• 記事: 18788
  • 質問に対する回答: 30919
  • コメント: 22725
  • 準備ができて答え: 27312

かぐや様 テスト順位

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 - Wikipedia かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

かぐや様 テスト順位

その後かぐやから告白することによってかぐやと御行の交際が開始する展開となったため、擬人化された『かぐや様は告らせたい』と『天才たちの恋愛頭脳戦』の双方が死亡するという描写がなされた 。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ジャンル 青年漫画、学園ラブコメ、ギャグ 漫画 作者 赤坂アカ 出版社 集英社 掲載誌 ミラクルジャンプ週刊ヤングジャンプ レーベル ヤングジャンプ・コミックス 発表号 2015年6月号 - 2016年2月号(ミラクルジャンプ)2016年17号 - (週刊ヤングジャンプ) 発表期間 2015年5月19日 - 巻数 既刊18巻(2020年4月現在) アニメ:かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(第1期)かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(第2期) 原作 赤坂アカ 監督 畠山守 シリーズ構成 中西やすひろ 脚本 中西やすひろ、菅原雪絵 キャラクターデザイン 八尋裕子 音楽 羽岡佳 アニメーション制作 A-1 Pictures 製作 かぐや様は告らせたい製作委員会 放送局 毎日放送、TOKYO MXほか 放送期間 第1期:2019年1月 - 3月第2期:2020年4月 - 6月 話数 第1期:全12話第2期:全12話 テンプレート - ノート プロジェクト 漫画・アニメ ポータル 漫画・アニメ 『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(かぐやさまはこくらせたい てんさいたちのれんあいずのうせん)は、赤坂アカによる日本の漫画作品。通称『かぐや様』[1][2]。『ミラクルジャンプ』(集英社)にて2015年6月号から2016年2月号まで連載された。その後、掲載誌を『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移し、同年17号より連載中。なお、移籍に際して話数のカウントはリセットされているが単行本ではされていないため、ヤングジャンプでの話数に10を加えたものが単行本での話数となっていることが多い。シリーズ累計発行部数は2020年7月時点で1200万部を突破している[3]。

【忙しい人のための】かぐや様は告らせたい⑧【あらすじ紹介】

かぐや様 テスト順位

【本記事には「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のネタバレを含みます】2020年4月より、アニメ第2期が放送開始だそうです!ちなみに私、1期はdアニメで観ました。ドコモのサービスですが、もちろんドコモユーザ以外でも登録可能です。 スピンオフ作品として、『となりのヤングジャンプ』上で2018年6月から2020年6月まで連載されていた茶菓山しん太作画の『かぐや様は告らせたい 同人版』、『週刊ヤングジャンプ』2018年34号より連載されているG3井田作画の『かぐや様を語りたい』がある。 目次 1 あらすじ 2 登場人物 2.1 秀知院学園 2.1.1 高等部生徒会 2.1.2 高等部2年 2.1.3 高等部1年 2.1.4 高等部3年 2.1.5 中等部生徒会 2.1.6 教員 2.2 四宮家 2.3 白銀家 2.4 藤原家 2.5 その他の人物 3 作中用語 4 書誌情報 4.1 コミックス 4.2 ノベライズ 4.3 ファンブック 5 テレビアニメ 5.1 スタッフ 5.2 主題歌 5.2.1 第1期 5.2.2 第2期 5.3 各話リスト 5.4 放送局 5.5 BD / DVD 5.6 Webラジオ 5.6.1 ラジオCD 6 実写映画 6.1 スタッフ(映画) 6.2 公開後 7 脚注 7.1 注釈 7.2 出典 8 外部リンク あらすじ 将来を期待されたエリートたちが集う名門校・秀知院学園(しゅうちいんがくえん)。

【かぐや様は告らせたい】藤原千花の口が悪くて毒舌なシーンまとめ – ...

