• 記事: 24020
  • 質問に対する回答: 22145
  • コメント: 31838
  • 準備ができて答え: 20986

うさぎとかめ あらすじ 簡単

【うさぎとかめ】童話のあらすじをサクッと簡単にまとめてみた!|3分... 3歳児の絵本!物語から感性が広がるおすすめ&人気の絵本10選 [絵本] All About

うさぎとかめ あらすじ 簡単

【うさぎとかめ】童話のあらすじをサクッと簡単にまとめてみた! プライバシーポリシー 2019–2020 3分で読める! 昔話の簡単あらすじ 3歳代は、ことばが豊かになり、食事やトイレに関することも少しずつ自分できるようになっていき、自立心が育つ時期。知識欲もグングン強くなり、周りの人や物事もじっくり観察! 「何で?」「どうして?」の質問攻めの時期にも入っていきます。「こうしたら、きっとこうなる」と予測してそれをもとに行動するなんていうこともできるようになり、保育園や幼稚園のお友だちとの関係の中では、友だちと遊ぶ楽しさや、友だちの気持ちを想像する経験も積み重ねていきます。 1~2歳のまだ赤ちゃんっぽさが残る時代から、グンとお兄ちゃん、お姉ちゃんぽくなる3歳の時期。絵本でも、簡単なストーリーを追って楽しめるようになります。繰り返しからのわかりやすいストーリー展開を楽しんだり、登場者たちの気持ちを想像したり……。この頃から絵本の世界にぐっと入り込んでいく子もいます。3歳の時期のおすすめ絵本を10冊ご紹介します。 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『おおきなかぶ』。リズミカルな「うんとこしょ、どっこいしょ」のかけ声、「なかなか抜けずに助っ人を呼ぶ」が何度も繰り返された後、ようやくおおきなかぶが抜けるスッキリ感、頑張ったみんなのとびきりの笑顔。小さな子どもたちを夢中にさせてくれます。 色々な絵の「おおきなかぶ」の絵本があると思いますが、これは、彫刻家の故・佐藤忠良さんのちょっと渋い絵柄の『おおきなかぶ』です。腰の曲がったおじいさんが、なかなか抜けない大きなかぶを相手に奮闘。ひざを抱えて座ったり、大の字に寝転がったり、腕組みをしたり……。他の登場人物や動物たちの様子も、躍動感いっぱいに描かれています。犬や猫、ねずみたちの表情や、しっぽの動きにも注目してみると楽しいですよ。 【書籍データ】 作: A・トルストイ 絵: 佐藤 忠良 訳: 内田 莉莎子 出版社: 福音館書店 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『ぐるんぱのようちえん』。張り切って仕事を探し、色々な仕事に挑戦するぞうの「ぐるんぱ」。どの職場でも一生懸命に働くのですが、雇い主のニーズに合ったものを作ることができず、「もう、けっこう」と愛想を尽かされてしまいます。しょんぼりして涙が出そうになっていたぐるんぱが、ようやく、自分が生き生きとできる仕事に巡り合うまでのお話です。 ページのカラフルな色使い、ぐるんぱが次々と色々な物を作り出していく様子にワクワク! 職場を何度もクビになってどんどんしょんぼりしていく様子には心配になりますが、ぐるんぱが再び笑顔になって生き生きと仕事をする様子はとてもすてきです。最後のページの絵の中に、ぐるんぱが今まで一生懸命作ってきたものも仕事に生かされているのを見つけて一層温かい気持ちになれます。大きな体に優しそうな笑顔、いつも一生懸命なぐるんぱは、この絵本が初めて発行された1965年から、多くの子どもたちに愛され続けています。 すべての経験が今を築く『ぐるんぱのようちえん』 【書籍データ】 作: 西内 ミナミ 絵: 堀内 誠一 出版社: 福音館書店 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『どうぞのいす』。動物たちのちょっとした思いやりの気持ちの連鎖が繰り広げる、何とも温かいお話『どうぞのいす』。1~2歳の頃は物の取り合いなどが起きると、まだなかなか譲り合うことが難しいですが、3歳前後になると、我慢したり、「いいよ」と言えることもできるようになってきます。そんな子どもたちから見たら、この絵本に出てくる動物さんたちの「どうぞ」の思いの連鎖は、とてもすてきな光景に映ることでしょう。