• 記事: 27336
  • 質問に対する回答: 22646
  • コメント: 21952
  • 準備ができて答え: 28540

スピーカーpc

PCスピーカーおすすめ15選 低価格モデルから高音質モデルまで紹介 ... 古いスピーカーをパソコンに接続したいのですが… -今あるスピーカーを- スピーカー・コンポ・ステレオ | 教えて!goo

スピーカーpc

Pcスピーカーおすすめ15選 低価格モデルから高音質モデルまで紹介. 更新日:2020.03.18. pcスピーカーは、パソコンで映画や音楽、ゲームを楽しむときに、その音を臨場感があるものにしたい方におすすめのスピーカーです。 質問日時:2008/04/25 15:28 回答数:7件 >例えばこれ【​http://www.amazon.co.jp/ONKYO-WAVIO-USB%E3%82%AA …​】なんかが当てはまるのでしょうか? はい。私はそれを想定して回答していました。 たぶん、リンクを貼り忘れてしまったのだと思います。 ただ、このくらいのスピーカですと、当時は片チャンネル50Wくらいか、もっと大出力のアンプを繋いでいたと思います。 ですので片チャンネル4オームで15Wというのは、ちょっと不安を感じます。 でも、USBで接続できるアンプというのは、これしかないようですね。 私はこれがいいと思います。 0 件 この回答へのお礼 ありがとうございました。素晴らしい説明のおかげで、すっきりしました。 元々所有していた方は、これをLPに使っていたようです。そのLPが壊れてスピーカーと共に新調するにあたって、私が譲り受けるという運びとなりました。 お礼日時:2008/04/29 09:05 はじめまして。goodbytesと申します。 おおよその材料は既に皆さんが答えていらっしゃるようですので若干の補足だけさせていただこうと思います。 とりあえず音出しだけ、というのであればPCの内臓アンプで十分です。真空管アンプ全盛期のSPであればアンプの音声出力が0.4Wもあれば十分すぎるほどの音量が出せます。現代のカタログのお作法で測ればどうかわかりませんが、少なくとも当時のカタログで97dbの感度(1W入力に対する出力音圧)があればなおさらです。 ただし、PCに標準装備されるようなオーディオデバイスはピュアオーディオ用にはまるで使えないものがほとんどですのでやはり外部アンプで駆動するほうがよろしいかと思います。 で、PCから外部アンプへの出力ですが、これもPC内でアナログ変換して出力すると「モーレツ」なノイズにさらされますし、実際、無頓着な配線などしようものならスパイクノイズやハムが乗って聞くに堪えなくなります。原因のほとんどはCPUと電源ユニットですので対策にも限界があります。この2つを止めてしまえばPCじゃなくなっちゃいますし(笑) ですので、これまた他の方がお勧めしていた方法ですがUSBあるいは光ケーブルでDAC(デジタル‐アナログコンバータ)をPC外に出してしまい、そこからアナログでアンプとSPを繋ぐ方法がベストかと思います。 PC‐DAC間の接続ですが、私としてはUSBをお勧めします。 光ケーブルは結構微妙なもので製品間の出来の差が非常に大きく、中にははっきり粗悪といってよいものも売られているからです。またコネクタの相性がかなりはっきり出るもので、トラブルになりやすい点を心配しています。USBであればベストではないかもしれませんが標準的な品質は保証されていますので安心できます。それに安いですから。 1 件 この回答へのお礼貴重なご意見をありがとうございます。No1の方の回答にまとめてお返事をさせていただいたので、そちらをご覧になってください。 お礼日時:2008/04/26 20:27 #4です。 ごめんなさい。このHPの方だと思い込んで書いてしまいました。 http://home.f00.itscom.net/playroom/06_audio/aud … 適当に飛ばして読んでやって下さい m(__)m 0 件 HP拝見しました。お人柄がなんとなくわかるような気がします。 でも、奥様が煙たがるのもわかりますね。かなりの量ですもの。 で、接続ですが、他の方もおっしゃっているように、 パソコンのスピーカー端子からアンプの入力に入れれば、とりあえず音は鳴ります。 No,2さんご紹介のような一般的なケーブルで繋ぐわけですね。 http://a248.e.akamai.net/f/248/37952/7d/image.sh … ところがですね、パソコンに標準で付属しているようなサウンドデバイスは非常にチープな作りで、 おまけにパソコン内はノイズたっぷりですから、BGM程度で音質を気にしない、と割り切れるなら それでいいのですが、HPのご様子ではそれで収まりそうもありませんねw。 詳しく書き出すと大変だし、こちらのボロが出てしまいますので、大雑把な方向を書きますと 1、パソコンのサウンドデバイスを良いものに換える。 http://onkyo.jp/wavio/ http://www.m-audio.jp/index.php? do=products.fami … http://www.synthax.jp/products/index.html http://www.phileweb.com/products/usb_dac/index.h … パソコン内部にカードで増設するか、USBやIEEE1394で外出しするか、になります。 これだけでも、だいぶ良くなると思います。 2、パソコンからデジタルで出し、オーディオ用のDACに繋ぐ。 できるだけ高音質を求めると、この方法になるかと思います。 1、のようなサウンドデバイスならSPD/IFの出力があります。それを繋ぎます。 HPを拝見したところ、まだDACはお持ちでないようですが・・。 オーディオ用のDACならそれこそピンキリですね。 安価な方向なら中古もあるでしょうし、少し前ブームだった自作DACという手もあります。 http://search3.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/au … http://kikuon.com/products.html http://easy-audio-kit.hp.infoseek.co.jp/ (再開されたのですがすぐ売り切れになりますし、それなりに腕前が必要ですが) また、最高級な方法としては、ワードクロック端子付きのサウンドデバイスとDACをシンク させる、という手もあります。 サウンドデバイスは、上の上の3つ目で紹介したRMEなど、DACやクロックジェネレーターは いまだ私の守備範囲外なので、下手な紹介をするより検索していただいた方がいいでしょう(^^;; 0 件 この回答へのお礼貴重なご意見をありがとうございます。No1の方の回答にまとめてお返事をさせていただいたので、そちらをご覧になってください。 お礼日時:2008/04/26 20:27 敢えて違う方法で。 PC→USB接続→AVアンプ 候補 ・ビクター AX-D311 ・USBケーブル 参考URL:http://joshinweb.jp/av/axd311.html 0 件 この回答へのお礼貴重なご意見をありがとうございます。No1の方の回答にまとめてお返事をさせていただいたので、そちらをご覧になってください。

