• 記事: 19385
  • 質問に対する回答: 23815
  • コメント: 15593
  • 準備ができて答え: 16232

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』(さて、九月ばかりになりて... 沙石集「三文にて歯二つ」歯を抜かれて得はしない | ハイスクールサポート

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』 このテキストでは、蜻蛉日記の一節『町の小路の女』の「さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては『うつろひたる菊』や『なげきつつひとり寝る夜』と題する 『沙石集』「三文にて歯二つ」原文 南都に、歯取る唐人ありき。ある在家人の、慳貪にして利養を先とし、事にふれて商ひ心のみありて、徳もありけるが、 「虫の食ひたる歯をとらせむ。」 とて、唐人がもとに行きぬ。歯一つ取るには、銭二文に定めたるを、 「一文にて取りてたべ。」 といふ。少分の事なれば、ただも取るべけれども、心様の憎さに、 「ふつと一文にては取らじ。」 といふ。やや久しく論ずる程に、おほかた取らざりければ、 「さらば三文にて歯二つ取り給へ。」 とて、虫も食はぬに良き歯を取り添へて二つ取らせて、三文取らせつ。心には利分とこそ思ひけめども、疵なき歯を失ひぬる、大きなる損なり。これは申すに及ばず、大きに愚かなる事、をこがましきわざなり。

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説 文LABO 平成26年度版『高等学校 古典B 古文編・漢文編』|三省堂「ことばと学びの宇宙」

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記「うつろひたる菊」解説。(教科書によっては、「嘆きつつ」というタイトルがついている場合もあります。)作者は藤原道綱の母、という名前が残っていない女性なのですが、日本史上、初の女性の手による日記文学であり、平安期を代表する女流文学の一 『沙石集』「三文にて歯二つ」超現代語訳 奈良に、歯医者みたいな仕事をしている中国人がいたんです。 当時は日本に医者なんていないから、 中国から渡来した人で その方面の知識のある人が 医者みたいなことやってたんですよね。 で、ある人の話。 その人は在家人で、 在家人っていうのは出家はしてないけど仏を信心する人のこと。 欲深かでけち、 自分の損得ばっかりを大事にして、 頭の中が全てお金に関わる商売のことばかりで、 しかもすごい財産持ちって人。 その人が言ったのです。 「この虫歯をあの人にとらせよう。」と。 で歯医者の中国人のとこへと行きました。 中国人は「歯を一つとるには二文」と決めてたんだけど、 この男は 「一文でとってくださいよ。」 って言うのです。 けちだから歯を抜くのも値切るのです。 中国人は、まあ少額のことだから、 ただで抜いてやってもいいと思ったんですけど、 その男の気持ちがいやらしくて見憎いので頭きちゃって、 「決して一文ではとらない。」 と言ったのです。 それでしばらく押し問答してたんですが 中国人も頑固で、いっこうに歯をとらなかったので とうとうこの男は 「それならば三文で歯を二つとってください。」 って言ったのです。 抜く歯を二つっていったって、 虫歯は一本しかないのですよね。 二本で三文なら一本あたり1.5文だから得したとか思ったんでしょうか。 結局、虫も食ってないのに健康な歯を付け加えて二つとらせて、三文与えたのですよ。 男は心のなかで得をしたと思ったらしいのですが、 痛んでいない歯を失ったことは、大きな損失ですよ。 これは私が申し上げるまでもないのですが、大変おろかなことで、馬鹿らしい行いです。 『沙石集』とは 『沙石集』は、鎌倉時代中期に書かれた仏教説話集。十巻。 約150話が収められています。 著者は臨済宗東福寺派の高僧。 沙石集とは、「沙から金を、石から玉を引き出す」ことをいい、 世俗的な事柄を例にひき、そこに仏教の深い教えを説くという意図がこめられた書名と言われています。 つまり、身近なたとえ話を語って、 人々を仏道に導こうとしたんですね。 ほんとうに優秀な人にこそできることだと思います。 題材は、日本・中国・インドから広く集められており、 庶民生活の実態・芸能・滑稽譚など、多様な内容を持っていて、 おもしろいお話がたくさん詰まっています。 語り口は軽妙で、俗語も多用されていてわかりやすんです。 『徒然草』や後の狂言・落語にまで影響を与えたと言われています。 古典には、実はたくさんの作品がまだまだあって、 底が深くほんとうにおもしろいです。

