• 記事: 26741
  • 質問に対する回答: 30769
  • コメント: 24899
  • 準備ができて答え: 24268

くつざわ亮二

くつざわ亮治豊島区議会議員 - YouTube くつざわ社員探訪記 三井住友銀行 前編

くつざわ亮二

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 企業分析において、非常に効果的である社員訪問。実際に働いている社員を訪問し、リアルな仕事の話を聞くことで、働くイメージを具体化することができます。 しかし、「社員訪問の際に何を聞いたら良いのかわからない」という方や、「地方に住んでいてなかなか希望の会社を訪問できない」という方も多いのではないでしょうか。 そんなお悩みを解決するべく、現役大学生がさまざまな業界の会社へ社員訪問を行う新企画をスタートします。 本企画で社員訪問をするのは、今年21歳を迎える、まさに就活生世代ど真ん中の女子大生マーケター・くつざわさん。 第1回目の訪問企業は、就活生の注目度が高いメガバンクの1角、三井住友銀行です。 くつざわさんの視点をとおして、三井住友銀行のスタンスや就活生にもってもらいたい視点について、詳しくお伺いしました。 20歳の女子大生マーケター。2019年春、Twitterに投稿したシュールなあるあるモノマネ動画をきっかけに3日間で5万人フォロワーが増加。「令和最初のバズ」を起こし、世間からの注目を集める。以降、若者世代の目線と、バズを生み出したSNSマーケティングの知見を活かし、業界を問わず様々な企業への、企画参画を中心に活動している。最近の関心事は観光業の盛り上げ。「観光業界がもっと盛り上がる何かをしたいな〜何しようかな〜」と思案中。なお、現在モノマネは中止している。 note:(https://note.com/kutsuzawa_dayo) くつざわさん あ!ボールペン!!!!!!私さっき、京都で買ったばかりのお気に入りボールペンをなくしていて絶望してたんです。本当にありがとうございます……! SMBC齋藤さん こんなにボールペンで喜ばれたこと初めてです(笑)。 無事にペンも手に入り、いよいよ社員訪問本題に入ります。 三井住友銀行を受ける際にはどのような準備をしておくべきなのか、実際の銀行員の業務内容や、就活で三井住友銀行を受けるうえで知っておくべきポイントと、就活をしていた際に心がけていたことや、齋藤さんの就活生時代のお話も伺いました。 くつざわさん 早速なんですけど、斎藤さんはどのようなお仕事をされているのでしょうか? SMBC齋藤さん 2016年から人事部の採用グループにいます。新卒採用の担当をしていまして、就活生の皆さんと会うことが一番の仕事です。 わかりやすい業務例としては、会社説明会のセミナー内容の企画や登壇、本選考の面接官の担当とかですね。最近はインターンシップの内容を考える企画業務も行っています。採用業務では採用ホームページを制作するなどのWebマーケティング的な仕事も発生するので、そういう仕事も担当していますね。 くつざわさん Webマーケティング!人事のお仕事って多岐に渡るんですね。知らなかった……。 9年目とお伺いしたのですが、現在のポジションになるまでにジョブローテーションなどはあったのですか? SMBC齋藤さん そうですね、2回異動を経験しています。最初2年間は渋谷の法人営業部配属で、営業をしていました。私は渋谷近辺のお客さまを担当していて、業界業種でいうと、IT系企業やアパレル、ベンチャー企業の会社さんなどを担当していました。 銀行の法人営業の業務内容は、ご融資などのお金が関わる課題の解決はもちろんですが、さらに視野を広くし、企業経営全体の中で課題解決を行いお客さまの役に立つことですね。 2年目が終わったときに初めての異動があり、グループ会社の経営管理を行う部署に入りました。SMBCは位置付けとしては、三井住友フィナンシャルグループの100%子会社。フィナンシャルグループ内にはほかに、三井住友カードやSMBC日興証券など、いろいろなグループ会社があるんです。フィナンシャルグループの会社が一体となって経営できるよう、経営の施策をいろいろ考える仕事を3年半行い、その後2回目の異動で今の人事部採用担当になったという流れです。 くつざわさん 「SMBC」って付く会社さんってたくさんありますもんね。全体で一体感持って経営できたらすごく強いビジネスになりそう。 SMBC齋藤さん 本当におっしゃるとおりで、グループ一体となった経営・業務の推進に今すごく注力しています。 15年くらい前だと、グループ全体で銀行業務がもたらす収益が9割超えていたんですね。でも、今は銀行業務がもたらす収益はグループ全体の5割に満たないくらいなんですよ。銀行業務以外の会社も収益が増えてきていて、具体的に言うと証券やカード、リースなどの金融子会社がすごく好調なんです。だから、もともと強かった銀行と、今勢いのある金融子会社とが一体となったグループ経営というものを、グルーバル経営と同じくらい大切にしていますね。 くつざわさん 齋藤さんはもとから銀行業界に興味があったのでしょうか? SMBC齋藤さん 私はもともと出版社や広告会社を受けていたんです。クリエイティブ系の仕事に興味があって、就活の後半ぐらいまで、その道に行こうかなと思っていました。なので金融業界はSMBCしか最終的に受けていません。 くつざわさん そうなんですか!?

