• 記事: 23367
  • 質問に対する回答: 21753
  • コメント: 19871
  • 準備ができて答え: 17913

アレグラ 風邪薬

アレグラとの飲み合わせ風邪薬は?抗生物質やビタミン剤は? アレグラ、アレロック、アレジオンと強さなどを比較!

アレグラ 風邪薬

アレグラと風邪薬の飲み合わせは、基本的には副作用が出る確率が上がることから、 避けたほうが良いです。しかし、アレグラ自体が弱い薬なのでほとんどの薬と併用できる. という意見もあります。これは個人差もあり一概には言えませんが、 ザイザルとアレグラ・アレロック・アレジオンとの比較 ザイザルの他にも、アレグラやアレロック、アレジオンなど、抗ヒスタミン作用のある医薬品は多数あります。 「ザイザルを服用しているが、市販のアレグラも気になる」「ザイザルが処方されたけど、他と比べてどのくらいの強さなの?」 などが気になる人もいるはずなので、ここでは抗ヒスタミン薬の比較をしていきます。 どんな抗ヒスタミン薬がある? まずは、ザイザル以外の抗ヒスタミン薬について確認しておきましょう。 世代 成分名(医薬品名) 市販 第1世代 d-クロルフェニラミン(ポララミン) 風邪薬に含まれることが多い 第1世代 クレマスチン(タベジール) × 第1世代 シプロヘプタジン(ペリアクチン) × 第2世代 ケトチフェン(ザジテン) パブロン鼻炎カプセルZ、ザジテンAL 第2世代 メキタジン(ゼスラン) ピロットA錠、ポジナールM錠 第2世代 エピナスチン(アレジオン) アレジオン10 第2世代 エバスチン(エバステル) エバステルAL 第2世代 セチリジン(ジルテック) コンタック鼻炎Z、ストナリニZ 第2世代 レボセチリジン(ザイザル) × 第2世代 フェキソフェナジン(アレグラ) アレグラFX 第2世代 オロパタジン(アレロック) × 第2世代 ロラタジン(クラリチン) クラリチンEX 主な抗ヒスタミン薬については↑にまとめた通りです。医療用から一般の市販薬に切り替えられた「スイッチOTC」の医薬品も多く、さまざまな市販薬が発売されているのが見て取れますが、ザイザルについては市販薬は今のところありません。

花粉症治療薬「アレグラ」の飲み合わせ:風邪薬や頭痛薬を飲むときに... 抗ヒスタミン薬「アレグラ」を飲んでの運転は大丈夫? 飲み続けると本当に太るのか?

アレグラ 風邪薬

花粉症治療薬「アレグラ」の飲み合わせ:風邪薬や頭痛薬を飲むときには注意が必要 2016.03.24 | コラム 抗ヒスタミン薬の重複や相互作用について 各医薬品の強さ・効果を比較する やはり、最初に気になるのは「医薬品の強さ」でしょう。ザイザルとその他の抗ヒスタミン薬の強さについて知っておけば、「どの医薬品を選ぶか」の判断材料になります。ここでは、データによる強さの比較をしていきます。 ただ、医薬品にはそれぞれ「相性」があるので、「どの医薬品が一番強い」という判断はなかなか難しいです。あくまでデータによる比較ということは抑えておいてください。 ザイザルは「第2世代」の抗ヒスタミン薬となっているので、第2世代の先駆けともいえる「ザジテン」と比較していきます。他に、今メジャーな抗ヒスタミン薬の アレグラ、アレロック、クラリチン、アレジオン、エバステル と合わせて、強さを見ていきましょう。 まずザイザルとザジテンですが、 小児の通年性アレルギー性鼻炎に対するケトチフェンフマル酸塩を対照とする二重盲検比較試験では、有効性について非劣性は示されなかった。参考ページ:ザイザル添付文書 とあります。 つまり、まずザイザルとザジテンはほぼ同じ効果の強さと考えてよいでしょう。 では、その他の抗ヒスタミン薬とザジテンの強さ比較はというと、だいたい以下の通りとなります。 アレロック > ザジテン > エバステル > アレグラ > クラリチン ここにザイザルを入れると、 アレロック > ザジテン=ザイザル > エバステル > アレグラ > クラリチン のようになります。つまり、ザイザルはアレロックほどの効果の強さはないが、クラリチン・アレグラよりは効果は強いと考えていいでしょう。

【Q&A】アレグラと風邪薬の飲み合わせは大丈夫?[No12910] minacol... 【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち? | 花粉症Lab

