• 記事: 28858
  • 質問に対する回答: 27498
  • コメント: 26360
  • 準備ができて答え: 31663

ダイマックス枯らし

ミロカロス育成論 :... 【ポケモン剣盾S2使用構築】炎妖サザンガルド【終盤最高78位/最終473位】 - ポケモン多め趣味濃いめ雑談マシマシ

ダイマックス枯らし

ダイマックス枯らしの役割で採用するにしても不安定すぎるのではないかと思います。 更に、物理のダイマックス枯らしや物理ATへの受け出しにしてもアーマーガアで事足りてしまう上に火炎玉が遅効性+HPを削り続けるって扱いにくすぎませんか? 【コンセプト】1、ブラッキー・ドヒドイデ・ナットレイで相手のダイマックスターンを凌いでから、ドラパルト・ドリュウズ・ミミッキュで自分のダイマックスを通す。2、受け・崩し・ダイマックス枯らしなど、様々な要素を盛り込んで立ち回りの幅を利かせられるようにする。【選出】1、先発でナットレイを出せるかを考える。→出せない場合はブラッキーかドヒドイデを先発で選出する。2、ダイマックスドラパルトを通せるか考える。→通しづらい場合はダイマックス役としてドリュウズかミミッキュを後発に選出する。3、自分が選出した3匹で無理な相手がいないかを見直す。【本構築を組んだ経緯】8世代では相手のダイマックスを凌いでから自分のダイマックスを通す構築を使おうと思い、ブラッキーを軸とした完成度の高いクゥリさんの7世代の構築「ブラマンダ」を模したメンバーから考察をスタートした。ブラッキー メガボーマンダ ヤドラン ヒードラン ナットレイ メガゲンガー(※7世代・参考元)↓ブラッキー ドラパルト ナマコブシ パッチルドン ナットレイ ガラルサニーゴ(ガラルビギニング)↓ブラッキー ドラパルト ドヒドイデ ドリュウズ ナットレイ ガラルサニーゴ(シーズン1・シーズン2)シーズン2はシーズン1と同じ並びを使っていたが、ルール変更が影響してあまり勝つ事が出来なかった。具体的には、相手のダイマックスに対して味方の1匹を犠牲にして2VS3の状態から突破力の低いポケモンで巻き返す前に総合時間が切れて判定負けとなる事が多かった。こういった負けを減らす目的で、ガラルサニーゴをミミッキュに変更し、アタッカーの数を増やした。この変更が吉となり、ブラッキー+ドヒドイデ+ナットレイの受けポケモン達とミミッキュに対して同時に崩しの回答を出せた人が少なく、想像以上に勝つ事が出来た。【個別解説】※掲載順は採用順。※ダメージ計算は命中・急所・追加効果非考慮。※確率表記において小数点以下は四捨五入。※不要箇所のA実数値は個体値0として表記、C実数値は個体値31として表記。(実際に使用した数値とは異なる。)※技の後に記載する()内の数値はダイマックス技の威力。1、ブラッキー性格:わんぱく配分:202(252)-85-178(252)-72-150-86(4)技:イカサマ(130) あくび ねがいごと まもる持ち物:たべのこし特性:せいしんりょくHBぶっぱ。残りS。イカサマの通りがいい時に選出する。まもるを絡めた択を発生させて勝ちに行く。ラム持ちなどであくび対策が出来ている相手が多い為、あくびを2連続で押さないようにしている。選出目安:ドラパルト・カビゴン・ドリュウズ・ギャラドス・アーマーガア・カバルドン・ギルガルド・ガラルヒヒダルマ・バンギラス・エースバーン・オーロンゲ・パルシェン・アイアント2、ナットレイ性格:なまいき配分:181(252)-114-165(108)-74-170(148)-22技:ジャイロボール(130) やどりぎのタネ ステルスロック まもる持ち物:オッカのみ特性:てつのとげHB→A142ミミッキュの命の珠A2段階上昇ダイホロウ(物理120)耐え。HD→C161リザードンのダイバーン(特殊140)耐え。S→ジャイロボールの威力を上げる為、最遅。先発性能が高い。