• 記事: 15286
  • 質問に対する回答: 29970
  • コメント: 29210
  • 準備ができて答え: 25214

オナニーメリット

オナニーのメリット・デメリットを徹底的にまとめた【男性・女性編】 男性の正しいオナニーのやり方とは?間違った方法は早漏やEDの原因にも | 精力剤のアゲヂカラ|元・汁男優おすすめの性力サプリランキング

オナニーメリット

男性にとってのオナニーのメリットの1つ目。それは、セックスのトレーニングになるということです。以下にまとめるような適切なやり方でオナニーをすれば、より力強いセックスをすることができるようになるでしょう。 淡い青春時代、年上の兄や姉の刺激で早熟になってしまった妹、弟がコッソリ部屋に入ってエッチ本が隠されているような場所をゴソゴソ探ってしまった、なんて経験をお持ちの方は多いはずです。手先に本らしきものが当たって引き出したら強烈なエロ本に胸の鼓動が高鳴り、まるで重罪を犯してるかのように本を持ち去って自分の部屋で1ページずつ生唾ごっくんもので見ていたあの日がついこの頃のように感じる事でしょう。成長し今ではすっかり「オナニー」が生活の一部になり定期的にしないと体や脳の疲れが取れないと感じる男性と女性は大勢います。心理学的に自我の形成に大いに役立っている「オナニー」極端な話、仕事中に行き詰まりストレスの連鎖など負のスパイラルに陥りかけている場合など「仕事の休憩中を利用してオナニー」を行う事で、仕事の効率を向上させるだけではなくストレス解消のメリットもあり、仕事中にオナニーを奨励する心理学者もいます。研究者の調べでは頻繁にオナニーを行っている男性に前立腺ガンを発症する可能性が低いという結果があり、尿道に蓄積された毒素という不純物を精液で押し出して洗い流し清掃するメリットがある事から理由が成り立っているとされています。日常で行われている「献血」ですが定期的に体内の血液を抜くことで新たな血液が生成され、クリアな血液を保つ意味で受ける方が大勢いらっしゃます。男性にとって重要な献血、女性は毎月やってくる「生理」で不要な血液が体外へ出されることで新たな血の循環を行っているのでやはり女性よりも男性のほうが何かとリスクが多いことは一目瞭然でしょう。健康的にこのようなデメリットをどんどん回避していきましょう。射精を行う事で前立腺の血流アップに繋がります。勃起してドクドク高鳴る鼓動と勢いよく流れる血流はいわば「男性の守護神」ともいえます。この血流が滞る状態を長らくあれば、動脈硬化症になり、いろいろな臓器や脳へ影響も考えられ、現役の男性にはあってはならないED(勃起不全)という最悪事態を迎えるリスクを抱えることになります。オナニーは男性の勲章。男性のロマンです。健康的にオナニーを楽しみ最悪な事態を回避しデメリットなんか吹っ飛ばしてしまいましょう。いくつになっても朝目が覚めて股間に走る「朝立ち」という緊張感がたまりません。「さっ、今日も頑張るぞ」とパワーが漲り、睾丸に溜まった目に見えない大量の我が子たちをこの世に排出してからすっきりとした気持ちで仕事へ行く時は清清しくて気持ち良いものでしょう。血管の健康も保ち、ホルモンの減退もなく、ストレスなく熟睡できる、この条件がそろってこそ健全な「男性」。現役の証。ペニスの勃起力維持にも効果大で文句なしのメリットだらけでいいとこ取りばかりです。「男性ホルモン」の「テストステロン」は睾丸で作られています。このホルモン、「筋肉」「骨」「血管」の強化作用を促したり活発な神経活動をもたらします。不足すれば内臓脂肪が溜まるいわゆる「メタボ」や「記憶力低下」さらにストレスへの耐久性が減り「鬱」という心の病という影を落としてきます。朝オナニーは活力の源、率先して行いましょう。たしかに「生涯現役」と豪快な笑顔でテレビなどで見かける方々に「ご長寿」の諸先輩が多いことにお気付きでしょう。食事もさることながら、やはり「男性」は生涯「男性」であり続けなければ元気な体を保てないのでしょう。オナニーのもたらすメリットは医学的にも立証されています。オナニーの回数で影響するそれぞれのプラス要素は以下になります。①週1で風邪予防の期待②週2で心臓病のリスク半減の期待③週3で7歳から12歳若く見られるの期待④週5以上から前立線がんのリスク低下の期待女性とのセックスもオナニーによる射精にも同じような期待が持てるという研究結果が出てるそうです。本当に射精の素晴らしさを実感します。