【価格.com】PCスピーカー 通販・価格比較・製品情報 ヘッドフォン・スピーカーの接続方法 パソコン初心者講座

スピーカーpc

PCスピーカーを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます! お礼日時:2008/04/26 20:26 ステレオミニジャックのサイドスピーカ端子がありますから、 ミニジャックX2 - ステレオミニプラグ 変換アダプタ http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82 …

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: PCスピーカー... PCの音質をもっと豪華に!PC用スピーカーおすすめ5選 | to buy [トゥーバイ]

スピーカーpc

Pcスピーカー elegiant パソコンスピーカー 10wパワフル出力 ledライト 大音量 サウンド usb給電式 小型ミニ 軽量 ポータブル コンパクト 持ち運び便利 usb aux接続 3.5mm入力 mp3 タブレット スマホ ゲーム機などに対応 日本語説明書 品質保証 ミニプラグ-先バラX2(2本1組) ケーブル http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82 … で、とりあえず接続して音は出ると思いますが、PCのアンプ部分が非力でしょうから、充分な音量が得られないと思います。 もしも、そのスピーカと一緒に使っていたアンプをお持ちであれば、 ステレオミニプラグ-RCAプラグ×2 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83 … で、PCのライン出力端子と、アンプのAUXまたは、Tape Inを接続して音をだすことができます。 この場合、デジタルデータからアナログ信号への変換はPC内部で行っていますので、アナログ信号にデジタル回路から発生する雑音が乗ってしまうかもしれません。 USBでデジタル信号を取り出して、PCの外でアナログ信号に変換できるのが USB接続 アナログオーディオ入出力アダプター http://www.amazon.co.jp/I-O-DATA%E6%A9%9F%E5%99% … のような製品です。これをアンプに接続することができます。 アンプが無い場合は、アンプと一体になったUSBオーディオ装置をUSBでPCに接続し、そのスピーカ端子に接続します。 0 件 この回答へのお礼貴重なご意見をありがとうございます。No1の方の回答にまとめてお返事をさせていただいたので、そちらをご覧になってください。 お礼日時:2008/04/26 20:26 すばらしいスピーカーですね。 今は何で鳴らしてるんでしょうか? それ相当のアンプで鳴らしていると想像しますが、アンプに外部入力はありませんか? パソコンのラインアウト端子からアンプの外部入力(ラインイン)につないでやればいいと思います。 パソコンは大抵はミニステレオ端子、アンプはピン端子だと思いますので該当するコードを電気屋で購入です。 アンプに特に外部入力としたものが無くても、余っているチューナー接続端子とかあったらそこでもいいです。 もし、アンプが無いという場合は購入になります。 具体的な機種は・・ありすぎて書けません、ピンからキリです。 希望のご予算、性能などが分かればいいのですが。 ちなみに パソコンはオーディオ機器ではないのでオーディオ機器よりは音質は悪いです。 小型のパソコン用スピーカーならまだいいですが、本格的なスピーカーで鳴らすとアラが出るかもしれません。 0 件 この回答へのお礼 大変貴重なお返事をいただき、ありがとうございます!一日経ってページを開いてみて、多くの方の書き込みがあることに驚きました。 足りない点があったので、補足からさせていただきます。 現在は元々あった安物コンポのみを使っていて、アンプは持っていません。とりあえず先バラ(?)で1本ずつ線をつないでいるだけです。 予算はどれくらいかかるものなのでしょうか?1万切ればありがたいと考えていました。ohbacomeonさんの言葉をヒントに調べてみたのですが、例えばこれ【http://www.amazon.co.jp/ONKYO-WAVIO-USB%E3%82%AA …】なんかが当てはまるのでしょうか? 予算の都合上、didenkoさんに教えていただいたものでは手が届きません。 特にレゲエを聞きたいと思っているので、低音を重視できるようなものだと、よりうれしいのですが、予算の都合上無理は出来ません。2万出すと相当良くなるのであれば、何とかして買いたいと思っています。 皆さんの意見を参考にさせていただいたので、返答をこちらにまとめさせていただきました。質問ばかりで恐縮してしまいますが、よろしくお願いします。 お礼日時:2008/04/26 20:24 お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!

