• 記事: 16768
  • 質問に対する回答: 31188
  • コメント: 29820
  • 準備ができて答え: 22514

チャレンジタッチ 1年生

小学1年生|進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ) スマイルゼミとチャレンジタッチを実際に使ってわかったメリット・デメリット-小学生タブレット通信教育比較 | 暮らしラク

チャレンジタッチ 1年生

小学生のための通信教育「チャレンジタッチ1年生」「チャレンジ1年生」のご紹介。楽しく学習して力を伸ばすことができ ... 「小学生のタブレット通信教育は、スマイルゼミとチャレンジタッチのどちらがいいのだろう?」 子ども向けの通信教育はたくさんあり、学力を伸ばすための最適な手段はどれがよいのか迷ってしまいますよね。 我が家では長女が生後半年から「こどもちゃれんじ」を受講。しまじろうには大変お世話になりました。 小学校入学後はこどもちゃれんじの延長で、紙の教材である「オリジナルスタイル」を受講し、後半からは進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」に切り替えました。 その後、チャレンジタッチは少し簡単すぎたということもあり、ジャストシステムの「スマイルゼミ」に切り替えています。 親が選んだ教材って、本当に子どもに合っているのか不安になってきませんか? そこで、「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」のタブレット教材を実際に試して比較した結果、いいところと悪いところ、正直にお伝えしたいと思います。 ※記事内の価格表記は、すべて消費税込(10%)です。 通信教育を紙の教材からタブレット教材に変えた理由 小学校入学当初は、進研ゼミ小学講座(紙の教材)を受講していました。始めたばかりのころは、子どもの食いつきがとてもよかったです。 しかし、いつの間にか飽きてしまったのか、机の上に放置状態に..。 「今日は1ページだけでもやろうね。」と、毎回親が言わないと手をつけてくれません。 しかも、「これがわからない!習ってない!」「お母さん、丸をつけて!」と、親がほとんどつきっきりじゃないと先に進めないのです。 平日は仕事と保育園との往復だけで、親も子どももまったく勉強時間がとれないのが悩み..。 夜は食事の準備やら片付け・翌日の食事の下ごしらえがありますし、休日になると平日には行けない買い物やその他の雑用を片付けるなど、やることが盛りだくさんでそれだけで精一杯です。 「i Padのようなタブレットなら、自ら進んでやるかな?」 自動採点してくれるタブレット教材なら、自主的に取り組めるんじゃないかと思ったのが、紙からタブレット教材に変更した理由です。 実際タブレット教材に変えて大正解でした! 「今日も頑張る!」と、自分でタブレットを出してきて勉強するようになったのは、子どもが夢中になる仕組みがいっぱいに工夫されているタブレット教材のおかげだったのです。 実際に使ってわかった!チャレンジタッチとスマイルゼミを徹底比較 「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」は、タブレット教材の代表格。実際に使ってわかった両教材について、以下の4つのポイントに絞って徹底的に比較してみました。 料金の比較 教材の比較 両タブレットのスペック比較 両タブレットの使いやすさ比較 料金の比較 基本コースの料金比較 スマイルゼミ、チャレンジタッチ、双方ともに、以下の3パターンの支払い方法が選べます。

チャレンジタッチ1ねんせい|進研ゼミ小学講座 【2020年比較 チャレンジとチャレンジタッチ】紙とタブレット、どちらがいい? | 東大ママのゆるすご学習計画

チャレンジタッチ 1年生

<チャレンジタッチ1ねんせい>会員 埼玉県 1年生 s.cさん(おうちのかた) 学校の授業より少し先を勉強できるので、授業は復習のかたちになり、よく理解できていると感じます。 毎月払い 6ヶ月分一括払い 12ヶ月一括払い 最も割引率が高いお得な支払い方法である「12ヶ月分一括払い」で、双方の金額を比較してみます。(スマイルゼミは標準クラスで比較) 学年スマイルゼミチャレンジタッチ 小学1年生毎月:3,278円毎月:2,980円 合計:40,062円合計:37,280円 小学2年生毎月:3,520円毎月:2,980円 合計:44,220円合計:37,280円 小学3年生毎月:4,180円毎月:3,740円 合計:52,140円合計:46,260円 小学4年生毎月:4,840円毎月:4,430円 合計:60,720円合計:54,940円 小学5年生毎月:5,720円毎月:5,320円 合計:70,290円合計:64,660円 小学6年生毎月:6,270円毎月:5,730円 合計:75,240円合計:69,260円 学年が上がるにつれて、どちらも料金が数百円ずつ上がるのは共通しており、「チャレンジタッチ」の方が毎月の受講費は安くなっています。