オッカのみを持つ事でタイプ一致ダイバーンまで耐えるようになる為。味方のアタッカー(ドラパルト・ドリュウズ・ミミッキュ)を通す為に、ステルスロックを優先させたい場合は無理やりステルスロックを撒き、そうでない場合はやどりぎのタネやジャイロボールで削りを入れつつ様子見する。まもるを持つ事で、相手のダイマックスターンを枯らす事にも貢献出来る。・C157炎ロトムのダイバーン(特殊140)がオッカ込みで146~174ダメ。確定耐え。・C161リザードンのダイバーン(特殊140)がオッカ込みで152~180ダメ。確定耐え。・C172炎ロトムのダイバーン(特殊140)がオッカ込みで162~192ダメ。69%の確率で耐える。・A142ミミッキュのいのちのたまA2段階上昇ダイホロウ(物理120)が152~179ダメ。確定耐え。・A156ミミッキュのいのちのたまA2段階上昇ダイホロウ(物理120)が165~196ダメ。50%の確率で耐える。・C177サザンドラのC2段階上昇ダイアーク(特殊130)が153~181ダメ。94%の確率で耐える。・C189トゲキッスのC2段階上昇かえんほうしゃがオッカ込みで152~180ダメ。確定耐え。・A184エースバーンのかえんボールがオッカ込みで152~180ダメ。確定耐え。選出目安:ミミッキュ・ドラパルト・トゲキッス・カビゴン・ドリュウズ・ギャラドス・サザンドラ・ロトム水・カバルドン・ギルガルド・ドヒドイデ・ラプラス・ウオノラゴン・オーロンゲ・パルシェン・トリトドン・ガマゲロゲ・ブラッキー 3、ドラパルト性格:ひかえめ配分:164(4)-126-95-167(252)-95-194(252)技:りゅうせいぐん(140) シャドーボール(130) かえんほうしゃ(130) 10まんボルト(130)持ち物:こだわりスカーフ特性:すりぬけCSぶっぱ。S2段階上昇最速80族抜き。B耐久を上げるかD耐久を上げるか優劣が付けられない為、残りH。アタッカーその1。優先的にダイマックスを切りたいポケモン。火力と素早さを上げてくるポケモンに対して先制して倒したり、攻撃範囲の広さを活かしてダイマックス技で数的不利を覆したり出来る。・H133D68ダイマックスアイアント(H266)にかえんほうしゃが336~396ダメ。確定1発。特性すりぬけにより、ひかりのかべ無効。・H151D91ダイマックスオノノクス(H302)にりゅうせいぐんが270~318ダメ。ステルスロック1回(実質36ダメ)込みで確定1発。・D110サザンドラにりゅうせいぐんが222~264ダメ。・D110サザンドラにダイドラグーン(特殊140)が240~284ダメ。・H167D110サザンドラがみがわり(41ダメ)1回使用後にダイマックスした場合(H252)、75%の確率で突破出来る。・H171D120ダイマックスギャラドス(H342)にダイサンダーが272~324ダメ。ステルスロック1回(実質84ダメ)込みで確定1発。・選出目安:ドラパルト・ドリュウズ・ギャラドス・サザンドラ・ロトム水・アーマーガア・ギルガルド・ガラルヒヒダルマ・ロトム炎・ナットレイ・パッチラゴン・ラプラス・ウオノラゴン・エースバーン・ロトム草・アイアント・ガマゲロゲ・ウインディ4、ドヒドイデ性格:ずぶとい配分:157(252)-61-224(252)-73-163(4)-55技:ねっとう(130) トーチカ くろいきり じこさいせい持ち物:くろいヘドロ特性:さいせいりょくHBぶっぱ、残りD。相手のミミッキュが重くなった事と格闘タイプに受け出しする事を考慮して配分をHDからHBに変更した。まもるを持つ事で、相手のダイマックスターンを枯らす事にも貢献出来る。くろいきりは総合時間制とは相性が悪い技ではあるが、相手のダイマックスによって上下した能力を元に戻す点で役立った。