価格.com - 2020年7月 PCスピーカー 人気売れ筋ランキング 初心者でも分かる!PC用スピーカーの上手な選び方 | ピントル

スピーカーpc

Pcスピーカー人気売れ筋ランキング!今売れている人気製品をランキングから探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載しています 汎用性の高い 3.5mm ステレオミニプラグ パソコンでは、ヘッドフォンやイヤホン、スピーカーを使うことができます。 通常パソコンからの音は、ノートパソコンでは内蔵されているスピーカー、デスクトップパソコンではディスプレイに内蔵されているスピーカーなどから出ています。 端子にヘッドフォンやスピーカーをつなぐことで、内蔵スピーカーから外付けのヘッドフォンやスピーカーから音を出すことができます。 このページでは、最も基本的なステレオミニプラグによる接続を、実例を交え紹介しています。 ステレオミニプラグとUSB ヘッドフォンやスピーカーの一般的な接続方法には、ステレオミニプラグとUSBの2種類があります。ともに端子に接続するだけという簡単な方法になります。 ステレオミニプラグがアナログ、USBがデジタルとなります。音質に関してはそれほど違いが大きいわけではありません。 3.5mm ステレオミニプラグは、パソコンの他に スマートフォン、タブレット、オーディオ機器にも使われている 汎用性の高い規格です。イヤフォン端子といえば、ほぼこの3.5mm ステレオミニプラグの端子を指します。 USBの場合は、主にWindowsやMacなどのUSB端子をもつパソコンに繋ぐことができます。無線では、Bluetoothによる接続もあります。 出力端子 パソコンには、3.5mm ステレオミニプラグを接続できる端子が付いていることがほとんどです。 ヘッドフォンやスピーカーは、パソコンやディスプレイの出力端子につなぎます。ヘッドフォンのマークが付いていたり、OUTと記載されています。 デスクトップパソコンのヘッドフォン端子。OUTとあります。 ノートパソコンの接続端子。ヘッドフォンのマークがあります。 液晶ディスプレイのヘッドフォン端子。 ヘッドフォン 3.5mm ステレオミニプラグです。 繋ぐだけです。 パソコンからのすべての音をヘッドフォンで聞くことができます。 パソコン以外でも、スマートフォンやタブレットなどの端子に繋ぐことができます。 スピーカー 次にスピーカーを繋いでみます。 デスクトップなら背面に 3.5mmステレオミニプラグ用の出力端子があります。ここにつなぎます。 前面の端子に繋いでも音は出るようになっています。 ノートパソコンは、ヘッドフォンと同じ端子に繋ぎます。 ノートパソコンにもスピーカーを取り付けることができます。 ヘッドフォンと同じように、3,5mmステレオミニプラグがあるスマートフォンやタブレットにも接続することができます。 ヘッドフォン パソコンやスピーカーに内蔵されているスピーカーの音は、スピーカーそのものが小型なので、どうしてもこもったような音やかすれたような音になる傾向があり、届く音がよく聞こえないということもあります。 音は、波として空気中を振動して伝わってきます。 そのため減衰するという特徴があります。また音源が小さければ波も弱いため、パソコンから出た音は、人が音として認識するときにはかなり減衰していて、本来の音が聞こえなくなっているということになります。 ヘッドホンを使うということは、減衰をなくすということであり、スピーカーを使うというのは、音源を大きくするということになります。 ヘッドフォンやスピーカーを使うと、聞こえなかった音が聞こえる、本来のデジタルサウンドが聞こえるといわれるのは、こうした音の持っている特性があるからといえます。 Amazon イヤホン・ヘッドホンのベストセラー ヘッドセット ヘッドフォンとヘッドセットの違いは、マイク機能が付いているかどうかです。音声通話ができるマイク機能が付いているものを、ヘッドセットといいます。 ヘッドセットにもステレオミニプラグとUSBの2種類のものがあります。ステレオミニプラグのヘッドセットは、マイク用と音声聞き取り用の2本のケーブルが付いており、USBに変換するコネクターが付属していることがあります。 Amazon PC用ヘッドセットのベストセラー スピーカー スピーカーには、2.0ch、2.1ch、5.1chなどのスピーカーがあります。 2.0chスピーカーは、2つ一組のスピーカーのことです。2.1chスピーカーは、重低音担当のスピーカー(ウーファー)が追加されて全部で3つのスピーカーあります。5.1chは、4つのスピーカーに1つの重低音担当のスピーカーが付いているものをいいます。 よく使われるスピーカーは 2.0chや2.1chスピーカーです。 Amazon PCスピーカーのベストセラー スピーカーは、コンセントから電源をとって動作するセルフパワーと、USBから給電するバスパワーがあります。

