• 記事: 28865
  • 質問に対する回答: 31194
  • コメント: 20603
  • 準備ができて答え: 23124

かほせい ブログ

かほせい で 洋服交換 チャレンジ🤣 【再アップ】女子男子逆転 ファッション -... UUUM(ウーム)

かほせい ブログ

約1年前にかほせいで洋服交換チャレンジをした時の動画になります。2017年キッズ規制強化の際に削除した動画の再アップになります。本日 ... こんにちは、ひねるです。 この記事では、僕がベッドを買うときに悩んだ過去の経験をもとにして、ベッドの選び方を解説しています。 公開直後から多くの反響があり、いまでは月に10万人以上の方がこのブログを参考にして、ベッドを選んでくださっているようです。 記事を見てくださる方に間違いのない情報を届けられるように、ベッドやマットレスについての情報は常にアップデートし続けていて、国内で販売されるベッドなら、ほぼ全ての製品に目を通してきました。 こんな記事も書いています。→ シモンズやニトリ他、国内販売マットレスを1~200位まで価格で格付け [全15社200製品] すこし長くはなりますが、「これからベッドを買いたい」という方にとっては、確実に読んで損の無い内容に仕上がっています。ぜひ、参考にしてみてください。 あなたのベッド選びにとって、プラスになることをお約束します。 まずは、「ベッドを選ぶときに知っておきたい、基本的なこと」をお話します。 基本とは言え、知っていると知っていないでは購入するベッドの質に明らかな差が出ます。ベッド選びで後悔しないためにも、ここで説明する内容は抑えておきましょう。 ベッドを買うといっても、大半の場合、ベッドはベッドとして売っていません。 「何を言ってるんだ?」と思われるでしょうが、自宅にベッドを用意するためには最低限2つのアイテムが必要です。その2つとは、マットレスとベッドフレーム。 この2つのうち、お金をかけるべきアイテムはマットレス。 なぜか?順番にご説明します。 ベッドフレームとはベッドの枠組みとなるアイテムで、土台となります。 こちらがベッドフレームです。 上で紹介したマットレスとフレームの二つを組み合わせて、ベッドと呼びます。 ニトリや無印良品など、メーカーによってはフレームとマットレスをセットで販売していたり、マットレスに簡易的な足を付けたベッドフレーム不要のマットレスを販売しているところもありますが、大半はフレームとマットレスを別々に買う必要があります。 重要なのは、2つのアイテムのうち、実際の寝心地に影響するのはマットレスのみということ。 ベッドを買い換える理由が「寝心地・快適な睡眠」という方は、。 ショールームにて販売員の方から伺いましたが、寝心地の99%はマットレスの質で決まります。 ベッドフレームは安物で構いません。 「安物で良いなら、そもそも買わなくてもいいんじゃ?」 「マットレスだけで寝ちゃダメなの?」 とお思いになるかもしれませんが、それは絶対に止めてください。なぜなら、高確率でカビるから。 カビの発生する原因は2つ。まずは結露です。冬場の床って冷たいですよね。でも、人が寝ている状態のマットレスは体温で温かくなるので、この温度差で結露が発生し、マットレスにカビが発生します。 もう1つは湿度。日本の夏は高温多湿になりますので、風通しの悪い部屋などでは一発でマットレスがカビでしまいます。 たかがカビと侮るなかれ。最悪の場合、命の危険にさらされることがあると指摘する専門家もいます。寝ている間に咳き込みがちという方は、カビによるアレルギー反応が出ているかも。 カビを防ぐには、地面とマットレスの間に空気の通り道を作ること。つまり、きちんとベッドフレームの上にマットレスを置くことで、カビの発生しにくい状況が作られます。あとは、ベッドルームの換気も大切ですね。 マットレスは高価な買い物になりますし、できるだけ製品の寿命をまっとうさせて長ーく使いたいですよね。 節約したいからと言ってベッドフレームを買わずにケチってしまうと、高い確率で、かえって損をしてしまいます。 予算を抑えたい方は安いもので問題ないので、ベッドフレームは必ず買いましょう。 こちら↓の「キネティック」というベッドフレームは、フレーム自体で体圧を分散するというコンセプトの製品です。いままでいくつものベッドを調べてきましたが、フレーム自体が寝心地を左右するという製品はこの「キネティック」が始めてです。 板バネが生み出す自然な「たわみ」が特徴で、「水の上で寝ているような」や、「宇宙遊泳しているような」と例えられるような寝心地を味わえるようです。僕もまだ試したことがないのでどこかで体験してみたいのですが、残念ながら、日本でキネティックを試し寝できるお店はかなり限られているようです、、、。(見つけられませんでした) 気になる方は以下の商品リンクから詳細を確認してみてくださいね。 ベッド以外に欲しい家具がある場合は、インテリアショップ・イーナがおすすめ。 というのも、イーナは、まとめ買いで割引される(10万円以上の買い物で5,000円オフ)んですよね。ショップのテーマが「年収350万円層の生活を応援する」というだけあって、いろんな家具が手の出しやすい価格で提供されています。 また、定期的に在庫処分セール(最大80%オフ)を行っているので、掘り出し物はないか、こちらもぜひちょろっと覗いてみてください。 