• 記事: 31420
  • 質問に対する回答: 21758
  • コメント: 29203
  • 準備ができて答え: 20994

アイピル 服用方法

アイピルの避妊効果 産後でも妊娠するって本当?避妊でピルを服用するのはOK? | アイドラッグマート コラム

アイピル 服用方法

アイピルの避妊成功率は 24時間以内に服用すれば95%、72時間以内で72% 。 時間が経過するごとに避妊率も下がってしまうので、少しでも早く服用することが成功率を上げるためには重要 です。 関連記事 「安心が手に入るアイピル」 アイピルの服用方法 2018/09/30 2018/10/01 「産後は妊娠しない」と思っている人もいますが、そんなことはありません。出産して間もないうちでも、妊娠する可能性はあります。そのため、産後すぐの妊娠を望まないのであれば避妊は必要不可欠。うっかり避妊を怠って妊娠してしまうと、将来の家族計画が狂ってしまいます。 避妊方法として最も確実だといわれるのは、ピルです。では、産後すぐでもピルを飲むことは可能なのでしょうか。ここでは、産後にピルを服用できるのかどうか、そしてピル以外の産後の避妊方法についてまとめました。 産後の避妊にピルは使えるの? 妊娠中と同様に、産後も身体にはよく気を配らなければいけません。身体に出産のダメージが残っているほか、授乳している場合は摂取したものが母乳に移行する可能性があります。ここではまず、産後の避妊にピルを使えるのかどうかについてみていきましょう。 ピルについて ピルは「経口避妊薬」と呼ばれている通り、飲むことで効果を得られる避妊薬です。女性ホルモンである「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が含まれており、体内のホルモンバランスをコントロールすることにより妊娠を防ぎます。 日本はピルの使用率が低く、避妊方法としてはコンドームが圧倒的な差で1位となっています。しかしピルの避妊効果は非常に高く、正しく服用した場合の避妊失敗率はわずか0.3%。さらにピルには生理痛の軽減や肌荒れの解消などのうれしい副効果があり、欧米諸国では多くの女性が服用しています。 ピルの避妊効果をしっかりと得るために大切なのは、毎日同じ時間に1錠ずつ服用するということ。うっかり飲み忘れてしまうと、避妊に失敗してしまうことがあります。服薬サポートアプリと使うなどして、飲み忘れをしないように気を付けましょう。 産後は妊娠しやすい? 出産してすぐに生理はありません。これは、プロラクチンという排卵を抑制する働きのあるホルモンが多く分泌されるためです。しかし、妊娠できる準備が整ってプロラクチンの量が低下するとまた生理が再開します。産後に生理が始まるまでの平均的な期間は、6~12カ月ほど。ただし、この期間には人によって大きく差があります。 早い人だと、産後1カ月で生理が再開することもあります。あまりに早いと心配になってしまう人もいるかもしれませんが、これは身体が順調に回復して妊娠できる状態に戻ったということ。特に問題はないといえるでしょう。 一方で、産後1年以上経ってからやっと生理再開というケースもあります。生理の再開が遅くなる原因の1つは、母乳育児です。授乳をしているとプロラクチンの分泌が多くなるため、結果として生理になりにくくなるのです。 このように、産後に妊娠できる身体になるまでの期間には個人差があります。そして、ここで気になるのが「産後は妊娠しやすいのか」ということだと思います。 結論からいうと、産後は比較的妊娠しやすい状態になっているといえます。これは、出産したことによって子宮や卵管がきれいな状態になっているため。流産した後に妊娠しやすいのと同じ原理だといえるでしょう。 なお、産後に生理が再開していなくても妊娠することもあります。産後初めての排卵で受精することによって妊娠するというケースです。生理が再開していないと「妊娠する可能性はない」と判断してしまいがちですが、これは間違い。産後で生理がない状態でも、妊娠を望まないのであれば必ず避妊をしなければいけません。 ピルの服用条件 ピルは身体のホルモンバランスに大きく影響する薬であり、誰でも服用できるわけではありません。そのため、服用するときには必ず服用条件を確認する必要があります。 まず、一般的に避妊目的で使用されるピルは「妊婦や授乳婦に使用してはいけない」とされています。これは、ピルの服用による胎児や母乳への影響が明らかになっていないため。授乳婦がピルを服用することによりピルの成分が母乳に移行し、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。 また、ピルには乳汁分泌を抑制するという作用もあります。この点から考えても、授乳婦がピルを服用するのはデメリットが大きすぎるといえるでしょう。 どれくらいすれば使える? 母乳育児をしている場合は、授乳が終了し次第ピルの服用が可能になります。また最初から粉ミルクで育てている場合は、産後21日目以降であればピルを服用して問題ありません。 ただし、「ピルを服用したいから」という理由で授乳をやめるのはおすすめしません。