• 記事: 16145
  • 質問に対する回答: 17368
  • コメント: 26475
  • 準備ができて答え: 28817

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

ゲンタシン軟膏(ゲンタマイシン)の効果効能や副作用について! ホ... 褥瘡(じょくそう)の治療薬の種類と使い方【薬剤師監修】

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

軟膏は、いろいろな用途に手軽に使用できるので幅広く多くの方に使用されています。 しかし、気を付けなければならない点もいくつかありますし、お薬に対する考え方が時代ともに変化している部分もあります。 褥瘡いわゆる床ずれですが、高齢者や寝たきりの要介護状態の方にとっては大きな問題です。褥瘡および皮膚の問題は在宅ケアでは非常によくみると思います。昔は中々治らないことが多かったですが、現在は原因や対処法がわかってきたので、多くの褥瘡が治癒するようになってきました。 患者さんの身体の状態や、褥瘡が発生した原因、損傷の深さなどによっては、簡単に治癒しないこともありますが、原因発生状況に応じた治療をしていくと確実に良くなっていきます。褥瘡には塗り薬が使われますが、適切に治療していく為にも、その違いについてもう一度再確認してみてください。今回の記事では、薬剤師の立場から褥瘡治療についてお伝えしていきます。 ※この記事は処方薬等を紹介しておりますが、実際の薬剤の使用、治療等については主治医の指示・指導のもと行ってください。当記事を参考にして行ったこと、伝達などにより生じたトラブルについて当サイト・筆者は責任を負いませんのでご了承の上お読みください。褥瘡の薬について褥瘡に使えるぬり薬には様々なものがあります。患部が感染(細菌がいる+炎症が起こっている状態)している時に使うもの、感染は治癒しているその後に皮膚の治癒・再生(肉芽形成、上皮化)を促すもの、保湿により患部を保護するものなど、色々あります。ぬり薬は、基剤が油脂性や乳剤性、水溶性などありますが、褥瘡ではとくにその基剤も患部の治りに大きな影響を与えます。傷口の状態により選ぶときの大きなポイントになります。油脂性基剤軟膏(亜鉛華軟膏、アズノール軟膏、プロスタンディン軟膏など)油脂性基剤軟膏(亜鉛華軟膏、アズノール軟膏、プロスタンディン軟膏など)は、油分により褥瘡やその周辺の皮膚患部を保護する作用があります。乳剤性(オルセノン軟膏、ゲーベンクリーム、ソルコセリル軟膏など)褥瘡の治療に用いられる乳剤性(オルセノン軟膏、ゲーベンクリーム、ソルコセリル軟膏など)は、乾燥した皮膚に水分を与える作用があります。水溶性(アクトシン軟膏、ブロメライン軟膏、ユーパスタ軟膏、カデックス軟膏など)水溶性の褥瘡治療薬であるアクトシン軟膏、ブロメライン軟膏、ユーパスタ軟膏、カデックス軟膏などは、患部から出てくる浸出液を吸収する作用があります。深くひどい床ずれの場合しみ出た液(滲出液)を吸収することが重要です。滲出液を吸う外用薬や、医師の指示で感染の治療のための外用薬を使用します。 傷の周囲が赤くはれ、熱を持っている場合などは、入院治療を検討する必要があります。在宅での介護が可能かどうか、医師・看護師などへ相談しましょう。褥瘡の治療について床ずれには、傷の状態に応じて薬が使われます。よく使われる薬について、効果や使い方のポイントを紹介します。 *傷の周囲が赤くはれ、熱を持っている場合などは、入院治療を検討する必要があります。在宅での介護が可能かどうか、医師・看護師などへ相談しましょう。褥瘡に使用する薬剤褥瘡・床ずれには、傷の状態に応じて治療薬が使われます。ユーパスタ軟膏ユーパスタ軟膏はヨードと白糖を含みます。細菌を減らし、傷を治す作用があります。傷を洗浄後、適量をガーゼにのばして張るか、直接患部に塗り、ガーゼで保護します。カデックス軟膏カデックス軟膏は、ヨードと水を吸収する成分を含みます。細菌を減らし、浸出液を吸収して傷をきれいにすることで治りを早めます。傷を洗浄後、患部に500円玉の厚さ(約2~3㎜)を目安に塗布します。ゲーベンクリームゲーベンクリームは、銀を含む薬で、抗菌作用があります。この薬は水分を多く含むため、乾燥した傷によく使用されます。患部に2~3㎜の厚さに直接塗るか、ガーゼなどにのばして張ります。フィブラストスプレーフィブラストスプレーは、傷が治る過程で重要な血管新生作用や肉芽形成促進作用などがあります。通常、傷から約5㎝離して専用の噴霧器で噴きつけます。プロスタンディン軟膏プロスタンディン軟膏は、傷が治る過程で重要な循環改善や肉芽形成、表皮形成促進作用などの作用があります。褥瘡部位に発赤・紫斑などがある時発赤・紫斑などがある時は、褥瘡の傷口の除圧、保護が大切です。傷口の皮膚保護作用が高い油脂性基剤の外用剤(亜鉛化軟膏、アズノール軟膏、ブロスタンディン軟膏)を使用しましょう。褥瘡に化膿・感染、炎症を伴っている時褥瘡に化膿・感染、炎症を伴っている時には、感染制御作用を有するカデックス軟膏、ゲーベンクリーム、ユーパスタ軟膏の使用が推奨されます。カデックス軟膏、ブロメライン軟膏は壊死した皮膚組織を除去する作用も持っています。 また抗生物質の外用薬(ゲンタシン軟膏など)を用いてもよいでしょう。処置の際には患部をしっかりと洗浄することが大切です。 また、適切なデブリードマン(壊死組織の除去、キズの清浄化)や抗生剤の投与が必要なことがありますので、感染を疑った場合には早めに医師に見てもらいましょう。 褥瘡の感染の場合、皮膚の表面よりも奥の方で感染している場合もあります。皮膚の奥での化膿・感染は、早期治療が一番大切になってきます。皮膚の奥での化膿も発生していないか注意深く観察してみてく ださい。状態を観察して、記録して、適切な診察と治療を選択してもらうことが大切!キズの状態は時間と共に変化していきます。キズをよく観察し、その状態に最適なぬり薬を使えば、少しでも早くキズを治せるかもしれません。逆に、キズの状態に合わないぬり薬を漫然と使っていると、キズを悪化させる可能性もあるため注意が必要です。

