• 記事: 31936
  • 質問に対する回答: 23048
  • コメント: 26703
  • 準備ができて答え: 26941

ドラパルト 考察

ドラパルト -... サザンドラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ドラパルト 考察

速攻アタッカーのイメージが強いドラパルトだが、両方の壁を貼るサポート役としても使用できる。 かわらわりが効かない点、堅すぎない点、挑発を打たれにくい点も良い。 以下、退場方法についての考察。 (1)りゅうせいぐん&だっしゅつパック サザンドラ No.635 タイプ:あく/ドラゴン 特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない) 体重:160.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100) 悪/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性サザンドラ92105901259098600ふゆうジヘッド728570657058420はりきり153115115(578)しんかのきせき持ち&はりきり補正 ※特性「ふゆう」により、じめん無効 「あく×ドラゴン」の複合タイプを持つ600族ドラゴン。

ドラパルトについての単体考察 佐賀大学ポケモンサークル 【ポケモン剣盾】マスターボール級1位!ドラパルト入りポケソルパの使い方 | ポケモンソルジャー【ポケソル】

ドラパルト 考察

以上ドラパルトの単体考察です。 どの型もこのポケモンの素早さの高さを上手く使った型が多いです。 技の覚える範囲の広さもあるので、まだまだ面白い型が今後も出てくると思います! C種族値125からの高火力ドラゴン技、通りのよいあく技に豊富なサブウェポンを備え、制圧力が強い。 ミラーコート無効の特殊アタッカーという個性もあり、特にソーナンスは何も考えずに完封できる。 耐久も並以上、ほのおやじめんなどのメジャーなタイプから構築上穴になりやすいゴースト・あくタイプを半減以下にできるなど耐性も幅広い。 一方で弱点も5タイプとやや多め。耐性的にもサイクル戦に向いており、相性の良いポケモンは多い。 とりわけギルガルドとの組み合わせは「サザンガルド」として有名。 きもったま格闘技とかたやぶり地面技を除いて全てのタイプを半減以下に抑えられる。 ただし第8世代では肝心のギルガルドが弱体化を受けており、第7世代までの勢いは失われている。 第八世代ではフェアリーの減少、ゴーストの増加、めざめるパワーの廃止など環境的な追い風が強い。 弱点・耐性が共に多いということでじゃくてんほけんとの相性も良く、ダイマックスとの相性は比較的良好。 ダイアークとのシナジーもあり、また現時点ではライバルの多くとカプ系が参戦しておらず非常に動きやすくなっている。 ただし、同時に新たな高速ドラゴンドラパルト、一致技を1/4以下に抑えるオーロンゲ等の苦手な敵も登場した。 技方面ではハイドロポンプ、わるだくみを習得。特に後者はサザンドラにとっては念願の積み技である。 りゅうのまいも習得しており、物理アタッカーとしての道も開けた。ただし技範囲は物理型からあまり広がっていない。 環境的にも物理受けの方が多いので特殊型が定番だが、鎧の孤島でハピナスが復帰したので物理型の需要はやや上がったか。 物理アタッカー型と物理受け型はノートにあります。 ネタ考察やマイナー考察はこちらにあります。 技考察 対鋼の炎・地面・格闘技について 悪技は鋼にも等倍で通るものの、ギルガルド以外には炎・格闘・地面技のいずれかの技のほうが有効。 型やパーティ構成によっては上記の技の優先度は下がるとはいえ、基本は鋼対策としていずれかを搭載することが推奨される。 ダイマックス技考察 型考察 特殊アタッカー型 性格:ひかえめorおくびょう 努力値:CS252 有利対面から高火力技を放ち、相手が居座ろうが退かれようが負担をかけサイクルを崩す型。 フェアリーに負担をかけられないりゅうせいぐんを放つには読みが必要。 努力値振りは現環境はすばやさが重要なので基本的にSぶっぱ。 持ち物候補が多くそれぞれ採用目的や運用方法が違うため、下記に分けて考察する。 こだわりスカーフ 確定技:りゅうせいぐん/あくのはどう 優先技:とんぼがえり/だいもんじorかえんほうしゃ 攻撃技:きあいだま/ラスターカノン/だいちのちから 素早さをスカーフで補い、上から叩ける範囲を広げる型。 サザンドラは強くフェアリーを呼ぶことがネックだが、それらの対面や後出しに対して先制とんぼがえりを撃つことが比較的安定行動になる。 苦手なドラゴンに対しても先制りゅうせいぐんによる奇襲が可能なため、本来苦手な相手への対応力の上昇が強みと言える。 きあいだまは不安定ながらバンギラスに対するストッパーになれ、不利な状況から強引に勝ち筋を残せる技。 アーマーガア、ナットレイ、アイアント、ドリュウズ、ヒヒダルマなど炎が弱点なメジャーなポケモンが多いので炎技はほしいところ。 こだわりメガネ 確定技:りゅうせいぐん/あくのはどう 攻撃技:だいもんじorかえんほうしゃ/きあいだま/だいちのちから/ラスターカノン/ハイパーボイス 技の撃ち分け性能を削いで火力を最大限に高め、撃ち逃げに特化した型。 耐久を削らずに火力補強ができるため、サイクル戦主体のサザンドラと相性がよい。 いのちのたま 確定技:りゅうせいぐん/あくのはどう 優先技:ばかぢから/だいもんじorかえんほうしゃ 攻撃技:だいちのちから/ラスターカノン/ストーンエッジorいわなだれ 変化技:ちょうはつ/みがわり こだわらないことで広範囲の撃ち分け性能を活かし、特定の組み合わせをメタることができる。 こだわりメガネとの最大の差別化点は、サブウェポン含めすべての技の火力が底上げできる点や技を打ち分けできる点。 ばかぢからによるバンギラス軸へのメタや、悪・炎の技範囲の広さが魅力。 きあいのタスキ 確定技:りゅうせいぐん 優先技:あくのはどう/ストーンエッジorいわなだれ/でんじはorちょうはつorほえる 攻撃技:だいもんじorかえんほうしゃ/きあいだま/だいちのちから/ラスターカノン 本来苦手な相手である高速ドラゴンやゲンガーといった先手で弱点を突かれる相手を誘い、 タスキで耐えて返しの一撃で落とすことを目的とした対面重視の型。 耐久が高いため一見きあいのタスキとの相性は悪そうに見えるが、上記の相手に対する対面性能の向上や 不意の弱点技による役割破壊で出落ちすることを防げるため、実際のシナジーは非常に高い。 ドラゴンへの役割を持つためにもりゅうせいぐんは確定。 他の型との役割対象の違いにより、本来は確定枠である悪技はこの型では優先技止まりとなっている。 持ち物補正がないため低火力、かつCダウンのあるりゅうせいぐんを主軸に動くため、起点回避のでんじはorちょうはつorほえるも有用。 引き先がない状態でスカーフ持ちと対面したとき、でんじはでSを削いで削りまでいれる独自の動きが可能。 特殊受け型 性格:おだやか/おくびょう/ひかえめ 努力値:仮想敵に合わせてHD調整、残りCS 持ち物:たべのこし 確定技:あくのはどう 優先技:みがわりorちょうはつ(両立可)/でんじは 選択技:だいもんじorかえんほうしゃ/がんせきふうじ/まもる/ほえる/わるだくみ 撃ち逃げ性能重視のアタッカー型に対し、優秀な耐性を活かすべく繰り出し性能を伸ばした受け重視の型。