このお話の面白いところは、動物たちは互いに顔を合わせてはいないのに、後からそこに来るかもしれない相手のことを思って思いやりを残していくことで、お話が展開していくところです。 かわいらしい動物たちの仕草や表情、口に出して読むと穏やかな気持ちになる文章。繰り返しのわかりやすいストーリーの中にも変化に富んだ光景があり、飽きさせません。何度も「読んで」と言われる1冊になるかもしれません。 【書籍データ】 作: 香山 美子 絵: 柿本 幸造 出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『ルラルさんのにわ』。一軒家に、自慢の広い芝生の庭を持つルラルさん。手入れもそれはそれは丁寧で、近所の動物たちが庭に入ろうとすると、パチンコで追い払う徹底ぶり。そんなある朝、ルラルさんは、芝生に大きな丸太が転がっているのを見てびっくり仰天! 蹴飛ばそうとすると、丸太ではなくワニだという意表を突く展開。わにが怖くてパチンコも使えないルラルさんでしたが、穏やかなわにに誘われて芝生に寝転ぶうちに……。 排他的だったルラルさんが芝生のチクチク感を味わうことで価値観を変え、最後のページには、大人も歓声を上げてしまう楽しい光景が広がります。楽しいこと、嬉しいことをみんなで一緒に感じるっていいな。絵本の中のルラルさんの笑顔が伝えてくれます。 【書籍データ】 作: いとう ひろし 出版社: ポプラ社 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『そらとぶパン』。線路の上を走ってきた焼きたてのパンに乗り込んだ子どもたちと大人。野原を走り、川にかかる橋を渡り、ふわりと空に飛び立ちます。空に浮かぶ雲のソフトクリームをみんなでペロペロなめ、みんなが乗っているパンの数百倍も大きい雲の中に入って行ったら、そこには、パンでできた景色の中に、「パンでできたパンのくにのひとたち」が暮らす世界が広がっていました! チョコレートパン、クリームパン、ジャムパン、メロンパン、レーズンパンと、子どもたちが大好きなパンがページに広がります。パンの形も、おうち、くるま、おだんご、バットとボール、バナナなど、とてもユニーク。パンの国の旅では、パンでできた怪獣に食べられてしまうというドッキリのハプニングもありますが、パンの力で平和的に解決! ユニークで冒険心をくすぐるストーリー、3歳の子にはそれなりのページ数ですが、すっかり絵本に入り込んで集中して聞き入るお子さんもいることでしょう。 【書籍データ】 作・絵: 深見 春夫 出版社: PHP研究所 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『三びきのやぎのがらがらどん』。北欧民話をもとにした『三びきのやぎのがらがらどん』。大中小の3匹のやぎが、怪物トロルと対決します。3匹のやぎの機転、チームワーク、スリルあふれる局面。そして無事トロルを倒してホッとする安心感と、ユーモアあふれるラスト。昔話の王道のような展開は、やはり子どもたちにとって魅力的なようで、読み聞かせでも人気がある絵本です。3匹のやぎの名前の「がらがらどん」や、橋を渡る際の「かたこと」「がたごと」「がたんごとん」などの響きの繰り返しも味わいの1つ。小さいやぎ、中ぐらいのやぎ、大きいやぎでトーンに変化をつけて読んであげると一層楽しめます。 笑いや驚き、恐怖や心配、喜びや安心……。大好きな人に読んでもらう絵本の中で様々な感情を体験することは、徐々に広がる人間関係の中で、他者の気持ちを想像する助けにもなってくれるでしょう。 【書籍データ】 作: (ノルウェーの昔話) 絵: マーシャ・ブラウン 訳: 瀬田 貞二 出版社: 福音館書店 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『おばけでんしゃ』。「ようかい駅」を出発するおばけでんしゃに、おばけたちが乗り込みます。出発前の電車の脇で、長いふんどしを垂らした馬のおばけが、スターティングポーズ。ろくろっくびの小僧は、電車の窓から首を伸ばし、駅弁を眺めています。角の生えた小鬼は、移動販売車にある子ども向け雑誌を吟味。おしゃぶりをくわえた大きな赤ちゃんおばけに、スーツにハットでビシッと決めたがい骨も。どんな電車の旅が始まるのでしょうか!?

