罪と向き合ってほしくて、事件の事をノートにまとめている内に、文吾が冤罪の可能性がある事に気が付きます。 調べている内に、凄惨な無差別殺人事件が起こる前に、文吾の前で不思議な出来事が連続しておきていたことに気づく心と由紀。 そんな心は事件が起きた当時はまだ母親のお腹の中にいて、父親の事は母親を苦しめてきた悪い男というイメージしかありませんでした。 加害者家族として生きる心の一番の理解者であった、妻の由紀。 しかし彼女は出産した直後に孫の命と引き換えに亡くなってしまいます。 娘の忘れ形見として生まれた孫を、由紀の両親は引き渡す様に求めてきますが、心は未来と名前を付けて、自分が育てていく決意をします。 そして未来の顔を見ながら、由紀が言った「お父さんを信じてあげて」という言葉を信じて事件の真相解明へと動いていきます。 テセウスの船の無料試し読みは、まんが王国で! ▽ ▽ ▽ タップ! 画面内の検索窓に「 テセウスの船 」と漫画名を入力して検索して下さいね。 父親の冤罪を晴らすために、当時の事件現場である小学校にいく心でしたが、更地になっていました。 更地に立つ心でしたが、そんな彼は突然霧に包まれて、事件当時のまだ小学校が建っていた1989年にタイムスリップしてしまいました。 霧の中、自分が生まれる前の実家にたどり着く心。 そして彼が目にしたのは、実家の中で明るく笑う幸せそのものの、母親と姉と兄、そして初めて見る実の父である文吾の姿でした。 明るく優しそうな父親である文吾の姿を見ている内に冤罪である事を確信した心は、タイムスリップした事を利用して、父の事件を阻止する決意を固めるのでした。 自分の身に起きたタイムスリップを利用して、無差別殺人事件の前に起きる不可思議な事件を食い止めようとする心。 実家である佐野家に行くと、雪下ろし途中に屋根から転落した姉の鈴が倒れているのを発見しました。 そんな鈴を医者に運ぶ心。 その出来事で、家族から鈴の命の恩人として温かく迎えられる事になります。 タイムスリップ前は新聞配達員に助けられた鈴でしたが、心が助けた事によって過去が少しづつ変わり始めていきました。 自分の身に起きたタイムスリップを逆手に取って三島医院の千夏の死を止めようとする心。 三島家の倉庫の中にあったパラコートを見つけた心は、千夏の手に渡る前に持ち去っていきます。 これで千夏が死ななくても済むと一安心する心でしたが、直後に千夏と父親が一緒にいるところを見つけて、やはり父親が怪しんじゃないだろうかという猜疑心が生まれてきます。 そんな矢先、パラコート中毒で倒れている千夏の第一発見者が父親である事を知って、ますます疑いが強くなる心。 しかし過去が変わった事によって、パラコートを持ち去った現場を新聞配達員に目撃されていた心は、逆に父親から疑われる羽目になってしまいます。 心の画策も虚しく亡くなってしまう千夏。 そうこうしている内に、今度は千夏の姉の明音が行方不明になってしまいます。 心に内緒で免許証を見た父親の文吾でしたが、時代が平成となっている事で驚きます。 時代が平成となっている事で問い詰められる心は、思いきってタイムスリップの事を話す決意を固めます。 そして文吾と話している内に、父親は犯人ではないという事を確信する様になっていきます。 文吾を潔白の父親と信じる様になった心は、自分が実の息子であるという事や、これから文吾の身に起こる事件の事を全て話します。 半信半疑で聞いていた文吾でしたが、なまじ疑う気にもなれず、心と協力して事件を防ぐために動き出します。 再び心の周りを取り囲む深い霧によって、令和元年に戻って来た心。 