• 記事: 17004
  • 質問に対する回答: 20452
  • コメント: 29004
  • 準備ができて答え: 22236

イオンレジ操作

レジ操作について。今イオンのレジ操作を覚えてます。分からない所が... イオンクレジットサービス株式会社

イオンレジ操作

レジ操作について。今イオンのレジ操作を覚えてます。分からない所があります。waonの支払いで残金不足の場合はどのように操作すればいいんでしょうか?今すぐ知りたいです。出来れば一から順に詳しく教えてもらいたいです。 お客さまの未来と信用を活かす生活応援企業イオンクレジットサービス イオンカードをもっと便利に。スマートに。 お客さまと企業をつなぐ。 数字でわかるイオンクレジットサービス イオンクレジットサービスが選ばれている理由 イオンカード イオンウォレット イオンカードde家賃 イオンレジ 各種加盟店サービス SERVICE 会社を知る 当社のサービスをご紹介します。

イオンレジ操作について。イオンレジを扱うパートさん、働きさん教え... イオンのセルフレジでのポイントとLINEクーポンの使い方 | まめうさん

イオンレジ操作

イオンレジ操作について。イオンレジを扱うパートさん、働きさん教えてください。昨日イオンの研修を受け、レジを教わってきました。今自分でまとめているのですが、違算と戻り取引のところで不明点が多々あり、明日から現場に付きますが不安でたまりません。違算や戻り取引は普通の ... 数字でわかるイオンクレジットサービス イオンクレジットサービスが選ばれる理由 COMPANY 会社情報 当社の会社情報をご紹介します。 ご挨拶 経営理念・基本方針 会社概要 事業概要 電子公告 CSR CSR情報 当社のCSR情報をご紹介します。

イオンのセルフレジの使い方・解説 – ツインドライブの言いっぱなし WAONの現金チャージはレジが一番簡単な気がする - こーいちぶろぐ

イオンレジ操作

A.セルフレジに「イオン商品券」というボタンがないので、私は「商品券を使う時は普通のレジ」で使用します。 なお、ネットの情報では「セルフレジのスタッフに渡して使うことができた」というのがありましたが、私は未確認なのでオススメしません。 イオンのセルフレジで簡単にポイントが使えた体験を紹介。LINEクーポンをセルフレジで使う方法も紹介します。セルフレジで他社のクレジットカードをお得に使う方法や、オーナーズカードの使い方も解説。 セルフレジでのポイントの使い方 イオンのセルフレジでのポイントの使い方を紹介します。セルフレジにも新しい機種と古い機種があり、レジのバージョンによって操作方法はかわるそうです。私が利用したレジでは以下のようなやり方で使えました。 1.オーナーズカードを入れる オーナーズカードをお持ちの方は、まず一番最初にオーナーズカードを入れます。オーナーズカードを持っていない人は次の[2]から行っていいと思います。 2.イオンカードを入れる イオンカードを入れます。入れたらすぐ出てくるので取ります。 3.商品をスキャン 商品をスキャンします。 4.支払いを選択 セルフレジの画面右下あたりに「支払い」というような項目が出ているので、タッチします。 5.ポイント数を入力 「ポイントを利用しますか」というメッセージが表示されます。ポイント残高が表示されるので、使いたいポイント数を入力します。イメージとしては、楽天のポイントを使うときみたいに、使えるポイント数が表示されるので、そこから使いたいポイント数を入力する感じです。 6.ポイントが足らなければ支払い方法を選択 ポイントだけで支払いできなければ、「残りの支払い方法は何にしますか」というようなメッセージが表示されます。WAONやイオンカード、現金などでの支払いが可能です。 セルフレジでポイントが簡単に使える ポイントを使う機会がなかったので、速攻ポイントを使いました。ポイントをセルフレジで簡単に使うことができて驚きです! 店員さんがスキャンしてくれるレジだと、支払い時に「ポイント使いますか?」とは聞いてくれませんが、セルフレジだと画面で確認してくれるんですね。レシートには、“今回ご利用ポイント”という欄があり、使用したポイント数が表示されていました。 店員さんがスキャンしてくれるレジでのポイント使用方法 商品をスキャンしてもらい支払うときに「ポイントを利用します」と言うだけです。私は、前回店員さんがいるレジでポイントを全部つかいました。 LINEクーポンをセルフレジで使う方法 今、各店舗のLINEに友達登録をすると100円引きのクーポンが発行されますよね。このクーポンをセルフレジで利用したので、そのときの方法を紹介します。 1.すべての商品スキャン後、支払い前にセルフレジ担当の店員さんに「クーポンを利用したい」と伝えます。私は商品のスキャン前に、「クーポンを使いたい」と伝えたら、「スキャン後にまた教えてください」と言われました。 2.店員さんが来てくれたら、LINEのメッセージ画面に表示されているクーポンをお見せします。 3.店員さんが持っているバーコードのようなものをセルフレジにスキャンしてくれ、お買い上げ金額から100円引きになります。その後は、いつものセルフレジの支払い手続きをします。 レシートには、“自社クーポン値引き”と表示され、クーポンで配布された¥100が表示されていました。 セルフレジは他クレジットカード決済でもときめきポイント付与 セルフレジは最初にイオンカードを通していたら、他社のクレジットカード払いでもときめきポイントがつくそうですよ。 イオンのセルフレジでWAONのチャージはできる 店舗にもよるかもしれませんが、イオンのセルフレジでWAONのチャージができるそうです。 セルフレジ利用はメリットが多い セルフレジは機能がいろいろ搭載されたりして、数年前と比べると進化したみたいですね。 セルフレジを利用するといろいろメリットがあることに気づきました。イオン側もレジはなるべくやセルフ化やオート化させて、人件費を抑えたいのかもしれませんね。 レジに商品をスキャンするのは本当にむつかしいですよね。いつもピッピッとスーパー速いベテランレジ担当者さんに感服です。スキャンするのは店員さんになった気分が味わえて楽しいので、私もすいているときに、またセルフレジに挑戦したいと思います。