Pcスピーカーおすすめ10選!お手軽モデルから高音質モデルまで 【日沼諭史の体当たりばったり!】デスクトップPCにこそサウンドバー! 接続にクセはあるけどイイ音すぎる - AV Watch

スピーカーpc

Pcにもスピーカーが内蔵されているものは多いですが、たいていの場合その音質はあまりよくありません。低音が出ない、音量を上げると割れてしまうなどの欠点が目立つものが少なくありません。よい音で音楽やゲームサウンドを楽しみたいなら、外付けのpcスピーカーの導入が必須です ... パソコンは、スマホやタブレット端末ではできないタスクも万能にこなせるツール。 今となっては一家に1台だけでなく、家庭によっては1人1台の割合で持っているという人もいるかもしれません。 特にデスクトップ型のパソコンよりもどこでも持ち運びできるノートブック型のパソコンが人気という傾向にあります。 ノートブック型パソコンだと、そのコンパクトでスリムな形状から本体内蔵のスピーカーは決して良いと呼べるようなものではありません。 パソコンの使用用途として、音楽を流しながら作業したり、ゲームをしたり、動画コンテンツを視聴するなら、なるべく音質の良いスピーカーで楽しみたいものです。 今回は、パソコンに接続できるおすすめのスピーカーを紹介したいと思います。 PC用スピーカーが必要な理由 デスクトップ型パソコンの場合、ディスプレイ筐体に内蔵されているスピーカーがほとんどで、決して音質にこだわっている性能があるとは言い切れないのが現状です。最近ではなるべくパソコン本体の価格を抑えるために、各構成をカスタマイズしていくようなモデルも多く、その中にスピーカーという項目は存在しません。 また、ノートブック型パソコンであってもスリムな本体に搭載できるスピーカー性能には限界があり、内蔵スピーカーを使って心地良く音を楽しむには不向きかもしれません。 ここで考慮したいのは普段どのようなパソコンの使い方をしているかという点。 パソコンではOffice系の作業だけ、あるいは簡単なインターネット利用のみ、という人であれば音質や音量、音域などスピーカーの性能にこだわる理由も特にないかもしれません。 しかし、ストリーミング配信の音楽サービスや、You TubeやDVDで映画再生をするなど、エンターテインメント的なコンテンツ利用をするなら、音源が重要な要素となります。 パソコンのスピーカーでなく、外部接続の音質の良いスピーカーで視聴しているコンテンツに含まれる音楽を再生すれば、迫力や臨場感が増し120%音楽コンテンツを再生することができます。 外部接続の据え置き型スピーカーであれば、基本的には決まった場所にずっと設置しておくことになるので、パソコンを自宅デスクといったあらかじめ決められた場所で使用している人にも最適かもしれません。 少しでも音楽コンテンツを楽しむようであれば、PC用スピーカーが1台あるだけで全く音の臨場感が異なる世界を楽しめます。 PC用スピーカーの選び方 接続方式 まず、第一に接続方式の違いとして、大きくわけると有線接続か無線接続かという違いがあります。 有線接続のスピーカーの場合、据え置き型スピーカーとなるのでデスク周りなど決まった場所に配置することになります。しかし、音がダイレクトかつシームレスに出力されるので、再生しているコンテンツと連動して遅滞なく出力されます。 