陰部の痒み|【CARADA 健康相談】... 口の中・唇のトラブル(口内炎・口角炎・口唇炎・ヘルペス) | 坂戸市にっさい花みず木

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

陰部の痒み|q&a|【carada 健康相談】は 医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのq&aサイトです!人には言いにくいカラダやココロの悩みを匿名で相談できます。 口の中、唇のトラブルとは 口の中や唇は皮膚の粘膜が薄く傷付きやすいところです。そこで起きる症状には様々なものがあります。ここでは、比較的よくみられる口内炎、口角炎、口唇炎、口唇ヘルペスについて取り上げていきます。 口の中、唇のトラブル 口内炎 口内炎とは、口の中で起きる炎症による症状のことです。一般的には、小さく凹んで傷付いたような粘膜の変化のことをいいます。アフタと呼ばれることもあります。 口角炎 口角炎とは、口角の皮膚および粘膜に、キズやただれが生じるものです。口角部は皮膚が薄く刺激が多いいので荒れやすい場所です。口を開けた際に皮膚が膚引っ張り引き延ばされるのでそのことによっても切れやすくなります。歯医者さんで大きく口を開けたり、乾燥した状態で口を大きく開けることも原因の1つになります。睡眠不足や食生活の乱れ等でビタミンB2、B6が不足しても症状が出ることがあります。口角部は唾液でわずかな潤いがある場所なのでここに、カンジダというカビが着いて悪さをすることもあります。 口唇炎 口唇炎とは、口唇が炎症を起こして荒れてしまっている状態をいいます。カサカサと乾燥を伴うことがあるかもしれません。原因として食べ物の刺激や何度もなめてしまう習慣、義歯が合わずにこすれるなどがあります。また、口紅やリップなどが合わなくても口唇炎となることがあります。加わる刺激がそれほどなくてもアトピー性皮膚炎などの弱い肌質がある方はより出やすくなります。 口唇ヘルペス 口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスが原因のウイルスによる病気です。唇やその周辺に小さな水ぶくれができピリピリとした痛みを生じます。単純ヘルペスウイルスは人から人にうつることがあり、直接的な接触の他にタオルやグラスなどを介しても感染します。このウイルスは最初に感染が起こってもその人の体からいなくならずに、神経の根元に潜みウイルスに対する免疫の力が弱ってくると、潜んでいたウイルスが活性化して再発を繰り返すことがあります。 町野皮ふ科のこだわり 1 市販薬よりも、より効果的な治療を心がけています。 2 日常生活での注意点をお伝えします。 3 症状の原因について考えます。 診察、検査について 症状のある場所を診せて頂き、いつから症状があるのか確認します。口内炎ではベーチェット病という免疫の病気が原因になっていることもまれにあるので関連する症状についてもうかがっていきます。口角炎ではカンジダが疑われる場合には表面の薄皮を1枚薄く取って顕微鏡で調べる検査をすることがあります。口唇炎では疑わしい原因がある場合や、なかなか治らない場合はパッチテストをして原因になっている物を突き止めていくこともあります。口唇ヘルペスでは痛み止めや風邪薬などで起こる固定薬疹という病気に症状が似ているので、症状の出現前に飲んでいるお薬がないか確認することがあるかもしれません。 