以降のページでは、マットレスの選び方やおすすめのマットレスを紹介します。 ライフスタイルや身体の特徴を考慮すれば、ほぼその人に合うマットレスを導き出せますが、「細かな身体の特徴」や「微妙な好み」までを計り知ることは難しいので、この記事で気になるマットレスと出会えたなら、ぜひメーカーのショールームや大型の家具店に行って、実際の寝心地を確かめてみてください。やはり最後は自分の感覚が頼りになります。 とは言え、実際に寝心地を確認しに行く時間が取れないという方も多いと思います。そういった方におすすめしている裏技があるので紹介しますね。 メーカーのなかには、30日から90日間ほどの試用期間を設けていて、試用期間中に満足しないようであれば マットレスの寝心地は家具店やショールームでも確認できます。でも、横になるのと本当に寝るのって大きな差があるんですよね。 横になるだけの場合は、詰め物の多い「柔らかい・ふわっとした」マットレスに良い印象を抱きます。短時間横になるだけなら、そういったマットレスはふかふかで気持ちが良いんです。 でも、本当に一晩寝るとなると、柔らかすぎるマットレスは人によっては疲れが取れなかったり、疲れが蓄積すると感じる場合があります。詳しいことは後述しますが、身体が沈みこみやすく、寝返りが打ち辛いことがその原因。 マットレスの本質的なパフォーマンスを確認するなら、希望するマットレスを納入している旅館・ホテルに宿泊することをオススメします。 我が家のマットレスは日本ベッド社製の「シルキーポケット」というものですが、購入前の最終確認として、こちらのマットレスが置いてあるシティホテルを探して、宿泊料金の安い平日に、本当の意味で”寝てから”購入を決めました。 「そこまでやる・・・?」というと、睡眠にかけるガチ度や、性格次第ではあるのですが、真似されたい方向けに書いておきますと、ベッドメーカーにはホテル等への納入実績が記載されています。それらを参考に、希望するマットレスが置いてある宿を探してみてください。 ほぼ知識ゼロの状態からベッドを選ぶにあたって、まずは、「予算をどれくらいに設定するか? 」という点で悩む方は多いと思います。 そこで、予算を見積もるための助けとなるように、我が家のベッド購入例と、ベッド市場の相場について紹介します。 恥を忍んで我が家の例を紹介すると、 「夫婦二人暮らし、20代後半、当時年収340万円(プライドから”当時”と書いているけど、たいして今も変わっていない・・・)」の条件で、さんざん検討した結果、 全製品のうち、最高価格はシモンズの¥658,800で、最低価格はニトリの¥1,990となりました。 メーカーを平均価格の高い順に見ていきますと、見事に、その頭文字を取って3Sと称される「シモンズ」「シーリ」「サータ」のベッド3大メーカーがトップを席巻していることが分かります。 また、全200製品を平均した価格は ¥126,610。 価格だけで見れば、この金額がベッドのGood/Badを計る分かりやすい基準の1つとなりそうです。 シモンズやニトリ他、国内販売マットレスを1~200位まで価格で格付け と感じるのは当たり前の感覚だと思います。 僕も、無印良品の3万円ベッドから、有名メーカー製のベッド(計24万円)に買い換えるときは凄まじく葛藤しました。 でも、よーーーく考えてみることで、「この出費は生活において無駄にならない、いやむしろ、いち早く支払うべき出費だ」と確信するようになりました。 それは、以下の2つの理由から。 一般的なマットレスの寿命は約10年と言われています。 ですから、例えば15万円のベッドを買ったとしても、それを10年間使うならひと月あたり「¥1,250(¥150,000 / (10年 * 12ヶ月) = ¥1,250)」の支出で済むわけです。 一日あたりに換算すると、たったの「40円」。 毎日のお酒の量をちょびっと減らしたり、休憩中のコーヒーやお茶をたまーに水に代えるだけで支払えてしまう金額ですよね。 「10年使える」ということを踏まえれば、数十万円という価格も腑に落ちませんか? 椅子やソファもそうですが、人が一日の内で長い時間を過ごす家具は、健康に与える影響がとても大きいです。 特にベッドは一日の1/3の時間を過ごす場所。さらに、一日の疲れやストレスを回復する「睡眠」を支える家具なのだから、ベッドは 質の高いものを選ぶべき です。 体調や仕事のパフォーマンスに直接影響を与える家具はそこまで多くありません。ですから、ベッドに数十万円という予算を見積もったとしても「払い過ぎ」ということは無いでしょう。 はじめは「ベッドに数十万円も出せない!」と考える人は少なくないと思います。でも、一日に見ない日もあるテレビに数万円使うことや、月に数度しか乗ることのない車やバイクに数十万〜数百万円かけることと比べれば、「毎日6〜9時間ほど利用して、自身や家族の健康に分かりやすく影響を及ぼす物」に数十万円の費用を支払うのは、とてもではないでしょうか。 「仕事のパフォーマンスに直結する」という意味では 、いずれ回収できるお金の使い方だとも思います。ベッドの購入は、消費でなく、投資と捉えると良いでしょう。 これまでの説明で「高いものを買え!」