• 記事: 22200
  • 質問に対する回答: 16858
  • コメント: 30728
  • 準備ができて答え: 17532

クレジット カード ana

【ANA公式】マイルが貯まるクレジットカードのご紹介 ANAマイレージ... JCBカード/プラスANAマイレージクラブ | JCB | カード一覧 | カードをつくる(個人) | クレジットカードは九州カード

クレジット カード ana

Anaカードはより効率よくおトクにマイルが貯まる、anaマイレージクラブのメンバーズカードです。 クレジット機能付きで決済ごとにマイルが貯まるほか、 ANAのフライトをご利用で搭乗ボーナスマイルが最大50%貯まるなど、様々な特典をご用意しております。 JCBカード/プラスANAマイレージクラブ(株式会社西日本シティ銀行・全日本空輸株式会社提携) ポイントもマイルもこれ1枚。JCBオリジナルシリーズ機能とANAマイレージクラブ機能を1つのカードで JCB ORIGINAL SERIESにANAマイレージクラブ機能搭載 優待店のご利用でOki Dokiポイント2倍以上! JCBゴールドなら、空港ラウンジサービス・ゴールドデスクも利用可能! ANAマイレージクラブ機能搭載! たまったOki Dokiポイントをマイルに移行が可能! JCBカード/プラスANAマイレージクラブのご案内 JCB ORIGINAL SERIESのサービス ポイント優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー) 音楽やファッション、ゴルフ、旅行をはじめ、さまざまなジャンルの優待店でOki Dokiボーナスポイントがたまります。

ANAカード会員サービスご利用案内 ANAマイレージクラブ クレジットカードが不正利用された場合の対策

クレジット カード ana

Ana銀聯カードで貯めたワールドプレゼントのポイントはanaのマイルに移行可能。既にお持ちのana visa/マスターカード、ana visa suicaカードとあわせれば、使い道が広がります。 JCB ORIGINAL SERIESのサイトへ 海外でのご利用でOki Dokiポイント2倍! 「My Jチェック」のご登録があり、JCB海外加盟店でカードを利用されると自動的にポイントが2倍となります。

ANAカード|クレジットカードの三井住友カード JALカードとANAカードはどっちが得?どっちが人気?2枚持ちでもOK? | マイルって何? ~ 超初心者から始めるマイルの貯め方

クレジット カード ana

ANA国内線、国際線およびエアージャパン便での機内販売品のご購入時 、ANAカードのクレジット決済金額が10%割引(※)となります。 ※商品単価1,000 円(含む消費税等)未満の商品は対象となりません。 ショッピングサイト「A-style」 5%OFF ※JCB海外加盟店にはオンラインショッピングを含みます。※My Jチェックは一度登録されると解除されない限り有効となります。※前月20日~当月13日に解除された場合は、当月14日以降に届いた売上票から、当月14~19日に解除された場合は、解除完了直後に届いた売上票から、通常ポイントとなります。 ANAマイレージクラブのサービス スキップサービスを利用して、らくらく搭乗! スキップサービスとは、予約・購入・座席指定を済まされたお客様が、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進めるサービスです。 マイルがたまる! フライトで、たまる! ANAグループ便と提携航空会社の幅広いネットワークでマイルがたまります。 ANAマイレージクラブ提携パートナーで、たまる! ホテル、レンタカー、ネットショッピング、グルメなど充実した提携パートナーのご利用でマイルがたまります! たとえば【グルメマイル】 日本全国のANAグルメマイル参加店にて、カードをご提示のうえ、マイル精算希望の旨をお店の方へ申告されると、100円(税込)につき1マイルたまります。 マイルをつかう! 特典航空券やアップグレード特典はもちろん航空券と旅行商品のお支払いに使えるANA SKY コインにも交換できます。さらに、提携ホテルの宿泊やお食事でご利用になれるクーポンへも交換が可能です。 マイル統合も! すでに「ANAマイレージクラブお客様番号」をお持ちの方は、入会申込書の「ANAマイレージクラブお客様番号ご記入欄」にご記入されると、マイルが自動的に統合されます! ANAマイレージクラブサービスのサイトへ JCBカード/プラスANAマイレージクラブの基本情報 カードフェイス JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ 年会費(本会員) 1,375円(税込) 初年度年会費無料下記条件のいずれかを満たすと、翌年の年会費が無料となります。

