• 記事: 20691
  • 質問に対する回答: 30508
  • コメント: 18858
  • 準備ができて答え: 22353

おしゃぶり デメリット

おしゃぶりを使うメリットとデメリットは?上手な使い方とおすすめお... 子供のおしゃぶり、いつまで付けてた?どうやってやめさせた?私の体験談 [ママリ]

おしゃぶり デメリット

目次 おしゃぶりは便利?メリットを確認注意しておきたいデメリットもチェック期間はいつまで?上手な使い方おすすめのおしゃぶり3選無理なく卒業するにはどうすればよい?適切な使い方でママも赤ちゃんも笑顔に あ!あなたのことじゃなですよ!!赤ちゃんのことですよ!(笑)そんな趣味はないと思いますが・・・ おしゃぶりのほうがいいのか?指しゃぶりのほうがいいのか? 我が家でも親戚を巻き込んで“やいのやいの相談した”この永遠の問題とも言える論争に終止符が打てたらと思い、今日は大いに語ってみたいと思います。 ちなみに、我が家の2匹はもう2ヶ月くらい「おしゃぶり」してないんですよね。泣いているときにくわえさせても、全然くわえてくれなくなったので、もうやめちゃいました^^; おしゃぶりって「使えるアイテム」ですよね! 僕も1人で2匹の子守をしているときに、どんだけ救われたことか^^; 特に2号はよく泣きやんでくれました。1号はダメなときもありましたが・・・(泣) 僕に泣いている赤ちゃんの対処法を教えてくれた先輩ママさんたちも、おしゃぶりの効果を絶賛していました! おしゃぶりの効果って、泣きやんだり落ち着かせたりする効果があるんですよね。 りんご歯科クリニックさんのホームページでも、おしゃぶりの利点をこう挙げています。 んですよね。 だから我が家では、この時期の指しゃぶりは「黙認」という形を取りました。 このように、赤ちゃんの成長とともに指しゃぶりにも様々な役割があることがわかります。 指しゃぶりのデメリットについては、日本小児歯科学会のホームページに詳しく載っていたんですが、小児科医・小児歯科医・臨床心理士でそれぞれ意見が違うみたいなので、僕が簡単にまとめてみたいと思います。 ■ 指しゃぶりは人間の生理的な行為のひとつ、だから幼児期の指しゃぶりは無理に止めさせない ■ 不安や緊張を解く効果がある ■ 歯並びや噛み合わせに影響するからお勧めはできない ■ 発音や顎への成長の影響もある ■ 前歯に隙間ができたり、上の前歯が前方に出る ■ 指しゃぶりは生理的な行為として認識 ■ ただし、4~5歳以上になっても続く場合には親子関係や生活環境が影響していることが多いので、医師に相談することを勧める う~ん、小さいときはいいが、4~5歳くらいまでには指しゃぶりは卒業させたほうがいいと言うことか。 たしかに、動き回るようになって、色んなものを口に入れて確認するようになると、おしゃぶりの頻度は少なくなるんだから、成長しても指しゃぶりを止めないとなると、色々と考えなきゃならないと言うことですね。 ここまでの感じで言うと、「おしゃぶり」「指しゃぶり」ともにメリットもデメリットもありますが、こんな感じでまとめることができるんじゃないでしょうか。 1.

【助産師監修】おしゃぶりのメリット・デメリット!卒業のさせ方や時... 「おしゃぶり」と「指しゃぶり」、やめさせたほうがいい?どっちがいいの?

おしゃぶり デメリット

おしゃぶりのデメリット. 赤ちゃんにおしゃぶりを与えるデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます(※1)。 家族とのコミュニケーションが減る 癖になる 歯並びが悪くなる 「おしゃぶり」は精神的な安定をもたらし、泣いている赤ちゃんに効果的! 2. ただし、歯並びや噛み合わせ、親とのコミュニケーションの不足に繋がる可能性がある 3. 「指しゃぶり」は“成長の証し”、無理にやめさせなくてもいいい 4.