無線接続のスピーカーの場合、使うたびに線を差し込むという必要はなく接続が便利ですが、無線通信による音の遅延が発生してしまうというデメリットもあります。単純に音楽を再生するだけなら特に違和感は感じませんが、音声と一緒に映像を楽しむ動画コンテンツであるとこれが顕著に表れる場合があります。映画をみていると役のセリフが口元に動きにくらべてわずかに遅れて聞こえてくるようなイメージです。 映像コンテンツも楽しむという人であれば、有線タイプのスピーカーの方が良いといえるでしょう。 スピーカーの個数 PC用のスピーカーを選ぶなら、画面両側に配置できるようなスピーカーが2基あるタイプの商品がおすすめです。 スマホ用に無線接続でワイヤレス利用できるBluetooth接続のスピーカーを持っている人は多いかもしれません。このBluetoothスピーカーの場合、スピーカー本体は1基が基本となります。 パソコンの画面を囲うように両サイドに設置する2基スピーカーがあるタイプの商品が理想ですが、1基しかないスピーカーだとどちらか片方に寄せて設置しなければならないので、パソコン画面に向かって顔を向けると、片側からの音の再生となり音の偏りを感じるかもしれません。PC用のスピーカーであれば左右2基あるタイプのスピーカーの方が最適です。 サブウーハーの有無 2.0chのスピーカーはステレオ仕様の2基スピーカー。 これにサブウーハーを追加することにより重低音域に厚みのある音を奏でられるのが2.1chのスピーカーです。 中音域や高音域だけでなく、深みの有る低音域に出力がかかることで臨場感が増して、音楽や映像作品そのものの良さがより感じられるようになります。 ただし、サブウーハーが付属すると、デスク足下などにサブウーハー自体の設置スペースが必要になる点に注意しましょう。 PCスピーカーのサイズ パソコン画面の両サイドにおくスピーカーという特性を考えると、スピーカーサイズが大きければ良いというわけでもありません。 デスクに座りながら音楽を聴くので有れば、必然とスピーカーと耳の間の距離が短くなるので、あまりにもスピーカーサイズが大きいと、かえって音が広がる前に聞こえることになり、固い音に感じてしまうかもしれません。 スピーカーと耳の距離感やデスク上の設置スペースを考慮した最適なサイズを選ぶことをおすすめします。 スピーカーの音質 スピーカーの特性やメーカーごとに、低音域・中音域・高音域それぞれに優れたスピーカーが存在します。 フラットな音質、低音域に厚みにある音質、高音域の解像度が高い音質。 スピーカーによって異なる音質の中から好みの音質を見つけることが重要です。 スピーカーの価格 安価な商品から高価なモデルまでPCスピーカーの価格層は厚いです。 どれくらいの頻度で使用するか考慮した価格帯で考えるとよいかもしれません。 毎日何時間も使用するメインスピーカーとして考えるのであれば、それなりに高級モデルのスピーカーを導入しても良いでしょう。反対に、ほとんど使用する機会はないものの、スピーカー自体はあった方が良いと考えるのであれば、スタンダードモデルを使用するのも良いかもしれません。 筆者おすすめのPC用スピーカー「BOSE Companion 5 Multimedia Speaker System」 他にもまだある!おすすめのPC用スピーカー BOSE Companion 2 Series 手頃な価格で手に入るBOSE製のPC用スピーカーです。