価格.com - ANAカード 特徴・メリット|クレジットカード比較 【ANAプラチナ】4枚のANAカードプレミアムの特典と年会費を比較してわかったこと | プラチナカードを手の中に

クレジット カード ana

Anaカードは、全日本空輸グループが複数のカード発行会社と提携して発行しているカードです。 一番の特徴はカードの利用でANAマイルを効率よく貯めることができることです。 (1)1年間のショッピングご利用金額が10万円(税込)以上の場合 ※1 (2)携帯電話(NTTドコモ・au・ソフトバンク)もしくは電気料金(九州電力・中部電力・沖縄電力)をクレジットカードで決済 ※2 サービス付帯年会費330円(税込)は無料となりません。 11,000円(税込) 年会費(家族会員) 440円(税込) 本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料となります。サービス付帯年会費330円(税込)は無料となりません。 1名様無料、2人目より1名様につき1,100円(税込)サービス付帯年会費330円(税込)は無料とはなりません。 お申込み対象(家族カード) 家族カードでご利用になった代金は、本会員のカードご利用代金お支払い口座からのお支払いとなります。 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。 家族カードでご利用になった代金は、本会員のカードご利用代金お支払い口座からのお支払いとなります。 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。 お申込み対象(本会員) 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。※一部お申込みになれない学校があります。 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。※学生の方はお申込みになれません。※ゴールドカード独自の審査基準により発行します。 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合) 海外最高3,000万円 ※3 国内最高3,000万円 ※3 海外最高1億円 ※4 国内最高5,000万円 国内・海外航空機遅延保険 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)- 出航遅延費用等保険金(食事代)- 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)- 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)- 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度 出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)2万円限度 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)4万円限度 ショッピングガード保険/(年間補償限度額) 海外最高100万円 国内- 海外最高500万円 国内最高500万円 特典 Oki Dokiポイント、ANAマイル ※5 追加可能なカード ETCQUICPay(クイックペイ)TM家族カード 提携先 株式会社西日本シティ銀行、全日本空輸株式会社 Apple Pay 設定可 ※Apple Payは、Apple Inc.の商標です。

ANAカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード 【2020年最新】SFC修行にオススメのクレジットカードはこれ!ANAカードを効率面から徹底比較 | 理系マイラーとSFC修行

