• 記事: 19265
  • 質問に対する回答: 20747
  • コメント: 18466
  • 準備ができて答え: 15476

ピアノ 初心者 カノン

ピアノ初心者が3分でカノンコードを極める練習動画! - YouTube 【ピアノ初心者】1.大人の独学は十分可能?

ピアノ 初心者 カノン

カノン ピアノ ヨハン・パッヘルベル (全音Ver.) Kanon piano ... 初心者ピアノ、簡単なコード弾きの名曲とは!? - Duration: 8:38. いま、ピアノを習おうと考えていますか?「早速レッスンに通わなくっちゃ!」とわくわくしますね。でも、いざ調べてみたらレッスンの料金がちょっと高いと感じたり、近くに教室がなかったり…と、通い続けられるか不安になって躊躇してしまうことってありますよね。また教室はあっても何だか雰囲気が合わなかったり、先生との相性が問題になることもあるでしょう。お仕事をしている人は、そもそも定期的に教室に通うこと自体が難しいかもしれませんね。でも、そこで諦めないでください。ピアノという楽器は、 誰でも押せば音が鳴るんですから!音を一つ出すまでに時間がかかる楽器も多い中で、ピアノは第一歩が踏み出しやすい楽器です。鍵盤だって順番に並んでいてわかりやすいし、順番におさえて音を出していけばいいんです。こうやって考えると、ピアノという楽器は1人でも簡単に始められる気がしてきませんか? スポンサーリンク 大人のピアノ初心者で「趣味の範囲」なら独学は十分可能?先程も書いたように、ピアノは楽器の中でも比較的取り組みやすい楽器です。「ピアニストになりたい!」「コンクールで賞をとりたい!」といった高い目標がある人は、独学には限界があるでしょう。でも、「趣味でいろいろな曲が弾けるようになりたい」「楽器を楽しみたい」というぐらいの人は、先生がいないからといって困らなくていいんです。まったくの初心者だから右も左もわからないという方は、教室に通うことを真っ先に考えることでしょう。もちろん先生について習えば上達は早いでしょうけれど、大人はなかなか定期的に教室に通うのが難しい。だからと言って諦めたくない方はどうすればいいのでしょうか?必要なのは、先生よりも練習量!ピアノ初心者さんが上達するのに必要なのは、正しい指導と練習量です。正しいピアノの弾き方を教えてくれるのは、教室の先生だけではありません。本、DVD、動画…あらゆるツールを使いこなしていけばいいのです。そして何より大切なのが、練習量!あなたは今、どのくらい指が動きますか?「両手の指が全部バラバラに動くなんて難しい」「右手と左手が同時に違うことを弾くなんて無理」などなど、今はまだ指をうまく動かせない状態にあるのだと思います。ピアノって指が複雑な動きをしているイメージが強いですよね。指が動くようになるには、とにかく練習が必要なんです。簡単なフレーズからゆっくり、何度も練習を重ねることによって、だんだんと複雑な動きができるようになっていきます。ということは、「どんなに素晴らしい先生にご指導いただいたとて、あなたが練習しなければ上達はしない」ということなんですね。これはつまり、「練習さえ頑張れば、独学でもピアノは上達する」ってことなんですよ!教えてくれるのは教室の先生だけじゃないピアノの上達は、1日5分でもいいから 毎日続けることが一番の近道です。ピアノ経験者である筆者の考えでは、・教室でのレッスンの時しかピアノを弾かない状態の人よりも、・毎日5分でもいいから練習を続けた独学の人の方がきっと上達するだろうと思います。と、いうことは。重ね重ねですが、指がなめらかに動くようになるためには反復練習あるのみなんですし、そこに先生がついている必要はないでしょう?「楽譜も読めないので何もわからない~!」という状態の方は誰かに教えてほしいところですが、それだって、ピアノ教室の先生でなくてもいいんです。ピアノを習っていたことがあるというお友達でもいいし、近所の吹奏楽部の子だっていいじゃないですか。「楽譜は読めるけど、こういうリズムやメロディーで合っているのか分からない」と自信がなくて不安になるなら、 お手本のCDやネット動画を探しましょう。自分がうまく弾けているか心配なら、動画に撮って反省してみてもいいし、家族や友達に批評してもらえばいいんです!「レッスンを受けなきゃダメ」と考えず、もっと気楽にかまえてみましょう。自分も弾ける!という気になってきたところで、次はもっと具体的に、教室に通わない人が何を頼ればいいのかお話しますね。You Tube 先生はどこにでもいるよ!頼れる味方は3つあります。1:テレビ講座 2:ネットのレッスン動画 3:弾き方や知識を丁寧に教えてくれる教本3番目の教本については次でがっつり扱いますので、ここでは最初の2つをご案内しますね。