• 記事: 31475
  • 質問に対する回答: 24011
  • コメント: 24573
  • 準備ができて答え: 25087

ディパーテッド

ディパーテッド - Wikipedia 【ネタバレ】ディパーテッドのラストシーンで - ディグナムがサリバンを殺し... - Yahoo!知恵袋

ディパーテッド

『ディパーテッド』( The Departed )は、2006年公開のアメリカ映画。製作会社はワーナー・ブラザース。 2002年から2003年に架けて3作品製作された大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク作品。 ●最近邦画中心に映画を選んで見ているので洋画の批評はひさしぶりか?●アカデミー賞作品賞を受賞したということで、注目度は高まっているが・・・・・・・私的には作品賞は??? である。●ストーリー展開は流石マーティン・スコセッシ!実に巧みであり、計算されている。●話しそのものよりも出演している役者の演技力が高レベル。だが、最近邦画ばかり見ていて、もっと素直というか、過剰な演技をしていないことの良さもわかってきているので、この映画で久々にハリウッド・メジャーの役者の演技合戦をみると・・・・確かに凄いのだけれども、ちょっと食傷気味に感じる。余りに演技が演技しているというか、作られた凄さというか、ハリウッドに鍛えられた演技力が却ってゲップが出るような感じであった。●ジャック・ニコルソンの怪演は際立っているが、これももう過剰すぎる!演技力が高過ぎてもう完成されすぎているからこそ、作られた演技だということがミエミエになってしまっている。それはディカプリオにしてもマット・デイモンにしても同じ。比べるならば過剰演技の主人公3人よりも、サブキャラであるマーチン・シーンやマーク・ウォルバーグの演技のほうがホッとするし、安心感がある。マーチン・シーンの演技は年齢も重ねた上で磨かれて丸くなった円熟の素直さだろう、ジャック・ニコルソンとは対局的。●なにげにマーク・ウォルバーグが光っていた。肩の力の抜けた良い演技だ。アレック・ボールドウィンはやはり大根役者か? 二人の男の間で微妙な関係を作るヴェラ・ファーミガは余り冴えていない。美人でもないし。●ストーリーは大きな破綻もなく、それなりに面白い。だが、段々と先が読めてしまうしょうがなさも多々有り。ラストに向かうくだりはどんでん返しのようでありつつも、ああ、やっぱりそうなるんだと予想が付いてしまう? 監督や脚本家は観客に驚きを与えようとしたのかもしれないが、あざとすぎるラストだ。●緻密に練られたストーリーのようでありつつもアチコチにご都合主義の展開が見え隠れしている。ジャック・ニコルソン演じるマフィアの大ボスを捕まえる為にディカプリオを覆面捜査官として潜入させて犯罪の証拠を掴もうとするわけだが、大ボスがストーリー中でどんどん人を殺したり、麻薬取引をしたりと、これではわざわざ分かるように犯罪をしているんじゃないのと思ってしまう。しかもこのマフィアのボスは逃げ隠れもするわけでもなく、警察がいつも手の届くところをうろちょうろしている。これならいつでも捕まえられるじゃないと思ってしまった。それなのになんでわざわざ高い危険を犯してまで覆面捜査官を組織に送り込むのか? 後半になると別の覆面捜査官も組織に侵入していたということまで分かるが「だったらとっくに捕まえてるだろう!」と言いたくなる。実に抜けた演出であり、ストーリー設定である。こんなマフィアのボスなら手錠と拳銃を持って直接お家に行けば「あなた、沢山犯罪してますね」と直ぐに捕まえられるだろう。●重厚複雑な設定を脚本の中に組み込んで観客を欺き驚かせようとしているようだが、これじゃあ全然駄目だ。●主人公二人の精神的な相談を受け、終いには二人とネンゴロになってしまう精神科カウンセラーの女医だが、もうこのキャラ設定はあまりにご都合主義的。ただ単に野郎だらけの画面にバランスとるためにこの女性キャラが配されたとしか思えない。ネズミがだれか?というところでキーとなる場面には出ているのだが、「そこまで分かったらそういう行動はとらないだろう。なんでそこまで分かっておいて、ただそのままにしておくのんだ?