クレジット カード ana

「クレジット機能」・「ANAマイル」・「三井住友カード iD」・「楽天Edy」の4つの機能が1枚になったカードです。学生カードからプラチナカードまで、さまざまなタイプをご用意しています。 「iD」ご利用分は、Vポイント積算対象となります。 Google Pay(TM) 設定可※Google Payは、Google LLCの商標です。 サービス付帯年会費 本会員330円(税込)初年度より発生します。 家族会員330円(税込)初年度より発生します。 ※1 集計期間は有効期限月の翌月10日~翌年の有効期限月の10日請求までの12ヶ月となります。ただし、ご利用加盟店からの売上票が集計期間後にJCBに到着した場合は、ご利用日が集計期間内であっても翌年分の集計となります。 ※2 携帯電話・電気料金決済について、金額は問いません。上記企業であっても、販売代理店によって対象とならない場合がございます。通信各社が行っている、携帯電話以外に固定電話やプロバイダー料金等複数の通信料金を一括して引落すサービスをご利用の場合は、本サービスの対象とならない場合があります。携帯電話料金の店頭・インターネット等での毎月のお支払い(都度払い)は、対象となりませんのでご注意ください。 ※3 My Jチェックに登録のうえ、事前に旅行費用をJCB一般カードでお支払いになるなど、所定の条件を満たすと、旅行傷害保険が適用されます。 ※4 JCBゴールドで日本出国前に、「搭乗する公共交通乗用具」または、「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いになった場合、最高補償額は1億円。カードでのお支払いがない場合は、最高補償額は5,000万円となります。 ※5 ANAマイレージクラブサービスとして、ANAフライト・AMC提携パートナーのご利用でたまります。 ※クレジット利用代金のお引落し口座は西日本シティ銀行のみとなります。 JCBの基本サービス GOLD Basic Service JCBプレミアムカード会員の方のために特別にご用意したサービスの総称です。会員専用デスクをはじめ、さまざまな場面であなたをサポートします。 GOLD Basic Serviceのサイトへ お支払い内容確定メールをお届け「My Jチェック」 「カードご利用代金明細書」の郵送を停止し、毎月のお支払い内容の確定をEメールにてご案内します。 My Jチェックのサイトへ 会員専用Webサービス「My JCB(マイジェーシービー) カード利用代金明細や、ポイントのご確認、各種お手続きが、オンラインで簡単に行えます。 会員専用Webサービス「My JCB」のサイトへ Oki Dokiポイントプログラム 毎月のご利用金額に応じてポイントがたまり、バラエティー豊かな商品や提携各社へのポイント交換ができるおトクなサービスです。※プログラム内容は予告なく変更となる場合があります。 Oki Dokiポイントプログラム JCBカード/プラスANAマイレージクラブのお申込み JCBカード/プラスANAマイレージクラブのお申込みは、お近くの西日本シティ銀行窓口にてお申込みください。