治療について 口内炎 軽い症状であれば1~2週間位で自然に良くなることもあります。痛みがつらい場合や食事の時に気になる場合は塗り薬や貼るシールで治療することをお勧めします。塗る薬や貼るシールは抗炎症作用のあるステロイドのうち口の中でも問題ないものを使用します。塗る薬はベタベタと粘膜にくっつき、貼るシールタイプは表面を覆うことでそれぞれ表面を保護し刺激から守ります。場合によってはビタミンB2、B6の薬を飲むこともあります。その他には炎症を抑える作用のある、アズノールうがい液が処方されることもあるかもしれません。 口角炎 口角部は刺激に弱いところなので加わる刺激から守る為に保湿剤を使います。よく使われる保湿剤は保湿効果が高く口に入っても問題のないプロペトを処方します。プロペトはワセリンから不純物を除き精製したものです。食事が刺激になってしまうことが多いので保湿剤は食べる前に塗ることをお勧めします。その他に口を開ける前、例えば歯医者さんの前や歯磨きの前に塗ってもよいかもしれません。1日に何度塗ってもかまわないものですので食前、食後、お風呂上がり、寝る前など治療開始の4~5日間は1日5~10回塗る事がお勧めです。保湿剤だけでは炎症を抑えることができないので弱いステロイドの塗り薬も使うことがあります。ステロイドの塗り薬は1日2回程度あまり長く塗らずに1週間程度で良くなるとともに終えることを目指します。カンジダというカビが原因となっている口角炎の場合はカビを抑える為の塗るお薬が処方されます。場合によっては、ビタミンB2、B6が処方されるかもしれません。 口唇炎 口角炎と同じように保湿剤で刺激から守り弱いステロイドのお薬で炎症を鎮めていきます。塗り方についても治療の始めは保湿剤を1日に何度も塗って守っていくことが良いかもしれません。原因として何か悪さをしているようなものがある場合にはそれを見付けて避けていくことが大切です。口を何度もなめてしまうと治りが悪くなるのでできる限りなめないようにして下さい。 口唇ヘルペス 抗ウイルス薬の内服薬と炎症を鎮める作用のあるアズノール軟膏が処方されます。症状が軽い場合にはウイルスを抑える作用のあるアラセナA軟膏だけが処方されるかもしれません。口唇ヘルペスはうつることがあるので家族の中でタオルや箸を誰かと一緒に使うことは治るまでの1週間程度避けるようにして下さい。 治療費について 治療費の目安 保険診療において一般的な3割負担の場合で算定します。1割負担の方は記載額の1/3 が、2割負担の方は2/3として下さい。受診の際には初診料(850円)や再診料(220円)円が必要となり、場合によって必要となる項目として外来管理加算(160円)や処方箋料(200円)等があります。また、処方薬がある場合は院外薬局で調剤料等(400~600円程度)がかかります。 その他に必要に応じて以下の項目がかかります。 口内炎 ・デキサルチン口腔用軟膏5g 1本 83円 ・アフタシール 10枚 117円 口角炎 ・プロペト10g 1本 7円 ・ロコイド軟膏 5g 1本 22円 <カンジダが疑われる場合> ・顕微境検査 663円 ・ニゾラールクリーム10g 1本 110円 口唇炎 ・プロペト10g 1本 7円 ・ロコイド軟膏 5g 1本 22円 ビタミン剤 口内炎、口角炎、口唇炎では、ビタミン剤が処方になることもあります。

