• 記事: 20626
  • 質問に対する回答: 16038
  • コメント: 29400
  • 準備ができて答え: 22097

ダークドレアム テリー

【テリワンSP】ダークドレアムの配合表【テリーのワンダーランドSP】 ... ダークドレアムとは (ダークドレアムとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ダークドレアム テリー

ドラクエモンスターズ~テリーのワンダーランドsp(テリワンsp)~に登場するダークドレアムの配合表と入手方法を掲載。 テリワンの話題ではよく「メタル化」という言葉が出てくる。 モンスターは配合によって耐性を強化することが可能なのだが、 その仕様を利用して極限まで耐性を強化したのがメタル化と言われている。 ネットを見ていると、 ・メタル化すれば全モンスター耐性最強にできるから、突き詰めれば各モンスターごとの差は会心率くらいしかない ・よって最強は会心率の高いキリキリバッタである など、本当かウソか分からない意見がよく出てくる。 結論を言うと、上記は真っ赤なウソであり、 GB版のテリワンで厳密な意味でメタル化が可能なのは「ダークドレアム」「デスタムーア第3形態」「しんりゅう」の3匹のみである。 (ちなみに、メタル化という名称にも関わらず、ゴールデンスライムやメタルキングはメタル化できない) ■そもそもメタル化って何? メタル化とは、配合による耐性強化を行うことにより、 モンスターの耐性を「マダンテのみ強耐性、他を完全耐性(無効化)」にすることが一般的な定義とされている。 マダンテのみ完全耐性でないのは、耐性強化の仕様上マダンテを完全耐性にすることができないから。 ゲーム慣れしている人なら勘づくと思うけど、 対戦においては、大して重要でない耐性であれば完全耐性でなくてもかまわないので 実際にはメタル化できないモンスターもたくさん使われるし、 そもそも「わざと耐性に穴を作って、相手のAIを誘導する」ことも重要なので、 メタル化すればよいというものでもなかったりする。 (対戦用というよりも、ステータスカンスト系のやり込みという側面の方が強いかもしれない。) ■耐性強化って何?何でマダンテだけ強化できないの? 配合による耐性強化とは、超簡単に言うと 配合時に、生まれてくるモンスターの本来の耐性よりその両親の耐性の方が強い場合、 生まれてくるモンスターの耐性が確率で上昇するというものである。 (参考:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/6769/dqmon/haigou.html) 例えば、素のダークドレアムのメラ耐性は強耐性であるが、これにメラ完全耐性のメタルスライムを配合させて ダークドレアム+メタルスライム=ダークドレアム とすれば、約50%の確率でメラ完全耐性のダークドレアムが生まれる。(プラス数は最大の前提) この原理ですべての耐性を完全耐性にしたいところであるが、 マダンテだけは完全耐性を持っているモンスターが存在しないため、強耐性から耐性を上昇させる手段が無い。 したがって耐性の理論上の最大値は、「マダンテのみ強耐性、他は完全耐性(無効化)」ということになる。 ■すべてのモンスターをメタル化できないのは何故? ここで重要なのが、配合による耐性強化で完全耐性になるには 「そのモンスターの本来の耐性が強耐性以上でなければいけない」という仕様。 つまり、メタル化が可能な必要条件は、そのモンスターの本来の耐性が「マダンテ以外のすべての耐性が強耐性以上」であることである。 この条件に当てはまるモンスターが、 先ほどの「ダークドレアム」「デスタムーア第3形態」「しんりゅう」の3匹のみなのである。 ■実際にメタル化するときの手順は? 【ダークドレアム】 ダークドレアムの場合は簡単で、足りない耐性はすべてメタルスライムが完全耐性を持っているため、 ダークドレアム+メタルスライム=ダークドレアム の配合を繰り返せば、そのうち各耐性が最大になる。 ただし、テリワンでは配合時に強制セーブされるため、 耐性が強化されるまでセーブ&リセットで粘るということができず、 配合を行う回数分のメタルスライムを用意する必要がある点は多少面倒。 【デスタムーア第3形態】 デスタムーア第3形態はもう少し手間が必要で、 デスタムーア第3形態+メタルスライム=デスタムーア第3形態 の配合ではマダンテが弱体性までしか伸びないのと、ギガスラ耐性が強耐性までしか伸びない。 ここで気を付けたいのが、配合で生まれるモンスターの耐性は、あくまで配合で生まれるモンスターの本来の耐性が基準になること。 配合で生まれるモンスターの本来の耐性が強耐性の場合、 両親が2匹とも完全耐性である場合は100%の確率で完全耐性の子供が生まれるが、 両親のうち片方でも完全耐性でない場合は、子供が完全耐性になる可能性は50%になってしまう。 たとえば上記のメタルスライムとの配合を繰り返して、マダンテとギガスラ以外の耐性を最大化した後に、 残りを1つずつ耐性強化しようとして、マダンテ強耐性のスライムを混ぜてしまうと、 せっかく完全耐性にしたメラ耐性やギラ耐性等が、元の強耐性に戻ってしまう可能性がある。 耐性を元に戻さないようにメタル化するためには、極端な話、 デスタムーア第3形態+メタル化ダークドレアム=デスタムーア第3形態 の配合を繰り返せばそのうちメタル化できるのだけど、 いくらなんでも手間がかかりすぎるので以下が手順としてはよさそう。 ①デスタムーア第3形態+メタルスライム=デスタムーア第3形態 ⇒この配合を繰り返し、マダンテとギガスラ以外の耐性を最大化 ②①で作ったデスタムーア第3形態+はぐれメタル=デスタムーア第3形態 ⇒この配合を繰り返し、ギガスラ以外の耐性を最大化 ③②で作ったデスタムーア第3形態+メタル化ダークドレアム=デスタムーア第3形態 ⇒この配合を繰り返し、すべての耐性を最大化 もしかしたらもっと良い手順があるかも。