男性はオナニーをすることでより男性的になり性的機能の向上に繋がります。淡い少年時代に初めてのオナニーに感動し毎日のように好きな女性を想像し、燃えるように熱くオナニーにハマったあの頃。そんな男子の体内では「男性」になるための準備をせっせと行い、賢明に頑張っていたでしょう。あれから時が流れ、熟した「男性」になった今でも精子製造工場は稼働を続けています。男性として漲るパワーをキープするためには製造工場はフル回転していなければいけません。オナニーをしない「無法地帯」化になれば、たちまち「機能低下」という雑草に覆われ自身を見失ってしまう事になるでしょう。まさに己を失うような辛いデメリットには遭遇したくありません。「オナニー」という除草剤で覆われた雑草を根こそぎ枯らしてしまいましょう。こればかりは年齢や個人差がありなんとも言えませんが、性欲が高まり、したくて仕方が無いときは大いにしてください。無理矢理するのは良くないでしょうが自然にそのような気持ちになったときは身体の欲求の波に乗ってオナニーを楽しみましょう。回数など気にすること自体、ナンセンスです。そのように深く考える事がデメリットに繋がってゆくのでしょう。朝目が覚めていきり立ったペニスは健康の証、心身ともに明るい1日をスタートさせるためにもオナニーは大いにして頭をスッキリさせて仕事にいきましょう。能率アップでテンションも上がりいいことずくめです。女性のオナニーはまた別格の快感があります。自身の体を鏡に映してその厭らしい姿を見て興奮することも実は快感の1つです。基本、女性はエロの神です。女性のオナニーがもたらす美容効果のメリットとは「肌荒れの原因」ともなるホルモンバランスを整えてくれる作用がありまず。女性の敵「肌荒れ」はオナニーによって女性ホルモンが活性化することで防ぐことが可能です。ホルモンバランスが整う事で女性の誰もが手にしたい「美肌」をゲットできます。お肌に艶と輝きが増しメイクいらずの少女のような美肌が蘇ってくるでしょう。女性が男性との「満たされた性生活」の翌日に肌が艶っぽく潤うのがその理由でしょう。セックスと同じ効果のあるオナニーを取り入れ効率的に「美肌」をゲットしましょう。オナニーで女性ホルモンをプッシュされることで、女性としての魅力に必須である「女性らしい体」になれる嬉しいメリットでしょう。いわゆるモデルさんのような「見本」的体ではなく、中から「女性フェロモン」がにじみ出てくるような色気です。性体験、オナニーを重ねていく度に培われるフェロモン。彼氏がいない女性でも健康的なオナニーを取り入れることで「女性フェロモン」をモノにでき、男性を魅了するボディになれると言う超ラッキーなメリットです。薄着の季節にボディラインを強調したちょいセクシーファッションで道行くオトコ達の視線をゲットしましょう。優越感に浸った貴女はまさに「女優」オーラを放つ事、間違いなしです。オナニーがもたらす美容効果は肉感的なオンナらしい体を作ることはもとより、成長期の女性の場合はホルモン活性化で「おっぱい」が大きくなると言う画期的なメリットがあります。ズンズン響き渡る官能が女性ホルモンをグングンプッシュします。性体験のない女性だとオナニーに「疑似セックス」を盛り込んでより一層感じるオナニーに身も心もとろけるような快感が癖になって病みつきになるでしょう。ちょっとエロくキャミソールをグッと下に下げて、顔を出し寄せた愛らしいこんもりおっぱいを疑似セックスの中の彼氏が夢中で吸いついて赤ちゃんのように甘えています。このような事を妄想しながらすると母性本能をガンガン刺激してよりおっぱいの成長へプラスになっていくメリットを活かさない手はないでしょう。ホルモンバランスが乱れれば美肌どころか「肌荒れ」全開になり、順調にきていた生理だってバラバラになってきたり悪影響は確実に迫ってくるでしょう。オナニーする事で生理不順が解消するメリット、本当に嬉しい限りです。ストレスのよるホルモンバランスの乱れ回避にはセックスとオナニーの2点しかありません。セックスは相手が必要ですがオナニーはいつだって可能です。一人エッチで回避できればお安いものでしょう。シチュエーションを色々模索して、刺激的なオナニーを堪能して下さい。職場、部屋、時にはお出かけ先のデパートのトイレ。凄く興奮します。音をたてないようにパンティの上から可愛いお豆を可愛がってください。声を押し殺しながらするオナニーは別格です。まるで犯されているような感覚に女性ホルモンが泣いて喜ぶ事でしょう。終えた貴女自身の頬はうっすらと紅色でとても色っぽくなっている事でしょう。