チャレンジタッチ1年生の口コミ!デメリット知ってますか? - 進研ゼ... #チャレンジタッチ 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

チャレンジタッチ 1年生

ここでは、実際にチャレンジタッチ1年生にとりくんだわが家の. ♦チャレンジタッチ環境設定のこと ♦チャレンジタッチでできたこと ♦チャレンジタッチのメリット ♦挫折するとしたらこんなことだと思う をお伝えしたいと思います! しかし、数百円程度違うだけですので、気になるほど大きく違うわけでありません。 タブレット代金の比較 スマイルゼミチャレンジタッチ 10,978円0円 スマイルゼミは、会費の他に1年間の継続利用を前提として、初期費用として専用タブレット代が10,978円かかります。 チャレンジタッチは6か月以上続けて受講した場合、専用タブレット代は無料です。初期費用として約1万円の差はかなり大きいですよね。 タブレット交換代の比較 スマイルゼミチャレンジタッチ サポートサービス3,960円1,860円 タブレット交換6,600円で交換可能3,300円で交換可能 子どもがタブレットを落として壊してしまう可能性もあります。 何らかの理由で壊してしまったときのために、「スマイルゼミ」「チャレンジタッチ」双方ともに有償サポートが用意されています。 スマイルゼミ「タブレットあんしんサポート」 「スマイルゼミ」は、年間3,960円で入れる「タブレットあんしんサポート」という有償サポートがあり、万が一壊してしまっても、6,600円で交換できます。 タブレットの通常価格は43,780円ですから、「タブレットあんしんサポート」に入っておいた方がお得ですね。月換算すると、約300円で安心を買うことができます。 サポート期間中は1回までタブレット修理交換が可能。自然故障や火災・落雷・水漏れなどでタブレットが壊れた場合に保証されます。 我が家では、「スマイルゼミ」のタブレット画面を壊してしまったことがありました。 こたつテーブルで子どもと一緒に勉強をしていたのですが、こたつの足が誤ってタブレットの上に乗ってしまったところ、 バリバリに画面が割れました・・・。 実はサポートに入っていなかったために、オークションで落として何とか安く手に入れましたが、あまりオークションはおすすめしません。 スマイルゼミのタブレットの画面が故障・破損しても諦めない!我が家が戦って激安で仕入れた方法 2016年11月より「スマイルゼミタブレット3」に新しくバージョンアップされて、かなりタフな画面に生まれ変わりました。 小学校から使い始めて、中学校に進学しても使い続けることができます。 【スマイルゼミ】新タブレットのスペックや使い勝手は?スラスラ書けるペンとタフ過ぎる画面に感動 タブレットは子どもが使うので、何があるかわかりません。 我が家のようなバリバリ事件を起こさないためにも、「タブレットあんしんサポート」にぜひ加入することをおすすめいたします。 チャレンジタッチ「チャレンジパッドサポートサービス」 「チャレンジタッチ」には、年間1,860円で入れる「チャレンジパッドサポートサービス」という有償サポートがあります。 サポート期間中であれば、自己破損した場合に3,300円で交換できます。 サポートサービス無しの場合と比べると14,640円の差額があり、入っていたほうが安心でお得ですね。 なお、「チャレンジパッド」は小学生専用タブレットです。中学生からはi Padでの受講となり、中学に進学すると切り替える必要があります。 サポートサービスは入会時のみ加入できるので、万が一のことを考えて忘れずにサポートをつけるようにしましょう。 退会時の料金対応を比較 スマイルゼミチャレンジタッチ 返金対応受講月数に合わせて残金を返金受講月数に合わせて残金を返金 退会時のタブレット代追加請求6か月以上12か月未満:7,678円6ヶ月以上継続で追加請求なし 6か月未満:32,802円6ヶ月未満:9,900円 頑張って受講しようと思って始めてみても、途中で飽きて退会という可能性もあります。 両者とも受講期間の途中で退会した場合、支払い方法(毎月払いや6ヶ月一括払い)で計算し直して残金が返金されます。 両者で異なるのは、退会時のタブレット代の追加請求料金と発生する期間です。 スマイルゼミは12か月未満で退会すると追加料金が発生するのに対し、チャレンジタッチは6か月未満で退会または「チャレンジ」に変更した場合に追加料金が発生します。 長く続けられるか不安な場合は、退会時の金額はチャレンジタッチのほうが安くなっています。 しかし「スマイルゼミ」は、全額返金保証というキャンペーンを実施しています。全額返金保証期間中にタブレットを返却すれば、会費とタブレット代が全学返金されます。 金額の差があるとはいえ、短期間で退会した場合はどちらもそれなりのお金がかかることは覚えておきましょう。 スマイルゼミとチャレンジタッチの教材の比較 教材名スマイルゼミチャレンジタッチ 受講学年1年生~6年生1年生~6年生 対応教科1・2年生国語・算数・英語1・2年生国語・算数・英語 3年生国語・算数・理科・社会・英語3年生国語・算数・理科・社会・英語 4~6年生国語・算数・理科・社会・英語4~6年生国語・算数・理科・社会・英語 全学年プログラミング講座全学年プログラミング講座 教材に違いはなく、両社とも学べる教科は一緒です。