ゲンタシン軟膏の陰部への効果と注意点 - メディカルエンジン 訪問介護でできる軟膏塗布の基準と注意したい5つの事。 | ヘルパー会議室

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

軟膏と言えば「オロナイン軟膏か、ゲンタシン軟膏か」と言っても過言ではないゲンタシン軟膏ですが、使う場所に制限はあるのでしょうか。ここでは、ゲンタシン軟膏の陰部への効果と注意点について解説していきたいと思います。 ・ハイボン 1日2回 7日分 47円 ・ピトキサール 1日2回 7日分 47円 口唇ヘルペス <抗ウイルス薬> ・ファムビル 1日3回 5日分 2,204円 ・バルトレックス 1日2回 5日分 1,216円 <軟膏> アラセナA軟膏 2g 1本 182円 アズノール軟膏 5g 4円 日常生活の注意点 口内炎 身体の不調を伝えるサインとして出てくることがあります。睡眠不足や食生活の問題がないか確認してみて下さい。予防する為にも十分な睡眠とバランスの取れた食事を取るようにしましょう。繰り返して治りの悪い口内炎の場合には単なる口内炎でないことが稀にあります。扁平苔癬という病気や口の中のカンジダ、稀ですがベーチェット病ということもありますのでそのままにせず受診してみて下さい。

【2020年】ゲンタシン軟膏は〇〇に効く?成分・正しい効果・注意点 – ... イソジンシュガーパスタ・メイスパンの使い方 | 「現役薬剤師が運営」お薬情報サイト