イオンレジ操作 -イオンレジ操作で、カードの戻り(返品)レシー卜につ- その他(家計・生活費) ... イオンにてセミセルフレジで待ち時間が少なくなる!

イオンレジ操作

イオンレジ操作で、カードの戻り(返品)レシー卜について説明がされたんですが、よくわからなかったのでここで聞きたいのですが、どなたかわかる方いらっしゃいますか?3枚レシー卜をもらいました。請求書がくるときは、3枚分のレシート 先日の事ですが、イオンでWAONのチャージをしようと思ったら、ちょっと年をおばちゃんか、若いおばあちゃんくらいの人が、WAONをチャージしようとして困ってまして。 どうやら現金チャージをしたかったらしいんですが、操作していた端末はWAONステーションというクレジットチャージか、ポイントチャージしか出来ない端末でした。こっちは、ポイントをWAONに交換したかんで、WAONステーションを使いたかったので、隣にある端末なら現金チャージ出来ますよと教えてあげた訳です。 WAON [ワオン] - 端末の機能 隣にあるWAONチャージャーは、お札を1枚づつチャージするタイプの端末なですが、使い勝手が悪いんですよね。これも、操作を教えて上げたんですが、年配の方にはわかりづらい感じがしました。 自分でもたまに、この端末を使う事がありますが、操作の手順に迷う事がたまにあります。 どちらかと言うと、イオンの店舗内だとイオン銀行のATMでお金をおろしてそのままチャージというパターンが多かった気がします。ただ、これもWAONのチャージが出来るかっていうのが知っていればいいですけど、知らないとスルーするかもしれません。 自分の場合は、WAONはクレジットカードからのオートチャージとかはしてなくて、使う分だけ現金チャージして使っているのですが、そう考えるとレジで買うときにチャージするのが一番楽な気がします。 あらかじめレジの人に、「WAONのチャージします」と言っておけば会計時に千年単位でチャージできます。精算時にチャージするので、いくら買ったかも金額が出ているので、必要な分だけチャージ出来るんで楽です。 年配の方とか、端末の操作が苦手な人でもこれならお金を渡してWAONをタッチするだけなんで、すごく楽だと思います。 レジでチャージするなら、現金払いでも変わらないだろうと思うかもしれませんが、小銭をだしたりお釣りをもらったりする事を考えれば大抵はこちらの方がスムーズに会計出来ると思います。それにWAON払いだとポイントもつくし、お客様感謝デーなら5%引きになるメリットもありますからレジチャージでもWAON払いする意味はあると思います。 近頃はセルフレジを使う機会が多いんですが、WAONのチャージも出来ます。チャージ機に比べると数段楽なので、これでもいいですね。