なぜなら、母乳は赤ちゃんにとって最高の食事だからです。栄養面において完璧であるだけではなく、免疫機能を高める、豊かな味覚が育てられるなどの効果もあります。さらに母乳育児をしていると自然にスキンシップが取れるため、身体だけではなく心も栄養でいっぱいになります。 母乳が赤ちゃんにとって重要である以上、避妊目的でピルを飲むためだけに授乳をやめるのは合理的ではありません。授乳をしていてピルが飲めないのであれば、他の方法で避妊することをおすすめします。 出産後におすすめの避妊具とは? ピルの服用条件を満たせない場合は、ピル以外の方法で避妊する必要があります。とはいっても、基礎体温法などは確実性が低く避妊法とはいえません。正しい知識に基づいて、効果のある避妊方法を実践しましょう。ここでは、産後の女性におすすめの避妊具をご紹介します。 避妊具①コンドーム コンドームは男性のペニスに被せて使う薄いゴムで、日本で最も使われている避妊具です。どこでも安価で入手することができ、使い方も簡単。避妊に効果があるのはもちろんのこと、性感染症の予防にも効果があります。 ただし、コンドームを使うにあたって気を付けたいのは装着ミスや破損などです。コンドームを正しく使用した場合の失敗率は2%と非常に低い数字ですが、実際の失敗率は18%。理想的な使い方を守れていない人が多いということがよく分かります。今一度、正しい使い方を確認してみるといいでしょう。 なお、特に男性は産後の妊娠について知識があいまいな場合が少なくありません。しかし、コンドームで避妊するためには男性側の協力が不可欠。産後でも妊娠の可能性があることをしっかり説明し、しっかりコンドームを着用してもらいましょう。 避妊具②子宮内避妊具(IUD) あえてコンドームの欠点を挙げるとすれば、女性主体での避妊ができないということ、そして性行為のたびに装着が必要だということです。長期間での避妊をしたいのであれば、子宮内避妊具(IUD)がおすすめです。 子宮内避妊具(IUD)は、子宮内に小さな器具を入れて受精や着床を防ぐことによって避妊効果を発揮します。正しく装着されていれば、数カ月、数年単位での避妊が可能になります。数ある避妊方法の中でもピルに次いで避妊効果が高く、信頼できる避妊方法です。 子宮が開きにくい未妊婦にはあまりすすめられない子宮内避妊具(IUD)ですが、産後であれば子宮が開きやすいため無理なく装着できます。なお、平均的な処置料は3万円ほど。一度の処置で長期間避妊ができると考えれば、それほど高くはないといえるのではないでしょうか。 なお心配なのは「また妊娠できるか」ということだと思いますが、子宮内避妊具(IUD)を抜き取る処置をすれば妊娠できるので問題ありません。「次の子供は数年後」と考えている人に特に向いている避妊具だといえるでしょう。 不妊手術をするという方法も 出産を終えてこれ以上子供を産むつもりがないのであれば、不妊手術を受けるのも選択肢の1つです。不妊手術を受ければ、その後は妊娠するほぼゼロです。200人に1人ほどの確率で不妊手術後に妊娠する人がいるため100%とはいえないものの、他の避妊方法とその効果は段違いです。「避妊」というものからはほぼ解放されるといっていいでしょう。 実施されるのは「卵管結紮」と呼ばれる手術で、卵管を糸で縛って固定するなどして妊娠を防ぎます。手術を受ける前には入院することがほとんどであるため、前もって手術日を決めておく必要があります。気になる費用は、入院費用も含めると20万円ほど。この他にも、薬代や処置代などがかかります。 不妊手術をするにあたって考えなければいけないのは、「本当にもう子供はいらないのか」ということです。後から気が変わって子供が欲しいと思っても、手術を受けた後であればもう手遅れ。不妊手術を検討するのであれば、家族と何度もよく話し合って決めるようにしましょう。 家族のためにも産後は確実な避妊を それぞれの家庭で、子供は何人産みたい、いつ頃産みたいなどの家族計画があると思います。幸せな家庭を築くためには、これはとても大切なこと。無計画に子供を産んでしまうと、子供を不幸な目に遭わせてしまうこともあります。親としては、これだけは絶対に避けなければいけません。 しかし、産後もすぐに妊娠することがあるということを知らない人は意外とたくさんいます。そのために避妊をせずに性行為をして妊娠してしまうと、家族計画が狂うことになりかねません。初めから年子を望んでいるのであれば問題ありませんが、そうでなければ一大事。経済面など、いろいろな部分に影響が出てきてしまいます。 このような事態を避けるためには、やはりしっかりと避妊することが大切です。服用条件を満たすことができるのであれば、おすすめはピル。正しい服用方法を守りさえすれば、かなりの確率で妊娠を阻止できます。 また、ピルを飲めない場合でもコンドームや子宮内避妊具(IUD)、不妊手術など、いろいろな避妊方法があります。たとえ生理が再開されていなくても、油断は禁物。パートナーと話し合って、しっかりと避妊を行いましょう。 出産は、とても幸せなことです。だからこそ、産後に家族設計を狂わすことがあってはなりません。計画的に、しっかりと避妊するようにしてくださいね。