【チャレンジ1年生】評判が悪いって本当?ママ会でのリアルな口コミ!... 年間教材|小学6年生|進研ゼミ小学講座|ベネッセコーポレーション

チャレンジタッチ 1年生

【チャレンジ1年生】評判が悪いって本当なのか気になりますよね?そこで、ママ会でのリアルな口コミ!ネット上にはない、チャレンジ(進研ゼミ)の口コミをまとめています。 両タブレットのスペック比較 スマイルゼミのスペック 仕様 OSAndroid 外形寸法(Wx Dx H)270.0 x 180.0 x 10.2 mm メモリ2GB LPDDR3 フラッシュメモリ16GB 質量約550g ディスプレイ10.1型TFT(1280x800) ペン入力電磁誘導式デジタイザー タッチパネル静電容量式タッチパネル(10指対応マルチタッチスクリーン) HWキーVOLUME+/-、電源 通信機能IEEE802.11 a/b/g/n準拠、Bluetooth® Ver4.2準拠 センサーGセンサー、照度センサー、E-コンパス カメラ内蔵{有効画素数 500万画素(本体表面)/500万画素(本体裏面)} メモリーカードmicro SDメモリーカードスロット x 1 インターフェースヘッドホンマイク端子、micro USB2.0 x 1 外部出力 スピーカー/マイク内蔵(デュアルスピーカー、マイク) バッテリー容量6,000m A 本体付属品ACアダプター、デジタイザーペン チャレンジタッチのスペック 仕様 GPUImagination Technologies Power VR Rouge GE8300 So CMedia Tek MT8167 チップメーカーMedia Tek RAM2GB ROM16GB:システム領域1.79GB,ユーザー領域11.19GB ディスプレイ1280x800 mdpi(WXGA)、9.43(抵抗膜方式) OSAndroid 7.0 無線LANIEEE802.11b/g/n/a/ac(周波数帯域:2.4GHz/5GHz) Bluetooth搭載 その他Mini USB端子、イヤホンジャック、micro SDカードスロット、カメラ(前面、背面。背面はレンズ駆動式) センサー加速度センサーのみ カメラ前面500万画素(グレードアップ) カメラ背面500万画素 内蔵スピーカー○ イヤホンジャック○ タッチパネルのタイプ抵抗膜方式 マルチタッチ× 提供元不明のアプリ削除済み 最新ビルド番号01.05.000 セキュリティパッチ2019/8/5 センサー有無加速度センサー以外なし 見かけ上のスペックに大きな違いはありませんが、タッチパネルの仕組みに両社の違いがあります。

チャレンジ1年生のコースは「チャレンジタッチ」が良いと思う理由 チャレンジタッチ2年生の教材を紹介! | こどもちゃれんじ大好き!