かぐや様 テスト順位

引用:かぐや様は告らせたい 第107話 より 【一言】 思わず会長の人間性まで否定してしまう藤原書記。ここまでくると藤原書記が毒舌が悪いんじゃなくて、こんなことを言わせてしまう会長の歌の方が悪いのかもしれない。 その生徒会のメンバーである副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行はお互いに惹かれ合っているものの、高すぎるプライドが邪魔をして半年が経っても告白することが出来ない。素直になれない二人は、いつしか自分から告白することを「負け」と捉え、「いかにして相手に告白させるか」ばかりを考えるようになり、権謀術数の限りを尽くした“恋愛頭脳戦”を繰り広げる。但し、連載が進むうちに“恋愛頭脳戦”描写および展開は減っていき、極度のツンデレ同士のギャグ色の濃いラブコメとなっている。作者の赤坂も、「正直『天才たちの恋愛頭脳戦』の看板はそろそろ外すべきではないだろうか」と公言していた[4]。その後かぐやから告白することによってかぐやと御行の交際が開始する展開となったため、擬人化された『かぐや様は告らせたい』と『天才たちの恋愛頭脳戦』の双方が死亡するという描写がなされた[5]。 登場人物 声はテレビアニメの声優、演は実写映画の俳優。 秀知院学園 高等部生徒会 四宮 かぐや(しのみや かぐや) 声 - 古賀葵[6] / 演 - 橋本環奈[7] 本作の主人公の一人。高等部2年A組の女子。生徒会副会長。弓道部に所属しており、現在はあまり顔を出していないものの実力は全国大会レベル。1月1日生まれ[8]。AB型[9]。

