• 記事: 20794
  • 質問に対する回答: 15685
  • コメント: 17464
  • 準備ができて答え: 31477

お 彼岸 いつ 2020

2020年(令和2年)春秋のお彼岸、期間はいつからいつまで?|株式会社... お彼岸の意味とは?何をするの?お供えの「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

お 彼岸 いつ 2020

2020年(令和2年)の春のお彼岸の期間(日程)は2020年3月17日(火)から3月23日(月)まで、秋のお彼岸期間(日程)は2020年9月19日(土)から9月25日(金)までです。詳しくはトピックをご覧ください。 2020/07/15 日本の祝日の中には、季節の節目をあらわす「春分の日」「秋分の日」があります。その「春分の日」「秋分の日」の時期に訪れるのが「お彼岸」なのですが、どんな意味があり、何をするのかご存知でしょうか?今回は、お彼岸について調べてみたいと思います。 春分の日ってどんな日春分の日は昭和23年に「国民の祝日に関する法律」によって「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として制定された祝日です。 日本では暦の上で季節の区分をする手法として二十四節気というものが使われています。1年を季節ごとに24等分したもので、その節目にはそれぞれに季節を表す名前がついています。2月4日頃の「立春」を起点に24分割されています。 太陰暦を使用していた時代、月の満ち欠けだけを考慮した暦だと季節との間にずれが生じるため、実際の季節を表すために考え出されたのが二十四節気です。元々は中国で使われていた季節の区分法ですが、日本では江戸時代の頃に暦に取り入れられました。 春分は二十四節気でいうと立春から始まる季節の節目の4番目の節目で昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。太陽の通り道、黄道と天の赤道の交点「春分点」を通過した日の事をいい、その日付は年によって違います。3月20日か3月21日のどちらか1日が春分の日となります。 関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方関連:「春分の日」2020年はいつ?その意味と食べ物について 秋分の日ってどんな日秋分の日は春分の日同様、昭和23年に「国民の祝日に関する法律」によって「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨として制定された祝日です。 秋分は二十四節気でいうと立春から始まる季節の節目の16番目の節目で昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。太陽の通り道、黄道と天の赤道の交点「秋分点」を通過した日の事をいい、日付は毎年9月23日頃になります。 関連:「秋分の日」2020年はいつ?その意味と食べ物について お彼岸って何? 彼岸という言葉には色々な意味がありますが、そのひとつとして川の向こう側を表し、この世に対してのあの世を意味する言葉としても使われています。春分・秋分の日の前後3日間をあわせた7日間を彼岸と言い、最初の日を「彼岸入り(ひがんいり)・彼岸の入り(ひがんのいり)」、最後の日を「彼岸明け(ひがんあけ)・彼岸の明け(ひがんのあけ)」と呼びます。 「彼岸」は日本独自に作られた仏教の行事の一つです。仏教では、今私たちがいる煩悩や迷いに満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。この此岸にある者が六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩になるための方法)の修行をすることで煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といいます。お彼岸は、極楽浄土に想いを馳せ、より彼岸に近づけるよう修行をする期間といわれています。また、彼岸は西、此岸は東にあるので、秋分と春分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸(極楽浄土・あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったのだそうです。 『おはぎ』と『ぼたもち』 お彼岸のお供え物する食べ物として、「おはぎ」と「ぼたもち」があります。これはもち米をあんこで包んで作られたものですが、この二つにはどういった違いがあるのでしょうか。実はこの二つ、どちらも同じものです。なぜ呼び名が違うのかと言うと、春と秋のお彼岸で作られるぼたもちとおはぎですが、それぞれ季節に合わせて花の名前を意識して呼び名が変えられているそうです。春は「牡丹」の花に合わせて牡丹餅(ぼたもち)と呼び、秋は「萩」の花に合わせてお萩(おはぎ)と呼ばれるのです。 お彼岸になぜ「おはぎ」や「ぼたもち」を作るのかと言うと、小豆(あずき)の赤い色には災難から身を守る効果があるといわれており、邪気を払うという信仰と、先祖供養が結びつき、江戸時代に庶民の間で始まった習慣と考えられています。その季節の花の名を使い、季節にあった呼び方をしている。ここにも、日本人の四季を大切にする気持ちが表れていますね。