【童話】うさぎとかめ【あらすじ・ネタバレ】 あらすじ君 ビジネスにも活かせる 寓話からの教訓

うさぎとかめ あらすじ 簡単

【童話】うさぎとかめ【あらすじ・ネタバレ】 むかしむかしあるところに、うさぎとかめがいました。 ある時、うさぎに歩くのが遅いことをバカにされて笑われたかめは、どちらが山のてっぺんまで早く辿り着けるか勝負を挑みました。 電車は、夏の海、秋の山の紅葉、雪景色をへて、満開の桜を駆け抜けます。お話は、駅名を知らせるアナウンスと、「がたたん がたたん」という電車の音のみで展開していきます。 おばけたちは皆とても個性的で、何度読んでも新しい発見があります。このページでここにいたおばけは、次のページではここにいる。姿を変えてこんなところで遊んでいる。こんなところにもおばけが隠れている! 絵によって豊かに語られる世界に引き込まれ、「絵を読む」楽しさを存分に味わうことができます。 【書籍データ】 作: 内田 麟太郎 絵: 西村 繁男 出版社: 童心社 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『ねないこだれだ』。せなけいこさんの『ねないこだれだ』。自分が子どものころに読んで、怖くてたまらなかったという思い出を持つ方も少なくないようです。かくいう私もその1人です。大人になってから読んだ時には、「何であんなに怖かったんだろう」と拍子抜けしたものです。 夜更かししている女の子をおばけが連れていき、女の子もおばけの形になって空に上っていくという何とも怖い終わり方。怖いけれど、ちょっぴりスリルも味わいたい子どもたちの心をつかむのでしょう。人気の高い絵本ですね。「寝ないとおばけが来るよ」と脅しに使うのではなく、大好きなお母さんやお父さんの声で読んであげて最後はホッとできるお楽しみの時間にしてあげてくださいね! 【書籍データ】 作・絵: せな けいこ 出版社: 福音館書店 購入はこちらから 3歳児におすすめの人気絵本の1つ『だいすきっていいたくて』。元気いっぱいの小さなハムスターのロラが紡ぎ出す「すてきなことば」。ロラの口から「だいすきよ!」ということばが繰り返し飛び出してくる場面は、3歳前後の子でも、とびきりワクワクするようです。絵本を見ながら親子で「だいすき!」を繰り返し発していると、さらにワクワクした気持ちになります。 自分も周りも嬉しくなることばを口に出して伝えると、笑顔や幸せが連鎖していきます。子どもの「大好き」の気持ちは大事に育んであげたいものです。ロラの様子は読み手の大人には、「小さな子が思いを伝えるってエネルギーの要ることなんだな」と気づかせてくれます。おしゃべりが上手になってきたお子さんの色々なことば、引き出してあげたいですね! 素敵な言葉、誰に伝える?