タイムスリップによって過去の出来事を変えた事によって、戻ってきた本来の自分の世界にも変化が生じていました。 戻って来た令和元年の世界では、父親が事件で収監された後、それを苦にした母親が一家の無理心中を起こし、それによって母親と兄が亡くなって、姉の鈴と心だけが生き残っていました。 そして親無しとなった鈴と心は養護施設の『 しらぎくの杜 』で育つ事になります。 元の世界に戻って来た心は、由紀の実家を訪ねます。 しかしそこでは心は全く知らない人になっていて、しかも死んだはずの由紀は生きていて新聞記者として文吾の事件を調べていました。 事件の内容も青酸カリがオレンジジュースではなく、牛乳に混入された事になっていて、全てが少しづつ変化していきます。 何よりも驚いたのは、元の世界では亡くなってしまうはずの木村さつきも生きている事でした。 元の世界では会ったことのない父親でしたが、心は決意を固めて会いに行く事にします。 そして拘置所に行く心でしたが、そこで姉の鈴も面会に訪れていた事を知る事になります。 姉の鈴に会う事になる心でしたが、鈴は村田藍という名前に変えて、整形もして全くの別人に変わっていました。 別人に変貌を遂げていた鈴は妊娠5ヶ月で、夫の村田みきおは車椅子生活という障碍者でした。 身の回りで変わった事ばかりが起こり戸惑いを隠せない心でしたが、そんな矢先、新聞配達員の長谷川の妻が現れて、事件に協力してくれると言ってきます。 テセウスの船の無料試し読みページはこちら ▽ ▽ ▽ タップ! 画面内の検索窓に「 テセウスの船 」と漫画名を入力して検索して下さいね。 竹内涼真が主役を務めるテルセウスの船。 父親が無実の罪で死刑判決を受けて、タイムスリップした事により、その冤罪を晴らすために立ち上がる! 奇妙な運命に翻弄されながら父親を思う息子と、息子を思う父親の親子の絆で涙する事間違いない、テルセウスの船。 ドラマ版の最終回をネタバレしていきます。 ドラマでも一番のキーマンと言ってもいい佐々木紀子。 彼女は病気で自分の命の先が短い事を知り、文吾の冤罪を証言してくれる覚悟を決めます。 そんな彼女は新聞配達員をしていた長谷川の婚約者で、ある日、夫である長谷川から務めていた工場内にある青酸カリを盗む様に頼まれました。 青酸カリを手に入れた長谷川は明音を監禁して、その後、手に入れた青酸カリで自らの命も絶ってしまいます。 未亡人になった紀子でしたが、彼女は夫の事件現場を訪れた時に刑事の金丸が崖から突き落とされるのを見ていました。 そして法廷でその件を証言してくれようとしていましたが、察知した木村さつきに刺殺されてしまうのでした。 木村さつきが養子にした加藤みきお。 何を隠そうこの男が鈴の内縁の旦那である木村みきおなのです。 さらにこの加藤みきおこそが文吾の冤罪を取り巻くその他の事件の犯人なのです。 この加藤みきおは一癖ある男で、幼少期に両親がおらず、祖母と2人で暮らしていて、サイコパスの様な特殊な能力を持ち合わせていました。 そして転校先の学校で鈴と出会い、彼女の優しさに惚れて、鈴にのめり込んでいったのでした。 鈴にぞっこんのみきおは、彼女との学校の帰り道でお互いの好きな人の話になります。 みきおの問いかけに、好きな人はいないけど、恋人にするなら父親の様な男がいいと打ち明ける彼女。 その鈴の言葉に嫉妬したみきおは、鈴の父親である文吾を陥れるために無差別殺人を犯して、その後に文吾の家に青酸カリを忍ばせるのです。 しかも木村さつきは飲まない様に、あえて牛乳に青酸カリを忍ばせて、自分も被害者を装うために少しだけ青酸カリを舐めるのでした。 さらにこの男のあざとさと言うか、どす黒い雰囲気を醸し出している訳は…

テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃 ... テセウスの船犯人の日記がパラビで公開!その内容は? | 気になるweb

テセウス 犯人

ドラマ「テセウスの船」の最終回の結末をネタバレします。 パラビでは、「テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開 前編 音臼小毒殺計画のはじまり」が動画配信されました! パラビで無料で見る方法あります! 竹内涼真と鈴木亮平も知らなかった⁉ 緻密かつ大胆、予測不能な真犯人の犯行 その一部始終を”日記”で振り返る!! 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、3月22日(日)に最終回を迎えたTBS日曜劇場『テセウスの船』のParavi特典映像『テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開』を独占配信することが決定した。前編は最終回放送直後から配信スタートし、後編は3月29日(日)より配信する。 『テセウスの船』は、殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う息子が事件の起きた平成元年にタイムスリップしてしまう人気コミックを原作とした本格ミステリー。主人公の田村心(たむら・しん)をTBSの連続ドラマ初主演となった竹内涼真が演じ、心の父親・佐野文吾(さの・ぶんご)役を鈴木亮平、母親・佐野和子(さの・かずこ)役を榮倉奈々、心の妻・田村由紀(たむら・ゆき)役は上野樹里が演じた。その他にも、心を怪しんで正体を暴こうとする刑事・金丸茂雄(かねまる・しげお)役にユースケ・サンタマリア、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつき(きむら・さつき)役には麻生祐未など、令和と平成、二つの時代をまたぐ壮大な事件の鍵を握る人物に多彩で本格派の俳優陣が集結したことでも注目を集めた。 さらに、原作者の東元俊哉がイベントで、「真犯人は原作とは違うと聞いている」と発言したこともあり、放送が進むにつれ犯人が誰かという「犯人考察」ブームが過熱。放送回を増すごとに謎が深まるドラマの内容と相まって、ネットやSNS上でも様々な意見が飛び交い、話題を呼んだ。そして、最終回でついに事件の黒幕とその動機が明かされたのだが…。 ≪Paravi特典映像の気になる内容は?≫ 今回Paraviで配信される『テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開』では、あの事件は誰が、いつ、なぜ起こしたものだったのかーー?を、劇中で犯人が綴っていた“犯行日記”を軸にして描く。緻密かつ大胆、予測不能な犯行で主人公・田村心と視聴者を翻弄し続けた犯人の視点から、その犯行の一部始終を前編・後編に分けて振り返る内容だ。Twitterで密かに運営されていた真犯人のアカウント「おじいさんの古い斧」(@gfsoldaxe)の謎めいたツイートの秘密や、地上波本編では明かされなかった事件の裏側の未公開映像も含まれている。 そんな犯行日記の全貌を見届けるのは、本編で犯人に翻弄され続けた竹内涼真(田村心)と鈴木亮平(佐野文 吾)。2人もはじめて知る事件の裏側に、思わず飛び出す本音トークも見どころのひとつ。 事件の裏側を知ることで、もう一度本編を見たくなること間違いなし!Paraviでは、『テセウスの船』の1話から最終話までの全話を独占配信中だ。 さらに、4月6日(月)0時より未公開シーンを含んだ『テセウスの船 ディレクターズカット版』の独占配信も決定!犯行の詳細を『テセウスの船 完全ネタバレ!

「テセウスの船」ドラマと違う!原作の犯人は? - シネマトゥデイ テセウスの船の金丸茂雄役のユースケ・サンタマリアの評判は?突き落とした犯人は2人いる? | 旬キャッチャー

テセウス 犯人

「テセウスの船」ドラマと違う!原作の犯人は? 2020年3月24日 7時01分 犯人の日記大公開』で把握してから見直すことで、本編をより一層楽しんで頂けるはずだ。 【Paravi特典映像 配信情報】 [タイトル]『テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開』 [配信日時]前編:3月22日(日) 22時19分~ 後編:3月29日(日) 21時00分~ [スタッフ] 製作 大映テレビ TBS 原作 東元俊哉「テセウスの船」(講談社/モーニングKC) 脚本 高橋麻紀 プロデューサー 渡辺良介 八木亜未 演出 石井康晴 松木 彩 山室大輔 [出演者] 田村 心 竹内涼真 佐野 文吾 鈴木亮平 ほか ※ネタバレ防止のため一部の出演者のみ表記しています [配信ページ]https://www.paravi.jp/title/53860 『テセウスの船』 番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/ 『テセウスの船』 番組公式Twitter:@theseus_tbs 【Paravi(パラビ)とは】 Paraviは、TBS HD、日本経済新聞社、テレビ東京HD、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が共同出資し2017年7月に設立した、(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する動画配信サービスです。国内ドラマのアーカイブ数は日本最大級。その他、人気ドラマのバラエティや映画、アニメ、音楽、経済情報、海外作品など豊富なラインナップを月額1,017円(税込)で楽しめるParaviベーシックプランの他、コンテンツ毎に購入できるレンタル作品もご覧いただけます。Paraviベーシックプランは初回登録から2週間無料。 *Paraviの最新情報は「News.