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

1-2. ゲンタシン軟膏の使い方. ゲンタシン軟膏は、伸びが良く、色や臭いや刺激感が特になく、塗りやすいお薬です。 通常は、1日1回〜数回、患部に塗るようにします。若しくは、ガーゼにのばしたものを患部に貼るようにします。 口角炎 口角炎も口内炎同じようにストレスや体調不良、睡眠不足が原因となることがあります。思いあたることがある場合には注意して下さい。口角炎になりやすい人は何度も繰り返すことがあります。乾燥しやすい時は特に口角部に積極的に保湿剤を使って守っていくようにしてみて下さい。歯医者さんに行く前には口角部にタップリと塗っていくことがお勧めです。 口唇炎 口唇炎も口角炎と同じように加わる刺激からまもる為に積極的に保湿剤を使うことが予防になります。治りが悪い場合には何か原因となっている物がないか考えていきます。リップクリームなどが原因なって荒れてしまうこともあるので場合によってはパッチテストをすることがあるかもしれません。 口唇ヘルペス 比較的感染力が強いウイルスです。直接触れたりタオルなどを介しても感染することがあります。患部はできるだけ触らないようにして下さい。もし触れたら手を洗いましょう。初めての感染の後、良くなっても繰り返し再発することがあります。ウイルスを抑える免疫の力が弱くなると再発しやすいのでヘルペスを繰り返す場合には、日常生活にも注意してみて下さい。 よくある質問 口内炎で歯磨きがしみます、歯磨きはしない方がよいですか? 口内炎の場所を歯ブラシでキズつけてしまうと治りも悪くなるのであたらないように注意は必要ですが、口の中を清潔に保つことは治療の為にも必要なことです。口内炎があっても当たらないように注意して、ぜひ歯磨きはして下さい。口内炎になりやすい場合は歯磨きをして口の中の環境を整えることが予防になるかもしれません。1日2~3回の歯磨きをお勧めします。 口内炎がある場合には日常生活で避けた方がよい物はありますか? 刺激の強い香辛料や熱い食べ物、たばこ、アルコールは治りを悪くすることがあります。できる限り控えて下さい。 口角炎のひび割れがひどいです。保湿剤やステロイドでも治りません。どうしたら良いですか? 保湿剤を使う場合でも塗り方によって効果に差が出ます。プロペトは食事の前にタップリと塗ることがお勧めです。塗る回数が少ないと効果がでづらいので1日に何度でも塗って下さい。ひび割れが酷い場合は亜鉛化軟膏というひび割れを保護して治していくお薬が使われることもあります。口角が切れて辛い場合は相談してみて下さい。 口唇炎が治りませんどうしたらよいですか? 治らない口唇炎の場合には何か原因となるものがあるかもしれません。原因としてリップクリームや口紅や金属製の食器や箸、携帯ボトルの飲み口、歯磨き粉、歯間ブラシの金属などがあります。疑われる場合はパッチテストで原因をつきとめて避けていく必要があります。また、口唇炎のようにみえても他の病気が隠れている時もあります。受診の際には治りが悪いことや、いつから続いているかを伝えるようにして下さい。 口唇ヘルペス感染後、年に何回も繰り返してしまいます。どうしたらよいですか? 口唇ヘルペスの症状がでたら、早い時期に治療する方が治りも早くなります。早い時期の治療は何度も繰り返してしまう症状の回数を減らすことにもつながります。症状が出たら、出来るだけ早い時期に受診して下さい。 口唇ヘルペスを何度も繰り返すのですが、症状が出た時の為にお薬を処方しておいてもらうことは出来ますか? 口唇ヘルペスの飲むお薬は口唇ヘルペスであると診断を確定してから処方する必要があります。口唇ヘルペスだと思っていても固定薬疹などの別の病の可能性もあります。その為症状が出ていない場合には口唇ヘルペスのお薬を処方することはできません。ぜひ、実際の症状がある時に受診して下さい。

ゲンタシン軟膏の効果・効能は?やけどや切り傷、あせもには使える? ... アスタットクリーム1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

塗り方. 塗り方は、綿棒を使ってゲンタシン軟膏を少量取り、そのまま患部に塗ればokです。傷口をしっかり覆うくらい少し厚めに塗っておくと良いでしょう。 塗り終わったら、患部を保護するために、軽くガーゼを当ててテープで固定しておきましょう 。 訪問介護の現場では、利用者に軟膏を塗布する機会が多いですよね。 利用者に軟膏を塗布する目的は「痒みを抑える」ことや、「皮膚を保護する」ことなど様々です。 ヘルパーが当然のように行っている軟膏塗布ですが 「軟膏塗布って医療行為じゃないの?」 「そもそもヘルパーの判断で塗布していいの?」 「家族から医療行為じゃないのか聞かれたけど大丈夫なんやろか?」 など、医療行為とならない軟膏塗布のボーダーラインって曖昧じゃないですか? そこで今回は ヘルパーができる軟膏塗布の判断基準 軟膏塗布での注意してほしい5つの事 予定外の軟膏塗布依頼への対応事例 を中心に軟膏塗布への疑問を解決していきましょう! 訪問介護で軟膏塗布は3つの条件を満たしていれば可能 「そもそも軟膏塗布をヘルパーが行うことがOKなのか?」という事に関して言うと、ヘルパーが利用者に軟膏塗布することは、条件を満たしていれば可能です。

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説 めでぃすた |... ヘルペスウイルス感染症治療薬(外用薬)の解説|日経メディカル処方薬事典