「ダークドレアム」の配合表|テリーのワンダーランド3D攻略広場 ドラクエの謎考察 その12: エイロスのブログ

ダークドレアム テリー

テリーのワンダーランド3dの配合表、成長力、限界値、スキルなど テリーのワンダーランド3D公式サイト | サイトマップ モンスターのランク、位階、出現場所、配合組み合わせ、特性、耐性、スキル 【しんりゅう】 実はしんりゅうをメタル化するのは単純な話ではない。 何故かというと、今までの2匹は????系(魔王系)であったために適当な奴と配合させても同種のモンスターを作ることができたが、 しんりゅうはドラゴン系であるためにそうはいかないからである。 たとえば、しんりゅうにメタル化ダークドレアムを配合させ続ければいつかメタル化するのでは、と思った人もいるかもしれないが、 しんりゅう+ダークドレアムで生まれるのは、やまたのおろちである。 (ちなみにしんりゅう+メタルスライムで生まれるのはドラゴンキッズなのでこれもダメ) つまり、しんりゅう+ドラゴン系=しんりゅうの配合で、どうにか耐性を強化しないといけないということなのだが、 テリワンにおいてはドラゴン系でルカニやボミエ、ヒャド等に完全耐性を持たせられるモンスターが他におらず、 どうやってもこれらの耐性を最大化させることができない。 ではしんりゅうのメタル化は不可能なのか?というと、実は可能なのである。 テリワン(DQM1)にはイルルカ(DQM2)のモンスターと通信でお見合いができるという機能があり、 これを利用することでしんりゅうのメタル化が可能となる。 実はイルルカでは、テリワンにあった仕様の、 「配合による耐性強化で完全耐性にするには、そのモンスターの本来の耐性が強耐性以上でなければいけない」 の制限が緩和されて、元の耐性が弱体性でも完全耐性にすることができるようになったため、 同じモンスターでもテリワンよりも強い耐性にすることができる。 そのため、イルルカ側で強い耐性のドラゴン系を作成し、テリワン側のしんりゅうとお見合いすることで テリワンのみでは実現できなかった耐性強化をすることが可能となる。 具体的には、イルルカ側で以下の手順でメタル化コアトルを作成し、テリワン側のしんりゅうとお見合いを繰り返すという事になる。 ①適当なドラゴン系+適当なスライム系=マダンテ強耐性ドラゴンキッズ ②①で作ったドラゴンキッズ+コアトル=マダンテ強耐性コアトル ③しんりゅう+メタル化ダークドレアム=マダンテ以外メタル化やまたのおろち ④②で作ったコアトル×③で作ったやまたのおろち=メタル化コアトル 実際は、最初は③で作った準メタル化やまたのおろちと、テリワン側のしんりゅうでお見合いを繰り返して、 ある程度耐性を強化させてからメタル化コアトルとのお見合いを始めるのが良いはず。 お見合いはもちろん強制セーブなので、1回で上手くいくわけはなく、 (よほど運が良くない限り)上記の準メタル化やまたのおろちや、メタル化コアトルを複数回作成する必要がある。 言うまでもなく、とんでもなく面倒臭い。 しかもイルルカ必須ということは、これが可能になる時期にはもうテリワンをやり込む人自体が少なくなっているわけで、 そもそもメタル化しんりゅう自体に需要が無い。 はたして、今までにメタル化しんりゅうを作成した人は存在するのだろうか。

【テリワンSP】ダークドレアムの育成型一覧【テリーのワンダーランドS...