2020年お彼岸はいつ?3月春彼岸・秋彼岸の時期や供花、彼岸明けとは?... お彼岸2020!中日の読み方は「なかび」?「ちゅうにち」?どっち?? | ページ 2 | フククル

お 彼岸 いつ 2020

2020年のお彼岸 【春彼岸】 3月17日(火):彼岸入り 3月20日(金):彼岸の中日(=春分の日。祝日) 3月23日(月):彼岸明け ※詳しくは「【春分/春分の日】いつ?意味や彼岸との関係」で解説 【秋彼岸】 9月19日(土):彼岸入り 3月のお祭り 2020.03.062020年のお彼岸はいつ?そもそも何をする日?知ると興味深いお彼岸の風習。まずは2020年の春のお彼岸、秋のお彼岸の日程をみていきましょう。春のお彼岸3月17日(火) 彼岸入り 3月20日(金・祝) 中日(春分の日) 3月23日(月) 彼岸明け秋のお彼岸9月19日(土) 彼岸入り 9月22日(火・祝) 中日(秋分の日) 9月25日(金) 彼岸明けお彼岸の日程は1週間。字の如く「中日」を真ん中の日(「春分の日」「秋分の日」)として、その前後3日間を加えた1週間を指します。中日を目安に、毎年お彼岸の日程が決められているんですね。では、この中日という日は、一体どういう読み方で、どんな意味があるのでしょうか?お彼岸の「中日」、正しい読み方は?意味・由来は?「中日」と聞くと、何の日だろうと思いがちです。「中日」の読み方は「ちゅうにち」と読みます。「お中日」なんて言い方もしますよね。この意味や由来はなんなのでしょうか。中日の意味春のお彼岸の中日=春分の日秋のお彼岸の中日=秋分の日中日の由来太陽が春分点・秋分点に達する日のこと。太陽が真東から昇り、真西に沈む日。カレンダー上で決める祝日ではなく、太陽の動きに沿って毎年決められます。

2020年のお彼岸はいつ?春・秋の時期や常識を知って備えよう 2020年のお彼岸の入りはいつから?春(3月)と秋(9月)の日にちや期間は?

お 彼岸 いつ 2020

2020年のお彼岸はいつからいつまで? お彼岸は春と秋にあります。 中日(ちゅうにち) を挟んだ前後3日間、つまり 7日間がお彼岸の時期 です。 お彼岸は2020年だと入りはいつからなのか?お彼岸というと秋(9月)を思われる方が多いですが、実は春(3月)にもお彼岸があります。彼岸花という花が9月中旬に咲いて、秋の彼岸と時期が同じなのでそちらの方がイメージが強いですよね。このお彼岸の日にちは「春分の日」と「秋分の日」が大切になってきますが、実はお彼岸は1日だけではなく彼岸入り彼岸の中日彼岸明けこのように日にちに期間があります。今回は、この2020年のお彼岸の入りや明けはいつからなのか?そして春(3月)と秋(9月)の日にちや期間はどうなっているのか。この点に注目しまとめました。お墓参りに行かれる方や、お彼岸の時期に予定を組まれる方はしっかりとチェックしていきましょう。 スポンサードリンク お彼岸2020年はいつ?お彼岸というと一般的には9月を思い出しますよね。そんなお彼岸は2020年はこの日となっています。この日は秋分の日で祝日で、お彼岸とは秋分の日を中心にその前後3日間、計7日間のことを言います。つまり、2020年の場合はこの期間を指しているのですね。お彼岸の入りは9月19日になります。この期間の真ん中の日が秋分の日ということで、特に「彼岸の中日」とも言われています。お彼岸は一日だけではなく、このように期間のことを言うのですね。 スポンサードリンク お彼岸の春(3月)と秋(9月)の日にちは?このお彼岸は、9月の秋のお彼岸はかなり有名ですが、実は春にも「春のお彼岸」があります。それは3月の春分の日を境にしたお彼岸の期間です。春分の日は毎年3月21日ごろとなっていて、これも春分の日を中心としてその前後3日間、計7日間のことを「お彼岸」と言います。だから年に2回、春(3月)と秋(9月)にお彼岸があるんですね。これらをまとめると、 【春のお彼岸】春分の日が3月21日の場合3月18日:彼岸入り 3月21日:彼岸の中日(=春分の日) 3月24日:彼岸明け 【秋のお彼岸】秋分の日が9月23日の場合9月20日:彼岸入り 9月23日:彼岸の中日(=秋分の日) 9月26日:彼岸明けこのようになっています。お彼岸一週間の最初の日を「彼岸入り」お彼岸の真ん中(春分・秋分の日)を「彼岸の中日」お彼岸一週間の最後の日を「彼岸明け」このようにそれぞれ呼んでいます。この春分や秋分の日を含む二十四節気から全体を見渡すと一年の流れがわかりやすくなりますが、私たちの生活にどんな意味をもたらしているのか?日本の季節や文化にも大きな影響を与えている「二十四節気」について、一覧カレンダーで確認しながら理解できるページを用意しています。農作物の収穫や時候の挨拶、季節の行事などに今でも大きく関わっているので、ぜひこの機会にご覧になってください!暑さ寒さも彼岸までお彼岸は春(3月)は春分の日、秋(9月)は秋分の日となっていて、時期としては暑さや寒さがこの時期を境に和らいでくる時期でもあります。そんな時期の特徴から暑さ寒さも彼岸までこんなことわざが生まれるくらい特徴的な日なんですね。