選出目安:ミミッキュ・ドラパルト・カビゴン・アーマーガア・ギルガルド・ガラルヒヒダルマ・ナットレイ・バンギラス・ニンフィア・ドヒドイデ・ウオノラゴン・エースバーン・オーロンゲ・パルシェン・ウインディ・ブラッキー・ピクシー5、ドリュウズ性格:ようき配分:185-187(252)-80-63-86(4)-154(252)技:じしん(130) アイアンヘッド(130) かわらわり(90) つのドリル(130)持ち物:とつげきチョッキ特性:かたやぶりA→CSトゲキッスをダイアタック+ダイスチルで倒す目的でぶっぱ。S→トゲキッスよりも速い146以上であればなんでもいい。D→トゲキッスの被ダメージを下げる目的で4振り。アタッカーその2。トゲキッス対策。ダイマックスのタイミングで択が発生してしまう点が弱点。ダイナックルを絡めてドリュウズ受けを突破したい。採用技はトゲキッスの打点となるアイアンヘッドと、トゲキッスのじゃくてんほけんを発動させないようにダイスチルの前に撃つ為のつのドリルとかわらわり。残りの枠はかたやぶりの恩恵を受けられるじしんを採用した。・B115トゲキッスにダイアタック(物理130)が80~95ダメ。・B115トゲキッスにダイスチル(物理130)が240~284ダメ。→H161B115ダイマックストゲキッス(H322)をダイアタック(物理130)+ ダイスチル(物理130)で99%の確率で突破。・B115トゲキッスにダイナックル(物理90)が14~16ダメ。・B115トゲキッスにA1段階上昇ダイスチル(物理130)が356~422ダメ。→H191B115ダイマックストゲキッス(H382)をダイナックル(物理90)+A1段階上昇ダイスチル(物理130)で82%の確率で突破。・C172トゲキッスのC2段階上昇ダイジェット(特殊130)が97~115ダメ。・C172トゲキッスのC2段階上昇ダイバーン(特殊130)が260~308ダメ。→C172トゲキッスのC2段階上昇ダイジェット(特殊130)+ C2段階上昇ダイバーン(特殊130)は11%の確率でしか耐えない。交代際にトゲキッスがわるだくみを積んだ場合は、ダイアタック→ダイスチルを選択し、耐久無振りの可能性に賭けて倒しにいく。・H202B128オーロンゲにかわらわりが42~50ダメ。オーロンゲの体力が赤ゲージ(20%以下)であれば確実に倒せる。選出目安:ミミッキュ・トゲキッス・ロトム水・ギルガルド・ロトム炎・バンギラス・ニンフィア・ドヒドイデ・パッチラゴン・ラプラス・オーロンゲ・ロトム草・ピクシー6、ミミッキュ性格:いじっぱり配分:131(4)-156(252)-100-63-125-148(252)技:ゴーストダイブ(130) じゃれつく(130) つるぎのまい かげうち(90)持ち物:いのちのたま特性:ばけのかわ・ASぶっぱ。残りH。アタッカーその3。ドラパルトやドリュウズが通せない時に誤魔化し役として選出する。性格をいじっぱりにする事によって、ダイマックスを温存した物理受けを突破出来る可能性が生まれる。・H205B172アーマーガアにA2段階上昇いのちのたまダイホロウ(物理130)が173~204ダメ。ステルスロック1回(25ダメ)込みで81%の確率で突破。・H157B224ドヒドイデにA2段階上昇いのちのたまダイホロウ(物理130)が133~157ダメ。ステルスロック1回(19ダメ)込みで81%の確率で突破。・H215B187カバルドンにA2段階上昇いのちのたまダイホロウ(物理130)が160~188ダメ。やどりぎのタネ2回(52ダメ)込みで88%の確率で突破。選出目安:ドラパルト・トゲキッス・カビゴン・ギャラドス・ロトム水・カバルドン・ギルガルド・ガラルヒヒダルマ・ロトム炎・バンギラス・ニンフィア・パッチラゴン・ラプラス・ウオノラゴン・ロトム草・リザードン・トリトドン・ブラッキー・ピクシー 【おまけ】あめおふ!3位決定戦 動画 VS Liveraさんhttps://www.youtube.com/watch?