アイピルの個人輸入|効果や服用方法、副作用など基本情報を紹介|ベ... アイピルの飲み方ひとつで避妊失敗するかもしれない!?│アイピル通販NET

アイピル 服用方法

アイピル 服用方法 1) アイピル 服用のタイミング. 避妊を行わずに性行為を行った後できるだけ早く1錠を服用してください。 12時間以内に服用することが推奨され、できれば24時間以内に服用すると高い効果が得られます。 アフターピルであるアイピルは、緊急避妊が目的なので必要になったら飲めばいい、と考える方は多いでしょう。 間違いではありませんが、高い効果を得るための飲むタイミングなどの正しい飲み方があるのです。 そしてアイピルの飲み方によって、避妊が失敗する可能性もゼロではありません。 失敗しないためにも、アイピルの正しい飲み方を知っておきましょう。 アイピルの飲み方 妊娠を望んでいない女性が、避妊に失敗したときに飲むアイピルですが、いつ飲んでも効果を発揮してくれるわけではありません。 避妊を失敗したセックスから72時間以内で服用する必要があり、なるべく早く飲めばのむほど高い効果(内部リンク:避妊できる確率が95%以上って本当?)が発揮されるのです。 服用は1回1錠のノルレボ法で、水かぬるま湯が推奨されています。 病院やクリニックで処方されるノルレボと同じ有効成分が用いられているため、飲み方も同じです。 ほぼ同じ効果を得ることができて、飲み方も同じなので過去に一度でもノルレボを服用した経験がある人は、安心してアイピルを利用できます。 避妊失敗から72時間以内に飲むことが重要! 高い避妊効果があるアイピルは、72時間以内の服用で約75%つまり4人のうち3人の避妊成功が期待できるのです。 通常20代~30代の自然妊娠の可能性が約30%ありますが、アイピルの避妊率は100%ではありません。 (自然妊娠率)0.3×(アイピルでの避妊失敗率)0.15 =(アイピル服用しても妊娠する可能性)0.045【約5%】 つまり自然妊娠の可能性がある20人が、アイピルの服用で約95%にあたる、19人の避妊成功につながります。 何もしなければ20人に6人が望まない妊娠をしてしまうところ、避妊失敗から72時間以内にアイピルを飲むと20人に1人まで減らすことができるのです。 アイピルの避妊率と服むまでの時間との関係 直後~24時間(1日)以内にアイピルを服用すると、排卵抑制・受精卵の着床阻害の効果が得やすいため、約95%の確率で成功するとされています。 そして24時間~72時間(2日目~3日)以内は、アイピルを含むアフターピル服用のタイムリミットとして推奨されている時間です。 服用して効果が得られるまでに、受精や受精卵の着床が起こっていなければしっかり作用してくれるため、避妊成功率は約75%といえます。 72時間(3日)以上経って、アイピルの服用が遅れてしまっても、120時間(5日)以内に飲むことができれば、約65%の確率で避妊は成功するでしょう。 しかし、服用時すでに受精卵が着床し妊娠してしまっている可能性もあるので、72時間以内もしくは直後などなるべく早い時間でアイピルを飲むことがおすすめです。 アイピルと飲み合わせが悪いものとは 飲む際、特に注意したいのはアイピルの効果や副作用に影響する、飲み合わせの悪いものといえます。 多くいわれているのはグレープフルーツであり、食べ物でもジュースでも薬の成分の代謝を遅らせるので強い副作用を引き起こしやすくする可能性があるのです。 他の飲み物でいうと、コーヒーや炭酸飲料・ジュースなどは、他の薬との相性があまり良くなかったり薬の代謝に影響する恐れもあるため、水かぬるま湯での服用が安全といえます。 また、ペニシリン系やテトラサイクリン系の抗生物質や、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)が含まれている女性ホルモン系のサプリメントも避けたほうがいいでしょう。 アイピルがもつ高い避妊効果を弱める可能性があるので、飲み合わせにも十分な注意が必要です。 アイピルの失敗につながる飲み方もある 正しい飲み方や飲み合わせ以外にも、アイピルでの避妊失敗につながってしまう飲み方がいくつかあります。 それは、半分に割ることや連続服用、または飲み忘れなどによるアイピルでの失敗です。 例1:アイピルを半分に割って飲む 薬を服用して副作用が強かったりすると、半分などに割って飲むことが推奨される種類もあるのですが、アイピルは違います。 有効成分としてレボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、緊急避妊をするには必要な成分量なのです。 もし割って半分量だけ飲むと、体内のホルモンバランスが少し変化するだけで避妊効果は十分に得られずに失敗してしまうかもしれません。 そのためアイピルは必ず、1回1錠をそのまま服用してください。 例2:アイピルの連続服用は意味がない アイピルで緊急避妊をおこなった翌日にも、避妊に失敗してしまうこともあるでしょう。 しかしアイピルは強制的に生理を引き起こすため、身体にはとても大きな負担がかかります。 そして1錠には緊急避妊には十分な成分量が配合されているため、5日~3週間後に起こる避妊成功の証である生理が確認できたら、服用して大丈夫です。 もしその間に緊急避妊が必要になって、連続服用したとしても摂取するホルモン量が過剰になるだけで1回目の服用に対する効果があるだけで変わりません。 それどころか、ホルモンバランスが余計に乱れることで酷い副作用を引き起こしやすくなるので、注意しましょう。 さらに1回目のアイピル服用で排卵は遅れるので、直後に緊急避妊が必要な状況になったときには妊娠しやすくなる危険性もあるので、成功か失敗が分からない間のセックスは控えることをおすすめします。 例3:アイピルを飲み忘れた 副作用の嘔吐が、アイピルを飲んでから2時間以内に起きたが、飲み直しもしていなければ、緊急避妊ができていない状態です。 また飲み直しをする時でも、セックスから72時間以内であることが大切といえます。 嘔吐したタイミングが、アイピルの服用から2時間が経つ前なら、飲み直しをしなければ緊急避妊も失敗してしまうでしょう。 アイピルの併用禁忌薬は? 緊急避妊に用いるアイピルの併用禁忌薬はありませんが、抗けいれん薬やHIV感染症治療薬などと併用する場合は注意が必要です。 そして医薬品ではありませんが、アイピルの有効成分に影響する女性ホルモンが配合されているサプリメントは多数存在しているので、念のため医師に確認することをおすすめします。 正しいアイピルの飲み方で高い避妊効果が得られる 高い避妊効果を持っているアイピルですが、飲み直しや半分に割ること・連続服用などの影響で、緊急避妊を失敗してしまう可能性もあるのです。 このように飲み方ひとつで避妊失敗しないためにも、飲むタイミングや飲み合わせなど正しいアイピルの飲み方をおこなって、高い避妊効果を得られるようにしましょう。