くつざわ亮治 豊島区議会議員 - niconico(ニコニコ) くつざわ社員探訪記 三井住友銀行 後編

くつざわ亮二

くつざわ亮治 豊島区議会議員さんのユーザーページです。くつざわ亮治 テレビ改革党代表 東京都豊島区議会議員 獣医師 > テレビ改革党の政策 nhk無料化 民放地上波50チャンネル実現 消費税廃止 外国人参政権反対 女系宮家反対 憲法改正 もともとクリエイティブ系の業界をみていたのに、なぜ最終的にSMBCに決めたんですか? SMBC齋藤さん クリエイティブ系の企業を受けてはみたものの、実はどの企業もあまりしっくりこなくて。モヤモヤしていたときにたまたま大学の先輩の誘いがあり、SMBCの社員・OG訪問イベントに参加してみたんです。それで実際に行ってみたら想像していた銀行のイメージと全然違っていて。 金融、特に銀行って個人でも法人でも絶対使うじゃないですか。日常生活から経済活動まで、金融インフラとして世の中に関われるそのスケールの大きさに惹かれたんですよね。 くつざわさん 個人から企業まで、経済活動全体に関わりますもんね。 SMBC齋藤さん そうなんですよ。金融インフラとしての務めにすごく惹かれて。銀行で大きな仕事ができたら、世の中に大きなインパクトを与えられるんじゃないかな、と思ったんです。 「消費者として好きなこと」ではなくて、「自分自身が仕事としてやりたいこと」を考えたときにSMBCの業務内容と世の中に与えられるインパクトにしっくりきたのでSMBCに決めた感じですね。 くつざわさん 言ってることがかっこいい......。私もかっこいいこと言えるようになりたい......。 なぜほかの銀行は受けなかったんですか? SMBC齋藤さん イベントでSMBCの行員と会ったあと、ほかにも何人か行員と会ったんです。そこで出会ったSMBCの人たちが、個性的な人が結構多くて……変わっている人というか……(笑)。それがすごく魅力的に映ったんです。 くつざわさん え!全然そのイメージはなかったです! カチッとした人が揃いまくってるようなのを勝手に想像してました......。 SMBC齋藤さん やっぱりそうですよね。銀行は数百人規模で採用しているからか、スーツをバチッと着た似たようなタイプの人が集まっていると思われがちなんですよね。金太郎あめみたいな(笑)。 くつざわさん 金太郎あめ(笑)。例えが秀逸過ぎる。私の語彙リストに入れておきます。 SMBC齋藤さん 僕が就活をしていた時代も、SMBCは行員訪問の機会をたくさん作っていたんですけど、実際に会って話してみると会う人会う人みんな全然違うタイプで。 行員訪問に参加する従業員は、人事から「こういうことを言ってください」と言われて、それに沿って話をされるのかなとか思ってたんですけど、「自分はどんな思いを持って仕事をしているのか」とか、自己開示して話してくれる行員がたくさんいたんですよね。 実際に入ってからも、行員訪問で感じた印象とおりで。弊行の行員がSMBCを表現する際に、「動物園みたいな会社」という人もいるくらいなんですけど、そのように個性的な曲者揃いがうちの銀行の特色かなと思っています。 自分が個性的なのかどうかはわからないんですけど、行内に個性を持っている人がたくさんいるところがいいなと思って。就活生の当時、「ここだったら僕も個性を伸ばしながら、伸び伸びと働けそう」と感じてSMBCに決めましたね。 くつざわさん SMBCを受けていた際に、選考のときに意識していたことや工夫していたことはありますか? ​​ SMBC齋藤さん 当時はSMBCに限らず、受ける企業に合わせて自己PRの準備をしていたんです。活発そうな会社を受けるときは課外活動を積極的にアピールするとか、面白さが求められそうな会社を受けるときは印象にどうやって残るかを考えたりとか。でも今採用を担当する立場になって考えると、こういうのってイマイチだなと思っています。 少し脱線しますが、選考って、その人の「人となり」を知るのがすべてだと個人的に思っています。