というふうに聞こえてしまったかもしれませんが、それとは微妙にニュアンスは違っていて、 「最初から上限を低く見積もりすぎて、選択の幅を狭めないほうが良いよ」 というようなくらいに捉えていただければと思います。 予算についての考え方をまとめます。ベッドの予算は、 という観点を踏まえて見積もりましょう。 とは言え、学生や社会人になりたてなどの立場からすると、ベッドに数十万円というお金を出すのは少し厳しいと思います。 僕が思うのは、「若者(〜20代前半)なら、多少質の低いベッドで寝ても健康への影響は少ない」ということ。 若者は疲労回復の力が強く、質の高い睡眠に必要な「セロトニン」の分泌量も多いとされています。もちろん回復能力には個々人で差はあるでしょうが、ベッドの質が日中の活動に影響を与えるのは、「仕事量も増えて、徐々に10代頃の体力を失い始める20代中盤〜」と考えて差し支えないはずです。 自分自身で 「腰痛くないし、若いし、元気!」 と思えるうちは、無理に高い予算を見積もる必要はないでしょう。本格的なベッドを買うのはもう少しあとでOK。それまでは 繋ぎ と考えて、低めの予算を見積もるのは悪くない選択です。 「予算をあまりかけられない💧」という方は、「コスパ最強」というテーマで書いた記事 があるので、ぜひ参考にしてみてください。 「シモンズ、シーリー、サータ」といったお馴染みの有名メーカーのなかから、手の出しやすい価格で販売されているマットレスを5つ紹介しています。間違いない製品ながら、いずれも10万円以内で購入できます。 逆に、若者でも、「寝ても寝ても眠い・・・、疲れが取れない・・・」と感じる方は睡眠の質に問題があると考えられるので、ベッドやマットレスを少しでも良いものに替えることで、睡眠の内容を改善できる可能性があります。 また、若い人でも、腰痛のある方や、スポーツ・肉体労働・長時間労働などで身体を酷使しているという方も、ベッド・マットレスの質にこだわると、QOLが向上する可能性があります。 こういった方は、できるだけマットレスの質にこだわれるように、予算の上限は上げておけると良いですね。 「高いものが体に合う」とは限らないのがベッド選びの難しい点ですが、「最初から上限を低く見積もりすぎて、選択の幅を狭めないほうが良い」というのは確かな考えです。 先述しましたが、別の記事で、価格別にマットレスの格付けを行っています。 国内で購入できるほぼ全てのベッドを網羅しているので、これらの製品を一度俯瞰すると、なんとなくの予算が掴めてくるかもしれません。 また、「予算の目安を決めたい」というほかにも、 さて、ベッドフレームの必要性は「ベッド選びの基本」で述べました。 ここでは、どういった基準でベッドフレームを選べば良いかを説明します。 例えば「ゆったり寝たい」のか、「広さよりも安さ」なのか、「一人で寝る」のか「二人で寝る」のか、「一人で寝るときもあれば二人で寝るときもある」のか。 コスト、好み、利用するシーンによって、サイズ選びは異なります。簡単な表を用意したので、ご自分に合うサイズはどれなのか確認してください。 そして、買う前はあまり気にしないけど、実際は気に留めておいたほうが良い点があります。それはベッドの高さ。 安いマットレスは厚みの薄いものが多いですが、有名メーカーになるとかなり立派な厚みの商品が多くなります。これをフレームの上に置くと想定以上の高さになるんですよね。ベッドの高さが出ると、身長によっては就寝時や起床時に毎回ストレスを覚えるかもしれません。お子さんと一緒に寝ることを想定している場合も、高さのあるベッドは危険です。 ベッドフレームを選ぶ際は、マットレスと合わせたときにどれくらいの高さになるかを事前に調べ、シミュレーションしておくことをオススメします。 棚が付いていたり、LEDのライトが付いていたり、小物入れが付いていたり、ベッドフレームを選ぶ時はヘッドボードのオプション選びに悩まれると思います。 しかし、個人的にはヘッドボードの無いシンプルなベッドフレームをおすすめします。これは、僕がベッド選びで唯一失敗したと後悔している経験からの助言です。 この写真は我が家のベッドヘッドです。 購入時には「寝る前に本読んだりゲームするかな?そしたらライトと収納あったら便利かな?」と思っていたのですが、ライトは部屋の明かりをつければ十分(むしろベッドヘッドの明かりだけだと目が疲れすぎて無理)だし、ベッドヘッドの収納はベッドだけで使うものがほとんど無いので収納するものが無い! ベッドヘッドのオプションはマジで全く活用していないです。唯一枕元の電源タップは充電器を刺して使っていますが、無けりゃーないで部屋の電源から延長コードを引っ張って使えるのでこれも無くてよかったなーと。ベッドヘッドを付けないほうが縦の長さを節約できますし、オプションを付けなければ1万円近く予算を節約することもできました。 「どうせ買うなら」と、ベッドヘッドのオプションは一見魅力的に見えますが、ほんとに使うか?と後悔の無いようじっくり考えてみてください。 当たり前の話しですが、ベッドを置くと、ベッドを置いたスペースが死にます。 ものすごく広い家に住んでいるブルジョワジーなら話しは別ですが、日本の家は基本的に狭いです。ベッドスペースは部屋の面積に対して無視できない広さを占めますので、このスペースを殺すのは勿体無い。ぜひ有効利用したいところ。 