アイピル通販|避妊薬|即日発送|お薬なび 性交後でも間に合う|アイピルを通販して備えておく避妊法

アイピル 服用方法

モーニングアフターピルのアイピルは、避妊失敗時に服用するノルレボのジェネリック薬です。性行為後の24時間以内に服用すれば95%の確率で避妊できると報告を受けています。 避妊法として、日本でもっとも多く選択されているのがコンドームの使用。経済的にも物理的にも比較的手軽で、若い世代でも取り組みやすいのがメリットです。しかし男性主体で行う方法のため、女性にとっては不安が残る方法でもあります。女性が自分の意思で行う避妊法として、ポピュラーなのが低用量ピルの服用。しかし体質的な問題や金銭的な理由、婦人科を受診するというハードルの高さから、取り組みづらいと感じている女性は少なくないでしょう。もうひとつ、ピルによる避妊法があるのを知っていますか?「事後避妊」や「緊急避妊」といって、セックスのあとでピルを服用して避妊するというもの。ここで用いるピルは、アフターピルや緊急避妊薬と呼ばれています。性交後72時間(3日)以内に服用すれば、避妊成功率は約75%。コンドームの使用に失敗した、パートナーが避妊してくれなかった、レイプに遭ってしまったといったケースでも、高確率で避妊を行うことができるのです。通常、アフターピルは産婦人科やレディースクリニックで処方してもらいます。健康保険の適用外なので、費用は1万円〜1万5千円が相場。気軽に買える価格ではありませんが、望まない妊娠や中絶を避けるためには必要な出費です。アフターピルは医薬品ですが、実は通販でも買うことができます。海外製の医薬品を現地メーカーから購入することは薬機法で認められていて、個人輸入という方法。この個人輸入に対応してくれる通販サイトを利用することで、アフターピルのネット購入が可能となるのです。アフターピルにはいくつか種類がありますが、おススメなのは「アイピル」という商品。国内で処方されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。国内では1万円以上かかりますが、通販なら1200〜1400円ほど。アイピル通販|アフターピル|1錠733円〜お悩み宅急便 こちらのサイトは購入量が増えると割引率がアップするので、まとめ買いする人はさらにおトク。アイピルを通販することがスタンダードになれば、自分主体の避妊が可能になるはず。便利なツールはどんどん活用していきたいですね。