ですが、30分から1時間程度の面接でその人の「人となり」すべてを理解しきるのは正直に言って難しい。 なので、企業、面接官によって、面接では見る観点を絞っている、変えていると思います。価値観が一致する、雰囲気・文化が合うであったり、今までに挫折した経験を聞いて仕事でどんなことがあってもへこたれない精神的な強さを見る、とか。 面接で聞かれる内容として過去の質問が多いのも、その人の決断・思考の癖や人間性、モチベーションの源泉を知る為にしているんです。 ですから、事前にいくらこの会社に対してはここをPRしようと準備しても、空振る可能性が非常に高い。だからこそ、聞かれたことに対してしっかりとありのままの自分を伝えるほうが重要だと思います。 自己PRを個別に対策練って作るのではなく、自分の輪郭を確実に把握すること、具体的には自己分析に時間を割くべきだと思いますね。 くつざわさん 価値観とかを見るための質問なんですね。面接の答えって、今まですごいことしてきましたアピールに繋げないといけないのかなとか少し思ってました。 SMBC齋藤さん そうですよね。なので就活生の皆さんに選考前に意識してほしいこととしては、すごくシンプルに、本当の自分はどんな人間なのかを自己分析して、しっかり深掘ったうえで、ありのままの自分で選考に行くのがいいと思います。自分を会社に合わせる必要は全くないですね。 「自分はこういう人間なんです」というのをしっかり伝えられる状態で面接する。そのための自己分析であって、それ以上でも以下でもないんです。 そもそもの部分で、自分がどういう人間かっていうのをしっかり自分で理解することがとても難しいんですけどね。 SMBC齋藤さん めっちゃ痛い人に仕上がる(笑)。 くつざわさん すいません、拾わずにはいられなかった……(笑)。 「自分はこういう人間だ。」と伝えられるところまで自己理解を深められれば、会社に合わせ過ぎて自分を見失うこともなくなりそうですね。ふたを開けたら自分と合わない会社でしたみたいなことも減りそう。 SMBC齋藤さん そうなんですよ。面接官は、先ほど言ったような観点で、会社に合うのか、合わないかのかを見る。就活生も面接官との会話の中で、自分に合ってそうかを知る。面接ってそういうお互いのマッチングの場所だと個人的には捉えています。 会社に合わせて受け答えをして、仮に入社したとしても、入ってから不幸になる可能性が上がってしまうだけなので、それはやめたほうが良いと思いますね。自分と向き合って自己理解を深めることが一番重要だと思います。 くつざわさん ちょうど今くらいの時期だと、SNSを見ていても、就活のテクニックを発信してるアカウントがたくさんあるじゃないですか。最近私が見た内容だと、「面接会場までどうやって来たんですか?」っていう質問に対して、「私は電車で◯◯駅から来ました。所要時間は〜」みたいに簡潔に答えろみたいな。そのときも、それに対して、『ここまではさすがにしなくていい』っていう企業側の意見がたくさん見受けられて。 テクニック本などには書かれていないリアルな部分、大切なことが他にももっとあるんですね。 SMBC齋藤さん そうですそうです! 普段の雑談でも、「今日どっから来たの?」みたいな会話するじゃないですか。それと同じなんですよ。そういう質問はただのアイスブレイクでしかないので。 なので、「はい。私は〜」みたいな感じで返されちゃうと、「違う違う、まだそのテンションじゃないんだよ!」みたいな(笑)。 くつざわさん (笑)。じゃあ素直に自分のこれまでの経験とか、そのときの感情とかを繕いすぎずにしっかり端的に自分の言葉で伝えられるようにするっていうのが大切なんですね。 くつざわさん ほかに選考や就職活動において気をつけるべき点は何ですか? SMBC齋藤さん 選考の面接を受けていて、もし「面接のときにちゃんと話せなかったなぁ」とか思ったら、それは就活生のせいではなくて面接官のせいなので。そこはあまり気にしないほうが良いと思います。 くつざわさん そうなんですか!?