こだわり眼鏡ドラパルト育成論。立ち回り徹底考察|Pokeminブログ ドラパルト机上論考察 - 漆黒の皇帝の書

ドラパルト 考察

どうも、とがみんです。 ランクマッチにて、様々な型のドラパルトがごろごろおり、よく使われるポケモンの一匹ですが、 この記事では、こだわり眼鏡ドラパルトの育成論について紹介していきます。 ランクマッチ上位帯(だいたい3桁順位)で使用してきた感想や、具体的な立ち回りについて ... 特殊ゴースト、エスパー、炎、水、草、電気、悪が役割対象となる(フェアリー技持ちには注意)。 基本は特殊アタッカーの一発を耐えてでんじはを撃ち、あくのはどうでまひるみを狙う。 悪技の通りがよいためドラゴン技は不要。カバルドン、ナットレイは変化技を使ってきやすいため、 ちょうはつやみがわりがあれば安定しやすい。 特定のポケモンの処理を速めたい場合は炎技が有用だが、基本は悪技のみで十分。 状態異常回避や有利対面での安定行動として使えるみがわりも有用。 第8世代では役割対象は増えたものの、どくどく、はねやすめが使えなくなってしまったため、受けとしてはかなり使いづらくなった。 特に高速再生技がなくなったのが痛く、持ち物の幅も狭まり、受けが成立しないケースも大幅に増えた。 特攻調整 C151:H167D171ギルガルド 50.2%~58.6% 確2 わるだくみ型 性格:おくびょう 努力値:CS252 or HS252 その他調整 持ち物:たべのこし/オボンのみ/混乱実/カムラのみ 確定技:あくのはどう/わるだくみ 優先技:みがわり 選択技:りゅうのはどうorりゅうせいぐん/ラスターカノン/だいちのちから/かえんほうしゃ/でんじは/ちょうはつ ドヒドイデやガラルサニーゴなどの低火力ポケモンへみがわりを出し、わるだくみ積みの起点にする型。