おしゃぶりのメリット・デメリットとは?やめる場合のタイミングと注... おしゃぶりで寝かしつけのメリット・デメリット【体験談16】 - マーミー

おしゃぶり デメリット

また、おしゃぶりを使うことは良い面もあれば悪い面もあります。今回は、おしゃぶりのメリット・デメリット、おしゃぶりはいつから使えていつまで使うのが良いのか、おしゃぶりをやめる場合のタイミングと注意点について解説します。 あかちゃんがおしゃぶりをくわえている姿、何とも言えず可愛らしいものですよね。 けれども、あかちゃんにおしゃぶりを使わせているママが気になるのは、 おしゃぶり否定派の意見ではないでしょうか。 あかちゃんにおしゃぶりをさせて外出すると、 「おしゃぶりなんてさせているの? 」「早くやめさせた方がいいわよ。」など、 いろいろな意見を聞くこともあります。 私も子育てを経験していますが、子どもは小さなころおしゃぶりが大好きでした。 もちろん、周りからいろいろなことばをかけられたことがあります。 そこで、がみられるということです。 絶えず歯と歯の間に異物を挟み込んでいるわけですから、 おしゃぶりを使用しなくなっても、歯と歯の間に隙間が生じてしまうわけです。 おしゃぶりを与えるのは親ですが、それを取り上げるのもまた親であり、 大好きなおしゃぶりを親のタイミングで取り上げられてしまうのは、 エゴ以外の何物でもないといわれることもあります。 こどもクリニックや育児教室に参加しても、 こうした意見を聞くことは少なくありません。 おしゃぶりの弊害については、専門家たちの間でも意見が分かれるところなのです。 ただしひとつ言えることは、お医者さんであっても「おしゃぶりは絶対にダメ」とは言いません。 おしゃぶりの弊害については、さまざまな傾向はあるものの、 必ずしもそれだけが原因と断定することはできないからです。 どちらかというと絶対的な否定派意見というのは、 育児教室に参加したときに聞くことが多くありました。 これは今までの育児経験をもとに話をされることが多いからだと推測できます。 「経験上、おしゃぶりはデメリットが多いのよ」 と伝えたいのでしょうが、それがすべてのあかちゃんに当てはまるわけではないでしょう。 私の子供もおしゃぶり愛用者ではありましたが、 デメリットどころかメリットの方が多くありました。 確かに歯並びに関して言えば 1歳前後になると、あかちゃんはパパ・ママなどいろいろなことばを覚え始めます。 覚えたことばを発するときに、おしゃぶりが邪魔になってしまうからことばが遅くなる、 これはよく聞くことです。 けれども、私の経験上それはありませんでした。 まわりのママたちからも、そうした意見を聞くことはなかったです。 あかちゃんはそれほど不器用ではありません。 むしろ大人が考えているよりずっと器用にいろいろなことをこなします。 おしゃぶりをしたままでも器用に話しますし、 話が複雑になってくると自分でおしゃぶりを外してべらべらと話し始めます。 そう、可愛らしくおしゃぶりをくわえているのはネンネの頃だけで、 あとはに、 声掛けを進めている最中でした。 けれどもその日は子どもの気分なのか、 どうしてもおしゃぶりを外すことを嫌がったのです。 無理強いをさせることもないと思い、その日はそのまま教室に参加したのですが、 そこで保育士さんに声をかけられました。 「あらあら、まだおしゃぶりしているの?

赤ちゃんのおしゃぶりのデメリット。悪影響があるの?メリットは? おしゃぶりは何歳までに卒業するのがベスト?メリット・デメリットについてもう一度見てみよう! | イクジロード

おしゃぶり デメリット

赤ちゃんといえばアニメでもおしゃぶりを口に含んでいる姿が天板ですよね。口を開けて寝る我が子の育児中におしゃぶりのメリットとデメリットを調べてみました。赤ちゃんにどんなメリットやデメリットがあるのか?悪影響はあるのか?おしゃぶりを使う時の注意点は? 言葉が遅くなるから早くやめさせなきゃ」 まあ、50歳以上の人からは言われることも多かったので、 私は大して気にもしていなかったのですが、ここで子どもの本気を見ることになったのです! その日の育児教室中、頑なにおしゃぶりを外すことを子どもが拒否! えっと、正直笑えるほどです。ちょっと嫌味な感じで保育士さんには言われたのですが、 愛想笑いをしてやり過ごそうとした私。 「おしゃぶり外そうか~」 やさしく子どもに声を掛けましたが、断固として拒否と言われています。 広い意味でいえば、おしゃぶりにこだわる理由はありません。 持っているだけで落ち着けるグッズが何かあると、 あかちゃんは眠りにつきやすくなるということです。 おしゃぶり以外だと、タオルだったりブランケットだったり、 ぬいぐるみなどがそうでしょう。 それがあることで、安心して眠ることができるものを作っておくと、 ママとしてはとても助かります。 けれども安心グッズが大きいバスタオルやタオルケットであった場合、 持ち運ぶのは大変ですよね。だから手ごろなおしゃぶりが好まれているのです。 もうひとつのメリット、これは経験したからこそわかるものです。 乳児検診などで歯医者さんに診てもらうことありますよね。 このとき「おしゃぶりはなるべく早く外してね」と言われたママは案外多いです。 もちろん私も言われましたよ。 だからこそ、1歳過ぎからちょっとずつおしゃぶり卒業にむけて頑張っていたのです。 そんなある日、事件が起きました!