方法1:テレビ講座に頼ってみるテレビでは、よく趣味や実用的なスキルの入門講座が開かれていますよね。外国語や手芸などと共に、楽器の講座もとても人気のある番組だそうです。初心者向けのピアノ講座や、大人になってからのやりなおし組のためのピアノ講座なども割と定期的に放送されていますので、 一度本屋さんで「テレビ講座の本」を探してみてはいかがでしょう。テレビ番組ならば、おうちでの練習もある程度、教室でのレッスンに近い感覚になるかもしれませんよ。それらの番組をまとめたDVDなども販売されていたりしますから、本屋さんだけでなく楽器屋さんでも見つけることができるかもしれませんね。そして本も楽器も両方備えたネット通販は、ここでもみんなの味方♡ですね(笑)方法2:ネットのレッスン動画に頼ってみる最近では、ネット上にレッスン動画もアップされています。いつでも好きな時間に、自分でピックアップしたレッスン動画を見られるのは便利ですね。無料で公開してくれるなんて、親切ですね~。挫折するかもしれない大人の趣味にとって、無料の動画でとりあえず挑戦してみるという敷居の低さは、何ともありがたい話です。特に「楽譜の読み方」から始める人は、講義形式で説明してもらう方がテキスト形式よりも取っつきやすいのでは?と思います。一人だけでレッスンするのに行き詰まってしまった時には、 こういうレッスン動画を利用してみると新しい発見があるかもしれません。⇒「超簡単!楽譜が5分で読める方法」⇒【楽譜は】3分で弾けるピアノ講座1【いらない】⇒大人の初めてピアノNo.1★指をスムーズに動かすコツ大人の初めてピアノNo.1★指をスムーズに動かすコツ大人にオススメの教本はコレ!楽譜の選び方は?さて、いよいよ教本についてです。まずは大好きな曲を練習するんだ!というのも、アリです。モチベーションも保てますし、そちらが性に合ってる方は大好きな曲を何度も何度も練習してみてください。ですが、色んな曲を弾けるようにちゃんと上達しようと思ったら、やっぱり初心者用の練習曲が載っている本が欲しくなりますよね。何事も基礎を固めることはとっても大切です。指がうまく動かせないのに、最初から知っている曲を弾こうとして楽譜を買ってきても、なかなか上達はしづらいものです。そうやって挫折しかけた方も、指を動かせるようになるための基礎の練習曲を一度やってみると、見違えるように弾けるかもしれませんよ。大人にオススメの教本はコレ!やり直しの方は特に思うかもしれませんが、ピアノの教本といえばまずは バイエル!というイメージがあります。筆者もバイエルをやりましたよ。ただこのバイエル、曲者なんですよね…。バイエルの練習曲は、右手と左手の動きが案外ややこしいのです。複雑なリズム練習っていうのも結構やらされます。イヤだったなぁ、あれ。先生がいればできるかもしれませんが、独学で、しかも幼児期からリズム感や指の動きを習得するわけではない大人には…忍耐力が必要な教本といえます。というわけで、バイエルは避けて通っちゃいませんか?憧れがあって頑張れる!という方以外は、ぜひぜひ筆者オススメの教本を楽器屋さんや本屋さんで探してみてください。大人のピアノ初心者が教本や練習曲集を選ぶ時のポイント3つ1:「大人のための」とついた本を選ぼう 2:DVD付きなら、文章でわからなくても解決できる 3:何度も何度も練習するので、知っている曲や好きな曲が入っている本にする【はじめから1人で学べる 大人のためのピアノレッスン 上巻】お手本となる手や指の形を、付属DVDで確認しながら進められます。またウォーミングアップなどもついているので、指を動かす練習から始めることができます。有名曲がいろいろと載っていますので、飽きずに続けられそうなところも嬉しいですね。1人で毎日コツコツ続けたい人にも取り組みやすいピアノ独習教本ですので、まったくの初心者の「はじめの一歩」にピッタリなんじゃないでしょうか。【無理のない指のトレーニングのために大人からはじめるハノン】言わずとしれた「ハノン」の大人バージョンです。指のトレーニングをするなら、絶対これ!という、ピアノ経験者がみんな使っていたと言っても過言ではないぐらいに有名な、ウォーミングアップの教本です。右手と左手が同じ動きをしていますし、音階をずーっと弾くだけなので難しいことは何もありません。ハノンとは、ひたすら指の筋トレなのです。好きな曲を弾きたいだけだから、教本の知識まで身につかなくてもいいや…という方でも、指を動かせるようになるためにハノンを取り入れてみると効果的だと思います。こちらの本は「大人の手」を想定して作られています。なんと、上達を焦るあまりに力が入りすぎてしまう大人のために「腱鞘炎」などの危険についても取り扱っているそうです。