仕事や家庭環境に日々の人間関係からのストレスは誰しも抱えているでしょう。好きな趣味をしても友達とご飯に行って好きなものを食べても、何だか心が満たされない毎日を送っている女性はいっぱいいます。そんな時、一人でお部屋にいるシチューエーションだとしたらどうでしょう。ついつい下半身に手がいく事ってありませんか? 陰部を触っているとジュワッと溢れてくるラブジュース。割れ目にそって指を這わせ大きくなったお豆を指先でクリクリ、二つのひだがゆっくりお口を開き、膣の入り口からゆっくりラブジュースが流れてきて「ああっ、気持ちいい」と妄想をしながら夢中でするオナニー経験ってあるでしょう。そうです。この「夢中」がストレス発散のキーポイントになります。頭の中を真っ白にすることで体自体がよい状態をとり戻しストレスを一掃するのでしょう。気持ちいいことをしてストレスフリーになれるメリットをジャンジャン取り入れましょう。そもそもオナニーに理由は不要でしょう。男性や女性に生まれた以上はなくてはならない性行動。一人エッチをすることで誰にも迷惑をかける事ではないからです。パートナーとセックスできない環境に遇ったり、パートナーのいない女性でも思うがままにオナニーを堪能すればいいのでしょう。欲求不満でイラついてるほうが人に迷惑をかけることになったり、雰囲気だって壊してしまう増す。円滑な人間関係を構築する上でも自分自身が「安定」していないといけないのが基本でしょう。徹底的に自分にご褒美をあげる意味でもメリットを活かすべく率先してオナニーを楽しんでいきましょう。オナニー後の解放感や満足感に満たされ、心地よい疲労感と脱力感から体が楽になりぐっすりと熟睡できるリラックス効果があります。良質な睡眠をとることで美容効果が一段とアップします。適度なカロリー消費でダイエット効果のメリットだって期待できるでしょう。美肌、リラックス効果を狙うなら気持ちの赴くままの「オナニー」が必須でしょう。火照った身体が自然と心地よい眠りに誘導してくれる安心安全な「睡眠導入剤」をお試しください。男性の射精に要する体力は想像以上のエネルギーです。短時間発射でも全身の筋力を使い脳をフル回転させます。終わった後の脱力感はそのためでしょう。100%力を出し切る疲労度が蓄積されると他に悪影響を及ぼすデメリットもあります。やみくもにするのではなく、本当にうずうずして性欲が漲った時にすることがいいでしょう。無意味にしてもより一層疲労を蓄積させるだけでしょう。第一、疲れ切った状態の時に体に鞭打ってまでするのは「健全なオナニー」ではありません。貴方自身でしっかりコントロールしてデメリットを打破していきましょう。快適なオナニーにするかこのようにデメリットなオナニーにするかは貴方次第でしょう。工夫をちょっとするだけで「疲れる」というデメリットが「快適」なメリットへ容易にかわっていくでしょう。これは女性サイドからするとかなりショッキングな事でしょう。「私に魅力がないから興奮しないの」と沈ませる要因にさえなりえます。女性の自身を喪失させるデメリットはとても辛く痛い事です。魅力的な女性を目の前にしてもオナニーに慣れ過ぎて本番の女性の膣内でなかなかイケず、興奮度にイマイチ欠けすっかりオナニーに慣れ過ぎて快感が得られない事態に焦ってしまい折角の出会いのチャンスを無にするデメリットが発生する可能性大でしょう。好意を寄せていた女性とやっとの思いで辿りつけた「二人だけの空間」を立たないという決定的な理由で女性を悲しませる事が一番辛いデメリットになるでしょう。「遅漏」の悩みも深刻です。オナニーの思わぬ余波に調子が狂いっぱなしになる危険性も秘めています。デメリットの深みに足元をすくわれないよう気をつけましょう。折角のラッキーチャンスをこのようなデメリット発生で失うのは悲しい事です。オナニーとは過剰な妄想から成り立つ興奮行動。脳や神経を無限大に「妄想」に支配される中で興奮を得る事です。しかし妄想癖が根っから沁みついてしまうと精神のバランスを失い、自己中心的な性の暴走に走りうる可能性、「妄想癖の罠」と言うデメリットが発生します。スマホで隠し撮りなどの盗撮行動を起こしたり、アブノーマルなシチュエーションの下でしか興奮を得られないようになり、自分のことだけでは済まないようになってきます。最悪、人に迷惑をかける事にもなりかねないし、貴方自身の人生への影響も出てくるでしょう。こうなればもはやデメリット云々の域を越したと言えるでしょう。