アイピル服用のタイミングと使用方法 -... アイピルの購入 - アイピル・インフォメーション

アイピル 服用方法

アイピル服用のタイミングと使用方法 2019年07月11日 アイピル(I-Pill)は、何らかの避妊法を使っている最中に避妊に失敗してしまったときなどに、緊急に避妊をするために用いられる特殊な避妊ピルです。 今、人気があるアイピルはドラッグストアなどで市販されてはいませんし、病院で処方されてもいません。病院で処方されるアフターピルは、アイピルとは別の種類になります。日本では、病院以外で市販されているアフターピルはないのです。 では、アイピルはどこでどうやって購入する事が出来るのでしょう。病院で取り扱われているアフターピルの入手方法やその特徴と合わせて見ていきましょう。購入方法が異なるだけではなく、アイピルならではのメリットを発見する事も出来ますよ。 病院でアフターピルを処方してもらう場合 アフターピルは産婦人科などの病院で処方して貰う事が出来ます。しかし、病院で処方されるアフターピルは万が一に備えて予め貰っておく事は出来ません。実際に性交渉を持ち、避妊に失敗した可能性がある状況に陥ってから病院を受診する事で手に入るのです。 病院によっては、問診だけではなく内診をしてからでなければアフターピルを処方して貰えないケースもあります。使い方のレクチャーなども受けなければいけない事もあるのです。 ですがそんな手間が掛かるにもかかわらず、病院を受診した際に貰えるアフターピルは1回分のみだけとなっています。2、3回分のアフターピルを複数個まとめて処方して貰う事は出来ないのです。もし、また必要な状況になった時には、もう一度病院を診察する必要があります。 ですから、もし性交後にアフターピルが必要になった場合、病院が休みだったり仕事などで中々受診出来ない時は、ピルを服用するタイムリミットがどんどん迫ってきてしまうというデメリットがあります。 お守り的にアフターピルをいつも持っておきたいという女性には、病院で処方されるアフターピルは向かないと言えるでしょう。 保険適用外で高額なアフターピルの処方 病院でアフターピルを処方してもらえば、保険が適用されて安く購入する事が出来ると思うかもしれません。でも、アフターピルは保険適用外なので、病院により料金が異なり1万円前後のお金が必要となる事も少なくありません。また、病院では薬代金だけではなく初診料や診察料もプラスされます。病院によっては指導料までかかる事もあります。 上記で説明したように、病院ではアフターピルは1回分のみの処方となるので、2回目、3回目と薬代以外にもまたお金が掛かってきてしまうので費用は嵩んでしまうでしょう。 個人輸入代行通販では事前に買える 国内では、ドラッグストアなどの店舗でアフターピルを購入する事は出来ません。でも、病院を受診する以外にもある方法でアフターピルを購入する事が可能になります。それがアフターピルの個人輸入です。 国内の病院では処方されない人気のアイピルも個人輸入の通販で入手する事が出来ます。国内では市販されていないアフターピルですが、海外では日本より手軽にアフターピルを購入出来るんですね。 しかもこうしたアフターピルは、病院処方のものと違いトラブル発生前でも事前に購入しておけるのです。これは、女性にとって大きなメリットだと言えるでしょう。事前にアフターピルを購入しておけば、避妊に失敗した時に直ぐに服用する事が出来ますね。万が一嘔吐などで薬を出してしまった場合にも対応可能です。 ただ海外から個人輸入するのは、言葉も分からないし不安という人も多いでしょう。そんな人でも個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単にアフターピルを通販出来ます。 