チャレンジタッチ 1年生

進研ゼミのチャレンジ1年生のコース選択で迷っているなら、チャレンジタッチが一番良いです。勉強嫌いな長男は、タブレット勉強に切り替えてから、自己学習の習慣がつきました。 チャレンジタッチは「抵抗膜方式」なのに対し、スマイルゼミは「静電容量方式」です。 抵抗膜方式は、ニンテンドーDSや初期のスマートフォンによく使われており、2枚の電気抵抗のある膜が並んで、それを押すことで膜同士が接触して反応します。 静電容量方式は、抵抗膜方式に比べて透過率と画面の表示品質が高く、応答速度も速いです。最近のスマートフォンやタブレットはほぼこの方式で作られています。 選択問題でボタンをポン!と押したりするぐらいであれば、それほど違いはありませんが、書き込む学習だとスマイルゼミの方が圧倒的に感度がよく、なめらかで書きやすいです。 画面上で手をついて書けるかどうかの違いがあります。スマイルゼミは手の側面を画面につけて書くことができますが、チャレンジタッチは手を浮かせて書かないと書けません。 両タブレットの使いやすさ比較 スマイルゼミ、チャレンジタッチのタブレットの使いやすさを比較します。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。 チャレンジタッチのメリット 「チャレンジタッチ」のメリットは以下の点です。 タブレットなのに赤ペン先生の添削あり 間違えた問題をそのままにしない!「とき直しシステム」 タブレットなのに赤ペン先生の添削あり 紙の教材と比べて、タブレット教材は自動的に○や✕をつけてくれて、すぐに答え合わせできます。 でもやっぱり「がんばったね!」と手書きで温かいコメントをもらうほうが、子どもにとってうれしいものですよね。 「チャレンジタッチ」には「赤ペン先生のもんだい」として紙の添削がついてきます。郵送で送れば、受付後約3日で「チャレンジパッド」に回答が返却されてきます。 戻ってきたころには何を解いたのか忘れちゃっていることもありますが、3日ぐらいで返ってくるので非常にスピーディーに知識を定着させることができます。 間違えた問題をそのままにしない!「とき直しシステム」 チャレンジタッチは、練習問題の自動採点の後に、間違った問題だけをまとめてとき直せる「とき直しシステム」があります。 問題を間違えると、正しい考え方を解説してくれます。「わかった!」が積み上がり、自信につなげていくことができますね。 チャレンジタッチのデメリット 同じことの繰り返しで飽きてしまう その子によると思いますが、我が家では最初の数ヶ月は「チャレンジタッチ」に楽しく取り組んでいましたが、飽きてしまうのがとっても早かったです。 毎日同じ画面でボタンを押してドリルをやる。 この繰り返しだけだからです・・。 数ヶ月すると、新しいものが配信されてきてもほとんどやらなくなってしまいました。 理由を聞いてみたところ、「もう、これ習った〜!」と、学校ですでにやってしまったあとの内容が配信されていたようで、学習の進度によっては楽しくないこともあるようでした。 おうえんメッセージがシンプルすぎる 「チャレンジタッチ」には「おうえんネット」という、毎日の学習状況や成績・課題の提出状況・単元別の進捗状況がメールで配信される仕組みがあります。 「おうえんメッセージ」機能は、保護者が一方的に送るだけの仕様となっており、もっと子どもの様子が知りたかったり、会話を楽しみたい親としてはあまりにもシンプル過ぎるかも・・。 絵文字などで会話を楽しみたい方には、やや物足りないかもしれません。 スマイルゼミのメリット 次に「スマイルゼミ」のメリットをご紹介していきます。 