ANAのクレジットカード全37種を比較!おすすめカード5選 お金の法則... [クレジットカード]ANAアメックスゴールドのススメ │ Real Shot

クレジット カード ana

Anaのクレジットカードは「カード利用で貯まったポイント」をマイルに交換することができます。 ポイントの貯まり方や交換比率などがカードによってそれぞれ異なるのでどのANAカードを選ぶかは非常に重要です。 陸マイラーと切っても切れないもののひとつにクレジットカードがあります。僕もそうですが陸マイラーはポイントサイトでクレジットカードを発行する人が多いですからね。ポイントサイトで発行したクレジットカードではありませんが、先日ANA JCBワイドゴールドカードの利用明細を確認していたところ、僕のクレジットカードが不正利用されていたことが発覚しました。 クレジットカードの不正利用発覚までの経緯 不正利用されてしまったANA JCBワイドゴールドカードは、実は解約しようと考えていたのでもしかしたらバチが当たってしまったのかもしれません。 今回、不正利用が発覚した経緯はというと、ある日クレジットカードの利用明細を確認するとまったく身に覚えのない請求が含まれていたからです。 不正利用の請求は「トイザらス」からの請求だした。しかし我が家には子供もいないし、ゲームも一切やらなければ親戚の子供に買ってあげた覚えもないので全く身に覚えがありません。それに、そもそも利用明細に記載されていた日付は僕が沖縄にいた日でした。 翌日、JCBに連絡して身に覚えのない請求がある旨を説明すると詳細を調べてもらえることになりました。そして不正利用かどうかについては改めてJCBから連絡をもらえるということで電話を切りました。そして、数日後にJCBから電話がかかってきました。 電話を取るとJCBのセキュリティセンターからでしたが、先日の回答ではなくXXXX薬局(店名は忘れてしまいました)のネットショッピングを利用した記憶があるか、とJCBからまさかの逆問い合わせでした。 その薬局も利用した覚えがなかったのでトイザらスと併せて利用していないことを話しました。そしてどちらもクレジットカードの不正利用と判断されてその場でクレジットカードの停止措置がとられ、クレジットカード番号を変更することになりました。 クレジットカード番号を変更する場合に面倒なことのひとつが公共料金などの支払いで登録しているクレジットカード情報の変更ですが、不正利用などでクレジットカード番号を変更する場合はクレジットカード会社側で手続きをしてもらえます。ただし、変更できるものと変更できないものとがあるようです。幸いなことに僕の場合は全てカード会社側で変更可能とのことで、自分でクレジットカード情報の変更手続きをする必要はありませんでした。 クレジットカードが不正利用された原因 クレジットカードが不正利用されるパターンとしては、①盗難などによりクレジットカードが物理的に他人の手に渡ってしまう場合と、②スキミング、フィッシング詐欺、個人情報漏洩等によりクレジットカード番号だけが他人に知られてしまう場合とがあります。 現在はネットショッピングなどの普及により後者②のパターンが多くなっています。 僕の場合も②のパターンで、ネットで登録した個人情報が漏洩した際にクレジットカード番号も一緒に漏洩してしまったものと思われます。 クレジットカード自体は手元にありますし、ネットショッピングや公共料金の支払いでしか使っておらず家に置きっぱなしにしており財布などにも入れていなかったのでスキミングされたことも考えにくいです。 フィッシング詐欺に引っかかった覚えもなければそこまでITリテラシーも低くないため、クレジットカード情報が漏洩してその情報が悪用されたとしか考えられません。しかし、情報漏洩に関しては心あたりがありました。 昨年企業から個人情報漏洩のメールが送られてきたケースが2件ありましたのでおそらくこの2社のうちの一方から漏れた情報が悪用されたのだと思います。 僕の個人情報を漏洩させたのは大手旅行会社JTBと、「ペットシア」というペット用品のネット販売を行っているグリムスベンチャーズという企業です。 どこまで信じていいのかわかりませんが、JTBは700万件近い個人情報が漏洩したもののクレジットカード情報は含まれておらず不正利用も確認されていないとプレスリリースで公表しています。 一方で、グリムスベンチャーズから漏洩したのは約1,000件ほどの個人情報ですが、この漏洩した個人情報にはクレジットカード情報も含まれていたようですので、僕のクレジットカード情報はグリムスベンチャーズから漏れた可能性がかなり高いです。 会社は個人情報漏洩のプレスリリースをすでに削除してしまっていて、JCBは自社サイトでの注意喚起すら掲載していないのでUCカードさんのサイトに記載されているリンクを貼っておきます。 とすると、今回は誰かがグリムスベンチャーズから漏洩した僕のクレジットカード情報を使って悪用したとほぼ断定できそうです。 