2020年・令和2年のお彼岸はいつからいつまで?春のお彼岸・秋のお彼岸... 2020年のお彼岸の入りと明けはいつ?意味と迎え方やお墓参り手順

お 彼岸 いつ 2020

2020年(令和2年)秋のお彼岸(秋彼岸)の時期. お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのかチェックしましょう。 彼岸入り・・・・・9月19日(土) 中日(秋分の日) ・・9月22日(火) 彼岸明け ・・・・・9月25日(金) お彼岸には何をするの? 2020年のお彼岸に何をすればいいのか? スポンサードリンク 春と秋のお彼岸とはどんな意味なの?春と秋のお彼岸ですが、「彼岸」とは雑節のうちの1つです。雑節(ざっせつ)とは、二十四節気や五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより感じるために作られたものです。例えば、八十八夜半夏生土用節分他にもありますが、有名なところではこのような雑節があります。二十四節気についてはこちらを見ていただくとわかりやすいと思います。今回出てきた「春分」や「秋分」もそうですし、夏至や冬至、立春や立秋なども二十四節気の一つですね。他にもたくさんの暦があるので、一度ご覧になってみると面白いですよ。春分の日と秋分の日の特徴お彼岸は、春分の日と秋分の日を境にした一週間のことを言いますが、この春分と秋分の日ってどんな日だかご存知ですか。祝日にもなっているし、重要な日であることはなんとなくわかりますよね。この春分と秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈むこんな特徴のある日だからです。仏教では「極楽浄土は西の彼方にある。(西方浄土)」と考えられています。そこで「太陽が真東から昇って真西に沈む」ということは、ということでもあります。だから、春分の日や秋分の日は、西方浄土にいる阿弥陀仏を拝礼するのに一番ふさわしい日だ。このように考えられ、ご先祖様の霊を供養する特別な日となったワケです。そしてこれは「皇霊祭(こうれいさい)」と呼ばれる、歴代の天皇や皇族方の御霊(みたま)に鎮魂の祈りをささげる宮中祭祀にもつながっていると考えられています。実はこの皇霊祭が1879年(明治12年)~1948年(昭和23年)まで「春季皇霊祭」として休日となっていました。*秋季皇霊祭は1878年(明治11年)~1947年(昭和22年)までそれが「国民の祝日に関する法律」によって、それぞれが春季皇霊祭 ⇒「春分の日」 秋季皇霊祭 ⇒「秋分の日」このように名前を変えて、国民の祝日となった由来があります。だから実はとても深い意味のある日で、お彼岸にお墓参りをする理由はこういう考えがあったからなんですね。