「みまもるネット」で学習の状況が知ることができる 「みまもるトーク」で取り組んだ内容にスマホからコメントができる スマイルゼミは勉強後にちょっとしたゲームを楽しめる 「みまもるネット」で学習の状況を知ることができる 「スマイルゼミ」には、「みまもるネット」という機能がついており、学習全体の傾向や取り組みの様子を把握できる専用のWebサイトがあります。 今月どれぐらい学習したのか、1日の平均学習時間はどれくらいか、など、各教科の取り組み状況や学習記録・分析コメントなどがひと目でわかるようになっています。 「進んでいない教科はどれかな?」と、親は子供の学習状況を知ることができますので、とても便利です。 1日の合計学習時間などがグラフで視覚的に把握できるようになっており、とてもわかりやすいです。スマホからも見られるため、時間がない人には非常に良いサービスだと思います。 「みまもるトーク」で取り組んだ内容にスマホからコメントができる 「スマイルゼミ」には「みまもるトーク」という、子どもの声かけ機能があります。 仕事先などでスマホを見れば、どこまで取り組んだかがすぐにわかるようになっており、コメントを送れるようになっています。もちろんパソコンからも送れます。 「みまもるトーク」で週1日以上ほめられて励まされている子は、励まされていない子と比べると、週5日以上学習に取り組む率が約6.5倍になるというデータがあります。 ほめられることが、学習習慣の定着につながるのです! LINEのようにかわいい絵文字を送ることができたり、おじいちゃん・おばあちゃんともグループで登録して会話を楽しむことができます。 視覚的にも楽しい!と感じるのは、断然「スマイルゼミ」の方です。 親からのコメントやかわいいスタンプが来ることが、子どもたちの毎日のお楽しみであるようです。 学習だけでなく、「ただいま!」「遊びに行ってくるね!」といった毎日のちょっとした連絡にも便利に使えます。 親子のコミュニケーションツールとして、学習意欲向上にとっても役立っています。 スマイルゼミは勉強後にちょっとしたゲームを楽しめる 「スマイルゼミ」は、「スターアプリ」と呼ばれているゲームが多数入っていて、勉強したあとにちょっとしたゲームが楽しめます。 勉強をしてスターを3つ以上集めると、ゲームができる仕組みになっています。こんな楽しいアプリがあれば、大人でも楽しく勉強ができちゃいますよね。 スマイルゼミのデメリット 楽しくタブレット学習に取り組める「スマイルゼミ」にも、デメリットはあります。 タブレット代金が高い 「チャレンジタッチ」と比べると、「スマイルゼミ」は退会時に請求される金額がかなり高いです。 6か月未満で退会した場合は、32,802円を追加で支払う必要があります。6か月分の受講費よりも高くなってしまいますよね・・・。 タブレットが壊れてしまったときの交換費用も、サポートサービス無しならスマイルゼミは43,780円もかかります。 タブレットを壊してしまったときはスマイルゼミは、お金がかなりかかることは覚悟しておくとよいでしょう。 「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」のタブレット比較まとめ 通信教育のタブレット教材「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」を比較してきましたが、ここで検証結果をまとめておきます。 項目スマイルゼミチャレンジタッチ 全体のコスト△○ 勉強の難易度やや高め易しめ 教材の充実度○○ 勉強の定着度○○ 親のサポート○△ タブレットのスペック○△ タブレットサポートありあり タブレットの使いやすさ○△ タブレット使用可能時期中学校卒業まで小学校卒業まで 子どもが自分で飽きずに続けられる仕組みは、両社ともとても素晴らしいです。