テセウスの船 鈴もまさか犯人?最終回予告の黒幕候補について考察 ... ドラマ「テセウスの船」真犯人のヒント公開!真犯人は既に!?

テセウス 犯人

2020年冬ドラマ「テセウスの船」。3月22日に遂に最終回を迎えます。9話では最終回の予告が流れたわけですが、「黒幕は誰だ」というテロップとともに怪しい人物が次々と映し出されたシーンの中になんと鈴も入っていました。さすがに鈴が犯人ということ がほしかったのです。 加藤みきおが大人になって再会した鈴は、事件のことがあり以前の明るい鈴とは別人でした。それに加藤は絶望したのです。 小学校の頃、鈴のクラスに転校してきた加藤みきお。鈴と隣の席になり、鈴が挨拶をしてくるも加藤みきおは無視していました。ある日、加藤みきおが「雨…雨…」とノートに書きこんでいると、隣の席の鈴が「涙」という文字と、「一緒にカエル?」と聞いている傘の下にいる2匹のカエルの絵を描いてきたのです。その時の鈴の笑顔に思わず見とれてしまった加藤みきお。そして世界が自分と鈴だけのものになればいいと願うようになったのです。 そしてなぜ心と鈴の父親である佐野文吾を犯人に仕立て上げたのか?それは鈴のがいいと答えました。それに対し不満に思った加藤みきおは鈴たちの父親である佐野文吾がしているのは正義ごっとなどと否定したのです。その後加藤みきおは鈴のお父さんが殺人犯になる夢を見たというのです。 鈴と再会するも別人のようになってしまったことにショックを受けた加藤みきおは、村の慰霊祭で他の人を巻き添えに自殺をしようとしました。しかしちょうどその場に現れた心(現代に一度戻ってきた心)と会い、一緒にタイムスリップした(偶然)のです。 タイムスリップした加藤は、まず小学生の自分に会いに行き、このままだと鈴が別人のようになってしまうと告げ、幼い加藤みきおに協力したのです(この時点で小学生の加藤みきおは3人の命を奪っている)。大人の加藤みきおは加藤信也と名乗り行動しました。 その後大人の加藤みきおは鈴がショックを受けるようなことをするとまた鈴が変わってしまうかもしれないからと、このまま何もせずに全ての罪を自分(加藤信也として)が被り自殺しようとします。心と佐野文吾を道ずれに…

テセウスの船-原作のあらすじと犯人ネタバレ テセウスの船の真犯人ネタバレ!完結10人中3人が犯人!事件説明します | ドラマ映画ネタバレlog

テセウス 犯人

竹内涼真が主演するtbsのドラマ「テセウスの船」の原作のあらすじと犯人のネタバレです。 このページには原作漫画「テセウスの船」の犯人や真犯人のネタバレが含まれていますので、犯人を知りたくない人は閲覧にはご注意ください。 物語の結末では、加藤が佐野文吾をの命を奪おうとしますが、心が佐野を庇い加藤に刺されます。大人の加藤みきおは佐野に銃で撃たれ、刺された心はそのまま息を引き取ります…(おそらく大人の加藤みきおはここで命を落としている) 結局、幼い加藤みきおは連続殺人犯のとされ(実際に千夏、明音、金丸刑事をころした)、逮捕され少年院に入りましたが、現在は出所しているという情報が出ます。 そして漫画のラストの絵は大人になった加藤みきおが街中で黒いフードを被って歩いている姿でした…

テセウスの船最終回結末考察!鈴が犯人であざとみきおがヒント 【テセウスの船】原作から考察する真犯人は誰?ネタバレ&あらすじ紹介?「心」の父親が犯人なのか?テセウスの船の意味とは?