ダークドレアム テリー

テリワンsp(テリーのワンダーランドsp)のダークドレアムの育成型一覧です。おすすめのスキル構成や特性をみて、モンスター育成やパーティ構築の参考にするほか、育成型の意見交換などにご活用ください。 ダークドレアムとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターである。 概要 ドラゴンクエストVI 幻の大地の裏ボス。大魔王の力を遥かに凌駕する伝説の悪魔。自らを破壊と殺戮の神と称し、魔王をも糧とするその絶対無比の力は、何者をも寄せ付けない。それ故に、かつてグレイス城の王は魔物の軍勢への切り札として彼を召喚するが、意に反したドレアムによってグレイス城は滅びる事となった。名前の由来はDark Dream(ダークドリーム)から来ていると思われる。 「特定ターン内に倒すと隠しボスが仲間になる」と言うネタは、もともとはDQ5でまことしやかにささやかれたデマのひとつだったのだが、それを面白いと感じた製作サイドが実際にゲームに取り入れたのがダークドレアムである。実際、ダークドレアムを20ターンキルできる実力があればデスタムーアなんざ楽勝になっているはずであり、製作者の心憎いおまけ要素といえるだろう。 ちなみにグラフィックはデュランとサタンジェネラルの色違いであったが、リメイク版にてポーズが変更された。 同作本編ラスボスであるデスタムーアをノーダメージでフルボッコにするその容姿から、最早言うまでもないがデスタムーアの評価がラスボス(笑)になってしまったことは周知の事実。実際にデスタムーアを討伐最小限レベル状態のステータスのままで挑むと確実に出直しを食らってしまう。 他社作品で例えるならストリートファイターシリーズでラスボスのベガを葬って登場する豪鬼に非常に似ておりドラクエ界の豪鬼と称されることも少なくない。(尚、豪鬼の方がこちらよりも登場が早い1994年でこちらは1995年) その他 近い時期に発売されたリメイク版DQ3の裏ボスである神竜も、特定ターン以内に倒す事で様々な特典を与えてくれる似たような存在である。 初代ドラゴンクエストモンスターズでは???? 系(≒魔王系)最強、つまり作中最強のモンスターとして登場している。 耐性を強化すればマダンテ以外のあらゆる呪文や特技を無効化できるという最強の特技耐性を持つが、魔王系で唯一、耐性無強化の状態だとたまにザキが効いてしまうという奇妙な耐性の穴がある。 DQ9では他の魔王同様、魔王の地図のボスとして登場する。(以下、ネタバレのため反転) 猛攻型最強の魔王エスタークと双璧をなす戦略型最強の魔王。Lv57以降の「バイキルト→マダンテ→祈り→スカラ→いてつくはどう」のパターン行動に要注意。 モンスターバトルロードでは魔王討伐後にランダムで出現。弱点がないのでノーマルでもかなり強いが、通称「赤目」の真ドレアムの強さは半端ではない。どんなものかは関連動画でチェックしてみよう。肩書きは「魔神ダークドレアム」。 神崎まさおみ作の漫画版「ドラゴンクエスト 幻の大地」では6同様グレイス城の儀式によって召喚される様子が描かれている・・・のだがその姿がどう見てもゲームのダークドレアムと全く違う。多分多くの人が見た瞬間「誰だお前は!」と叫びそうになるに違いない。同作のモンスターは概ね原作異なるオリジナルとも言うべきデザインがされているのだが、それでも大体の面影は残してある。しかしこのダークドレアムに関しては完全に別物になってしまっている。どのような姿になっているかは是非その目で確かめていただきたい。

ドラクエ都市伝説!テリーの正体はダークドレアムかエスターク説を考...