妄想だけでは押さえがきかなくなり盗撮や痴漢に興味を示し実行すればデメリットどころの話ではすみません。人には色々な性癖がありますが行き過ぎた行いをする事態は極力避けましょう。妄想も大いに取り入れ、エネルギッシュにオナニーを楽しみましょう。日々のオナニーによって体は相当酷使されているでしょう。指でシゴクことによって過剰な摩擦の影響としてメラニン色素の沈着などの影響が出始め、ペニス事態に変形を生じたりというデメリットがあげられます。好きな女性を妄想してゆっくり亀頭を包み込むように行う至福のひと時、女性にまったりフェラされ甘えるように「あなたをちょうだい」とおねだりをされ、ゆっくり女性の秘境へ吸い寄せられる貴方のペニス。さぞかし気持ちいいでしょう。多少のデメリットは付き物なので気にし過ぎは禁物でしょう。女性の場合のデメリットでは乳首を「気持ちいい」からと特定の角度からクリクリしたり、つまんでオナニーしていたら気がつけば片側に乳首が傾いたり乳首が肥大したりのデメリットが生じます。また男性は過剰な性器への刺激でひん尿になったりと生活面で支障が出てくるデメリットがあげられます。何事も度を越せば良い事もデメリットに変化していくのでしょう。汚い手でペニスに触れて粗雑な状況でオナニーをすると尿道からバイ菌が入り、「雑菌性尿道」炎になるデメリットがあげられます。その痛みは相当で激痛に耐えかねるほどです。尿道から膿のようなものが出てきます。病院にかかりお薬を飲めば治るのを「泌尿器科に行くのがなんだか恥ずかしい」という理由で放置していたら悪化して大変な事になり、オナニーどころでは無くなるデメリットが生じます。何事も清潔第一を徹しこのような身体に直に生じるデメリットを回避しましょう。女性の陰部に触れる際も当然清潔を心がけて指入れをしましょう。女性の膣内はとってもデリケートです。雑菌というデメリットにさらさないよう気をつけましょう。アダルトビデオのカテゴリーも多彩、よりどりみどりでノーマルから変態系から汚い系まで貴方の好みにあったアダルトビデオは必ずあるでしょう。現実にありえないシチューエーションで「視覚的興奮」を得るため毎回このオカズに頼り切っていると普通レベルの妄想では発射できないデメリットが生まれます。まさかのビデオ鑑賞がそのようなデメリットを生むとは考えもしないでしょう。しかし映像の中の女性にばかり視覚的に興奮する癖が付いてしまえば自然とこのようなデメリットにはまっていくのでしょう。視覚的興奮はそこそこに貴方自身の頭の中の世界観でイケるように努めましょう。生の女性とのチャンス到来で発射できないようなデメリットが生じればペニスそのものがいくら奮い立たせても起き上がることのできない深刻なデメリットへと移行します。映像の女性はそこそこに頭の中をエロ一色にしてオナニーを堪能して下さい。オナニーのメリットでお話ししました「男性ホルモン」のテストステロン、いわゆるカッコいい体を作るイケイケホルモンがおなにーのし過ぎで「モテない男性ホルモン」のジヒドロテストステロンへ変化していくというデメリットがあります。・体毛が増える・皮脂が増える・禿げというデメリット3兄弟。いわゆるモテない男性の条件をクリアしてしまうという恐ろしい事態に。「モテない男性ホルモン」を抑えるはずの亜鉛が過度なオナニーによって出て行ってしまう事で「モテない男性ホルモン」を抑えられなくなり、それまで押さえられていた「モテない男性ホルモン」がオナニーで大量生成されてしまいます。何事もやり過ぎは「禁」という事なのでしょう。射精と漲るペニスの勃起は男性の命ですが異常なまでのやりすぎでその命をさらってしまう事になり悪い意味での「中毒」に陥らないように健全なオナニーライフを満喫していきましょう。女性のオナニーのデメリットはほぼほぼ無いでしょう。オナニーのし過ぎでいわゆる「真黒なマンコ」「大陰唇が異常にデカイ」などと男性は言いますがそれは全く根拠が無い話でしょう。女性の個々の体質でそのようになっているだけで決して「オナニー」のせいではありません。尿道オナニーというような綿棒を尿道に出し入れするような異常性のあるオナニーになれば尿道を傷つけ細菌が入り膀胱炎というデメリットが生じる場合もあるでしょうが、普通に軽くおもちゃで遊んだり指オナニーを楽しむ程度では、デメリットというデメリットはないでしょう。過激な事をしない限りは、清潔を徹した下で行うオナニーは女性ホルモンを整え、美肌やバストアップ、生理安定など「渡りに船」と言う例えが最高にハマるほど嬉しい効果ばかりです。