ディパーテッド - 作品 - Yahoo!映画 ディパーテッド の レビュー・評価・クチコミ・感想 - みんなのシネマレビュー

ディパーテッド

ディパーテッド(2006)の映画情報。評価レビュー 3033件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:レオナルド・ディカプリオ 他。 巨匠マーティン・スコセッシが、香港映画『インファナル・アフェア』をリメイクしたアクションサスペンス。マフィアに潜入した警察官と、警察に潜入した ... マサチューセッツ州ボストンアイリッシュマフィアが街のあちこちらに蔓延する中、市警と州警察は、マフィア組織のトップを逮捕すべくやっきになっていた。なかなか尻尾をつかませない、マフィアのボス、フランク・コステロは我が物顔で街を跋扈していた。コリン・サリバンは幼き日に、コステロから見出されエリートの道を歩ませるべく後見人として警察学校を卒業させ警察のエリートコースを歩むのだった。ビリー・コスティガンはマフィアやガラの悪い家系で育ったが、警察学校を卒業し州警察の警部に見初められてコステロの組織への内通者として潜入していくのだった。コステロの犯罪の証拠をつかむべきビリーとコステロに情報を流すサリバンの、素性を隠した潜入捜査をお互い続けていた。警察とマフィアでの内通者狩りの圧力が高まり、双方の駆け引きの火花が散り激化していくのだった・・・『ディパーテッド』 2006年 アメリカ【原題】The Departed【監督】マーティン・スコセッシ【脚本】ウィリアム・モナハン【製作】マーティン・スコセッシ ブラッド・ピット ジェニファー・アニストン ブラッド・グレイ グレアム・キング【製作総指揮】 G・マック・ブラウン ダグ・デイヴィソン クリスティン・ホーン ロイ・リー ジャンニ・ヌナリ【出演者】ビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ) :潜入捜査官、コステロの組織に潜り込むコリン・サリバン(マット・デイモン) :幼き日からコステロに見出されて、エリート捜査官となりコステロのスパイとして警察組織に入るフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン) :アイルランド系のマフィアボスフレンチ(レイ・ウィンストン) :コステロの部下クイーナン警部(マーティン・シーン)ディグナム巡査部長(マーク・ウォールバーグ)エーラビー警部(アレック・ボールドウィン)マドリン(ヴェラ・ファーミガ) :セラピスト・精神分析医 サリバンと付き合いつつ、ビリーにも惹かれる 本作は、原作とは違う設定もありながら、リメイクとして原作の良い所を伸ばし、変更したところも改悪でなく良い方向になったと思います。 監督の他の作品のたがわず、マフィアや闇世界の描写が生々しく描かれ、時代や世界観の描写として民族やコロニーを主軸として描かれます。本作の場合は、アイルランド移民や、その世界観と警察組織を中心に内面をえぐる様に描かれています。 当然、本家オリジナルがいいという人はいるでしょう。 映画好きな私からの個人的な感想としては、です。 『インファナル・アフェア』は香港の2002年大ヒットした、アンディ・ラウ(警察へ潜入)とトニー・レオン(闇社会へ潜入)したオリジナルの作品です。 マーティン・スコセッシは『インファナル・アフェア』の興行権を当時の最高額で買い取り、作成されています。 日本でもリメイクされたりしていますが、規模が違います。 大ヒットしたオリジナル映画ですが、闇社会との確執など香港映画らしい泥臭い"情"に訴える演出と脚本でした。 警察へ潜入しながらもアンディ・ラウ演ずるラウの組織を抜けたい やはりなんといってもラストシーンの差が一番顕著でしょうね。 見ていて、ドキドキします。オリジナルを知っている人にも”えー”って叫んでしまいます。 タイトルに隠される意味はどの映画でも深いものがあります。実は、オリジナルとの比較でタイトルも当然違いますが、このdepartedには深い意味があると思っています。 ディパーテッドは、"departed",死にゆくもの・死者などと言う意味になります。 宗教的な暗喩で語られて、とされているのです。 一方で、オリジナルの原題は『無間道』となっています。同じく宗教的な意味が込められて日本でいうところの”無間地獄”をさします。終わりがない地獄が続くさまとして使われます。 違いが明白になりますよね。 一方は、死者を弔い、一方では無間に続く地獄をタイトルが表しています。 