PC用スピーカーの選び方 [スピーカー] All About スピーカー(パソコン用)|PCスピーカー|周辺機器・ソフトウェア|パソコン通販のドスパラ【公式】

スピーカーpc

ノートPCや一体型デスクトップPCの場合、多くのモデルにスピーカーが内蔵されている。だがiTunesやWindows Media Playerなどの楽曲管理ソフトにため込んだmp3やwmaなどの楽曲を楽しむ際に、内蔵のスピーカーではもったいない。 独自のデジタル信号処理回路によって、2つのスピーカーながら音源が持つ最大限までを出力してくれる高品質。 本体はとてもコンパクトなサイズで、デスク周りに設置するのも最適です。その小さい筐体からは想像できないような臨場感あるサウンドを実現してくれます。 スピーカー前面に音量調節つまみが付いているので、音量の調節も簡単です。 高音質な音を手頃な価格で楽しみたいという人におすすめです。 JBL Pebbles スピーカー付属のUSBケーブルをPCに挿すだけですぐに音楽を楽しめる本格派。 PCと接続したUSBケーブルによって給電され、電源コンセントが必要ありません。設置の際の自由度がかなり増します。 スピーカー自体は50mmのフルレンジドライバーを搭載し、解像度の高い音質が特徴的です。 独自の音響処理システムにより、音楽データ本来の音を余すことなく引き出してくれ、高品質な音を楽しめます。 スピーカー自体のデザインも斬新的でデスク周りのアクセントにもなります。 ONKYO アンプ内蔵スピーカー 高品位のスピーカーを手がけているONKYO製品です。 ONKYO独自技術であるTASと呼ばれる音源位置と時間軸を合わせた音源を実現してくれるスピーカー。 耳に到達するまでの時間を一致させるように、ツイーターやウーハーが制御されるので、遅れのないスムーズな音を楽しめます。 イコライザーとして、100k Hzまで再生できる機能も搭載。高音域の再生がキレイです。 また、人間の耳に聞こえる以外の音域である20k Hz超の音域に対してもノイズが圧倒的に少なくなるような構造を採用している高性能仕様です。 音楽からゲームまで多様な用途で高音質を存分に楽しめるスピーカーです。 YAMAHA パワードスピーカー スリムなデザインが特徴的なYAMAHA製のPC用小型スピーカー。 7cm口径のフルレンジユニットで、全体域の音をフラットに奏でてくれます。 バスレフポートからは、本体サイズを考慮すると十分な低音域を出力できます。 入力端子にステレオミニジャックを2つ搭載しているので、PCだけでなくテレビやスマホといった機器も簡単に接続できるお手軽なスピーカーです。 まとめ PCのスピーカーだけではどうしてももの足りないと感じてしまう音を豪華にしてくれるのがPC用スピーカー。 性能はさまざまですが、音楽や映像作品が持つ本来の迫力や臨場感を楽しむには必須のアイテムかと思います。 お気に入りの商品をぜひとも探してみてはいかがでしょうか。

【2020年版】PCスピーカーのおすすめ高音質モデル18選。高コスパモデ... スピーカーが認識されない -スピーカーがパソコンに認識されなくて困っ- スピーカー・コンポ・ステレオ | 教えて!goo