くつざわ亮治の経歴や学歴などプロフィールは?画像や動画もチェック... 【写真】鬼バズった女子大生「くつざわ」さん Twitterの奇跡が生んだ幸/不幸 - KAI-YOU.net

くつざわ亮二

くつざわ亮治議員の経歴などプロフィール . 豊島区政策部に要望書を提出しました。 gdp比85%(好況の米国でも34%)に達する異常な規模の企業内部留保金を、少しでも賃金として吐き出させる政策をお願いしました。 企業研究において、非常に効果的である社員訪問。社員のもとをに訪問し、リアルな仕事の話を聞くことで、働くイメージを具体化することができます。 しかし、「会社訪問の際に何を聞いたらよいのかわからない。」という方や、「地方に住んでいてなかなか希望の会社を訪問できない」という方も多いのではないでしょうか。 そんなお悩みの解決のための企画、現役女子大生のくつざわさんがさまざまな会社を訪問し、行員さんからお話を伺う「くつざわ企業探訪記」。 今回は前回に引き続き、三井住友銀行の齋藤さまにお話を伺った様子をお届けします。 後編では、社風や他行との差異、三井住友銀行が今後力を入れていきたい領域など、銀行業界に興味がある就活生が知りたい内容をさらに深ぼっていきます。 ※前編は 20歳の女子大生マーケター。2019年春、Twitterに投稿したシュールなあるあるモノマネ動画をきっかけに3日間で5万人フォロワーが増加。「令和最初のバズ」を起こし、世間からの注目を集める。以降、若者世代の目線と、バズを生み出したSNSマーケティングの知見を活かし、業界を問わず様々な企業への、企画参画を中心に活動。最近の関心事は観光業の盛り上げ。「観光業界がもっと盛り上がる何かをしたいな〜何しようかな〜」と思案中。なお、現在モノマネは中止している。 noteはこちら(https://note.com/kutsuzawa_dayo) くつざわさん 三井住友銀行さんで活躍されている方ってこんな共通項あるよ!みたいなのってありますか? どんな仕事任されているのかとか、仕事に取り組むうえでの考え方とか。 SMBC齋藤さん 就活のタイミングだから、入社5年目〜10年目くらいまでの行員の特徴のほうがイメージしやすいですよね。何だろう。 SMBCで言うと、3~5年目くらいのタイミングで1回目の異動があって、1年から2年くらい働いているくらいの時期ですね。だから2カ店目※に入っている感じですね。 私で言うと渋谷で2年間働いて、その後グループ会社の経営管理をやっていた時期です。1カ店目の社会人生活は日々新しいことを吸収していく感じだったんですが、2カ店目で1~2年働いているタイミングだと、自分の仕事に没入して深めていくフェーズだと僕は思いますね。 「この領域で僕は一番詳しくなれそう」みたいな領域と出合って、そこを極めていく。そういう状態になっている人が活躍しているかなと思います。 一方で10年目になると、3カ店目の人もいれば2カ店目の人もいて、結構バラバラなんですけど、共通している必要なスキルは、より会社全体的な視点で物事を考える力だと思うんですよね。 5年目は深掘って自分の専門分野を作っていくのに対して、10年目は専門分野を武器にして、視野を会社全体に広げていくフェーズかな。 僕は9年目で今SMBCの新卒採用としてやっていますけど、新入行員として入ってもらった彼らが、後に事業を作っていくわけで。そうなると採用の仕事をする段階で、会社全体の事業計画を知らないといけないですし。加えて、自社の採用や人材だけではなく、ほかのグループ会社の採用状況も知っておかなくてはいけない。自分ならではの視点で視野を広げていったり、全体的な視点を持ったりする人が、活躍しているんじゃないかなと思っています。 くつざわさん 入ってから最初の配属でたくさん吸収して、まずは一人前のビジネスマンになる。