これは、ラストの終わり方にも通じていると思われます。 『ディパーテッド』では、死んだ全員に対して弔いの言葉がタイトルとなっていて。『インファナル・アフェア』では、ラウとヤンの苦しみを示唆しています。そしてラウだけが生き残った世界で精神的な地獄の苦しみがこのあと続くことを示唆しています。 本作の魅力の一つですがキャスティングが光っています。アカデミー俳優、名優たちの共演が見事です。お互いの個性と個性がぶつかり合って相乗効果で良いものを作り上げています。 また、それほどには名が通っていないヴェラ・ファーミガがヒロインに抜擢されたりもしています。本当はケイト・ウィンスレットが候補に挙がっていて、『タイタニック』 レオナルド・ディカプリオが光りました。王子様のような端正で甘いマスクから、親族はギャングだらけの不遇の育ちから、せっかく警察に登用されたのに、即潜入捜査官とついていない役回りのビリーをディカプリオが演じました。 企画時には、制作に名前を連ね自身の制作会社をも使っているブラッド・ピットがビリーの役をやる予定でしたが、ビリーの年齢設定との乖離でブラピ自身が辞退して、ディカプリオに決まりました。 結果的には、ディカプリオの怪演を見ることが出来ましたね。ほとばしる抜身のナイフような鋭さを持つ、生まれの悪さと尖ったビリーの表情とコステロの組織での張り詰めた表情、コステロと組織が壊滅した後の演技の幅としての落差が激しすぎて、潜入捜査の生々しさと苦悩が痛いほど伝わってきました。 ディカプリオは、『ロミオ+ジュリエット』『タイタニック』 それでも、あれほどの秀逸作で素晴らしい演技力を魅せてもアカデミーは受賞できません。ハードルは高いですね。オリンピックの金メダルのようです。作品・監督・ライバル、世論全てのパラメータがそろっていないと取れない。 そして2015年ついに『レヴェナント: 蘇えりし者』あの生き残りをかけた男の壮絶な生きざまで、主演男優賞を獲得できました。 本当に感慨深いものがあります。 原作オリジナルのトニー・レオンも良かったですが、ディカプリオの演技のほうが好きですね。 スクリーンの視聴者にこびていない演技というか、アイドル臭がしないです。 の軸が目立ちました。実際はわざとそういう仕立てにして、製作側としてはディカプリオのビリー側に寄せていると思います。そんな中でのオリジナルと違う味付けの演技がよかった! サリバンの、いかにも純粋で屈託のない悪、自己中心的な悪のキャラクター どこかコステロでさえ見下している、自己欺瞞感がまんまんと出ています。恋人の前でも上司同僚の前でも裏に何か隠しているエリート感が半端ないです。 『ボーン・アイデンティティー』シリーズで、人気を確たるものにしたマット・デイモンです。ちょいちょいいろんな映画にカメオ出演するお茶目なところが大好きです。 そしてアカデミーこそノミネートのみで取れませんでしたが、『オデッセイ』での圧倒出来な”ぼっち演技”が冴えわたりました。元々は親友ベン・アフレックと始めた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』での脚本賞でのアカデミー受賞と他の俳優とは異なるキャリアのマット・デイモンのこれからに期待です。 での”それ”にのりうつ恐怖、『カッコーの巣の上で』のおどけた偽装精神病者、などどれも交じり合っています。 アカデミーを受賞した作品はもとより、どれも素晴らしいです 本作でも、ゴールデングローブ賞助演男優賞ノミネートまでされています。 レオナルド・ディカプリオも、ジャック・ニコルソンに食われないように必死の演技だったでしょう、いい意味で相乗効果として盛り上がりレオナルド・ディカプリオの力を確実に底上げしていると思います。 クイーナン警部、ディグナム巡査部長を演じ、ビリーを後方からバックアップしたのは、往年のスターのマーティン・シーンと、マーク・ウォールバーグです。 演技としては、マーク・ウォールバーグが高く評価され本映画でアカデミーで助演男優賞のノミネートを受けています。マット・デイモンと親友の二人ですが、この映画だけの演技では、マーク・ウォールバーグに軍配が上がっています。 キレのあるセリフで、何回”ふぁっく”言ううんだっけ?って言うくらい、口悪い巡査部長ですが、ラストシーンでは重要なポイントをかっさらっていきます。 マーク・ウォールバーグの髪形もおかしかったですが、これはコメディ『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!