『かぐや様は告らせたい』、マキちゃんが最高すぎた件! ヤマカム

かぐや様 テスト順位

『かぐや様は告らせたい』はついに来たかって感じですね。なにがってマキちゃんが四条眞妃だと確定したからなり。 第88話のサブタイトルは「四条眞妃は何とかしたい」である。 総資産200兆円を誇る巨大財閥『四宮グループ』の令嬢であり、エリカからは「二年の姫君」と評された容姿端麗な美少女。兄が3人いる。一人称は「私」。 長めの黒髪を後ろで纏めており、リボンの色にはバリエーションがある。胸の大きさは控えめで、千花の大きな胸に対しては複雑な心境を抱く。 その血筋の良さから、勉学はもとより、芸事・音楽・武芸など何をやらせても高いレベルでこなせる「万能型の天才」であるが、四宮家の教育方針の影響もあり、無意識に他人を見下したり、利用価値の有無を真っ先に考えることもある。「お可愛いこと…」と見下すように呟くかぐやの姿が頻繁に登場するが、大部分は白銀の想像である。また、かぐやの側でも、白銀に弱みを見せた場合に「お可愛い奴め」などと言われることを想像する場面がある。かなり嫉妬深い性格をしており、白銀と千花が親しくしているさまを見て、親友のはずの千花と心中で一方的に絶交したこともある。 中等部から高等部入学当初(秀知院学園は中高一貫校)は人を寄せつけず刺々しい雰囲気を漂わせていたが、生徒会に入ったことを機に「人に好かれる努力」をして社交性を会得した。基本的に利己主義的な考えの持ち主であるが、困っている子供には手を差し伸べてあげたりと心優しい一面も持ち合わせている。また、自分のルールや宣言したことは決して曲げない人間性を持つ。 四宮家の本邸は京都にあるが、泉岳寺にある四宮別邸に住んでいる。普段の身の回りの世話はハウスキーパーが行い、学校への送り迎えには専用車を使用、食事は三ツ星ホテルでスカウトされたプロの料理人が作るなど、かなり浮世離れした生活を送る筋金入りの箱入り娘である。そのため、世間知らずで世俗に疎いところがあり、庶民的な物事に憧れる一面もある。携帯電話は幼稚園から同一のガラケーを愛用していたが、作中で破損してしまっためスマートフォンに買い替えている。 白銀には好意を抱いているものの、持ち前のプライドの高さから素直になることが出来ず(「自分は竜で下賎なミミズとどうして付き合えましょう、ただし白銀はミミズにしては良い線を行っている」とモノローグで語っているが、実際は白銀の優しい面にコンプレックスがあり、自認している性格の悪さが受け入れられないのではないかと不安に思っている)、白銀の方から告白をさせるべく策を講じるようになる。目的のためには手段を選ばず、時には『四宮グループ』の財力と権力を生かした大掛かりな根回しも厭わないが、それが恋愛感情だとは頑として認めていなかった。白銀の受け答えについて、幅広いケースに合わせて想定したマニュアルを作成している。白銀の弱点を注意深く探しているが、すぐそばで白銀が弱点を晒しているときに限って気付いていない。「敗北も処世術のうち」という考えから、勝負事においても本気を出すことはあまりないが、勉学においては全力を尽くしても白銀に勝てず、打倒白銀に執念を燃やしている。白銀への想いが嵩じて倒れ、救急車で運ばれる事態にまで発展したため、右手を左頬に当てることで即座に冷静さを取り戻すというルーティーンを習得した[注 1]。 恋というものが何であるかはまだよく理解していないが、周囲からは恋愛の達人と見られており、女生徒から恋愛相談を持ちかけられることもある。性に関する情報を極端に制限されて育てられており、「初体験」とはキスの経験の事だと思っていた。その後、独学で知識をつけたが、「ちんちん」という単語を聞いただけで笑いが止まらなくなるなど、下ネタへの耐性は極端に低い。目つきが悪いのが好き[注 2]。 情緒不安定な面があり、多重人格に近いほど異なった様子をみせることがあるほか、かぐやの脳内ではそれらの面が頭脳(内)戦と称して討議するなど、それぞれがやりとりを行う場面も描かれている。 かぐや(氷) かぐやのロジカルな面が強調された状態。中等部時代のあだ名である「氷のかぐや姫」から来ており、四宮家の帝王学を実践する、非情で近づき難い性格のため、氷のかぐや姫時代には千花以外の人間は寄り付かないような状況だった。柏木曰く「普段の100倍賢い」。普段のかぐやとは外見が大きく異なっており、ロングヘアーで表情の変化に乏しい。 かぐやの人間性を形成する骨幹的な人格で最も素に近い。作中における普段のかぐやは白銀によく思われようと取り繕っている最もペルソナの強い状態であり、早坂や石上などかぐやが気の置けない存在と認識している特定の人物の前では時折この氷らしき性質が顔を覗かせる。その非情さというのも他人との違いから想いを汲み取れない不器用さに起因しており、自身の人間性に強いコンプレックスを抱き、自己嫌悪が非常に強く繊細と、抑え込んでいる感情がストレートに現れている。 かぐや(幼) 普段から脳をフル回転させているため、風邪をひくと反動で出現する人格。幼児退行気味の行動を取る。 かぐや(アホ) 白銀への想いが嵩じて知能レベルが著しく低下したかぐや。頭に花を生やしている。最近になって出て来た性格で、氷かぐやからは新参者呼ばわりされている。氷かぐやの天才思考の邪魔をする。普段のかぐやは「氷かぐやをベースに抑制力としてアホかぐやが混ざり、白銀に気に入られるための立ち振る舞いをしている状態」といえる。 かぐやちゃん 藤原いわくハッピー6割・現実逃避4割・睡眠不足という条件を全て満たしたときにのみ現れる「レアかぐや」。藤原も3回しか見たことがない。人格はかぐや(アホ)。作中では極端にデフォルメされた姿で描かれる。 白銀 御行(しろがね みゆき) 声 - 古川慎[6]、大地葉(幼い白銀) / 演 - 平野紫耀 (King & Prince)[7] 本作の主人公の一人。高等部2年B組の男子。生徒会会長。前生徒会庶務。9月9日生まれ。O型[8]。

【最新刊】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 18巻 赤...