ミミッキュ育成論 :... 【INC May】ハリタンザン【ポケモン剣盾・ダブル】 | APPDATE

ダイマックス枯らし

これがダイマックス枯らしの主力となるでしょう。 いたみわけ みがわりで削った体力を回復させるのに使う。 さらに相手のhpも削れるので一石二鳥。 でんじは ダイマックス枯らしがしにくい状況の時に、 少しでも後続のサポートをするため。 v=AWOT6xyu5fo【第9回あめおふ!選出ログ(2020年2月23日)】※先発は左端に記載。※()内は選出されなかったポケモン。予選1戦目相手:ポットデス ウオノラゴン メタモン (ドリュウズ リザードン ドラパルト)自分:ナットレイ ドラパルト ミミッキュ→勝ち予選2戦目相手:ルカリオ カバルドン サザンドラ (カビゴン ドラパルト ミミッキュ)自分:ナットレイ ドラパルト ミミッキュ→負け予選3戦目相手:ウインディ アーマーガア エルフーン (ドラパルト ガマゲロゲ ロトム水)自分:ナットレイ ドラパルト ブラッキー→負け予選4戦目相手:オーロンゲ カビゴン トゲキッス (ドリュウズ エースバーン ギャラドス)自分:ナットレイ ドラパルト ドリュウズ →勝ち予選5戦目相手:モルペコ ドラパルト アーマーガア (ギルガルド バンギラス デリバード)自分:ナットレイ ドラパルト ミミッキュ→勝ち予選6戦目相手:ギルガルド カビゴン トゲキッス (ミミッキュ パッチラゴン イワパレス)自分:ナットレイ ドラパルト ミミッキュ→勝ち予選7戦目相手:ギャラドス シャンデラ (ミミッキュ)(ローブシン ドラパルト ナットレイ)自分:ドヒドイデ ドラパルト ミミッキュ→負け予選8戦目相手:カバルドン ミミッキュ サザンドラ (ドリュウズ ギルガルド カビゴン)自分:ナットレイ ドラパルト ブラッキー→勝ち予選9戦目相手:サンダース ドリュウズ ギャラドス (ミミッキュ パルシェン ドラパルト)自分:ナットレイ ドラパルト ブラッキー→勝ち予選10戦目相手:ドリュウズ ブラッキー ガラルサニーゴ (ドラパルト ナットレイ ドヒドイデ)自分:ナットレイ ブラッキー ドヒドイデ→勝ち予選7勝3敗 予選抜け準々決勝 野上さん相手:ストリンダーハイ アーマーガア カビゴン (ドラパルト ミミッキュ ギルガルド)自分:ブラッキー ドリュウズ ドラパルト→勝ち準決勝 ばっどさん相手:ミミッキュ トゲキッス (ロトム水)(タイプ:ヌル アイアント ホルード)自分:ナットレイ ドリュウズ ドラパルト→負け3位決定戦 Liveraさん相手:ドサイドン タイプ:ヌル アイアント (ウオノラゴン ドラパルト オーロンゲ)自分:ナットレイ ブラッキー ドラパルト→勝ち【第2回Battle Rebolution選出ログ】予選1戦目相手:ギルガルド ミミッキュ ロトム水 (ルカリオ ドラパルト ウオノラゴン)自分:ナットレイ ミミッキュ ドラパルト→勝ち予選2戦目相手:カバルドン カビゴン ギャラドス (サザンドラ ギルガルド エルフーン)自分:ナットレイ ドラパルト ブラッキー→勝ち予選3戦目相手:ドラパルト アーマーガア ミミッキュ (バンギラス ドリュウズ ロトム炎)自分:ナットレイ ブラッキー ドラパルト→負け予選4戦目相手:シャワーズ ドラパルト アーマーガア (ミミッキュ ドリュウズ ピクシー)自分:ドラパルト ドリュウズ ミミッキュ→勝ち予選5戦目相手:ルカリオ カバルドン ドラパルト (トゲキッス カビゴン ロトム水)自分:ナットレイ ミミッキュ ドラパルト→勝ち予選6戦目相手:ガラルヒヒダルマ カビゴン ゲンガー (ドヒドイデ ミミッキュ アーマーガア)自分:ナットレイ ドヒドイデ ドラパルト→勝ち予選7戦目相手:ミミッキュ ガラルヒヒダルマ シザリガー (ドラパルト カビゴン アーマーガア)自分:ナットレイ ドラパルト ブラッキー→勝ち予選8戦目相手:ガラルヒヒダルマ アーマーガア ピクシー(ドラパルト ホルード ドヒドイデ)自分:ナットレイ ミミッキュ ドラパルト→負け予選6勝2敗 予選落ち【スペシャルサンクス】どなさん→似た構築を使って頂き、いろいろ意見を頂きました。ドヒドイデの性格変更はどなさんがきっかけです。ありがとうございました。以上となります。ここまで読んで頂きありがとうございました。

【ポケモン剣盾】ダイマックス対策で順位を上げる方法【徹底解説】 ... 【ポケモン剣盾】最新シングルバトル環境・最強Tierランキングまとめ(※シーズン1最終版)【ソード・シールド】