1回目の異動で自分の専門領域を見つけて深めて、2回目の異動で自分なりの専門領域を活かしながら全社的な視点を持って働くという感じなんですね。 SMBC齋藤さん そうですね。10年目になるともう結構ちゃんとした大人ですよね、世の中からすると。 だから視野は広くならないといけないフェーズではあると思うんですよね。 くつざわさん なるほど。人生経験も豊富で、視野も広い。だから30歳くらいってかっこいいんですね。私個人としては30代が一番どストライクです。みんなわかってくれませんが。 SMBC齋藤さん 好みは人それぞれですからね!(笑) くつざわさん すみません、脱線してしまって(笑)。次の質問いかせていただきます。 くつざわさん 実際に入ってみて、入行前後でギャップってありましたか? SMBC齋藤さん ギャップはそんなになかったですね。さっきの話になってしまうんですけど、行員と結構会っていたので。 くつざわさん いろいろ個性的な人がいらっしゃって。 SMBC齋藤さん そうですそうです 。結構そのままでした。 う~ん、でもギャップかぁ、なんだろう……。事業の話になるんですけど、僕が入る前後の時期から、事業環境が結構大きく変わり始めたんですよね。 そのあたりから積極的に新規事業や新しいビジネスを創っていこうとしていたので、「あ、銀行でもいろいろチャレンジできるんだ」というのは新しい気づきと言うか、良い意味でギャップはありましたね くつざわさん 確かにいろんな分野に事業を展開していくイメージはあまりなかったです。 SMBC齋藤さん そうですよね。銀行にはそのイメージはないじゃないですか。シンプルにお金を集めて、貸すといったイメージが強いですよね。 でも今は、本当にいろいろやっているんです秋田県に農業法人を持っていたり。 くつざわさん え、農業 ? SMBC齋藤さん そうなんですよ、一番意外な例で言うと。 あとは、企業のお客さまと共同して新しい事業を作ったり。ほかにも、ベンチャー企業と一緒にビジネスをやっています。 社内の話だと最近、37歳で子会社の社長になる人が出てきて、どんどんやっていることが変わっているんですよ。これも結構個性的な人が集まっていて、チャレンジできる文化だからこそできているのかなって思うんですよね。 くつざわさん 入行されると、皆さんが対応していくと言うか、順応していくんですかね。 SMBC齋藤さん あとやっぱり世の中で起こるビジネスや経済の変化の兆しを捉えて自分から変えに行くのがすごく大事かなと。環境変化が起きるのを待ってから動くのだと、どうしてもワンテンポ遅くなってしまうじゃないですか。「時代が変わるんじゃないか」といった兆しを掴んだら、フットワーク軽く動ける人が多い社風ですね。 くつざわさん 感度が高い方が多い。 SMBC齋藤さん そうですね。1つ前の活躍している人の共通項の話に戻ってしまいますけど、日頃から世の中の動きにアンテナを張っている、感度の高い人は活躍しています。 くつざわさん そうなんですね。 もうちょっと会社全体の社風とかについてお聞きしたいんですけど、どんな人が多いとか特徴ってありますか? SMBC齋藤さん 全体的に自己成長意欲が高い人は多いですね。あとは貢献欲……SMBCでは当事者意識ってよく言うんですが、「自分がこの仕事の最終責任者」という気持ちで仕事をやる人は結構多いと思います。 このマインドは、入社してから叩き込まれるんですよ。なので、行員全体として、その意識が身についてるんじゃないかな。なので、自分の意見を持っている人が多いですね。 くつざわさん ドラマの世界じゃないですけど、自分の意見をバーンと言ったときに、「いやお前は黙って言われたことをしろよ」とか、そういうのはない。 SMBC齋藤さん ないですね(笑)。