【対戦メモ】ドラパルト育成論&考察【ポケモンソード・シールド】 ... 【単体考察】ラム+役割破壊両刀型ドラパルト - はるかぜとともに

ドラパルト 考察

今回はポケモン盾剣の環境で大暴れしているドラパルトの育成&考察について書いていきます。ドラパルトはダイマックスで上から強力な攻撃を叩きつけることが可能。とりあえず出来ることが多すぎる。 みがわりを残したまま相手を倒すことができれば、フェアリータイプなどの苦手な相手を逆に倒せる可能性も高まる。 みがわりを入れれば攻撃技は2つになる。 一貫性・威力共に優秀なあくのはどうは確定。もう1つは上記の選択肢から選択。 りゅうのはどうは火力が高いものの、両技がフェアリーで止まってしまう。 汎用性を持たせたいなら、悪とあわせて全18タイプに等倍以上を取れるラスターカノンの採用がおすすめ。 (キリキザンと同じ技範囲、技の威力は低いがもともと特攻が高いうえにわるだくみを積んでいるので火力は十分。) 電磁波、挑発はあると便利だが技スペースが厳しいか。 速攻エース型 性格:ひかえめ or おくびょう 努力値:CS252ベースで耐久調整 持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/ラムのみ 確定技:そらをとぶorりゅうのまい/りゅうせいぐんorりゅうのはどう/あくのはどう 選択肢:だいもんじorかえんほうしゃ/ラスターカノン/だいちのちから/きあいだまorばかぢから/もろはのずつきorストーンエッジ/ゲップ 微妙に足りないすばやさを隙を見て積み技で補うことで全抜きを狙う型。

【ドラパルト育成論】特殊型×だっしゅつパックでヒット&アウェイ/対... 新600族ドラパルトの対策ポケモンを考察 | おたぜい <オタク税理士の趣味雑記>

ドラパルト 考察

ドラパルトの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 特殊型のドラパルトは技範囲が広いので、多くの相手に対して効果圧群を突くことが可能です。 すばやさを上げる手段は、ダイジェット(そらをとぶ)とりゅうのまいの2つがある。 ダイジェットはダイマックス前提なのがデメリットだが、最初にタスキ潰しができるのでラスカがあれば呼ぶミミッキュを返り討ちにできる。 りゅうのまいは物理型の偽装やばかぢからやストーンエッジの威力補強ができる。ただし、ミミッキュで止まる。 持ち物に弱点保険を追加。後ろにフェアリーを控えさせればとんぼがえりで安定行動をとってくる相手を起点にできる。 相性考察 サザンドラ+ギルガルド この2体で全てのタイプを半減以下にできる。 一部の特性を持つポケモンの攻撃(きもったま+格闘、かたやぶり+地面など)は双方に等倍以上で通る。 サザンドラ+水/毒(ドヒドイデ) 水/毒が格闘、虫、フェアリー、氷を受けられ、サザンドラが地面、エスパー、電気を受けられる。 フリーズドライには共に弱点を突かれるので注意。 サザンドラ+ガラルマタドガス サザンドラの弱点をマタドガスは氷以外全て半減以下にする。マタドガスの弱点、エスパーはサザンドラが無効にする。 氷、鋼の一貫を切るために、3枠目は炎や水、鋼が望ましいが、水の場合はフリーズドライ、炎と鋼の場合はかたやぶり+地面に注意。 対サザンドラ 注意すべき点 あくタイプ屈指の特攻を誇り、範囲も広いため序盤から高い負荷をかけられる。 並以上の耐久と恵まれた耐性を持ち、相性のよい味方が多くサイクル戦に長ける。 近年には、わるだくみやりゅうのまいといった積み技を使ってくる型も増えている。 対策方法 4倍弱点のフェアリー技や、高火力のドラゴン・かくとう技等で攻めれば落とせる。スカーフなどで先手を突けると尚いい。 苦手な相手からは退くことが多いが、積みアタッカーなら退き際を起点にできる。 ゲップやラスターカノンを覚えていることもあるため、安易にフェアリーを受け出しするのは危険。 挑発や積み技など耐久型を崩す手段を多く持つので、耐久型で受けるのもやめておいたほうがいい。