アレグラ 風邪薬

アレグラと風邪薬の飲み合わせは大丈夫? 回答済み 鼻炎でアレグラを服用中なのですが、ちょっと風邪っぽい(くしゃみじゃなくて咳が出る、微熱がある)ので、風邪薬・総合感冒薬を飲みたいのですが大丈夫ですか? また、第1世代は全体的に第2世代よりも効果が強くなっています。そのため、第1世代を含めた強さ比較で言うと ポララミン > アレロック > ザジテン=ザイザル > エバステル > アレグラ > クラリチン といった形になるでしょう。

こんなにある?「花粉症薬アレグラ」と注意が必要なお薬の飲み合わせ ... アレジオンとアレグラ(フェキソフェナジン)の違いと飲み合わせ | ママ薬剤師日誌

アレグラ 風邪薬

アレグラの効果を弱めてしまう水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤は、市販のお薬である頭痛薬や風邪薬の成分として含まれていることが多くあります。 各医薬品の副作用を比較する 次に、各医薬品の副作用について比較してみましょう。いくら効果が強くても、副作用が耐えられないほど強いものだと利用は難しいからです。効果と副作用のバランスが重要となります。 ザイザルの副作用でもっとも多いのが「眠気」となるので、他の医薬品の「眠気」の確率を比較してみました。 世代 医薬品名 眠気が出る確率 第1世代 d-クロルフェニラミン(ポララミン) - 第1世代 クレマスチン(タベジール) 9.2% 第1世代 シプロヘプタジン(ペリアクチン) 15.30% 第2世代 ケトチフェン(ザジテン) - 第2世代 メキタジン(ゼスラン) - 第2世代 エピナスチン(アレジオン) 1.21% 第2世代 エバスチン(エバステル) 1.7% 第2世代 セチリジン(ジルテック) 6.0% 第2世代 レボセチリジン(ザイザル) 2.6% 第2世代 フェキソフェナジン(アレグラ) 2.3% 第2世代 オロパタジン(アレロック) 7.0% 第2世代 ロラタジン(クラリチン) 1.9% まず目立つのが第1世代の眠気の副作用率の高さです。ポララミンは眠気のデータがありませんが、強い眠気が出ることで有名です。また、タベジールやペリアクチンなどの第1世代薬も10~15%とかなり高い確率を持っています。

アレグラと、胃薬や風邪薬は併用しても大丈夫? Antivirus Life アレグラ(フェキソフェナジン)とロキソニンの飲み合わせ、併用可能? | ママ薬剤師日誌

アレグラ 風邪薬

今回は、アレグラがどんな薬なのかということと、 風邪薬や胃薬などと併用する場合について、ご説明します。 アレグラってどんな薬? アレグラは、塩酸フェキソフェナジンという一般名を持つ、 アレルギー症状を抑える薬です。 この「眠気」の副作用を抑えるために作られた医薬品が「第2世代」となります。そのため、第2世代からは眠気の副作用が現れる確率は低くなっています。ただ、第2世代初期の「ザジテン」はデータはありませんが、猛烈に眠くなることがあります。 そして、アレロックも7.0%と比較的高い数値となっています。先ほど「効果の強さ」の部分で、アレロックに高い効果があることは説明しましたが、その分副作用も強くなってしまうのは仕方がない側面があります。 ザイザルについては、比較的眠気は出にくくなっています。もともと、セチリジン(ジルテック)の眠気が出る要素と取り除いたのがレボセチリジン(ザイザル)なわけなので、眠気が出にくいのも納得できます。確率だけで言えば、アレグラやクラリチンと同程度となっています。 まとめ 医薬品は効果が強ければいいというわけではなく、副作用とのバランスを見る必要があります。ここまで紹介した内容を踏まえて、「効果の強さ」と「副作用」をまとめてみました。 医薬品名 効果 副作用 d-クロルフェニラミン(ポララミン) ★★★★★ ★ クレマスチン(タベジール) ★★★★ ★★ シプロヘプタジン(ペリアクチン) ★★★★★ ★ ケトチフェン(ザジテン) ★★★★ ★ メキタジン(ゼスラン) ★★★★ ★★ エピナスチン(アレジオン) ★★★ ★★★ エバスチン(エバステル) ★★ ★★★ セチリジン(ジルテック) ★★★★ ★★ レボセチリジン(ザイザル) ★★★★ ★★★★ フェキソフェナジン(アレグラ) ★★ ★★★★ オロパタジン(アレロック) ★★★★★ ★★ ロラタジン(クラリチン) ★★ ★★★★★ こうしてみると、ザイザルは比較的バランスの取れた抗ヒスタミン薬と言えるでしょう。ジルテックの効果を保持しつつ、眠気だけ出にくくしている医薬品なので、全体を通してみてもなかなかの性能を誇っています。