クレジットカードが不正利用されてしまった場合 僕もそうでしたがクレジットカードが不正利用されたときは動揺してしまいます。しかし、もし不正利用されても慌てずに落ち着いてまずはクレジットカード会社に連絡して不正利用されたことを報告しましょう。 そもそも不正利用されてもクレジットカードの利用限度額以上に使われてしまうことはありませんし、クレジットカードには「盗難保険」が付帯されているため基本的には不正利用された場合でも保険が適用されて補償されます。 そのためクレジットカードを不正利用された場合でもお金は戻ってきますのであまり神経質になりすぎる必要はありません。 クレジットカードが不正利用されても補償されないケース 基本的にはクレジットカードが不正利用された場合でもクレジットカード会社の補償を受けることができますが、細かい規定はご自分の持っているクレジットカードの約款で確認してください。また、以下のようなケースでは補償の対象外となってしまうことがあるので十分に気をつけましょう。 クレジットカードの裏面に名前を書いていない場合 新しくクレジットカードを発行した場合に最初にやらなければならないことのひとつが、クレジットカードの裏面に自分の名前を書いておくということです。クレジットカードの裏面に名前を書いていない場合は補償の対象外となってしまいます。 きちんと名前を書いていれば仮に筆跡を真似されて使われてしまった場合でも補償の対象となることが多いです。名前は日本語で書いてもアルファベットで書いても問題ありませんが、日本語で書いておく方が海外で他人の手に渡った場合、漢字やひらがなでサインできる外国人は少ないでしょうしそもそも店員に怪しまれるでしょうから不正利用される確率は少し下がります。 補償期間を過ぎている場合 クレジットカードを不正利用されてから60日以上経過すると補償の対象外となってしまいます。 紙の利用明細書よりもWEBの利用明細が一般的となったことにより、利用明細を確認しない方も増えているようですが定期的に確認する癖をつけておきましょう。 複数のクレジットカードの利用明細をまとめてチェックすることができるアプリなどを使えば簡単にチェックできます。 暗証番号を他人に知られた場合 暗証番号を使ってクレジットカードを不正利用された場合はクレジットカード会社から補償されませんので、身内であってもクレジットカードの暗証番号は絶対に教えないようにしましょう。クレジットカードに書いておくなどは論外です。 また、日本クレジットカード協会によると暗証番号が第三者に推測されて不正利用されたケースのほとんどで、暗証番号に生年月日、電話番号、自宅住所の番地、4桁の同じ数字が使われていたとのことです。これらの番号を暗証番号に使うのは絶対に避けましょう。 クレジットカードの不正利用への対策 クレジットカードの不正利用はいつどこで起こるかわかりませんが、それでもいくつかのことに気をつけておけばクレジットカードが不正利用されるリスクを低減させることができます。 まずは先ほども書きましたが以下のことを絶対に守ることが大切です。 クレジットカードの裏面には名前を書く 暗証番号を他人に絶対教えないこと 家族も含めてクレジットカードを他人には貸さない また、ネットショッピングなどインターネット上でクレジットカードを入力する際には他にも注意しておくべきことがあります。インターネットを普通に使っている人にとってはすべて当たり前のことですが、そういう人ばかりとも限らないので一応書いておきます。 SSL対応しているサイトを利用する SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上のデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。そのためSSLに対応しているサイトではデータが暗号化されます。安全性の高い通信技術でインターネット上で情報を盗み見られることを防ぐことができます。 SSLに対応しているサイトの場合はURLが「http://」ではなく「https://」から始まり、ブラウザ上もURLの横に鍵マークがついています。 今の時代にSSL対応していないようなショッピングサイトは利用を控えるのが賢明でしょう。 フィッシングサイトに注意する フィッシングサイトといって銀行のサイトやショッピングサイトを装ってクレジットカード情報などを盗み取ろうとするサイトがあります。 正規のサイトに非常によく似せて作っているフィッシングサイトもありますが、フィッシングサイトにひかからないようにするには、個人情報を入力する前にそのサイトが正規のサイトのURLかどうかをよく確認するようにしましょう。銀行のサイトやショッピングサイトに似せたフィッシングサイトだけでなく、アダルトサイトや出会い系サイトを装ったフィッシングサイトも多いようです。 不審なメールのURLをクリックしない 無料懸賞サイトからの当選メールなど、身に覚えのないメールが届いた経験のある人は多いと思います。