大人だから陥りやすいポイントも含め、効果的な予備練習もありますから、本をしっかり読み込みんで、たくさん練習してみてくださいね。【やさしいメソード バーナム ピアノ教本】バーナムの定番の方は、バイエルの半ばぐらいから並行して使うような難易度だったと記憶していますので、オススメを避けました。ちなみにそれは指の基礎トレーニングや姿勢を正すことを大事にした教本です。姿勢が良くなると、指も動かしやすくなります。姿勢や指の動かし方を覚えたら、大好きな曲も弾きやすくなるはず!こちらの本は、そんなバーナムのやさしいバージョン。大人の初心者にも取り組みやすいと思います。ちなみに近年、バイエルにとって代わる勢いでピアノ講師達の間で人気なのが、バスティンです。大人になってからピアノをやり直すという方の中には、「私、バイエルじゃなくてバスティンをやっていたんだけど…」という方もいるかもしれませんね。なので一応、バスティンについても触れておきます。【バスティン ピアノ ベーシックス】現役ピアノ・エレクトーン講師である筆者の母は、このバスティンを愛用しています。「楽にこなせる曲を数多く弾く」というのが、これを作ったバスティン夫妻の考え方です。「できた!」を積み重ねることは、自信がついてモチベーションアップにも繋がりますよね。ただし母曰く、大人には向かないそうです。なんでかというと、楽譜がしっかり読めないといけないから。和音や音程についても取り扱いますし、転調にも慣れさせるようできています。楽典についてもしっかり覚えるための教本なので、独学にはつらいかも…。音楽の知識もきちんと学びたい方向けなので、気になる方は一度、本屋さんや楽器屋さんでパラパラっと見せてもらうといいかと思います。やっぱり好きな曲が弾きたい!初心者の楽譜選びは?「そんなに練習らしい練習でなくてもいいんです」 「すぐに何か曲が弾けるようになりたいんです」 という方は、無理する必要はありません。好きなように弾いてピアノに慣れてきてから、上達したいな~と思ったタイミングで、復習として教本の練習曲をおさらいするのもアリですよ!また意欲のある方は、先程の教本と好きな曲を組み合わせて練習してみてください。指をしっかり動かす練習をして、ほぐれてきたところで好きな曲を!弾くたびに好きな曲が上達していくのを感じられれば、基礎練習も楽しくなりそうですね。さて、本題の好きな曲から始めたいという方の楽譜選びなんですが。キーワードは、「ハ調で弾く」または「ハ長調の」です。ハ長調という、♯や♭があまり使われない簡単アレンジの楽譜であれば、難易度は低そうです。アニメの主題歌や歌謡曲が少し簡単にしてピアノ・ソロの楽譜になっていたり、クラッシックの名曲が入門用にアレンジされているものがあったり…と、いろんな楽譜が出ています。「大人のための」という言葉がついていることもあり、そういう楽譜は大人が弾きたくなる「昔のヒットソング」が簡単アレンジで載っていたりします。初級者でも楽しみながら、上手になったような満足感を感じられる楽譜がたくさんありますよ。楽譜選びを楽しんでくださいね!~現役ピアノ・エレクトーン講師が語る大人のピアノはじめ~筆者の母は現役のピアノ・エレクトーン講師で、これまでに多数の幼児に紛れて、大人の方のレッスンも行ってきました。紛れて…ってことはないか(笑)その母曰く、大人がピアノを始める時は「知識はあっても体がついていかないのが圧倒的多数」なんだそうです。皆さん、もどかしさを感じながらも一生懸命に練習されるんだとか。スポンジのような吸収力の子どもたちに比べ、大人の上達はどうしてもゆっくりです。音楽が好きでよく聴いている方ならば、感覚的に習得してしまうこともあるかもしれないけれど、ど~うしても指が動かない!というのが当たり前。うまくいかないのは、あなただけではありません!焦らず、ゆっくり。音楽が好き、ピアノが弾きたい!という気持ちを大切にしてくださいね。ちなみに母としては、大人向けのやさしい教本でコツコツ指慣らしをするのが一番オススメなんだそうです。好きな曲の初級者用を購入して出来るようになるまでしつこくしつこく頑張るのもいいのですが、曲を繰り返せるほど余裕がない方は教本からいきましょう。以上、現役講師からのアドバイスでした。ご参考まで♡母ちゃん、私に対してのレッスンの時より随分と優しいじゃないか(笑)大人なら、やっぱり大好きな曲を弾きたい!弾きたい曲があるというのは、目標になりますね。ずっとずっと先かもしれないけれど、 あの曲が弾けるようになるのを夢見て練習を積む というのはいいものです。また「すぐにあの大好きな曲を弾きたい!」というときは、自分のレベルにあわせて簡単アレンジをしてしまう方法だってあります。いずれにしても、ピアノが弾けるようになると生活が楽しくなるだろうなぁと思います。趣味として、できれば楽しく長く続けたいですよね。