【ポケモン剣盾】S2環境ドラパルト完全解説 ~受け破壊型単体考察付き~ -... ポケモン勝手に考察 ⑤ドラパルトの耐久ライン | くまはむのふたりごと

ドラパルト 考察

また、私が採用する受け崩しのドラパルトがこの道具を選択しています。この場を借りて紹介していきたいと思います。 控え目ドラパルト@ 175(92)-x-100(36)-167(252)-96(4)-178(124) 祟り目 / 10万ボルト / 鬼火 / 身代わり 火力面. 10万ボルト でH252 を確定2発 はじめまして、ポケモンソルジャーのakibaです。 今回はソード・シールドのインターネット対戦、「ランクマッチ」にて「マスターボール級」に到達、さらにランキング1位を獲得したのでそのパーティを紹介します。 パーティ紹介 新登場の最強ポケモンドラパルトを軸に、ギャラドスやミミッキュなどのハイスペックなポケモン達で殴り合うパーティです。 性能が高いポケモンばかりなので、選出を間違えなければ対面している相手に通る技を打つだけで勝ててしまいます。また、どのポケモンもダイマックスした時に強いものを選んだので臨機応変な立ち回りが可能です。 ドラパルト 種族値88-120-75-100-75-142 (600)特性クリアボディ性格むじゃき(S↑ D↓)持ち物きあいのタスキ努力値 HP:0 攻撃:252 防御:4 特攻:0 特防:0 素早さ:252実数値163-156-96-120-85-213技ドラゴンアロー ゴーストダイブ はがねのつばさ だいもんじ 新作唯一の600族であるドラパルトです。今作の目玉要素「ダイマックス」をしたポケモンへのストッパーとなれる高い素早さが強力で、素早さに補正をかけていないギャラドスならば「りゅうのまい」を使われていても上から攻撃することができます。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】 - ソー...

ドラパルト 考察

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)のドラパルトの育成論と対策をまとめています。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめているので参考にしてください。 また型が豊富なことも強みの1つです。テンプレートな型であれば「りゅうのまい」+攻撃技3つですし、そこに「バトンタッチ」を組み込んだ型もあります。他にも鬼火祟り目型や「ひかりのかべ」「リフレクター」を使用し控えのポケモンのサポートをする両壁型さらには「こだわりメガネ」を持った眼鏡アタッカー型なども存在します。型が多く存在するということは相手に自分の型を悟られにくいということであり、こちらの行動が読まれにくくなります。 持ち物:きあいのタスキ このポケモンは素早さが高く、相手の役割破壊技で1ターンも動けないで倒されるといったことが少ないため、先発で出すことが多いです。先発で出すということはお互いダイマックスを消費していない状態で戦うということなので、ドラパルトで戦うときは相手のダイマックスを警戒する必要があります。いくら600族と言ってもダイマックスわざを弱点で受けた場合ひとたまりもないので、相手のダイマックスわざを耐えるためにダイマックスをするという択が生まれてきます。しかし、相手がダイマックスをしてこない場合このダイマックスは完全に無駄になりダイマックスが残った相手が有利になってしまうので、ダイマックスを切るリスクも大きいです。 そこで、ダイマックスをしなくても相手のダイマックスわざを耐えられる「きあいのタスキ」を持たせることで、こちらはダイマックスを切らず相手のみがダイマックスしても2回行動できるようにしました。「きあいのタスキ」が発動した後で、自分もダイマックスして対面のポケモンを倒しきるか、またはもう1度通常技で攻撃しダイマックスを取っておくかを今後の展開を読んで選択しましょう。 技構成 ドラゴンアロー 威力50・タイプドラゴン・命中100・分類物理で2回攻撃のドラパルト専用技です。下位互換である「ダブルチョップ」よりも威力が高いだけでなく非接触で命中100%であるため、安定したメインウエポンになります。 ゴーストダイブ 威力90・タイプゴースト・命中100・分類物理で、1ターン目に姿を消し2ターン目に攻撃する直接攻撃です。この技自体の性能は高くありませんが、ゴーストタイプというタイプはノーマルと悪タイプという珍しいタイプにしか受けられないので、ダイマックスわざにしたときの攻撃力が凄まじいです。 また、「ゴーストダイブ」で相手のダイマックスわざをかわしてダイマックスターンを稼げるということも覚えておくと良いでしょう。 はがねのつばさ 威力70・タイプ鋼・命中90・分類物理の直接攻撃です。ゴーストダイブ同様に元の技の性能が非常に低いですが、ダイマックス技にした際に強力な鋼打点となるため、本来不利相性であるオーロンゲなどにも大ダメージを与えられます。また、ダイマックス鋼技を使用すると防御が1段階上がり、仮に倒し損ねても相手から倒されなくなるため非常に強力です。 だいもんじ 威力110・タイプ炎・命中85・分類特殊の鋼への役割破壊技です。「ダイマックスだいもんじ」は環境に大量発生しているナットレイを、相手が特防に振っていないなら、1発で倒すことができます。 ゴーストダイブ「まもる」や「キングシールド」など攻撃から身を守る技を貫通します。ただし、「ダイウォール」に対してダメージを与えることはできません。 ギャラドス 種族値95-125-79-60-100-81 (540)特性じしんかじょう性格ようき(S↑ C↓)持ち物ラムのみ努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252実数値171-177-99-x-120-146技たきのぼり とびはねる パワーウィップ りゅうのまい 前作から最も評価が上がったであろう旧作ポケモンのギャラドスです。今作のポケモンは前述のドラパルトしか600族がおらず全体的に種族値が低いため、これまでギャラドスが抱えていた若干の数値の低さが気にならなくなりました。

