• 記事: 27408
  • 質問に対する回答: 30800
  • コメント: 15996
  • 準備ができて答え: 24261

お参り

参り(まいり)の意味 - goo国語辞書

お参り

参り(まいり)とは。意味や解説、類語。1 社寺に参詣すること。また、その人。「宮参り」「百度参り」2 行くことの意の謙譲語。参上すること。特に、宮中へ行くこと。参内。「まれまれの御―なれば」〈源・真木柱〉 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新 ...

「参り(まいり)」の意味や使い方 Weblio辞書

お参り

「参り」の意味は神社・仏閣に参拝すること。Weblio辞書では「参り」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説してい ...

「参ります(まいります)」の意味や使い方 Weblio辞書

お参り

「参ります」の意味は(1)「行く」または「来る」の謙譲語「参る」に丁寧の「ます」をつけた表現のこと。Weblio辞書では「参ります」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

雪隠参り(せっちんまいり)とは - コトバンク

お参り

世界大百科事典 第2版 - 雪隠参りの用語解説 - 注目されるのは,飛驒地方で厠神の手伝いがないと出産が軽くないとか,壱岐島で産神は厠神と箒神だといわれるように,出産と深い関係がある神であり,厠を掃除すると産が軽いとか,きれいな子が生まれるという地方は多い。

おけら参り(おけらまいり)とは - コトバンク

お参り

百科事典マイペディア - おけら参りの用語解説 - 京都八坂神社の行事。大晦日(おおみそか)から元日の朝にかけて神前に供えた削掛と薬草のオケラをたいて邪気を払い,参拝者はこの白朮火(おけらび)を吉兆縄に移して持ち帰り,元日の雑煮を煮たり,神棚や仏壇の灯明をともしたりする。