チャレンジ1年生〈紙〉と〈タブレット〉学習習慣が身につくのはどっち... チャレンジタッチ退会から1年、3年生4月コースで再開しました | 職業主婦.com

チャレンジタッチ 1年生

チャレンジ1年生の2つのタイプと、紙教材がおすすめな理由をご紹介しましたがいかがでしたか? 1年生の子どもに「どちらが良い?」と尋ねたら、多くの子どもは興味本位から〈チャレンジタッチ〉を選ぶと思います。 いろいろ比較検討してみた結果、子供の学習状況・取り組み状況・表情などから判断した結果、 2つとも実際に試してみて、我が家には「スマイルゼミ」が断トツで合っていました。 長女と次女は毎日「スマイルゼミ」を楽しそうに取り組んでおり、『勉強しなさい!』と言ったことがほとんどありません。 こんなに夢中で学習できるようになったのも、「スマイルゼミ」のおかげと言えるでしょう。 「チャレンジタッチ」のほうがコスト面を考えると安くて良いかもしれませんが、どちらにしようか迷ったときは子供の意見を尊重してあげることが最も大切です。 タブレットは、ただのツールに過ぎません。 今後、学校教育でタブレットがひとり1台与えられるようになり、タブレットでの家庭学習が当たり前の時代がやってくることでしょう。 タブレット学習と英語授業が2020年から学校ではじまる!今から家庭で抑えておきたいポイント 子供の教育ってとてもむずかしいですが、忙しくても最後は親がしっかりとサポートする必要があると感じています。 親の押しつけではなく、親子で一緒に取り組むことがやる気をグッと引き出します。 子供と相談しながら、すばらしいタブレットの力を借りて、親子で楽しく学習を進めていきましょう。 「スマイルゼミ」の資料請求はこちら 専用タブレットで学べて、うれしい「全額返金保証」あり!小学生向け通信教育「スマイルゼミ」の資料請求をしてみる 「進研ゼミ」の資料請求はこちら 「進研ゼミ 小学講座」の無料体験教材と資料の申し込みはこちらから 「スマイルゼミ」を検討したいなら、まずは資料請求してみよう! 兄弟同時入会が断然お得! 「スマイルゼミ」は1人で入会するよりも、兄弟や姉妹での入会が断然お得です! 兄弟や姉妹だけではなく、お友だちも紹介しますと、お子さま1人につき1,000円分のギフトカードがもらえます。

チャレンジタッチ1年生を受講した【口コミ・2020年】タブレット学習の...

チャレンジタッチ 1年生

チャレンジタッチ1年生|進研ゼミ小学生講座って? チャレンジタッチいちねんせい4月号が届きました! 進研ゼミの小学生講座には、新1年生むけにデジタル(タブレット)中心で学習する「チャレンジタッチ」と 紙中心の「チャレンジ」があります。 Amazonギフト券やTポイント、WAONポイントや楽天Edyなど、各種ポイント・電子マネーに交換できる大変便利なデジタルギフトです。 同時に入会しなくても、すでに兄弟の方が会員であればもらうことができますので、兄弟がたくさんいるご家庭には、断然お得すぎるキャンペーンです! 「スマイルゼミ」の資料請求はこちら スマイルゼミ「体験会入会特典」あり 「スマイルゼミ」では、全国のショッピングモールやデパートで予約不要で試せる「スマイルゼミ体験会」を随時行っています。 実際に「スマイルゼミ」タブレットを触ってみることで、子供のタブレットへの好奇心がわかる絶好のチャンスです。実際に触ってみないと、適正はわからないですからね。 「スマイルゼミ」の資料請求をして体験会に行って入会すると、体験会限定入会特典がもらえます。 特典の内容は、資料請求することで自宅にお知らせが届きます。家計に大助かりなお得すぎる特典が盛りだくさんについてきます。 スマイルゼミ体験会2019年度の限定特典がお得すぎる!QRコードから申し込まないと本気で損しちゃう まずは無料で資料請求してみよう お得なキャンペーンもある「スマイルゼミ」を受講してみたいなと思われた方は、「資料請求フォーム」より無料で資料を請求できます。 まったく損しませんので、我が家も資料請求しました(笑) もし教材が合わなくて気に入らなかったら、入会しても「全額返金保証」があります。 家計にも優しく親心も安心できる「スマイルゼミ」。親子でじっくりと検討してみて下さいね。

進研ゼミのタブレット【チャレンジタッチ】新1年生が実際に使った感想...