個人輸入代行サイトでは、日本の通販サイトで買い物をするのと全く同じ感覚でアイピルを注文する事が出来ます。日本語に対応しているので、英語などの外国語が分からない人でも大丈夫です。 通販でアイピルを買う時の注意点 注意しなければいけないのが、海外発送のため10日ほど到着までに時間がかかる可能性があります。稀に税関でとめられる事などもありますが、その場合も代行サイトがきちんと対応してくれるので安心です。通常は何の問題もなく届きますし、代行サイトから配送状況のメールがくるので、商品の状況を逐一確認する事が出来ます。 海外からの発送という事で、避妊に失敗してから注文するのでは間に合いません。ですからアイピルなどのアフターピルを個人輸入代行サイトから通販する場合は、性交渉を持つ前に余裕をもって用意しておかなければいけませんね。 個人輸入代行サイトから通販出来るアイピルは、病院で手に入るアフターピルと違って事前に購入する事が出来る上に複数の注文もOKなのですから、この特徴を十分に活かしましょう。 性交渉の予定があるならば、避妊に失敗してからではなく事前にいつくか手元にアイピルなどのアフターピルを用意しておく事が女性にとっては重要です。そうすれば、わざわざ病院へ行き問診や内診を受けなくても、緊急事態が発生した時に直ぐアフターピルを服用する事が出来ますね。 アフターピルは、どんな種類のものであっても早く服用するほど成功率が高くなるのは同じです。成功率を高める為にも、事前に用意しておく事が大切なのです。 避妊したい、通販だとアイピルの到着は早い? 妊娠を避けるためにアイピルが必要になったときに素早く服用することが、高い避妊効果を得る為には欠かせないポイントです。その為にも、事前に購入して持っておくと、いつでも対処することができます。 しかし、毎 ... 続きを見る まとめ買いも安い、でも偽物には要注意! アフターピルは、1回分のみではなく複数回分用意しておくとより安心する事が出来ます。病院で処方されるアフターピルは保険適用外で高額になりがちですが、それと比べると個人輸入代行サイトで取り扱いのあるアフターピルの価格は非常にリーズナブルです。 アイピルなどのジェネリック薬品は、病院のものと効果は全く同じなのにも関わらず価格はずっと抑えられています。 しかも、個人輸入代行サイトで通販をする際には、まとめ買いをすると1個あたりの価格が安くなるケースがあります。ですから色んな意味でアフターピルを通販するなら、まとめ買いをオススメします。 ただし個人輸入代行サイトでアイピルのようなジェネリック品を通販で買う際に気をつけなければいけない事があります。それは、サイトによって偽物が販売されていたり、酷い場合は代金だけとられて商品が発送されないケースすらあるのです。 そのため信頼のおける個人輸入代行サイトを利用する必要があります。口コミ数が多く評判が良いサイトや、長年運営されているサイトを選ぶなど注意を払ってくださいね。 相場よりもあまりにも安過ぎる場合や連絡先が掲載されていない、また不審な点があるサイトは利用しない様にしましょう。 サイト名で評判を検索してみる事も大切です。 病院か通販、安心と信頼出来る方法を選ぶ 病院でアフターピルを処方して貰う事が悪い訳ではありません。何か質問がある場合や持病がある人にとっては、病院で処方して貰う方が安心出来るケースもあるでしょう。 しかし、いざという時に慌てない様に事前にアフターピルを用意して起きたいといった場合には、個人輸入代行サイトを利用してアイピルなどを通販するしかありません。その方が費用も安く済みオススメです。 自分の身体を守る為にも、信頼出来るサイトで事前に購入しておきましょう。