そのようなメールには注意しましょう。メールに書かれているURLをクリックするとフィッシングサイトに繋がってしまうことがあります。 最近では宅配会社からの不在通知を装ったメールもあり巧妙化しつつありますが、送信者のアドレスをチェックすることも有効です。企業からのメールでgmailやyahooメールが使われていたり英数字が羅列してあるだけのアドレスであればほぼ偽メールだと思って問題ないでしょう。 また、不在通知や会員登録している企業からくるメールの多くには本文の最初に「●●様」と自分の名前が宛名として書かれてあるケースが多いかと思います。名前も書かれておらずいきなり内容について書かれているメールも偽メールの可能性が高いです。名前が書かれているから大丈夫だというわけでもないのでそこは気をつける必要があります。 ショッピングサイトにクレジットカード情報を記憶させない 会員登録する際や買い物をする際にクレジットカード情報も登録できるショッピングサイトもあります。よく利用するサイトの場合は利用する度にクレジットカード情報を入力する必要が無く手間が省けて便利ですが、その反面クレジットカード情報が漏洩するリスクが高まります。クレジットカード情報を登録しておくのは信頼できるサイトに限っておいた方がいいでしょう。 しかしJTBでさえも情報漏洩させており、どのサイトが信頼できてどのサイトが信頼できないかという線引きも難しいのが現実です。少なくとも継続して使う可能性が高いサイトでない限りクレジットカード情報を残すことは控えた方がいいと思います。 利用明細を定期的にチェックする 上でも書きましたが紙の利用明細であれWEBの利用明細であれ、利用明細は毎月必ずチェックするようにしましょう。これによって不正利用を事前に防止できるわけではありませんが利用明細をチェックすることで不正利用にいち早く気づくことができるので被害が拡大することを防ぐことができます。 定期的に不審な請求や身に覚えのない請求がないか確認して、怪しい請求があればクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。 どのサイトから個人情報が漏洩したのかを特定する方法 クレジットカード情報からは少し逸れてしまいますが、Gmailアドレスを使うことで仮にインターネットで登録した個人情報が漏洩した場合にどのサイトから漏洩したかを特定する方法があります。 Gmailアドレスはひとつのアカウントにつきひとつのアドレスが付与されていますが、別名(エイリアス)を使えばひとつのGmailアドレスを複数のGmailアドレスのように使うことができます。 Gmailのエイリアスとはユーザー名「+」任意の文字列をあたかも別アドレスのように扱う機能をいいます。 どういうことかというと、例えば自分のGmailアドレスが「user@gmail.com」だとすると、「user+任意の文字列@gmail.com」というメールアドレスも使えるということです。この2つのアドレスは別々のアドレスのように思いますがエイリアスのアドレスに送られたメールも本来のGmailアドレスで受信することができます。 例えば「ハピタス」、「ちょびリッチ」、「ファンくる」と3つのポイントサイト登録する際にそれぞれ以下のように+の後にサイト名を付けてエイリアスのメールアドレスで登録しておけば、仮にどこかのサイトから情報が漏洩して迷惑メールなどが送られてきた場合であっても、どのアドレスに送られてきたかを確認すれば、どのサイトが情報漏洩させたかを特定させることができるというわけです。 ハピタス:user+hapitas@gmail.com ちょびリッチ:user+chobirich@gmail.com ファンくる:user+fancrew@gmail.com とはいっても、迷惑メールなどが送られてくることもなく、今回の僕のケースのようにただクレジットカード情報だけが悪用された場合には残念ながら全く役に立ちません。 まとめ 本来は現金を持ち歩くよりもクレジットカードの方がよっぽど安全ですし、陸マイラーからクレジットカードは切り離すことができません。とはいえ不正利用などのリスクがあることも確かですので管理には気をつけなければなりません。繰り返しになりますがクレジットカードの不正利用対策として以下のことは必ず実施するようにしましょう。 クレジットカードを作ったら必ず裏面に名前を記入して暗証番号をしっかり管理しておく。 ショッピングサイトなどを利用するときは怪しいサイトではないことをしっかりチェックする。 利用明細をチェックして不審な請求がないことを確認する。 これらを徹底しておけば不正利用はある程度防止することができると思います。ですが、どれだけ徹底しても情報漏洩リスクをゼロにすることは不可能ですのであまり神経質になりすぎず、やれることはやった上で陸マイラー活動を楽しむのがいいのではないでしょうか。