「お彼岸」2020年はいつ?意味とお盆との違いについて

お 彼岸 いつ 2020

2020年のお彼岸はいつ? 2020年のお彼岸は下記のようになります。 春のお彼岸. 3月17日(火)彼岸入り. 3月20日(金)春分の日. 3月23日(月)彼岸明け 秋のお彼岸. 9月19日(土)彼岸入り. 9月22日(火)秋分の日. 9月25日(金)彼岸明け . お盆とは? 毎年訪れるお彼岸。 お彼岸にはお墓参りに行くという習慣がありますが、どういう意味があるのでしょうか? 春と秋に2回あるのはなぜでしょうか? 今回は、2020年(令和2年)のお彼岸の『入り』『中日』『明け』がいつなのか、お彼岸の意味や迎え方についてご案内します。 お彼岸とは何か お彼岸とは、春分・秋分の日を中日とした前後3日間を合わせた7日間のことをいいます。 お彼岸には、お寺やお墓にお参りして先祖に感謝する習慣があります。 さて、今年はいつがお彼岸にあたるのでしょうか? その意味や由来はどういったものでしょうか? 2020年(令和2年)のお彼岸の入りと中日と明けはいつ 春のお彼岸は、3月20日の春分の日を中日として、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、9月22日の秋分の日を中日として、前後3日を合わせた7日間です。 お彼岸の初日を「彼岸入り」、春分・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」、最終日を「彼岸明け」といいます。 後ほど詳細に触れますが、春分・秋分の日は実は毎年決まっていません。 国立天文台の出した日に基づき前後しますので、お彼岸の期間もわずかながら変動します。 春の彼岸入り 春の彼岸中日 春の彼岸明け 3月17日(火) 3月20日(金) 3月23日(月) 秋の彼岸入り 秋の彼岸中日 秋の彼岸明け 9月19日(土) 9月22日(火) 9月25日(金) お彼岸の中日にあたる春分・秋分の日はどんな日?

2020年(令和2年)のお彼岸の期間はいつからいつまで?一目でわかるま...