そこでおすすめなのが収納付きのベッドフレームになるのですが、ここで絶対に注意して欲しいポイントが、 など、使ってみて初めて分かるイケてないポイントがたくさんあります。 このような制限があると、たいしたものが収納できないんですよ。それこそ下着やタオルくらいの小物を入れる分にはいいですけど、そういった小物は今ある収納で事足りますよね? 収納付きのベッドフレームを買うなら、絶対に、間違いなく、ガス圧式の跳ね上げできるものが最高に便利。 我が家で使っているのがまさにガス圧式の跳ね上げタイプなのですが、このフレームはスライド式のデメリットをすべて解消してくれます。 上開きなので他の家具に邪魔されないし、奥にあるものも取りやすい。枠組みもないのでベッド下のスペースをフルに使えます。「収納が広い = それだけ部屋が広く使える」ということ。これは絶対的な正義です。 汚いので気が引けますが、こちらが我が家の収納状況。 ゲーム機や家電の箱、ダーツボード、アナログゲーム、書籍、シーズン外の布団、CD、書類、文房具…と、写真を見ていただければかなりの物が収納できているのが分かると思います。 こういったかさばる&目の付くところに置きたくない物をしまうにはぴったりですし、ガス圧式なら非力なうちの妻でも簡単に持ち上げられるので、さっと取り出したいものを入れておくのにも便利です。 このように良いところだらけの収納フレームですが、良いところが多いということは、やっぱり普通のフレームよりも値が張ります。 我が家で購入したのはニトリの「アクアシリーズ」。当時ガス圧式で最も安いベッドフレームがこのシリーズで、値段は¥76,096でした。 何度かこの記事で説明したように、ベッドフレームは寝心地に影響しません。ですので、フレームにはできるだけ予算をかけたくないというのが本音だと思います。 当然我が家もフレームを買うときは散々迷いましたが、つねづね「何とかしたい!」と思っていた目のつく場所に溢れた物を片付けることができるなら…と、エイヤっと収納付きフレームを買いました。結果的に、いまではお値段以上の価値を感じています。部屋が広く使えるようになりましたし、人を呼ぶのも苦じゃなくなりました。 ですから、我が家と同じく「ものが溢れて…」とお困りの方には、ぜひ一度収納付きフレームを検討していただきたいです。 収納付きベッドフレームについては以下の関連記事に詳しくまとめていますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。 また、最も安い収納付きベッド: 種類別まとめ【安く買えるおすすめ家具通販】 には、24サイトを比較して最も安い収納ベッドを調べた結果をまとめています。あわせて参考にしてみてください。 マットレスの種類と特徴については「ベッド選びの基本」で述べました。 こちらの項目では、体格やベッドを利用するシーンごとに、どのようなマットレスを選ぶと最適かをご説明します。 方、痩せ型の人におすすめのマットレス・選び方【30kg〜55kg程度の方】 女性や、小柄な方、痩せ型の人におすすめのマットレスは次のページに詳細をまとめています。 おすすめは、ポケットコイルかつ、柔らかめのマットレスです。 小柄な人が高反発マットレスや面で支えるボンネルコイルのように硬いマットレスに寝てしまうと、ベッドへの荷重に対して反発する力が強すぎるため、身体に大きく負荷がかかってしまうのです。その結果、寝ても疲れが取れない、ひどい場合は、寝ると疲れが溜まるという状況に陥ってしまう可能性があります。 小柄な方におすすめのマットレスは、日本ベッドの「シルキーパフ」。 ショールームで試し寝したときに、ふんわりと身体を包み込むマシュマロのような寝心地に感動を覚えました。値は張りますが、お値段以上のパフォーマンスを発揮してくれること間違いなしです。 残念なことに僕のような大男(180cm/75kg)が毎日寝るには柔らかすぎますが、小柄な方にはこれ以上ないマットレスだと思います。ぜひ寝心地を確認してください。 また、マットレスが沈み込むと背骨が平常時よりも曲がってしまうことで、椎間板への負担が増え、腰痛を発症してしまうリスクがあります。 大柄な人で「寝ても疲れが取れない」という方は、まずマットレスが柔らかすぎないか確認した方が良いですね。 ただ、ここがマットレス選びの難しいところなんですが、硬けりゃ良いってわけでもありません。 仮に硬いマットレスが正義なのだとしたら、床で寝るのが最も健康に良いはずですよね? でも、それは違います。床で寝た経験のある方は分かると思いますが、筋肉や骨が疲労して、身体中がバキバキに痛みます。 硬めでありながら、硬すぎないこと、そして、体圧をしっかり分散してくれることが、大柄な方のベッド選びでは重要です。 店頭でごろごろと横になりましたが、こちらの特徴は非常に詰め物が薄いこと。それでいてポケットコイルらしい体圧分散の能力もしっかりとしているので、身体への負荷を減らしつつ、しっかりと寝返りをサポートしてくれます。 一番驚きなのが、パフォーマンスに対する値段の安さ。10万円を切るどころか、7万円弱で買えるっていうのが驚きです。コスパはんぱない。 小柄な妻と寝ることを考えるとこちらを選ぶことはできませんでしたが、僕が仮に一人暮らしをしていたとしたら確実にこのマットレスを選んでいました。ぜひ店頭でお試しください。 よって、腰痛持ちの方にも「Rev7.