「うさぎとかめ」の教訓は3つあった!?あらすじも紹介! 生き物当... 童話【浦島太郎】のあらすじ&衝撃裏ストーリーを簡単カイセツ! | senderofview

うさぎとかめ あらすじ 簡単

「うさぎとかめ」のお話は誰もが知っている童話です。 これはイソップ童話で有名なお話ですね。 童話にはどれにも意外と深~い教訓があります。 子供に聞かせる為でもありますね。 そこで今回は「うさぎとかめ」の簡単なあらすじ、教訓などをおさらいしましょう。 二人の商人が別々に峠道を登っていた。焼けつくような暑さの中、重い商品を山ほど背負って 険しい坂を登っていくのは、本当に苦しいことだった。 途中、木陰に荷物を下ろして休んでいると、一人の商人が汗を拭きながら嘆いた。 「本当にこの山がもう少し低いといいんですがね。稼業とは言え、 こうも険しい坂を登るんでは、いっそ行商をやめて、帰りたくなりますよ」 これを聞いたもう一人の商人も額の汗を拭きながら、にっこり笑ってこう言った。 「私はこの山がもっともっと、いや十倍も高くなってくれれば有難いと思います。そうすれば たいていの商人はみな、途中で帰るでしょう。そのときこそ私は一人で山の彼方へ行って、 思うさま商売をしてみたいと思います。この山がまだまだ高くないのが、私には残念ですよ」 どんな仕事にも、その仕事特有の苦労がありますが、「キツイ、大変、面倒くさい」と、 その仕事に就きたくないと思う人が多ければ、多いほど参入障壁になり、 それが逆にことの教訓です。 靴の製造会社の経営者が南の孤島に靴の市場が存在するかどうか知りたくて、 一人のセールスマンを派遣した。その男は、現地の様子を見てすぐに電報を打った。 「島の人間は靴を履いていません。よってここには市場は存在しません」 納得のいかない経営者は別のセールスマンを派遣した。その男からの電報は 「島の人間は靴を履いていません。よってものすごい市場が存在します」 これにも納得いかなかった経営者は、さらに別のセールスマンを派遣した。 彼からの電報はこうだ。 「島の人間は靴を履いていません。そのため彼らの足は傷つき、あざもできています。 私は部族長に靴を履くようになれば島民は足の悩みから解放されると説明しました。 部族長は非常に乗り気です。一足10ドルなら島民の70%が購入するとのことです。 おそらく初年度だけでも5000足は売れるでしょう。輸送費のコストを差し引いても 大きな利益が生まれる可能性のある事業だと思われます。早急に話を進めましょう」 すこぶる模範的な修行僧がおり、王は次のように言った。 「褒美をとらせる。なんなりと望みのものを申せ」 彼は「何とぞ、私に土地をください。そこに一棟の寺を建ててくださりませぬか」と お願いした。王はさっそくその願いを受け入れ「では、お前がかたときも休まずに走り続けて、 行き着いたところまでをお前の寺院の土地として進ぜよう」 彼はこれを聞くと、直ちに身軽な服装で走り始めた。終日休むことなく走ったので徐々に 疲労を覚えた。しかし、一寸でも余計に土地が欲しかったので、へとへとになりながらも、 なお走ることを止めなかった。最後には一歩も足が出ず、ついには地上に倒れこんでしまった。 それでも地にふして、転げたり、這ったりして前に進んだ。もう一歩も進めなくなったので、 彼は手に持った杖を前方に投げて「この杖の行きついたところまでが俺の土地だ」と叫んだ。 何かを手に入れてしばらくすると、それが当たり前になってしまい、次に「もっと」に向かう。 人間の「もっと、もっと」は果てしなく、欲望に一定の歯止めをかけ、度を超すことなく、ほどよく節制することの教訓です。 一度は山に登ってみたいと思っていたカエルが10匹集まった。 みんなで一緒に登ろうじゃないか、ということになり、山のふもとに集合した。 しかし、見送りにきた仲間たちはみんな野次を飛ばすばかりだった。 「登れっこないだろう!行くだけ無駄だぜ、やめとけ、やめとけ」 それでも10匹は出発し、びょこぴょこと小さい足で跳ねながら、山に登っていった。 やがて中腹に指しかかったところで、ウサギたちと出会い、 「頂上に登る?無理だ無理だ!この山はすごく高いんだ。そんな小さい足で登れるわけないよ!」 これを聞いて、すでに疲れきっていた5匹はそこで諦めた。 残った5匹の前には、いっそう険しい上り坂が待っていた。 やがてモミの樹海に入ると、こんどは野ネズミと出会い、 「頂上まで行くなんて、カエルさんたちには無理ですよ。あまりにも無謀です。 とんでもないですよ!」と野ネズミたちも口々に叫んだ。 そこで2匹のカエルが諦め、残った3匹はなおも進み、 ほんの少しずつではあるが、とにかく頂上を目指して進んで行ったのです。 ぴょこん、ぴょこん、と少しずつ。 やがてこんどは高山のヤギたちが現われ、カエルたちの様子を見て笑いました。 「もう下りたほうがいいんじゃないのか?その調子じゃあ、ひと月かかったって頂上に 着きゃしないだろ」 ここでまた、2匹が脱落した。これで残ったのはたた1匹になってしまった。 しかし、この1匹は、それからずいぶん時間をかけて、とうとう頂上にたどりついたのだ! その1匹が無事山を下りてくるのを待って、仲間たちはいっせいに聞いた。 「いったいどうやって登りきったの?」 でも、そのカエルはただひと言、 「何?