テセウス 犯人

テセウスの船犯人結末予想!ツイッターの考察は? 私は鈴を犯人と予想して原作漫画を交えつつ、ちょっと無理があるような、結局根本の犯人は変わっていないような考察となってしまいましたが(笑) みなさんの考察を見て参考にしてくださいw 【動機】 鈴は小学生の加藤みきおのことが好きでみきおの家庭は親がいなくて不幸でした。 鈴はみきおのことが好きだからみきおの不幸な家庭に近づきたくて、父親を殺人犯にして自分も不幸な家庭にしたかったからです。 そのことにみきおも賛同してくれて、校長の石坂秀夫も賛同してくれたと思われます。 【理由】 1話は教師の木村さつきの父親が雪崩に巻き込まれるのを阻止するのですが、それは石坂の仕業です。 9話で自分が関わっていることを言っていました。 三島千夏毒殺事件も石坂の仕業だと思います。 それも9話で言っていました。 この動機は色々な事件が起きれば、全部鈴の父の文吾の仕業だとすることが出来るからです。 2話は鈴の同級生の三島明音がいなくなる事件の話でしたが、それは鈴が連れ出したのだと思います。 明音は意識不明になっても死ぬことはありませんでした。 そこで死んでしまうと鈴の仕業になってしまって真犯人だとばれるからです。 3話は捨てたはずの鈴の弟の田村心の妻の由紀が書いたノートが行方不明になりますが、それは鈴の仕業です。 9話で鈴の家から出てきたからです。 4話は現代にもどって、鈴が田村藍になって、みきおの妻になるのですが、それは鈴がみきおのことが好きだからです。 また、鈴の母の和子と和子の息子の慎吾が心中して、死んでいることで不幸な家庭を作り出していることで納得できます。 5話は「さつきに脅されている」と藍は言っていましたが、本当は逆で鈴がさつきを利用していました。 メッキ工場の元従業員の松尾紀子が真実を言おうとしたため、文吾を殺人犯にしたかった鈴は紀子を毒殺することをさつきに頼みました。 6話でさつきが最後に死んでしまったのはさつきが本当のことを言わないようにみきおに毒殺してくれるように頼みました。 鈴は自分がさつきに薬を飲まされたと被害者を装うことで真犯人だとばれませんでした。 その証拠に鈴はさつきが犯人でないかと言いました。 また、みきおが犯人だと告白することで鈴が真犯人であることからそらそうとしています。 7話はまた過去に戻るのですが、心はみきおが犯人だと思い、みきおの動きを止めようとします。 和子を毒殺しようとした理由は不幸な家庭を作るためだと思います。 しかし、そこに鈴がいたため、和子を毒殺することは出来ませんでした。 鈴がいると、鈴に疑いがかかるからです。 また、和子と慎吾と鈴を村から出そうとします。 それは鈴が真犯人だということをばれないようにするためでもあります。 8話は和子と慎吾と鈴が行方不明になった事件ですが、子どものみきおが連れ出すのは大変なので大人である石坂とさつきが関わっていると思われます。 9話はみきおが文吾のパトカーで倒れていた事件ですが、音臼小事件を阻止されても文吾を殺人未遂犯にするためにはみきおは自分が青酸カリを飲む必要がありました。 文吾を誘拐して、パトカーを空にして、そこで自殺すれば、子どもが自ら青酸カリを飲んだと考えにくいため、文吾に疑いが行くと考えました。 また、校長が12年前の音臼祭りで農家の徳本の母が毒キノコで死んだ事件を言っていましたが、これは2つの考察が挙げられます。 1つは校長がきのこ汁に毒キノコを入れて、その犯人を文吾にしたかったことです。 もう1つは不幸な家庭を作るために校長またはみきおが過去にタイムスリップして、毒キノコを入れたと思います。 由紀のノートに音臼小祭りのちらしを校長にもらって挟んだのは鈴で、文吾のワープロにみきおが書いたフロッピーをみきおからもらって入れて、書き込ませたのも鈴だと思います。 それから、青酸カリの瓶を鈴の家の裏庭に埋めたのも鈴だと思います。これらは鈴が真犯人でないと出来ないからです。 ▶Paravi(パラビ)でもう一度「テセウスの船」を観る◀ 犯人の黒幕は、教頭先生が主犯だと思います。 この主犯に協力する形で、木村先生と徳さん、岩本さん、その他にこれまでの事件で亡くなった方々もいますが、 地域の皆さんが全員が共犯だと思います。 ドラマでは、 佐野文吾を陥れる理由、犯人の目的を追求し、理解しなければいけないと思います。 校長先生が、少し話をしていた、1977年のお祭りの時に、 毒キノコの入ったキノコ汁を食べて、食中毒で徳元さんのお母さんが亡くなった事を話していました。 当時この事件を調べていたのが、おそらく佐野巡査ではないかと思います。 その時の捜査が住民たちの思うような解決ができなくて、地域の住民は、暗に佐野巡査を恨んでいたものと思います。 そのため、佐野巡査を何らかの形で陥れようということを考えて、住民たちが協力をして、今回の一連の事件が起こったものと思います。 佐野巡査を監禁 拘束する形で、1日2日ほど、ある場所に行方不明の時期がありましたが、その時に誰かが駐在所の中に心さんが持っていた昔のノートやワープロの証拠品、それから青酸カリを家の裏に埋めたり、そういったことをやったのではないかと思います。 その作業が終わったので、佐野巡査は解放されたものと思います。 それらと並行して、警察や監査官の方に佐野巡査を逮捕させるための、いろいろな証拠品が見つかるように、警察に情報リークしたのではないかと思います。 