パッヘルベルのカノン の難易度別おすすめピアノ楽譜 ~初心者から上級者まで~ ... 【ピアノ初心者向け】シンプルな楽譜の読み方 | ピアノ独学ブログ

ピアノ 初心者 カノン

パッヘルベルのカノン / 初心者. 原曲はニ長調で、調号♯2つの調です。 この楽譜は移調してハ長調で書かれています。 左手の伴奏が単音で、しかも全て二分音符。 すごくシンプルなので、メロディーの細かな動きさえ頑張れば形になるはず! いろんな曲を聴いて、いつか弾きたいと思う目標のメロディーをたくさん持ち続けてくださいね。今日からあなたも、ピアノを弾いて、気軽に音楽を楽しむ生活を初めてみませんか?続きの記事はこちら↓ 【大人のピアノ初心者】2.姿勢・手のフォームとストレッチまとめはこちらから↓ 【大人のピアノ初心者】(全13回)のまとめ指が思うように動かない あなたはこちら↓ 【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材 ※全額返金保証付 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルス対策として、不要不急の外出を控えることが求められています。東京都では、 ・屋内・外問わずイベントの参加は控える ・平日はできるだけ自宅で仕事を行う ・週末の不要不急の外出を控える ・夜間の外出を控える の4つの行動を要請し、緊急事態宣言が発令されました。

楽譜: パッヘルベルのカノン / Johann Pachelbel : ピアノ(ソロ) / 初級 -... 大人のピアノ初心者が毎日短時間の練習で上達するための6つの方法を紹介 | スガナミ中古ピアノ

ピアノ 初心者 カノン

「パッヘルベルのカノン / Johann Pachelbel」(ピアノ(ソロ) / 初級)の楽譜です。 ページ数:4ページ。価格:352円。ぷりんと楽譜なら、楽譜を1曲から簡単購入、すぐに印刷・ダウンロード! (2020年4月16日から全国に拡大) そのようななか、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix (オイシックス) のお試しセット等の新規受付は一時休止している状況です。 そこで、類似のサービスを再度調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・多数の人が手に取った商品を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 (人と2m以上離れることは非常に重要) 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、厳しい外出規制がかかったときの準備にもなります。

ピアノのコードの弾き方は?初心者でも名曲が弾けるカノン進行とは? ...