お 彼岸 いつ 2020

ひとめで分かる!2020年(令和2年)のお彼岸の期間はこちら!! ・2020年3月17日(火)お彼岸の入り ↓ 3月20日(金・祝)春分の日 ↓ 3月23日(月)お彼岸明け (計7日間) ・2020年9月19日(土)お彼岸の入り ↓ 9月22日(火・祝)秋分の日 ↓ 9月25日(金)お彼岸明け (計7日間) ************ 以上が2020年のお彼岸のご紹介でした。 春分・秋分とは、二十四節気の一つで、昼と夜の長さが等しく、太陽が真東から出て真西に沈む日です。 いずれも祝日で、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、法律で定められています。 ここで豆知識ですが、春分の日と秋分の日は毎年いつかは決まってはいません。 太陽のまわりを公転している地球が、春分点と秋分点を通過する日をそれぞれ『春分の日』『秋分の日』とされています。 そのため、来年のお彼岸は正式に決まってはいません。 お彼岸の意味と由来 彼岸とは、煩悩にまみれたこの世を此岸とした「向こう岸」、すなわち「悟りの世界、涅槃の境地」を意味します。 悟りの世界とは、煩悩や迷いから解き放たれた精神状態を意味しますが、同時に、仏の住む浄土の世界も意味します。 特に、阿弥陀仏が住む極楽浄土は西方にあるといわれており、太陽が真西に沈む春分・秋分の頃に西方浄土の世界が最も近くなると、極楽往生が願われたのです。 そもそも、春分の頃は種を蒔く時期、秋分の頃は収穫の時期で、古来より、五穀豊穣を祈り感謝する習慣が根付いていました。 そこに極楽往生を願う浄土信仰が加わり、日本独自の〝お彼岸〟文化が生まれたといわれています。 ちなみに、神道では、春分・秋分の日が「皇霊祭」という歴代天皇や皇族をお祀りする日にあたり、現在でも皇室や各神社などで儀式が行われています。 お彼岸の歴史 お彼岸の歴史は1200年以上も前にさかのぼります。 平安京が始まって間もない、大同元年(806年)に、平城天皇が、春と秋の七日間、崇道天皇(早良親王)のため諸国の国分寺の僧侶に経を読ませたというのが、現存の最も古い記録です。 早良親王といえば、暗殺事件の関与を疑われ流罪となり、無実を訴えて憤死した悲劇の皇太子ですが、その死後、疫病が流行し、皇族らが相次いで亡くなったことから、祟りとして恐れられました。 その親王の魂を鎮めるために、春秋七日間の法要が行われたと記録されています。 お彼岸の迎え方 お彼岸の7日間のうち、いつに何をするか明確に決まっているわけではありません。 「入り花を折らぬ」といって、彼岸入りになってお花をお供えしているようでは遅く、先に仏壇やお墓を清めてからお彼岸を迎えるのがよい、という教えもあります。 お彼岸前またはお彼岸中には、お仏壇や仏具を掃除し、お墓や納骨堂などにお参りに出かけましょう。 ここでは、お仏壇のお手入れの仕方や、お墓参りの手順、お彼岸ならではのお供え物についてご紹介します。 ①お仏壇のお手入れ お彼岸には、ご先祖様を思い、お仏壇や仏具をきれいにしましょう。 ご本尊やご先祖に手を合わせてから、お仏壇の中の仏具や位牌をいったん外し、ホコリなどを取り除いていきます。 仏具を外す前に写真を取っておくと、後で戻す時に助かります。 お仏壇のホコリ取りには、仏壇掃除用の筆がおすすめです。仏壇は繊細な工芸品ですので、水拭きしたり、強くこすったりしないように気をつけましょう。特に、金仏壇は金箔がはがれる恐れがありますので、注意が必要です。 仏壇内部を拭きたい場合には、仏壇用のクリームを古布などにとってふくとよいでしょう。 リンク 長年の汚れがたまっていて、自身で掃除するのが難しい場合には、これを機会に仏壇クリーニングの専門業者さんに依頼してもよいでしょう。 仏具を元にもどしたら、新しいお花、果物やお菓子などの供物をお供えし、お線香をあげて手を合わせましょう。 【関連記事】仏壇の選び方で重要な3つのポイント|種類~購入後まで解説 ②お墓参り お彼岸中には、お墓参りに行き、お墓のお掃除もしておきましょう。 お墓に到着したら、お墓に手を合わせ、前のお参りにあげたままの枯れたお花や、生えてきた雑草、落ち葉などを取り除きましょう。 次に、墓地の水場から水をくんで墓石の掃除をします。大体、水場でバケツや柄杓を借りられることが多いですが、ない場合は、ペットボトルなどを利用するとよいでしょう。 準備した水を墓石にかけ、スポンジなどで汚れを落とします。頑固な汚れや細かい部分は、歯ブラシなどを用いると落としやすいです。最後に、墓石を乾拭きして汚れがつきにくいように仕上げをします。 リンク お掃除が終わると、新しいお花を供え、お線香をあげます。お供え物は、カラスや猫が寄ってきたり、散らかされたりする原因となりますので、お参りを終えれば、持ち帰るのがマナーです。 お墓参りは、祝日にあたる中日が最も混雑しますので、時間のある方は、彼岸入リ前後にお参りに行くとよいでしょう。 【関連記事】お墓参りにお花やお供えなどの必要な持ち物は?行く時期や服装と手順 ③お供え物の準備~ぼたもちとおはぎ~ お彼岸のお供え物といえば、もち米に餡子をまぶしたあのお菓子ですが、「ぼたもち」といったり「おはぎ」といったり、本当はどちらが正しいのでしょうか? 実は、どちらも正しく、季節のお花にちなんで呼び名が変えられているのです。 春のお彼岸には「牡丹」にかけて「ぼたもち」、秋のお彼岸には「萩」にかけて「おはぎ」とよばれます。 