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

塗り方の基本3 軟膏、クリーム、ローションなどの先端を直接患部に付けない 【塗り方の基本2】と同様の理由で、汚染される原因になります。 ローションは頭皮に使う目的で使うことが多いですが、頭皮や髪の毛に先端が付かないように垂らすか、指で ... 判断するにあたって以下のことが基準となります。 ◇軽微な切り傷、擦り傷、やけど等について、専門的な判断や技術を必要としない処置をすること(汚物で汚れたガーゼの交換を含む) ◇患者の状態が以下の3条件を満たしていることを確認する必要があります。 患者が入院・入所して治療する必要がなく容態が安定していること 副作用の危険性や投薬量の調整等のため、医師又は看護職員による連続的な容態の経過観察が必要である場合ではないこと 内用薬については誤嚥の可能性、坐薬については肛門からの出血の可能性など、当該医薬品の使用そのものについて専門的配慮が必要な場合ではないこと ※厚生労働省 医師法17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈についての通知参照 では,この条件をふまえて不可能なことを具体的にあげてみましょう! 軟膏塗布が不可能な場合 褥瘡の処置となってしまう場合 本人や家族の依頼があっても医師の処方を受けていないもの 本人や家族がドラッグストアで買ってきたもの ケアプランの記載にないもの 病状が変化するなど不安定で看護師の指示が必要な場合 軟膏塗布する部位に新たな出血が見られる場合 このように専門的な管理が必要な場合には、医療行為となってしまうことがあります。

痒みを収めるステロイド軟膏の「正しい塗り方」とは?:達人に訊け!... 表皮剥離の処置方法について知りたい|ハテナース

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

「トントンって軟膏を置くようにちょっと塗る」ようにして上手く治ったので、私に自慢してきたわけですね。 薬剤師免許を取って32年間、私は、毎年盆と正月は必ず帰省していますが、そういえば一度も軟膏の塗り方を母に説明したことが無かったです。 軟膏塗布が可能かどうかわかりにくい場合の対応 例えば1年前に皮膚科を受診し処方されたかゆみ止めを、別の部位に生じた痒みに塗布してほしいと言われた場合。 結構良くある話でついうっかり塗布してしまいそうですが、 「今の痒みの生じている部位」と、「1年前に生じた痒みとは違うものかもしれない」と考えてみてください。 この場合、皮膚科受診し医師の判断や処方を受け、ケアマネジャーやサービス提供責任者を含めケアプランを作成しなおすことが必要となります。 訪問介護で軟膏を塗布する時の5つの注意事項 訪問介護で軟膏塗布をする場合、条件をクリアしていたら可能だということがわかりましたね。 では、軟膏を塗布する程度なら誰でも簡単にできそうですが、実は気をつけるべきポイントや守るべきことがあるのでしっかりチェックしておいてくださいね! 軟膏は「ただ塗れば良い」という事ではありません! 必ずゴム手袋を着用してから軟膏は塗布するように ゴム手袋は以下の5つの理由から感染予防として必須です。 傷のない皮膚からうつる感染症はもちろん、便、尿、嘔吐物、血液、体液、分泌物などからも感染するため 免疫力、抵抗力が低下していて感染リスクが高い利用者の在宅へ訪問することがほとんどであるため ヘルパー自身が他の利用者からのウイルスや細菌を運んでしまう可能性があるため ヘルパー自身の皮膚に切り傷などがある場合も、自身の感染リスクが高まるため ヘルパーがもっている疾患(例B型肝炎、C型肝炎など)を感染させないため 皮膚を清潔な状態にしてから塗布するように 軟膏を塗布する部位が不潔になっているなど汚れた状態では軟膏の効果が薄れてしまいます。

亀頭包皮炎で知っておきたい知識と軟膏について [ペニスのお悩み相...