【2020年版】ANAマイルを貯める最強おすすめクレジットカード!年会費... ANAデビット・ANAプリペイドカード3種類を徹底比較!!

クレジット カード ana

更にanaカードマイルプラス加盟店なら、200円=1マイル、または100円=1マイルでクレジットカードとは別に貯まる優れものです。 もちろん、ANA航空機の搭乗でもマイルが貯まりますし継続利用によるボーナスマイルまで用意されていますので、ANAマイルを貯めるなら欠かせないクレジットカードですよ。 JALカードとANAカードはどっちが得なんだろう?って、マイルを貯める人には気になりますよね。そもそも普通のクレジットカードと何が違うの?どっちが人気があるの?などなど。 私はマイル初心者の頃、何にも調べずにただ何となくというだけで、JALカードに入会しました。でも特に何もせずに放置。 マイルなんて貯まるわけがありません(笑) JALカードもANAカードも、ただ持っていてもマイルは貯まりません。それぞれ特徴があり、それを活かして利用できればマイルの貯まり方が変わりますよ。 そう、カードの使い方で、マイルの貯まり方が変わるのです。 それでは今回は、JALカードANAカードを部分的に比較をしてみましたので、それぞれのお得と人気ポイントをお伝えしますね。 これからカードを考えている方は、2枚持ちをするか、1枚に絞るかの参考にしてみてください。 【JALカード・ANAカード】どっちが得でどっちが人気か比較してみた JALカードとANAカード、ただのクレジットカードとして使う人はいませんよね。このカードはマイルを貯めるために持つべきもの。ではどっちが得でどっちが人気なのか。 先にお伝えすると、『マイルを貯めやすいのはANA』『マイルを使いやすいのはJAL』といわれています。 こう聞くと、貯めやすいANAカードにしよう!って思いますよね。でも少し考えてみて下さい。 ANAが貯めやすいからとたくさんの人がANAマイルを貯めたら、マイルで交換する無料の航空券(特典航空券)の予約が、取りにくくなってしまいますよね。 特典航空券の枚数は限られていますから、争奪戦になり希望の旅行に行けなくなることに。 そう思うと、ライバルの少なくて特典航空券の取りやすいJALマイルを貯めよう!とも思えてきませんか? よく「マイルはどちらかを一極集中して貯めた方が良い!」と言われますが、私は、最近はそんなこともないかなと感じます。 以前は完全にANAマイルに人気が集中していたのですが、今は両方のカードの2枚持ちをしている人が増えているんです。 【JALカード・ANAカード】 ~年会費・維持費 どっちが得 最近は、クレジットカードを持つことが当たり前になってきて、年会費が無料のカードもあります。でもJALカード、ANAカードは基本的には年会費は無料ではありません。 ※一部学生カードで無料あり ですので年会費がどのくらいかかるかも、カードを選ぶ大きな決め手となりますよね。 参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】 JALカード ~年会費・維持費 ◆普通カード:2,160円(税込) ※1年目は年会費無料 基本的な機能とサービスを提供するスタンダードなカード ⇒ JALカードをまずは試したい方 ◆CLUB-Aカード:10,800円(税込) 普通カードよりご搭乗時の獲得マイル数アップ、付帯保険も充実 ⇒ 海外旅行などへ年1回行かれる方 ◆CLUB-Aゴールドカード:17,280円(税込) CLUB-Aカードに提携カード会社のゴールドサービスを兼ね備えたカード ⇒ 飛行機をよく利用する方 ◆プラチナ:33,480円(税込) 世界の空港ラウンジが無料で利用できるJALカードの最高位ステイタスカード ⇒ 海外を中心に飛行機を利用する方 JALカードの種類はそんなに多くないため、普通カードからプラチナまで分かりやすく、飛行機によく乗る人にサービスを大きくしているので、年1回でも飛行機に乗る方は上級クラスのカードがおすすめです。

ANAマイルをクレジットカードで貯める人気の7枚の審査基準や特徴を解... ブラックカード・最高級カード ANAカード プレミアム【2020年版】 | 岩田昭男の上級カード道場