かほせいチャンネル【パパの仕事/年収は?】カナダの豪邸が凄い! ... 軽自動車専門店ダイキュー|福島・郡山・白河・いわきの軽未使用車専門店

かほせい ブログ

かほせいチャンネル:カナダの豪邸が凄い! 2015年に東京からカナダに移住 したかほせい家族。 同年10月に開設したYouTubeチャンネルは、 70万人 を突破しました。 凄いですね! それでは改めて、かほせいチャンネルのカナダの豪邸を見ていきましょう♪

記事一覧 かほせいちゃんのブログ - 楽天ブログ おすすめのベッド&マットレス、後悔しない選び方のコツ - hineru.com

かほせい ブログ

かほせいちゃんのブログの全1記事中1ページ目(1-10件)の記事一覧ページです。

かほせい(YouTuber)年齢やプロフィールは?本名や障害についても調査 ...

かほせい ブログ

こんにちは!nineです! 最近娘が好きなYouTuberはかほちゃんせいちゃんの双子ちゃんです♪. 以前はプリンセス姫スイートTVも最近初期の感じに戻ってきたのでまた観はじめはましたが、ダントツでかほせいチャンネルが気に入ってるみたいです!

最近のお気に入り かほせいチャンネル 江崎江美【江戸川区葛西】楽しく伸ばすこども料理教室...

かほせい ブログ

あなたに『美』と『ウェルビーイング』をお届けする江崎江美です。数年前からYouTubeにハマっている娘。最近、よく観ている「かほせいチャンネル」。

かほせい オヤジになる😲 パパの休日 ルーティンをコピーします😱 いやだ~ 日本...

かほせい ブログ

かほせい オヤジになる😲 パパの休日 ルーティンをコピーします😱 いやだ~ KahoSei Channel from Canada 申し込む ビュー 723,238