緊急避妊にはアフターピル「アイピル(i-pill)」 | トリキュラー避... アイピル (I-Pill)服用後の後遺症 - アイピル (I-Pill)インフォメーション

アイピル 服用方法

アイピルの服用方法. アイピルは緊急避妊が必要な時にだけ服用します。 緊急避妊が必要な性行為から 72時間以内にアイピル1.5mgを1錠服用 します。 ※0.75mg錠の場合は2錠服用となります。 また性行為から最大で120時間以内であれば緊急避妊が可能ですが ... アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬です。 緊急避妊薬とは、性行為の後に行う避妊です。 避妊というと性行為時に行うイメージがありますが、性行為時に避妊が失敗することがあります。 たとえば、コンドームをしようしても、途中でコンドームが外れてしまったり、破れてしまった場合です。 なかには、男性がコンドームをつけるのを嫌がったり、性犯罪に巻き込まれて強姦されてた場合もあります。 そんなときに使うのが、緊急避妊薬です。 緊急避妊薬は、性行為後の24時以内に服用すれば、約95%の確率で妊娠を防ぐことができます。 72時間以内に服用すれば約75%の確率で妊娠を防ぐことができます。 性行為後に服用するのが、早ければ早いほど妊娠を防ぐことができます。 アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬の一種です。 薬ですから服用後の後遺症、副作用があります。 下腹部の痛み、吐き気、頭痛などが主な症状です。 この薬を服用した後に起こる後遺症の多くは、妊娠初期に起きるものと似ています。 副作用の大半は、ホルモンバランスの変化によっておこります。 嘔吐などの症状は、エストロゲンというホルモンによるものです。 また、乳房緊張感やむくみ、体液の貯留などを訴える人もいます。

【ジェネクリ公式】アイピル(アフターピル)ジェネクリ通販 503 メンテナンス中

アイピル 服用方法

アイピルは緊急避妊薬で、ピラマルヘルスケア社製です。有名な「ノルレボ」のジェネリック医薬品、sex後24時間以内の服用で95%以上の避妊率。アイピル(アフターピル)の通販は100%正規品&低価格の ジェネクリ個人 輸入 にお任せ下さい! 現在くすりエクスプレスは以下の期間、サイトリニューアルのためのアップデートを実施中です。