上が決めたことだけを下がやるみたいなことはありません。 むしろ今って環境変化が激しいので、誰しも絶対これが正解だ、という答えを持っていない世の中じゃないですか。なので各担当者一人ひとりが自分の考えを持って行動し、決断する。上司は部下の決断に対して、責任を持つ。こういう構造じゃないと企業として上手くいかないです。 くつざわさん ほぁ〜...…確かにそうですね......。 1つ思ったのが、行員の皆さんが個性的だからこそいろいろな考えがあるわけじゃないですか。その中である程度すり合わせないといけない部分もあると思うんです。そこで、なんか嫌な言い方ですけどギスギスすることががあったら嫌だなってちょっと不安になったんですけど。 SMBC齋藤さん う~ん、ギスギスした雰囲気は感じたことはないですね。でも、一人ひとりが当事者意識を持って仕事をしているので、もし手を抜いたり、適当な仕事をしたりしたら、周りから突っ込みが入る、といったようなある程度の緊張感はあるかもしれないですね。 意思決定をする際も、みんなで本気で考えて、各々の考えを出し合うじゃないですか。で、「誰主体でやる?」となったときに、一番そのプロジェクトに熱い思いを抱いている人の意見が採用される。そして、その人が責任を持って最後までやり切る気持ちで走るし、もし難しそうだったら周りも同じくらいの責任をもってボールを前に進める。ラグビーみたいなイメージですかね。 くつざわさん 友達から聞いた話ですけど、SMBCは熱い人が多い、みたいな噂を聞いたことあります。 SMBC齋藤さん それは当たってますね。「責任持って自分がやる!」という熱い人は多いかなと思います。 くつざわさん せっかくの機会なので、三井住友銀行さんを受ける就活生が気になってそうなこととか、噂とかを聞かせていただいてもよろしいですか? SMBC齋藤さん もちろんです! 全然良いですよ。 くつざわさん ありがとうございます! これいろんな就活生から何回も聞かれていることだとは思うんですけど、メガバンクの中での違いってどこにあるのでしょうか? SMBC齋藤さん 正直に言って、「就職活動という場でわかる範囲」において、メガバンクの業務自体はそんなに変わらないと思うんです。もちろん、事業戦略上の差異はありますよ。海外進出先の違いとか、グループ会社ごとの収益の違いとか、細かく見たら違うところとかたくさんあります。でもそれってほとんどの就活生にとって、自分が企業選びをするうえで、最後のポイントになるかって言われたらならないと思うんですよね。 くつざわさん よっぽどその国やその事業に思い入れがあるとかではない限りあまりないですよね。 SMBC齋藤さん そうそう。そうなると、やっぱり人の部分が一番大きくて、重要な差異になると思うんですよね。事業戦略は変えようと思えば変えられるんですけど、人とか企業の価値観とか、会社のコアの部分ってそう簡単には変えられないじゃないですか。 だからこそ、どこの雰囲気が自分の価値観と合致するかが大事だと思うんですよね。 ​​ くつざわさん だから行員と会う機会をたくさん作られているんですね。私はまだ就活してないからわからないんですけど、就活生が自分と会社の相性を確認するには、お会いしたときの雰囲気で感じ取ってほうが良いんですか? それとも自分から質問して明らかにしていったほうが良いんですか? SMBC齋藤さん そこはどっちでもいいかなと思うんです。雰囲気でもわかるところは結構あると思うので。僕は就活生のときにある会社にOB訪問させてもらって、「ちょっと違うかな」とか、逆に「あ、いいかも」とかの判断は、雰囲気で感じていたんですよね。ヒトは言語で思考する生き物ですから、考え方って言葉に絶対出ると思っています。言葉のちょっとした表現とか、単語の用い方で価値観ってわかると思うんですね 。