• 記事: 26358
  • 質問に対する回答: 24349
  • コメント: 16577
  • 準備ができて答え: 24195

い号作戦

捷号作戦 - Wikipedia ルシタニア号事件

い号作戦

捷号作戦部隊の主力部隊として決戦に臨み敵の進攻兵力就中敵航空母艦群をまず撃滅すると共に友軍各部隊と協力して敵艦隊及び攻略部隊を撃滅し一挙に大東亜戦争の勝利を決せんとす 第二章 作戦指導要領 1、 ルシタニア号事件 第一次世界大戦中の1915年、ドイツ軍の潜水艦がイギリス客船を撃沈した。多数のアメリカ人乗客が犠牲となったため、アメリカが参戦するきっかけとなった。 第一次世界大戦のさなか、イギリスの豪華客船ルシタニア号はリヴァプールからニューヨークに向かって航行中、1915年5月7日にドイツの潜水艦Uボートによって、アイルランド沖で無警告で撃沈され、1198人が犠牲となった。その中に128名のアメリカ人がふくまれていたので、当時まだ参戦していなかったアメリカ国内で、世論が開戦に傾くきっかけとなった。そのような状況の中でウィルソン大統領はドイツに対して強硬な抗議を行った。ドイツの無制限潜水艦攻撃 ドイツ政府はそれ以前の1915年2月に、英仏による海上封鎖に対抗するために、イギリス周辺の海域を「戦争区域」とし、その区域内の敵商船は予告なしに潜水艦が水雷攻撃をおこなうと無制限潜水艦作戦を宣言していた。また、アメリカの抗議に対しては、ルシタニア号は補助巡洋艦が偽装したもので、カナダ兵と戦争器材が搭載されているので、アメリカの中立義務違反であると反論した。しかし、ルシタニア号事件に対するびアメリカや他の中立国による国際的非難がますます強まったため、無制限潜水艦攻撃は一旦停止した。その後、陸戦での長期化が明確となり、戦局の打開が必要になってきたため、1917年2月1日にドイツは無制限潜水艦作戦を再開することを宣言した。 アメリカの参戦 アメリカ及び中立諸国ではドイツに対する非難が強まり、イギリスは戦争犯罪であるとして捜査を開始した。アメリカではウイルソン大統領はドイツに対する強硬な手段を執り、参戦もやむを得ないと考えるようになったが、国務大臣ブライアンはドイツとの戦争はアメリカにとって不利益であると主張して辞任し、後任にランシングが就任した。こうしてルシタニア号事件はアメリカの参戦をすぐに導くことはなかったが、1917年2月、ドイツが無制限潜水艦作戦を再開することを宣言すると、ついに4月にアメリカの第一次世界大戦参戦が決定されることとなった。アメリカの参戦によって第一次世界大戦はまさに世界大戦へと最後のステップを踏み出したが、そのころロシアでは革命の気運が高まり、ロシアの東部戦線からの脱落が焦点となっていく。

い号作戦 - Wikipedia Amazon | フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズNo.9 日本海軍戦艦 大和 昭和19年/捷一号作戦 艦NX9 | プラモデル 通販