おしゃぶりを使う理由は何?メリットデメリットから考える必要性につ... おしゃぶりって使わないほうがいいの?メリットとデメリットを知って判断を! | しいの木こどもクリニックブログ

おしゃぶり デメリット

この記事では、おしゃぶりを使うメリットとデメリット、そこから見えてくるおしゃぶりの効果と必要性についてご紹介していきます。 おしゃぶりを使うメリット. 赤ちゃんの気持ちを和ませる効果があるおしゃぶり。 子どもが自宅の階段から落ちて、前歯を2本折ってしまったのです。 あいにく日曜日、救急外来に飛び込んだものの、 折れた2本のうち1本は飲み込んでしまったようで見つからず、 もう1本を接着ボンドで隣の歯とくっつけて応急処置。 乳歯というのは神経が通っておらず、歯茎にただ刺さっている状態です。 だから永久歯が生えてくるときに自然に抜け落ちるのですが、 乳歯を支えている歯茎に損傷が起きると、すぐに乳歯が抜け落ちてしまうのですね。 口腔外科を3件ほどハシゴしましたが、思ったようにくっつかず。 そして飲み込んでしまった方の歯を補うために差し歯を申し出ても、 ちいさな子どもは誤飲の可能性があるから差し歯は処置できないと言われてしまいます。 帰りの車の中で涙が止まらなくて、藁をもつかむ思いで訪れた個人の歯科医院、 ここが我が家の救世主でした。 接着剤の処置がとても上手で、ほかの口腔外科のように外れることもなく、 2週間ほどすると歯茎の炎症も治まり、歯がぐらつかなくなったのです。 ここで恐る恐る聞いてみました。 「あの…、おしゃぶりってしても大丈夫ですか?

新生児のおしゃぶりのメリット・デメリット いつからいつまで?【小児科医監修】|Milly... ネントレでおしゃぶりを使うメリット・デメリットは?出っ歯が心配…やめられない? | ははずむ

おしゃぶり デメリット

おしゃぶりは便利な育児グッズですが、使用については賛否あるため迷ったり悩んだりしているママもいるでしょう。そこで今回は、おしゃぶりのメリット・デメリットをはじめ、使うときの注意点などをまとめました。 」 この質問、ただ単に子どもがおしゃぶり好きだから聞いたわけではありません。 実はこの歯医者さん、待合室に「」の記事が貼り出してあったのです。 初めに歯医者さんに来た時に気づいて、すごく気になっていたものの、 まずは歯の治療が先だと思い、聞くのを我慢していました。 「おしゃぶり? どんどんさせてあげて! なんでやめさせるの? 指しゃぶりより全然いいんだから、どんどんやらせて構わないよ。」 ええ~っ! 今までの後ろめたさは何だったの? という驚きの言葉です。 その歯科医の先生いわく、おしゃぶりをすることで 鼻呼吸を促すため、体へのメリットが大きいという説明でした。 しかもその医院は、大人に対してもおしゃぶりの治療を行っています。 鼻呼吸ができない大人の患者に対して、 子供用のおしゃぶりを用意させて毎日一定の時間おしゃぶりを習慣づけるという治療法です。 指しゃぶりはかなり強い力で前歯を押し出してしまうため、 歯並びに影響が出やすいけれども、おしゃぶりではそこまで影響はないのだそう。 おしゃぶりがあることで鼻呼吸の習慣がつくのなら、 その方がメリットは大きいのだと教えてもらいました。 歯の治療後もおしゃぶりを無理にやめさせることはありませんでしたが、 治療中に2週間ほどおしゃぶり禁止期間があったことと、 大きくなるにつれておしゃぶりへの執着心が薄れたのか、 2歳になるころには自分でごみ箱に捨てに行くことができました。 ちなみに、この歯科医院は義妹が鼻呼吸とかみ合わせの治療で後日通いましたが、 「おしゃぶりって難しい!