ダークドレアム テリー

テリーはダークドレアムであり、エスタークに進化するという都市伝説が浮上しています。 ドラクエ6屈指の人気キャラクター・テリー。 彼はスピンオフ作品である【テリーのワンダーランド】でも主人公を務めるなど、絶大 こんばんは ドラクエの謎、仮説、デマ等に突っ込むお話第12回 ・テリーはエスタークになった (仮説) キャラの出で立ちがあまり明記されず謎が多い6のキャラ達の中でもテリーがダークドレアムと同化し、のちにエスタークになったという仮説がよく議論されている。 仮説としての理由では、ドラクエ6の主人公は当初テリーだったらしい。そして、6の発売前に堀井雄二氏から「ドラクエの主人公はそろそろ魔王にしようと思っています」という一言があったことから噂されていた。また、ドラクエ6のエンディングでダークドレアムにタイマンで挑むシーンがある。作中でも力を求めるあまりデュランの軍門に一度は下っている。さらにテリーは6の時代の前にあたるモンスターズ1の主人公でありモンスターを統率する能力もある。 テリーがダークドレアムに挑んだシーンは、それこそデュランに会いに行ったのと同じように力を求めていたという説である。このあと、ダークドレアムとテリーは合体した。ダークドレアム自体がテリーの力を求めるあまり夢の世界に実現した存在ということも言われている。夢のグレイス城では、「だが、ここでおきたことはこの世界だけにとどまらぬ!いずれやすべての世界に禍をもたらすだろう」と老人が語っている。夢から現実化し、破壊と殺戮を行う魔王を超える存在はやがてエスタークとしてこの世にあらわれることになった。エスタークはゼニス王を滅ぼし、ゼニスもまた死ぬ間際に誕生したばかりのマスタードラゴンに未来を託す。その後マスタードラゴン率いる天空人とエスタークの戦いが始まり、エスタークを打ち負かすことに成功したものの、滅ぼすことができずアッテムトの地下に封印される。 さらに4ではエスタークは進化の秘法を使ってその力を手に入れたという話がきける。ドラクエ6と4の地図を重ねると6のグレイス城の位置が、4のコーミズ村にあたる。コーミズ村は4で進化の秘法が発見された場所である。ダークドレアムがエスタークと化した理由ともされる。エスタークとダークドレアムについては姿に類似性があること、モンスターズでエスタークとダークドレアムの関連性を示唆するセリフもある。 この説は、以外にも多くの人が検証しようとしている。もちろん、仮説の域から出るものではないが、謎の多い6が発祥の仮説はこんなところにもあるということである。 ちなみに私はこの説は半分正しい可能性が高い。テリーが魔王としてのドラクエ6が考えられていたことが本当なら、下地となる設定があったはずだ。ダークドレアムの存在やモンスターズの設定はもともとテリーが魔王設定にしたときにすでに考えられていたと思われる。 結果的に、テリーは魔王ではなく普通の人間として6に登場したとはいえ、テリーは魔王になる素質があった。ということである。 ・ドラクエ世界の1Gはどれくらいの価値があるのか (仮説) ドラクエ世界のゴールドはいくらくらいの価値があるのか、という検証が行われたことがある。一番多いのは1G=100円というやつだ。これだと薬草が800円、布の服が1000円、銅の剣が1~2万円。皮の鎧も1~2万円。中盤の武具がだいたい数十万円くらいだから、これまた結構妥当な価格である。 しかし、この物価だが、当然おかしいものもある。まず、どう見ても妥当に見えないのが宿の料金。序盤の町は殆どがひとりあたり2~8G。一泊200円はありえない。ドラクエ界で一番高い宿はジャハンナの400Gかな?4万円は高めの宿でありそうだ。安すぎる宿は顔パス価格だと考えたい。(ジャハンナのほうがよっぽど顔パスがききそうだが・・・)また、馬のふんが100円。これもありえない。福引券が数千円で売れるのも変だ。 また、1G=1$という説もある。2012年1月現在70円台と円高だから、これだとかなり物価が安い世界になってしまうなあ。 まあ、リアル世界ではないのだから物価が違うのはあたりまえだろう。ということでごまかすしかないのである。とりあえず、私も1G=100円でいいんじゃないと思う。

テリーのワンダーランド GB版...

ダークドレアム テリー

ダークドレアムを作ったら満足してテリーのワンダーランドは やる気がなくなっちゃうと思う(笑) 僕の場合、Switchに移植されたテリーのワンダーランドは過去にGB版の同じゲームをやりすぎたのもあるからか

【ドラクエ都市伝説】その後、テリーとダークドレアムは合体していた ...

ダークドレアム テリー

ドラクエシリーズにおいて屈指の人気を誇る「テリー」。彼にはとんでもない都市伝説があります。 それは、ドラクエ6の隠しボスであるダークドレアムとテリーが同一の存在だったという説。 と言われても、にわかには信用できませんよね。だって片方は魔物ですから しかしテリーという ...

【テリー考察】ドランゴ戦は八百長,ダークドレアム説など噂まとめ ...

ダークドレアム テリー

ダークドレアムを召喚し、フルボッコにされる演出がありますね。 これだとテリーの年齢に矛盾が出ます。 『テリー=ダークドレアム説』は多くの憶測を産んでます。 エンディングの「テリーvsダークドレアム」について