ディパーテッド : 作品情報 - 映画.com 【デュエルリンクス】「D-HEROディパーテッドガイ」の評価と入手方法・採用デッキ | 遊戯王デュエルリンクス攻略 | 神ゲー攻略

ディパーテッド

ディパーテッドの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「タクシードライバー」「グッドフェローズ」の巨匠マーティン ...

映画『ディパーテッド』のあらすじキャスト【ネタバレ注意】 ciatr[... 『ディパーテッド』あらすじ・ネタバレ・キャスト紹介! (2/3)

ディパーテッド

映画『ディパーテッド』のあらすじキャスト【ネタバレ注意】 2017年7月6日更新 okugawa 巨匠マーティン・スコセッシが監督を務めた映画『ディパーデッド』は2006年公開の作品。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K... ディパーテッド | あの映画のココがわからない まとめサイト | Fandom

ディパーテッド

ディパーテッド(レオナルド・ディカプリオ,マット・デイモン,ジャック・ニコルソン)に関する情報をこちらでご覧になれ ...

映画『ディパーテッド』感想や考察~リメイクは娯楽作品へ!?~ 映画「The Departed(ディパーテッド)」挿入歌にプログレPink Floydの「Comfortably Numb」! | プログレの種

ディパーテッド

マーティン・スコセッシ監督、映画『ディパーテッド』のあらすじ、感想、考察です。2006年アメリカ公開。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞受賞。上映時間152分。香港映画『インファナル・アフェア』のリメイクですが娯楽寄りの一風変わった映画です。

ディパーテッドのネタバレあらすじ!キャストや最後の結末の感想も紹... 『ディパーテッド』 - LACROIXのちょっと辛口映画批評2(感想 レビュー 業界所感)

ディパーテッド

映画『ディパーテッド』のあらすじをネタバレで紹介。映画『ディパーテッド』は大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』のハリウッドリメイク版となります。リメイクなのでキャストはもちろん、あらすじも最後の結末も異なりますのでネタバレしながら記載していきます。スパイとし ...

「ディパーテッド」ネタバレ解説|封筒の中身、伏線など徹底考察! ... 映画「ディパーテッド」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?吹き替えはある? | 海外映画ドラマ情報局

ディパーテッド

この記事は映画「ディパーテッド」の解説・考察を書いています!香港映画『インファナル・アフェア』シリーズをマーティン・スコセッシがリメイクした話題作。第79回アカデミー賞の作品賞、脚色賞、編集賞、監督賞に加え、第64回ゴールデングローブ賞の監

映画「ディパーテッド 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!... ディパーテッド | あの映画のココがわからない まとめサイト | Fandom

ディパーテッド

映画「ディパーテッド 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ディパーテッド のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは アクション映画 です。