ダイマックス枯らし

【ポケモン剣盾】ダイマックス対策で順位を上げる方法【徹底解説】 2. 相手のダイマックスを枯らし、こちらのダイマックスを3ターンフルで使って削る; 3. 初心者向けダイマックス対策:簡単な方法. 3.1. こだわりハチマキ+高火力ポケモン+タイプ一致 ... はじめに アローラ!麹屋です。 今回は公式大会International Challenge Mayで使用した、セキタンザン+ハリーセンを軸にした構築を紹介させていただきます。 構築経緯 「そういえばキョダイマックスセキタンザンを育てたのに使っていないな」と気付いたので構築をスタート。 特性じょうききかん(水or炎タイプのわざを受けるとすばやさが6段階上昇)のセキタンザンを軸にした構築では、なみのりドラパルトorアクアジェットアシレーヌでセキタンザンを起動するのが主流でした。 しかし、個人的にアクアジェットを採用するアシレーヌは特性うるおいボイスとダイマックスの噛み合わせの悪さ故にうまく扱える自信がなかったため、アシレーヌとの差別化が可能な別のアクアジェット要員を探すことにしました。 そして、コンボ始動の過程でHPが削れてしまうセキタンザンの耐久を特性いかくで補え、アクアジェットを使うことができる唯一無二の存在としてハリーセンに白羽の矢が立ちました。 構築に特性いかくが入ることにより、従来の前のめりなコンボPTという印象を払拭し、受けまわしを軸とし最後にセキタンザンのダイマックスで詰めるという動きを目指して構築を完成させました。 構築 個別解説 ハリーセン 性格:ようき 努力値:H252 D4 S252 実数値:172-106(まあまあ:個体値11~12)-105-54(ダメかも:個体値0)-76-150 蒸気機関の動力となる魚。

【ポケモン剣盾】メロメロって強くないですか? 【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

ダイマックス枯らし

ダイマックス枯らしに有効 『交換するまで効果が続く』 という仕様に関係するのが、今作の目玉仕様のダイマックスです。 ダイマックス状態だと、『ひるみ』や『アンコール』『かなしばり』など、多くの強力な状態変化が効かなくなります。 当初はセキタンザンの特性起動をアクアジェットのみに頼ろうとしていましたが、特攻種族値が55と低くタイプ一致補正込みのなみのりでもドラパルトのなみのりとダメージ量が変わらず、すばやさ種族値も85あり対ロトムキッスのような盤面では一番速く動けるため、アクアジェットとなみのりを両方採用しました。そのためAとCの個体値はなるべく下げています。 また、キョダイフンセキのスリップダメージと相性が良く、交代封じ効果も持つうずしおを採用しました。フシギバナやドリュウズなど、きあいのタスキを持ってセキタンザンを対策しようとしてくる相手に対して、セキタンザンがまもる(orダイウォール)→うずしおを当ててタスキ潰し+交代封じ→次ターンにアクアジェット+ダイバーンで処理するといった動きが決まると非常に爽快でした。 4枠目の技はみちづれ・でんじは・つぼをつくなど色々と試しましたが、最終的にちょうはつに落ち着きました。相手のトリックルーム展開やこのゆびとまれを封じて優勢を築く場面も多く、使いやすかったです。 とにかく盤面に残ってしまうと弱いポケモンであるのは間違いないので、仕事が終わったらさっさと交代させてしまいましょう。 セキタンザン 性格:いじっぱり 努力値:A252 D4 S252 実数値:185-145-140-90-111-82 ひたすら水をぶっかけられるボタ山。

【ポケモン初心者でも勝てる戦術解説】初手ダイマックス対面戦術【ポ... 【ソードシールド】もう受けさせない!耐久ポケモンの対策まとめ 【ポケモン剣盾】 – 攻略大百科

ダイマックス枯らし

初手ダイマックスし、不意打ち的に高火力を打ち込んでごっそり削りながら弱点保険やダイマックス技でバフをかけつつ突破する(1体目を倒す) 相手の2体目にダイホロウなどデバフを入れつつ、相手の切り返しのダイマックスでこちらのポケモンは倒れる。 いかくを絡めた受けまわしを軸にしたため、相手のいかくは交換で捌けばOKの精神で攻撃に全振り。すばやさは220振りで特性発動時最速すなかきドリュウズまで抜けるらしいですが、ミラー等を意識してこちらも全振りしました。 技は一致物理技のいわなだれとフレアドライブ、前述のうずしおと絡めた動きや交換の噛み合わせのためにまもるを採用。4枠目は当初だいばくはつを採用していましたが、爆発しても後続で展開できる準エースがいないのと、トリトドンやドサイドンに対して打点を持てると便利だなと思ったのでソーラービームに変更しました。 キョダイフンセキの毎ターン1/6ダメージが強すぎて撃てればだいたい勝ち、みたいな試合展開が多かったです。撃てれば、ね。 ミミッキュ 性格:いじっぱり 努力値:H228 A252 B28 実数値:159-156-104-x-125-116 キョダイフンセキによって消耗した相手を先制技で縛れる点と、トリックルームを採用できる点を評価して採用。