ちなみに、ぼたもちにはこし餡を、おはぎには粒餡を使用しますが、それも季節の違いによるものです。 おはぎを頂く頃は、小豆の収穫の時期なので、まだ皮が柔らかく粒餡としておいしく頂けるのですが、ぼたもちを頂く頃には、皮が固くなっているので、皮を取り除いてこし餡にするのです。 季節ごとの違いに、日本人ならではの繊細な美意識がうかがえます。 そもそも、おもちは、古来より五穀豊穣を願って神様に捧げられてきたもので、神道でも仏教でも特別なお供え物です。 また、小豆は、その赤い色から厄除けの力があるとされ、お祝い事や折々の行事に用いられてきました。つまり、おもちと小豆を用いたぼたもち、おはぎは、特別なお供え物といえるのです。 春のお彼岸には、ぼたもちを、秋のお彼岸には、おはぎを、ご先祖様にお供えし、後でお下がりとして頂きましょう。 お彼岸までにお墓を建てるには これからお墓を建て、納骨をしたいと考えているお施主さんの中には、お彼岸までに建墓&納骨したいと考える方も多く、石材店の担当者もお墓を建てるまでの一つの目安として彼岸に間に合うようにと提案する場合も多いです。 彼岸に建墓を間に合わせたいと考えた場合は、遅くとも三か月前には行動を開始しないと、慌ただしくなり思うようなお墓を建てる事ができません。 お彼岸までにお墓を建てるコツは余裕を持って行動する事です。 菩提寺(檀家となっている寺院)が無い方が、墓地を探す方法は『ご自身で墓地を探して直接問い合わせる』or『石材店を探して直接問い合わせる』の主に2通りです。 ご自身で墓地を探す場合は、掲載墓地数全国7000カ所の日本最大級のお墓のポータルサイト「いいお墓」が便利です。気になる墓地(納骨堂や樹木葬含む)を探して資料請求をしましょう。 お墓の専門家である石材店を探してから相談したいとお考えの場合は、お墓探しのミカタの石材店無料マッチングサービスをご利用ください。最寄りの頼れる石材店を探して完全無料でご紹介させていただきます。 【関連記事】お墓を相場より安い値段で購入(建墓)する方法 2020年春のお彼岸の新型コロナウィルス流行による影響 新型コロナウィルスの流行に伴い、感染拡大防止のため厚生労働省のホームページの『新型コロナウイルス感染症対策の基本方針』には以下の記載があります。 イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛 要請を行うものではないが、専門家会議からの見解も 踏まえ、地域や企業に対して、イベント等を主催する際 には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の 状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう 要請する。 ※厚生労働省HP『新型コロナウィルス感染症対策の基本方針』より引用 また、新型コロナウィルスの集団感染を防ぐには、『換気が悪く』、『人が密に集まって過ごすような空間』、『不特定多数の人が接触する可能性が高い場所』を避ける必要があるとも記載されています。 例年であれば、お彼岸期間中に檀家さんが大勢集まって本堂で合同法要(供養)を行う寺院も多いですが、2020年の春のお彼岸は、合同法要を中止にする寺院も多いでしょう。 お墓参りに関しては、お彼岸時に混雑する大規模霊園などの場合は避けた方が良いかもしれませんが、それ以外の場合は、混雑する時間を避けてお参りに行くなどの対策が必要だと思います。 特にご高齢の方は、万が一にも新型コロナウィルスに感染した際のリスクが高いので、『2020年春のお彼岸は、外に出ずご自宅の仏壇等に手を合わせてご先祖様を供養する』それでも良いのではないでしょうか。 お彼岸まとめ お彼岸は、古来より受け継がれてきた、先祖や自然に感謝し思いを馳せる日本独自の習慣です。 お仏壇やお墓、納骨堂などのある方は、これをご縁にお掃除し、お参りしましょう。 近親者に亡くなった人がいなかったとしても、自身が今ここに生きているということは、命をつないできた先祖がいるということです。ちょうど、春分・秋分の日は祝日となります。 しばらく帰っていない実家を訪ねたり、季節の移り変わりを感じたり、自分が生かされていることを感謝する期間にするとよいでしょう。

2020年春と秋のお彼岸はいつ?お供えなど、安心してお彼岸にお参りす...

お 彼岸 いつ 2020

『2020年のお彼岸は、春が3月17日(火)から3月23日(月)、 秋が 9月19日(土)から9月25日(金)まで』です。 2020年のお彼岸は、 春:3月17日(火)から3月23日(月)まで; 秋:9月19日(土)から9月25日(金)まで

2020今年のお彼岸はいつ?おはぎ(ぼたもち)を食べるのはなぜ? 気...

お 彼岸 いつ 2020

2020年 お彼岸はいつからいつまで? まず、今年の 春のお彼岸 は 3月20日が春分の日 ですので前後3日と考えると・・・ 3月17日~3月23日まで 秋のお彼岸 としては、 9月22日が秋分の日 ですので 9月19日~9月25日まで

2020年のお盆の期間はいつ?お供えや飾りから由来まで徹底紹介 ホト...

お 彼岸 いつ 2020

2020年のお盆休みをしっかり確認しておきましょう。 2020年のお盆休みはカレンダー通りに休んだ場合、8月13日(木)から16日(日)の4日間です。 お盆の期間は4日間だけですが、11日(火)と12日(水)に休みをとることで、 9連休になります。