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 解説・品詞分解 -... 蜻蛉日記 泔坏の水 ~ゆするつきのみず~ - 川のブログ

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・「赤=解説」・「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』現代語訳問題はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1 ... 平成26年度版 新課程用新刊 国語教科書 『高等学校 古典B 古文編』A5判・260ページ 編集代表:中洌正堯・岩﨑昇一 教科書番号:古B304 『高等学校 古典B 漢文編』A5判・184ページ 編集代表:中洌正堯・岩﨑昇一 教科書番号:古B305 「シラバス案」のダウンロード PDF ワード 一太郎 「評価規準例」のダウンロード 古文編 PDF ワード 一太郎 漢文編 PDF ワード 一太郎 「編集の趣旨」のダウンロード PDF ワード 一太郎 『高等学校 古典B』授業案(PDF) 授業案一覧 ※データを閲覧するには認証が必要となります。

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳 独学受験を塾...

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳. 2018/06/21 こんにちは川です。 勉強のため日本語訳をしてみます。 訳は間違っているところがあるかもしれないので何かあったらコメントください。 原文 心のどかに暮らす日、はかなきこと言ひ言ひの果てに、 我も人もあしう言ひなりて、うち怨じて出づるになりぬ。 端の方に歩み出でて、をさなき人を呼び出でて、 「我は今は来じとす。」など言ひ置きて、出でにけるすなはち、 はひ入りて、おどろおどろしう泣く。 「こはなぞ、こはなぞ。」と言へど、いらへもせで、 論なう、さやうにぞあらむと、おしはからるれど、 人の聞かむもうたてものぐるほしければ、問ひさして、とかうこしらへてあるに、 五、六日ばかりになりぬるに、音もせず。 例ならぬほどになりぬれば、あなものぐるほし、 たはぶれごととこそ我は思ひしか、はかなき仲なれば、 かくてやむやうもありなむかしと思へば、 心細うてながむるほどに、出でし日使ひし泔坏の水は、 さながらありけり。 上に塵ゐてあり。かくまでと、あさましう、 絶えぬるか影だにあらば問ふべきをかたみの水は水草ゐにけり などと思ひし日しも、見えたり。 例のごとにてやみにけり。 かやうに胸つぶらはしき折のみあるが、 よに心ゆるびなきなむ、わびしかりける。 現代語訳 心のどかに暮らす日、ほんの些細なことを言い合った末に、 私(道綱母)もあなた(兼家)も相手を悪く言うようになり、 あなたは恨み言を言って、出ていってしまった。 あなたは端(出口や縁側)の方に出ていき、道綱を呼び出して 「私はもうここには来ません。」 と言い残し、出ていくとすぐに、道綱が部屋に入って、 大げさに泣き出しました。 「これはどうしたの。」 と声をかけましたが、返事をしないで泣いているので、 どうせ、そういうことだろうと察しはつきましたが、 侍女に聞かれるのもいやで馬鹿げているので、 尋ねるのをやめて、あれこれと機嫌をとっているうちに、 五、六日ほどたちましたが、何の音沙汰もありません。 いつもとは違うようになったので、 「まあ、なんてひどい。冗談だと私は思っていたのに。 ちょっとした関係だったから、このまま終わるかもしれない」と思い、 心細く物思いにふけていると、 (あの人が)出ていった日に使った泔坏の水がそのまま残っていました。 水面にはホコリが浮いていました。 こんなになるまでと、あきれて、 あなたとの関係は終わってしまった 影でもあれば 問うことも出来たのに 残っていた水には水草があってあなたの姿は映っていません そのようなことを思っていたその日にちょうど、あなたは現れました。 いつものようにうやむやになってしまってしまいました。 このように胸がヒヤヒヤするようなことばかりあり、全く気が休まることがなく、 それがせつないです。

蜻蛉 うつろひたる菊 高校生 古文のノート - Clear

うつろひたる菊 品詞分解

品詞分解 和歌の修辞 平安文学 学年: 高校3年生, キーワード: 蜻蛉,うつろひたる菊,品詞分解,嘆きつつひとり寝る夜,蜻蛉日記

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳 - 勉強...

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』解説・品詞分解問題はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1 さて、九月 ...