特に学生さんはその辺敏感だと思うんです。ちょっとした言葉から「イキイキ働いてなさそうだなぁ」というのは感じられるものですよ。 くつざわさん 直接会うことで感じ取れるんですね、そういうの。 文面とかだけでは100%の理解はできないですよね。 SMBC齋藤さん 100%はわからないと思います。 くつざわさん やっぱり会って話すとありのままの雰囲気がわかるんですね。 あとこれ就活生すごく気になってると思うのが、金融の選考はスタンプラリーだから説明会とかイベントとかは全部参加したほうがいいって聞いたことあるんですけど、それって本当なんですか? SMBC齋藤さん でた!!!(笑) これは声を大にして言っておきたいんですけど、少なくともSMBCはセミナーの出席チェックはしていないです! 金融は説明会に行った回数を数えられたりしてるんですか?って結構聞かれるんですけど、絶対に数えないですし、イベントの回数も多いし一人ひとりカウントしてたらキリがないので現実的に考えて不可能です(笑)。 くつざわさん やっぱ都市伝説なんか......就活怖ぇ〜〜〜! SMBC齋藤さん もしかしたら本当にカウントしている会社もあるかもしれないんですけど、うちは少なくともしていないです。なので、授業に行かないで説明会来る学生がいると、大学側にも迷惑かけてしまうので、授業は優先して出てほしいです。 くつざわさん 私もちゃんと大学いかなきゃって思いました……。 SMBC齋藤さん (笑)。ちゃんと行ってください。 くつざわさん はいとしか言えない……。 最後になんですけど、就活生に向けてひと言いただけますでしょうか! SMBC齋藤さん はい! 締めですね。 就活生の皆さんにお伝えしたいことは、 今、世の中いろんな働き方があるじゃないですか。仕事の種類もたくさん増えています。それこそくつざわさんみたいに、フリーでお仕事されている方もいるわけで。 なので、そのうえで改めて会社に入る意味や、さまざまな業界・業種がある中で、A社、B社を選んで志望する理由というのもしっかり考えなくてはいけなくなってきていると思います。 語弊を恐れずに言うと、昔はお金のために働いていたら良かったのですが、今ってお金は様々な手段で得られる。そのうえで自分の価値をいかに発揮できるか、会社に属するんだったらその会社の価値観に共感できるか、というのを見極めないといけない。なので、数年前の就活より考えることが多岐に渡ってるし、大変だろうなと思います。 就活の傾向が変わってきているからこそ、大人もこれが正解っていう答えを持ってないんですよ。厳しいこと言うかもしれないですが、誰かからの答えを待っていても誰も方針なんて示してくれません。限られた情報をもとに就職先を「自分で決める」のも、大事なことかなと思います。 だからこそ、自分としっかり向き合って自己理解に全力を尽くしてください。そして、自分に合う企業を見つける為にしっかり情報収集も頑張ってください。 最後の部分でオーダーが多くなって申し訳ないですが、自分に自信を持って就職活動を楽しんでいきましょう! くつざわさん ありがとうございます! たくさんリアルな情報がお聞きできたので就活生もきっと狂喜乱舞じゃないでしょうか。 SMBC齋藤さん (笑)。就活生の皆さんを心から応援しています。 くつざわさんも今後のさらなるご活躍を応援しています! 頑張ってください! くつざわさん わああ!ありがとうございます!頑張ります。 本日はお忙しいところお時間割いてくださり本当にありがとうございました。 私は正直、就活は自分の安定のために行うものとして考えていたくらいでした。‬‬ ただそれだと「会社を利用して自分を安心させようとしている」ような感じがしていたので、本気で会社の方針と自分の出来ることが合致したところがあれば就活を考えよう.