チャレンジタッチ 1年生

新一年生もチャレンジタッチはゲーム感覚で続く. ずっと自分のスマフォを欲しがっていた息子、チャレンジタッチをゲットして大喜びです。 まずは、使い方をレクチャー。1年生ですからね。 ペンはココ。強くたたかない。汚れたところにはおかない。 【比較・結論】チャレンジとチャレンジタッチはどちらがいい? チャレンジとチャレンジタッチって、どちらがいいのかしら?どちらもよさそうで悩むわ~。 「進研ゼミ 小学講座」の「チャレンジ(紙)」と「チャレンジタッチ(タブレット)」はどちらがいいか?悩みますよね。 おすすめはズバリ、低学年では「チャレンジ(紙)」で始めて様子を見ながら、途中で「チャレンジタッチ(タブレット)」に切り替える作戦です。 チャレンジ(紙)で始めてチャレンジタッチ(タブレット)に切り替え作戦、おすすめの理由 最初はチャレンジで始めて、途中でチャレンジタッチにするってこと?最初からチャレンジタッチにするよりなにがいいのかしら? 理由1:チャレンジとチャレンジタッチにはどちらもよさがある 当たり前ですが、紙には紙の、タブレットにはタブレットのよさがあります。だから、どちらにしようか悩むのです。 悩むぐらいなら、両方のいいとこどりをしましょう! 理由2:小学校低学年では字を書くこと自体に慣れたほうがよい 低学年はまだ字を書くこと自体に慣れていないので、実際に紙に鉛筆で字を書く練習をする必要があります。 チャレンジタッチでも字を書く学習はできますが、やはりタブレットにタッチペンで書くのと、紙に鉛筆で書くのとは感触が違います。 学校ではまだまだノートやプリントなどの「紙」に書いて勉強するのが普通です。テストももちろん「紙」です。 低学年で学校の勉強についていけないというお子さんは、授業の内容がわからないというよりも、「書くのが遅い」「漢字がまちがっている」「書いても字が汚くて先生に何度もなおされる」などの理由もあります。 まず、字を書くことに慣れるため、低学年では「チャレンジ(紙で学習)」で始めることをおすすめします! 理由3:小学校高学年は忙しく、勉強も難しくなってくる 学年が上がってくると、子供たちも習い事や交友関係でそれなりに忙しくなってきます。中学受験をするしないにかかわらず、塾に行く子も増えてきます。 また、高学年になると学校にもすっかり慣れて要領がよくなり、反抗期が始まってきます。しかし、勉強はだんだん難しくなってきて、チャレンジの問題も同じように難しくなってきます。 忙しい上に勉強も難しくなってくると、「チャレンジをやるのが面倒だなあ」となり、だらけてしまう子も多いのではないでしょうか。 そこで「チャレンジタッチ」を投入です! 今まであまりタブレットを使っていないお子さんなら、自分専用のタブレットをもらえるというだけで、気分が上がるでしょう。 なるほど!うちの子も自分用のタブレットをほしがっていたけど、いきなり渡すのは心配だったのよね。 チャレンジタッチで慣れてもらってから普通のタブレットを買ってあげるのもいいかも。 チャレンジタッチのいいところは、自分の答えが合っているかどうかがすぐにわかるところです。 まちがった問題はとき直しもできます。つまり、自習にとても向いています。 低学年の頃は、勉強の時に「親に近くで見ていてほしい」「親にわからないところを教えてほしい」というお子さんが多いでしょう。 しかし、高学年にもなると、むしろ親に見られながら勉強するのはイヤなのではないでしょうか。 なので、高学年では、自分ひとりで勉強を進められる「チャレンジタッチ(タブレットで学習)」をおすすめします! 【比較】スマイルゼミとチャレンジタッチ、どちらがいい? テレビのCMで「スマイルゼミ」っていうのもよく見るけど、「チャレンジタッチ」とどちらがいいのかしら? タブレット学習では、テレビのCMでもよく見るジャストシステムの「スマイルゼミ」も有名です。 ネットで「スマイルゼミ チャレンジタッチ 比較」などと検索すると、たくさんの口コミや比較サイトが出てきます。 それらを参考にされる場合は、情報が新しいものかどうか確認しましょう。 私もタブレット学習を検討する時に、いろいろな比較サイトや口コミを見ましたが、内容が古かったりまちがっていたりするものが結構ありました。 