かぐや様 テスト順位

【最新刊】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 18巻。無料本・試し読みあり!「恋愛は告白した方が負けなのである!」 エリートの集う秀知院学園生徒会で出会った会長・白銀御行と副会長・四宮かぐや。この両想いであるはずの天才2人が、互いに相手に惚れさせ、相手から ... 父親と妹の三人暮らしで、父は白銀にそっくりの容貌、妹は同学園の中等部に通っている。一人称は「俺」。 髪の色は明るいが単なる漫画的表現であり、純日本人である。長時間の勉強により近眼となっており、極度の睡眠不足のせいで目つきが悪いことをコンプレックスにしている。好物は牡蠣。学園内では少数派である一般階層の出であり、高校からの外部入学。通学(往復二時間)にはママチャリを使っている。周囲に迎合せず、本編開始からしばらくの間はスマホを持っていなかったが、通信料の低下や近隣の使用状況を受けて防水スマホを購入した[注 3]。「天才であること」を自認し、偏差値77前後と高い学力レベルを誇る学園内で常に成績1位を維持、全国模試でもトップを争う学力を持つ。さらに、その模範的な立ち居振る舞いもあって生徒からの衆望を一身に集め、煩悩も抱いてないと思われるなど実際以上に美化したイメージで見られている。 漢検2級・英検準1級・危険物取扱者(乙4)・ひよこ鑑定士[注 4]など、多数の資格も取得している。弁当を自作するなど、料理も得意(但し生魚はさばけない)。一見完璧な人間のようだが、なぞなぞを解くのが不得意、自宅の風呂で溺れるほどのカナヅチ、ゴキブリを発見すると立ったまま失神するほどに昆虫類が大の苦手、藤原が歌声を「なまこの内臓」と例えるほどの音痴、服飾の美的センスが中学2年生止まりなどと、弱点も多い[注 5]。しかし、自分のイメージを守るためそれらの弱点克服に並々ならぬ努力を行い、実際にかなりのレベルまで改善しているものもある。運動音痴ではあるもののこれはセンスの悪さが原因であり、前述の自転車通学や、新聞配達や引越業を含むアルバイト経験により、基礎体力および身体能力そのものは非常に高い。 生まれ持って才気煥発なかぐやとは対照的に、いわゆる「努力型の天才」であり、1日10時間の勉強を欠かさず行い、空いた時間でアルバイトもこなしている。努力や仕事といったものについては、好きというのを超えて中毒となっており、それに悪意なく他者を巻き込もうとすることがある。その多忙さから慢性的な睡眠不足に陥っており、カフェインを3時間に一度は摂取しないと電池切れのごとく突然寝てしまう[11][12]。 学園トップの成績の維持においては、王者として筆舌に尽くしがたいプレッシャーを抱えている。1年次の順位は9→4→1位。また万能型のかぐやに対して自分の武器が勉強一本であることも強く自覚し、勉強でまでかぐやに負けるとかぐやが遠い世界に行ってしまうと考え、かぐやにだけは負けない成績を取り続けるよう努力し続けている。しかしそれらの心理的圧迫は、決して他者には見せないようにしている。 プライドが高くやや思い込みが激しい点を除けば、極めて善良な人間性の持ち主であり、人からの相談や悩み事には誠心誠意付き合うなど面倒見が良い。困っている人間を放っておくことはせず、そういう人間を見つけ出す能力にも長けている。天体観測好きのロマンティストな一面もあり、芸術家気質でもある。キザな台詞を吐くことがあるが、昂揚した精神状態に由来するもので、冷静になっては「黒歴史」だと後悔する。 かぐやに好意を抱いているが、やはりそのプライドの高さから素直にはなれず(交際に時間を割く暇などない、但し四宮がどうしてもというなら考えなくもない、とモノローグで語っているが、実際は家柄や才能の差を気にして自分から告白すると対等にはなれないと思っている)、何とかかぐやの方から告白させようと腐心している。恋愛については百戦錬磨であると周囲から誤解されており、実際に女子からはモテているものの、その相手が奇人ばかりであったため交際には至らず、経験がないまま自信ばかりが肥大化した状態にあり、ナレーションで「モンスター童貞」であると説明されるほどで[13]、その恋愛観はかぐやが呆れるほど頓珍漢である。 かぐやから「お可愛いこと…」と侮蔑の目で見られるさまを想像することが多々あるが、このイメージは氷のかぐや時代からきているようで、作中では第132話(単行本15巻、第142話)まで実際に「お可愛いこと…」と罵倒の意味で言われたことは無かった[注 6]。 自宅環境は貧しく、妹と同室でカーテンで仕切りを作っている。 藤原 千花(ふじわら ちか) 声 - 小原好美[6] / 演 - 浅川梨奈[14] 本作のヒロイン。高等部2年B組の女子。生徒会書記。テーブルゲーム部に所属。三姉妹の次女。3月3日生まれ[8]。O型[9]。