ドラパルト育成論 : 耐久調整ドラパルト...

ドラパルト 考察

スカーフドラパルトでもダイジェットで突っ込んでいい強い根拠になるので、弱点保険が発動したダイジェットでh4ドラパルトまで確定1発なことを明記した方がいいです。 確定1発って言葉、素晴らしいですからね。 20/01/22 10:20 8 Ζ・ザキ また、ダイマックス飛行技は素早さが1段階あがるため、「ダイマックスとびはねる」で相手を倒した場合、特性「じしんかじょう」と合わせて攻撃と素早さが1段階上がり実質的な「りゅうのまい」となります。 持ち物:ラムのみ 上で説明したようにギャラドスはダイマックスすると圧倒的な制圧力を持ちますが、どんなに素早さを上げてもオーロンゲの特性「いたずらごころ」による先制「でんじは」に止められてしまいます。そこで、麻痺への耐性、また同時に物理ポケモンが機能停止しがちな火傷への耐性を得られるラムのみを選択しました。 技構成 たきのぼり 威力80・タイプ水・命中100・分類物理の直接攻撃技です。2割の確率で怯ませる追加効果があるので、本来突破できない相手さえも突破しうる性能を持ちます。また、ダイマックスわざにすると天候を雨に変えるため後続のナットレイの炎4倍弱点をカバーすることもできます。 とびはねる 威力85・タイプ飛行・命中85・分類物理・直接攻撃の、今作でギャラドスを厨ポケに変えた技です。飛行タイプを半減するタイプである鋼・岩タイプには水タイプが強く、電気タイプは今作でほとんどいなくなってしまったため、ギャラドスで飛行タイプの技を打つ行為自体が強力です。 それに加えて、前述した通りダイマックス飛行技が素早さを上昇させるため、積み技を使う隙が無くとも全抜きを狙うことができるようになりました。 また、「ゴーストダイブ」と同様に相手のダイマックスターンを稼ぐこともできます。 パワーウィップ 威力120・タイプ草・命中85・分類物理の直接攻撃で、ギャラドスが新たに習得した技です。これまでギャラドス受けとして成立していたウォッシュロトムなどへの役割破壊技となり、ギャラドスを止めることがより難しくなりました。 りゅうのまい 自身の攻撃と素早さを1段階ずつ上昇させるドラゴンタイプの変化技です。即ダイマックスして飛行技を打つか、1ターン我慢して「りゅうのまい」を選択するかの吟味が重要になってきます。 ミミッキュ 種族値 55-90-80-50-105-96 (476) 特性ばけのかわ性格ようき(S↑ C↓)持ち物いのちのたま努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252実数値131-142-100-x-125-162技じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい 7世代最強ポケモンことミミッキュです。特性「ばけのかわ」弱体化で使われなくなると思っていたのですが、ダイマックスしたポケモンを止める役割を持ちながら、自分より遅い相手には化けの皮を盾に「つるぎのまい」を使用したあとダイマックスして威力の高いダイマックスわざを押し付ける"崩し"の役割を持てるので、どう転んでも強いポケモンであることは変わりなさそうです。