男性のほうがデメリットは多く、生命力という意味でも女性のほうが上回っている根源が何となく理解できてきます。ネットで女性の交際募集掲示サイトを見ていたら、素敵な女性のメッセージと共に顔写真が載っています。熟女好みの方もいれば若い女性が好きという方もいっぱいいるでしょう。真面目にメール交流をしていればやがて互いにエッチな話の輪も広がってゆき、いたずら心で互いのオナニー風景の動画を交換してみようという事も可能になってくるでしょう。ただでさえ気持ちのいいオナニーに女性の動画というオカズが加われば鬼に金棒でしょう。直に女性を目の前にしてセックスするよりはるかに興奮度が増します。ガチガチにいきり立ったジュニアから激しく精子が飛び出し辺り一面栗の花のニオイに包まれていることでしょう。女性にも今頃貴方のオナ動画でイキまくってることでしょう。お風呂場でのオナニーは家族に絶対ばれない穴場スポット。終われば処理も簡単。完全犯罪が成立します。絶対に覗かれる事にないメリットがお風呂場でしょう。シャワーを心地よい水圧に調整し、裏筋に当ててみてください。穴から出てくる繊細にたたきつけてるような感触がちょうどGスポットのざらざらに当たったような感触にたちまち昇天すること間違いなしでしょう。ただし、水道代が上がらないよう、くれぐれも水の使いすぎにご用心。これが風呂場オナニーのデメリットでしょう。これは男性女性関係なく、スリリングな環境という最高の立地条件の下で行う一人エッチはなんとも言いがたい興奮を味わえます。トイレ内に人の出入りがあると分かってればなおさらでしょう。壁一枚隔てて公衆トイレで「ペニスをしごいている罪悪感」がまるで女性がひざまずいて自分にフェラをしてくれてるような錯覚にさえ陥ります。勢いよく便器に精子をぶちまけてください。妄想の女性がゴックンしてくれてるような歓喜にr包まれるでしょう。逆に女性も同じように行うと大興奮するでしょう。便座に座って大きく開脚。すごくエロいです。デメリットになりそうでならない公衆トイレでの一人オナニー。堂々と人の気配を感じながらできるメリットがあるのが公衆トイレでしょう。「プチ変態」気分でオナニーを楽しみましょう。夏場だと若干暑苦しい気はしますが冬だと車内に小さな膝掛けを積み込んで隠しながらのオナニーは最高でしょう。上半身はあたかも座っているような平然な顔をして、車の横を歩いて通過していく好みの女性を見かけたタイミングで抜いてみましょう。お買い物中に素敵な女性の姿を見てしっかり頭の中に残像を残し、その余韻でするオナニーもたまらないでしょう。イクときは表情を変えないことにポイントを置いてしてください。「俺ってなんてド変態なんだろう」と感じることでより快感が高まっていくでしょう。「目視」で女性を観察しオカズにするだけのことなので何も罪には問われません。大いに楽しみましょう。これは男女共通の刺激でしょう。これは女性ならではのオナニー方法でしょう。ネットで好みのエロ下着を購入し、アダルトビデオの女優を妄想しまったり行ってください。秘部の部分の穴あきや乳首の部分の穴あき、シースルーのキャミを着て透ける乳首をいたぶるなんて最高でしょう。少しだけカーテンを開けて見えるか見えない状態でオナニーをしてください。興奮した貴女の秘部は開きっぱなし。膣からは美味しいラブジュース。妄想の彼にたくさん飲ませてあげてください。鏡というアイテムで目視で強姦されている妄想を堪能しましょう。鏡に映った貴女の秘部は誰かに覗かれています。大きく立った乳首、堅くなってきたお豆、焼きアワビのようにゆっくり開いてくる左右のビラビラ。そう、貴女は妄想の男性に目視され、男性のオナニーのオカズにされているでしょう。感じてきた貴女はお豆を転がす指のスピードも速くなり、口は半開きで恍惚になった色っぽい表情で声を押し殺しながら昇天することでしょう。妄想の男性も一緒に昇天してしまった事でしょう。ピクピク痙攣する充血した秘部が超セクシーです。おもちゃもいいでしょうけど、体温を感じると言う意味でリアル感倍増です。ほどよく暖めたソーセージを用いて遊んでみましょう。魚肉ソーセージだとソフトな感覚、少し固めの勃起感を味わうなら粗挽きソーセージがおすすめです。膣に傷も入らなく安心に高速ピストンが行えるでしょう。終わった後は、妄想の男性のペニスに見立てて美味しく頂いてください。じらすように先端からカリカリとフェラの練習をするかのように楽しみながら完食しましょう。オナニーの「メリット・デメリット」のお話いかがでしたか?

