• 記事: 20596
  • 質問に対する回答: 19052
  • コメント: 16968
  • 準備ができて答え: 25082

こんにゃく煮物

【みんなが作ってる】 こんにゃく 煮物のレシピ 【クックパッド】... 糸こんにゃく(白たき)の下ゆで方法と理由【ゆでこぼし】とは | 煮物レシピと調味料の割合

こんにゃく煮物

こんにゃく 煮物の簡単おいしいレシピ(作り方)が4767品! 「簡単玉こんにゃくの煮物」「こんにゃくと椎茸の煮物」「ピーカンナッツ入り煮物」「簡単☆ちくわと根菜の煮物♪」など 2020/7/2 2020/7/14 ■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。 糸こんにゃく(白たき)の下ごしらえ 今回は糸こんにゃくの下処理方法と理由をご紹介したいと思いますので、煮物の献立やすき焼き作りの参考にされてはいかがでしょうか。 食材の下ごしらえ、糸こんにゃく(白たき) 糸こんにゃくの下ゆで方法 【1】最初に、糸こんにゃくを水洗いして鍋に入れてください。 【2】次に、こんにゃくがつかる程度の水をそそいで、強火にかけてください。 【3】そして、湯が沸騰したところで、こんにゃくをザルにあげると完了です。 ■ この下処理を「ゆでこぼし」といい、ザルにあげることを「おかあげ」といいます。 ≫陸上げ(おかあげ)とは 和食の煮物、料理用語集【陸上げ(おかあげ)とは】材料をざる、あみ、かご等にのせて水分を切ることをいい「陸に上げる」調理全般をさしています。【関連】≫ 茹で溢す(ゆでこぼす)とは 糸こんにゃくの下ゆで理由 糸こんにゃくは、水洗いするだけで使うと、製造時に使用された石灰くささが残っているため、煮汁に臭いが移って味が悪くなります。 そして、こんにゃく自体に水分が多すぎると、味が染み込みにくくなりますので、水からゆでてザルに上げ、余分な水分を飛ばしてください。 また、他のこんにゃくを下ゆで(ゆでこぼし)してから煮るのも同じ理由からです。 【ゆでこぼし】とは 材料をゆでて、そのゆで汁をいったん捨てることをいい、アクや渋み、ぬめりなどの不要成分を流し取る目的の調理法です。 ■ くせや臭みが強いものは「ゆでこぼし」を何度か繰り返してください。 (例)魚の卵、肝など ≫鯛の子の臭みを取る下ゆで方法 ≫ハモの子の下処理、ばらし方のコツ ≫和食の煮汁(だし、たれ)割合50音一覧 今回は調味料割合を整理いたしましたので、料理作りにお役立てください。また、各割合を元にして必要なものをノートなどにまとめておくと、調理場で開ける配合手帳として使えますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。 【関連】 煮物用語や料理の語源につきましては≫「煮物の語源、意味、由来一覧」に掲載しております。 【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。 ≫八方だしを使った煮物一覧 ≫野菜の煮物レシピ一覧 ≫魚介の煮物レシピ一覧 ≫肉類の煮物レシピ一覧 【参考】 ≫料理別、煮物の簡単な割合一覧表 今回は糸こんにゃく(白たき)の下ごしらえをご紹介いたしました。

こんにゃくの甘辛煮/煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com こんにゃく - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism

こんにゃく煮物

こんにゃくの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方 鍋に油をひかずに①のこんにゃくを入れて中火にかけます。 鍋の中でバチバチと大きな音を立てるので、 こんにゃくを転がしながら1分ほど乾煎りします (こんにゃくの水分や臭みをここでさらに飛ばします)。 他の下処理につきましては≫「食材の下処理方法一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

こんにゃく 煮物レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ こんにゃくとおかかの煮物のレシピ・作り方|【味の素パーク】の料理・レシピサイト‐レシピ大百科 : こんにゃくや削り節を使った料理

こんにゃく煮物

こんにゃく 煮物のレシピ一覧. こんにゃく 煮物のレシピ検索結果 4,505品、人気順。1番人気はまちがいないっ!大根とこんにゃくの煮物!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 きてくださってありがとうございます! 今回はちょっといつもと違うんですが 最近作った、めっちゃ簡単な副菜をバーッとまとめて紹介します。 味付け卵だけちょっと時間かかるんで例外なんですけどね。(のっけから例外て) ●めんつゆで味付け卵 材料(2人分) ●卵・・・・2個 Aめんつゆ(濃縮2倍)・・・・大さじ4ぐらい A砂糖・・・・小さじ1ぐらい(甘めにしたいのでいれましたが、なくても) 作り方 ①鍋に湯を沸かし、ボコボコ沸騰しているところに卵をお玉などでそっと割れないようにいれ、時々転がしながら5~7分煮る。(室温の卵なら5分ほど、冷蔵庫から出したてなら6~7分) ②氷水に取り、あら熱がとれたら全面にヒビをいれ、水に戻してしばらく浸けてから剥く。(むきやすくなります) ③鍋にAをいれて火にかけ、砂糖が溶けたらそのまま冷ます。ジッパーつきポリ袋(ジッパーついてなくてもいいけど)に②とともにいれ、冷蔵庫でひと晩漬ける。時々向きをかえるのがコツです。