スピーカーpc

PCスピーカーをはじめ、ゲーミングデバイスやマウス、キーボードなどのパソコン周辺機器を展開しています。 PCスピーカーは、コスパに優れたモデルから2.1chタイプの高音質なモデルまで、幅広く取り扱っているのが特徴。 You TubeやDVDといった映像コンテンツをPCで観る際や、PCゲームを楽しむ際に良質なスピーカーがあると、よりハイエンドな音で楽しむことができます。 しかし、PC用のスピーカーを選ぶ際には、設置する場所や端子の種類、ワイヤレスかワイヤードかなど様々な要素を考慮して選ぶ必要があります。 今回はそんなPC用スピーカー選ぶ際のポイントを詳しくご紹介いたします。PC用スピーカーをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク PC用スピーカー選びのポイント PCをプライベートや仕事で利用される方の中には映像コンテンツなどを利用することもあるでしょう。 そうなると音声も重要になってきますが、PC用のスピーカーも商品数はかなりのものであり、その種類も様々です。 PC用のスピーカーを選ぶ際のポイントは、以下のような点が重要になってきます。 スピーカーを設置する場所から選ぶ ワイヤレスかワイヤードかを選ぶ アクティブスピーカーを選ぶ 左右分離型のスピーカーを選ぶ デジタル端子のスピーカーを選ぶ 最近のPCはスピーカーを内蔵しているものが多く、特にノートPCはその傾向が顕著です。デスクトップだと一体型であればスピーカーを内蔵しているものも多くなっています。 またそんなPCで映像コンテンツやi TunesあるいはWindows Media Playerを使用して落とし込んだ音楽データを楽しむ機会が増えています。 そんな時に内蔵スピーカーは、音質としては物足りないものとなってしまします。 そこでPC用のスピーカーを選ぶと良いのですが、上記のように選ぶポイントはいろいろあるのです。 特にPCは周辺機器も多いため、設置場所との兼ね合いやケーブルでの接続の有無、ケーブルを使う場合、信号を送る際の端子の種類など、音質を良くする上で大切なポイントになってきます。 選び方を知っていただくためにも、それぞれのポイントについてまとめていきましょう。 >>PC用スピーカーおすすめランキングはコチラ PCスピーカーの設置場所で選ぶ方法 PCスピーカーの設置する場所は用途によって変わってきます。これは大まかに分けると以下の4点になります。 パソコンの近くに設置する(2ch) 足元にウーハーを設置する(2.1ch) パソコンから離れた場所に設置する テレビと音声を共有する場合 一般的には一番上が多いかもしれませんが、音質にこだわりだすと2番目の選択肢も出てきます。 あるいはPCの周りに設置できない場合や、テレビと音声を共有する場合で選び方は変わってくるため、こちらももう少し詳しく見ていきましょう。 パソコンの近くに設置する場合 パソコンの近くに設置する場合はPCの左右にスペースがある場合、または足元に余裕がない場合に選ばれる選択肢です。 こういった場合は、PCの左右に設置できるように左右分離型がおすすめです。ただこれだと全音域スピーカーが2つとなり、低音域がカバーできないことが多いです。 もし足元にスペースの余裕がある場合は低音用にウーハーを置くことで、2.1chスピーカーを構築することで音質がさらに良くなります。 左右分離型やウーハーの追加のメリットとしては、有線、無線共に設置が可能という事です。無線はもちろんのこと、PCの近くなので有線接続でも問題なく置くことができます パソコンから離れた場所に設置したい場合 PCから離れた場所の場合、有線接続(ワイヤード)は困難となります。そのため、無線接続、特にBluetooth対応のスピーカーが必須となります。 ただ周辺にBluetooth接続の機器が複数ある場合、干渉することもあるので注意してください。 PCスピーカーの接続方法 設置場所による選び方で有線(ワイヤード)と無線(ワイヤレス)の話が出てきましたが、まさしく接続方法はこの2つに分かれます。 有線(ワイヤード)での接続 無線(ワイヤレス)での接続 それぞれメリットとデメリットがありますので、選ぶ上での参考にしていただくためにもご紹介しておきましょう。 >>Bluetoothスピーカーおすすめランキングはコチラ 有線接続のメリット・デメリット 有線接続の良いところは何と言っても確実に音声信号をスピーカーに伝送できるところでしょう。 外部の干渉を受けにくいのノイズも発生しにくく、面倒な接続設定もほとんどいらないのが良いところでもあります。 ただ有線である以上ケーブルが届く範囲でしか設置できないのはデメリットです。配線を延長するという手もありますが、インテリアを阻害するほか、引っ掛けてしまうなどのトラブルも起こりやすくなります。 無線接続のメリット・デメリット 一方無線接続のメリットはこの距離的な部分にあります。接続範囲内にあればどこに設置しても使用することが可能となっています。 Bluetooth接続であれば基本的には音質も良く、一度機器に認識させてしまえば、いつでも使用できます。 ただ先述したようにBluetooth接続の機器が周りに複数あると干渉することがあり、ノイズの原因になることがあります。 