『うさぎとかめ』のあらすじから学ぶ人生の教訓☆彡『うさぎとかめ』の...

うさぎとかめ あらすじ 簡単

『うさぎとかめ』のあらすじを覚えていますか? 『桃太郎』、『赤ずきんちゃん』、『うさぎとかめ』、『シンデレラ』など、子供の頃昔話や童話、イソップ物語など絵本で読んだり、読み聞かせてもらった記憶があるのではないでしょうか。 」と聞き返しただけだった。 そこで仲間たちはもう一度大声で聞いた。 「どうやってこんな快挙を成し遂げることができたんだい?」 すると、そのカエルはまたしてこう聞き返した。 「何?何?何?」 実はそのカエルは耳が聞こえなかったのだ! 何かを行動する時に周りの声がブレーキとなりそれが障害となって行動が止まります。 「やめろ、無理だ、できない、無駄だ、諦めろ」こんな言葉を発する人は、あなたの身近にいな いでしょうか?

ビジネスにも活かせる うさぎとかめの教訓

うさぎとかめ あらすじ 簡単

うさぎとかめのあらすじ. 子供の頃、一度は見聞きした日本人なら誰でも知っている代表的な単純な童話ですが、 そこにはビジネスで活かす大切なポイントが隠されています。 イソップ童話で世界中で有名なうさぎとかめですが大人になった今、

ウサギとカメ - Wikipedia

うさぎとかめ あらすじ 簡単

あらすじ. ある時、ウサギに歩みの鈍さをバカにされたカメは、山のふもとまでかけっこの勝負を挑んだ。かけっこを始めると予想通りウサギはどんどん先へ行き、とうとうカメが見えなくなってしまった。

うさぎとかめのあらすじと教訓!思い込みの怖さ。

うさぎとかめ あらすじ 簡単

うさぎとかめのあらすじ ある日、うさぎとかめがケンカをしていました。 うさぎはのろまなかめよりも自分の方が走るのが早いと主張するのです。 ですので、かめは、「ここからあの丘を越え、畑の横を通りすぎて、荷車まで、競争をしよう!」と言い ...

「ウサギとカメ」が本当に伝えたい事とは。教訓を考察!あらすじや続...

うさぎとかめ あらすじ 簡単

誰もが1度は読んだことがある「ウサギとカメ」の物語。実は続きがあったり、別のストーリーがあったりすることをご存知でしょうか。この記事では、定番のあらすじを簡単に紹介したうえで、目新しい物語と教訓を解説していきます。大人も楽しめるおすすめの絵本も紹介するので、ぜひ ...