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

ペニスが痒い、匂いがきつい、亀頭の色が変、といった異変があれば、亀頭包皮炎の可能性があります。放置したままにすると最悪の場合は陰茎癌になる危険もあるので、なるべく早く治療しましょう。亀頭包皮炎は菌による炎症で、主に軟膏で治療します。しかし、原因や症状によって効く ... 軟膏塗布の前には、陰部なら洗浄後に塗布、部位によってはホットタオルで拭いて清潔な状態にしてから塗布することが大切です。 塗布している薬のことを知っておく(名称や効能など) ステロイド系の軟膏 外用薬名:ダイアコート、リンデロンV、フルコート、ロコイドなど 効能:炎症を鎮め 毛細血管を引き締めて皮膚の赤みやかゆみをとる 使い方:優しく塗り、擦り込まない 非ステロイド系 外用薬名:オイラックスソフト、アズノールなど 効能:炎症を抑える 比較的軽い湿疹や痒みに 使い方:優しく塗り、擦り込まない 抗ヒスタミン成分 外用薬名:レスタミンコーワクリーム、ベナパスタ軟膏など 効能:かゆみをやわらげる 痒み止め かゆみを抑える 使い方:1日数回塗るか擦り込みます 抗生物質 外用薬名:ゲンタシン軟膏、フルコートF、テラマイシンなど 効能:細菌を殺菌する作用、病巣の清浄化 使い方:1日1回~数回 患部に塗ります このように、軟膏の用途によって塗布の目的や塗り方に違いがあります。

【2020年】ロコイド軟膏の作用と注意すべき副作用、市販薬はある? – ...

ゲンタシン軟膏 陰部 塗り方

ロコイド軟膏は、この5つのランクの中で、下から2番目の「普通(Medium)」に分類され、ステロイドの塗り薬の中では、比較的弱めに成分です。 1-3. ロコイド軟膏の使い方. 通常は、1日1〜数回、適量を患部に塗ります。症状によって適宜増減します。 ステロイド系のリンデロン軟膏であれば強い薬剤なので正常な皮膚には塗布すべきではありません。患部に範囲を定めて塗布します。(綿棒を使用する場合も多くあります) また、オイラックスなどのような痒み止めは伸びが良いものも多く出ているので、数回に分けて患部に擦り込むように塗布します。 様々なタイプの軟膏がありますが、塗布の際にはどのような目的で塗布するのかという効能と、使い方などをしっかり把握したうえで塗布していきましょう! 皮膚状態の観察を、必要ならば医療連携を 訪問介護を利用している利用者は、皮膚や体調が変化することがよくあります。 特に、糖尿病で人工透析患者だったり、廃用性症候群だったりとなど著しく状態の変化は起こります。 ヘルパーは「ただ決められているから軟膏を塗る」のではなく 観察力をもって皮膚状態に異常が無いかを観て、必要ならばサービス提供責任者や主治医、訪問看護に連絡し令閨を図っていくことが大切です。 ケアプランに記載があるかどうかの確認 ケアプランの内容をもとに実際に介護現場は動いています。 軟膏塗布がケアプランの中にあるかどうかも、必ず確認するようにしましょう。 「市販薬を塗ってほしい」と利用者や家族に言われた場合の対応 本人や家族からケアプランで決められている薬ではなく、ドラッグストアで購入したものを塗布してほしい、という要望はよくあります。 その場合、もちろんケアプランへの記載もなく、市販の薬なので主治医の許可もありません。となると、塗布することはできませんよね。 しかし、利用者やご家族の多くは介護保険でヘルパーを利用する細かいルールなど知りません。 まず、希望の外用薬はケアプランに入っていないことと、専門的な判断が必要になるのでヘルパーの一存では決められないことを伝えます。 そのあとで、ケアマネジャーに相談してみて良い方法を考えましょう! と伝えるのがベストです。くれぐれも勝手な判断をしないようにしましょうね。ヘルパー自身を守る為でもありますので。 まとめ 訪問介護でヘルパーが軟膏を塗布できることはメジャーとなりましたが、細かいルールや目的、塗布の方法など、理解しているヘルパーはどのくらいいるでしょうか? 予定外の軟膏塗布もよく出くわす事例なので、できる・できない、のボーダーラインをしっかりと把握し、自信をもって介護にあたれるようにしていきたいですね。