ピアノ 初心者 カノン

読み方はわかった!ならば、たくさんの名曲をピアノで弾いてみたい! さて、どんな曲が弾けるの??? 今日は、1回覚えたら、たくさんの名曲が弾ける、 初心者必見の、コード進行(コードの並び)をご紹介します! 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

31.パッヘルベルのカノン - ayakosan.com

ピアノ 初心者 カノン

<< レッスン31 パッヘルベルのカノンを弾こう >> 作曲者の紹介 Yohann Pachelbel(ヨハン・パッヘルベル)は1653年、ドイツのニュールンベルクに生まれました。バロック時代の音楽家ですが、バッハよりも30年ほど前に生まれています。 初心者向け 2020.03.15 2020.03.08 音楽初心者にとって最初の難関は楽譜の読み方ですよね。 「楽譜が読めなくて挫折した」なんて話はよく耳にします。 多くの人は、「楽譜にはなんらかの暗号が書いてある」というふうに難しく考えているかもしれません。 でもちゃんとした読み方を身につければ、まったく難しくありません。 その読み方というのはシンプルに読むことです。 本記事では、この楽譜のシンプルな読み方を紹介していきます。 シンプルな読み方を身につければ、楽器の上達速度も格段にあがっていくでしょう。 五線譜ってなに? つぎのように、横に5本線がひかれているものを五線譜っていいます。 楽器奏者は基本的にこの五線譜をもとに演奏をしていきます。 それでは、これからその五線譜のシンプルな読み方をみていきましょう。 まずざっくりと読んでいくために、五線譜のたて方向とよこ方向に注目していきます。 たて方向 五線譜において、たて方向は音の高さを表します。 上にいくほど音が高い、下にいくほど音が低いことを表します。 よこ方向 五線譜において、よこ方向は音の長さを表します。 その長さは音符の種類によって表現します。 小節ってなに? 小節とは一つの小さな箱のことです。 たとえば、つぎのように色がついている部分を1小節といいます。 音楽はいくつかの音の集まりでできています。 ですが、その音たちを左から順に並べていっただけではわかりづらいですよね? いくつかのグループに分ける方がわかりすいです。 で、その区切るための基準となるものがリズムです。 つまり、小節はリズムによって区切られた箱ということができますね。 音符・休符にはどんな種類があるの? 音楽の記号でまず覚えるべきものが音符と休符です。 音符は音の長さをあらわし、休符は無音の長さをあらわす記号です。 つぎの表には音符の種類をまとめました。 つづいて、休符です。 このように音符と休符は、小節を何分割したうちの、どれくらい音を鳴らすのか、鳴らさないのかをあらわしています。 おわりに いかがだったでしょうか? 今回は楽譜をあまりむずかしく考えず、シンプルに読む方法を解説しました。 シンプルに読めるということは、それだけ楽譜が速く読めるということです。 この速く読めるスキルはかならず、楽器演奏の上達につながっていきます。

初心者にお勧めのピアノ曲 - 大人 初心者でも ...