い号作戦

い号作戦(いごうさくせん)とは、日本海軍が1943年(昭和18年)4月7日から15日にかけて南東方面艦隊(第十一航空艦隊、基地航空部隊)と第三艦隊(機動部隊)所属の艦載機により、ガダルカナル島やニューギニア島南東部のポートモレスビー、オロ湾、ミルン湾に対して空襲を行った作戦で ... 2199本篇は、国連地球軍にとって最後の大作戦となった「メ号作戦」の描写から始まります。 このメ号作戦は表面的には、「地球に残された最後の戦力である第一艦隊の総力をもって遊星爆弾攻撃の拠点となっている冥王星基地を攻略する」というものと公表されていたようでしたが(17話におけるメ号作戦直前の古代守と真田の会話より推測)、その真の目的は、第一艦隊が冥王星基地に攻勢をかけることで、ガミラスの眼をそちらに引き付け、その間、火星にやってくるイスカンダルの使者を回収することにありました。 コンゴウ型戦艦1隻(旗艦)、村雨型巡洋艦8隻、磯風型駆逐艦12隻の合計21隻からなる第一艦隊はすでに火星以降の制宙圏を失っていたこともあって、100隻を越えるガミラス艦隊の待ち伏せを受けて、旗艦である「キリシマ」を残して全滅するという壊滅的なダメージを受けましたが、その一方で火星に残してきた回収部隊が最重要目的であった「波動コア」の回収に成功、「メ号作戦」は戦略的には一応の成功という形で終わりました。 しかし、これほどの被害を出した「メ号作戦」は果たして本当に行う必要があった作戦なのでしょうか? 冥王星基地に気づかれていなかったイスカンダルの来訪 実はサーシャを迎えるにあたって、陽動作戦は特に必要ではありませんでした。 その根拠は、1年前、ユリーシャが地球と接触したことに銀河方面司令部も冥王星基地司令部もまったくといって良いほど気づいていなかったことです。 もし、地球がイスカンダルと接触したことに気づいていれば、当然それはガミラスにとっては大問題ですので、デスラー総統に直ちに報告されるはずですし、またイスカンダから技術が供与され、地球がワープ航法を取得する可能性も予測しているはずです。 ところが、冥王星基地のシュルツやその上司である銀河方面司令長官ゲールは最初、ヤマトがワープを成功させた報告を聞いても信じることができず、また本星のデスラーも6話でシュルツからヤマトの報告を聞いて、初めてイスカンダルが地球に接触した事実に気づきました。 すなわちこれは1年前、ユリーシャの乗ったシャヘラザードはガミラスにまったく気づかれることなく地球にたどり着いたことを意味しています。 おそらくですが、シャヘラザードは非武装である代わりに、ステレス性や航続距離、スピードが驚異的に高い宇宙船であり、来ることが最初から分かっていない限り、その存在に気づくことが難しいのだと思います(なお、ユリーシャの場合は最初から地球人と接触するために来たので彼女の方が地球人を呼んだのだと思われます) サーシャもユリーシャと同様、シャヘラザードに乗ってやってくる以上、よほど運が悪くない限りガミラスに見つかる可能性は低いといわざるを得ません。 すなわちこれはサーシャの来訪をガミラスから隠すため陽動は必要ないことを意味しています。 メ号作戦の真実 しかし、国連地球軍は虎の子の第一艦隊を囮に使う「メ号作戦」を決行しました。 この理由は、イスカンダルの使者が万が一見つかるということを恐れたというよりも、接触ポイントが火星に設定されてしまったことにより、行わざるを得なくなったという側面が強いと思われます。 総集編「追憶の航海」の映像特典である「国連地球軍解説」によれば、国連宇宙軍は2193年に最終防衛戦を月まで下げて火星から全面撤退しています。 つまり2199年当時、火星には常駐の部隊はおらず、シャヘラザード自体はガミラスに見つかることなく火星までやってきたとしても、使者と波動コアを回収するためにはわざわざ地球から回収部隊を派遣する必要がありました。 しかし第3話で宇宙に出た直後のヤマトが既に冥王星基地に映像で送られていたように、既にガミラスの監視衛星が地球の動向を一部始終監視している状況です。 もし回収部隊を派遣したとしてもその動きはすぐに冥王星基地に探知され、回収部隊が待ち伏せを受ける可能性が高いです。 要するに、メ号作戦はサーシャの来訪を隠すためではなく、彼女と波動コアを無事に回収するために行われた作戦であると考えるべきです。 冥王星に向かう途中で回収部隊を火星に降ろしたとしても、ガミラスの眼は冥王星に向かっている艦隊に集中しておりそのような回収部隊の存在まで注意を払うことはありません。 そして、回収部隊は冥王星から帰還してくる艦隊に再び拾われることになりますが、この段階では既にガミラスは冥王星基地を叩くという地球側の作戦は終了していると考えているので警戒も薄くなっており回収も容易です。 失うものの大きさを考えればとても割に合う作戦ではありませんが、目的を「無事に使者と波動コアを回収する」という一点に絞るならばこのメ号作戦はなかなか良くできた作戦です。 