【みんなが作ってる】 こんにゃく煮のレシピ 【クックパッド】... 手作りこんにゃくの刺身と煮物

こんにゃく煮物

こんにゃく煮の簡単おいしいレシピ(作り方)が281品! 「こんにゃく煮」「しいたけと蒟蒻煮」「蓮根とこんにゃく煮」「こんにゃく煮たやつ」など ☆めんつゆは、濃縮3倍でもストレートでも。味の濃さが変わりますが、どうせ漬け時間でも変わるんで。 ☆全体がつかるように、私はマグカップに立てていれましたが、どこかに洗濯バサミなどで吊るすのが一番まんべんなく浸かります。夏場はあかんけども。 ☆冷蔵庫で2~3日は保存できます。 ハイ次。(パンパン!パンパンパン!パン!)←どんだけ手たたくねん これは個人的にめっちゃおすすめです。柿をたくさん頂いたので作りました。 ●柿とささみのサラダ 材料(2~3人分。私は1人で食べましたが) ●柿・・・・・2個 ●ささみ・・・・1本 ●酒・・・・・大さじ1ぐらい ●塩・・・・少々 Aマヨネーズ・・・・・大さじ1ぐらい A好みで練りわさび・・・・1cmぐらい ●黒ゴマ・・・・適量。なくてもいいんですけど、これがまた合います。

ご飯が進む!人気の「こんにゃくの煮物」レシピ - NAVER まとめ こんにゃくの甘辛煮 | 豊口裕子さんのレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

こんにゃく煮物

人気で簡単な「こんにゃく」の煮物レシピを紹介します。味がよく染み込んだ、こんにゃくの煮物は美味しいですよね。色々なアレンジで、安くてヘルシーな煮物を作っちゃいましょう! 更新日: 2019年09月02日 作り方 ①ささみは酒と塩をいれた湯でゆでて割く。もしくは耐熱皿にのせて塩をふり、酒をかけてふわっとラップをし、電子レンジ(600w)で1分加熱し、そのまま冷まして割く。 ②柿は皮をむいて薄切りにする。 ③①と②をAで和え、ゴマをふる。 ☆ツナでもおいしそう。 ☆悲しきかな私以外食べてないんで(夫・・・柿とマヨネーズとかそういうの無理 娘・・・・マヨネーズが無理)、美味しいという気持ちを共有してくれる方募集しています。 次はもう、ただチンするだけでレシピも何もですが あと1品、という時によく作るおかずです。 ●レンジでこんにゃくの煮物 材料(作りやすい量。2人分ぐらい) ●こんにゃく(ここでは食べやすいよう「こんにゃく発表(※商品名)」です)・・・150g(1/2枚)ぐらい Aしょうゆ・・・・大さじ1ぐらい Aみりん・・・・・大さじ1ぐらい A酒・・・・大さじ1ぐらい A砂糖・・・・小さじ1ぐらい 作り方 ①こんにゃくは、板こんにゃくであればまな板に置いてスプーンでひと口大にちぎる。

味しみしみ!「こんにゃくの煮物」の基本&アレンジレシピ5選 - macar... 玉こんにゃくの煮物|ラジオ

こんにゃく煮物

こんにゃくの煮物のレシピをmacaroni動画を使ってご紹介します。煮物にした「こんにゃく」は味がしみて、プリッとした噛みごたえを楽しみながらごはんが進むおいしさ!今回はご家庭にある調味料で簡単に作れる基本の作り方、そしてプラスの食材でさらにおいしいアレンジレシピをお伝えし ... ②耐熱容器に①をいれてふわっとラップをかけ、電子レンジ(600w)で1分30秒~2分ほど加熱し、出てきた水分を捨て、さっと洗う。(下茹でです) ③耐熱容器に②と合わせたAをいれてふわっとラップをかけ、再び電子レンジ(600w)で約4分加熱する。よく混ぜ、そのまま冷ます。 ☆出来立ては味が染みてませんが、冷ます間に染みます。 ☆冷蔵庫で2~3~4~5日保存できます。(優柔不断か) 私は一味を、娘にはかつお節やすりゴマをかけて出してます。 次も、よく作る和え物です。 ほうれん草のゴマ和えにちくわとにんじんを加え、ごま油をちょっと垂らしました。 ●ほうれん草とちくわのゴマ和え 材料(2人分) ●ほうれん草・・・・・・1/2束 ●にんじん・・・・・3cmぐらい ●ちくわ・・・・・1本 A砂糖・・・・小さじ1ぐらい Aしょうゆ・・・・小さじ1ぐらい A白すりゴマ・・・・・大さじ1ぐらい Aごま油・・・・少々 作り方 ①ほうれん草は根元までよく洗う。にんじんは薄い半月切りにする。ちくわは穴をのぞいたあと輪切りに。