みきお くんは、木村先生が教頭先生からの指示を受けて、木村先生がみきおくんにいろいろ手伝わせたのではないかと思います。 よって、これらの事件を整理していくと、あの教頭先生はじめ地域の全員が佐野巡査を陥れようと実行したのではないかと考えます。 それが事件から12年ほど経ってからも、当時の生存者を木村先生とみきおくんで、事実を漏らさないように住民全員を監視するために、毎年の集会を行っていたのだろうと思います。 秘密にすることの意識を確認し会うことも目的であつたと思います。 発端の、21人の子供たちが亡くなった音臼事件は、 ひょっとしたら事故だったのかもしれない と思います。 事件の真相を追求している、心さんと佐野巡査はどこで、これ等の事件の真相や目的を知ることになるのか、非常に楽しみなところはありますが、 いずれにしても、心しんさんと佐野巡査の動きが分かっている人たちでなければ、いろいろと事件を起こせなかったと思いますので、犯人は二人をどこかで見ていることで、事件をひとつひとつ実行してきていると思います。 警察はこれらのことに気づくことができるのかどうか、というところも佐野巡査を救えるかどうかというところにかかってくると思います。 ドラマのは展開が楽しみです。 ▶Paravi(パラビ)でもう一度「テセウスの船」を観る◀ 理由は未来でみきおに殺されることを音声レコーダーを聞いて知ったため、加藤みきおに制裁を加えるために青酸カリを飲ませた可能性が高いと思ったからです。 また、これは想像でしかないのですが、正志がロリコンだったとして、明音のことが好きだったのかもしれません。 のちに翼に明音を監禁するように指示していたのがみきおだったことを知っての制裁だったとも考えられます。 駐在日誌のフロッピー、明音の隠し撮り写真、金丸が持っていたと思われるライターの第1発見者が正志だったことも偶然ではなく、正志自ら捨てて第1発見者を装ったものと思います。 うさぎの死、三島千夏の死、翼の死と田中義男殺害の実行犯はみきおだったかもしれませんが佐野一家拉致監禁と佐野文吾拉致監禁、金丸刑事の殺害は正志が実行犯のように思います。 金丸刑事の殺害がみきおだったとすると話は変わってきますが、金丸刑事と犯人が話をしていた時の目線の高さからするとみきおと話していたようには思えません。 そして、田中義男が殺されて司法解剖に回すように文吾が指示を出していた時に怪訝そうな顔をしていたのも気になります。 青酸カリの成分が検出されて自分の身に疑いがかかるのではないかと思って少しビビったような表情に見えました。 元々、田中義男は家が火事になって死亡するはずだったが、その日に息子の正志が義男の家にいることを文吾と心に見られたため、計画を変更して家に火をつけることを断念したと考えられます。 その後、加藤みきおが青酸カリを持っていることを知った正志が父親の殺害をみきおに任せたと思います。 父親殺害の動機は不明ですが、正志が義男の殺害を企てていたことは可能性として非常に高いでしょう。 一連の事件がみきおとその共犯者によるものだと考えると、その共犯者は正志であることが考えられます。 井沢や徳本も怪しいと思いますが、田中義男の殺害動機が弱いような気がします。 事件を1本の線で繋いだ時に犯人として可能性が高いのは田中正志だと思います。 真犯人は木村さつき。その理由は佐野文吾への憎しみが他の村人より遥かに強く感じたからです。 犯人が田中正志ではないとすれば次に怪しいのは木村さつきです。 レコーダーの音声で将来的にみきおに殺されることを知ったことで、みきおに制裁を加え、一連の事件を全て佐野文吾がやったことにすることで、みきおの命が助かったとしても未来でみきおに殺されることはないと考えたのではないでしょうか。 さつきはみきおへの執着心が強いだけかもしれませんが、1977年のお祭りのときに何かが起こって佐野文吾への憎しみが芽生えた可能性もあります。 みきおを病院に寝かせておけばフロッピーや金丸のライター、明音の写真を村外れに放置することもできた上にみきおは鈴に気があることを知っているため、 みきおの将来を案じて死んでもかまわないと思ったのかもしれません。 加藤みきおと木村さつきが一丸となって一連の事件を起こしたとしても不思議ではありません。 木村さつきであれば青酸カリの入手も簡単なので、いつでも佐野家の裏庭に隠すことが可能だったと思います。 未来で木村さつきが佐々木紀子を殺害したのも金丸を突き落としたところを見られたかもしれないと思ったことから起こした事件だったとも考えられます。 佐々木紀子が金丸を突き落とした人物をハッキリと見ていれば、簡単にさつきを家に入れたりはしなかったかもしれませんが、ぼんやりと「ただ女性」だったようにしか見えなかったのではないでしょうか。 いずれにしても佐野文吾への異様なまでの憎しみの様子を見ると、いくつか辻褄が合わないところが出てくるかもしれませんが、真犯人である可能性は高いと思います。 第9話までを見る限りでは正志かさつきが真犯人として有力だと思います。 ▶Paravi(パラビ)でもう一度「テセウスの船」を観る◀ 真犯人は、石坂秀夫(笹野高史)音臼小校長。 その理由は、事態の真相を把握している人物だからです!。 石坂秀夫の発言。 「あなたは何者ですか!?