ピアノ 初心者 カノン

♪ 好きなピアノ曲を自分で弾いてみたい! そんなあなたに朗報です!. 海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。 「楽譜が読めない」 「ピアノに触ったこともない。」 大丈夫です! 初心者でも一人で30日後には名曲が弾ける! 2019.01.15 大人のピアノ初心者が毎日短時間の練習で上達するための6つの方法を紹介 大人になってから「ピアノを弾けるようになりたい」と考えている方は多いかと思いますが、きちんと練習できるか心配で迷っている方も少なくないでしょう。ですが、ピアノは毎日短少しの時間でも練習すれば上達可能です! 今回は、大人のピアノ初心者が毎日短時間の練習で上達する方法を6つ紹介します。 1.フレーズやスケールを弾くなど練習前に指のストレッチを行う ピアノを練習する前には、指のストレッチを心がけましょう。ストレッチは実際に現場で活躍しているプロも行うほど、ピアニストには欠かせないものです。 ストレッチは練習として取り組んでいる楽曲のフレーズやスケールを片手ずつ正しい運指で弾くといった簡単な内容でもかまいません。 とくに寝起きや数日間ピアノに触れていないときには指がなまってしまうため、弾く感覚を取り戻すまでに時間がかかります。初心者やブランクが長い場合は、鍵の重さや位置などを確認しながら簡易なストレッチを行い、後の練習効率をアップさせましょう。 2.いきなり両手で弾こうとせず右手と左手でわけて練習する 基本的にピアノを弾く際は右手と左手がそれぞれ異なる運指になるため、初心者はいきなり両手で弾こうとせず片手ずつの運指を練習しましょう。楽曲やフレーズ単位での運指を右手と左手でそれぞれ練習し、片手でスムーズな運指ができるようになってから、両手で弾く練習へステップアップします。 ピアノを弾く際は、左手でベース(ルート音)やコード(和音)を弾き、右手でメロディを弾く形がオーソドックスな運指です。もちろん例外となる運指で弾く楽曲もありますが、上達するためにはまず右手と左手がそれぞれ独立する運指に慣れなくてはいけません。 片手ずつ練習することで、ピアノを両手で弾いているときよりも細かいリズムや音の間違いに気づきやすく、自分が苦手な運指にフォーカスして練習できます。また楽譜を右手(ト音)と左手(ヘ音)でわけて読めるため、一つのパートに集中して効率よく読譜可能です。 3.テンポを下げて練習し少しずつ目標のテンポに近づける 楽曲を弾いていてミスが目立つ場合、1つ1つのフレーズを間違えずに弾けるテンポまで落として練習しましょう。遅いテンポで完璧に弾くことができたら少しテンポを上げて練習するサイクルを繰り返し、徐々に目標のテンポへと近づけます。 楽曲を譜面の指示に沿って完璧に弾くためには、指と頭が曲の構成やフレーズの運指などをしっかり追えている必要があります。遅いテンポで練習すると弾いているフレーズの1音1音に耳を傾ける意識が高まるため、自分にとって苦手なフレーズや小節を判断してピックアップできます。 4.苦手なポイントに集中!弾けないフレーズや小節を一拍ごとに練習する 曲中に弾けないフレーズや小節がある場合、一拍ごとに細分化して練習しましょう。弾けないフレーズや小節の音符を一拍単位で分析し、一拍ごとにメトロノームを使って正しい音とリズムで弾けるように練習します。 限られた時間を有意義に費やすため、初見でも弾けそうなフレーズや小節には時間をかけず、苦手なポイントを克服することに意識を向けて練習しましょう。細かいニュアンスなどは一朝一夕で習得できないため、初心者のうちは小さな課題にフォーカスしていると、上達するまでに長い時間を費やしてしまいます。 5.自分のピアノ演奏を録音して客観的に聴くことで課題を見つける 自分の演奏を客観的に聴くと良し悪しがジャッジできるため、集中して練習すべきポイントを見つけられます。そのため、ハンディーレコーダーやスマホのボイスレコーダーなどを使い、定期的に自分のピアノ演奏を録音して聴いてみましょう。 ピアノを独学で練習していると自分の演奏を客観的に聴くことが疎かになりがちです。また、実際に演奏をお披露目する場や機会がないと、他者からの意見や指摘をうけられません。独学でピアノを上達するためには、自分の演奏を客観的に判断し、課題を見つけて練習する必要があります。 6.少ない時間でも毎日ピアノに触れる時間を作る 限られた時間内で上達を図るためには、10分や20分といった少ない時間でも毎日ピアノに触れることが大切です。 毎日触れていれば忘れる部分が少なくなるので、より先に進みやすくなり、弾くこと自体が楽しくなってきます。 練習時間は長ければ長いほど上達が見込めますが、まとまった時間がない場合は少ない時間でも効果的な練習内容を考えましょう! おすすめは、課題曲の練習前に短時間でもウォーミングアップを行っておくことです。指が動きやすくなりますし、指のケガ予防にもなりますよ。 短時間で上達するにはポイントをおさえた練習が大切! 仕事や学業で忙しい大人の場合は、自分の実力や都合に最適な練習メニューを考えることが大切。ポイントをおさえれば、短期間でも毎日続けることで上達は可能です。今回お伝えした6つの方法を参考に、これからピアノのある生活を始めてみませんか。

パッヘルベル「カノン」ピアノの難易度と弾き方をブライダル奏者が解...

ピアノ 初心者 カノン

先ほど書いたように、カノンは元々ピアノの曲ではありません。 本当は4つあるパートを無理やり1人だけで演奏できるように編曲するわけですから、全てのパートを弾こうと思うと難易度は上級となります。

[ピアノ練習法]初心者が倍速で上達する効率のよい練習法とは ビギナ...

ピアノ 初心者 カノン

初心者が倍速で上達するピアノ練習法をご紹介します。たった1時間でできるピアノ上達法や、上達のコツ、初心者の方がやってしまいがちな非効率な練習法も解説します。ピアノを上達するには普段の練習法を見直すことが大切です。この練習法を実践して倍速でピアノを上達させましょう。