ちなみにこの作戦の唯一の欠点は、もし第一艦隊が全滅した場合、回収部隊を地球に帰還させる手段がなくなるということですが、この点だけは恐らく沖田提督の手腕にかけた一種の賭けだったのだと思われます。 第一艦隊の被害は想像以上にひどく(あるいは予想通りだったかもしれませんが)、実に21隻中20隻を失い、残された旗艦「キリシマ」も中破という結果でしたが、何はともあれキリシマが残り、古代進ら回収部隊を無事回収し地球に帰還できた以上、地球は賭けに勝った訳です。メ号作戦は火星が接触ポイントに指定されたことによる悲劇 しかしここで疑問なのは、なぜイスカンダルの使者との接触ポイントが火星に設定されていたのかということです。 そもそもサーシャが火星ではなく地球に直接来てくれればこのような手間はすべて省けました。 また虎の子の第一艦隊を陽動作戦で失うこともありませんから、第2話で大和の調査にやってきたガミラスの強襲揚陸艦を宇宙空間で迎撃することも可能であり、その攻撃で大和に乗り込む予定だったメインクルー達を軒並み失うという事態も避けられたはずです。 この意味では、第1話および第2話の地球の損失はイスカンダルの使者との接触ポイントが火星に設定されていたことに端を発しています。 なぜこのようなことになったのか、現段階では一切情報がありません。 しかし、あくまで勝手な推測をするならば、その原因を作り出したのはユリーシャではないかと思います。イスカンダルの姉妹は地球までの航路を知っていたのか? そもそもサーシャは地球がある場所を正確に知っていたのでしょうか? 地球はイスカンダルから見ればすさまじく辺境にある星であり、地球側がイスカンダルの場所を正確に知らなかったように、イスカンダルも地球の場所を大雑把には知っていても、正確には知らなかった可能性は非常に高いです。 ではそんな彼女がどうして正確に火星にたどりつけたのかと考えるならば、その理由は先に来ていたユリーシャが火星までの航路をイスカンダル本星に伝えていたとしか考えられません。 恐らくヤマトがユリーシャの記憶をトレースしてイスカンダルに向かっていたように、シャヘラザードには航路を自動的にイスカンダル本星に発信する装置が取り付けられていたのではないでしょうか? このような装置が本当についていたかどうかは知りませんが、後続の者は前の者が辿った道を正確に辿れば目的の場所にたどり着けるのですから、救済のために繰り返し人材を派遣する必要のあるイスカンダルにとってはこのような装置を搭載していても不思議はありません。地球と火星を間違えたユリーシャ もし想像通り、このような装置がユリーシャのシャヘラザードに搭載されていたのならば、彼女がちゃんと地球にたどり着いていれば恐らく後続のサーシャも地球に来ることができたのだと思います。 ところがユリーシャはこのとき大きなミスを起こしてしまったのだと思います。 イスカンダルが地球の大雑把な位置しか知らなかったこと、あるいは「現在の地球は遊星爆弾で赤い星になっている」という中途半端な知識が祟ったのかもしれませんが、恐らくユリーシャのシャヘラザードは地球ではなくお隣の火星に行ってしまったのではないでしょうか? 2199世界の火星は地球の植民地星としてそれなりに発展していたこと、そして2199年当時には内惑星戦争とそれに続くガミラス戦役の影響で完全に廃墟と化していたこと、そして何よりも赤い星だったということ、と、イスカンダルが把握していた地球の状態に似ていたことがその勘違いに拍車をかけたのだと思います。 つまりユリーシャは火星を地球だと勘違いしてしまい火星までの航路をイスカンダルに送ってしまった。 そのあとでこの間違いに気づいたものの、恐らく航路情報は一度しか発信できないなどの制約があってその間違いを訂正する術がなかった。 結果として、一年後にやってくるサーシャの接触ポイントは火星に決まってしまった。 ・・・というのがサーシャが地球ではなく火星に来た理由なのではないでしょうか? もしこれが真実であるとすれば、メ号作戦の犠牲者やメインクルー達はユリーシャの勘違いにもたらされたものであり、あるいはその負い目がユリーシャが地球に対して比較的好意的な理由なのかもしれませんね。

捷号作戦(しょうごうさくせん)とは - コトバンク

い号作戦

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 捷号作戦の用語解説 - 太平洋戦争末期に日本軍が立案した作戦計画。 1944年6月マリアナ沖海戦に敗れ,サイパン,グアムなどを失った結果,日本はその後方の地域において,最終的決戦を求めざるをえなくなった。

鱆号作戦/FF11用語辞典

い号作戦

幸い、魚章号作戦で大体は通じるようだ。 なお、2007年7月10日から配布が開始されたffxi総合辞書(2007.7.10バージョン)をダウンロード、登録することで「鱆号」と変換できるようになった。 →「追加辞書ダウンロード」最新バージョン追加のお知らせ(7/10) -- sp:feature:cs-optimization -->