わが家では「チャレンジタッチ」を使っていますが、新しいプログラムが追加されたりと、タブレット学習はどんどん進化していています。 比較サイトや口コミを参考にした場合でも、最終的には公式サイトで正しい情報を確認することをおすすめします。 「スマイルゼミ」も「チャレンジタッチ」も、無料で試せる期間や、1か月だけ受講できるなどのキャンペーンをやっている場合があります。 どちらにしようか悩んでいる場合は、実際に試してみることをおすすめします。 「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の詳細な比較は、別の記事でお話しします。 チャレンジタッチを使ってみた感想 わが家の小学生兄妹は、2人とも小さいころから「こどもちゃれんじ」をやっていて、そのまま「進研ゼミ 小学講座」に進みました。 最初は紙の「チャレンジ」をやっていましたが、兄は5年生の3学期に、妹は2年生の3学期に、「チャレンジタッチ」に変更しました。 チャレンジタッチにした今、、、 2人ともものすごく勉強してくれるようになりました! チャレンジタッチで学習した子供の感想 「チャレンジタッチ」で実際に学習した子供の感想です。 【兄:小学5年生~6年生で使用】 ●自分で全部勉強できるから、すごくやる気が出る。 ●キーボードが楽しい(付録でもらったもので、タイピングの練習にはまっている。) ●ジュエル(レッスンをやるともらえる)がたまると、色々なごほうびがあるのがいい。 ●「わくわく発見BOOK」が紙の時より読みにくい。 【妹:小学2年生~3年生で使用】 ●答えがあっているかどうかすぐわかるのがいい ●勉強がわかりやすい。 ●いろんなゲームやおえかきができて楽しい。 2人とも「チャレンジタッチ」のほうが楽しいようです。 「チャレンジタッチ」のデメリットとして、一つだけ感想がありました。 毎月ついてくる読み物「わくわく発見BOOK」が、「チャレンジタッチ」だと読みにくいので、紙の時のほうがよかったそうです。 確かに、こういった読み物の冊子は、ネットで読むより紙でできた本で読むほうが読みやすいですよね。 読書が好きなお子さんだと、紙の「チャレンジ」のほうが好きという場合もありそうです。 親の感想 まず一番よかったのは、親の負担はめちゃめちゃ軽くなりました(笑) マル付けはすべてチャレンジタッチがやってくれますし、毎日どこまで進んだかメールでお知らせがくるので、いちいち子供に確認する必要がありません。 子供とメールの交換ができるので、子供たちは時々「ママ、勉強がんばるよ!」といったかわいいイラスト入りのメールを送ってくれます。 親から子供あてに送るメールもかんたんに書けます。 ちょっと面倒なときは、いくつかのコメントとスタンプがあらかじめ用意されているので、それを選ぶだけであっという間にメールができます。 忙しいパパママには、とても便利ですね。 そしてなにより、自分から進んで勉強してくれるようになったのがよかったです! 自分から進んで勉強してくれるなんて、すばらしすぎるー! 「チャレンジ」から「チャレンジタッチ」に変更した子供たちの変化 紙の「チャレンジ」の時には、少なからずイヤイヤやっている感じがありましたが(苦笑)、「チャレンジタッチ」に変更してからは、毎日あきずに取り組んでいます。 そして「標準コース」の問題をやり終えると、無料でできる「挑戦コース」の問題まで自主的にやるようになりました。 もし1年生の最初から「チャレンジタッチ」だったら、子供は「チャレンジタッチ=勉強」と感じて、そこまで楽しくできなかったのではないかと思います。 最初に紙の「チャレンジ」をしていたからこそ、「チャレンジタッチ」が「勉強」というより、遊びやゲームに近い楽しいものに思えるようです。 たしかに! 1年生の最初から「チャレンジタッチ」をやってたら、高学年になった頃にあきちゃってたかもしれないわ~。 これはわが家の場合なので、もちろん紙の「チャレンジ」でもきちんと勉強に取り組めるお子さんもいらっしゃるでしょう。 その場合は、無理に「チャレンジタッチ」に変更しなくてもよいと思います。 なぜなら、中学受験・高校受験・大学受験や学校の定期テストなど、重要な試験やテストは、まだまだ紙に書いて行われることがほとんどだからです。