毎日オナニーする男性のメリットとデメリット~健康的な回数や頻度と... オナ禁のメリットは? | 性教育サイト「セイシル」

オナニーメリット

毎日オナニーすることはメリットもあればデメリットもあります。メリットしては男性ホルモンであるテストステロンが増えることや正しいオナニーをすることでセックスの練習や早漏防止などになります。

毎日オナニーはやりすぎ?自慰行為の最適頻度やメリット・デメリット... オナニーは夜より朝が良い?朝オナニーのメリット・デメリット! | 黄金の鐘を鳴らせ

オナニーメリット

オナニーのやりすぎが心配な人、どれくらいの頻度でオナニーするのが良いのか知りたい人に必見の記事です。オナニーのメリットやデメリット、安全で安心なオナニーの方法なども解説しています。

オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは... 「もしかして私、オナニーしすぎ?」 意外と毎日派も多い、女性のひとりエッチ頻度 | オトナのハウコレ

オナニーメリット

男性だけでなく、多くの女性もオナニーをします。しかし、女性のオナニーは大々的にPRされることが少なく、メリットがあるのかデメリットがあるのか、詳しく分からないという方もいるでしょう。ここでは、女性のオナニーのメリットやデメリットについて解説しています。

毎日オナニーをすることのメリット・デメリットとは?適正回数も紹介 ... ※朝オナニーのメリットを知りたくない人は見ないでください。効果の説明│YENtry

オナニーメリット

毎日オナニーをするデメリットとメリットをご紹介しましたが、適正回数はどのくらいなのでしょうか。 アメリカでは、月にオナニーを4~7回する人に比べて 21回以上する人は2割程度前立腺がんのリスクが減った という調査があります。