クレジット カード ana

楽天anaマイレージクラブカードもanaマイルが貯めやすいクレジットカードです。 楽天anaマイレージクラブカードを使って 楽天市場で買い物をすると最低で2%の還元率になる のでポイントが非常に貯まりやすく、貯めたポイントを手数料無料でanaマイルに2ポイント=1anaマイルに交換できます。(50ポイント以上2ポイント単位・期間限定ポイントは交換不可) また、JALカードでショッピングをして貯まるポイントは、そのままJALマイルとなります。 ※ANAは一旦クレジットポイントになる。 基本「200円=1マイル」(還元率0.5%) マイルを貯めるのに大きく影響するのが、ポイントからマイルへ交換する時の還元率。 正直、このまま0.5%ではあまり貯まりません。 そこで、是非利用して欲しいのが、『ショッピングマイル・プレミアム』 これに入会していると、日常でのカードご利用分はもちろん、月づきのお支払いでもショッピングマイルが2倍になり、「100円=1マイル」(還元率1%)と倍になるのです。 ただし、別途、3,240円の年会費が必要。 一番年会費の安い普通カードだとしても、年間の維持費は合計で5,400円(税込) または、CLUB-Aゴールドカード以上になると、その3,240円は無料で利用できるので、元々の年会費17,280円だけが年間の維持費となります。 年会費が5,400円て、高く感じますよね。 ですがこのショッピングマイル・プレミアムへの入会は、JALマイルを貯めるなら絶対に利用した方が良いですよ。 そのくらい、還元率0.5%と1%ではマイルの貯まり方に差がでてしまうのです。 CAマイル得子さん ANAカード ~年会費・維持費 ANAカードはとにかく種類が多い!楽天ANAマイレージクラブカードのように、ANAカード以外の提携カードを抜いても、41種類もあります。 大きな特徴としては、日常のショッピングで貯まるポイントが、一旦はクレジットカードポイントとして保存され、その後、ANAマイルへ交換することができるということ。 JALカードはあくまでJALが運営しているが、ANAカードは、クレジットカード会社の制度が大きく影響している感じです。 年会費は、一般カードの2,160円~プラチナカードの167,400円まで、とにかく差が大きい。それぐらい、ハイクラスのカードのサービスが優良ということですね。 ここでは、ANAマイルを貯めるには必須と言われてる「ソラチカカード」とANA VISA ワイドゴールドカードで説明をしていきます。 JALと同様に【年会費】だけでみるのではなく、マイルを貯めるための年間の維持費で考えましょう。 上記表で見て頂くと、ANA一般カードの『ソラチカカード』は、マイルの移行コースが10マイルコースだと、移行手数料に年間5,400円(税込)掛かります。 もちろん無料の5マイルコースのままでもよいのですが、それではマイルの貯まり方に差がかなりでてくるので、おすすめではありません。単純に倍の差がでてくることに。 5マイルコース → マイル還元率0.5% 10マイルコース → マイル還元率1% ただこの移行手数料は、2年ごとに1回設定すれば良いので、1年の維持費としてみると実質は半額の2,700円としてとらえることが可能なんですよ。

スーパーフライヤーズカード プレミアムメンバーサービス ...

クレジット カード ana

【ana公式サイト】スーパーフライヤーズカード。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「anaマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどanaのマイルを貯めて使えるサービス満載。 また、ANAカードのコース選択については、10マイルコースを選ぶ理由がありますので、是非こちらをご参照ください。 ⇒ 陸マイラー初心者に勧める2019年クレジットカード!メインカード2枚 ◆ANA一般カード『ソラチカカード』 年会費:2,160円(税込) マイル移行手数料:5,400円÷2=2,700円 → 実質 1年2,700円 年間維持費:4,860円(税込) ◆ANAゴールドカード『ANA VISA ワイドゴールドカード』 年会費:15,120円(税込) マイル移行手数料:無料 ゴールドカードは、マイル還元率1%の設定なのですが、とはいえ年会費が高い!って思いますよね。