また一度認識させれば、とは言ったものの、機械が苦手な方だとやや手間になってしまうこともあるのが厄介な点と言わざるを得ません。 アクティブスピーカーとパッシブスピーカーの違いと特徴 スピーカーにはアクティブスピーカーとパッシブスピーカーというものがあります アクティブスピーカーとはスピーカー内部にアンプを内蔵したスピーカーのことで、このアンプによって音声信号を増幅し、音質や音量の底上げを行ってくれます。 一方パッシブスピーカーは、通常のスピーカーユニットの他に、音声信号を受け取る部品を取り除かれたスピーカーユニットが取り付けられたスピーカーです。 これでは音が鳴らないのではないか、と思われるかもしれませんが、エンクロージャー内部での空気振動をとらえ、その振動をユニットを通してエンクロージャー外部に伝えてくれます。 この際エンクロージャー内部の空気振動は低音域の振動となるため、結果として低音を補強する仕組みとなっているのです。 このような2つのスピーカーがある中で、PC用として採用できるのはアクティブスピーカーのみとなります。 一般的なスピーカーもそうですが、PCから直接音声信号を送る場合、アンプを間に挟まないと音量、音質共に不足した音になってしまいます。 そのためアンプを内蔵したアクティブスピーカーを購入することで場所を取らず、音量・音質共に向上することができるので適していると言えます。 価格と言う点ではアンプが内蔵されている分、アクティブスピーカーの方が高く、パッシブスピーカーの方が安く済みますが、本来の目的である音質を考えるのであれば、アクティブスピーカーが優れていると言えるでしょう。 スピーカーのch(チャンネル)数の違いと特徴 こちらも先ほど出てきましたが、スピーカーのチャンネル数の違いも重要です。 2ch 2.1ch 5.1ch以上 このチャンネルと言うのは整数値と小数値で意味合いが変わります。整数値は全音域スピーカーの数を、少数値は低音域用ウーハーの数を表しています。 例えば2.1chであれば、全音域スピーカーが2つと低音域用ウーハーが1つということになります。それぞれ特徴があるため、これも1つずつ見ていきましょう。 2ch 2chと言うことはウーハーなしの全音域スピーカーが2つであることを意味します。 PC周辺に置く場合でもご紹介しましたが、PC周りにスペースがあり、足元にスペースがない場合にはこちらがおすすめです。 音質としては高音域や低音域には弱いものの、内臓スピーカーよりは良い音質で聞くことができます。 手軽に音質を挙げたいと言う方であれば、価格も比較的安く済むことが多いので向いているチャンネル数になります。 2.1ch 先ほどの例にも合ったように全音域スピーカーが2つ、低音域用ウーハーが1つの組み合わせになります。 こちらはウーハーが加わった分、音質がさらに良くなり、特に低音がしっかりと響くようになります。 音質を気にされる方にはおすすめのチャンネル数になりますが、3つのスピーカーの配置をしなければならないのと、ウーハーは足元など低い位置に設置しなければならないので、PCの周辺、特に下にもスペースの余裕がある方向けになります。 5.1ch以上 5.1ch以上ともなると全音域スピーカーが5つ以上、低音域用ウーハーが1つと多くのスピーカーを配置することになります。 もちろん音質としては非常に良く、ダイナミックな音を楽しめるのは確かなのですが、スピーカーのポジショニングが難しいのがネックです。 これはPCだけのスピーカーではなく、テレビと兼用、もっと言えばホームシアタースピーカーをPC用にも使用する方におすすめのチャンネル数となります。 PC用スピーカーの接続端子の種類と特徴 PC用スピーカーを有線接続する場合、接続端子も気にする必要があります。PC用スピーカーの接続端子は以下の2つになります。 ステレオ端子 デジタル端子 こちらもメリットやデメリットがありますので、見ていきましょう。 ステレオ端子のメリット・デメリット PCの音声出力は多くの場合、ステレオイヤホンジャックを用いたアナログ出力を採用しています。そのためステレオ端子とはミニイヤホンジャックに挿し込む部分が細長い形状の端子になります。 接続方法は挿し込むだけなので非常に簡単というメリットがあるのですが、ノイズが入りやすいため、音質の上ではデメリットが多い端子になります。 しかし価格で選ぶのであれば多少ですが、後述のデジタル端子より安いことが多いです。 デジタル端子のメリット・デメリット デジタル端子は2つに分けることができます。 光デジタル端子 USB 光デジタル端子はPCと言うよりはオーディオ機器に良く作用されている端子であり、ノイズが少なくクリアな映像や音を楽しめることで知られています。 USB端子は言うまでもなく、PCのUSBポートを利用するものであり、こちらもノイズは少ないので綺麗な音質を楽しめます。 どちらも音質的な面でメリットがありますが、光デジタル端子はPCに端子が採用されていないことがあり、利用できないというデメリットもあるため、購入前に確認が必要になります。 またUSB端子はポートさえ開いていればPCで使うことが可能ですが、最大出力が5W程度なので、大音量には不向きというデメリットがあります。