テセウスの本当の犯人は誰で大人になったみきお?原作と犯人が違う理... 日曜劇場『テセウスの船』Paravi特典映像『完全ネタバレ!犯人の日記大公開』独占配信決定!|プレミアム・プラットフォーム・ジャパンのプレスリリース

テセウス 犯人

テセウスの本当の犯人は誰でしょうか。 テセウスの本当の犯人は大人になったみきお、木村みきおだと考察します。 原作と犯人が違うというテセウスの船、原作と犯人が違う理由は「ボイスレコーダー」という新しいアイテムの登場だと感じ ... 」。 この小さな村に突然やって来て。かと思うと、忽然と姿を消し、そしてまた現れる。 人が死ぬ危険な雪崩を予言した事もあり、森昌子も山口百恵も知らない。 飄々としているようで、田村心(竹内涼真)の不自然な様子をしっかり見ていて、覚えていた。 今、このドラマの中で、唯一の過去未来犯人の可能性あり人物。 すなわち、田村心の持っていた令和の情報を持ってしても通用しない可能性のある、平成元年の犯人の可能性があり。 かなり高齢だが、意表を突く鋭さは、このドラマいち。 このレベルの洞察力は、宮城県警の刑事たちにもなかったもの。 ならば、どうして隠していたのか!?