イオンのセルフレジの使い方特集!クーポンも使えるしメリットばかり ... 変化する支払い~セルフレジ、セミセルフレジの普及~

イオンレジ操作

今回はイオンのセルフレジを体験してきました。そこでこの記事ではセルフレジの使い方や支払い方法、クーポン情報やセルフレジのメリットなどについて解説します。 普段、食料品とか日用品を買う時にイオンで買うことが多いです。 郊外に住んでいて、車通勤していると、車が駐めやすくて買い物がしやすいのはイオンなんですよね。 イオンカードを持っていたり、WAONを使っていると、なんだかんだと特典があって、イオンで買い物をすると意外とお得。 そんなイオンなんですが、近所のイオンで買い物をしていると、なんとも不思議なレジが用意されていました…。 それが、セミセルフ型のレジです。完全セルフタイプのレジはたまーに使っていたんですが、まさかのセミセルフ型…一体何がセルフ(自分でする)なんだろうか? [ad] セミセルフ型レジはどんなレジ? 僕のの近所にあるイオンのレジは、フルセルフ型・セミセルフ型と従業員の人が商品のスキャンから、決済まで全部してくれる、従来型の3つのレジが用意してあります。 フルセルフ型のレジは、商品のスキャンから、お金を払うところまで全部自分でしますよね。 フルセルフ型のレジに対して、セミセルフ型レジは、商品のスキャンは従業員がしてくれて、お金を払うところだけ自分ですするっていうもの。 レジの人が商品のスキャンがすべて終わると、レジの先にあるお支払の機械に案内されます。「〇番の機械で支払いをしてください!」って言われて、そこに言って機械相手にお金を払うだけです。 セミセルフ型のレジは便利がいい!積極的に使う価値あり セミセルフ型のレジを先日初めて使ったのですが、感想は、すごく便利がいい! 僕はイオンでまとめ買いをするので、スキャンまでするのは面倒だけど、レジではあんまり待たされたくないんですよね。 フルセルフ型のレジで大量の商品をスキャンすると… フルセルフ型のレジで、商品の精算をする時は、待ち時間は、従来型のレジよりも短くてすむんですけど、商品が多いとスキャンするのが大変…。 スキャンしながら、マイバッグに荷物を入れていくので、順番を間違えたら、詰め替えたりなんたりしてめっちゃ時間がかかりました。 フルスキャンの方が時間がかかるし面倒。購入する商品が少ない時は待ち時間の節約にフルセルフレジを使うのはいいんですけど、買い物かごいっぱいに商品を入れた時はあんまりおすすめできません。 セミセルフ型はスキャンはプロなので速い! フルセルフ型のレジに比べてセミセルフ型のレジは、レジに精通したプロが商品をスキャンしてくれるので、商品のスキャン速度がやっぱり速いんです。(パートに入りたての人は除く) しかも、かごに商品が入れられていくのはとてもキレイ!商品が多い場合は、商品のスキャンはプロに任せる方が確実に早いです。 お金のお支払時間が短縮されるので、従来型のレジより流れがスムーズ 他のお客さんの商品をスキャンしている間も待たされるんですが、支払いをする時間も結構またされます。 お金を払う人全員がクレジットカードとか電子マネーを使ってくれるといいんですが、中には現金派の人もいますからね。 現金で支払ってくれるのはいいんですけど、端数を財布の中の小銭から探して…ってしてると、一人あたりの支払い時間が長くなっちゃうんですよね。 レジが空いている時はいいんですけど、混雑している時は、「早くして!」ってついつい思っちゃいます。 セミセルフ型のレジは、商品のスキャンがすむとその先にお金を払う機械が何個かあるので、支払いが数人同時にできるので速いんです。 日刊工業新聞の中でも、セミセルフ型のレジを使うと、1.3~1.4倍精算スピードが上がると書かれているので、従業員にとっても客にとってもメリットのある、システムです。 機械の写真でもとっておけばよかったんですが、そんな余裕もなく、申し訳ないんですが、決済は簡単です。イオンカードを持っていたら、最初に入れて、ポイントなどの加算。(もっていなければスルー) そして、その後、クレジットカードの決済、WAONなどの電子マネーでの決済、現金での決済を選べるので、ボタンを押して支払うだけ。 スムーズにレジを通ることができるので、セミセルフ型のレジおすすめですよ! [ad] レジはこんな使い分けをしたらいい! フルセルフ型、セミセルフ型、従来型、この3つのレジがあるので、それぞれ、こんな使い分けをしていけばいいです。 フルセルフ型:買った商品が少なくて、スキャンするのもそんなに大変じゃない。 セミセルフ型:結構な商品を買ってしまった…。でもなるべく早く会計をすませたい。 従来型:機械の使いかたなんか全くわからん…。待ってもいいから全部やって…。 こうやって使い分けていくと、レジで待ってイライラする時間、会計のためにだけ使うもったいない時間を減らすことができますよ。 機械使うのに抵抗のない人は、是非セミセルフ型のレジを使ってみてくださいね! あっでも、機械が苦手でも、支払い方法を教えてくれる店員さんもいるので、聞けば簡単にできるので、機械が苦手でも、使って見てくださいね!銀行のATMが使えれば、誰でも使えます(笑) [ad#ad1] \ SNSでシェアしよう! / Look for the topicの注目記事を受け取ろう Look for the topic この記事が気に入ったらいいね!しよう Look for the topicの人気記事をお届けします。