くつざわ亮治のwikiプロフ!出身高校や大学は?ユーチューバーの経歴... くつざわ モノマネ女子大学生!ツイッターでバズるが炎上し泣いた! | ハルスタイル

くつざわ亮二

くつざわ亮治氏は逮捕歴がある. くつざわ亮治氏は逮捕歴があります。 それは、遡ると2011年11月に闇サイトで無許可で注射器を840本を56700円で販売したとのこと。このときは福島県いわき市錦町に動物病院を自営したようですが、薬事法違反で逮捕されます。 「3日でフォロワー5万人増えたらコンテンツとして見られることが増えた」。SNSが浸透した現代だからこその実情を明かすのは、普通の女子大生でありながら、文字通り3日でTwitterのフォロワーが5万人も増えてしまったくつざわさん。 何がそこまで彼女をバズらせたのか。それは友人を笑わせるためのモノマネ動画。2018年冬からTwitterへの投稿をスタートした彼女は、SNSマーケティングに興味を抱き、分析を繰り返した結果、時の人に(バズった)。 2019年4月に投稿された「言葉は特に発さず、下唇を噛んでクネクネしているだけなのに 鼻息で持ち帰りOKオーラを出すことに慣れてしまった 1年女子大生の秋」と題したモノマネは、3万7000件のリツイートと16万9000件のいいねを記録した(6月15日時点)。 メリットもあった一方で、「数字としてしか見られていない」「窮屈さを感じる」と、有名になったがゆえの悩みを告白。最近では「こんなバズりたくなかったな」と思うこともあるという。 「決してインフルエンサーになりたいわけではない」と語るくつざわさん。友人を笑わせようとしていた普通の女子大学生に、SNSは何をもたらしたのだろうか? くつざわ 私をコンテンツとしてしか見てくれない人が増えました。一番衝撃的だったのは、アンケートを取るアカウントに突然タグ付けされて、「今後のくつざわさんに期待する? しない?」みたいなかたちで投稿されたことです。 あとはメンズコスメのPRを依頼されたこともありました。仮に私が受けたとしても伸びないですし、数字につながらないですよね。それに自分みたいな人間が、PR案件ばかりつぶやくようになったら、つまらなくなっちゃうと思います。 「最近伸びている」という理由だけで「使っておこう」みたいな意識を感じることが増えてしまって、少し寂しい気持ちです。 くつざわ 自分を発信する手段としてはいい手段だと思います。けど、それを逆手にとって、SNSのユーザーをいいように使う方々も多い。 最初はただの娯楽が、最近は情報の集まる場になってしまっていて、昔は趣味な雰囲気だったのに“仕事感”を感じることも増えてる気がします。 あとは「いいね」ボタンですね。あの存在によって、人間の承認欲求がどうしても露わになってしまうので。「いいね」を稼ぐために投稿する方も多いですね。 くつざわ やっぱり自分自身のやりたいことにフォーカスしてます。というか、したいのかな。 バズって周りに注目されるようになって、制約というか窮屈さを感じるようになってしまって。何かを発信するにしても、ちょっとした些細なことにも気をつけなきゃいけなくて、それがすごく辛いです。バズる前のような投稿をすると、「何それお前じゃないじゃん」と言われることも多々。 「私は私だよ」と言いたいですし、そのためにこういう取材を受けてます。 くつざわ 自分のコミュニティーをつくりたいです。起業とはちょっと違うのかもしれないけど、何か自由に動ける仲間と何かする。例えばメディアとか。 Diora 話を聞いてて思ったのは、くつざわさんて自分が前に前に出ていきたいというより、その先の仕組みのようなものをつくりたいタイプなのかなって。 くつざわ そうなんです! 前に出ることはあくまでも手段であって、最終的な目的はそこじゃないんです。 Diora 高校の頃はどんなタイプだったんですか? 良くも悪くも我が強かったような印象だけど……

くつざわ亮治の学歴と経歴は?プロフィールとネットの反応は? happ... [B! これはひどい] くつざわ亮治 東京都豊島区議会議員 on Twitter: "性交事後訴訟から男性を守る目的で「性交承諾書」のフォーマットを作成してみました。 そういう機会が多い男性は、プリントアウトして持ち歩くことを推奨いたします。 https://t.co/omlOtl9XwR"

くつざわ亮二

くつざわ亮治豊島区議会議員のTwitterでの発言が何やら物議を醸していますね。 性交事後訴訟から男性を守る目的として「承諾書」のフォーマットを作成したとのことですが 今後どうなってしまうのでしょうか? 今回はそんなくつざわ亮治議員の学歴と経歴など まとめてみたいと思います! 1 ...

【画像】くつざわ亮治の経歴や学歴!元獣医師のエリート! 口コミ一覧 : 蕎麦 くつざわ - 武佐/そば [食べログ]

くつざわ亮二

くつざわ亮治さんの豊島区議会議員での当選にも、n国党は高い影響力を持っていたと思われます。 しかし、当選からわずか8日後にN国を離党。 理由はN国総会で「130万円を供出しなければ除名する」と言われたことや、立花党首の圧倒的な発信力を使って ...

くつざわ亮治、聞け - YouTube くつざわりょうじ | トレンドをYoutube動画でお届け![TuList]

くつざわ亮二

くつざわ亮治、聞け やうちはるき えらいてんちょう ... 10月10日水間政憲・沓沢亮二対談ダイジェスト - Duration: 14:31.

NHKから国民を守る党から離党しました20190429 - YouTube 夏、シンドローム。|くつざわ|note

くつざわ亮二

・本来供託金とは政治家になりたい強い意志を持つ者が自力で用意すべきものなのに、候補者には負担させず現職議員のみに負担を強要 ・参院選 ...