【イオン】セルフレジの仕組みや使い方|便利なワオン支払いで時短す... イオンでついに導入決定!「レジゴー」 | イオンのオトク情報

イオンレジ操作

【イオン】セルフレジの仕組みや使い方|便利なワオン支払いで時短する方法 2017年12月7日 セルフレジを見かけたことはあっても、使い方がわからない、面倒そう、と使うのを躊躇している方も多いのではないでしょうか? セルフレジの増加と背景 小売店や飲食チェーン店などでは、 顧客がレジ操作を行うセルフレジを見かけたり、 操作をすることが増えてきました。 セルフレジについて、小売り業ではイオンが導入したことを皮切りに、 最近では大手コンビニでも導入店舗が増え、 身近なものになってきています。 日本においてセルフレジが増えてきた背景には 2020年の東京オリンピックも関わっています。 日本政府はオリンピックに向けてキャッシュレス化 を進めていることもあり、 コンビニなどではキャッシュレス決済に対応した 支払い方法のみが利用できるセルフレジが置かれています。 実際にコンビニで利用できる支払い方法は下記キャシュレス決済と呼ばれる 支払い方法が採用されています。 ○電子マネー(Suica、楽天Edyなど) ○クレジットカード(5ブランド対応) ○バーコード決済(Pay Pay、LINE Payなど) ○提携ポイント(WAON、Pontaなど) コンビニの場合現状では 現金が使えない、ホットスナック購入時には買えないなど 使いにくさも存在しています。

【画像あり】イオン(マックスバリュ)にあるセルフレジの使い方【解... イオンのセルフレジが少し進化してた | たまトラ

イオンレジ操作

イオンのセルフレジは、西友のスグレジに比べると、割引商品の取り扱いやエラーの頻度などが適切で使いやすいです。 操作に慣れた方ならある程度多めのお買い物で使っても大丈夫かと思われます。 利用者がなかなか伸びない状況です 使い慣れていないなどの操作に不安を持っている消費者が多いですが、 そのようなの原因はいずれセルフレジ利用で割引されるキャンペーンなどが行われることで 浸透していく可能性が高いと思われます。 主流となるセミセルフレジ さて、このようにセルフレジの浸透に時間がかかっている中、 「セミセルフレジ」を導入している店舗が非常に増えてきています。 セルフレジでは顧客自身が商品のバーコードをスキャンして精算を行いますが、 セミセルフレジでは最近はバーコードスキャンや商品入力は店員が行い、 精算の部分のみを顧客がセルフで処理する仕組みになっています。 セミセルフレジが導入される目的は人手不足対策と会計処理のスピードアップです。 セルフレジではバーコード読み取りに時間がかかるなどの 問題があり、場合によっては1人あたりの会計処理時間が 有人レジよりも長くなってしまう場合も多々起きていました。 セミセルフレジでは会計処理時間の問題を解決しつつ、 人件費を削減でき、うまく利用することで有人レジより 2倍ほどの業務効率になるそうです。 遠い未来では 「Amazon Go」のようなレジ自体が存在しない支払い方法などが台頭してくるものと思われますが、 しばらくの間はセミセルフレジが小売店の主流として利用をされていくでしょう。

イオンカードの使い方を解説!レジで困らないための基本〜応用 クレ... イオンスタイル有明ガーデン/スマホレジ「レジゴー」利用率30%に | 流通ニュース

イオンレジ操作

イオンカードの使い方を解説しています。イオンカードが届いた後の手順、初めてのカード決済でも慌てないためのレジでの利用手順も分かりやすく紹介しています。 イオンでの買い物は年に数回です。いつもセルフレジを使います。 こちらに書いたように、通常のレジより流れが早く快適。今日のような「20日30日5%off」の日は、大量に買い物をした人によって人力レジが込んでいますので、セルフレジがより便利に感じます。 1年ぶりくらいにセルフレジを使ってみると、できることが増えたようで少し操作が複雑になっていました。 目についたのはその場でWAONのチャージができること。事前チャージを忘れた時に便利そう。イオン銀行のオートチャージを利用している人だと関係ありませんが。 セルフレジを好む人は、多少複雑な操作でも利便性の向上を喜びそうで、どんどん多機能化していきそうな気もします。 操作画面で最初に「慣れた人」か「不慣れな人」かを判定するようなメニュー構成にしておくとか、waon除法を使って利用者の習熟度を判別するような仕組みが必要かもしれません。 どちらにしてもセルフレジでとどまらず、スマホセルフレジにまで発展して欲しいものです。